一人暮らしのインターネットにおすすめの回線はこれだ!【2022年版】

「一人暮らしのインターネット回線(WiFi)、どれがおすすめ?」

2022年1月現在、一人暮らしにおすすめのネット回線は、以下の3つです(速度の速い順)。

  • 光回線
  • ホームルーター
  • モバイルWiFi

ただし、自分にあったものを選ばないと、思ったよりも料金が高い・ネットが遅いなど、トラブルになることも・・・。

この記事では、元ネット販売員が、一人暮らしのネットの選び方・料金の相場・おすすめのインターネット回線をわかりやすくまとめました。

ネット環境をサクッと整えて、快適な一人暮らしを送りましょう!

0.結論!一人暮らしにぴったりのインターネット回線3つ

インターネット 一人暮らし

 光回線ホームルーターモバイルWiFi
月額料金5,200円5,000円4,500円
平均速度(下り)310.3Mbps118.2Mbps36.3Mbps
工事ありなしなし
使えるまでの期間1〜2ヶ月2〜3日2〜3日

※料金は目安、すべて税込み
参考:みんなのネット回線速度

一人暮らしでインターネットを満足に使いたいなら、次のように選びましょう。

それぞれの特徴を、ざっくり見ていきましょう。

「ネットはスマホでしか使わない」という人は、楽天モバイルなどのデータ無制限プランを契約しましょう。ネット代が安くすみます。

光回線|動画やゲームをとことん楽しみたい人におすすめ

一人暮らし おすすめ 光回線

光回線は、インターネットの回線が自宅まで有線でつながっているため、速度が速く安定しています

動画やライブ配信をたっぷり楽しみたい人、PS5/Switchなどでオンラインゲームをしたい人は、光回線がもっともおすすめです!

料金の相場は、3,000〜5,700円ほど。住むマンション・アパートによって大きく変わります。光回線のメリット・デメリットは下記の通り。

一人暮らし 光回線 メリットデメリット

それぞれかんたんに解説します。

光回線の例ドコモ光フレッツ光auひかりNURO光など

光回線のメリット3つ

メリット1.通信速度が速い

ほとんどの光回線は、最大速度1Gbpsです。中には、NURO光など下り最大2Gbpsの通信速度が出るサービスもあります。

光回線の速度なら、容量の大きいアプリや、長い動画のダウンロードもあっという間にできます!

メリット2.回線が安定して切れにくい

インターネット回線が家まで有線でつながっているので、障害物や住宅環境によって、通信速度が左右されにくいです。

0.1秒のラグが勝敗を分けるようなオンラインゲームを、本気で楽しめるのは光回線だけです。

メリット3.速度制限がない

ホームルーターやモバイルWiFiでは、3日間に15GB以上使うと、最大速度の制限がかかってしまいます

光回線なら、いくら使っても制限は一切かかりません。一日中動画を流しても大丈夫ですし、オンライン会議が続いても安心です。

光回線のデメリット3つ

デメリット1.開通まで1〜2ヵ月かかる

光回線を使うには工事が必要なので、申し込んでから使えるまで1〜2ヶ月ほどかかります

また、工事の当日は立ち会いが必須。知らない人を家の中に入れたくない人にはややハードルが高いです。

デメリット2.マンションによって使えるものが限られる

光回線は、マンションによって使えるものが限られていることが多いです。

のちほど解説しますが、大家さんから工事許可が下りないことや決まった光回線しか選べない場合もあります。

デメリット3.速度が遅いこともある

マンションなどの共同住宅では、1本の通信ケーブルをすべての部屋で共有して使います。多くの人が使う夜の時間帯などは、回線速度は遅くなりやすいです。

建物によっては最大速度が100Mbpsしか出ないプランしか選べず、料金のわりに高いケースもあります。

その場合は「v6プラス」など速度が速くなるオプションがついている光回線を選ぶと、遅くなるリスクを減らせます!

