光回線のVDSL方式とは?特徴と速度の改善方法3つ

VDSL方式 マンション・アパート

インターネット回線を使うための配線の仕組みである「VDSL方式」。

集合住宅に住んでいる人やこれから住む人の中には「そもそもVDSL方式ってなに?」「VDSL方式の速度は速い?遅い?」このような疑問がある人も多いのではないでしょうか

結論からお伝えすると、VDSL方式は最大速度が100Mbpsしかないため、光回線でも通信速度は遅めです。

この記事では、VDSL方式の特徴と、通信速度を速くする3つの方法をわかりやすくまとめました。

集合住宅でネットを快適に使いたい人は、ぜひ参考にしてください。

1.VDSL方式の特徴や他の配線方式との違い

まずは、VDSL方式の特徴を簡単に解説します。

他の方式との違いもお伝えするので、今住んでいる物件やこれから住む予定の物件がVDSL方式の人は確認してみましょう。

VDSL方式とは配線方式の1つ

VDSL方式は、マンションやアパートで使われている配線方式の1つです。

マンションのインターネットの配線方式は、共用部分から各部屋までどのような配線で光回線を引き込んでいるかによって、次の3つに分けられています。

 配線の仕組み最大
通信速度
VDSL方式共用部分から各部屋まで、電話回線ケーブルを使っている100Mbps
光配線方式建物近くの電柱から部屋まで、光ケーブルのみを使っている1Gbps〜
LAN方式共用部分から各部屋まで、LANケーブルを使っている1Gbps

表のとおり、VDSLは最大通信速度が100Mbpsしかなく、集合住宅で使えるネットの中では最も遅い配線方式です

それぞれどのような配線方式なのか、簡単に解説します。

※通信速度の単位は、Mbps(メガビーピーエス)と読み、1,000Mbps=1Gbpsです。

VDSL方式は共用部分で電話回線に切り替わる

VDSL方式は、共用部分まで光ケーブルを使って配線していますが、各部屋までは電話回線ケーブルを使って配線しています

電話回線ケーブルとは、固定電話を使う際に利用するケーブルです。

配線の途中で光ケーブルから通信速度が遅い電話回線に切り替わるので、光ケーブルだけを使っている光配線方式と比較すると、通信速度が遅くなります

光ケーブルの通信速度は速いのですが、バトンタッチした電話回線の通信速度が遅いため、部屋に到着する頃には速度が遅くなっているイメージです。

光配線方式は光ケーブルだけを使っているので通信速度が速い

光配線方式は、戸建てや一部の集合住宅で使われている配線方式です。

建物近くの電柱から部屋まで光ケーブルのみを使って配線しています

光ケーブルとは、電気の信号を光に変換して通信するケーブルです。

VDSL方式のように配線が途中で切り替わらず、光ケーブルの通信速度を保ったまま部屋まで到達するので、配線方式の中で最も通信速度が速いです

LAN方式はLANケーブルで配線している

LAN方式は、共用部分まで光ケーブルを使っていますが、部屋まではLANケーブルを使って配線しています

LANケーブルは、有線でインターネットに接続するためのケーブルです。LAN方式の場合は、部屋の壁のLANコネクタにLANケーブルをつないでインターネットを使用します。

VDSL方式のように、配線の途中で光ケーブルから切り替わっているので、通信速度が遅いと考える人も多いです。

しかし、LANケーブルの通信速度は電話回線よりも速いので、通信速度を大きく落とさずに部屋まで到達します

※LANケーブルの最大通信速度は1Gbpsなので、1Gbps以上の速度で通信する光回線を契約する場合は大きく速度が落ちます。最大でも1Gbpsまでの速度でしか通信できないと覚えておきましょう。

