※この記事はPRを含みます

enひかりの料金プランは3つ!他社比較でわかる安さの秘密とは

enひかり 料金

enひかりは、違約金なしのシンプルな光回線。

月額料金は戸建て4,620円・マンション3,520円と安く、速度の評判もとても良いです。

この記事では、enひかりにかかるすべての料金を徹底解説!enひかりが安い理由や、他社との料金・速度の比較もくわしくお伝えします。

プランや工事費で迷っている人は、ぜひ参考にしてください。

1.enひかり3つの料金プランと違い!おすすめは1ギガの「enひかり」

enひかり 料金がお得

enひかりは、下記の3つの料金プランがあります。

最もコスパの良いおすすめは、最大速度が1ギガの「enひかり」です

 enひかり
クロス
(10ギガ)
enひかり
(1ギガ)
enひかり
Lite
(制限付)
最大速度10Gbps1Gbps1Gbps
戸建て料金5,445円4,620円4,370円
マンション料金5,445円3,520円3,270円
おすすめな人・料金より速度重視 
・複数の家族で同時に使う
・月額料金を抑えたい
・一人暮らし
×
(混雑時は速度制限で50Mbps以下)

※料金はすべて税込み

「enひかり」の月額料金は、戸建てで4,620円、マンションで3,520円です

料金が高いプランから順に、特徴とおすすめな人を解説します!

enひかりクロス【速度重視の人に】

enひかりクロスは、最大速度10Gbps(10ギガ)のプラン

月額料金は、戸建て・マンションともに5,445円です。

enひかりクロス戸建て/マンション
月額料金5,445円
工事費16,500円
→キャンペーンで無料!
事務手数料新規 3,300円
転用・事業者変更 2,200円

※料金はすべて税込み

2024年5月現在、工事費はキャンペーンにより無料になります!enひかりクロスがおすすめなのは、次のような人です。

  • 料金より速度重視
  • 複数の家族で同時に使う
  • どうしても工事費無料が良い

enひかりクロス(10ギガ)はエリアが限られている

enひかりクロスを使えるのは、下記の県内のみです。

関東:東京、神奈川、埼玉、千葉
東海:愛知、静岡、岐阜
関西:大阪、兵庫、京都、滋賀、和歌山

より詳細なエリアは、enひかり公式サイトで確認できます。

enひかり【最もおすすめ】

enひかりは、最大速度1Gbps(1ギガ)の最もスタンダードなプラン

料金は、戸建て・マンションで下記のように分かれます。

enひかり戸建てマンション
月額料金4,620円3,520円
工事費新規  16,500円
転用・事業者変更 0円
事務手数料新規 3,300円
転用・事業者変更 2,200円

※料金はすべて税込み

2024年5月現在、工事費は新規契約なら16,500円です光コラボからの乗り換え(事業者変更)、またはフレッツ光からの乗り換え(転用)なら、工事費は無料になります!

「enひかり」がおすすめなのは、次のような人です。

  • 月額料金を抑えたい
  • 一人暮らし
  • 家族でもヘビーユーザーは1人だけ

※工事費が無料になる基準や、光コラボの見分け方は、後ほど初期費用の章でくわしくお伝えします。工事費をどうしてもかけたくない人は、次に紹介するenひかりLiteもおすすめです。

enひかりLite【速度制限あり】

enひかりLite(ライト)は、夜などネットが混み合う時間に速度制限のあるプランです。

通常はenひかりと同じ最大速度1Gbpsの通信ができますが、夜や休日など、多くの利用者が使って混み合う時には、速度が大幅に制限されます。

enひかりLite戸建てマンション
月額料金4,370円3,270円
工事費16,500円
→キャンペーンで無料!
事務手数料新規 3,300円
転用・事業者変更 2,200円

※料金はすべて税込み

月額料金は通常の「enひかり」よりも250円安く、今ならキャンペーンで工事費は無料です。

しかし、YouTubeなどの動画視聴やオンラインゲーム、Web会議などは快適にできない可能性が高いです。

そのためenひかりLiteは、次のような人以外はおすすめしません。

  • ADSLでもとくに不便を感じていなかった人の乗り換え先
  • 見たい時に動画が見られなくてもストレスを感じない人

ただし、後から通常プランに変更もできるため、「まずは工事費無料で、手軽に使ってみたい」人にもおすすめです!

