一番安い光回線はこれだ!スマホ・エリア別おすすめ【2018年5月】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

もっとも安く使える光回線をお探しですね。

光回線の料金はややこしく、どこが安いのかよくわかりません。

種類もたくさんあるので、どれを選べば良いのか迷ってしまいますよね。

そこで光回線を選ぶポイントと、おすすめの光回線を分かりやすくまとめました。

この記事を読めば、あなたにとって一番安いベストな光回線が必ず見つかります。ぜひ、参考にしてください。

この記事では戸建ての料金を比較しています。マンションの人はこちらを参考にしてください。

目次

0.安い光回線は、状況によって違う
1.安い光回線を選ぶためのポイント2つ
2.結論!スマホ・エリア別のお得な光回線
3.一番お得なネット窓口から申し込もう!

0.安い光回線は、状況(スマホ・エリア)によって違う

まず知っておきたいこととして、安い光回線は状況によってまったく違います。

以下は、安さ上位10社のランキングです。(全て税抜き価格)

 順位  光回線 月額料金 2年間の
実質費用
スマホ割 エリア
NURO光  4,753円  81,072円  ソフトバンク  関東、東海、近畿
  ピカラ光  4,600円 85,400円   au  四国
auひかり 5,600円 87,400円 au 全国
eo光 4,980円 87,520円 au 近畿
BBIQ 4,400円 90,600円 au 九州
メガエッグ 5,300円 91,600円 au 中国地方
コミュファ光 5,072円 92,428円 au 東海
ソフトバンク光 5,200円 95,800円 ソフトバンク 全国
ビッグローブ光 4,980円   97,520円 au   全国
10 ドコモ光 5,200円 100,800円 ドコモ 全国

光回線の安さだけで比べると、上記のような順位になります。

しかし、光回線はただ料金が安いという理由だけで選んではいけません!

色(ピンク)のついているスマホ割・エリアの部分に注目してみてください。

光回線によってはスマホとセットで使うことで、毎月500~2,000円もスマホ代が割引になります。 

また、上位のピカラ光・NURO光などは安く使えるのですが、これらは使える地域が限られています。

つまり、どの光回線が一番安いかは、あなたの利用しているスマホと、住んでいる地域によって違ってくるということです。

※2年間の実質費用とは、月額料金・初期費用・工事費用からキャッシュバックを差し引いた額のこと。

1.安い光回線を選ぶためのポイント2つ

なので、安い光回線を選ぶときに、重視すべきポイントは2つ。

・使っているスマホ
・住んでいる地域

光回線はスマホのセット割が受けられて、自分の住んでいる地域で最安値のものを選ぶのが、もっともお得です。

2.結論!スマホ・エリア別のお得な光回線

ここからは、使っているスマホ住んでいる地域からみた一番お得な光回線を見ていきましょう。

ドコモ
au
ソフトバンク
格安スマホ

上記のリンクから、それぞれの光回線の解説に移動できます。

ドコモユーザーはデータ量で決めよう

スマホ データ量 月額(戸建) 1番安い光回線
お得な窓口
15〜100GB 5,200円 GMOとくとくBB
一人暮らしの人・10GB以下のシェア 4,753円 地域最安値の光回線 こちらを参照

家族で15GB以上のシェアの場合

ドコモのスマホを家族で15〜100GBシェアしている場合は、ドコモ光が一番お得です。

なぜなら、「ドコモ光パック」で主回線のシェアパック料金が割引になるからです。

パケットパック 割引額/月
ウルトラシェアパック100 -3,500円
ウルトラシェアパック50 -2,900円
ウルトラシェアパック30 -2,500円
シェアパック15 -1,800円
シェアパック10 -1,200円
シェアパック5 -800円
ウルトラデータLLパック -1,600円
ウルトラデータLパック  -1,400円
データMパック -800円
データSパック -500円
ケータイパック -500円

たとえば、家族3人でドコモの「ウルトラシェアパック30」を利用している場合、毎月2,500円が割引になります。2年間だと60,000円もスマホ代が安くなります

一人暮らしの人・10GB以下のシェアの場合

逆に、シェアパックでも低容量(5~10GB)の人や、一人暮らしの人はドコモ光は最安値とは言えません。なぜならセット割引を受けるよりも、他の安い光回線を使ったほうがお得になるからです。

