※この記事はPRを含みます

【2024年最新】マンションのインターネット契約方法!おすすめ7選と遅い時の対策

「マンションのインターネットってどうやって契約するの?」

「アパートの無料WiFiが遅くて困る…」

リモートワーク全盛の時代、自宅のネット環境が快適かどうかは、切実な問題ですよね。

近年ではインターネット完備のマンションも増えましたが、速度が遅かったり、自由に光回線を選べなかったり、トラブルになることも多いです…

この記事では光回線の元販売員が、マンションでインターネットを契約するときの流れや注意点、おすすめのネット回線をやさしく紹介します。

もしマンションに元からついている無料WiFi(ネット回線)の速度が速ければ、それを使うのが一番です。

しかしそれが遅い場合や、自分でネットを契約する場合は、使っているスマホに合わせて下記のように選ぶのがおすすめです!

スマホ・マンションの対応状況おすすめ光回線
ドコモの人
auの人もし使えるなら
フレッツ光
対応物件なら
ソフトバンク・ワイモバイルの人もし使えるなら
フレッツ光
対応物件なら
楽天モバイル・
格安スマホの人
(ahamo/povo/LINEMOなど)
GMOとくとくBB光

※表のロゴをクリックすると各サービスの紹介部分に移動します

通信速度を少しでも上げるコツもお伝えするので、快適にネットを使いたい人は参考にしてください。

mineo とくとくBB限定特典プラン

画像引用元:GMOとくとくBB光公式サイト

「とくとくBB光」申し込み後、格安スマホの「mineo」にとくとくBB限定特典プランで申し込みできます。

「mineo」はドコモ・au・ソフトバンク回線に対応しており、スマホのSIMカードを差し替えるだけで、簡単に乗り換えられます。

申し込み方法は、以下のとおりです。

  1. GMOとくとくBBのサービス(とくとくBB光・GMOとくとくBBホームwi-fiなど)を申し込む
  2. BBnavi内の「会員限定特典」またはバナーから、特典ページへアクセス
  3. 専用フォームから「マイピタ デュアルタイプ(音声通話+データ通信)」を申し込む

この特典は、mineo公式サイトで実施中の「マイピタまるっと990円キャンペーン」との併用も可能です。

詳細は、GMOとくとくBB公式サイトをご覧ください。


目次

0.マンションで使えるインターネットは、物件によって決まっている

実は、それぞれのマンション・アパートによって、利用できるインターネット回線はある程度決まっています

インターネット マンション 選び方

というのも、マンションなど集合住宅の場合、どのタイプのインターネットを引くか決めるのは、管理会社や大家さんだからです。

お部屋探しや不動産サイトでよく見るネットの導入状況は、主に次の3つのパターンに分けられます。

導入状況契約できるネット回線
1.インターネット完備
(インターネット無料)
マンション指定の光回線
ホームルーター
モバイルWiFi
2.インターネット対応
(光ファイバー導入済)
マンション指定の光回線
(複数から選べることが多い)
ホームルーター
モバイルWiFi
3.インターネット未導入光回線
ホームルーター
モバイルWiFi

もし自分のマンション・アパートがどれに当てはまるかわからない場合は、マンション名でGoogle検索をして不動産サイトを見ると、インターネットの対応状況が書いてあることが多いです。

自分でネットを契約した後に、「実は無料のネットがあった」と知ったら、時間もお金ももったいないですよね…。

ネットの対応状況は、できれば入居前に調べておくのがベストです。

マンションで契約できるインターネットは3種類!

そしてマンションで契約できるインターネットは、基本的には次の3種類です。

インターネット 一人暮らし

 光回線ホームルーターモバイルWiFi
月額料金4,000〜
5,000円
5,000円4,000円
平均速度
(下り)
356.4Mbps182.2Mbps56.3Mbps
工事ありなしなし
使えるまでの
期間
1〜2ヶ月1〜2週間2〜3日
おすすめな人家族みんなで使う
オンラインゲーム/
配信参加をする
1〜2人で使う
家の中だけで使う
1人で使う
外にも持ち運びたい

※料金は目安、すべて税込み
参考:みんなのネット回線速度

それぞれ、かんたんに解説します。

光回線(開通工事が必要、速度は快適)

光回線は、通信速度が速く使い放題で、オンラインゲームや長時間の動画視聴にも向いています。

しかし基本的には開通工事が必要で、すでにマンションに導入されているもの以外を使う場合は、マンションのオーナーや管理会社の許可を取らないと使えません。さらに、開通までの期間も2〜3ヵ月と長いです。

