騙されるな!プロが光回線38社比較した上で今最もおすすめ9選

「光回線の種類が多くて、何を選べばいいのかわからない

「一番おすすめの光回線をてっとり早く知りたい!」

150社以上ある光回線の中から、自力でベストなものを選ぶのはめんどくさいですよね

かといって、適当に選ぶと「速度が遅くてイライラする!」「料金が思っていたより高い!2年間で10万円以上損することもなど、後悔することになります。

そこでこの記事では、元販売員で光回線150社を毎日調査している私が、今最もおすすめの光回線9サービスを紹介します!

あなたが一番安く使える光回線はどれか、一目でわかるように図解にしました

最高のネット環境をすぐに整えたい人は、ぜひ参考にしてください。

キャンペーン情報を毎日更新しているので、常に「今日一番キャッシュバックが多くもらえる窓口」を紹介しています!【2021年4月14日時点】

0.まずは結論!おすすめ光回線はこれだ(2021年4月14日時点)

実は光回線は、使っているスマホのキャリアで選ぶと一番お得になります。なぜなら、光回線とスマホを組み合わせて利用することで、スマホ1台につき月々550円~1,100円も割引きになるからです。

その点をふまえて、戸建とマンション、それぞれのおすすめをみていきましょう。

  • 戸建の場合は、こちらをクリック
  • マンションの場合はこちらをクリック

戸建の場合

光回線の選び方 戸建ての場合

戸建の場合は、利用しているスマホの状況によって光回線を選ぶと、通信費(ネット・スマホ)が最も安く使えてお得です。

利用スマホ住んでいるエリアお得に使える光回線
ドコモ
(ahamo以外)
全国どこに住んでいても
au
(povo以外)
近畿に住んでいる
東海に住んでいる
四国に住んでいる
沖縄に住んでいる
上記以外に住んでいる
ソフトバンク
(LINEMO以外)
関東・近畿・東海に住んでいる
上記以外に住んでいる
楽天モバイル
(UN-LIMIT)
全国どこに住んでいても楽天ひかり
ahamo・povo・LINEMO・格安スマホ全国どこに住んでいても総額の安い光回線

これらの光回線には申し込み窓口(ショップ・家電量販店・ネット)がたくさん存在します。

それぞれ今月、一番お得な申し込みページは次の通りです。

ドコモ光:https://gmo/docomohikari/
eo光:https://campaign-eo.jp/
コミュファ光:https://cmufahikari.jp/
ピカラ光:https://pikarahikari.net/
ビッグローブ光:https://biglobehikari.net/
auひかり:https://www.auhikari.net/
NURO光: https://www.nuro.jp/hikari/
ソフトバンク光:https://softbankhikari.jp/
楽天ひかり:https://network.mobile.rakuten.co.jp/hikari/

てっとり早くキャンペーンを受けたい人は、上記リンクをクリックすると申し込みページに移動できます。

マンションの場合

光回線の選び方 マンションの場合

マンションの場合は、マンションに対応している光回線の状況と利用スマホによって、おすすめの光回線が変わってきます。

状況利用スマホお得に使える光回線
月額0〜3,000円
ネットが使える
すべてのキャリア対応している光回線を使う
月額3,000〜5,000円
ネットが使える
ドコモ
au
au(近畿)
ソフトバンク
ソフトバンク
(関東・近畿・東海)
楽天モバイル
(UN-LIMIT)
楽天ひかり
格安スマホ 総額の安い光回線

これらの光回線にも申し込み窓口(ショップ・家電量販店・ネット)がたくさん存在します。

それぞれ一番お得な申し込みページは、以下の通りです。

ドコモ光:https://gmo/docomohikari/
auひかり:https://www.auhikari.net/
eo光:https://campaign-eo.jp/
ソフトバンク光:https://softbankhikari.jp/
NURO光: https://www.nuro.jp/hikari/
楽天ひかり:https://network.mobile.rakuten.co.jp/hikari/

なぜこのような結論になるのか、戸建・マンションの順に解説していきます。

※マンションに住んでいる人はこちらをクリックしてください(ページ内を移動します)。マンションの解説から読めます。

1.利用者が多く、料金が安い光回線を選ぼう!

そもそも、光回線は150以上の会社がサービスを提供しています。(参考:NTT光コラボ一覧

その中でも、使うことをおすすめできる光回線は数社しかありません

光回線の選び方

メジャーな光回線の利用者と、料金を調べると上記のような結果になります。

光回線を選ぶ時は、利用者が多くて、料金が安い光回線にしましょう。つまり、おすすめできるのは右上にある9社だけです。

  • ドコモ光
  • auひかり
  • eo光
  • コミュファ光
  • ピカラ光
  • ビッグローブ光
  • ソフトバンク光
  • NURO光
  • 楽天ひかり