シェアパックで15〜100GBの人以外は、「地域最安値の光回線」を参照してください。

auユーザーは地域別に選ぼう!

auユーザーにとって一番お得な光回線は、住んでいる地域によって違います。

auスマートバリュー」が受けられて、もっともお得なのは次の5つの光回線です。

スマホ 地域 月額(戸建) 1番安い光回線 お得な窓口
近畿 4,953円 価格ドットコム
東海 5,072円 代理店フルコミット
四国 4,900円(auプラン) 代理店ネクスト
沖縄 5,100円 公式ホームページ
それ以外 5,100円 代理店nnコミュニケーションズ

auとのセット割引は、スマホ・携帯1台につき毎月500~2,000円が安くなります。

たとえば、家族3人がauのスマホで5GBのプランを使っている場合、毎月4,230円の割引が受けられます。2年間だと101,520円もスマホ代が安くなります

ソフトバンクユーザーはこの2択

ソフトバンクユーザーなら、この2つが一番お得です。

なぜなら「おうち割」で、携帯・スマホ一台につき500~1000円が割引になるからです。

スマホ 地域 月額(戸建) 1番安い光回線 お得な窓口
softbank  関東・近畿・東海 4,753円 公式ページ
 それ以外 5,200円 ソフトバンク光 代理店エンジン

たとえば、家族3人がソフトバンクのスマホで5GBのプランを使っている場合、毎月3,000円の割引が受けられます。2年間だと72,000円もスマホ代が安くなります

この2つの光回線なら割引はずっと続くので、長くソフトバンクを使うつもりの人には間違いなくお得です。

格安スマホの人・ドコモで小容量の人は地域最安値の回線

格安スマホの人や、ドコモでも一人暮らしの人などは、地域最安値の光回線を選びましょう。

スマホ 地域 月額(戸建) 1番安い光回線 お得な窓口
docomo 格安スマホ 関東・近畿・東海 4,753円 公式ページ
和歌山・福井  4,953円 価格ドットコム
四国 4,500円 代理店ネクスト
沖縄 4,980円 代理店ネクスト
それ以外 5,100円 代理店nnコミュニケーションズ

地域最安値の光回線を選んだほうがいい2つの理由

格安スマホ・ドコモで小容量の人が、地域最安値の光回線を選んだほうがいい理由は2つあります。

・セット割引額が低い
・実質費用が高くなる 

格安スマホ・ドコモで小容量の人のセット割は月々200~600円と、2年間で合計しても2万円ほどの割引にしかなりません。また、キャッシュバックも少ないのでトータルで高くなってしまいます。

無理にセット割を受けるのでなく、住んでいる地域でもっとも安い光回線を利用しましょう。

3.一番お得なネット窓口から申し込もう!

それでは、これらの光回線は一体どこから申し込むのがお得なのか気になりますよね。

結論から言うと、光回線は、公式ショップ・家電量販店などさまざまな申し込み窓口がありますが、ネットで申し込むのが一番お得です。

※ネットからの販売に特化した窓口なら、店舗費や人件費などがかからないため、その分より多くキャッシュバックしてもらえます。

つぎに紹介するネットの窓口から申し込めば、一番お得に契約できます。

利用スマホ 状況 お得に使える光回線
家族で15〜100GBのシェア ドコモ光
家族で5〜10GBのシェア 実質費用の安い光回線
1人で使っている
近畿に住んでいる eo光
東海に住んでいる コミュファ光
四国に住んでいる ピカラ光
沖縄に住んでいる auひかりちゅら
上記以外に住んでいる auひかり
関東,近畿,東海に住んでいる NURO光
上記以外に住んでいる ソフトバンク光
格安スマホ 全国 実質費用の安い光回線

上記のリンクから、記事内にある各サービスの詳細・お得な窓口の解説に移動できます。

※これら8社ならどの光回線も公表されている通信速度は、下り最大1Gbps以上と同じNTTやKDDIなど大手の光回線設備を使っているので、通信速度の心配をする必要がありません。万が一、通信速度が遅くても速度改善のためのサポートが受けられます。

ドコモ光|ドコモのスマホを15〜100GBシェアしている人

ドコモのスマホを家族で15〜100GBシェアして使っているなら、間違いなくドコモ光が一番お得です。

毎月1,800円〜3,500円もスマホ代が割引になるので、一年間で2万円以上安くなります。

ドコモ光って本当に安いの?

