【評判最悪?】J:COMの口コミからわかった料金・速度の事実を大公開!

J:COM(ジェイコム)とは、ネット回線やテレビを楽しむための通信サービス。

チラシや家電量販店などでもよく見かけますが、J:COMの口コミを見てみると、「遅い」「つながらない」という声であふれています。

結論からいうと、J:COMのネットは速度が遅く料金も高いので基本的にはおすすめしませ

この記事では、光回線の元販売員が、J:COMのデメリット5つなど知っておくべき情報をまとめました。

ネットを安く快適に使いたい人は、ぜひ参考にしてください。

自分にピッタリの光回線を今すぐ知りたい人は、こちらから読み進めてくださいね(ページ内を移動します)。

1.J:COM(ジェイコム)とは

ジェイコム 1ギガ

J:COMとは、株式会社ジュピターテレコムが提供する通信サービスの総称。

auで有名なKDDIグループで、ケーブルテレビの提供がメインの会社です。白くて丸いZAQ(ざっくぅ)は、CMでも人気ですよね。

そんなJ:COMの基本情報をサクッと確認しましょう!以下、すべて税込み表記です。

J:COMの基本情報
通信速度最大1Gbps
(12Mbps・40Mbps・120Mbps・320Mbps
5Gbps・10Gbpsプランもあり)
エリア札幌、仙台、関東、関西、九州の一部
月額料金戸建て7,348円/ マンション提供なし
事務手数料3,300円
工事費37,500円
スマホ割550円〜1,100円/月 auユーザー(povoを除く)
契約期間2年間(自動更新)
解約金9,800円
デメリット・料金が高い
・速度が遅い
・営業がしつこい
・通信障害が多い
・解約金が高い
メリット・TVチャンネルが充実している
・マンションなら安く使えることもある
・auスマートバリューが適用になる

※エリア、月額料金、工事費、解約金は1Gbpsプランの場合

注意!J:COMはインターネットだけならおすすめしない

知名度の高いJ:COMですが、インターネット回線としてはおすすめしません

なぜなら、さらに安くて快適な光回線があるから

なぜそう言えるのか、実際の利用者の口コミとともに見ていきましょう。

2.J:COMの評判・口コミから見る5つのデメリット

まず、ネット上で大多数の悪い口コミを紹介します。悪い評判は、主に次の5つです。

  1. 料金が高い
  2. 速度が遅い
  3. 営業がしつこい
  4. 通信障害が多い
  5. 解約金が高い

それぞれ見ていきましょう。

デメリット1.料金が高い

J:COMの料金が高いとの口コミが多く見つかりました。

そもそもJ:COMのインターネット「J:COM NET」は、契約コースによって月額料金が違います。各コースの料金は以下の通りです。

プラン名戸建て月額マンション月額
光10Gコース8,756円提供なし
光5Gコース7,898円
光1Gコース7,348円
320Mコース6,798円
120Mコース6,248円
40Mコース4,576円
12Mコース3,476円

J:COMは、最大速度が速いプランほど月額料金が高くなります。

多くの光回線が提供している下り最大速度1Gの料金で比較してみましょう。

光回線
戸建て7,348円5,720円5,720円5,610円
マンション6,798円4,400円4,180円4,180円

※マンションは320Mの場合

J:COMのインターネット料金は、他社より1,500円ほど高いです。

契約時のキャンペーンによって6ヶ月ほど割引がある場合もあります。しかし、割引がなくなると上記の料金に戻ってしまうため、長く使うほど損をします。

※ちなみに料金の安い40Mや12Mのプランは、速度が出ないため快適に使えないのでおすすめできません。

デメリット2.速度が遅い

料金が高いだけではなく、J:COMは「ネットの回線速度が遅い」という評判も非常に目立ちます。

インターネットの回線速度が遅いことは、料金が高いことよりもさらに致命的です

快適なインターネット環境を求めて光回線を導入するのに、肝心の回線速度が低いのでは話になりませんよね。

J:COMは契約プランによって最大速度が変わる

じつは、J:COMのインターネットは、契約プランによって最大速度が大きく変わります。

契約プランごとの最大速度をまとめました。

プラン名下り最大速度上り最大速度月額料金
光10Gコース10Gbps10Gbps8,756円
光5Gコース5Gbps5Gbps7,898円
光1Gコース1Gbps1Gbps7,348円
320Mコース320Mbps10Mbps6,798円
120Mコース120Mbps10Mbps6,248円
40Mコース40Mbps2Mbps4,576円
12Mコース12Mbps2Mbps3,476円