【まとめ】光回線が向いている人(工事あり、高速で安定)

・気兼ねなく動画やライブ配信を見たい
・リモートワークをする
・オンラインゲームを本気でプレイしたい

最大速度(下り):100〜2,000Mbps
月額料金:3,000〜5,700円

ホームルーター|工事なしでそこそこの速度を求める人におすすめ

一人暮らし おすすめ ホームルーター

ホームルーターとは、工事不要でコンセントにケーブルを差し込むだけで、ネットが使える端末のこと

光回線ほどの速度は出ませんが、動画やスマホゲームなら十分にできます。持ち運びはできないため、家メインで使う人におすすめです!

月額料金の相場は、4,000〜5,000円ほど。ホームルーターのメリット・デメリットは下記の通りです。

一人暮らし ホームルーター メリットデメリット

それぞれかんたんに解説します。

ホームルーターの例ドコモ5GソフトバンクエアーWiMAX

ホームルーターのメリット3つ

メリット1.工事不要ですぐに使える

ホームルーターは、端末が届いたその日からネットを使い始められるので、すぐにネット環境が整います。

光回線だと工事が必要なので、申し込みから開通まで1〜2ヶ月ほどかかります。時間や手間をかけたくない人は、ホームルーターがおすすめです。

メリット2.モバイルWiFiよりは速い

ホームルーターの平均速度は、50〜70Mbpsほど。光回線よりは遅いですが、モバイルWiFiよりは速いです。

「速い光回線がいいけど、工事ができない(したくない)…」という人は、まずはホームルーターを検討してみましょう。

メリット3.引越しがラク

ホームルーターは、急な引越しでも移転費用がかからず、引越し先にそのまま持っていけます(住所変更は必要)。

光回線のように、引越し先でまた工事をしなくてもいいので、いつ引越すかわからない人にもおすすめです。

ホームルーターのデメリット3つ

デメリット1.光回線よりは遅い

ホームルーターの通信速度は、光回線よりは遅いです。

例として、2021年現在で最速のホームルーター(ドコモhome 5G)と、光回線(NURO光)の速度を、時間ごとに比較してみます。

 ホームルーター
(ドコモ 5G)
光回線
(NURO光)
185.99Mbps491.54Mbps
128.39Mbps492.12Mbps
夕方157.49Mbps495.01Mbps
149.81Mbps471.81Mbps
深夜190.18Mbps523.64Mbps

※参考:みんなのネット回線速度(下り)
※計測数 ドコモ 5G:4,154件
NURO光:24,034件

※直近3ヶ月間の平均値

ホームルーター(ドコモ 5G)の速度の平均は150Mbpsほど。光回線(NURO光)のほうが、2倍以上も速いです

とはいえ、150Mbpsあれば動画やリモートワーク、スマホゲームなどは問題なくできるので安心してくださいね。

※ただしホームルーターはPing(応答性、タイムラグ)がよくないため、FPSなどの対戦型オンラインゲームには向きません。これらのゲームをしたい人は、光回線(第1章)を検討しましょう!

デメリット2.速度制限がある

ホームルーターは、月間のデータ量はいずれも「無制限」ですが、短期間で使いすぎると速度制限があると明記されています

たとえば、auとWiMAXのホームルーターは、3日間で15GB以上利用すると通信制限がかかります。

毎日動画を流しっぱなしにすると危険ですが、夜や週末に一気見するくらいの使い方なら、ホームルーターでも大丈夫です。

デメリット3.すぐ解約すると解約費用が高い

ホームルーターは、端末代金が4〜6万円ほどと高く、契約期間が終わる前に解約すると、残りの金額を一括で請求されます

とはいえ、端末代金と同額の割引が毎月あるので、2〜3年しっかり使えば端末代金はかかりません。

引越し先にも持っていけるので、ある程度の期間は使うつもりで契約しましょう。

【まとめ】ホームルーターが向いている人(工事不要、速度はそこそこ)

・工事ができない/したくない
・動画視聴やリモートワークをよくする
・ゲームはしない、またはスマホのみ

最大速度(下り):100Mbps〜4,200Mbps
月額料金:4,000〜5,000円

モバイルWiFi|家でも外でもネットを使いたい人におすすめ

一人暮らし おすすめ モバイルWiFi

モバイルWiFiは、スマホとほぼ同じサイズで、気軽に持ち運びができる端末です。工事は不要で、申し込んでから数日でネットが使えます!

