イッツコムひかりは高い?評判・口コミからわかった5つのデメリット

東急沿線で使えるインターネット回線「イッツコム(iTSCOM)ひかり」。

「最大2ギガの高速通信!」という広告を見ると、なんだか期待できそうですよね。

しかし、光回線の元販売員の私は、イッツコムひかりをおすすめしません

なぜなら料金が高く、他社に比べて年間5万円以上も損してしまうことがあるからです。

この記事では、イッツコムひかりの速度の口コミや、契約前に知っておきたい5つのデメリット、代わりに選ぶべきおすすめの光回線をまとめました。【2021年最新版】

1.イッツコム(iTSCOM)ひかりとは

イッツコム光

イッツコム(iTSCOM)ひかりは、イッツ・コミュニケーションズ株式会社が運営する、ケーブルテレビやネット回線のサービスです。

イッツコムひかりは、東京・神奈川の東急沿線で使え、現在約140万世帯が利用しています。

  • 東京都…渋谷区、目黒区、世田谷区、大田区、町田市
  • 川崎市…高津区、中原区、宮前区
  • 横浜市…青葉区、都筑区、港北区、緑区

さらにくわしいエリアは、こちらで確認できます。

まずはイッツコムひかりの基本情報を、一覧でサクッと確認しましょう(料金はすべて税込み)。

← スマホの人はスクロールできます →

イッツコムひかりの基本情報
通信速度最大2Gbps
対応エリア
東京都・川崎市・横浜市
月額料金戸建て6,270円 /マンション4,730円
電話オプション1,463円
事務手数料3,300円
工事費38,500円
キャッシュバックなし
スマホ割au
契約期間2年契約(自動更新)
解約金10,450円
公式サイトhttps://www.itscom.co.jp/

結論からいうと、イッツコムひかりは基本的におすすめしません。なぜなら、東京・神奈川エリアなら、他に安くておすすめの光回線があるから

下記の光回線を選ぶと、イッツコムひかりよりも年間5万円ほどお得に使えます(クリックするとページ内を移動します)。

なぜそう言えるのか、光回線150社の料金を実際に比較したプロの視点から、わかりやすく解説していきますね。

※この記事では、主に「イッツコムひかり」について紹介します。「かっとびメガ160」などケーブルプランのインターネットについては、補足でまとめています(ページ内を移動します)。

2.イッツコムひかりの5つのデメリット

イッツコムひかりには、使うと損をしてしまう5つのデメリットがあります。

  1. 速度が遅いという口コミが多い
  2. 他社よりも月額料金が高い
  3. auスマートバリューで損する人も
  4. 工事費が無料にならない
  5. キャッシュバックがない

とくに東京・神奈川は選べる光回線の種類も多いため、イッツコムにこだわらない方がお得で

それぞれ順に見ていきましょう。

デメリット1.速度が遅いという口コミが多い

イッツコムひかりは、「速度が遅い」という口コミが多くあります。

このように、アップロード側の速度がとくに遅く、テレワークやオンラインゲームなどができない、という声が目立ちました。

実はイッツコムひかりは、選ぶプランによって最大速度や料金が違います。戸建て・マンションの代表的なプランの最大速度を下記にまとめます。

戸建ての月額料金

戸建てコース下り最大速度月額料金
2ギガ2Gbps6,720円
1ギガ1Gbps6,270円
300メガ300Mbps5,720円

マンションの月額料金

マンションコース下り最大速度月額料金
600メガ600Mbps4,730円
300メガ300Mbps4,180円
30メガ30Mbps3,520円

※いずれも2年契約の場合

イッツコムひかりでは、マンションでは最大速度の遅いコースしか選べなかったり、料金を抑えようと安いプランを契約した場合は、速度が遅くなります

一般的に、ネット回線の速度は「ベストエフォート」といって、表記されている速度の3割も出ればいい方です。

したがって、イッツコムひかりを満足に使うには、戸建てなら最低でも1ギガ(6,270円)マンションでは600メガ(4,730円)のプランを選ぶのがおすすめです。

※上記以外のプランは、補足でまとめています(ページ内を移動します)。ケーブルプランの「かっとびワイド」や、フレッツ光と提携したプラン「イッツコムかっとび光」などは、2021年現在ではおすすめしません。