ただし、マンションに導入済みのインターネットを使う場合は、申し込みから2週間ほどで使えるようになります

おすすめ光回線7選はこちら

ホームルーター(工事不要、速度はそこそこ)

ホームルーターは、工事は不要でコンセントを差すだけで使えるタイプのネット回線です。

申し込みから1〜2週間ほどで使えて手軽な一方で、光回線に比べるとやはり通信速度が遅く、多くの端末で同時に使うと速度が遅くなりやすいデメリットがあります。

家の都合で工事ができない人や、どうしても工事をしたくないけど速度は欲しい人におすすめです。

最新のおすすめホームルーターは、ホームルーター5社比較!実測値と料金を徹底比較の記事で紹介しています。

モバイルWiFi(工事不要で外でも使える、速度は遅め)

モバイルWiFi(ポケット型WiFi)とは、スマホと同じくらいの大きさの端末です。

申し込みから1〜2日で発送してもらえるため、すぐにネットを使いたい人におすすめです。

ただし通信速度は遅く、ファミリーで使う場合や電波の届きにくい高層マンション、オンラインゲームなどには向きません

最新のおすすめモバイルWiFiは、ポケット型WiFiおすすめ3選!28社比較して選ぶ最強モバイルWiFiの記事で紹介しています。

マンションの光回線選びや注意点

ここからは、それぞれのマンションの対応状況ごとに、もっとも快適にネットができる「光回線」を使う場合の選び方や注意点をお伝えしていきます。

  1. インターネット完備マンション
  2. インターネット対応・導入済みマンション
  3. インターネットがないマンション

当てはまる部分をクリックすると、それぞれのメリットや注意点の解説に移動できます。

ちなみに、2024年現在でもっとも多いのは「2.インターネット対応・導入済みマンション」です。

※一人暮らしで賃貸マンションの人は、「一人暮らしにおすすめのネット回線」の記事も参考にしてください。

1.インターネット完備マンションは無料でネットが使える

インターネット マンション 無料

「インターネット完備マンション」のメリットは、入居してすぐに、無料でインターネットが使えること。

マンションにインターネットがもともと備え付けてあるので、日程を合わせての工事や、面倒な設定などは必要ありません

ただしお得な反面、速度は使うまでわからない、マンション指定の光回線以外は使えないなどの注意点もあります。

インターネット完備マンションの3つの注意点

注意1.速度は使ってみるまでわからない

インターネット完備マンションの場合、速度の評判もさまざまです。

このように、快適に使えている人もいますが、逆に「遅くて使いものにならない!」という人がいるのも事実です。

マンションタイプでは、住人全員が同じ1つの回線を分け合って使います。そのため夜は遅くなったり、つながりにくくなったりする可能性も…。

また、一言で「インターネット完備」といっても、光回線(最大速度1Gbps)なのか、VDSLタイプ(最大速度100Mbps)なのかによって速度に差が出ます。

インターネット完備のマンションに住む場合、入居前に「どんなタイプのネット回線か」を管理会社に確認しておきましょう。

※遅い速度を改善する方法は、「マンションのネットが遅くなる原因と対策」の章でくわしく紹介します(ページ内を移動します)。

注意2.WiFiルーターの用意が必要な場合も

ルーター

無料インターネットで使えるのは、LANケーブルを使った有線接続のみ、というマンションも多いです。

ノートパソコンやスマホ・ゲーム機など、WiFiでインターネットを使いたい人は、自分でWiFiルーターを購入する必要があります。おすすめは、速度に定評があるバッファロー社製の「WSR-2533DHP3」です(約8,000円)。

注意3.個別に光回線を契約できないケースもある

インターネット完備のマンションは、光回線を個別で契約できない場合があります。とくに「大和ハウス」や「レオパレス」などは、このパターンが多いです。

速度が遅いのに乗り換えができないのは相当なストレスですよね。ただし、管理会社に問い合わせして工事不可の場合、光回線は引けません。

その場合は、ネット環境を優先させて引越しをするか、工事不要で使えるホームルーターなどを検討してみましょう。

個別契約ができるなら、ネットはスマホに合わせて選ぼう!

