ケーブルテレビ(CATV)のインターネットは遅い?!おすすめできない2つの理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

引越しなどで、ケーブルテレビ(CATV)のネットを使おうかなと検討されていますね。

ケーブルテレビは、アンテナを使わずに有線でネットやテレビが楽しめるサービス。

チラシが入っていたり、訪問販売などで「ご近所の人はみんな使ってますよ」と聞くと、つい気になってしまいますよね。

しかし2019年現在、ケーブルテレビでネットを契約するのはおすすめしません。

理由はシンプルで、速度が出ないわりに料金も高いから!

この記事では、ケーブルテレビのネットを使わないほうがいい理由と、じゃあ何を選べばいいのか、おすすめのインターネットをお伝えします。

目次

1.ケーブルテレビのインターネット
2.おすすめしない2つの理由
3.結論!ケーブルテレビのネットはおすすめしない
4.基本的にネットは光回線を使おう

1.ケーブルテレビ(CATV)のインターネット

ケーブルテレビ(CATV)のネットは、ケーブルテレビ局からテレビと同じケーブルを通して、インターネットの電波が届くサービスです。

山間部など電波が届きにくいところや、立地の都合で光回線の工事ができない場所では、テレビやネットを見る唯一の手段になることもあります。

そんなケーブルテレビは、国内でも約3,000万世帯で利用されています。(2019年現在)

ケーブルテレビが人気の理由は?

そもそも、ケーブルテレビが人気の理由はなんなのでしょうか?それは次の3つです。

アンテナを立てずにテレビが見られる

ケーブルテレビはアンテナが不要なので、新築の家にアンテナを立てたくない人や、離島や観光地など、立地の都合でアンテナを立てられない人に選ばれています。

さまざまなチャンネルを楽しめる

さまざまな映画や音楽・スポーツなどの専門チャンネルを見ることができます。また、テレビ局が少ない地域で、チャンネルを増やしたい人なども契約しています。

テレビとネットのセットで安くなることも

ケーブルテレビとネットの両方を契約すると、お得になるキャンペーンが受けられる会社も多いです。

たとえばCATVでもっとも有名なJ:COMは、ネットとテレビをセットで契約したほうが、ネットだけで使うよりも料金は安くなります。

2.ケーブルテレビのネットをおすすめしない理由2つ

このように、ネットやテレビを楽しめて魅力的なケーブルテレビですが、インターネットサービスはというと、個人的にはあまりおすすめできません。

なぜなら、ケーブルテレビのネットは「ホームページを見る」くらいの使い方の人ならかまいませんが、動画やオンラインゲームなどを楽しみたい人にとっては、速度や料金の面で不安があるからです

どういうことか、実際に使っている人の口コミと合わせて、くわしく見ていきましょう。

理由1.最大速度が遅い

そもそもケーブルテレビのネットは、最大速度が遅いです。その理由は、インターネット専用のケーブルを使っていないから。

ケーブルテレビの中でもっとも有名なJ:COMイッツコムと、ほかの光回線と速度を比較してみました。

回線の種類ケーブルテレビ光回線
名称
下り最大速度320Mbps160Mbps1,000Mbps1,000Mbps1,000Mbps
上り最大速度10Mbps10Mbps1,000Mbps1,000Mbps1,000Mbps

(※1000Mbps=1Gbps=1ギガ)

まず、下り最大速度(ダウンロード)とは、速ければ速いほど動画がスムーズに見れます。ケーブルテレビのネットの下り最大速度は、じつは光回線の3分の1しかありません

さらに上り最大速度(アップロード)は、なんと光回線の100分の1。こちらはメールや写真を送るときに必要で、仕事やSNSをする場合はとくに多いほうが安心です。

こんなにも速さが違うと、「満足に使えるのかな?」と不安になってしまいますよね…。

そこで、実際にケーブルテレビのネットを利用している人の口コミを調査してみました。

ケーブルテレビのネットはやっぱり遅い

上記のように、ケーブルテレビのネットは、このように速度が遅い、つながらないという口コミがたくさんありました。

下り速度(ダウンロード)はそこそこ出ていても、上り速度(アップロード)がとくに遅いため、動画のアップロードなどをする人は不便を感じることが多いようです。

オンラインゲームはさらに厳しい

また、オンラインゲームを快適にプレイするのは難しい、との声も聞かれます。

このように、ゲームに必要なダウンロードがそもそも終わらなかったり、タイムラグがあってまともにプレイできないという声も多くありました。

Webサイトを見る、メールのやりとりをする程度の使い方なら問題ありませんが、動画やゲームをサクサク楽しみたい人には、やっぱり速度がネックになっているようです。

※ケーブルテレビのネットが遅い理由は、「同軸ケーブル」というテレビと共通のケーブルを使って電波を流しているから。光ファイバーではないため、どうしても速度は遅くなります。