そもそもJ:COMのインターネットは、下記の2種類があります。

  • 光ファイバーを使った光回線(1G、5G、10G)
  • ケーブルテレビの線を使ったネット回線(12〜320M)

光回線のコース(1Gbps以上)は十分な速度で使えている口コミもありますが、戸建て限定で料金が高いのでおすすめしません

※マンション・アパートや関西エリアでは、J:COMの光は非対応です。

320Mのコースは光回線ではないため遅い

J:COMでもっともスタンダードな320Mのコースは、光回線ではなく、ケーブルテレビの線を使ったネット回線です。

したがって、どんなにがんばっても下り320Mbps・上りは10Mbpsと、光回線の3分の1以下の速度しか出ません(実際の速度はさらに遅いです)。

オンラインゲームやZoomが途切れ途切れになり、快適に使えない可能性が高いです。

デメリット3.営業がしつこい

J:COMは「営業がしつこい」という評判がとても多いです

https://twitter.com/t_up_wild/status/1350715691612086272

J:COMから電話や訪問による営業を受けた、との口コミが多く見つかりました。

実はJ:COMは、「導入済みの集合住宅や戸建て住宅は、1~2年おきに点検・メンテナンスを行う」という名目で定期的に営業をかけています。

とくにマンションでは、断っても「他の家庭に迷惑がかかりますよ」というような言葉を使って、半強制的に営業されることも珍しくないようです

こういった営業を受けたくない人は、J:COMとは別の光回線を選ぶ方がよさそうです。

デメリット4.通信障害が多い

J:COMでは通信障害によってインターネットが切断される、との口コミが多いです。

実際に公式サイトを見てみても、非常に多くの通信障害が起きていることがわかります。

J:COM 通信障害

これは全国で起きた通信障害をまとめたものであり、地域によって状況は異なります。それでも、1ヶ月の間にこれだけの通信障害が起きているのは驚きですよね…。

もちろん通信障害が生じると、復旧するまでの間はインターネットを利用できません

デメリット5.解約金が高い

J:COMには契約期間が定められており、その期間外に解約すると「サービス解除料金」 と「機器撤去費用」が請求されます。

解約金はプランによって異なります。インターネットとケーブルテレビ、電話がセットになった「スマートお得プラン」の費用は以下の通りです。

 戸建てマンション
サービス解除料金22,000円11,000円
機器撤去費用10,780円5,280円
総額32,780円16,280円

更新月以外に解約すると、戸建ての場合は3万円以上の費用がかかります。プランによっては、それ以上になることも…。

回線速度が遅い、ネットにつながらない、という理由でJ:COMを解約したくても、高額な違約金で解約できない不満の声が多く聞かれます。

3.J:COMの評判・口コミからみる3つのメリット

これまでJ:COMの悪い評判を見てきましたが、いい評判もあります。

  • TVチャンネルが充実している
  • マンションなら料金が無料になるケースがある
  • auスマートバリューが適用される

ただし、使うにはやはり注意点もあるため、一緒に確認していきましょう。

メリット1.TVチャンネルが充実している

J:COMはもともとケーブルテレビの会社とあって、「TVチャンネルが充実している」との評判です。

このように、好きなアーティストや俳優がいる人、映画・ドラマなどCSの専門チャンネルを見たい人にとっては、J:COMは満足との口コミもあります。

J:COMは地デジ・BSに加えて、下記のCSチャンネルが見られます。

Jcom 見られるチャンネル例

ただし料金面では、J:COMを契約するよりも他社の光回線+好きな動画サービスを契約する方がお得です

J:COMはやっぱり料金が高い