もし個別に契約ができる場合は、使っているスマホに合わせてネット回線を選びましょう。くわしくは、マンションにおすすめのネット回線7選で紹介します。

2.インターネット対応・導入済みマンションはまずエリア検索をしてみよう

インターネット マンション 対応

マンションが「インターネット対応」「インターネット導入済み」の場合、建物自体に光ファイバーは通っています。しかし、使うためには個別で契約する必要があります。

メリットは、すでに共有部までの工事が済んでいるので、早ければ申し込んでから1週間〜遅くても1ヶ月ほどで開通できること

ただし、特定のネットしか選べなかったり、最大速度が100Mbpsのタイプしか引けなかったり、制限があるケースも多いです。

マンションがどのネットに対応しているかは、エリア検索でわかる

自分の住んでいる(または住む予定の)マンションがどのネットに対応しているかは、管理会社に聞くか、エリア検索をするとわかります。

マンション インターネット回線 対応

マンションで導入されているインターネットは、主に「フレッツ光対応」か、auひかりやNURO光などの「フレッツ光以外か」に分けられます。

たとえばフレッツ光に対応しているかどうかは、NTT東日本NTT西日本の提供エリア検索で住所を入れてみて、お住まいのマンション名が表示されれば対応しています。

※すでに導入されている以外のネット回線を引くには、工事のために管理会社や大家さんの許可が必要です。分譲マンションの場合、管理組合の承認が必要なケースもあります。

マンションがフレッツ光対応なら、光コラボから選ぼう

「フレッツ光対応」のマンションなら、NTTのフレッツ光、または光コラボが使えます。

光コラボとは、フレッツ光にお得な特典がついた光回線サービスのこと。通信速度や安定性はフレッツ光と同じで、さらにスマホ割やポイント還元などの特典がつきます。

そのままフレッツ光を使っても問題ありません。しかし、料金を安くしたい人はスマホ・携帯に合わせた光コラボ(ドコモ光やソフトバンク光)を契約するのがおすすめです

光コラボ(光回線)の魅力は、フレッツ光より安いこと

光コラボの月額料金の相場は、月々3,800〜4,400円ほどとフレッツ光よりも安く、さらにスマホのセット割で毎月550~1,100円も通信費を安くできます。

利用しているスマホ・携帯ごとに、もっとも安く使える光コラボは次の4つです。

利用スマホおすすめの光回線 月額料金月々のスマホ割
ドコモ4,400円▲550~1,100円
au4,378円▲550~1,100円
ソフトバンク
ワイモバイル
4,180円▲550~1,100円
楽天モバイル
格安スマホ
とくとくBB光3,773円なし

※すべて税込み

注意!速度を速くしたい人は、IPv6接続に申し込もう

マンションでフレッツ光や光コラボを使う場合、住んでいる全員が同じ1つの回線を分け合って使っています。そのため、夜は遅くつながりにくいことが多いです。

速度を速くしたい人は、最新の接続方式「IPv6(v6プラス)」が使える光コラボを選びましょう。ここで紹介しているスマホ別のおすすめ光回線なら、いずれも対応しています!

リンクをクリックすると、それぞれのくわしい説明に移動します。

※光コラボの詳細は、「知らないと危険!元販売員が光コラボのメリット・デメリットを5つ解説」の記事をチェックしてください。

マンションがフレッツ光以外の人は、対応しているネットを契約しよう

「NTTフレッツ光以外のインターネット対応」と言われた場合、対応しているネットを契約しましょう。

マンション独自のプランでインターネットが提供されているため、個人で契約するよりも料金が安いです。月々2,500円〜4,000円ほどでインターネットが使えます

すでにマンションにインターネット回線が導入されているので、申し込みから1週間ほどで使い始められます。入居時の資料や、ポストにチラシが入っていたりすることが多いので確認してみてください。

※フレッツ光以外のインターネット回線とは、auひかり・NURO光・eo光・コミュファ光・ピカラ・メガエッグ・BBIQ・J:COMなどのことです。

基本的には速いが、最大速度が遅い場合もある

ただし、マンションのネットは、最大速度が遅い場合もあるので注意してください。

たとえば、マンションの配線が「VDSL方式」だった場合、たとえ最大速度1Gbpsの光回線を契約しても、100Mbps以上は出ません

配線方式は、入居者で選ぶことはできず、マンション・アパートによって決まります。

通信速度は50MbpsもあればZOOM会議やオンラインゲームなど、大抵のことはできます。ですが、ライブ配信やFPS系のゲームをしたい人は、NURO光auひかりなどに対応したマンションがおすすめです。

※配線方式の種類と、速度を少しでも上げる方法は、「マンションのネットが遅くなる原因と対策」の章でくわしく紹介します(ページ内を移動します)。

注意!契約するときは、もっともお得な窓口を選ぼう

ちなみに、インターネット回線を申し込む時は、管理会社から申し込むよりもWebサイトから申し込むほうが、キャッシュバックなどの特典がついてお得です

下記リンクから、代表的なネットのもっともお得なキャンペーンページに移動できます(2024年4月現在)。

どこから申し込んでも、使うネットの品質や料金は同じです。せっかく申し込むなら、少しでもお得な窓口から契約しましょう!