【2024/1/8〜】enひかりLiteのエリアが拡大

enひかりLiteの提供エリアは、下記の都道府県です。

北海道
東北…青森/秋田/岩手/山形/宮城/福島
関東…東京/埼玉/千葉/神奈川/群馬/栃木/茨城
北陸…新潟
中部…長野/山梨/静岡/愛知
関西…大阪/兵庫/京都
九州…福岡

2.enひかりの初期費用(手数料・工事費)

enひかりはどのプランでも、月額料金に加えて下記の初期費用(手数料・工事費)がかかります。

enひかり 初期費用

新規申し込みとは、その家で初めて光回線を申し込む場合や、auひかりなど光コラボではないネット回線から乗り換える場合です。この場合は、手数料と工事費をあわせて19,800円かかります。

転用・事業者変更とは、フレッツ光から乗り換え(転用)、または光コラボから乗り換え(事業者変更)をする場合です。この場合は工事費はかからず、手数料も2,200円です。

光コラボとは?

光コラボとは、フレッツ光の回線を使ったネット回線(借りている機器にNTTのマークがある光回線)のことです。

有名なところでは、ドコモ光ソフトバンク光など、いわゆる「〇〇光」のほとんどは光コラボです。今使っているネットが上記の右側の7社以外なら、事業者変更で乗り換えるので工事費はかかりません。

ここからは、手数料と工事費の詳細をお伝えします。

enひかりの手数料

enひかりの手数料は、乗り換え方法によって次のように変わります。

enひかり新規契約転用
事業者変更
事務手数料3,300円2,200円

※料金はすべて税込み

下記に当てはまる人は工事費がかからないため、事務手数料の2,200円のみで乗り換えられます

  • 光コラボからの乗り換え(事業者変更)
  • フレッツ光からの乗り換え(転用)

enひかりの工事費

enひかりの工事費は、工事の内容によって次の3パターンに分かれます。

工事の内容工事の人は工事費
屋外・室内で工事来る16,500円
室内のみの工事来る8,360円
工事なしこない2,200円

※料金はすべて税込み

どのパターンになるかは、住んでいる家やマンションの設備状況によって変わるため、自分で選ぶことはできません

事前に知りたい場合は、enひかりカスタマーセンター(03-5534-9997)に問い合わせると教えてもらえます

工事なしの場合は、開通日までに接続に必要な機器が送られてくるので、マニュアルを見ながら自分で設定をしてつなぎます。

工事費が無料になるのは下記の人!

フレッツ光からの転用や、光コラボからの事業者変更で乗り換える人は、基本的には工事なし・工事費は0円です。

enひかりクロス・enひかりLiteに申し込む場合、工事費はキャンペーンで無料です。

※ただし転用や事業者変更の場合でも、引越しと同時にenひかりを申し込む際は新規申し込みとなるため、工事費がかかります。光回線ではないJ:COMや〇〇ケーブルテレビのネット回線からの乗り換えも、工事費がかかります。

3.enひかりは本当に安い?10社で料金・速度を比較

ここまで、enひかりの料金を紹介してきました。

しかし、「他社の光回線と比べて、実際どれくらい安いのか?」「速度は大丈夫なの?」も気になりますよね。

そこでenひかり1ギガ・10ギガそれぞれの、月額料金(戸建て・マンション)と平均速度を比較しました。全国で使える有名な光回線、同じ料金帯の光回線をあわせて10社で比較しています。

enひかり(1ギガ)は速度と料金のコスパ良し

enひかりの1ギガプランは、月額料金では10社中最安値で、平均速度も十分でした

 戸建てマンション平均ダウンロード速度
enひかり4,620円3,520円404.39Mbps
フレッツ光6,270円3,685円260.14Mbps
ドコモ光5,720円4,400円275.74Mbps
ソフトバンク光5,720円4,180円308.27Mbps
auひかり5,610円4,180円509.51Mbps
NURO光5,200円2,090円〜650.35Mbps
エキサイトMEC光4,950円3,850円360.22Mbps
とくとくBB光4,818円3,773円271.43Mbps
スマート光4,730円3,630円204.07Mbps
おてがる光4,708円3,608円278.06Mbps

