騙されないで!元販売員が光コラボのメリット・デメリットを9つ解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

光コラボ(光コラボレーション)って何だろうと気になっていますね。

家電量販店や電話で「光コラボにすると料金が安くなる!」と聞いて、初めて知ったという人も多いのではないでしょうか。

結論から言うと、現在フレッツ光を使っているなら、光コラボへ乗り換えると、2年間で2万円以上もインターネット料金が安くなるのでおすすめです。

しかし、光コラボにすると後悔してしまうケースもあるので、契約する前にデメリットも知っておきましょう。

この記事では、長年にわたりインターネット回線を販売していた私が、光コラボについて初心者でも理解してもらえるよう、分かりやすくお伝えします。

目次

1.光コラボとは
2.光コラボの4つのメリット
3.光コラボの5つのデメリット
4.こんな人に光コラボはおすすめ
5.スマホ別!おすすめの光コラボを紹介

1.光コラボとは

光コラボ(光コラボレーション)とは、各事業社がフレッツ光の回線を借りて提供しているインターネットサービスのことです。

フレッツ光の回線をそのまま使っているので、同じ通信速度・安定性でネットができることに加え、独自のサービス(月々のスマホ代が安くなるなど)が受けられるようになりました。

有名なところでいうと、携帯キャリアが運営しているドコモ光・ソフトバンク光がありますが、その他にも、プロバイダが運営しているOCN光・Sonet光・ビックローブ光、家電量販店が運営しているビック光など…その数なんと600社以上もあります。

【NTT東日本】「光コラボレーションモデル事業者様」及び「お取り扱いサービス」一覧
【NTT西日本】「光コラボレーション事業者さま」及び「お取り扱いサービス」一覧

サービスを開始した2015年以降、フレッツ光から乗り換える人が多く、光コラボの契約数は今でも約1,000万件以上と伸び続けています

2.光コラボの4つのメリット

それほど多くの人に光コラボが選ばれている理由には、契約することでお得に、使いやすくなるというメリットがあるからです。

光コラボのメリットは主に4つがあります。

1.フレッツ光よりも料金が安い
2.スマホ割が受けられる
3.問い合わせ先を一本化できる
4.フレッツ光からの乗り換え(転用)が簡単

それぞれ順番に見ていきましょう。

メリット1.フレッツ光よりも料金が安い

メジャーな光回線であるフレッツ光と比べて、光コラボの方が月々の料金が安くなります。

実際にどれくらい安くなるのか、戸建て・マンションの順に解説していきます。

戸建ての場合

まずは、戸建ての料金プランから説明します。

フレッツ光と、主要な光コラボ4社の月額料金をまとめてみました。

上記のように、光コラボを使うと、フレッツ光よりも月々の料金が1,000円以上も安くなります。

2年間では24,000円以上もお得になるので、この差はとっても大きなメリットです。

マンションの場合

次にマンションの場合です。

こちらも、同じくフレッツ光よりも月々の料金が1,000円以上も安く、2年間で24,000円以上もお得に利用できます。

※光コラボの料金について詳しく知りたい人は、補足2.光コラボ主要30社の料金ランキングを参考にしてください。

メリット2.月々のスマホ代が安くなる

さらに、光コラボの中には、月々の携帯・スマホ代が安くなるスマホ割が受けられるものがあります。

以下に、大手キャリアのスマホ割が受けられる、光コラボをまとめてみました。

割引額は、利用スマホと契約プランによって変わります。

たとえば、ドコモ光の「ベーシックシェアパック」で15ギガを使っている人は、毎月1,800円スマホ代が安くなり、2年間の利用で43,200円もお得になります!

※スマホ割の内容についてくわしくはこちら

メリット3.問い合わせ先を一本化できる

また、光コラボはプロバイダと回線が一つになっているため、問い合わせ窓口を一本化できます。

フレッツ光では、NTT(回線)とプロバイダの2つと契約しているため、トラブルがあった時や、解約時に「どっちに連絡すればいいの?」と迷ってしまう人もいました。

光コラボなら契約窓口は一つなので、問い合わせもスムーズにできて安心です。

メリット4.フレッツ光からの乗り換え(転用)が簡単

フレッツ光から光コラボへは、工事不要で簡単に乗り換えられます

工事が必要ないので、工事費はかからず、約1〜2週間と早くできます

通常、インターネット回線の乗り換えに1〜2ヶ月はかかるので、すぐに切り替わるのは嬉しいポイントです。

フレッツ光の違約金もかからない

さらに、フレッツ光を解約する違約金も発生しません。

たとえば、NTT西日本でフレッツ光を3年間利用して解約した場合、通常30,000円の違約金がかかりますが、光コラボへの乗り換えなら、その違約金を払わなくて済みます。