VDSL方式は速度が遅くなりやすい

このようにVDSL方式は、マンションで使える3つの配線方式の中で最も通信速度が遅いです

配線方式ごとの最大通信速度を比較して違いを確認しましょう。

 下り最大速度上り最大速度
VDSL方式100Mbps50〜100Mbps
光配線方式1Gbps〜1Gbps〜
LAN方式1Gbps1Gbps

※光配線方式は、契約する光回線によって1Gbps以上の速度で通信できる場合があります。

表のとおり、VDSL方式の通信速度は最も遅いです。

一般的な光回線の最大速度は1Gbpsのため、その10分の1ほどの通信速度しか出ません

Webで調べ物をしたり動画を視聴したりする程度であれば問題ない速度ですが、オンラインゲームや大容量のファイルをダウンロードする場合などはストレスを感じる速度です

Googleも「オンラインゲームは100Mbps以上で快適」と公表している

たとえばGoogleは、友達と通信しながら快適にオンラインゲームをプレイする際には、100Mbps以上の速度が必要と公表しています。

Google 通信速度の目安

出典:Google Nest ヘルプ|ダウンロードの目安

VDSL方式の実測値は60〜80Mbpsほどなので、快適にプレイできるとはいえません。そのため、PUBGやAPEXなどのFPS系のオンラインゲームを友達とプレイする人は、ラグやフリーズが起こる可能性があります

VDSL方式の速度を不安に感じる人や速度の遅さを実感している人は、次に紹介する「通信速度を速くする方法」を参考にしましょう。

2.VDSL方式で通信速度を速くする3つの方法

VDSL方式で通信速度を速くする方法は、次の3つです。

  1. 戸建てプランが使える人はマンションプランから変更する
  2. IPv6で通信する
  3. 光配線方式の導入条件を満たして工事する

1つずつどのような方法なのか解説します。

方法1.戸建てプランが使える人はマンションプランから変更する

住んでいる建物で戸建てプランが使える人は、マンションプランから変更しましょう。

戸建てプランへ変更すると、VDSL方式ではなく光配線方式でインターネットを利用できるので、最大1Gbps以上の速度で通信できます

上記の口コミのように、戸建てプランの速度の速さを実感している人が多くいます。

戸建てプランへ変更する場合は開通工事が必要

集合住宅向けのプランから戸建てプランへ変更する場合は、建物近くの電柱から直接部屋まで光ケーブルを引き込む、開通工事が必要です

一般的なマンションプランを契約する場合は、マンションの共用部分から電話回線ケーブルやLANケーブルを引き込むだけの簡単な工事で済みます。

しかし戸建てプランの場合は、自分の家専用の光ケーブルを引くため時間がかかります。工事完了までの目安は、戸建てと同じ1〜2ヶ月ほどです

プラン変更は、契約中の光回線のサポートに問い合わせてみよう

戸建てプランに変更したい場合は、まずは契約している光回線のサポートセンターへ問い合わせてみましょう。変更可能かどうかは、オペレーターに聞くと調べてもらえます。

また、プラン変更の際は、最大19,800円ほどの工事費が発生する可能性があります。一度解約をして再度申し込みが必要になるケースでは、工事費無料キャンペーンが適用できることもあります。

プランの変更には物件のオーナーや管理会社の許可が必要

戸建てプランを契約するには、物件のオーナーや管理会社の許可が必要です

開通工事の際、一般的にはエアコンダクトから部屋の中まで光ケーブルを引き込みますが、この方法が利用できない場合は壁に穴を開けて引き込むこともあります。

万が一、オーナーや管理会社に許可を取らずに穴を開けると、退去の際に修繕費用を請求される可能性があるため、必ず事前に許可を取るべきです。

許可が取れない場合は、次に紹介する「IPv6で通信する」を検討しましょう。

方法2.IPv6で通信する

戸建てプランへ変更できない場合は、IPv6で通信しましょう

IPv6とは、最大通信速度100Gbpsの「IPoE方式」で通信できる通信方式です。従来の通信方式の「IPv4」は最大通信速度が0.2Gbpsの「PPPoE方式」でしか通信できません。

また、IPv6の「IPoE方式」はIPv4の「PPPoE方式」よりも回線が混雑しにくいため、次の画像のように安定して速い速度で通信できます。

PPPoE方式とIPoE方式

上記のとおり、IPoE方式には料金所(接続ポイント)がないので、車(スマホやパソコンなどの通信データ)が快適に走れます

現在IPv4を利用している人は、IPv6での通信を検討しましょう。

自分がIPv4・IPv6のどちらで通信しているのか確認する方法

こちらのサイトへアクセスすると、IPv4・IPv6のどちらで通信しているのか確認できます。

IPv6 確認方法

上記の場合は、IPv6で通信していることになります。

※IPv6のIPoE方式は回線が混雑しにくく快適に通信できるので、IPv4よりは速い速度で通信できます。しかし、VDSL方式で通信している以上は、最大通信速度である100Mbpsを超えない点に注意してください。