ネットとCSのテレビを契約した場合の料金を、他のネット回線と比較してみましょう(戸建てプラン)。

 J:COMドコモ光auひかり
戸建プランスマートお得プラン320Mインターネット1Gbps

ひかりTVおすすめプラン
インターネット1Gbps

オールジャンルパック
チャンネル数88ch53ch47ch
月額料金9,658円8,470円 8,338円

このように、J:COMは見られるチャンネル数が多いものの、他のネット回線より1,200円ほど料金は高いです。

また、CSで見られるチャンネルは、どこのサービスでもほぼ一緒。

したがって、とにかくチャンネル数が優先!という人以外は、速度の心配が少ない光回線を契約して、ひかりTVなど別のテレビサービスを使いましょう。

※そもそも「テレビは見るか見ないかわからない…」という人は、まずはAmazonプライムビデオHulu(フールー)など、無料体験のある動画配信サービスも検討してみましょう。

メリット2.マンションなら料金が無料になるケースがある

マンション・アパートなどでは、初めから建物にJ:COMのネット回線が入っている「J:COM In My Room」対応の物件があります。

その場合、ネット料金が無料、または定価より安く使えることがあります

このように、住んでいるのが「J:COM In My Room」の対応物件なら、ネットとBS/CSのテレビを合わせても月額2,000円台で済むこともあります。

マンションのネット料金は月額3,200円〜4,000円ほどが相場です。工事はもちろんなく、工事費もかかりません。入居してすぐにネットが使えるのは大きなメリットです。

J:COM In my room対応マンションの注意点

ただし、下記の注意点もあります。

  • 速度が遅いこともある
  • 安いのは数ヶ月だけのパターンも
  • NHKの料金が衛星契約になり高くなる
  • 点検と称した営業がくる

マンションの場合、入居してみたら最大速度が12Mbpsの遅いプランだった、安いのは最初の数ヶ月だけだった、というケースもあります。

また、BSも見られる場合は、NHKが自動的に衛星契約になるので、受信料が1,000円/月ほど高くなります。

したがって「J:COM In My Room」の物件を初めから探すのはおすすめしません。もし希望する物件が対応していたとしても、必ず最大速度や料金を先に確認しましょう。

メリット3.auスマートバリューが適用される

J:COMでは、auのスマホ・携帯が割引になる「auスマートバリュー」が適用になります。

auスマートバリューで割引される金額は、スマホ・携帯のプランによって異なります。

契約プラン割引額/月
auピタットプランN(s)/2GB未満
新auピタットプランN/2〜7GB
△550円
カケホ(ガラケー)△1,027円
auピタットプランN(s)/2GB以上
auデータMAXプラン
auフラットプラン
△1,100円

※auスマートバリュー公式サイトより

auスマートバリューは自分だけではなく家族も割引の対象です。使っているauのスマホや携帯の台数が多ければ多いほどお得になります。

auスマートバリューは他の光回線でも適用される

実は、auスマートバリューが適用になる光回線は、J:COMだけではありません。

J:COM以外にauスマートバリューが適用になる光回線は以下の通りです。

  • auひかり
  • So-net光
  • ビッグローブ光
  • @nifty光
  • @Tcom光
  • eo光
  • コミュファ光
  • メガエッグ光
  • ピカラ光
  • BBIQ光

このようにauスマートバリューの対象となる光回線は多くありますので、あえてJ:COMを選ぶ必要はありません。

4.結論!快適でお得な光回線はこれだ

J:COMのネットは速度が遅いとの口コミが多く、料金も高いためおすすめできません

では、速度に問題がなくて、料金も安いネットはどれを選べばいいのでしょうか?