※料金はすべて税込み
※フレッツ光はフレッツ 光ネクストの場合
※速度参考:みんなのネット回線速度

このように、月額料金は他社よりも圧倒的に安いです。

また、平均速度で見るとNURO光auひかりに続いて3位と、月額料金が5,000円を超える他社のネット回線と比べても安定して速い結果になりました。

つまりenひかり(1ギガ)は、料金と速度のコスパが最も良い光回線と言えます!

enひかりはv6プラスのオプションを付けよう

enひかりをより快適に使うには、「v6プラス」のオプションを付けるのがおすすめです。v6プラスとは速度が速くなる最新の通信方式で、月額198円のオプションです。

ちなみにenひかりの月額料金は、v6プラスの料金を入れても戸建て4,818円・マンション3,718円と他社より安いです。

enひかりクロスは10ギガの光回線で最安値

enひかりクロス(10ギガプラン)も、最大速度10ギガの光回線の中では月額料金が最安値で、平均速度も十分でした

 戸建てマンション平均ダウンロード速度
enひかりクロス5,445円5,445円1494.25Mbps
フレッツ光クロス6,930円6,930円1027.41Mbps
auひかり10ギガ7,480円提供なしIPv4接続435.55Mbps
IPv6接続437.85Mbps
ドコモ光10ギガ6,380円6,380円IPv4接続2733.12Mbps
IPv6接続1594.15Mbps
ソフトバンク光10ギガ6,380円6,380円IPv4接続1253.76Mbps
IPv6接続1500.4MbpsMbps
BB.excite光10ギガ6,380円提供なし
@nifty光10ギガ6,380円6,380円IPv4接続984.73Mbps
IPv6接続1424.3Mbps
おてがる光クロス6,160円6,160円
とくとくBB光10ギガ5,940円5,940円
NURO光10ギガ5,700円2,640円〜IPv4接続537.17Mbps
IPv6接続894.88Mbps

※料金はすべて税込み
※フレッツ光は東日本プロバイダAsahiNetの場合
※速度参考:みんなのネット回線速度X(旧Twitter)

このように、月額料金は他社の10ギガプランよりも圧倒的に安いです。

また、平均速度はこちらもauひかりNURO光に続いて3位でした。今回、十分な実測値が3件以下のサービスの平均速度は記載していません。

10ギガプランのネットをできるだけ安く契約したい人は、enひかりクロスがおすすめです

enひかりクロス(10ギガプラン)はキャンペーンで工事費無料!

2024年5月現在、enひかりクロスはキャンペーンで工事費無料です。

4.enひかりが安い3つの理由

このように、enひかりは他社のネット回線よりもかなりお得に使えます

ここからはenひかりが安い3つの理由を簡単に解説します。

  1. キャッシュバックがない
  2. 大手キャリアのスマホ割がない
  3. 徹底したお客様主義

とくに1と2は、人によってはデメリットになるポイントなので注意しましょう。

理由1.キャッシュバックがない

enひかりは、他社のネットであれば契約でもらえる、2〜5万円ほどのキャッシュバックがありません

たとえば他社の光回線を新規で申し込むと、下記のようなキャッシュバックがもらえます。

光回線
特典なし93,000円38,000円41,000円45,000円

※料金はすべて税込み

ただし、いずれも数ヶ月後にキャッシュバックをもらうための申請手続きをしたり、受け取るための口座番号を伝えるステップが必要です。もし受け取り手続きを忘れると、キャッシュバックが1円ももらえないことも…。

enひかりはそういったわずらわしい手続きがないかわりに、お得なキャッシュバックもありません。その分、月額料金が安いのです。

理由2.大手キャリアのスマホ割がない

enひかりは、ドコモ・au・ソフトバンクなど大手キャリアのスマホセット割がありません

一人暮らしの人はあまり関係ないですが、もし家族2〜3人以上で上記キャリアのスマホ・携帯を使っている場合、enひかりにすることで毎月2,000円〜3,000円ほども損をしてしまうケースもあります。