逆に、「利用者が少なく、料金が高い」光回線はおすすめしません

なぜなら、これらの光回線は口コミが少なく知名度が低いので、信頼できるかわからず、契約するリスクが高いからです。

上の口コミのように、勝手に解約させられる低レベルな光回線もあります。また、トラブルが起きても対応してくれません。

さらに、料金的なメリットもないので、もはや選ぶ理由がなくおすすめできません

ある程度利用者数が多く、料金が安い光回線を選ぶことをおすすめします。

※おすすめしない光回線の理由を、さらにくわしく知りたい人はこちらをクリックしてください(ページ内を移動します)。

2.光回線を選ぶ際に、比較すべき2つのポイント

それでは次から、9つの光回線の中でどれを選べばベストなのか、を解説していきます。

光回線の比較ポイント

光回線選びに失敗しないためには、下記の2つのポイントを押さえておく必要があります。

ポイント1.スマホセット割があるか
ポイント2.地域最安値の光回線か

それぞれのポイントをくわしく説明していきます。

どの光回線も体感速度は大きく変わらない

ちなみに、通信速度を気にしている人は多いですが、このページで紹介している光回線は、すべて下り最大1Gbps以上の通信速度です。NTTやKDDIなど大手の光回線設備を使って提供されているので、速度の心配をする必要はありません。

もちろん、最大通信速度が速いインターネットの方が理論上は速いですが、どの光回線も実際の体感速度は大きく変わりません。

ポイント1.スマホセット割をチェックしよう

光回線の比較ポイント スマホ割はあるか

光回線は、基本的にスマホとのセット割を受けられるものを選ぶのが、一番お得になります。

なぜなら、光回線とスマホを組み合わせて利用すると、スマホ1台につき月々550円~1,100円もスマホ代が安くなるからです

光回線のスマホセット割の説明

なので、光回線は利用スマホに合わせて選ぶようにしましょう。

ドコモのセット割についてはこちら
auのセット割についてはこちら
ソフトバンクのセット割についてはこちら
格安スマホのセット割についてはこちら

上記のリンクから、各セット割の解説に移動できます。

ドコモのセット割

ドコモスマホとドコモ光のセット割

ドコモスマホを使っている人は、ドコモ光を使うことでセット割が受けられます。

代表的なプランの割引額は、下記のとおりです。

加入プラン・パックコース月額割引
ギガホ30GB△1,100円
ギガライト〜7GB
〜5GB
〜3GB△550円
ウルトラシェアパック(旧プラン)100GB△3,850円
50GB△3,190円
ベーシックシェアパック(旧プラン)〜30GB△1,980円
〜10GB△1,320円
〜5GB△880円

参考:ドコモ光セット割

ギガホ・ギガライトの場合、割引はスマホ1台あたりに適用されます

たとえば、家族4人がギガライトで5GBを使っていれば、毎月1,100円×4人=4,400円もお得に。旧プランの人も、スマホをよく使うなら新プランに変えた方がトータルで安く使えます。

ドコモのセット割がある光回線はドコモ光だけなので、ドコモをお使いなら一番に検討したい光回線です!

※ドコモの新プラン「ahamo(アハモ)」は、セット割の対象外です。

auのセット割

auスマホのセット割auスマホを使っている人は、auひかりや電力系などの光回線を使うことでセット割が受けられます。

契約プランによる割引額の違いを、下記にまとめてみました。

契約プラン月額割引
auピタットプランN(s)/2GB以上
auデータMAXプラン
auフラットプラン
△1,100円
カケホ(ガラケー)△1,027円
auピタットプランN(s)/2GB未満
新auピタットプランN/2〜7GB
△550円

参考:auスマートバリュー

この割引は、スマホ1台あたりに適用されます。

たとえば、家族4人がauフラットプランを使っていれば、毎月1,100円×4人=4,400円もお得に。2年間では10万円以上、スマホ代が安くなります。

どの光回線を選べば一番お得かは、あなたの住んでいる地域によって変わってきます。

※auの新プラン「povo(ポヴォ)」は、auスマートバリューの対象外です。

ソフトバンクのセット割

ソフトバンクスマホのセット割

ソフトバンクスマホを使っている人は、ソフトバンク光かNURO光を使うことでセット割が受けられます。

ソフトバンクのセット割の割引額は以下の通りです。

契約プラン月額割引
データプランメリハリ/ミニ/ミニフィット△1,100円
データ定額50GB/20GB/5GB
データプラン50GB+
データ定額2GB/1GB△550円
データ定額(3Gケータイ)

参考:おうち割

この割引はスマホ1台あたりに適用されます。

たとえば、家族4人がソフトバンクスマホ(データ定額20ギガ)を使っていれば、毎月1,100円×4人=4,400円もお得に。2年間だと10万円以上、スマホ代が安くなります

ソフトバンク光かNURO光のどちらを選べばお得かは、あなたの住んでいる地域によって変わってきます。

※ソフトバンクの新ブランド「LINEMO(ラインモ)」は、おうち割が適用されません。

格安スマホのセット割

格安スマホにもセット割がありますが、大手キャリアのセット割と比べるとお得ではありません

光回線格安スマホ1台あたりのセット割引額
DMM光DMM mobile△550円
OCN光OCNモバイル△220円
IIJmioひかりmio SIM△660円

なぜならセット割を受けても、2年間で安くなるのは1〜2万円ほど。さらにこれらの光回線は工事費が無料にならずトータルで高いため、そもそもお得ではありません。

これなら、セット割を受けずに地域最安値の光回線を選ぶ方がお得になります。

大手キャリアの格安プランであるahamo・povo・LINEMOも、地域最安値の光回線を選ぶのが一番お得です。

ポイント2.地域最安値の光回線かどうかをチェック

光回線の比較ポイント 地域最安値かどうか

次に、お住まいのエリアで、最も安く使える「地域最安値の光回線」を選びます。

地域最安値の光回線を選ぶには、「2年間(一般的な最低契約期間)で実際にいくら負担するのか」という総額で比較することが大切。

なぜなら、月額料金とは別に初期費用がかかったり、キャッシュバックなどで値引き特典を受けられるからです。

以下は地域ごとの料金ランキングです。「こちら」と書かれたリンクから、各地域の解説に移動できます。

・関東の人はこちら
・関西の人はこちら
・東海の人はこちら
・四国の人はこちら
・上記以外の全国の人はこちら

※それぞれの光回線の総額をくわしく知りたい人は、こちらをクリックしてください(ページ内を移動します)。光回線500社の中でも、とくに主要な38社をくわしく比較してランキングにしています。

