GMO光アクセスの評判は?口コミをもとにメリット&デメリットを徹底解説!

GMO光アクセス

プロバイダGMOとくとくBBが提供する新しいサービス「GMO光アクセス」。

シンプルな料金プランで月額料金が安く、通信速度も速いことで注目を集めています。しかし、始まったばかりのサービスのため、「本当に契約しても問題ないの?」と不安な人も多いでしょう。

そこでこの記事では、ネット回線の元販売員が、GMO光アクセスのメリット&デメリットをどこよりもくわしく解説!実際の利用者の口コミ・評判も載せているので、ぜひ参考にしてください。

1.GMO光アクセスとは?

GMO光アクセス

GMO光アクセスとは、ドコモ光などのプロバイダとして評判の高い「GMOインターネット」が提供する光回線サービスのこと。

NTTの光回線を利用する「光コラボ」のため、安定したインターネット環境が整えられています。

光コラボとは、NTTが提供するフレッツ光回線を借り受けて、光サービスを提供する事業の総称のこと。ドコモ光、ソフトバンク光 So-net光プラスなども光コラボです。

GMO光アクセスの特徴は、シンプルで安い料金と契約期間の縛りがないことです。まずは、GMO光アクセスの基本情報を確認しましょう(以下、すべて税込み表記)。

GMO光アクセス基本情報
提供エリア全国(フレッツ光提供エリア内)
月額料金戸建て:4,818円
マンション:3,773円
事務手数料3,300円
スマホ割なし
契約期間なし
工事費戸建て:19,800円
マンション:16,500円
キャンペーンで無料!
解約金なし
申し込み窓口GMO光アクセス

GMO光アクセスはこんな人におすすめ

GMO光アクセスはシンプルな料金プランで月額料金も安いため、誰にでもおすすめできる光回線です。とくにおすすめなのは以下の人です。

  • ahamo/povo/LINEMOなどの格安スマホを使っている人

工事費無料・契約期間の縛りなしは「特設ページ」限定!

工事費無料や契約期間の縛りがないキャンペーンは、当サイトから申し込める「特設ページ」限定で行われています。通常公式サイトからの申し込みでは、工事費もかかりますし、2年間の契約期間があります。

申し込み窓口によって、キャンペーンが大幅に違うので注意してください!

2.口コミ・評判|GMO光アクセスの6つのメリット

光回線は一度導入すると、簡単に解約したり乗り換えたりできません。そのため、事前に実際の利用者の口コミや評判を調べることがとても大切です。

口コミからわかったGMO光アクセスのメリットは6つあります。

  1. シンプルな料金プランで月額料金が安い
  2. 契約期間に縛りがない
  3. 提供エリアが広い
  4. 信頼性の高いプロバイダ
  5. v6プラスで通信速度が速い
  6. 高速ルーターがレンタル無料

順番に見ていきましょう。

メリット1.シンプルな料金プランで月額料金が安い

GMO光アクセス 料金

GMO光アクセスの最大のメリットは、シンプルな料金プランで、月額料金が安いことです。

実際にGMO光アクセスがどれほど安いのか?大手の他社光回線と月額料金を比較してみましょう。

サービス名戸建てマンション
GMO光アクセス4,818円3,773円
ドコモ光5,720円4,400円
ソフトバンク光5,720円4,180円
auひかり5,610円4,180円
NURO光5,200円5,200円
楽天ひかり5,280円4,180円

GMO光アクセスは戸建て・マンションともに、他社に比べて月額料金が1,000円ほど安いです。

GMO光アクセスの料金プランは1つだけです。他社光回線の場合、プランが複雑で実際の料金がわかりにくいこともあります。GMO光アクセスの料金プランは心配無用です。

複雑な割引サービスがない分、シンプルで非常に安い月額料金を実現しています。

工事費も無料!

当サイトから申し込みすれば、以下の工事費が無料になります

GMO光アクセス工事費
戸建て19,800円
マンション16,500円

お得に契約したい人は、通常の公式サイトから申し込みよりも特設ページから申し込みしましょう。

メリット2.契約期間に縛りがない

GMO光アクセスには、2年間の縛りがありません。また、どのタイミングで解約しても違約金がかかりません。

2年縛りが当たり前の通信業界において、縛りのない光回線は貴重な存在です。

こちらも、通常の公式サイトからの申し込みは2年間の縛りがあります。当サイトの「特設ページ」から申し込みすると、契約期間に縛りがなくなります(途中解約の場合、工事費残債は請求されます)。

メリット3.提供エリアが広い

GMO光アクセスはフレッツ光回線を利用した光コラボサービスです。フレッツ光が利用できる地域であれば、どこでもGMO光アクセスが利用できます。

フレッツ光エリアカバー率
NTT東日本エリア内99%
NTT西日本エリア内93%

このように、フレッツ光は全国のほぼすべてを網羅しています。

NURO光やau光などの光回線を申し込もうと思っても、提供エリア外で悔しい思いをした人は少なくありません。

GMO光アクセスであれば、日本全国ほぼどこでも利用できるため、そうした心配も不要です。

メリット4.信頼性の高いプロバイダ

GMOとくとくBB

GMO光アクセスを提供しているGMOインターネットは、老舗のプロバイダです。「GMOとくとくBB」の名称で、WiMAXやフレッツ光などの通信事業を11年以上続けています。