では実際に、ドコモ光が安いのかどうか見ていきましょう。

例えば、家族2人でドコモスマホのシェアパック15GBを使っている場合、セット割で月々1,800円がスマホ代から割引されます。

この場合の実質支払額は以下のようになります。

1ヶ月目~2年目
ドコモ光の月額料金 5,200円
セット割のスマホ代割引 マイナス1,800円
ドコモ光実質月額料金 5,200円-1,800円=3,400円

この場合、ドコモ光の月額料金は実質3,400となります。

かなり安く利用できるので、ドコモのスマホを家族で15〜100GBシェアして使っているなら、間違いなくドコモ光が一番おすすめです。

ドコモ光のお得な申し込み窓口

ドコモ光は、GMOとくとくBBから申し込むのが一番お得です。

申し込み窓口 キャンペーン特典
GMOとくとくBB dポイント30,000円+キャッシュバック15,000円+Wi-Fiルーター
ぷらら dポイント30,000円+セキュリティが1年無料
So-net dポイント30,000円+セキュリティが1年無料
ドコモショップ dポイント30,000円 or dtvターミナル
公式サイト dポイント30,000円
ヤマダ電機 dポイント30,000円
ヨドバシカメラ dポイント30,000円
ジョーシン dポイント30,000円

ドコモを使っている人は、dポイントを貯めている人が多いと思います。GMOとくとくBBから申し込むと、一番高額な特典がもらえます。

サービス詳細
【通信速度】下り最大1Gbps
【プロバイダ】GMOとくとくBB
【2年間の実質費用】100,800円
 月額料金:5,200円
 初期費用:3,000円
 事務手数料:18,000円(フレッツ光からの転用は不要)
 キャンペーン割引:0円
 キャッシュバック:▽25,500円
【セット割】月々1,800円〜3,500円
※全て税抜

地域最安値の光回線|ドコモで一人暮らし・5〜10GBの小容量シェアなら

 

ドコモを使っていて一人暮らしの人や、家族でも5〜10GB/月の小容量シェアの人は、住んでいる地域でいちばん安い光回線を使うのがおすすめです。

なぜなら、セット割引を受けるより、実質費用の安い光回線を使ったほうがトータルでお得になるからです。

実質費用の安い光回線

住んでいる地域で、もっとも実質費用の安い光回線はこちらです。

  • 関東(東京・神奈川・埼玉・千葉・茨城・栃木・群馬)の人は、NURO光
  • 近畿(大阪・兵庫・京都・奈良・滋賀)の人は、NURO光
  • 和歌山・福井の人は、eo光
  • 東海(愛知・岐阜・三重・静岡)の人は、NURO光
  • 四国(徳島・香川・愛媛・高知)の人は、ピカラ光
  • 沖縄の人だけは、ドコモ光
  • それ以外の人は、auひかり

上記のリンク先から、もっともお得な申し込みページに移動できます。

eo光|近畿でauスマホを使っている人

auユーザーで近畿(大阪・兵庫・京都・滋賀・和歌山・福井)に住んでいる人は、eo光がいちばんお得です。

eo光はauスマートバリューの対象なので、auスマホ1台につき、毎月500~2,000円も安くなります。また、ガスやでんきなどもeoで揃えることで、さらにお得に使えます。

eo光って本当に安いの?

では実際に、eo光が安いのかどうか見ていきましょう。

例えば、家族で2台のauスマホ5GBプランを使っている場合、セット割で月々2,820円がスマホ代から割引されます。

この場合の実質支払額は以下のようになります。

1ヶ月目~2年目
eo光の月額料金 5,239円
セット割のスマホ代割引 マイナス2,820円
eo光実質月額料金 4,980円-2,820円=2,419円

この場合、eo光の月額料金は実質2,419円となります。

かなり安く利用できるので家族でauスマホを使っているなら、間違いなくeo光が一番おすすめです。

eo光のお得な申し込み窓口

eo光を申し込める窓口で一番お得なのは、価格.comです。

申し込み窓口 特典 受け取り時期
価格.com 商品券11,000円 開通2ヶ月後
公式サイト 商品券10,000円 開通2ヶ月後
ヤマダ電機 現金10,000円 開通4ヶ月後
ヨドバシカメラ クーポン10,000円 開通4ヶ月後
ジョーシン ポイント10,000円 開通4ヶ月後
エディオン ポイント10,000円 開通4ヶ月後