理由2.月額料金が高い

ケーブルテレビのネットをおすすめしないもう一つの理由は、月額料金が高いからです。

回線の種類ケーブルテレビ光回線
名称
月額料金6,000円6,000円5,200円5,600円5,200円

ケーブルテレビのネットの月額料金は、平均すると約6,000円。光回線より、毎月500円ほど高くなります。

さらに光回線の下り最大速度は1Gbps、ケーブルテレビは320Mbpsです。速度は3分の1なのに、料金は高い…というと、なんだか損をした気分になってしまいますよね。

同じ金額を払うなら、より快適に使える光回線を選んだほうが、ネットをする上でのストレスはなくなります。

J:COMイッツコムなどでも1Gbpsのプランはありますが、ケーブルテレビではなく光回線のため、利用できるのは東京都や神奈川県など一部の地域に限られます。

ケーブルテレビのネットはやっぱり高い

実際に使っている人の中でも、つぎのように「高い」という口コミが多く見られました。

このように、ケーブルテレビのネットは、利用者も高いと感じているようです。

高い料金を払っているのに、YouTubeが止まってばかりで見れなかったり、ゲームも切れてばっかりでは、おそらく使っていてもイライラすることが増えてしまいます

「いくら料金が安くても、遅いのはイヤ!」という人は、ケーブルテレビのネットよりも光回線がおすすめです。

3.結論!ケーブルテレビのネットはおすすめしない

結論として、ケーブルテレビのネットは遅くて高いので、やはりおすすめしません。

とくにつぎのような人は、使ってもストレスを感じる可能性が高いです。

  • 家族2人以上で、別々に動画を見たい人
  • オンラインゲームや、SNSで動画のアップロードをしたい人
  • パソコンに詳しく、自分でいろいろ設備をととのえたい人

基本的にケーブルテレビのネットは、光回線がエリア外で使えない人のための選択肢、と思ってください。

じつは日本全体で見ると、光回線がエリア外の人は5%もいません。なので95%以上の人は、ネットを快適に使いたいなら光回線を検討しましょう!

逆に、ケーブルテレビのネットがおすすめな人は?

  • 家の立地の都合でどうしても光回線をひけない人
  • 動画のアップロードやゲームはほとんどしない人
  • ネットサーフィンやメールチェックなどがメインの人

上記にあてはまるなら、ケーブルテレビのネットを使っても大丈夫です。

4.基本的にネットは光回線を使おう!

2019年現在、インターネットをするなら、やっぱり光回線がおすすめです。

なぜなら、これからネットをするのに必要なギガ数はどんどんふえていくから。

普及率の上昇に伴い、インターネットのデータ受信量は増加の一途だ。(中略)通信量急増の最大要因は大容量データを消費する動画配信市場の拡大だ。

参照:日本経済新聞(https://r.nikkei.com/article/

このように、近年では動画のコンテンツが一気にふえてきています。

広告なども含めてネット動画の質はどんどん上がっていくため、近いうちにケーブルテレビの速度では再生できないケースもふえてくると考えられます

ネットは長く使うものなので、せっかく契約するなら、これからの時代に対応したサービスの光回線を選んでいきましょう!

さらに光回線なら、スマホの割引も受けられる

さらに光回線は、利用しているスマホとセットで使うと、割引が受けられるものがあります。

次に、キャリアとのスマホ割が受けられる光回線をまとめてみました。

 光回線スマホ割
フレッツ光なし
ドコモ光ドコモシェアパックのデータ量に応じて
▲100円~3,200円/月
ソフトバンク光ソフトバンク/ワイモバイルのスマホ代から
一台あたり▲500円~1,000円/月
ビッグローブ光auのスマホ代から
一台あたり▲500円~1,000円/月

どのキャリアでも、家族で使っている人数が多ければ多いほど、割引額も高くなります。家族の2人以上でキャリアをそろえていれば、毎月2,000円以上安くなるケースもあります

ちなみにケーブルテレビの場合、スマホ割が受けられるのはauの人だけ。

なのでドコモやソフトバンクを使っている人は、ケーブルテレビよりも光回線を契約したほうが、もともと安いうえに割引があるのでお得に使えます。

2019年現在のお得な光回線はこれ!