またGMOとくとくBBはプロバイダとして、2年連続でオリコンの顧客満足度1位を獲得しています。

GMOとくとくBB オリコンランキング

GMOとくとくBBはプロバイダとして、光コラボの「ドコモ光」を提供しています。このドコモ光とGMO光アクセスのサービス品質はまったく同じです。

GMO光アクセスも安心して利用できます。

メリット5.v6プラスで通信速度が速い

v6プラス

GMO光アクセスは最新の通信方式である「v6プラス」を採用しており、高速通信が可能です。

v6プラスでは、インターネットのアクセスが集中する時間帯でも自動的に混雑するポイントを回避します。そのため、いつでも快適にインターネットを楽しめます。

くわしくは、こちらの動画をご覧ください。

GMO光アクセスは理論上の最大速度ではなく、実際の速度をGMO光アクセスに公表しています。

GMO光アクセス全国平均実測値(有線LANの場合)
下り速度346.3Mbps
上り速度300.6Mbps

このように、GMO光アクセスは上り・下りとも全国平均で300Mbps以上の速度をたたき出しています。

300Mbps以上の速度があれば動画はもちろん、オンラインゲームも快適に楽しめます。

メリット6.高速ルーターがレンタル無料

GMO光アクセス ルーター無料

家の中でインターネットを快適に楽しむには、WiFiルーターが必須です。GMO光アクセスは、そのWiFiルーターを無料でレンタル提供しています

https://twitter.com/ryo_99/status/1417062833397764100

GMO光アクセスがレンタル提供しているWiFiルーターは、以下の5機種。

ルーターはランダムで送られてくるため、利用者が機種を選べません。

しかしどれもv6プラスに対応し、最大通信速度1,733Mbpsの高性能ルーターなので安心してください。

ちなみにGMO光アクセスのレンタルルーターは37ヶ月利用すると、解約後もルーターの返却は必要ありません。高性能WiFiルーターを思う存分に利用できます。

3.口コミ・評判|GMO光アクセスの2つのデメリット

GMO光アクセスのメリットは理解できましたが、デメリットも確認しましょう。

  1. 新規入会キャンペーンがない
  2. 事業者変更・転用ができない

それぞれ順番に見ていきます。

デメリット1.新規入会キャンペーンがない

新規利用者獲得のためにキャッシュバックを行っている光回線は多いのですが、GMO光アクセスではキャンペーンを実施していません。

現金キャッシュバックなどのキャンペーンがないことは正直、残念です。しかしキャンペーンを省くことによって、低価格を実現しています。

多くの場合、プロバイダ独自のキャッシュバックは、受取方法が複雑です。GMO光アクセスは、「キャンペーンなしで低価格」のスタイルなので、わかりやすいでしょう。

月額料金が安いGMO光アクセスは、使う期間が長くなるほどお得に利用できます。長い目で見ればキャンペーンがなくても問題はないでしょう。

デメリット2.事業者変更・転用ができない

フレッツ光利用者が新たに光コラボに切り替えたい場合、使っている回線自体は同じですから、比較的簡単に乗り換えられます。これを事業者変更、または転用といいます。

しかしGMO光アクセスは、新規契約のみとなっており、事業者変更・転用での申し込みはできません

現在、フレッツ光や他社光コラボを利用している人がGMO光アクセスに切り替える場合は、既存サービスを解約した上での新規申し込みとなります。

その場合は、既存サービスの違約金や工事費残高の支払いが発生する可能性があります。

くわしくは、現在ご利用のプロバイダに問い合わせてください。

このように現金キャッシュバックなどのキャンペーンがない、転用ができないなどのデメリットは確かにあります。しかし、GMO光アクセスのメリットはそれを上回るでしょう。

シンプルな料金体系と安い月額料金に魅力を感じるなら、GMO光アクセスをぜひ検討してください

4.GMO光アクセスとドコモ光(GMOとくとくBB)ではどっちがおすすめ?

GMO光アクセス ドコモ光(GMOとくとくBB)

最初の方でも少し触れましたが、GMOインターネットはGMO光アクセスドコモ光(GMOとくとくBB)両方のサービスを提供しています。

この2つはどちらも光コラボで、使っている回線は同じです。もちろんプロバイダも一緒ですから、基本的に違いはありません。

そのため、GMO光アクセスとドコモ光のどちらを利用したらいいのか?という疑問が生じます。

そこで、GMO光アクセスとドコモ光(GMOとくとくBB)を比較してみました。

 GMO光アクセスドコモ光(GMOとくとくBB)
事務手数料3,300円3,300円
工事費戸建て:19,800円
マンション:16,500円
(キャンペーンで0円)
19,800円
(キャンペーンで0円)
 月額料金戸建て:4,818円
マンション:3,773円
戸建て:5,720円
マンション:4,400円
 契約年数2年2年
 解約金なし戸建て:14,300円
マンション:8,800円
スマホ割 なし550円〜/月
(ドコモスマホのみ)
 キャッシュバックなし20,000円
2年間のトータル費用戸建て:118,932円
マンション:93,852円
戸建て:120,580円
マンション:88,900円
3年間のトータル費用戸建て:176,748円
マンション:139,128円
戸建て:189,220円
マンション:141,700円
3年間のトータル費用戸建て:234,564円
マンション:184,404円
戸建て:257,860円
マンション:194,500円