結論として、以下のポイントで選ぶとおすすめです。

  • スマホのセット割引がある
  • キャッシュバックがもらえる

2つのポイントを満たすおすすめの光回線を簡単にわかるようにしました。

おすすめの光回線はこれ!

下記の「おすすめ光回線診断ツール」を使えば、自分にとって、もっともお得な光回線が2秒でわかります。

住居タイプ戸建てマンション
ドコモを使っている人はこちらこちら
au・格安スマホを使っている人はこちらこちら
ソフトバンクを使っている人はこちらこちら

ユーザーが選ぶべき光回線はこれ!(戸建てタイプ)

携帯の所持台数
~2台までの方

住んでいるエリア
関東

ドコモ光がエリア外の場合、

NURO光
がおすすめです

住んでいるエリア
関西

ドコモ光がエリア外の場合、

NURO光
がおすすめです

住んでいるエリア
東海

ドコモ光がエリア外の場合、

NURO光
がおすすめです

住んでいるエリア
沖縄

ドコモ光がエリア外の場合、

auひかり ちゅら
がおすすめです

住んでいるエリア
その他

ドコモ光がエリア外の場合、

auひかり
がおすすめです

携帯の所持台数
3台以上の方

住んでいるエリア
関東
住んでいるエリア
関西
住んでいるエリア
東海
住んでいるエリア
沖縄
住んでいるエリア
その他
全国

携帯の所持台数
1台以上の方

住んでいるエリア
関東

auひかりがエリア外の場合、

ビッグローブ光
がおすすめです

住んでいるエリア
関西

eo光がエリア外の場合、

ビッグローブ光
がおすすめです

住んでいるエリア
東海

コミュファ光がエリア外の場合、

ビッグローブ光
がおすすめです

住んでいるエリア
沖縄

auひかり ちゅらがエリア外の場合、

ビッグローブ光
がおすすめです

住んでいるエリア
その他

auひかりがエリア外の場合、

ビッグローブ光
がおすすめです

携帯の所持台数
1台の方

住んでいるエリア
関東

NURO光がエリア外の場合、

SoftBank光
がおすすめです

住んでいるエリア
関西

NURO光がエリア外の場合、

SoftBank光
がおすすめです

住んでいるエリア
東海

NURO光がエリア外の場合、

SoftBank光
がおすすめです

住んでいるエリア
沖縄

SoftBank光がエリア外の場合、

auひかり ちゅら
がおすすめです

住んでいるエリア
その他

携帯の所持台数
2台以上の方

住んでいるエリア
関東

NURO光がエリア外の場合、

SoftBank光
がおすすめです

住んでいるエリア
関西

NURO光がエリア外の場合、

SoftBank光
がおすすめです

住んでいるエリア
東海

NURO光がエリア外の場合、

SoftBank光
がおすすめです

住んでいるエリア
沖縄

auひかり ちゅらがエリア外の場合、

SoftBank光
がおすすめです

住んでいるエリア
その他

auひかりがエリア外の場合、

SoftBank光
がおすすめです

各社のロゴマークをクリックすると、もっともお得な申し込み窓口に移動します(2021年10月更新)

 

ユーザーが選ぶべき光回線はこれ!(マンションタイプ)