関東の最安値ランキング

光回線 関東 最安値

関東では上記のようなランキングになります。なので、

ドコモスマホの人は、ドコモ光
auスマホの人は、auひかり
ソフトバンクスマホの人は、NURO光
格安スマホの人は、NURO光を利用するのが最もお得です。

関西の最安値ランキング

光回線 関西 最安

関西では上記のようなランキングになります。なので、

ドコモスマホの人は、ドコモ光
auスマホの人は、eo光
ソフトバンクスマホの人は、NURO光
格安スマホの人は、NURO光を利用するのが最もお得です。

東海の最安値ランキング

光回線 東海 最安

東海では上記のようなランキングになります。なので、

ドコモスマホの人は、ドコモ光
auスマホの人は、ビッグローブ光
ソフトバンクスマホの人は、NURO光
格安スマホの人は、NURO光を利用するのが最もお得です。

四国の最安値ランキング

光回線 四国 最安

四国では上記のようなランキングになります。なので、

ドコモスマホの人は、ドコモ光
auスマホの人は、ピカラ光
ソフトバンクスマホの人は、ソフトバンク光
格安スマホの人は、ピカラ光を利用するのが最もお得です。

上記以外の全国で最安値ランキング

光回線 その他 最安値

上記のようなランキングになります。なので、

ドコモスマホの人は、ドコモ光
auスマホの人は、auひかり
ソフトバンクスマホの人は、ソフトバンク光
格安スマホの人は、auひかりを利用するのが最もお得です。

北海道・福岡・佐賀の人は、最安値ランキングの前に要チェック

北海道・福岡・佐賀県に住んでいる人は、NURO光が使えるようになりました!

くわしいキャンペーン情報は「騙されるな!NURO光の口コミ・料金など契約前に知りたい真実」にまとめたのでチェックしてみてください。

3.戸建におすすめの光回線9社をくわしく解説

上記のポイントをまとめると、戸建で状況別におすすめの光回線は下記の通りです。

利用スマホ住んでいるエリアお得に使える光回線
ドコモ
(ahamo以外)
全国どこに住んでいても
au
(povo以外)
近畿に住んでいる
東海に住んでいる
四国に住んでいる
沖縄に住んでいる
上記以外に住んでいる
ソフトバンク
(LINEMO以外)
関東・近畿・東海に住んでいる
上記以外に住んでいる
楽天モバイル
(UN-LIMIT)
全国どこに住んでいても楽天ひかり
ahamo・povo・LINEMO・格安スマホ全国どこに住んでいても総額の安い光回線

ここからは、それぞれの光回線についてくわしくみていきましょう。

※上記のロゴをクリックすると、ページ内にある各サービスの解説に移動できます。

ドコモ光|ドコモのスマホを使っているなら

ドコモ光

ドコモ光の基本情報
通信速度最大1Gbps(一部エリアでは10Gbps)
エリア全国
月額料金5,720円
事務手数料3,300円
工事費19,800円(キャンペーンにより0円
2年間の総額118,580円
キャッシュバック/
キャンペーン
・dポイントキャッシュバック(最大2,000pt)
・プロバイダのキャッシュバック(最大20,000円)
スマホ割550円〜3,850円/月(ドコモスマホのみ)
契約期間2年間(自動更新)
解約金14,300円
こんな人におすすめドコモスマホの利用者
一番お得な申し込み窓口GMOとくとくBB

ドコモ光は、NTTドコモが運営する光回線。NTTの通信設備を使っているので、下り最大1Gbpsの通信速度でネットができます。

月額料金は5,720円、工事費はキャンペーンで無料です。また、申し込み窓口によって、最大20,000円のキャッシュバックや、2,000円分のdポイントがもらえます。

さらに、ドコモスマホを使っている人は、スマホ1台につき毎月550円以上も割引きになります。ドコモスマホを使っている人は、ドコモ光が一番おすすめの光回線です!