VDSL方式でIPv6を利用している人は速度に満足している

上記のとおり、VDSL方式の集合住宅でIPv6を利用している人は「VDSL方式だけどIPv6で通信すると速い」「IPv4のPPPoE方式で通信していたときよりも速い」このような口コミをしています。

VDSL方式で通信しているので、最大通信速度は100Mbpsを超えることはありません。

しかし、口コミを見ると多くの人が60Mbps以上の速度で通信できているので、Webの閲覧や高画質の動画視聴など、たいていの作業は快適に楽しめます

IPv6で本当に速度が改善されるのか不安な人は、利用者の口コミを参考にしてみてください。

契約している光回線がIPv6対応の場合は申し込むだけ

現在契約している光回線でIPv6が利用できる場合は、IPv6の利用を申し込むと利用できるようになります。光回線によっては、申し込み不要で利用できる場合もあります。

※光回線によってIPv6の申し込み方法は異なりますが、多くの場合で契約している光回線の公式サイトや会員ページから申し込めます。申し込みページが見つからない場合は、サポートセンターへ問い合わせましょう。

しかし、IPv6を申し込んでもWiFiルーターが対応していないと利用できないので、IPv6未対応のWiFiルーターを使っている人は買い替えましょう

おすすめのWiFiルーターは「バッファローWSR-1166DHPL2」です。

2023年2月時点で、Amazonの価格は4,580円です。

低価格ですが安心のバッファロー製で、設定せずにIPv6が利用できるため、ルーターの知識がない人も安心して利用できます。

まだ契約していない・未対応の光回線の場合は契約や乗り換えが必要

IPv6で通信するには、IPv6に対応した光回線を契約する必要があります

そのため、まだ光回線を契約していない人やIPv6未対応の光回線を契約している人は、IPv6の光回線を契約するか、もし今のネットが未対応であれば乗り換えましょう。

とはいえ、ネット回線に詳しい人であれば自分に最適な光回線を探せますが、そうでない人にとってはIPv6対応の光回線を探すだけでも一苦労ですよね

 IPv6の使えるおすすめの光回線は、後ほど「VDSL方式のマンションにおすすめの光回線5選(ページ内を移動します)」の章で詳しく紹介します!

集合住宅のインターネットの契約方法についてはこちらの記事で詳しく解説しています。状況別におすすめの光回線を紹介しているので、光回線を選ぶ際の参考にしましょう!

方法3.光配線方式の導入条件を満たして工事する

かなりハードルは高いですが、オーナーや管理会社に掛け合って、マンション全体の通信方式を光配線方式に変更してもらう方法もあります

光配線方式であれば最大1Gbps以上の速度で通信できるので、VDSL方式よりも快適に通信可能です。

ただし光配線方式を導入する場合は、次の2つの条件を満たしましょう。

光回線が定める契約数を超える

集合住宅に光配線方式を導入するには、光回線事業者が定める契約者数を集める必要があります

たとえば、NURO光を7階建て以下のマンションに導入する場合は、4人以上の契約希望者を集めないと導入できません。

どれほどの契約者を集める必要があるのかは光回線事業者によって異なるため、導入したい光回線のカスタマーセンターへ問い合わせましょう

オーナーや管理会社から許可を得る

また、建物全体を光配線方式にする工事の費用は、個人ではなくオーナーや管理会社の負担になるため、オーナーや管理会社から許可を得ないとそもそも導入できません

一定数以上の契約希望者を集めるのも難しいうえに、許可を取る必要もあると考えると、なかなかハードルが高い方法といえます。

3.VDSL方式のマンションにおすすめの光回線5選

先ほど、VDSL方式で通信速度を速くする方法を3つ紹介しましたが、戸建てプランへの変更か、IPv6での通信が最も現実的です

しかし、中には戸建てプランで契約できない人もいます。そこでここでは、戸建てプランで契約できない人に向けて、IPv6で通信できる光回線を5社紹介します。

スマホ別に最適な光回線を紹介するので、自分が利用しているスマホに最適な回線を選びましょう。

auひかり|auユーザーにおすすめ

auひかり GMOとくとくBB 月額割引キャンペーン

auユーザーには、auひかりがおすすめです

auユーザーはスマホとのセット割が適用されて、毎月最大1,100円の割引が受けられます。割引額はプランによって異なるため、次の表で確認しましょう。

料金プラン月額割引
・使い放題MAX 5G 各プラン
・使い放題MAX 4G 各プラン
▲1,100円/月
・ピタットプラン 5G
・ピタットプラン 4G LTE
・新auピタットプランN
▲550円/月
・ピタットプラン 5G(s)
・ピタットプラン 4G LTE(s)