逆に、ahamo・LINEMO・povoや格安スマホなど、そもそもセット割対象外のスマホを使っている人は、enひかりはおすすめです!

enひかりは「勝手に割り」でUQモバイル・ahamo・povoの割引あり

ちなみに、enひかりは下記のスマホで「勝手に割り」という非公式なセット割を実施しています。

  • UQモバイル
  • ドコモの格安プラン「ahamo」
  • auの格安プラン「povo」

申請すると、毎月enひかりの料金が110円引きに。くわしくは、後ほどQ&Aで解説します。

理由3.徹底したお客様主義

enひかりの料金が安い最後の理由は、徹底したお客様主義の姿勢です。

enひかりは、株式会社縁人が提供するインターネット回線。X(旧Twitter)でenひかり利用者の口コミを調査したところ、好意的な口コミが数多く見つかりました。

このように、「お中元が届くの最高」「満足してるので他に変えられない」との口コミが、毎年夏になると上がっています

もし速度が遅かった場合は相談できる

また、enひかりはもし速度が遅かった場合、enひかりカスタマーセンターへ相談すると改善策を親身になって教えてもらえます。

常に70Mbpsを下回るようであれば、enひかりカスタマーセンター03-5534-9997へご相談くださいenひかり|v6プラス

200社以上の光回線を比較してきた私から見ても、こういった姿勢の光回線はほとんどありません。利用者のことを第一に考えるからこそ、余計なサービスを付けない料金体系になっていると言えます。

※enひかりの評判は、enひかりの評判が最悪?知っておくべき5つのデメリットの記事で解説しています。圧倒的に、良い評判の方が多い光回線です!

5.Q&A|enひかり料金のよくある質問

最後に、enひかりの料金のよくある疑問をQ&A形式でまとめます。

  • 料金の支払い方法は?後から変更できる?
  • 料金明細の見方は?
  • テレビや電話などのオプション料金は?
  • スマホセット割「勝手に割り」って何?

それぞれ解説します!

Q1.料金の支払い方法は?後から変更はできる?

A.enひかりの利用料金は、銀行振込、口座振替またはクレジットカードで支払います。

支払い方法の登録は、申し込み後に郵送されてくる「開通のご案内」に書かれているので、そのURLから手続きをします。

後で支払い方法を変更したい場合は、enひかりカスタマーセンター(03-5534-9997)への電話で変更できます

ちなみに請求は株式会社縁人からではなく、NTT東日本、NTT西日本からです。

※利用開始・解約月ともに、日割り計算はありません。

Q2.料金明細の見方は?

A.enひかりの料金明細は、紙の請求書での送付、またはNTT東日本の「@ビリング」、NTT西日本の「Myビリング」というWebサービス内で確認できます

ビリング・Myビリングは、パソコンやスマホからログインするといつでも見られます。

紙の明細や請求書発行は、手数料として220円が毎回かかるため、早めにWeb発行(ビリング・Myビリング)に切り替えましょう。

Q3.テレビや電話などのオプション料金は?

A.enひかりテレビは月額825円、enひかり電話は550円です。

下記に、enひかりの主要なオプションサービスをまとめました。

オプションサービス月額料金
enひかり電話550円
enひかりテレビ825円
enひかり電気390円
enひかりリモートサポート550円
固定IP770円

※料金はすべて税込み

オプションを付けたい場合、申し込み時に一覧が出てくるので、そこでチェックを入れて申し込みましょう。

ひかり電話・テレビそれぞれ、工事費(導入費用)が光回線とは別にかかります。くわしい工事費は、上記の表のリンクから参照してください。

高速オプションのv6プラス(月額198円)はできるだけ付けよう!