速くて満足している人もいる

ちなみに、上記のような最大速度の速いプランなら、「速い、快適」という口コミも見られました。

このように、イッツコムひかりには速度が800Mbpsを超える口コミもあります。

光回線の速度は、50~100Mbps出ていれば十分に速いといえるので、これだけあればリモートワークやオンラインの対戦ゲームなども快適にできます。

ただし、イッツコムひかりは料金が高いため、基本的にはおすすめしていません。同じような速度が出る、他の光回線と比較していきましょう。

デメリット2.他社よりも月額料金が高い

イッツコムひかりは、他社よりも月額料金が高いです。

まずは同じく東京・神奈川で使えて、最大速度が2ギガのNURO光と比較してみます。

光回線
2ギガの月額料金6,820円5,200円

最大速度が同じでも、イッツコムひかりの方が1,600円高いことがわかります。一年使えば19,200円も差がついてしまうので、もはや選ぶ理由がないといってもいいでしょう。

さらに、1ギガのプランでも比較してみます。

光回線
1ギガの月額料金6,270円5,720円5,610円5,720円

このように1ギガの場合でも、他社のほうが毎月500円以上安くなります。

同じ速度なら少しでも安いネット回線を選ぶほうがいいでしょう。

※次の章で比較しますが、イッツコムひかりはテレビや電気などをまとめると、月額は少しだけ安くなります。ただしそれでも、総額では他の光回線がお得です。

デメリット3.auスマートバリューでかえって損することも

イッツコム光 auスマートバリュー

イッツコムひかりでは、auのスマホ割「auスマートバリュー」が受けられます。

auの携帯・スマホの料金が毎月550~1,100円も安くなるため、お得そうに見えますが、実はそうではありません。

同じくauスマートバリューの割引が受けられるauひかりと、毎月の料金を比べてみます。

光回線
ネットの月額料金6,270円5,610円
固定電話の月額料金1,463円550円
総額7,733円6,160円

※いずれも最大速度1Gbpsの場合

このように、イッツコムひかりのほうが毎月1,500円も高くなります。

auスマートバリューの割引を受けるにはネット回線+電話の契約が必要ですが、イッツコムひかりの固定電話の月額料金は1,463円と高く、たとえ1,100円の割引を受けても赤字になってしまいます

まったく同じ割引が受けられるなら、もともとの料金が安い光回線を選ぶほうがお得ですよね。

デメリット4.工事費が高い

4つ目のデメリットは、イッツコムひかりは工事費が高いこと。

イッツコムひかりの工事費は、住まいの状況によってかわります。たとえば、新築戸建てで新しくケーブルを引き込む場合、38,500円の工事費が必要です。(初期導入費用について

メジャーな光回線と、戸建ての工事費を比較してみます。

光回線
戸建て工事費38,500円0円0円0円0円

※いずれもキャンペーンにより実質0円

このように、ほとんどの光回線は、工事費はキャンペーンで無料になります。

イッツコムひかりはキャンペーンがないので、それだけ損をしてしまいます。

デメリット5.キャッシュバックがない

イッツコムひかりは、新規契約でもらえるお得なキャッシュバックがありません。

以下に、他社のキャッシュバックをまとめました。

光回線
キャッシュバック0円45,000円22,000円55,000円38,000円

このように、イッツコムひかりを契約しても、キャッシュバックは1円ももらえません

せっかく、手間と時間をかけて光回線を契約するのなら、ご褒美はあった方がうれしいですよね…。

ちなみに2年間でかかる総額を比較すると…

ここまでイッツコムひかりを使うと損する5つの理由を紹介してきましたが、すべて合計するといくら差がつくのか、計算してみました。

多くのネットの最低利用期間(違約金がかからない利用年数)は2年間なので、2年分の月額料金+初期費用−もらえるキャッシュバック金額で計算しています。

光回線
2年間の総額205,480円83,100円118,580円96,140円102,580円

※イッツコムひかりは戸建て2ギガプランの場合

このように、イッツコムの料金は、同じ2ギガのNURO光と比べると、なんと12万円も高くなってしまいます

月額が高い・工事費がかかる・キャッシュバックがない」というデメリットは、長いスパンで見るとこんなにも損をしてしまうんです!