簡単に、負担なく乗り換えることができるのは大きなメリットです。

3.光コラボの5つのデメリット

このように多くのメリットがある光コラボですが、メリットばかりではありません。

光コラボのデメリットは次の5つです。

1.遅くなる可能性もある
2.解約すると電話番号が変わる
3.フレッツ光には戻せない
4.フレッツ光のポイントはなくなる
5.勧誘の電話が多い

乗り換えた後に後悔しないよう、一つずつ見ていきましょう。

デメリット1.速度が遅くなる可能性がある

光コラボにしたことで「遅くなった」「全然繋がらなくなった」という口コミがありました。

通信速度が遅いという評判を見ると、どうしても心配になってしまいますよね。しかし、光コラボにした人すべてが遅いというわけではありません。

反対に、速くなったという意見も

このように、光コラボに変えたことで速くなったという口コミもあります。

実は光回線の速度は、住んでいる家の環境や使っている機器などによって変わるため、実際に使ってみないとわからないのです。

もし速度が出なかった場合、設定や機器を変えることで改善されるケースもあります。速度に満足できなかった時は、まずは各社のサポートセンターに相談してみましょう。

デメリット2.光コラボをそのまま解約すると電話番号が変わる

フレッツ光から光コラボへは、電話番号を引き継げますが、光コラボをそのまま解約してしまうと番号は消滅してしまいます

もし、電話番号を変えたくなければ、光コラボを解約する前に、NTTの「116」に連絡をして、アナログ回線に戻して番号を残しておけば、新しいサービスに番号を引き継げます

デメリット3.フレッツ光には簡単には戻せない

これは珍しいケースですが、光コラボからフレッツ光に戻したい場合、光コラボを解約して、再びフレッツ光を申し込むことになります。

その際、新規申し込みの扱いになるので、場合によっては、光コラボの解約金の支払い、フレッツ光の工事をし直し、工事費もかかってしまいます。

乗り換えは簡単にできますが、戻すのは手間がかかると覚えておきましょう。

※ただし、わざわざ料金の高いフレッツ光に戻すメリットは、今のところありません。

デメリット4.フレッツ光のポイントがなくなる

フレッツ光には、毎月ポイントが貯まる会員プログラムがあります。乗り換えると、このポイントは全て消えてしまいます

なので、乗り換える日の前日までに、会員ページからポイント交換を済ませておきましょう。

ポイントは、プリンターなどの機器やカタログギフトに交換することができます。

・東日本の人はこちらから交換
・西日本の人はこちらから交換

デメリット5.勧誘の電話が多い

光コラボは勧誘の電話がとても多く、ツイッターでも悪い口コミが目立ちます。悪質なの一部の業者のせいで、光コラボ全体のイメージが悪くなっているようです。

強引な勧誘で、あまりくわしくない人が契約させられてしまうケースは後をたたず、国民生活センターでも注意喚起をしています。

ネットの変更案内などで、NTTが電話をかけてくることは決してありません。どんな電話がかかってきても、「家族に相談する」と言ってその場では絶対に契約しないようにしましょう

4.こんな人に光コラボはおすすめ

光コラボのメリット・デメリットについてお伝えしてきました。

ここまでをまとめると、光コラボが向いているのは次のような人です。

・現在フレッツ光を使っている人
・大手キャリアのスマホを使っている人

これらの人は、光コラボに変えたら絶対に安くなるので、迷わず乗り換えて良いでしょう

それぞれ詳しく説明していきます。

※まとめているとデメリットのほうが多くなってしまいました。しかし、ネット料金が安くなり、毎月のスマホ代も安くなるという強烈なメリットがあるので、「光コラボへの乗り換えはお得」と言い切れます。