携帯の所持台数 ~2台までの方

住んでいるエリア関東

ドコモ光がエリア外の場合、 NURO光 がおすすめです

住んでいるエリア関西

ドコモ光がエリア外の場合、 eo光 がおすすめです

住んでいるエリア東海

ドコモ光がエリア外の場合、 コミュファ光 がおすすめです

住んでいるエリア沖縄

ドコモ光がエリア外の場合、 auひかり ちゅら がおすすめです

住んでいるエリアその他

ドコモ光がエリア外の場合、 auひかり がおすすめです

携帯の所持台数 3台以上の方

住んでいるエリア関東
住んでいるエリア関西
住んでいるエリア東海
住んでいるエリア沖縄
住んでいるエリアその他
全国

携帯の所持台数 1台以上の方

住んでいるエリア関東

auひかりがエリア外の場合、 ビッグローブ光 がおすすめです

住んでいるエリア関西

eo光がエリア外の場合、 ビッグローブ光 がおすすめです

住んでいるエリア東海
住んでいるエリア沖縄
住んでいるエリアその他

auひかりがエリア外の場合、 ビッグローブ光 がおすすめです

携帯の所持台数 1台の方

住んでいるエリア関東

NURO光がエリア外の場合、 SoftBank光 がおすすめです

住んでいるエリア関西

NURO光がエリア外の場合、 SoftBank光 がおすすめです

住んでいるエリア東海

NURO光がエリア外の場合、 SoftBank光 がおすすめです

住んでいるエリア沖縄

SoftBank光がエリア外の場合、 auひかり ちゅら がおすすめです

住んでいるエリアその他

携帯の所持台数 2台以上の方

住んでいるエリア関東

NURO光がエリア外の場合、 SoftBank光 がおすすめです

住んでいるエリア関西

NURO光がエリア外の場合、 SoftBank光 がおすすめです

住んでいるエリア東海

NURO光がエリア外の場合、 SoftBank光 がおすすめです

住んでいるエリア沖縄

auひかり ちゅらがエリア外の場合、 SoftBank光 がおすすめです

住んでいるエリアその他

auひかりがエリア外の場合、 SoftBank光 がおすすめです

各社のロゴマークをクリックすると、もっともお得な申し込み窓口に移動します(2021年10月更新)

 

それぞれのロゴをクリックすると、今月もっともお得な窓口が開きます。(2021年10月16日更新)

※くわしく調べて光回線を決めたい人は「光回線38社をプロが比較!おすすめを解説」の記事を参照してください。

テレビを充実させたい人は、対応したサービスを選ぼう

もしテレビサービスも追加したい人は、それぞれの光回線に対応したテレビサービスがおすすめです。

J:COM以外で、CSのさまざまなチャンネルが見られるテレビサービスを下記にまとめます。

テレビサービス対応した光回線
auひかりテレビauひかり
スカパー!フレッツ光、ドコモ光などの光コラボ
ひかりTVNURO光、フレッツ光、ドコモ光などの光コラボ

テレビサービスは、まず先に見たいチャンネルを決めてから契約すると損しません。

人によっては光回線+動画配信サービスの方が向いているケースもあるので、合わせて検討してみましょう。

まとめ

J:COMは、口コミ・評判を見ても「遅い」「つながらない」という声が多く、また1ギガコースは料金が高いのでおすすめしません。

テレビサービスを検討している人は、おすすめの光回線と、それに対応したテレビサービスを組み合わせて申し込む方が、ネットも安定してお得に使えます。

自分がもっとも快適に使えるサービスを選んで、楽しいネットライフを送りましょう!

参考記事一覧

5つの質問で、ぴったりのインターネット回線がわかる!

こういったことで困っていませんか?

スマホの速度制限によくひっかかる
引っ越しでネット回線を引きたい
ネット回線を1番安く契約したい
通信費をもっと安くしたい

これらの悩みは、以下の診断で解決できます!!

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. 被害者 より:

    J:comだけは絶対にやめるべき、そもそもサーバーまで繋がらない!皆わからず契約するけど今時メタル回線ADSLですよ!
    ルータまでは当然つながります。が、24時間のうちインターネットへ繋がらない時間と繋がる時間が12時間ずつくらい。インターネットへ繋がってもあまりの不安定さと遅さで動画はブツブツ切れる、ライン電話は切れる、webショッピングは決済中にエラー。検索くらいにしか役に立たずストレスになるものは全てスマホからのテザリング生活になります。

    1. つなが〜るネット事務局 より:

      被害者様

      コメントありがとうございます。
      ネットが不安定だとイライラしますよね・・・。
      J:comはあまりおすすめできないことを再認識しました。

      貴重な実体験を教えてくださり、ありがとうございます。

コメントは停止中です。

つなが〜るネット – インターネットがもっとお得に快適になる情報サイト