※上記以外のおすすめインターネット回線は、プロが光回線48社を比較して選んだおすすめ9選の記事を参照してください。

3.インターネットなし・未導入のマンションはまず管理会社に確認しよう

インターネット マンション 未導入

入居する時点でインターネットなし・未導入のマンションの場合、自分で光回線を契約することになります。

メリットは自分の好きなネット回線を選べることです。しかし、2024年現在でもネットの導入がされていない場合、そもそも光回線の工事ができない物件、の可能性があります。

このように、そもそも光ファイバーを通す工事ができなければ、光回線を使うことはできません。

まずは管理会社に確認しましょう。もし無理だった場合は、次に紹介するJ:COMなどケーブルテレビのインターネットか、モバイルWiFiを検討しましょう。

光回線の工事ができない場合におすすめのインターネット2つ

J:COMなどケーブルテレビのインターネット回線

家の立地の都合でどうしても光回線の工事ができない場合は、J:COMイッツコムなど地域のケーブルテレビのネットを検討しましょう。

最大速度は320Mbpsと、光回線の3分の1ほどしかないため基本的にはおすすめしません。それでも光回線が引けない場合には1つの選択肢です。

工事不要で使えるホームルーター

home 5g

光回線が引けない場合、家のネットとしてもっともおすすめなのは「ドコモ home5G」です。

さまざまなネット回線の実測値をまとめたみんなのネット回線速度によると、ドコモ home5Gの平均ダウンロード速度は212.15Mbpsと速く、光回線にも劣らない速度が出ています

さらにGMOとくとくBBで契約すると、開通後に18,000円分のAmazonギフト券がもらえます!公式サイトの特典はdポイント15,000ptなので、3,000円分もお得です。

月額料金や端末は、ドコモ公式で契約するものとまったく同じです。せっかく契約するなら、特典がもっともお得なGMOとくとくBBから申し込みましょう。

※home 5Gは契約期間の縛りはありませんが、端末代(39,600円)を3年間に分けて支払います。ただし毎月同額の割引があるので、3年使えば実質0円で使えます。さらにくわしくは、「一人暮らしのインターネット契約で知っておくべき全知識」の記事を参照してください。

4.決定版!マンションでおすすめの光回線7選

ここからは、マンションでおすすめの光回線を7つ紹介します。

もし、マンションに無料のインターネットが入っていれば、そのまま使うのがもっとも安いです。

ただし、さまざまな速度対策をしても遅かった場合や、自由に契約できる場合は、下記のように選ぶとお得に使えます!

スマホ・マンションの対応状況おすすめ光回線
ドコモの人
auの人もし使えるなら
フレッツ光対応物件なら
スソフトバンク・ワイモバイルの人もし使えるなら
フレッツ光対応物件なら
格安スマホの人
(ahamo/povo/LINEMOなど)
GMOとくとくBB光

ここからは、それぞれの光回線についてくわしく紹介します(ロゴをクリックすると各サービスの紹介部分に移動します)。

ドコモのスマホの人|おすすめはドコモ光!

ドコモ光 51,000円キャッシュバック

ドコモ光の基本情報
通信速度最大1Gbps(一部エリアでは10Gbps)
エリア全国
月額料金4,400円
事務手数料3,300円
工事費0円
キャッシュバック/
キャンペーン
・キャッシュバック
(1ギガプラン38,000円/10ギガプラン51,000円)
・dポイントキャッシュバック(最大2,000pt)
スマホ割550円〜3,850円/月(ドコモスマホのみ)
契約期間2年間(自動更新)
解約金4,180円
一番お得な申し込み窓口GMOとくとくBB

※料金はすべて税込み

ドコモのスマホ・携帯を使っている人は、NTTドコモが提供するドコモ光がもっともおすすめです。

マンションの月額料金は4,400円で、工事費(22,000円)はキャンペーンにより無料です。

フレッツ光が導入されているマンションなら、全国どこでも使えます!