現在フレッツ光を使っている人

現在フレッツ光を使っている人は、光コラボにすることで月々1,000円以上、料金を安くできます

工事費はかからず、申し込みから1〜2週間ほどで簡単に切り変えられるので、フレッツ光を使っている人は光コラボにすると良いでしょう。

大手キャリアの携帯・スマホを使っている人

また、大手キャリア(ドコモ、au、ソフトバンク、ワイモバイル)の携帯・スマホを使っている人は、セット割のある光コラボを使うとさらにお得になります。

契約プランに応じて月々500~2,000円ほどスマホ代が安くなるので、2年間では2万円以上もスマホ代を抑えることができます

通信費は、ずっと続いて積み重なり大きな支出になるので、スマホに合った光コラボを選んで、賢く節約すると良いでしょう。

5.スマホ別!おすすめの光コラボを紹介

ここからは、使っている携帯・スマホ別におすすめの光コラボ・光回線を紹介します。

ドコモを使っている人
auを使っている人
ソフトバンク、ワイモバイルを使っている人
格安スマホを使っている人

上記リンクをクリックすると、それぞれの詳細に移動します。

ドコモの人はドコモ光で決まり!

ドコモの携帯・スマホを使っている人は、ドコモ光がもっともお得に使えます。

ドコモ光は、NTTドコモが運営している光回線。光コラボの全契約のうち、4割がドコモ光と圧倒的なシェアを占めています。

ドコモ光はデータ量が多いほどお得

ドコモ光のセット割は、契約したデータ量が多いほど、割引も大きくなります。ベーシックパックの場合は、実際の使った量によって変わります。

データ量 割引額/月
ウルトラシェアパック100 3,500円
ウルトラシェアパック50 2,900円
ウルトラシェアパック30 2,500円
ベーシックシェアパック(~30GB) 1,800円
ベーシックシェアパック(~10GB) 1,200円
ベーシックパック(~20GB) 800円
ベーシックパック(~3GB) 200円
ベーシックパック(~1GB) 100円

たとえばウルトラシェアパック30なら、毎月の割引額は2,500円。2年間使うと、なんと6万円の差になります

このセット割は、主回線のスマホ料金が安くなります。つまり、家族全体でみた通信費を大きく下げることができます。

ドコモ光を申し込むならここ!

ドコモ光の申し込み窓口13社を比較した結果、いちばんお得なのはGMOとくとくBBです。

GMOとくとくBBなら、15,000円相当のWi-Fiルーターが無料でもらえるうえ、最大15,000円のキャッシュバックがもらえます。

ドコモ光にはたくさんの申し込み窓口がありますが、どこから申し込んでも速度・料金などは変わりません。せっかくなら、少しでもお得なGMOとくとくBBから申し込みましょう!

ソフトバンク・ワイモバイルの人はソフトバンク光

ソフトバンク・ワイモバイルを使っている人は、ソフトバンク光がおすすめです。

ソフトバンク光は、光コラボの中でも約3割のユーザーに選ばれていて、大手ならではの安心感があります。

ソフトバンク光はスマホの台数が多いほどお得

ソフトバンク光のスマホ割は、スマホ・携帯一台につき500〜1,000円が割引になるので、家族でソフトバンク・ワイモバイルユーザーが多いほどお得になります。

割引額は契約プランによって違います。

契約プラン 割引額/月
データ定額5〜50GB 1,000円
データ定額1〜2GB 500円

もし家族4人が毎月1,000円の割引を受けられるプランなら、1ヶ月で4,000円、2年間では96,000円もお得に使えます

ソフトバンク光を申し込むならここ!

ソフトバンク光の申し込み窓口11社を比較した結果、いちばんお得なのは代理店アイネットサポートからの申し込みです。

アイネットサポートはソフトバンク光の正規代理店で、転用するだけで13,000円のキャッシュバックがもらえます。開通後にキャッシュバック申請の案内がくるので、もらい損ねる心配もありません

ちなみに、ショップや家電量販店など、どこから申し込んでも通信の品質や月額料金などは一緒です。せっかく転用するなら、いちばんお得なアイネットサポートから申し込みましょう!

auの人はまずauひかりが使えるかチェック

auユーザーなら、光コラボを検討する前に、auひかりが使えるか確認しましょう

auひかりは光コラボではありませんが、月額料金がダントツに安いです。フレッツ光からの乗り換えでも、違約金や工事費などの乗りかえ費用をキャッシュバックしてくれます。

auひかりとビッグローブ光の比較

実際に、auひかりと、光コラボで一番安いビッグローブ光を比べてみました。

auひかりを2年間使ったときのネット料金
5,600円(月額料金)×24+3,000円(契約手数料)+0円(工事費)-50,000円(キャッシュバック)=87,400円