NURO光以外の光回線(1ギガ)でも、2年で約10万円もイッツコムひかりのほうが高いのです。

3.結論!イッツコムひかりはおすすめできない

ここまでのデメリットをまとめると、イッツコムひかりは料金が高く、他の光回線のほうが圧倒的にお得だということがわかります。

イッツコムひかりがおすすめできない理由を、もう一度まとめます。

  1. 速度が遅いという口コミが多い
  2. 他社よりも月額料金が高い
  3. auスマートバリューで損する人も
  4. 工事費が無料にならない
  5. キャッシュバックがない

このように、年間5万円以上も損をしてしまうなら、もはや選ぶ理由はないといえます。

テレビや電気も合わせるならイッツコムひかりもあり

とはいえ、ケーブルテレビ(地上波・BSコース)と東急でんきもセットで契約したい人だけは、イッツコムひかりを選んでも大丈夫です。

戸建てで2ギガコースのみを契約した場合と、テレビと電気もあわせて契約する「ダブルプラン」の料金を比較します。

戸建てプラン最大速度含まれるもの月額料金
2ギガコース2Gbpsネット6,820円
ダブルプラン2Gbpsテレビ・ネット・電気の契約6,050円

このように、テレビ・電気をセットで契約すると月額料金は6,050円となり、普通に2ギガコースを契約するより770円安くなります

ただし、すでにアンテナを持っている人はテレビの契約はそもそも必要なく、さらに下記の費用がかかる点に注意しましょう。

  • 工事費 38,500円
  • セットプランの解約金 10,450円
  • その他チューナー費用など

ちなみに他の光回線でもテレビは見られる

NURO光やドコモ光など他の光回線でも、800〜1,500円ほどでテレビの契約はできます。ただしauひかりで使えるauひかりテレビだけは地デジ・BSが見られないため、新築戸建てでどうしてもアンテナを立てたくない人は、イッツコムひかりも選択肢になります。

4.イッツコムひかり以外でおすすめのネット回線3つ

最後に、イッツコムひかり以外でのおすすめのネット回線を3つ、紹介します。

おすすめの光回線は、住んでいるエリアや住居のタイプによって変わりますが、次のようにスマホによって選ぶと割引もあって安く使えます

おすすめの光回線

東急沿線に住んでいてもおすすめは同じです。

上記のように選ぶことで、イッツコムひかりよりも2年間で約10万円もお得に使えます。それぞれを順に見ていきましょう。

auひかり|auの携帯・スマホを使っている人におすすめ

auひかり

関東に住んでいてauのスマホ・携帯を使っている人は、auひかりが一番お得に使えます。

大手通信業者のKDDIが提供する光回線なので「速い」「安定している」という口コミも多く、テレワークやオンラインゲームなどにも最適な光回線です。

イッツコムひかりと同じくauスマートバリューの対象で、auスマホ・携帯1台ごとに毎月550〜1,100円の割引が受けられます。

auひかりについてくわしく知りたい人は、auひかりの口コミ・料金などの真実の記事を参考にしてください。

auひかりをもっともお得に契約する方法

ちなみにauひかりを申し込むなら、もっともお得な申し込み窓口は代理店アイネットサポートです。(2021年9月更新)

公式サイトやショップで申し込むとキャッシュバックは1万円ですが、アイネットサポートから申し込むと、開通の1ヶ月後に最大で55,000円のキャッシュバックがもらえます。

どこから申し込んでも、料金や速度などのサービスは一緒です。せっかく申し込むなら、よりお得なアイネットサポートから申し込みましょう!