ドコモ光セット割で毎月550〜1,100円がお得に

ドコモ光セット割」の適用を受けると、スマホ1台ごとに毎月550円〜1,100円の割引が受けられます。

契約プランごとの割引額を下記にまとめました。

料金プラン割引額
ギガホ~30GB
▲1,100円
ギガライト~7GB
~5GB
~3GB▲550円

※料金はすべて税込み
参考:ドコモ光セット割

たとえば、あなたが「ギガライト」で毎月3GB以上使うなら、毎月1,100円の割引が受けられます。

この割引は利用しているスマホ1台ずつに適用されるため、もし2人家族の場合、2年間で26,400円もお得になります。

ドコモ光を一番お得に契約する方法

ドコモ光は、プロバイダをGMOとくとくBBにして申し込むのが一番お得です。

GMOとくとくBBなら、1ギガプランの契約で38,000円のキャッシュバックが開通の5ヶ月後に受けられて、さらに、高速通信に必要なWiFiルーターが無料でレンタルできます

ドコモ光(GMOとくとくBB)は高速通信のIPv6にも対応しているので、遅くなりがちなマンションでも快適に使える可能性が高いです!

ドコモ光の口コミやキャンペーンをさらに知りたい人は、「ドコモ光の評判・キャンペーンなど契約前に知りたい全知識」の記事を参照してください。

auスマホの人|まずはauひかりを検討しよう!

auひかり

auひかりの基本情報
通信速度最大1Gbps
エリア近畿・東海・沖縄以外の全国
月額料金3,740〜5,500円
事務手数料3,300円
工事費0円
キャッシュバック/
キャンペーン
・最大82,000円キャッシュバック
・解約金負担
スマホ割550円〜1,100円/月(auスマホのみ)
契約期間3年間(自動更新)
解約金2,290〜2,730円
一番お得な申し込み窓口プロバイダ「GMOとくとくBB」

※料金はすべて税込み

auのスマホ・携帯を使っている人は、KDDIが提供するauひかりがもっともおすすめです。

マンションの月額料金は3,740〜5,500円で、工事費(33,000円)はキャンペーンにより実質無料になります。

使えるエリアは、近畿・東海・沖縄を除く全国です。下記のサイトで検索してみて、マンション名が出れば申し込めます。

auひかり公式エリア検索ページ

※近畿の人はeo光、東海の人はコミュファ光を検討してみましょう。どちらもauスマートバリューが受けられて、速度の評判の良い光回線です。

auスマートバリューで毎月550〜1,100円がお得に

auスマートバリュー」の適用を受けると、スマホ1台ごとに毎月550円〜1,100円が割引になります。

契約プランごとの割引額を下記にまとめました。

契約プラン割引額
auピタットプランN(s)/2GB以上
auデータMAXプラン
auフラットプラン
▲1,100円
カケホ(ガラケー)▲1,027円
auピタットプランN(s)/2GB未満
新auピタットプランN/2〜7GB
▲550円

※料金はすべて税込み
参考:auスマートバリュー

たとえば、家族2人がauピタットプランN(s)で毎月2GB以上を使っていれば、毎月2,200円の割引が受けられます。

この割引は契約している間ずっと続くので、2年間では52,800円も通信費を節約できます

auひかりを一番お得に契約する方法

2024年4月現在、auひかりマンションタイプのもっともお得な申し込み窓口は、最大94,000円のキャッシュバックがもらえるGMOとくとくBBです

マンションタイプの場合、特典プレゼントでもらえるWiFiルーターを使うと速度がより安定します。

さらに他社のネット回線から乗り換えで違約金がかかる人は、違約金や端末代金の残りを最大30,000円まで還元してもらえます。

どこから申し込んでも、auひかりの品質や料金は同じ。せっかくauひかりを契約するなら、特典のもっともお得なGMOとくとくBBを選びましょう!

auひかりの口コミやキャンペーンをもっと知りたい人は、「auひかりマンションは遅い?契約前に知りたい2つの注意点」の記事を参照してください。

auスマホの人で「フレッツ光対応物件」だった場合はビッグローブ光

ビッグローブ光 公式サイト 画像引用元:ビッグローブ公式サイト

ビッグローブ光の基本情報
通信速度最大1Gbps
エリア全国
月額料金4,378円(3年契約)
事務手数料3,300円
工事費実質0円
平均通信速度下り:242.57Mbps
上り:257.52Mbps
Ping値:17.52ms
キャッシュバック/
キャンペーン
40,000円
スマホ割550円〜1,100円/月(au・UQモバイル)
契約期間3年間(自動更新)
解約金戸建て: 3,000円(不課税)
マンション:4,100円(不課税)
一番お得な申し込み窓口公式サイト

