一人暮らしのインターネット契約で知っておくべき全知識【2018年版】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

新生活が始まり、一人暮らしをするのでインターネット回線を契約したいと思っていますね。

インターネット回線は基本的に最低利用期間が決まっており、短期解約すると高額な違約金を支払わなければなりません。

「ネットが遅い・・・」「思ったよりも料金が高い・・・」

そんな理由でも違約金は発生するので、つながりやすさや料金などを考えながら慎重に選びましょう

ここでは、通信業界に身を置く私が、一人暮らしに最適なインターネット回線の選び方を解説していきます。

決して後悔しないために、ぜひ参考にしてください。(2018年4月更新)

目次

1.最新!一人暮らしにぴったりのインターネット回線2つ
2.一人暮らしにWiMAXをおすすめする4つの理由
3.固定回線をおすすめするケース
4.WiMAXをお得に申し込む方法
5.まとめ

1.最新!一人暮らしにぴったりのインターネット回線2つ

2018年現在、インターネットサービスは新しいものがどんどん登場していますが、大きくモバイル回線と固定回線に分けられます。

モバイル回線:WiMAXワイモバイルauソフトバンクなど
固定回線:
フレッツ光auひかりeo光など

それぞれメリットデメリットがあるので、どっちがいいんだろうと悩むかもしれません。

一人暮らしでインターネットを利用するのであれば、以下のように選ぶのがおすすめです。

ほとんどの人:モバイル回線
インターネットのヘビーユーザー:固定回線

以前は、モバイル回線の通信速度が遅く、速度制限もひどかったので、自宅のインターネットは固定回線しか考えられませんでした。

でも、今はモバイル回線がほとんどの人の用途に応えられるレベルになっています。

まずは、この2種類について、特徴をくわしく解説していきましょう。

モバイル回線(家でも外でも使える、速度制限あり)

モバイル回線とは、インターネットの電波を無線で受信するタイプです。

電波を受信する端末(ルーター)があり、そこからさらにWiFiを飛ばしてノートパソコンやタブレットなどでインターネットが使えるようにします。

自宅でも外出先でも、ルーターを持っていればインターネットが使えます。固定回線のような宅内工事も必要ないので、ルーターが届いたらすぐにネットが使えます

特に一人暮らしの場合、自分の好きな場所にルーターを持ち出して使えるので、最近は自宅で固定回線を契約するのではなく、モバイルルーターを利用する人が増えてきました。

モバイル回線は、契約プランによっては7GBや30GB、無制限など、毎月の使えるデータ量が決まっています。また、3日間で一定のデータ量(3GBや10GBなど)を超えると、速度制限がかかります。

メリット

  • 回線工事がなくすぐに使える
  • 通信速度が高速
  • 利用料金が安い

デメリット

  • 速度制限がある
  • 光回線に比べると安定感がない

モバイル回線が向いている人

一人暮らし。家でも外でもネットを使いたい人。少しでも通信費を安く抑えたい人。
回線速度(下り):128kbps〜708Mbps
月額料金:3,000円前後

モバイル回線を提供する会社はWiMAX、docomoやソフトバンク、ワイモバイルなどたくさんあります。モバイル回線については「モバイルルーターとは!?初心者でも絶対に失敗しない選び方」でくわしく解説しています。

固定回線(通信速度が安定しており、速度制限なし)

固定回線は、インターネットの回線が自宅まで有線でつながっているタイプです。物件によっては最初から固定回線が使える場合もあります。

モバイル回線のような無線インターネットよりも通信が安定しており、スピードも速いです。

現在は光ファイバーで通信する光回線が主流。スマホのような通信制限がないので、どれだけ使っても速度制限がかかることなく、定額で利用できます。

ただし、マンションで光回線を利用する場合、同じ建物内でネットを使っている人が多くなればなるほど回線速度が遅くなってしまいます。

また、契約する場合は開通工事が必要で、引越しシーズンだとネットが開通するまでに申込みから約1ヵ月かかる場合もあります。

業者の人が家の中で開通に伴う作業をすることもあるので、知らない人を家の中に入れたくない人には向いていません。

メリット

  • 通信速度が速くて安定している
  • 速度制限がない

デメリット

  • 同じ建物内で利用者が増えると遅くなる
  • 宅内工事が必要になる場合がある
  • 開通するまでに約1ヵ月かかる

固定回線が向いている人

(4Kなど)高画質な動画サービスを楽しんだり、オンラインゲームや大きなデータのダウンロードをする人
最大速度(下り):100Mbps〜2Gbps
月額料金:4,000〜7,000円

ちなみに、固定回線にはケーブルテレビやADSLなどもあります。通信速度は光回線より遅いのに利用料金はそれほど変わらないので、2018年のインターネットとしてはおすすめしません。

補足 テザリングってどうなの?