カフェでパソコン作業するなど、家以外でもWiFiを使いたい人におすすめです。

ポケットwifiとは

月額料金の相場は、3,000〜4,800円ほど。モバイルWiFiのメリット・デメリットは下記の通りです。

一人暮らし モバイルWiFi メリットデメリット

それぞれかんたんに解説します。

提供会社WiMAXワイモバイルauソフトバンクなど

モバイルWiFiのメリット3つ

メリット1.持ち運びができる

モバイルWiFiは、外出先に持ち運びができるのが最大の強みです。

スマホの通信をモバイルWiFi経由にして、もっとも少ないギガ数でスマホを使えば、月々の通信費をグッと抑えられます。

メリット2.最短1〜2日で利用できる

モバイルWiFiはネットからいつでも申し込み可能で、最短当日発送です。工事も不要なので、早ければ翌日からネットが使えます。

引越しが決まってから契約しても間にあうので、急な異動や、初めての一人暮らしにもおすすめです。

メリット3.工事不要で引越しもラク

モバイルWiFiは、工事なしで使えます。工事の立ち会いのために時間を空けたり、作業員を家に上げたりする必要はありません

急な引越しでも移転費用がかからず、そのまま持っていけます(住所変更は必要)。

モバイルWiFiのデメリット3つ

デメリット1.信頼できない会社も多い

2021年現在、モバイルWiFiは多くの会社がサービスを提供しています。中には使うと損するようなサービスも・・・。

突然サービスを終了してしまったり、在庫不足で端末が届かなかったりなどのトラブルもあるため注意しましょう。

ポケットWiFi33社を比較した結果、もっとも安心して使えるのはWiMAXです。2021年現在、3,500万人が利用している人気のサービスです。

デメリット2.光回線やホームルーターより遅い

モバイルWiFiは、スマホと同じ無線での通信になるので、光回線やホームルーターよりも速度は遅くなります

モバイルWiFi、ホームルーター、光回線の下り速度を、時間ごとに比較しました。

 モバイル
WiFi
ホーム
ルーター
光回線
42.3Mbps185.9Mbps491.5Mbps
21.8Mbps128.3Mbps492.1Mbps
夕方29.0Mbps157.4Mbps495.0Mbps
29.0Mbps149.8Mbps471.8Mbps
深夜40.2Mbps190.1Mbps523.6Mbps

※参考:みんなのネット回線速度
※計測数 モバイルWiFi(平均):7,632件
ホームルーター(ドコモ 5G):4,154件
光回線(NURO光):24,034件

このように、モバイルWiFiの速度の平均値は20〜30Mbpsほど。

20Mbpsあれば、一人で動画を見るくらいなら問題なくできます。ただし複数人での同時使用には向きません。

あくまでも、一人で使うサービスと考えておきましょう

デメリット3.速度制限がある

モバイルWiFiは、3日間や1ヶ月など、一定期間で使えるデータ量が決まっています。データ容量を超えると速度制限がかかります。

制限は1日で解除されるものもあれば、月末まで解除されないものもあります。

使うなら、もっとも速度制限のゆるいWiMAXがおすすめです。

【まとめ】モバイルWiFiが向いている人(工事不要、外でも使いたい)