※料金はすべて税込み
※平均実測値参照元:みんなのネット回線速度(2024/04/05時点の情報)

auスマホの利用者で、マンションが「フレッツ光対応」なら、ビッグローブ光がおすすめです。

マンションの月額料金は、3年契約で4,378円。工事費(28,600円)は、キャンペーンにより実質無料です。

フレッツ光が導入されているマンションなら、全国どこでも使えます!

auスマートバリューで毎月550〜1,100円がお得に

auスマートバリュー」の適用を受けると、スマホ1台ごとに毎月550円〜1,100円が割引になります。

契約プランごとの割引額を下記にまとめました。

契約プラン割引額
auピタットプランN(s)/2GB以上
auデータMAXプラン
auフラットプラン
▲1,100円
カケホ(ガラケー)▲1,027円
auピタットプランN(s)/2GB未満
新auピタットプランN/2〜7GB
▲550円

※料金はすべて税込み
参考:auスマートバリュー

たとえば、家族2人がauピタットプランN(s)で毎月2GB以上を使っていれば、毎月2,200円の割引が受けられます。

この割引は契約している間ずっと続くので、2年間では52,800円も通信費を節約できます

ビッグローブ光を一番お得に契約する方法

ビッグローブ光は、公式サイトからの申し込みがもっともお得です。

開通から11ヶ月後に40,000円のキャッシュバックがもらえ、さらに通常は550円/月かかるWiFiルーターが1年間無料で使えます!

ビッグローブ光は高速通信のIPv6(v6プラス)にも対応しているので、遅くなりがちなマンションでも快適に使える可能性が高いです!

ビッグローブ光について、さらにくわしくは「ビッグローブ光の料金と最安で契約する方法」の記事を参照してください。

ソフトバンクのスマホの人|まずはNURO光を検討しよう!

NURO光の基本情報
通信速度最大2Gbps
エリア関東・近畿・東海・九州・北海道の一部エリア
月額料金2,090〜5,200円
事務手数料3,300円
工事費0円
キャッシュバック/
キャンペーン
25,000円
スマホ割550円〜1,100円/月(ソフトバンクスマホのみ)
契約期間3年間(自動更新)
解約金528円
一番お得な申し込み窓口公式サイト(特設ページ)

※料金はすべて税込み

ソフトバンク・ワイモバイルの携帯・スマホを使っている人は、ソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社が提供するNURO光がもっともおすすめです。

マンションの月額料金は2,090〜5,200円で、工事費(44,000円)はキャンペーンにより実質無料になります。

使えるエリアは、北海道・関東・東海・関西・九州です。下記のサイトで検索してみて、マンション名が出れば申し込めます。

NURO 光 for マンション|提供状況のご確認

「おうち割光セット」で毎月550〜1,100円がお得に

おうち割 光セット」の適用を受けると、スマホ1台ごとに毎月550円〜1,100円が割引になります。

契約プランごとの割引額を下記にまとめました。

契約プラン割引額
データプランメリハリ/ミニ/ミニフィット▲1,100円
データ定額50GB/20GB/5GB
データプラン50GB+
データ定額2GB/1GB▲550円
データ定額(3Gケータイ)

※料金はすべて税込み
参考:おうち割 光セット

たとえば、家族2人がデータ定額5GBを使っていたら、毎月2,200円の割引が受けられます。

この割引は契約している間ずっと続くので、2年間では52,800円も通信費を節約できます

NURO光 for マンションを一番お得に契約する方法

NURO光 for マンションは、公式サイトから申し込むのがもっともお得です。

申し込むと、開通から6ヶ月後に25,000円のキャッシュバックがもらえます。

NURO光は速度の評判が良く、マンションで使える光回線の中では最安値なので、もし対応しているなら迷わず申し込みましょう!

NURO光の口コミやキャンペーンをもっと知りたい人は、実体験!NURO光 for マンションを申し込んでわかった5つの注意点の記事を参照してください。

ソフトバンクスマホの人で「フレッツ光対応物件」だった場合はソフトバンク光

ソフトバンク光 キャッシュバック

ソフトバンク光の基本情報
通信速度最大1Gbps(一部エリアでは10Gbps)
エリア全国
月額料金4,180円
事務手数料3,300円
工事費0円
キャッシュバック/
キャンペーン
・41,000円
・違約金負担(最大10万円)
スマホ割550円〜1,100円/月(ソフトバンクスマホのみ)
契約期間2年間(自動更新)
解約金4,180円
一番お得な申し込み窓口アイネットサポート

※料金はすべて税込み

ソフトバンク・ワイモバイルの利用者で、マンションが「フレッツ光対応」だった場合は、ソフトバンク光がおすすめです。

マンションの月額料金は4,180円で、工事費(31,680円)は、キャンペーンにより実質無料です。

フレッツ光が導入されているマンションなら、全国どこでも使えます!