テザリングとは、スマホを経由してインターネットに接続する方法です。スマホさえあればインターネットに接続することができるのでかんたん。

でも、スマホのバッテリー消費が激しくなり、動画などをみるとあっという間に速度制限にかかってしまいます。

また、WindowsやMACのアップデートがあったときには一瞬でデータ量オーバーです。

携帯会社によってはテザリングを使うのに追加料金がかかるので、基本的にはおすすめしません。

2.モバイル回線の中でもWiMAXをおすすめする4つの理由

モバイル回線と一言でいっても、WiMAXやワイモバイル、携帯キャリアのモバイルルーターなど、さまざまなサービスがあります。

私がおすすめするのはWiMAXで、その理由は以下の4つです。

  • 工事不要ですぐに使える
  • 通信速度が速い
  • 月間制限がない
  • スマホ代を節約できる

一つずつ解説してきますね。

2-1.工事不要ですぐに使える

固定回線の場合、契約後からインターネットが利用できるまで約2週間、引越しシーズンだと約1ヵ月かかることもあります。

また、宅内工事が必要になる場合があり、工事の日は家にいなければなりません。女性の場合だと、知らない人が来ることに抵抗を感じるかもしれません(もちろん業者さんは信頼できる人です)。

WiMAXの場合、ウェブサイトで申し込みするとルーターが最短当日発送。早ければ次の日にルーターが届くので、すぐにネットが使えるようになります。

宅内工事の必要がないので手軽ですよね。

さらに、たとえすぐに引っ越したとしても、WiMAXのエリア内であればそのままルーターを使い続けられます。

2-2.通信速度が速い

WiMAX2+は下り最大速度440Mbps(端末によっては最大708Mbps)と宣伝されています。

ただし、これはあくまで”最大”速度なので、記載通りの速度がどの地域でも出るなんてことはありません。

私がWiMAXを使っている環境はそれほど良くないんですが、それでも平均20〜30Mbpsは出ており、インターネットを使っていてストレスに感じることもありません。

ちなみに、インターネットで特に通信速度が必要になるのは動画の再生で、およそ以下の速度が必要です。

Netflix(HD画質):5.0Mbps
youtube(高画質):3.5Mbps
hulu動画:2.0Mbps
youtube(最低画質):0.5Mbps

このように、約20Mbps以上の速度があれば、大抵の人にとっては必要十分なんです。

光回線に比べると遅いですが、WiMAXはモバイルルーターの中では最速クラスなので、一番通信量の必要な動画でも快適に見られます。

もし、あなたが4K動画をたっぷり見たい、オンラインFPSを本気で楽しみたいというわけでなければ、WiMAXの通信速度で十分です。

2-3 .月間制限がない

photoby:http://www.uqwimax.jp/beginner/wimax/

月間制限とは、1ヵ月で使えるインターネットのデータ量のことです。

スマホだと7GBや30GBといったデータプランがあり、それを超えるとウェブサイトもまともに見られないほどの速度制限がかかります。

一方、WiMAXの「ギガ放題」というプランには月間制限がありません。なのでたっぷりネットが使えます。

3日間制限に注意

WiMAXはモバイル回線につきものの3日間制限があります。

これは、3日間の合計データ量が10GBを超えた場合、翌日午後8時から約8時間速度を制限するというものです。

”10GB”と言われても、どれくらい使えるのかピンとこないかと思います。

UQコミュニケーションズのサイトでは、YouTubeを視聴した場合の例が掲載されていました。

変更後のデータ量の目安

YouTubeを高画質設定にしても、3日間で計13時間視聴できます。これだけゆるい制限なら、多くの人は速度制限にかかることなくネットが楽しめるはずです。

また、制限中の通信速度は約1Mbps。この速度が出ていればウェブサイトの閲覧はもちろん、YouTubeの標準画質程度なら視聴可能です。

2-4.スマホ代が節約できる

WiMAXは家でも外でも使えるサービスです。スマホの「モバイルデータ通信」をオフにして、WiMAXでインターネットを使うようにすれば、スマホ代をかなり節約できます。