ビッグローブ光を2年間使ったときのネット料金
5,480円(月額料金)×24+3,000円(契約手数料)+0円(工事費)-25,000円(キャッシュバック)=109,520円

上記のように、auひかりのほうが2万円ほどネット料金が安くなります。

なのでau携帯・スマホを使っている人は、まずはauひかりが使えるか、こちらの記事を参考にチェックしてみてください。利用できない場合は、ビッグローブ光を使うと良いでしょう。

※ちなみに、auひかりとビッグローブ光、どちらを選んでもスマホ割の割引額に違いはありません。

auひかりはスマホの台数が多いほどお得

auひかりのスマホ割は、スマホ・携帯一台につき500〜1,000円が割引になるので、家族でauユーザーが多いほどお得になります。

割引額は契約プランによって違います。

契約プラン 割引額/月
データ定額30 2,000円
データ定額5/20 1,410円
ピタットプラン2GB以上、フラットプラン20/30 1,000円
データ定額1~3、ジュニアプラン 934円
ピタットプラン1~2GB未満 500円

もし家族4人がピタットプランで毎月2GBを使っていれば、1,000円×4人で一ヶ月あたり4,000円、2年間で96,000も通信費を安くできます!

auひかりに申し込むならここ!

auひかりの申し込み窓口10社を比較した結果、いちばんお得なのは代理店NNコミュニケーションズです。

NNコミュニケーションズは、公式のKDDIから3年連続で感謝状をもらっている、実績のある代理店。申し込むだけで、開通から3ヶ月以内に5万円のキャッシュバックがもらえます

auひかりは、どこから申し込んでも速度・料金などは変わりません。なので、キャッシュバックが多くて実績もあるNNコミュニケーションズからの申し込みがおすすめです。

格安スマホの人は地域でいちばん安い光回線を選ぼう

格安スマホのセット割がある光コラボもありますが、実はお得とは言えません。

光回線 格安スマホ 1台あたりの割引額
DMM光 DMM mobile 500円
U-NEXT光 U-mobile 600円
OCN光 OCNモバイル 200円
IIJmioひかり mio SIM 600円

セット割を受けても、2年間で安くなるのは1〜2万円ほどと割引額が低いです。

格安スマホとのセット割がある光コラボはもともと料金が高く、割引をひいてもそこまで安くはなりません。それなら、はじめからセット割を受けずに、地域最安値の光回線を選ぶ方がお得になります。

地域最安値の光回線は、こちらの記事で紹介しています。

まとめ

現在フレッツ光を使っているなら、光コラボに乗り換えるメリットは多いので、迷っている人はすぐにでも乗り換えましょう。

最後に補足として、転用するときの流れと、主な光コラボの料金をまとめています。

補足1.光コラボに乗り換える(転用)3つの手順
補足2.光コラボ主要30社の料金ランキング

補足1.光コラボに乗り換える(転用)3つの手順

フレッツ光から光コラボに乗り換える(転用)するときの手順や、注意点をお伝えします。

手順は全部で3ステップ。くわしく説明していきます。

手順1.転用承諾番号をとる

まずは、『転用承諾番号』を取得します。

契約者本人がNTTの窓口に、電話もしくはWebで転用の申し込みをするともらえます。

電話で転用承諾番号をとる場合

電話の場合、下記に連絡をしましょう。

現在の契約先 電話番号 受付時間
NTT東日本 0120-140202 9:00~17:00(土日祝も可、年末年始を除く)
NTT西日本 0120-553-104 9:00~17:00(土日祝も可、年末年始を除く)

電話の前に、次のものを準備しておくとスムーズです。

・フレッツ光のお客さまID
・ひかり電話の番号、もしくは契約者の連絡先電話番号
・メモ帳と筆記用具

『転用承諾番号』を口頭で伝えられるので、必ずメモを用意しておきましょう。

Webで転用承諾番号をとる場合

Webからの手続きは、下記のリンク先からできます。

・NTT東日本の人はこちら
・NTT西日本の人はこちら 

いずれも、会員ページにログインしての手続きも可能です。「転用承諾番号」は、画面表示または登録したメールアドレスへの通知で知ることができます。

手順2.光コラボサービスに申し込みをする

転用承諾番号を取得したら、次は光コラボサービスに自分で申し込みをします。

申し込みは、光コラボサービスのサイト・各種キャリアのショップ・家電量販店などからできますが、webサイトから申し込んだ方がキャッシュバックが多くお得です

各コラボのキャンペーンぺージ【2018年12月更新】

ドコモ光:http://gmo/docomohikari/
ソフトバンク光:http://softbankhikari.jp/
ビッグローブ光:http://biglobehikari.net/