ドコモ光のお得な申し込み窓口

申し込み窓口キャンペーン特典受け取り時期
GMOとくとくBBdポイント2,000pt+キャッシュバック20,000円+WiFiルーター5ヶ月後
@niftydポイント2,000pt+キャッシュバック20,000円+WiFiルーター12ヶ月後
ぷららdポイント2,000pt+キャッシュバック15,000円+WiFiルーター4ヶ月後
ドコモ公式サイト20,000pt2ヶ月後
ドコモショップ20,000pt2ヶ月後
ヤマダ電気20,000pt記載なし
ヨドバシカメラ20,000pt記載なし

GMOとくとくBBから申し込むと、高額な特典が早く受け取れて、さらに高速通信に対応したWiFiルーターがもらえます

ドコモ光はどこから申し込んでも料金や品質は同じですが、GMOとくとくBBなら高速通信の「v6プラス」が面倒な設定なしではじめから使えます。

せっかく光回線を申し込むのなら、速度も特典もお得なGMOとくとくBBから申し込みましょう。

eo光|auスマホを近畿で利用しているなら

eo光

eo光の基本情報
通信速度最大1Gbps(一部エリア限定で5Gbps・10Gbps)
エリア関西エリア(大阪・兵庫・京都・滋賀・和歌山・福井)
月額料金5,448円
事務手数料3,300円
工事費0円
2年間の総額100,052円
キャッシュバック/
キャンペーン
・1年間毎月2,200円割引き
・10,000円
・解約金負担
スマホ割550円〜1,100円/月(auスマホのみ)
契約期間2年間(自動更新)
解約金1年未満13,200円 1年以上2年未満6,600円
こんな人におすすめ近畿に住んでいるauスマホの利用者
一番お得な申し込み窓口公式サイト

eo光は関西電力の子会社オプテージが運営する光回線。近畿エリア(大阪・兵庫・京都・滋賀・和歌山・福井)の人のみ利用できます。

月額料金は5,448円で、工事費が無料。さらにauスマホを使っている人は、スマホ1台につき毎月550円以上も安くなります。

近畿に住んでいるauスマホ利用者は、絶対にeo光がおすすめです

eo光のお得な申し込み窓口

申し込み窓口特典受け取り時期
公式サイト商品券10,000円+工事費無料+解約金負担
開通1ヶ月後
ヤマダ電機現金10,000円 開通4ヶ月後
ヨドバシカメラクーポン10,000円開通6ヶ月後
ジョーシンポイント10,000円開通6ヶ月後 
エディオンポイント10,000円開通4ヶ月後 

公式サイトのキャンペーンページから申し込むと一番高額な特典がもらえます。

どの申し込み窓口から申し込んでも、eo光のサービス(速度・料金・割引・品質)はまったく変わりません。

せっかく光回線を申し込むのなら、最もお得な公式サイトから申し込みましょう

2021年4月30日まで、利用から1年間の月額料金が3,248円になるキャンペーンを行なっています。申し込みはこの期間にするのがお得です。

コミュファ光|auスマホを東海で利用しているなら

コミュファ光

コミュファ光の基本情報
通信速度最大1Gbps(一部エリア限定で5Gbps・10Gbps)
エリア東海エリア(愛知・岐阜・三重・静岡・長野)
月額料金6,105円
事務手数料770円
工事費0円
2年間の総額112,290円
キャッシュバック/
キャンペーン
・35,000円
・解約金負担
スマホ割550円〜1,100円/月(auスマホのみ)
契約期間2年間(自動更新)
解約金11,000円
こんな人におすすめ東海に住んでいるauスマホの利用者
一番お得な申し込み窓口ネクスト

コミュファ光は中部電力の子会社ctcが運営する光回線。auのスマホを東海(愛知・岐阜・三重・静岡・長野)に住んでいる人のみ利用できます。

月額料金は6,105円で、工事費が無料。さらにauスマホを使っている人は、スマホ1台につき毎月550円以上も安くなります。

東海に住んでいるauスマホ利用者には、コミュファ光を強くおすすめします

コミュファ光のお得な申し込み窓口

申し込み窓口特典・キャッシュバック額受け取り時期
ネクスト現金35,000円
(乗り換えの場合は80,000円)
 
開通2ヶ月後
フルコミット現金30,000円
(乗り換えの場合は80,000円)
開通6ヶ月後
エディオンエディオンポイント20,000円開通2ヶ月後
ヤマダ電機現金18,000円 開通4ヶ月後
ビックカメラ現金5,000円+商品券10,000円 開通2ヶ月後
公式サイト現金10,000円
(乗り換えの場合は55,000円)
開通4ヶ月後
価格ドットコム現金10,000円開通4ヶ月後

もちろん、どの申し込み窓口から申し込んでも、コミュファ光のサービス(速度・料金・品質)はまったく変わりません。

コミュファ光を使うなら、キャッシュバック額が一番高くて、早くにもらえるネクストからにしましょう

ピカラ光|auスマホを四国で利用しているなら

ピカラ光

ピカラ光の基本情報
通信速度最大1Gbps
エリア四国エリア(徳島・香川・愛媛・高知)
月額料金4,950円
事務手数料0円
工事費0円
2年間の総額93,800円
キャッシュバック/
キャンペーン
・25,000円
・解約金負担
スマホ割550円〜1,100円/月(auスマホのみ)
契約期間2年間(自動更新)
解約金22,000円〜49,500円
こんな人におすすめ四国に住んでいるauスマホの利用者
一番お得な申し込み窓口ネクスト

ピカラ光は四国電力の子会社STnetが運営する光回線。四国(徳島・香川・愛媛・高知)に住んでいる人のみ利用できます。

月額料金は4,950円で、工事費が無料。さらにauスマホを使っている人は、スマホ1台につき毎月550円以上も安くなります。

四国に住んでいるauスマホ利用者に、絶対おすすめの光回線です

ピカラ光のお得な申し込み窓口

ピカラ光の申し込み窓口は、公式サイトとネクストの2つ。公式サイトから申し込むと商品券20,000円ですが、ネクストから申し込むとキャッシュバック25,000円がもらえます