・外出先でもネットが使い放題
・宅内工事不要で、すぐにネットが使える
・引越しがラク

回線速度(下り):128kbps〜1,237Mbps
月額料金:約3,000〜4,800円

1.一人暮らしにおすすめの光回線

光回線のおすすめ マンションの場合

ここからは、一人暮らし(マンション・アパート)におすすめの光回線を紹介します。

ホームルーター、モバイルWiFiを検討している人は、こちらからそれぞれのおすすめに飛べます。
一人暮らしにおすすめホームルーター
モバイルWiFiならWiMAXがおすすめ

実は、それぞれのマンション・アパートによって、利用できるインターネット回線はある程度決まっています

インターネット マンション 選び方

できれば入居前に、マンションの管理会社にインターネット回線の対応状況を確認するのがベストです。

申し込み後に、「実は無料のネットがあった」「大家さんの許可が下りず、使えなかった…」となったら、時間もお金ももったいないですよね。

もしわからない場合は、各光回線のサイトでマンション名まで入れてエリア検索してみましょう。使えるかどうかが判定されます。

自分で選べるなら、スマホセット割のある光回線がお得!

一人暮らしにおすすめの光回線は、下記の7社です。

いずれも、今使っているスマホ代が毎月550〜1,100円も安くなり、工事費もキャンペーンで実質無料になるお得な光回線です!

使っているスマホごとに、おすすめをまとめました。

スマホ・マンションの対応状況おすすめ光回線
スマホがドコモの人
スマホがauの人もし使えるなら
フレッツ光対応物件なら
スマホがソフトバンク・ワイモバイルの人もし使えるなら
フレッツ光対応物件なら
楽天モバイルの人楽天ひかりロゴ
格安スマホの人
(ahamo/povo/LINEMOなど)
GMO光アクセス ロゴ

表のロゴをクリックすると、最新の口コミを調査した、各サービスのくわしい紹介記事に飛びます。

※マンションの光回線についての口コミや注意点など、さらにくわしくは絶対に後悔しない!マンションのインターネット契約方法【2022年1月版】も参考にしてください。

2.おすすめホームルーターはドコモの「home 5G」

home 5g

結論からいうと、一人暮らしにおすすめのホームルーターはドコモの「home 5G」です。

2022年1月現在、ホームルーターを出している、ドコモ、ソフトバンクエアー、au、WiMAXの4社のスペックを比較しました。

←スマホの場合はスクロールできます→

 ドコモソフトバンクエアーauWiMAX
端末デザインhome 5gairターミナル4Speed Wi-Fi HOME 5G L11Speed Wi-Fi HOME 5G L11
端末HR01Airターミナル4Speed Wi-Fi HOME 5G L11
最大通信速度4,200Mbps962Mbps2,700Mbps
実際の速度※1161.15Mbps53.67Mbps25.31Mbps
月額料金4,950円5,368円4,908円4,818円
契約期間なし2年なし3年

※ソフトバンクエアーは「モバレコエアー」、ドコモ・WiMAXは「GMOとくとくBB」の情報を記載
※1 みんなのネット回線速度を参考

速度・料金・契約期間の3つのポイントで比較してみると、ドコモ「home 5G」が通信速度がもっとも速く、さらに契約期間の縛りもありません

料金は、ほぼ横並びで5,000円前後です。

ホームルーターを契約するなら、速度が速くて快適に使える、ドコモの「home 5G」を選びましょう!

※くわしい比較は、 ホームルーター4社を徹底比較!2021年おすすめサービスはこれだを参考にしてください。

ドコモ「home 5G」のお得な申し込み方法

GMOとくとくBBのドコモ5G

ドコモ「home 5G」は、ドコモショップや公式サイトから契約しても、キャッシュバックなどの特典はありません。

ドコモの公式プロバイダ「GMOとくとくBB」で契約すると、Amazonギフト券18,000円分がもらえます

月額料金や端末は、ドコモ公式で契約するものとまったく同じです。せっかく契約するなら、お得な特典のあるGMOとくとくBBから申し込みましょう。

※home 5Gは契約期間の縛りはありませんが、端末代(39,600円)を3年間に分けて支払います。ただし毎月同額の割引があるので、3年使えば実質0円で使えます。