サービス詳細
【通信速度】下り最大1Gbps
【2年間の総額】96,140円
 月額料金:5,610円
 電話サービス月額:550円
 事務手数料:3,300円
 工事費用:0円
 キャッシュバック:△55,000円
【キャンペーンページ】https://www.auhikari.net/

NURO光|ソフトバンク、格安スマホの人におすすめ

NURO光

関東に住んでいてソフトバンクや格安スマホを使っている人は、NURO光が一番お得に使えます。

イッツコムひかりと同じ下り最大2ギガの光回線で、速くて快適という評判も多く、高額のキャッシュバックも人気です。

ちなみにソフトバンク利用者なら、スマホ・携帯1台ごとに毎月550〜1,100円の割引が受けられます。

NURO光についてくわしく知りたい人は、NURO光を使っている私が、料金や特典・キャンペーンの真実を暴露しますの記事を参考にしてください。

NURO光をもっともお得に契約する方法

NURO光を申し込むなら、公式サイトのキャンペーンページがもっともお得な申し込み窓口です。(2021年9月更新)

キャッシュバックがもらえる窓口(ネット代理店・家電量販店)全14社を比較した結果、いちばんお得だったのが、公式サイトの45,000円キャッシュバックでした。

さらに公式サイトなら、取りにくい工事日の予約を、どこよりも早くおさえられます。少しでも早く利用したい人は、下記のキャンペーンページから申し込みましょう!

サービス詳細
【通信速度】下り最大2Gbps
【2年間の総額】83,100円
 月額料金:5,200円
 電話サービス月額:550円
 事務手数料:3,300円
 工事費用:0円
 キャッシュバック:△45,000円
【キャンペーンページ】https://nuro/campaign/

ドコモ光|ドコモの携帯・スマホを使っている人におすすめ

ドコモ光GMOとくとくBB

関東に住んでいてドコモのスマホ・携帯を使っている人は、ドコモ光が一番お得に使えます。

他の光回線のほうがやや安いですが、スマホ・携帯1台あたり毎月550〜1,100円が割引になります。

さらに、dポイントを貯めている人なら、スマホとネットを両方ドコモにすることで、dポイントをより効率的に貯められてお得です

ドコモ光についてくわしく知りたい人は、賛否両論?ドコモ光の評判・キャンペーンを元販売員がバッサリ斬るの記事を参考にしてください。

ドコモ光をもっともお得に契約する方法

ドコモ光を申し込むなら、もっともお得な申し込み窓口はGMOとくとくBBです(2021年9月更新)。

こちらの特設キャンペーンサイトからGMOとくとくBBに申し込むと、dポイント2,000ptと、オプションなしでキャッシュバック2万円がもらえます。

どこから申し込んでも、料金や速度などのサービスは一緒です。せっかく申し込むなら、もっともお得なGMOとくとくBBから申し込みましょう!

ドコモ光のサービス詳細
【通信速度】下り最大1Gbps
【2年間の総額】118,580円
 月額料金:5,720円
 電話サービス月額:550円
 事務手数料:3,300円
 工事費用:0円
 キャッシュバック:△22,000円
【キャンペーンページ】https://gmo/docomohikari/

補足1.イッツコムひかりのプラン一覧

イッツコムひかりのすべてのプランを、戸建て・マンションの順にまとめます。

戸建ての月額料金・セットプラン

戸建てプラン最大速度含まれるもの月額料金
2ギガコース2Gbpsネット6,820円
1ギガコース1Gbpsネット6,270円
300メガコース300Mbpsネット5,720円
30メガコース30Mbpsネット5,060円
スマートプラン2Gbpsテレビ・ネット・電話・スマートサービス15,796円※
トリプルプラン2Gbpsテレビ・ネット・電話11,495円※
ダブルプラン2Gbpsテレビ・ネット6,050円※

※東急でんきを契約した場合の料金

ピンクの部分は、ネット以外のサービスもあわせた「お得パック」です。この月額料金はもっとも代表的なもので、料金はネットの最大速度やテレビのプランによって変わります。