「おうち割光セット」で毎月550〜1,100円がお得に

おうち割 光セット」の適用を受けると、スマホ1台ごとに毎月550円〜1,100円が割引になります。

契約プランごとの割引額を下記にまとめました。

契約プラン割引額
データプランメリハリ/ミニ/ミニフィット▲1,100円
データ定額50GB/20GB/5GB
データプラン50GB+
データ定額2GB/1GB▲550円
データ定額(3Gケータイ)

※料金はすべて税込み
参考:おうち割 光セット

たとえば、家族2人がデータ定額5GBを使っていたら、毎月2,200円の割引が受けられます。

この割引は契約している間ずっと続くので、2年間では52,800円も通信費を節約できます

ソフトバンク光を一番お得に契約する方法

ソフトバンク光は、代理店アイネットサポートからの申し込みが一番お得です。

公式サイトやショップではキャッシュバックがもらえません。しかし、アイネットサポートから申し込むと、開通から約2ヶ月後に41,000円のキャッシュバックがもらえます

また、ソフトバンク光は、おうち割の条件にもなっている「光BBユニット」をレンタルするのがおすすめです。IPv6の高速通信が使え、さらにWiFiルーターを買わなくてもWiFi通信ができます。

ソフトバンク光の口コミ・キャンペーンをもっと知りたい人は、「ソフトバンク光のキャンペーン15社比較!2024年4月に契約するならココだ」の記事を参照してください。

格安スマホの人|おすすめはとくとくBB光(GMO光アクセス)

とくとくBB光 4月キャンペーン 画像引用元:GMOとくとくBB公式サイト

GMOとくとくBB光の基本情報
通信速度最大1Gbps
提供エリア
全国(フレッツ光提供エリア)
月額料金戸建て4,818円/マンション3,773円
事務手数料3,300円
工事費戸建て:26,400円
マンション:25,300円
キャンペーンで実質無料!
平均通信速度下り:242.59Mbps
上り:293.72Mbps
Ping値:18.87ms
キャッシュバック・新規契約の人30,000円
・他社から乗り換えの人+60,000円
・10ギガプラン申し込みで+10,000円
・テレビと電話も申し込みで+25,000円
・下記のオプションを申し込みで+2,000円
 ・インターネット安心セキュリティ
 ・スマホトラブルサポート+
スマホ割なし
契約期間なし
解約金なし
こんな人におすすめ・解約金や工事費を払いたくない人
・月額をとにかく安くしたい人
口コミ・評判詳細はこちら
一番お得な申し込み窓口GMOとくとくBB光

※料金はすべて税込み
※平均実測値参照元:みんなのネット回線速度(2024/04/05時点の情報)

ahamo・povo・LINEMOなどの格安スマホや、楽天モバイルを使っている人は、GMOとくとくBB光(旧称:GMO光アクセス)がおすすめです。

格安スマホは、スマホセット割がありません。したがって、単純に月額料金の安い光回線を選んだ方がお得になります。GMOとくとくBB光は、月額料金が3,773円と格安です

当サイト限定!最大126,000円キャッシュバック

※画像引用元:GMOとくとくBB光公式サイト

当サイトからのリンク限定で、新規契約で30,000円キャッシュバックキャンペーンを実施中です。

さらに、他社のネットから乗り換えでかかる違約金も、最大60,000円までキャッシュバックしてもらえます。普段はないキャンペーンなので、この機会にお得に乗り換えましょう!

特設キャンペーンページ:GMOとくとくBB光

GMOとくとくBB光は契約期間に縛りがない

さらに、GMOとくとくBB光には契約期間に縛りがありません。いつでも解約でき、違約金もかからないです。手軽に乗り換えられる光回線は少ないので、大きなメリットといえるでしょう。

GMOとくとくBB光の口コミやキャンペーンをさらに知りたい人は、「GMOとくとくBB光はおすすめ?メリット&デメリットを徹底解説」の記事を参照してください。

工事費無料・契約期間の縛りなしは「特設ページ」限定!

工事費無料や契約期間の縛りがないキャンペーンは、当サイトから申し込める「特設ページ」限定で行われています。通常の公式サイトから申し込むと、工事費がかかるうえ、2年間の契約期間があります。

申し込み窓口によって、キャンペーンが大幅に違うので注意してください!

Q&A|マンションのネットが遅くなる原因は?