月額料金だけを比較するとGMO光アクセスが圧倒的にお得に見えますが、注目すべきはトータル費用です。

なぜならドコモ光にはGMO光アクセスにはない、スマホ割やキャッシュバックなどの特典があるからです。

ドコモ光の魅力はスマホ割とキャッシュバックにあり!

ドコモ光 GMOとくとくBB 限定キャッシュバック

ドコモのスマホ利用者がドコモ光をセットで利用すると、毎月550円~1,100円割引の「ドコモ光セット割」が適用されます。

セット割は家族にも適用されるので、4人家族の場合、最大で月々4,400円の割引になります!

ドコモのスマホ利用者はGMO光アクセスよりも、ドコモ光がトータルの支払料金が安くなる可能性が高いです。

キャッシュバックや工事費無料キャンペーンもお得

またGMOとくとくBBでドコモ光を申し込むと、20,000円のキャッシュバックと工事費無料キャンペーンも受けられます。

そのためドコモスマホの利用者は、トータルの支払金額をしっかり計算した上で、ドコモ光にするかGMO光アクセスにするかを決定してください。

ahamoや格安スマホユーザーはGMO光アクセスがおすすめ!

ahamo

ドコモのスマホ利用者でも、ドコモ光ではなくGMO光アクセスがおすすめの場合があります。

それが、ドコモの新プランである「ahamo」に切り替えた人です。

というのも、ahamoはドコモ光割の対象外となるから。ギガプランからahamoに切り替えた人、これからahamoに切り替える予定の人はGMO光アクセスがおすすめです。

同じく、スマホ割の対象とならないpovoやLINEMO、格安スマホユーザーもGMO光アクセスがおすすめ。申し込みをぜひ検討してください。

5.GMO光アクセスのよくある質問

Q&A

最後に、GMO光アクセスのよくある質問と答えをまとめました。

  1. 申し込みから開通まではどのくらいかかる?
  2. プロバイダ料金はかかりますか?
  3. GMO光アクセスの解約金は?
  4. 光電話は使える?

1.申し込みから開通まではどのくらいかかる?

GMO光アクセスの申し込みから開通までの期間は、通常であれば戸建てで1ヶ月程度。マンションの場合は建物に光回線が導入済みの場合で2週間~1ヶ月ほどとなっています。

ただし、4月の引越しシーズンのように申し込みが殺到する時期などは、開通までにさらに時間がかかる場合もあります。

2.プロバイダ料金はかかりますか?

GMO光アクセスの月額料金にはプロバイダ料金も含まれています。

そのため、別途プロバイダ料金がかかることはありません

3.GMO光アクセスの解約金は?

GMO光アクセス 解約

※当サイトからの申し込みの場合、解約金は0円です。以下、通常の公式サイトから申し込みした場合の料金となります。

GMO光アクセスは開通日の翌月を1ヶ月目として、24ヶ月が契約期間となります(2年縛り)。

25ヶ月目と26ヶ月目が更新月となり、その月以外に解約する場合は違約金が発生します(更新月に解約がない場合はさらに2年間の自動延長)。

GMO光アクセスの解約違約金は11,000円です。ただし、工事費を払い終えていない場合は、解約時に工事費残高が一括で合わせて請求されます。注意してください。

4.光電話は使える?

GMO光アクセスは光電話サービスを提供していません。

どうしても光電話が必要な人は他社光回線を検討してください。

まとめ

シンプルな料金体系で月額料金の安いGMO光アクセスは、おすすめできる光回線です

確かにキャンペーンがないというデメリットがあります。しかし、その代わりに非常に安い月額料金を実現していると考えられれば、納得できます。

さらにGMO光アクセスはv6プラスに対応して高速通信できるので、快適なインターネット環境を求めている人も満足できるでしょう。

始まったばかりのサービスのため、まだまだ口コミは少ないですが、それでもすでに好評です。光回線にお悩みの人は、ぜひGMO光アクセスを検討してくださいね!

5つの質問で、ぴったりのインターネット回線がわかる!

こういったことで困っていませんか?

スマホの速度制限によくひっかかる
引っ越しでネット回線を引きたい
ネット回線を1番安く契約したい
通信費をもっと安くしたい

これらの悩みは、以下の診断で解決できます!!

SNSでもご購読できます。

つなが〜るネット – インターネットがもっとお得に快適になる情報サイト