高速オプションの「v6プラス(月額198円)」を付けると、さらに速度が安定するためおすすめです。

enひかりでは、下記の3つの高速オプションが選べます。よくわからない人は、v6プラスを選べば間違いありません。

オプションサービス月額料金
v6プラス198円
transix198円
XPass(クロスパス)198円

※料金はすべて税込み

電話やテレビ・上記の高速オプションについて、契約前によりくわしく相談したい人は、enひかりカスタマーセンター(03-5534-9997)に電話をすると回答してもらえます。

Q4.スマホセット割「勝手に割り」って何?

UQモバイル・ahamo・povoの利用者なら、「勝手に割り」で毎月110円、enひかりの料金が安くなります

ただし、この割引は、KDDIやドコモの公式キャンペーンではありません。名前のとおり、enひかりが「勝手に」やっているサービスなので、受けるにはenひかりへの申請が必要です。

「勝手に割り」は電話で申請が必要

すでにUQモバイル・ahamo・povoを使っている人は、enひかりカスタマーセンター(03-5534-9997)に電話で申請すると、翌月から割引がスタートします。

ちなみにこれからUQモバイルを使う人は、UQモバイルの申し込み前にカスタマーセンターに連絡をすると、約3,300円相当のエントリーコードが無料でもらえます。

株式会社縁人はUQモバイルの代理店でもあるため、このような独自のキャンペーンが可能です。

6.enひかりの申し込みから開通までの流れ

最後に、enひかりの申し込み方法をお伝えします。

2024年現在、enひかりを申し込めるのは、公式サイトのみです。申し込み方法は、1ギガ、10ギガどのプランでも同じです。

画像でわかりやすく解説していきます!

転用や事業者変更の人は、先に今使っている光回線で番号をとろう

フレッツ光からの転用や、ほかの光コラボからの事業者変更の場合は、まず、今使っている光回線に連絡をして「番号をとる」手続きが必要です

くわしいやり方は、フレッツ光の人はこちらから、それ以外の光コラボの人は「イラストでわかる!光コラボの乗り換えガイド」を参照してください。

手順1.申し込みをクリック

まずは、enひかりのサイトをクリック。

enひかり

上記のような画面が開くので、「お申し込みはこちら」とかかれた赤いボタンを押します。

手順2.名前や住所などの情報を入力

申し込みフォームが開いたら、申し込み内容や、名前や住所などの情報を入力していきます。

ちなみに転用や事業者変更の人は、ここにチェックを入れると、「転用承諾番号」または「事業者変更承諾番号」を書く欄が出てくるので、入力します。

enひかり 申し込み手順1

希望のオプションがあればここで記入

さらに、v6プラスやルーターの購入申し込みも、このフォームの下の方でできます。

enひかり v6プラス申し込み

ルーターを安く購入して工事日当日からv6プラスを使いたい人は、ここに「工事日当日希望」と書きましょう。

内容に間違いがなければ、確認して、送信します。

手順3.enひかりから確認の電話がくる

申し込みが完了すると、enひかりカスタマーセンターから、2日以内に確認の電話がきます

何か質問があれば、この時に聞いておくと安心です。

ここで最終的な工事日(開通日)も決まることが多いので、あらかじめ予定をチェックしておきましょう。無事に工事が終わると、enひかり開通です!

まとめ

enひかりには料金プランが3つあり、最も料金・速度のバランスが良いのは「enひかり(1ギガプラン)」です。

違約金がなくいつでも解約できて、月額料金も業界でいちばん安いので、とにかくめんどくさいのはイヤな人におすすめの光回線です。事業者変更なら、工事費0円で乗り換えられます!

また、新規契約でどうしても工事費をかけたくない人は、10ギガのenひかりクロスや、制限ありで安いenひかりLiteもおすすめです。

5つの質問で、ぴったりのインターネット回線がわかる!

こういったことで困っていませんか?

スマホの速度制限によくひっかかる
引っ越しでネット回線を引きたい
ネット回線を1番安く契約したい
通信費をもっと安くしたい

これらの悩みは、以下の診断で解決できます!!

SNSでもご購読できます。

ツナガル – 最適な生活インフラ・サブスクが見つかる情報サイト