A.マンションやアパートのネットが遅くなる原因は、次の2つです。

  • そもそも最大速度が100Mbpsしかない
  • 1つの回線を分け合って使うため遅くなりやすい

できる対策もあわせて紹介します。

遅い原因1.そもそも最大速度が100Mbpsしかない

マンション・アパートのネットの配線方式は、主に下記の3つに分かれています。

 最大速度どんな配線?
光配線方式1Gbps(1,000Mbps)それぞれの部屋まですべて光ファイバー
LAN方式100Mbps共用部までは光ファイバー、部屋まではLANケーブル
VDSL方式100Mbps共用部までは光ファイバー、部屋までは電話回線

配線方式は入居者で選ぶことはできず、マンション・アパートによって決まります。

築10年以上のマンションでもっとも多い「VDSL方式」の場合、たとえ最大速度1Gbpsの光回線を契約しても、速度は最大100Mbpsまでしか出ません

費用をかけてネットを契約するのに、10分の1の速度しか出ないのは、なんだか納得いかないですよね…。

※ケーブルテレビのネットなど、最大30Mbpsほどしかないケースもあります。

対策|光配線方式に変更できないか掛け合ってみよう

まず、契約しているネットのサポートセンターなどに、光配線方式にプラン変更ができないか相談してみましょう。

ただし、プラン変更の際は工事が必要になるので、管理会社や大家さんの許可や、分譲マンションの場合は管理組合の承認が必要になります。

そこまでするのはちょっと…という場合は、原因2の対策方法を参考にしてください。

遅い原因2.1つの回線を分け合うため遅くなりやすい

マンションやアパートなどの集合住宅では、1つの回線をみんなで分け合って使います。そのため、1人あたりの速度はどうしても遅くなりやすいです。

たとえば1Gbps(=1,000Mbps)の回線を30世帯で使った場合、1世帯あたりの通信速度は33Mbpsまで落ちてしまいます。

とくに、夜など多くの人が同時に使う時間帯は、つながりにくい場合が多いです。

しかし、以下の対策をすれば、VDSLでも100Mbpsに近い速度を出せる可能性があります。

対策1.定期的にルーターを再起動する

まず、基本的な対策として、遅いなと感じたときはルーターを再起動してみましょう。再起動は、電源のコンセントを抜いてまた差すだけで大丈夫です。

ルーターもスマホと同じで、ずっと使い続けていると発熱したり、接触不良を起こしたりします。

もしサポートに電話をする場合でも、まずはこの再起動を案内されるので、自分でやっておくことで手間を減らせます。

対策2.IPv6接続(v6プラス)を申し込む

もし、自分で契約したネットが遅いときは、IPv6接続(v6プラス)に申し込んでみましょう。

IPv6接続とは最新の通信方式で、混雑しにくい高速道路のようなものです。

IPv6IPv4

IPv6接続(v6プラス)にすることで、「夜や休日だけ遅い…」という悩みを解消できる可能性があります。

実測値が80Mbps以上出ていれば、動画を見たりテレワークをするのには十分です。

対策3.WiFiルーターを最新のものに変えてみる

マンションで備え付けのWiFiルーターや、レンタルしているWiFiルーターが古いものだと、速度が遅くなることがあります。

一度有線LANでつないでみて、速度を確認してみましょう。いつもより速い速度が出たら、WiFiルーターが原因かもしれません。

WiFiルーターを最新のものに変えてみると、速度が速くなることがあります。

※さらにくわしくは、インターネット回線の速度が遅いっ!9つの原因と改善方法を参考にしてください。

まとめ

マンションでインターネットを使う方法についてまとめました。

マンションでおすすめの光回線
  1. ドコモスマホ利用者→ドコモ光
  2. auスマホ利用者→auひかりビッグローブ光
  3. ソフトバンク・ワイモバイル利用者→NURO光ソフトバンク光
  4. 格安スマホ利用者→GMOとくとくBB光

もし、光回線の工事ができない・どうしてもしたくない場合は、ホームルーター「ドコモ home5G」が一番の選択肢になります。

快適にネットをしたい人は、できれば入居前に、インターネット回線の状況を確認しておきましょう!

5つの質問で、ぴったりのインターネット回線がわかる!

こういったことで困っていませんか?

スマホの速度制限によくひっかかる
引っ越しでネット回線を引きたい
ネット回線を1番安く契約したい
通信費をもっと安くしたい

これらの悩みは、以下の診断で解決できます!!

SNSでもご購読できます。

ツナガル – 最適な生活インフラ・サブスクが見つかる情報サイト