せっかく光回線を申し込むのなら、もっともキャッシュバック額の高い価格.comから申し込みましょう。

サービス詳細
【通信速度】下り最大1Gbps
【プロバイダ】eo光
【2年間の実質費用】87,520円
 月額料金:4,980円(電話プラン5,239円)
 事務手数料:3,000円
 工事費用:0円
 キャンペーン割引:▽24,000円
 キャッシュバック:▽11,000円
【セット割】スマホ1台につき月々934円〜2,000円
※全て税抜

コミュファ光|東海でauスマホを使っている人

auユーザーで東海(愛知・岐阜・三重・静岡)に住んでいる人は、コミュファ光がおすすめです。

コミュファ光はauスマートバリューの対象なので、auスマホ1台につき、毎月500~2,000円も安くなります。

コミュファ光って本当に安いの?

では実際に、コミュファ光が安いのかどうか見ていきましょう。

例えば、家族で2台のauスマホ5GBプランを使っている場合、セット割で月々2,820円がスマホ代から割引されます。

この場合の実質支払額は以下のようになります。

1ヶ月目~2年目
コミュファ光の月額料金 5,372円
セット割のスマホ代割引 マイナス2,820円
コミュファ光実質月額料金 5,372円-2,820円=2,552円

この場合、コミュファ光の月額料金は実質2,552円となります。

かなり安く利用できるので家族でauスマホを使っているなら、間違いなくコミュファ光が一番おすすめです。

コミュファ光のお得な申し込み窓口

コミュファ光は、キャッシュバック額が1番高いフルコミットからの申し込みがおすすめです。

申し込み窓口 特典・キャッシュバック額
フルコミット(代理店) 現金30,000円(乗り換えの場合は80,000円)
公式サイト 現金10,000円(乗り換えの場合は55,000円)
価格ドットコム 現金10,000円
ヤマダ電機 現金18,000円
ビックカメラ 現金5,000円+商品券10,000円
エディオン エディオンポイント20,000円

フルコミットなら、公式サイトよりもお得に契約できます。乗り換えの人は他社の違約金もキャッシュバックしてもらえるので、更新時期を気にせずに使い始めることができます。

サービス詳細
【通信速度】下り最大1Gbps
【プロバイダ】So-net
【2年間の実質費用】94,428円
 月額料金:5,072円(電話プラン5,372円)
 事務手数料:700円
 工事費用:0円
 キャンペーン割引:0円
 キャッシュバック:▽30,000円
【セット割】スマホ1台につき月々934円〜2,000円
※全て税抜

ピカラ光|四国でauスマホを使っている人

auユーザーで四国(徳島・香川・愛媛・高知)に住んでいる人は、ピカラ光が一番お得に使えます。

光回線の中でも安いピカラ光は、auスマートバリューの対象になるので、auスマホ1台につき500~2,000円も安くなります

ピカラ光って本当に安いの?

では実際に、ピカラ光が安いのかどうか見ていきましょう。

例えば、家族で2台のauスマホ5GBプランを使っている場合、セット割で月々2,820円がスマホ代から割引されます。

この場合の実質支払額は以下のようになります。

1ヶ月目~2年目
ピカラ光の月額料金 5,000円
セット割のスマホ代割引 マイナス2,820円
ピカラ光実質月額料金 5,000円-2,820円=2,180円

この場合、ピカラ光の月額料金は実質2,180円となります。

かなり安く利用できるので家族でauスマホを使っているなら、間違いなくピカラ光が一番おすすめです。

ピカラ光のお得な申し込み窓口

ピカラ光の申し込みは、「代理店NEXT」から行うのが一番おすすめです。

公式サイトの申し込み特典は20,000円分の商品券ですが、代理店NEXTからだとキャッシュバックの振り込みで25,000円がもらえます。

サービス詳細
【通信速度】下り最大1Gbps
【プロバイダ】ピカラ光
【2年間の実質費用】83,000円
 月額料金:4,500円(電話プラン5,000円)
 事務手数料:0円
 工事費用:0円
 キャンペーン割引:0円
 キャッシュバック:▽25,000円
【セット割】スマホ1台につき月々934円〜2,000円
※全て税抜