※転用承諾番号の有効期限は、発行日から15日間です。期限を過ぎると番号は自動的に無効となるので、早めに手続きをしましょう。

手順3.切り替え日から使える

光コラボの申し込みが完了すると、利用開始の案内が書面で届きます。

そこに『ご利用開始日』が書かれているので、その日以降に、接続設定をします。

接続設定は10分ほどで終わりますが、もしわからなかったときはNTTのサイトで動画解説があるので参考にしてみてくださいね。

NTT|サービス転用のお客さま向け設定ガイド

補足2.光コラボ主要30社の料金ランキング

主要な光コラボ30社を、2年間の実質費用をランキングにしました。(全て税抜き)

戸建ての場合

まずは、戸建ての場合のランキングから見ていきましょう。

ランキング 光コラボ 2年間の実質費用
1位 ソフトバンク光 95,800円
2位
ビッグローブ光 97,520円
3位
So-net光 100,600円
4位 ドコモ光 102,800円
5位 @nifty光 112,680円
6位 DMM光 112,920円
7位 ぷらら光 113,200円
8位 ocn光 115,400円
9位 DTI光 116,000円
10位 hi-ho光 118,800円
11位 tnc光 122,400円
 12位 excite光 123,640円
13位 クイック光 125,500円
14位 ひかりJ 127,800円
15位 iijmioひかり 128,840円
16位 ビック光 128,840円
17位 ギガパルフェ光 129,380円
18位 @tcom光 131,400円
19位 ene光 133,520円
20位 SPEEDIA光 135,800円
21位 u-next光 139,720円
22位 Drive光 140,520円
23位 フレッツ光(西日本) 143,400円
24位 ツタヤ光 144,800円
25位 クラウドライン 145,020円
26位 光ギガ 145,020円
27位 アサヒネット光 145,320円
28位 marubeni光 148,200円
29位 フレッツ光(東日本) 150,600円
30位 ozzio光 153,000円

「2年間の実質費用」の詳しい内訳は、次のようになります。

画像をクリックすると拡大できます。

2018年11月現在、各社もっとも高いキャッシュバック額(当社調べ)で算出しています。

家族で使っている利用スマホの状況に合わせて、もっともお得な光コラボを選んでくださいね。

マンションの場合

続いて、マンションの場合のランキングを見ていきましょう。

ランキング 光コラボ 2年間の実質費用
1位 ソフトバンク光 62,200円
2位
ビッグローブ光 73,520円
3位
ドコモ光 74,000円
4位 @nifty光 78,600円
5位 ocn光 79,400円
6位 So-net光 82,400円
7位 ぷらら光 85,200円
8位 DTI光 87,200円
9位 DMM光 87,720円
10位 tnc光 91,200円
11位 hi-hoひかり 92,400円
12位 クイック光 94,300円
13位 excite光 99,640円
14位 @tcomヒカリ 100,200円
15位 marubeni光 102,200円
16位 iiJmioひかり 104,840円
17位 ビック光 104,840円
18位 ene光 109,520円
19位 ひかりJ 111,000円
20位 アサヒネット光 111,720円
21位 SPEEDIA光 111,800円
22位 ギガパルフェ光 112,520円
23位 u-next光 114,040円
24位 Drive光 116,520円
25位 ツタヤ光 117,200円
26位 クラウドライン 121,800円
27位 光ギガ 121,800円
28位 ozzio光 129,000円
29位 フレッツ光(西日本) 133,320円
30位 フレッツ光(東日本) 133,320円

「2年間の実質費用」の詳しい内訳は、次のようになります。

画像をクリックすると拡大できます。

こちらの表も2018年12月現在、各社もっとも高いキャッシュバック額(当社調べ)で算出しています。

家族で使っている利用スマホの状況に合わせて、もっともお得な光コラボを選んでください!

5つの質問で、ぴったりのインターネット回線がわかる!

こういったことで困っていませんか?

スマホの速度制限によくひっかかる
引っ越しでネット回線を引きたい
ネット回線を1番安く契約したい
通信費をもっと安くしたい

これらの悩みは、以下の診断で解決できます!!

SNSでもご購読できます。