どちらの窓口から申し込んでも、ピカラ光の料金・速度・サポートに違いはありません。せっかく光回線を申し込むなら、お得なネクストから申し込みましょう。

また2021年4月は、キャッシュバック額が他の月よりも5,000円高くなっています。申し込みはこの期間にするのがお得です。

ビッグローブ光|auスマホを沖縄で利用しているなら

ビッグローブ光 キャンペーン

ビッグローブ光の基本情報
通信速度最大1Gbps
エリア全国
月額料金5,478円
事務手数料3,300円
工事費0円
2年間の総額108,772円
キャッシュバック/
キャンペーン
26,000円
スマホ割550円〜1,100円/月(auスマホのみ)
契約期間2年間(自動更新)
解約金22,000円
こんな人におすすめ沖縄に住んでいるauスマホの利用者
一番お得な申し込み窓口NNコミュニケーションズ

ビッグローブ光はプロバイダ会社のBIGLOBEが運営する光回線。

月額料金は5,478円で、工事費が無料。さらにauスマホを使っている人は、スマホ1台につき毎月550円以上も安くなります。

沖縄に住んでいるauスマホ利用者が、最もお得に使える光回線です

ビッグローブ光の申し込み窓口

ビッグローブ光の申し込み窓口は、公式サイト・価格ドットコム・NNコミュニケーションズの3つ。

公式サイトから申し込むと商品券20,000円、価格ドットコムからだと15,600円のキャッシュバックですが、NNコミュニケーションズからではキャッシュバック26,000円がもらえます

どちらの窓口から申し込んでも、ビッグローブ光の料金・速度・サポートに違いはありません。せっかく光回線を申し込むなら、一番お得なNNコミュニケーションズから申し込みましょう

auひかり|auスマホを近畿・東海・四国・沖縄以外で利用しているなら

auひかり キャンペーン

auひかりの基本情報
通信速度最大1Gbps(一部エリア限定で5Gbps・10Gbps)
エリア近畿・東海・沖縄以外の全国
月額料金6,160円
事務手数料3,300円
工事費0円
2年間の総額96,140円
キャッシュバック/
キャンペーン
・55,000円
・解約金負担
スマホ割550円〜1,100円/月(auスマホのみ)
契約期間3年間(自動更新)
解約金16,500円
こんな人におすすめ近畿・東海・四国・沖縄以外に住んでいるauスマホの利用者
一番お得な申し込み窓口アイネットサポート

auひかりはKDDIが運営する光回線。

月額料金は6,160円で、工事費が無料。さらにauスマホを使っている人は、スマホ1台につき毎月550円以上も安くなります。

近畿・東海・四国・沖縄以外でauスマホを使っている人は、auひかりを選べば間違いありません

auひかりのお得な申し込み窓口

申し込み窓口キャッシュバック受け取り時期
アイネットサポート55,000円
開通翌月
NNコミュニケーションズ50,000円開通翌月
アウンカンパニー50,000円開通翌月
価格ドットコム35,040円開通から12ヶ月後
ヤマダ電機30,000円開通から2ヶ月後
公式サイト10,000円開通から2ヶ月後
auショップ10,000円開通から2ヶ月後

上記のとおり、アイネットサポートから申し込むと高額な特典がもらえます

auひかりには多くの窓口がありますが、どこから申し込んでもサービス(速度・料金・サポート)に違いはまったくありません。

せっかくauひかりを申し込むなら、最もお得なアイネットサポートから申し込みましょう

2021年4月は、キャッシュバック額が前月よりも2,000円高いです。申し込みはこの期間にするのがお得でしょう。

NURO光|ソフトバンクのスマホを関東・近畿・東海・九州・北海道で利用しているなら

NURO光

NURO光の基本情報
通信速度最大2Gbps(一部エリア限定で6Gbps・10Gbps・20Gbps)
エリア関東・近畿・東海・九州・北海道の一部エリア
月額料金5,217円
事務手数料3,300円
工事費0円
2年間の総額83,508円
キャッシュバック/
キャンペーン
45,000円
スマホ割550円〜1,100円/月(ソフトバンクスマホのみ)
契約期間2年間(自動更新)
解約金10,450円
こんな人におすすめ関東・近畿・東海・九州・北海道に住んでいる
ソフトバンクスマホの利用者
一番お得な申し込み窓口公式サイト(特設ページ)

NURO光はソニーネットワークコミュニケーションズが運営する光回線。他の光回線よりも2倍速い、下り最大2Gbpsの通信速度でネットができます

月額料金は5,217円で、工事費が無料。さらにソフトバンクスマホを使っている人は、スマホ1台につき毎月550円以上も安くなります。

NURO光は関東、近畿、東海、九州、北海道で最も安く使える光回線です

NURO光のお得な申し込み窓口

申し込み窓口キャッシュバック受け取り時期受け取り手続き
特設ページ
(公式サイト)
45,000円開通から6ヶ月後1回
価格ドットコム35,030円開通から12ヶ月後1回
インソムニア32,000円開通から5ヶ月後2回
Amazon30,000円開通から12ヶ月後1回
アシタエクリエイト30,000円開通の翌月 2回
通常ページ
(公式サイト)
21,156円の割引
ノジマ20,000円開通から6ヶ月後 1回