auひかりちゅら|沖縄でauスマホを使っている人

沖縄に住んでいるauユーザーには、auひかりちゅらが一番お得です。

auひかりちゅらは、auひかりの沖縄版です。auスマートバリューの対象になるので、スマホ1台につき毎月500~2,000円が安くなります

auひかりちゅらの申し込み窓口

auひかりちゅらは、auショップまたは公式サイトから申し込めます。

キャンペーン内容はどちらも一緒なので、好きなほうで申し込みましょう。

サービス詳細
【通信速度】下り最大1Gbps
【プロバイダ】auひかりちゅら
【2年間の実質費用】112,560円
 月額料金:5,490円
 事務手数料:800円
 工事費用:0円
 キャンペーン割引:0円
 キャッシュバック:▽20,000円
【セット割】スマホ1台につき月々934円〜2,000円

auひかり|近畿・東海・四国・沖縄以外のauユーザー

近畿・四国・沖縄以外に住んでいるauユーザーは、auひかりが一番お得に使えます。

auスマートバリューの対象になるので、スマホ・携帯1台につき毎月500~2,000円が安くなります

auひかりって本当に安いの?

では実際に、auひかりが安いのかどうか見ていきましょう。

例えば、家族で2台のauスマホ5GBプランを使っている場合、セット割で月々2,820円がスマホ代から割引されます。

この場合の実質支払額は以下のようになります。

1ヶ月目~2年目
auひかりの月額料金 5,600円
セット割のスマホ代割引 マイナス2,820円
auひかり実質月額料金 5,200円-2,820円=2,780円

この場合、auひかりの月額料金は実質2,780円となります。

かなり安く利用できるので家族でauスマホを使っているなら、間違いなくauひかりが一番おすすめです。

auひかりのお得な申し込み窓口

auひかりの申し込み窓口で一番お得なのは、代理店「NNコミュニケーションズ」です。

申し込み窓口 キャッシュバック 受け取り時期
NNコミュニケーションズ(代理店) 50,000円 開通翌月
アウンカンパニー(代理店) 43,000円 開通翌月
公式サイト 10,000円 開通から2ヶ月後
auショップ 10,000円 開通から2ヶ月後
ヤマダ電機 30,000円 開通から2ヶ月後

NNコミュニケーションズから申し込むと、50,000円のキャッシュバックがもらえます。

auスマートバリューを受けるにはネットと電話両方の申し込みが必要なので、一番キャッシュバックの多いところから申し込むことで負担を減らせます。

サービス詳細
【通信速度】下り最大1Gbps
【プロバイダ】So-net
【2年間の実質費用】88,200円
 月額料金:5,600円
 事務手数料:3,000円
 工事費用:0円
 キャンペーン割引:0円
 キャッシュバック:▽50,000円
【セット割】スマホ1台につき月々934円〜2,000円
※全て税抜

NURO光|関東・近畿・東海に住んでいるソフトバンクユーザー

ソフトバンクユーザーで関東・近畿・東海に住んでいる人は、NURO光が一番お得に使えます。

NURO光は「おうち割」が受けられるので、ソフトバンクのスマホ・携帯1台につき月々500~1,000円安くなります

NURO光って本当に安いの?

では実際に、NURO光が安いのかどうか見ていきましょう。

例えば、家族2人でソフトバンクスマホのシェアパック20GBを使っている場合、セット割で月々2,000円がスマホ代から割引されます。

この場合の実質支払額は以下のようになります。

1ヶ月目~2年目
NURO光の月額料金 5,253円
セット割のスマホ代割引 マイナス2,000円
NURO光実質月額料金 5,253円-2,000円=3,253円

この場合、NURO光の月額料金は実質3,253となります。

かなり安く利用できるので、家族でソフトバンクスマホを使っているなら、間違いなくNURO光が一番おすすめです。

NURO光のお得な申し込み窓口

結論から言うと、NURO光は公式サイトから申し込むのが一番お得です。

申し込み窓口 キャッシュバック 受け取り時期 受け取り手続き
インソムニア(代理店) 32,000円 開通から5ヶ月後 2回
公式サイト 35,000円 開通から4ヶ月後 1回
Amazon 30,000円 開通から12ヶ月後 1回
アシタエクリエイト(代理店) 30,000円 開通の翌月 2回
ノジマ(家電量販店) 20,000円 開通から6ヶ月後 1回