※料金はすべて税込み
※ピタットプラン1GB未満は対象外

参考:auスマートバリュー

たとえば、使い放題MAX 5Gを契約している人なら、スマホの料金が毎月1,100円安くなります!

割引額が大きいため、一人暮らしの場合もお得です。しかし、最大10回線まで割引が適用できるので、家族で複数回線契約している場合はさらにお得な料金で利用できます。

auスマートバリューの適用には、ネット+光電話の契約が必要です。プロバイダGMOとくとくBBから契約すると、なんとauひかりの月額料金がネット・光電話・工事費すべて込みで、2,860円で2年間使えます!

auひかりの集合住宅の通信速度

auひかりの集合住宅の通信速度は、次のとおりです。

下り平均速度上り平均速度
321.85Mbps257.16Mbps

※参考:みんなのネット回線速度

auひかりは独自回線なので、光コラボよりも速度が速いです。321Mbpsあれば、4Kの動画視聴やオンラインゲームも快適に楽しめます。

※独自回線とは、自社の通信設備を使用して回線を提供している光回線です。フレッツ光の設備を借りている光コラボの光回線よりも利用者が少ないので、快適な速度で通信できます。

最もお得な申し込み窓口はここ!

auひかりを最もお得に申し込める窓口は「GMOとくとくBB」です。

月額割引キャンペーンで、マンションタイプなら月額料金が2年間2,860円で使え、さらに5,000円のキャッシュバックがもらえます。(3年目以降は4,180円です)

電気代や日用品が高くなっている今、月々の通信費を抑えられるのはとても助かりますね。

auユーザーの人はGMOとくとくBBから申し込み、スマホ・ネット両方の割引を受けてお得に使いましょう!

※auひかりの詳しいメリットやデメリット、口コミなどは「騙されるな!auひかりの口コミ・料金などの真実【2022年12月】」の記事で解説しています。

ドコモ光|ドコモユーザーにおすすめ

ドコモ光 キャッシュバック45,000円

ドコモユーザーには、ドコモ光がおすすめです

ドコモユーザーには、スマホとのセット割が適用されて、毎月最大1,100円の割引が受けられます。プランごとの割引額を紹介すると、次のとおりです。

料金プラン月額割引
ギガホ プレミアム 5G
ギガホ プレミアム
▲1,100円
ギガホ 5G、ギガホ
5Gギガライト
ギガライト(3GB〜7GB)
5Gギガライト
ギガライト(1GB〜3GB)
▲550円

※料金はすべて税込み
参考:ドコモ光セット割

たとえば、ギガホ プレミアム 5Gを契約している人は、スマホの料金が毎月1,100円安くなります!

最大10回線まで適用できるので、家族でドコモユーザーの場合はさらにお得です。

ドコモ光の集合住宅の通信速度

ドコモ光の集合住宅の通信速度は、次のとおりです。

下り平均速度上り平均速度
265.01Mbps235.51Mbps

参考:みんなのネット回線速度

独自回線のauひかりと比較すると遅く感じますが、オンラインゲームや高画質の動画視聴などを快適に楽しめるほどの速度で通信できています。

※ドコモ光は光コラボの光回線です。光コラボとは、フレッツ光の通信設備を借りてサービスを提供している光回線です。

最もお得な申し込み窓口はここ!

ドコモ光の最もお得な申し込み窓口は「GMOとくとくBB」です。GMOとくとくBBから申し込むメリットを紹介します。

  • 45,000円キャッシュバック
  • 高性能なWiFiルーターのレンタル無料
  • 工事費無料
  • dポイント2,000ptプレゼント

開通から5ヶ月後に45,000円のキャッシュバックを受け取れたり、WiFiルーターを無料でレンタルできたりします。

ドコモのスマホを利用している人は「GMOとくとくBB」のキャンペーンを適用して、お得に契約しましょう!