NURO光の公式サイトには、通常ページと特設ページの2種類があります。特設ページからの申し込みの方が、キャッシュバック額が2,000円多いのでお得です。

また、価格ドットコムや代理店からの申し込みもお得そうですが、受け取りに1年間かかったり、受け取り手続きが2回必要となるなど複雑です。そのうち1回でも手続きを忘れてしまうとキャッシュバックをもらえないのでおすすめしません。

高額なキャッシュバックが、簡単にもらえる公式サイトの特設ページから申し込みましょう。

ソフトバンク光|ソフトバンクのスマホを関東・近畿・東海・九州・北海道以外で利用しているなら

ソフトバンク光 キャッシュバック

ソフトバンク光の基本情報
通信速度最大1Gbps(一部エリア限定で10Gbps)
エリア全国
月額料金5,720円
事務手数料3,300円
工事費0円
2年間の総額102,580円
キャッシュバック/
キャンペーン
・38,000円
・解約金負担
スマホ割550円〜1,100円/月(ソフトバンクスマホのみ)
契約期間2年間(自動更新)
解約金10,450円
こんな人におすすめ関東・近畿・東海・九州・北海道以外に住んでいる
ソフトバンクスマホの利用者
一番お得な申し込み窓口アイネットサポート

ソフトバンク光はSoftbankが運営する光回線。

月額料金は5,720円で、工事費が無料。さらにソフトバンクスマホを使っている人は、スマホ1台につき毎月550円以上も安くなります。

関東・近畿・東海・九州・北海道以外に住んでおり、ソフトバンクスマホを利用している人は、ソフトバンク光がおすすめです。

ソフトバンク光のお得な申し込み窓口

申し込み窓口キャッシュバック受け取り時期受け取り方法
アイネットサポート
38,000円 開通から2ヶ月後 口座振込
エヌズカンパニー  36,000円 開通から2ヶ月後 口座振込
ひかり回線受付センター JCB30,000円分開通から6ヶ月後郵送
ヤマダ電機24,000円開通から6ヶ月後 店頭受取
公式サイト0円開通から6ヶ月後 
ソフトバンクショップ0円開通から6ヶ月後 

アイネットサポートからの申し込みだと、他の窓口よりもキャッシュバックがお得で、2ヶ月後にもらえます

ソフトバンク光には多くの窓口がありますが、どこから申し込んでもサービス(速度・料金・サポート)に違いはまったくありません。

なので、手間なく高額キャッシュバックをもらえる、アイネットサポートからの申し込みがおすすめです

楽天ひかり|楽天モバイルを利用しているなら

楽天ひかり

楽天ひかりの基本情報
通信速度最大1Gbps
エリア全国
月額料金5,280円
(楽天モバイル利用者は1年間無料!)
事務手数料880円
工事費0円
2年間の総額122,980円
キャッシュバック/
キャンペーン
楽天モバイル利用者は1年間無料
スマホ割なし
契約期間2年間(自動更新)
解約金10,450円
こんな人におすすめ楽天モバイルの利用者
一番お得な申し込み窓口公式サイト

楽天ひかりは楽天モバイルが運営する光回線。

月額料金は1年目が3,080円で、2年目から5,280円。工事費は、21,780円です。そしてなんといっても魅力的なのが、楽天モバイル(UN-LIMIT)契約者は、1年間無料で楽天ひかりを使える点!

スマホとのセット割はありませんが、1年間無料で使える光回線は楽天ひかりしかありません。

楽天モバイルを使っている人は、間違いなく楽天ひかりがおすすめです!

1年間無料のキャンペーンはいつ終わるかわかりません。気になる人は、早めに申し込むことをおすすめします。

楽天ひかりのお得な申し込み窓口

楽天ひかりを申し込める窓口は、公式サイトのみです。

1年間無料のキャンペーンはいつ終わるかわかりません。気になる人は、早めに申し込むことをおすすめします。

総額の安い光回線|格安スマホやahamo・povo・LINEMOを利用しているなら

光回線・プロバイダの最安値エリア比較

格安スマホやahamo・povo・LINEMO使っている人は、地域ごとに総額の安い光回線を使うのがおすすめです。

  • 関東(東京・神奈川・埼玉・千葉・茨城・栃木・群馬)の人は、NURO光
  • 近畿(大阪・兵庫・京都・奈良・滋賀)の人は、NURO光
  • 和歌山・福井の人は、eo光
  • 東海(愛知・岐阜・三重・静岡)の人は、NURO光
  • 四国(徳島・香川・愛媛・高知)の人は、ピカラ光
  • 沖縄の人は、ビッグローブ光
  • それ以外の人は、auひかり

格安スマホのセット割引はお得ではない!

光回線格安スマホ1台あたりのセット割引額
DMM光DMM mobile△550円
OCN光OCNモバイル△220円
IIJmioひかりmio SIM△660円

セット割引をしてもらっても、2年間で1〜2万円ほどしか安くなりません。なので、スマホのセット割引を受けるよりも、総額が安い光回線を使う方がお得です

ahamo・pove・LINEMOにセット割引はありません。

地域最安値の回線との料金比較

実際に、どれくらい料金に差が出るのか気になりますよね。

格安スマホのIIJmioでスマホ割を受けた場合と、東京で最も安く使えるNURO光を比較してみました。

光回線IIJmioひかりNURO光
月額料金5,456円5,217円
事務手数料1,980円3,300円
工事費19,800円0円
キャッシュバック△18,000円△45,000円
スマホ割△660円0円
2年間の総額118,884円83,508円

このように、IIJmioひかりを使うと、2年間の総額で35,000円ほどNURO光より高くなってしまいます。

なので、格安スマホを使っている人は無理にセット割を受けるのではなく、住んでいる地域で最も安い光回線を選ぶのが正解です!