たとえばauでは最近、”auピタットプラン“という、使ったデータ量によって月額料金が変わるプランが登場しました。

このプランの場合、月にデータ量が5GBを超えると月額7,480円となります(しかも最大20GBまでしか使えない)。

それが、WiMAXをメインに使ってデータ量を2GB以内に抑えると4,480円。つまり、3,000円も安くなるんです。

WiMAXは月に30GB以上使えるので、毎月に支払う費用は安くなるのに使えるデータ量は多くなります。

一人暮らしならWiMAXを常に持ち歩けるので、できるだけWiMAXでネットを使うようにすれば、あなたの毎月の通信費はぐんと少なくなります。

3.固定回線をおすすめするケース

ほとんどの一人暮らしならWiMAXが最適だと思います。

しかし、以下に当てはまる人の場合、固定回線である光インターネットをおすすめします。

4K動画をたっぷり見る人

4K動画とは、かんたんにいうと現在の一般的なテレビ番組(フルハイビジョン)よりも4倍キレイな動画のこと。もちろんデータ量もかなり多いです。

試しにYouTubeで「4k Hawaii Drone Footage」というキレイな動画を4K画質で5分間再生し、データ量を測定してみました。

なんと、5分で約640MBも使っていました。30分視聴すれば4GB近くになる可能性があります。

このように、4K動画は大量のデータを受信するので、たっぷり見たい人は光回線しかありません。

ただし、4K動画のすごさを味わうには26インチや30インチなどの大型ディスプレイが必要です。15インチ程度のノートパソコンやそれ以下のタブレット、スマホの場合、画質の違いはほとんどわかりません。

オンラインFPSを本気で楽しみたい人

FPSとは一人称視点のシューティングゲームのことです。たとえば最近では「PLAYERUNKNOWN‘S BATTLEGROUNDS」というオンラインFPSが人気です。

このジャンルのオンラインゲームは、0.1秒以下のシビアな動きが求められ、インターネットの回線が安定していなければなりません。

なので、無線という不安定な環境のモバイル回線よりも光回線の方が適しています。

光回線はあなたの環境でおすすめが変わる

光回線を提供する会社はとても多く、中には地域限定でサービスを提供している会社もあります。

なので、モバイル回線のように◯◯が最もおすすめとは言いにくいです。

光回線の中でどれがおすすめなのかをくわしく知りたい場合は、「元販売員が光回線150社を比較!2018年4月あなたにおすすめが分かる」を参考にしてください。

また、かんたんな質問に答えるだけでおすすめのネット回線がわかる下記の診断コーナーも使ってみてください。

4.WiMAXをお得に申し込む方法

ここからは、WiMAXを安心かつ最安値で契約する方法を解説していきます。

WiMAXは、UQコミュニケーションズという会社が回線を管理しており、その回線を使って20社以上のプロバイダと呼ばれる代理店がサービスを提供しています。

回線は同じなので、通信エリアや速度制限のルールは変わりません。

何が違うかというと、実際に支払う費用です。プロバイダの中にはお得なキャンペーンを実施しているところがあり、実質月額約3,000円で利用できます。

以下の流れで契約すると、安心して申し込めます。

3月はWiMAX契約のベストタイミング

引越しシーズンである3月は、新規契約を取るために各WiMAXプロバイダが一年で最も力を入れています。間違いなく乗り換えにベストな月なので、このチャンスをぜひお見逃しなく!

4-1.通信エリアを確認する

エリア確認

WiMAXがおすすめとはいえ、エリア外だとどうしようもありません。そこで、あなたがネットを利用する予定の自宅や会社が通信エリア内かどうかを最初に調べておきましょう。

エリアの確認はWiMAXの回線元であるUQ WiMAXのエリア確認ページから簡単にできます。「ピンポイントエリア判定」で「○」と表示されれば大丈夫です。

もし判定が「△〜◯」で、つながるかどうか不安な場合は、実際にWiMAX端末を借りて調べられる「Try WiMAXレンタル」というサービスもあります。くわしくは、WiMAXを無料で15日間お試しする方法と3つ疑問を解決をごらんください。

3-2.料金最安値でおすすめのプロバイダ(申し込み窓口)

2018年4月現在、キャッシュバックが最も多くて月額料金が最安値になるのはGMOとくとくBBで、キャッシュバック額はなんと最大40,900円

11カ月後に送られてくるメールから1カ月以内に受け取り手続きをしなければ失効してしまうという注意点がありますが、それさえ忘れなければ一番お得なプロバイダです。

しかもGMOとくとくBBなら、端末が到着してから20日間、違約金なしでキャンセルすることができます。なので、先ほど紹介した「Try WiMAXレンタル」を申し込む必要もありません

「エリア内と判定されたけど、室内でつながるか不安・・・」という場合でも、こうした制度があれば安心ですね!