3.モバイルWiFiならWiMAXがおすすめ

WiMAXのGalaxy 5G mobile

一人暮らしにもっともおすすめのモバイルWiFiは、WiMAXです。

WiMAX以外にも、モバイルWiFiにはスマホキャリアのモバイルルーター、クラウドSIMなどがあります。

6年以上モバイルWiFiを比較してきた私が、WiMAXをおすすめする理由は以下の3つです。

1つずつ見ていきましょう。

理由1.たっぷりネットが使える

WiMAXは、モバイルWiFiでありがちな「月間制限」がなく、たっぷりネットが楽しめます

モバイルWiFiには、どのサービスでも必ず「月間制限」または「3日間制限」があり、使いすぎで回線がパンクするのを防いでいます。

代表的な5社の速度制限をまとめました。

 月間制限3日間制限
サービス名ドコモ・ソフトバンクWiMAX・au・ワイモバイル
使えるデータ量1ヶ月で30〜50GB3日で15GB
制限の期間月末まで翌日の夜間のみ
制限中の速度約128Kbps(ほぼ使えない)約1Mbps(動画も見られる)

月間制限は、一度かかってしまうと、月末まで解除されません。それに対して3日間制限は、3日間のデータ量が15GBを下回れば解除されます。

速度制限は夜間のみで、日中には制限がありません。つまり、WiMAX・auは1ヶ月に150GB以上使え、実質的にほぼ無制限といえます

※ワイモバイルは3日で10GB以上使うと速度制限がかかります。

制限中でも動画は見られる

WiMAXなら、もし通信制限にかかってしまっても、スマホでYouTubeの標準画質を見るくらいなら問題なくできます

WiMAXの速度制限について

UQコミュニケーションズ公式サイト

つまり、昼間の利用や一人で使う分には、ほぼ問題ないといえます。

※ただし高画質の動画や、zoomでのオンライン会議、複数人での利用はおすすめしません。ホームルーターまたは光回線の利用を検討しましょう。

理由2.通信エリアが広い

WiMAXとauは、ほかのモバイルWiFiよりも通信エリアが広いです。

関東・関西・中国エリアで、通信エリアをワイモバイルと比較してみます。

WiMAX、au、ワイモバイルの通信エリア

※ワイモバイルは無制限サービスが利用できるエリアのみ

上記のように、都市部では3社とも対応エリアは変わりません。郊外や山間部になるとWiMAX、auの通信エリアが広いです。

都心部でしか使わない場合だとエリアの差を感じないかもしれません。ただWiMAXなら、仕事や旅行で郊外や地方に出かけてもネットが使えるのはメリットです

※auのモバイルルーターはWiMAX回線を利用しているので、通信エリアはauスマホと異なります。くわしくは、つながりやすい・エリアが広いポケットWiFiはこれだ!を参考にしてください。

理由3.料金が安い

WiMAXは、ほかのモバイルWiFiよりも安く利用できます。

2022年1月現在、各サービスの総額を1年・2年・3年で比較しました。

 利用期間ごとの総額(解約金込み)
1年2年3年
wimax60,288円107,456円155,174円
94,350円157,954円235,506円
74,325円132,141円189,957円
122,458円210,238円298,018円
SoftBank98,100円161,460円224,820円

※WiMAXはGMOとくとくBBの料金

表のとおり、WiMAXが最安値です。

なおWiMAXを申し込むなら、端末は最新の「Speed Wi-Fi 5G X11」をおすすめします。速度が速く、コンパクトサイズです!

WiMAXをさらにくわしく比較したい人は、騙されるな!ポケットWiFi全33社を比較した結果…おすすめはコレだ を参考にしてください。

4.一人暮らしのネット環境に関するQ&A

最後に、一人暮らしのネット環境で気になるギモンをまとめます。

  1. テザリングってどうなの?
  2. 備え付けの無料WiFiっておすすめ?