総額の安い光回線

格安スマホやahamo・povo・LINEMOを使っている人におすすめな光回線は、以下のようになります。

  • 関東(東京・神奈川・埼玉・千葉・茨城・栃木・群馬)の人は、NURO光
  • 近畿(大阪・兵庫・京都・奈良・滋賀)の人は、NURO光
  • 和歌山・福井の人は、eo光
  • 東海(愛知・岐阜・三重・静岡)の人は、NURO光
  • 四国(徳島・香川・愛媛・高知)の人は、ピカラ光
  • 沖縄の人は、ビッグローブ光
  • それ以外の人は、auひかり

上記のリンク先から、一番お得になる申し込みページに移動できます。総額の安い光回線を選んで、お得にネット環境を整えてくださいね。

※住んでいる住所によっては、地域内であっても利用できないことがあります。まずは各社サイトの「お問い合わせ」から住所を入力して、そもそも利用できるのかを確認しておきましょう。

4.マンションに住んでいる人におすすめのネット回線

光回線のおすすめ マンションの場合

ここからはマンションに住んでいる人に、おすすめのネット回線をお伝えします。

住んでいるマンションのネット対応状況によって、おすすめは変わってきます。

  • 月額0〜3,000円のネット対応マンション
  • 月額3,000〜5,000円のネット対応マンション
  • 一人暮らしにおすすめはモバイルWiFiルーター

それぞれの状況別に、おすすめの光回線をみていきましょう。

※マンションのネット対応状況は、管理会社に聞けば教えてもらえます。

月額0〜3,000円のネット対応マンションの場合

月額0円から3,000円のネット対応マンションに住んでいる人は、迷わずそのネット回線を使いましょう!

月額3,000円以下で使える人は、マンション独自の料金プランでネットが使えるので、他社を申し込むよりお得に使えます。

マンション毎に料金や、お得な契約方法は違います。くわしくは絶対に後悔しない!マンションのインターネット契約方法【2021年4月版】を確認してみてください。

月額3,000〜5,000円のネット対応マンションの場合

月額3,000円から5,000円のネット対応マンションに住んでいる人は、利用しているスマホとのセット割引が受けられるかを確認しましょう。

スマホのセット割引が受けられる場合は、そのネット回線を利用しましょう。スマホ1台につき月額550~1,100円もスマホ代が安くなり、お得です。

利用しているスマホごとの、お得になる光回線をまとめました。

利用しているスマホ光回線月額料金(税込み)
ドコモドコモ光4,400円
auauひかり 3,740円〜5,500円
au(近畿)eo光2,750円〜4,180円
ソフトバンクソフトバンク光 4,180円
ソフトバンク
(関東・近畿・東海)
NURO光1,980円〜2,750円
楽天モバイル
(UN-LIMIT)
楽天ひかり1,980円〜4,180円

※楽天ひかりにはスマホのセット割はありません

住んでいるマンションによって、月額料金や契約内容は違います。くわしくは、上記のリンクから各社に問い合わせてみてください。

※格安スマホやahamo・pove・LINEMOを使っている人も、セット割を受けるより、住んでいる地域で最も総額の安い光回線を使う方がお得です。たとえば、関東で格安スマホを使っている人はNURO光を選ぶようにしましょう。

すぐ使いたい!一人暮らしにおすすめはモバイルWiFiルーター

ポケットWiFi

光回線は申し込みから開通まで1ヶ月ほどかかるので、すぐにネットを使いたい一人暮らしの人はモバイルWiFiルーターの方がおすすめです。

モバイルWiFiルーターなら端末が届いたその日からネットが使えます。

ただし、短期間に大量のデータを利用すると速度制限がかかるので、基本的に一人で使う人に向いています。

一番のおすすめはWiMAX!