20日以内なら返品できる

申し込みは、このページからGMOとくとくBBの公式サイトに行って申し込みましょう。直接公式サイトで申し込んだり、比較サイトを利用したりすると、キャッシュバック額や違約金の条件が変わるので注意してください。

3-3.おすすめ端末 Speed Wi-Fi NEXT W05

端末はW05をおすすめします。

「W05」をおすすめする理由は以下の3つ

・キャッシュバックが高額
・バッテリーの持ち時間が長い
・最低利用期間が2年

W05は、人気端末W03,W04と同じくファーウェイ(HUAWEI)製。今回のW05も注目度No.1です。GMOとくとくBBでW05を選ぶと、2018年4月は40,900円のキャッシュバック(3年プラン)

また、GMOとくとくBBなら契約期間を2年と3年から選べます。2年プランでW05を選んだ場合、キャッシュバックは32,300円になりますが、2年毎に通信プランを見直したい人にはGMOとくとくBBがおすすめです。(他のプロバイダはほぼ3年契約のみです)

間違いなく、今もっともおすすめできる端末です。

WX04はおすすめしない

NECの最新端末であるWX04は、価格.comのユーザー満足度を見てみると、「動きがもっさりしている」「電波が入りにくい」といった辛口コメントが多く見られました。

2年契約もできないので、WX04を選ぶのはおすすめしません。

3-4.おすすめのプラン

プランは、月7GBの容量制限がある「通常プラン」、容量無制限の「ギガ放題プラン」から選べます。

インターネットをたっぷり使いたいのであれば「ギガ放題プラン」にしましょう。実際に利用して月に7GBも使わなかった場合は、プラン変更も無料でできます。

まとめ

今回は一人暮らしで最適なインターネット回線について解説しました。

私がほとんどの人におすすめするのはモバイル回線、中でもコスパの良いWiMAXです。

4K動画をたっぷり見たり、オンラインFPSを本気で楽しんだりしない限りは満足できるサービスかと思います。

あなたにぴったりのサービスを選び、お得にインターネットを楽しんでください。

5つの質問で、ぴったりのインターネット回線がわかる!

こういったことで困っていませんか?

スマホの速度制限によくひっかかる
引っ越しでネット回線を引きたい
ネット回線を1番安く契約したい
通信費をもっと安くしたい

これらの悩みは、以下の診断で解決できます!!

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. 阿部由史 より:

    現在、ozzioTVを利用してますが
    そちらの会社では代わりになるものはございますか?
    詳しくないのでお聞きしたいのですが
    ルーターだけではTV視聴は無理ですよね?

    1. 藤井 良太 より:

      阿部 様

      コメントありがとうございます。結論から言うとozzioTVで、ルーターを使ってのTV視聴はできません。
      ozzio TVに問い合わせたところ、そういった機種は出していないとのことでした。

      もしも、ご自宅にアンテナがないようでしたら、ワンセグテレビをご検討ください。
      ワンセグテレビは画面は小さいですが、ワンセグ携帯と同じようにTV視聴が出来ます。

      下記リンクから購入可能です。
      https://www.amazon.co.jp/10-1V%E5%9E%8B%E3%83%9D%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%83%96%E3%83%AB-%E5%9C%B0%E4%B8%8A%E3%83%87%E3%82%B8%E3%82%BF%E3%83%AB%E9%98%B2%E6%B0%B4%E3%83%86%E3%83%AC%E3%83%93-%EF%BC%88%E3%83%9B%E3%83%AF%E3%82%A4%E3%83%88-%E3%83%AC%E3%82%B0%E3%82%B6%E3%83%9D%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%83%96%E3%83%AB%E3%83%86%E3%83%AC%E3%83%93-10WP1/dp/B0185IE4T6

コメントは停止中です。