Q1.テザリングってどうなの?

テザリングとは、スマホを経由してインターネットに接続する方法です。スマホさえあれば、さまざまな機器をインターネットに接続できます。

ただし、次のようなデメリットがあるので、基本的にはおすすめしません

  • スマホのバッテリーを消費しやすい
  • データ量に制限がかかりやすい
  • テザリングはデータ量に制限がある

2021年に入り、スマホのプランはデータ無制限が主流です。インターネットはスマホでしか使わない」という人は、他にネット回線を契約する必要はないでしょう。

Q2.備え付けの無料WiFiっておすすめ?

J:COM インマイルーム

無料WiFi付きマンションのメリットは、入居してすぐに、無料でインターネットが使えること。

日程をあわせての工事や、面倒な設定もしなくていいので便利そうです。ところが、次のような注意点もあります。

  • 最大速度100Mbpsの場合もある
  • みんなが使う夜は遅くなりがち
  • ほかのネットが契約禁止

もちろん、中には快適に使えるマンションもありますが、口コミの数では「遅い」という意見のほうが多いです。

できれば入居前に「どんなタイプのネット回線か」を管理会社に確認しておきましょう。

まとめ

一人暮らしのインターネット(WiFi)は、「どう使いたいか」で最適なものが変わります。

光回線(工事あり・速度重視)
  • 工事あり、開通まで1〜2ヶ月
  • リモートワーク/動画/ゲームも安定
  • マンションによって回線が決まっていることも

マンションのインターネット契約方法【2022年1月版】

ホームルーター(工事なし・家のみ)
  • 工事不要、すぐに使える
  • 光回線より遅く、モバイルWiFiより速い
  • 速度制限がある

ドコモのホームルーター「home 5G」をもっと見る

モバイルWiFi(工事なし・外でも使える)
  • 工事不要、すぐに使える
  • 外出先にも持ち運び可能
  • 速度はもっとも遅く、通信制限あり

おすすめはGMOとくとくBBのWiMAX

5つの質問で、ぴったりのインターネット回線がわかる!

こういったことで困っていませんか?

スマホの速度制限によくひっかかる
引っ越しでネット回線を引きたい
ネット回線を1番安く契約したい
通信費をもっと安くしたい

これらの悩みは、以下の診断で解決できます!!

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. 阿部由史 より:

    現在、ozzioTVを利用してますが
    そちらの会社では代わりになるものはございますか?
    詳しくないのでお聞きしたいのですが
    ルーターだけではTV視聴は無理ですよね?

    1. 藤井 良太 より:

      阿部 様

      コメントありがとうございます。結論から言うとozzioTVで、ルーターを使ってのTV視聴はできません。
      ozzio TVに問い合わせたところ、そういった機種は出していないとのことでした。

      もしも、ご自宅にアンテナがないようでしたら、ワンセグテレビをご検討ください。
      ワンセグテレビは画面は小さいですが、ワンセグ携帯と同じようにTV視聴が出来ます。

      下記リンクから購入可能です。
      https://www.amazon.co.jp/10-1V%E5%9E%8B%E3%83%9D%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%83%96%E3%83%AB-%E5%9C%B0%E4%B8%8A%E3%83%87%E3%82%B8%E3%82%BF%E3%83%AB%E9%98%B2%E6%B0%B4%E3%83%86%E3%83%AC%E3%83%93-%EF%BC%88%E3%83%9B%E3%83%AF%E3%82%A4%E3%83%88-%E3%83%AC%E3%82%B0%E3%82%B6%E3%83%9D%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%83%96%E3%83%AB%E3%83%86%E3%83%AC%E3%83%93-10WP1/dp/B0185IE4T6

コメントは停止中です。

ツナガル – 最適な生活インフラが見つかる情報サイト