※ドコモ光の詳しいメリットやデメリット、口コミなどは「ドコモ光を使っている私が料金や速度の評判・口コミを解説!」の記事で解説しています。

ソフトバンク光|ソフトバンクユーザーにおすすめ

ソフトバンク光 39,000円キャッシュバック

ソフトバンクユーザーには、ソフトバンク光がおすすめです。

ソフトバンクユーザーはセット割が適用されて、毎月最大1,100円の割引が受けられます。割引額はプランによって異なるので、次の表で確認しましょう。

料金プラン割引額
データプランメリハリ無制限
データプランミニフィット+
▲1,100円
データプランメリハリ
データプランミニフィット
データプラン50GB+
データプランミニ
データ定額ミニ1〜2GB▲550円

※料金はすべて税込み
参考:おうち割光セット

たとえば、データプランメリハリ無制限を契約している人は、スマホの料金が毎月1,100円安くなります!

ソフトバンク光のセット割は最大10回線まで適用可能です。たとえば、5人家族全員がソフトバンクスマホを利用している場合は、最大5,500円も割引できます。

おうち割光セットの適用には、ネットの他に月額550円の「オプションパック」の契約が必要です。オプションパックには光電話や高速WiFiルーター機能が含まれているため、むしろ契約する方がソフトバンク光をより快適に使えます!おうち割の詳細はこちら

ソフトバンク光の集合住宅の通信速度

ソフトバンク光の集合住宅の通信速度は、次のとおりです。

下り平均速度上り平均速度
321.95Mbps251.4Mbps

※参考:みんなのネット回線速度

表のとおり、下り速度は300Mbpsを超えています。Webの閲覧はもちろん、高画質の動画視聴も快適に楽しめる速度です。

光コラボの光回線の中でも速い方なので、速度に関しては安心できます。

最もお得な申し込み窓口はここ!

ソフトバンク光の最もお得な申し込み窓口は、アイネットサポート」です

最短2ヶ月で最大39,000円のキャッシュバックが受け取れます。他の窓口を見ると、有料オプションへの加入が必須の場合もありますが、アイネットサポートの場合は不要です

スマホセット割と高額なキャッシュバックでお得に契約したい人は、「アイネットサポート」からソフトバンク光を申し込みましょう!

※ソフトバンク光の詳しいメリットやデメリット、口コミなどは「2022年|ソフトバンク光の評判・料金など知っておきたいデメリット」の記事で解説しています。

楽天ひかり|楽天モバイルユーザーにおすすめ

楽天ひかり 1年無料キャンペーン

楽天モバイルユーザーには、楽天ひかりがおすすめです

セット割はありませんが、楽天モバイルと一緒に利用すると楽天ひかりの月額料金が無料になるキャンペーンを実施しています

楽天ひかりの集合住宅向けのプランは月額4,180円なので、キャンペーンを適用すると1年間で50,160円もお得に利用できる計算です。

楽天モバイルユーザーがここまで安く利用できる光回線は、他にありません。

楽天ひかりの集合住宅の通信速度

楽天ひかりの集合住宅の通信速度は、次のとおりです。

下り平均速度上り平均速度
248.9Mbps221.39Mbps

※参考:みんなのネット回線速度

楽天ひかりの利用者の中には、通信速度が遅いと感じている人もいますが、平均速度を見ると他のひかりコラボの光回線と比較して大幅に遅いことはありません

最もお得な申し込み窓口はここ!

楽天ひかりを最もお得に申し込める窓口は公式サイト」です。公式サイト以外の申し込み窓口はありません。

楽天モバイルユーザーが楽天ひかりを1年間無料で利用できるキャンペーンですが、終了時期は未定です。この機会を逃すと適用できなくなるので、迷っている人は早めに申し込みましょう!