代理店からの申し込みは、高額ですが受け取り手続きが複雑です。手続きを失敗してしまうとキャッシュバックをもらえない可能性もあるため、おすすめしません

ですので、キャッシュバックが必ずもらえる公式サイトから申し込みましょう。

サービス詳細
【通信速度】下り最大2Gbps
【プロバイダ】NURO光
【2年間の実質費用】81,620円
 月額料金:4,753円(電話プラン5,253円)
 事務手数料:3,000円
 工事費用:0円
 キャンペーン割引:0円
 キャッシュバック:▽35,000円
【セット割】スマホ1台につき月々500円〜1,000円
※全て税抜

ソフトバンク光|関東・近畿・東海以外に住んでいるソフトバンクユーザー

関東・関西・東海以外に住んでいるソフトバンクユーザーには、ソフトバンク光がおすすめです。

ソフトバンク光は「おうち割」が受けられるので、ソフトバンクスマホが1台につき月々500~1,000円も安くなります

ソフトバンク光って本当に安いの?

では実際に、ソフトバンク光が安いのかどうか見ていきましょう。

例えば、家族2人でソフトバンクスマホのシェアパック20GBを使っている場合、セット割で月々2,000円がスマホ代から割引されます。

この場合の実質支払額は以下のようになります。

1ヶ月目~2年目
ソフトバンク光の月額料金 5,700円
セット割のスマホ代割引 マイナス2,000円
ソフトバンク光実質月額料金 5,700円-2,000円=3,700円

この場合、ソフトバンク光の月額料金は実質3,700となります。

かなり安く利用できるので、ソフトバンクのスマホを家族が使っているなら、間違いなくソフトバンク光が一番おすすめです。

ソフトバンク光のお得な申し込み窓口

ソフトバンク光は、代理店エンジンから申し込むのが一番お得です。

申し込み窓口 キャッシュバック 受け取り時期 受け取り方法
エンジン代理店)    32,000円  開通から2ヶ月後 口座振込
NEXT(代理店) 28,000円 開通から2ヶ月後 口座振込
アウンカンパニー(代理店) 28,000円 開通から2ヶ月後 口座振込
ヤマダ電機 24,000円 開通から6ヶ月後 店頭受取
公式サイト 0円 なし なし
ソフトバンクショップ 0円 なし なし

エンジンからの申し込みは、高額キャッシュバックを簡単にもらうことができます

ソフトバンク公式からも表彰されている申し込み窓口なので、代理店での契約が初めてという人も代理店エンジンからの申し込みがおすすめです。

サービス詳細
【通信速度】下り最大1Gbps
【プロバイダ】Yahoo!BB
【2年間の実質費用】95,800円
 月額料金:5,200円(電話プラン5,700円)
 事務手数料:3,000円
 工事費用:24,000円(フレッツ光からの転用は不要)
 キャンペーン割引:0円
 キャッシュバック:▽32,000円
【セット割】スマホ1台につき月々500円〜1,000円
※全て税抜

地域最安値の光回線|格安スマホを使っている人

格安スマホを使っている人は、住んでいる地域で実質費用の一番安い光回線を使うのがおすすめです。

実質費用の安い光回線

それぞれの地域で、もっとも実質費用の安い光回線は次のとおりです。

  • 関東(東京・神奈川・埼玉・千葉・茨城・栃木・群馬)の人は、NURO光
  • 近畿(大阪・兵庫・京都・奈良・滋賀)の人は、NURO光
  • 和歌山・福井の人は、eo光
  • 東海(愛知・岐阜・三重・静岡)の人は、NURO光
  • 四国(徳島・香川・愛媛・高知)の人は、ピカラ光
  • 沖縄の人は、ドコモ光
  • それ以外の人は、auひかり

上記のリンク先から、一番お得な申し込みページに移動できます。

まとめ

光回線は、お使いのスマホと住んでいる地域から選ぶと安く使えます。

また申し込みはネットからすることで、より多くのキャッシュバックがもらえます。

自分にぴったりの光回線を選んで、快適なネットライフを過ごしてくださいね♪

5つの質問で、ぴったりのインターネット回線がわかる!

こういったことで困っていませんか?

スマホの速度制限によくひっかかる
引っ越しでネット回線を引きたい
ネット回線を1番安く契約したい
通信費をもっと安くしたい

これらの悩みは、以下の診断で解決できます!!

SNSでもご購読できます。