一番おすすめのモバイルWiFiルーターはWiMAX。利用者の最も多い定番のサービスで、2021年時点で契約者数が3,400万人を超えています。

WiMAXはどのプロバイダ(販売代理店)で契約しても品質が変わらないため、一番料金の安いGMOとくとくBBから申し込みましょう。

くわしく知りたい人は、以下の記事を参考にしてください。
ポケットWiFi全33サービスを比較した結果…おすすめはこれだ!2021年4月

まとめ

2つのポイントで比較すると、あなたにおすすめの光回線がわかります。

  1. スマホセット割引はあるか
  2. 地域最安値の光回線か

基本的に、セット割が受けられて、お住いのエリアで総額の安いものを選ぶようにしましょう。

ぜひ、あなたに合ったお得な光回線を選び、快適なネットライフを過ごしてくださいね。

補足|光回線38社比較

最後に、それぞれの補足情報をまとめます。

おすすめしない光回線について

150社を調べた中から、とくに注意が必要な、知名度はあるけど料金が高いサービスや、悪質なサポートなどで評判が悪いネット回線をピックアップしました。

それぞれリンクをクリックしてもらえれば、おすすめしない理由がわかります。【随時更新】

  1. 私がAsahiNet光をおすすめしない3つの理由
  2. 私がTSUTAYA光をおすすめしない3つの理由
  3. Ene光って実際どうなの?メリット・デメリットを徹底解説!
  4. 私がクラウドラインをおすすめしない4つの理由
  5. 私がDrive光をおすすめしない4つの理由
  6. 現役ネットオタクの私が、TNC光をおすすめしない2つの理由
  7. 私がバリューネット光をおすすめしない4つの理由
  8. Marubeni光の評判が悪い!?私がおすすめしない4つの理由
  9. 私がひかりJをおすすめしない2つの理由
  10. 私がギガパルフェ光をおすすめしない4つの理由
  11. 元販売員の私だったら、o’zzio光は絶対に使わない3つの理由
  12. 私がhi-hoひかりをおすすめしない3つの理由
  13. 私が@TCOM光をおすすめしない3つの理由
  14. 私がSPEEDIA光をおすすめしない3つの理由
  15. 私が光ギガをおすすめしない3つの理由
  16. 私がSwift光をおすすめしない2つの理由
  17. 私がちゃんぷる光セットをおすすめしない2つの理由
  18. 私が光ラインをおすすめしない3つの理由
  19. 私がクイック光をおすすめしない3つの理由
  20. イッツコム光は高い?使うといくら損するか計算してみた【2021年版】
  21. J:COMって実際どうなの?!評判・口コミまとめ
  22. フレッツ光西日本の評判は?契約前に知りたい本当のこと
  23. フレッツ光って何?契約すべきでない3つの理由を徹底解説【2021年版】
  24. ケーブルテレビ(CATV)のインターネットは遅い?!おすすめできない2つの理由
  25. 知らないと危険!元販売員が光コラボのメリット・デメリットを9つ解説【2021年版】
  26. KCNって大丈夫?契約前に知っておきたい全知識

2年間の総額について

光回線150社の中でも、とくに主要な38社を詳細に比較しました。

すべて税込み、戸建の最もスタンダードなプラン(2〜3年契約の割引を含む)で計算しています。【2021年4月更新】

《← スマホの人はスクロールできます →》

順位光回線月額料金事務手数料工事費用キャッシュ
バック
2年の
総額
1位nuro光5,217円3,300円0円△45,000円83,508円
2位ピカラ光4,950円0円0円△25,000円93,800円
3位MEGA EGG4,620円3,300円0円△20,000円94,180円
4位auひかり6,160円3,300円0円△55,000円96,140円
5位eo光5,448円3,300円0円△34,000円100,052円
6位ソフトバンク光5,720円3,300円0円△38,000円102,580円
7位ビッグローブ光5,478円3,300円0円△26,000円108,772円
8位ニフティ光5,720円2,200円0円△30,000円109,480円
9位ぷらら光5,280円0円19,800円△35,000円111,520円
10位コミュファ光6,105円770円0円△35,000円112,290円
11位auひかり ちゅら6,589円880円0円△40,000円115,016円
12位BBIQ5,500円0円0円△15,000円117,000円
13位ドコモ光5,720円3,300円0円△22,000円118,580円
14位@TCOM5,610円3,300円0円△18,000円119,940円
15位楽天ひかり5,280円880円21,780122,980円
16位ソネット光6,138円3,300円26,400円△51,000円126,012円
17位DTI光5,280円880円19,800円△19,000円128,400円
18位OCN光5,610円3,300円0円△10,000円127,940円
19位アサヒネット光5,698円880円0円△9,120円128,512円
20位エキサイト光4,796円1,100円19,800円△6,000円129,404円
21位IIJmioひかり5,456円1,980円19,800円△18,000円134,724円
22位enひかり4,730円3,300円16,500円133,320円
23位TNGひかり5,610円0円0円134,640円
24位hi-hoひかり4,895円3,300円19,800円140,580円
25位ひかりJ5,720円3,300円0円140,580円
26位Ene光5,478円3,300円12,100円146,872円
27位DMM光5,302円2,200円19,800円149,248円
28位ビック光5,456円1,980円19,800円152,724円
29位CLOUD LINE5,478円3,300円19,800円154,572円
30位SPEEDIA光5,489円3,300円19,800円154,836円
31位フレッツ光5,830円880円19,800円△5,000円155,600円
32位クイック光5,258円3,850円26,400円156,442円
33位光GiGA5,478円3,300円26,400円161,172円
34位marubeni光5,806円3,300円20,900円163,544円
35位Drive光6,138円880円16,500円164,692円
36位FLET'S光6,270円880円19,800円△5,000円166,160円
37位UNEXT光5,808円5,500円26,400円171,292円
38位イッツコム光6,270円3,300円38,500円192,280円

※フレッツ光プロバイダ料金は1,000円で計算

キャッシュバック金額は、できるだけオプション契約不要でもらえる、最大の金額で算出しています。

光回線のキャンペーンは予告なく変わってしまうので、申し込みは早めに済ませておき、少しでもよりお得に契約できるようにしましょう!

5つの質問で、ぴったりのインターネット回線がわかる!

こういったことで困っていませんか?

スマホの速度制限によくひっかかる
引っ越しでネット回線を引きたい
ネット回線を1番安く契約したい
通信費をもっと安くしたい

これらの悩みは、以下の診断で解決できます!!

SNSでもご購読できます。

つなが〜るネット – インターネットがもっとお得に快適になる情報サイト