※楽天ひかりの詳しいメリットやデメリット、口コミなどは「楽天ひかりの評判・口コミ100件を調査!無料キャンペーンは本当にお得?」の記事で解説しています

GMOとくとくBB光|格安SIMユーザーにおすすめ

GMOとくとくBB光 限定特典

格安SIMユーザーの人にはGMOとくとくBB光」がおすすめです。

格安SIMとセット割が適用できる光回線もありますが、割引額が少ない場合がほとんどでお得ではありません。なので、格安SIMユーザーにはもともとの月額料金が安い光回線をおすすめします

GMOとくとくBB光の集合住宅向けのプランは、月額3,773円とこれまで紹介してきた光回線の中で最も安いです。

契約期間の縛りがないので、解約金で損したくない人も安心して契約しましょう。

GMOとくとくBB光の集合住宅の通信速度

GMOとくとくBB光の集合住宅の通信速度は、次のとおりです。

下り平均速度上り平均速度
300.43Mbps278.51Mbps

※参考:みんなのネット回線速度

月額料金が安いので、通信速度が遅いかもしれないと不安に思う人もいますが、上記のとおり快適な通信速度で通信できています。

最もお得な申し込み窓口はここ!

GMOとくとくBB光 限定キャッシュバック

GMOとくとくBB光を最もお得に申し込める窓口は「公式サイト」です

当サイトからの申し込み限定で、新規契約で32,000円・乗り換えで違約金がある人なら35,000円のキャッシュバックがもらえます!

また、WiFiルーターの無料レンタル新規工事費が実質0円になるキャンペーンも適用できます。

格安SIMを利用している人は、GMOとくとくBB光を契約しましょう!

※GMOとくとくBBの詳しいメリットやデメリット、口コミなどは「GMOとくとくBB光(GMO光アクセス)とは?評判からみたメリット&デメリット」の記事で解説しています。

4.VDSL方式に関するよくある質問

ここでは、VDSLに関するよくある質問を紹介します。気になる質問がある人は目を通してみましょう。

VDSL方式はサービス終了するの?

VDSL方式は、今のところサービス終了の予定はありません

名前が似ているサービスのADSLは、2023年1月31日から順次終了することから、VDSL方式も終了するかもしれないと不安に思っている人が多いようです。

※ADSLとは、電話回線のみを使用してインターネットに接続するサービスで、2000年前半頃に主流だったネット通信方式です。仕組みはほとんど同じですが、VDSLの最大通信速度が100Mbpsなのに対し、ADSLは最大50Mbpsしか出ません。

自宅がVDSL方式なのか見分ける方法は?

自宅の配線方式がVDSL方式なのか見分ける場合は、契約している回線事業者へ問い合わせるのが確実です。

サポートセンターへ問い合わせてみましょう。

フレッツ光のVDSL方式を他の配線方式に変更できる?

フレッツ光のVDSL方式を利用している場合は、戸建てプランへ変更すると光配線方式で通信できます

しかし、戸建てプランへ変更する場合は、開通工事で壁に穴を開ける可能性があるので、オーナーや管理会社の許可が必要です。

許可を取らずに開通工事を行い壁に穴を開けると、退去時に修繕費用を請求されることもあります。

まとめ

今回は、VDSL方式の仕組みや他の配線方式との違い、VDSL方式のマンションにおすすめの光回線などを解説してきました。

VDSL方式は、配線方式の1つで最も通信速度が遅いです。通信速度を改善する方法は、次のとおり3つあります。

VDSL方式の通信速度が遅いと悩んでいる人は、まず戸建てプランへの変更か、今の光回線でIPv6通信への変更を検討しましょう。

戸建てプランへ変更できない・契約している光回線がIPv6に対応していない場合は、頑張ってオーナーや管理会社に掛け合ってみるか、次の表を参考に乗り換えるのがおすすめです

 おすすめの光回線
auユーザーの人auひかり
ドコモユーザーの人
ソフトバンクユーザーの人ソフトバンク光
楽天モバイルユーザーの人楽天ひかり
格安SIMユーザーの人GMOとくとくBB光

※ロゴをクリックすると最もお得な申し込みページへ移動します

5つの質問で、ぴったりのインターネット回線がわかる!

こういったことで困っていませんか?

スマホの速度制限によくひっかかる
引っ越しでネット回線を引きたい
ネット回線を1番安く契約したい
通信費をもっと安くしたい

これらの悩みは、以下の診断で解決できます!!

SNSでもご購読できます。

ツナガル – 最適な生活インフラが見つかる情報サイト
error: Content is protected !!