実はイッツコムひかりはテレビや電話をあわせることで、単体で契約するよりも安くなります

しかし、工事費(38,500円)やお得パックの解約金(10,450円)も別にかかるため、結果的に高くついてしまいおすすめできません。

マンションの月額料金・セットプラン

マンションプラン最大速度含まれるもの月額料金
600メガコース600Mbpsネット4,730円
300メガコース300Mbpsネット4,180円
30メガコース30Mbpsネット3,520円
かっとびメガ160160Mbpsネット6,600円
かっとびワイド30Mbpsネット5,060円
かっとびプラス8Mbpsネット3,520円
かっとびジャスト1Mbpsネット1,870円
マンション2年プラン600Mbpsネット・電話5,038円※

※東急でんきを契約した場合の料金

グレーの部分で表したプランは、ケーブルテレビの線をつかったネット通信のプランです。光回線ではないため、速度も遅くおすすめしません

マンションやアパートに初めからはいっている場合も、自分で別の光回線を契約したほうが、ストレスなく使えます。

結論|イッツコムひかりがおすすめなのは、ケーブルテレビを契約したい人だけ

ケーブルテレビを契約したい人に限り、工事費やお得パックの解約金も視野に入れたうえで、イッツコムひかりを候補に入れてみてください。

たとえばauひかりで使える「auひかりテレビ」では、地デジ・BSが見られないため、アンテナを立てたくないau利用者は、イッツコムひかりを検討してもいいと思います。

※ちなみに、「イッツコムかっとび光」は、フレッツ光との光コラボです。同じ光コラボなら、ドコモ光など他社の光回線のほうがキャッシュバックが大きいのでおすすめです。

補足2.イッツコムひかりの解約方法

イッツコムひかりの解約は、 イッツコムお客様センター(0120-109199)への電話でできます。

電話がつながったら、音声ガイダンスで「5.その他ご契約に関するお問い合わせ」を選ぶとスムーズです。

ちなみにケーブルプラス電話以外のサービスは、日割り精算はできず、最終月も月額料金がかかります。 月末に解約したい場合は、解約希望日の10日前までに連絡が必要なので、月の中旬までには電話しましょう

※ただし契約の種類やプランによっては、解約金や撤去費用が1~3万円ほどかかることがあります。 これらの費用を払いたくない人は、これまでのネット回線の解約金を負担してくれる、ソフトバンク光などに乗り換えるのがおすすめです。

解約したら、どこでもメールはどうなるの?

「どこでもメール」とは、イッツコムひかりからもらったメールアドレスでメールの送受信ができるサービス。

したがって、解約するとそのメールアドレスは使えなくなります。

アドレスの最後が・itscom.net
・catv.ne.jp
・246.ne.jp
・tmtv.ne.jp

どうしても上記のメールアドレスを残したい場合、 かっとびバリューという月額550円のプランを契約すれば、そのまま使い続けることもできます。

しかし、乗り換え先の光回線でも、無料のメールアドレスはもらえます。(NURO光のマンションプランを除く)

さらにGmailやYahoo!メールなど、どこでもメールと同じように無料で使えるメールサービスはたくさんあります。毎月550円を払い続けるくらいなら、この機会に無料のメールサービスに移行してしまうのもおすすめです。

まとめ

イッツコムひかりは、デメリットが多く基本的にはおすすめできません。

下記の光回線を選ぶと、イッツコムひかりよりも年間5万円ほどお得に使えます。

自分にぴったり合う光回線を選んで、後悔のないようにしましょう。

5つの質問で、ぴったりのインターネット回線がわかる!

こういったことで困っていませんか?

スマホの速度制限によくひっかかる
引っ越しでネット回線を引きたい
ネット回線を1番安く契約したい
通信費をもっと安くしたい

これらの悩みは、以下の診断で解決できます!!

SNSでもご購読できます。

つなが〜るネット – インターネットがもっとお得に快適になる情報サイト