さいごに、使っているスマホ別に探せる、おすすめの光回線を紹介します。

簡単に2クリックでおすすめ光回線が知りたい人はこちら

住居タイプ戸建てマンション
ドコモを使っている人はこちらこちら
au・格安スマホを使っている人はこちらこちら
ソフトバンクを使っている人はこちらこちら

ユーザーが選ぶべき光回線はこれ!(戸建タイプ)

携帯の所持台数
~2台までの方

住んでいるエリア
関東

ドコモ光がエリア外の場合、

NURO光
がおすすめです

住んでいるエリア
関西

ドコモ光がエリア外の場合、

NURO光
がおすすめです

住んでいるエリア
東海

ドコモ光がエリア外の場合、

NURO光
がおすすめです

住んでいるエリア
沖縄

ドコモ光がエリア外の場合、

ビッグローブ光
がおすすめです

住んでいるエリア
その他

ドコモ光がエリア外の場合、

ビッグローブ光
がおすすめです

携帯の所持台数
3台以上の方

住んでいるエリア
関東
住んでいるエリア
関西
住んでいるエリア
東海
住んでいるエリア
沖縄
住んでいるエリア
その他
全国

携帯の所持台数
1台以上の方

住んでいるエリア
関東

auひかりがエリア外の場合、

ビッグローブ光
がおすすめです

住んでいるエリア
関西

eo光がエリア外の場合、

ビッグローブ光
がおすすめです

住んでいるエリア
東海

コミュファ光がエリア外の場合、

ビッグローブ光
がおすすめです

住んでいるエリア
沖縄

auひかり ちゅらがエリア外の場合、

ビッグローブ光
がおすすめです

住んでいるエリア
その他

auひかりがエリア外の場合、

ビッグローブ光
がおすすめです

携帯の所持台数
1台の方

住んでいるエリア
関東

NURO光がエリア外の場合、

SoftBank光
がおすすめです

住んでいるエリア
関西

NURO光がエリア外の場合、

SoftBank光
がおすすめです

住んでいるエリア
東海

NURO光がエリア外の場合、

SoftBank光
がおすすめです

住んでいるエリア
沖縄

SoftBank光がエリア外の場合、

auひかり ちゅら
がおすすめです

住んでいるエリア
その他

携帯の所持台数
2台以上の方

住んでいるエリア
関東

NURO光がエリア外の場合、

SoftBank光
がおすすめです

住んでいるエリア
関西

NURO光がエリア外の場合、

SoftBank光
がおすすめです

住んでいるエリア
東海

NURO光がエリア外の場合、

SoftBank光
がおすすめです

住んでいるエリア
沖縄

auひかり ちゅらがエリア外の場合、

SoftBank光
がおすすめです

住んでいるエリア
その他

auひかりがエリア外の場合、

SoftBank光
がおすすめです

各社のロゴマークをクリックすると、もっともお得な申し込み窓口に移動します(2019年11月更新)

 

ユーザーが選ぶべき光回線はこれ!(マンションタイプ)

携帯の所持台数 ~2台までの方

住んでいるエリア関東

ドコモ光がエリア外の場合、 NURO光 がおすすめです

住んでいるエリア関西

ドコモ光がエリア外の場合、 eo光 がおすすめです

住んでいるエリア東海

ドコモ光がエリア外の場合、 コミュファ光 がおすすめです

住んでいるエリア沖縄

ドコモ光がエリア外の場合、 ビックローブ光 がおすすめです

住んでいるエリアその他

ドコモ光がエリア外の場合、 ビックローブ光 がおすすめです

携帯の所持台数 3台以上の方

住んでいるエリア関東
住んでいるエリア関西
住んでいるエリア東海
住んでいるエリア沖縄
住んでいるエリアその他
全国

携帯の所持台数 1台以上の方

住んでいるエリア関東

auひかりがエリア外の場合、 ビッグローブ光 がおすすめです

住んでいるエリア関西

eo光がエリア外の場合、 ビッグローブ光 がおすすめです

住んでいるエリア東海
住んでいるエリア沖縄
住んでいるエリアその他

auひかりがエリア外の場合、 ビッグローブ光 がおすすめです

携帯の所持台数 1台の方

住んでいるエリア関東

NURO光がエリア外の場合、 SoftBank光 がおすすめです

住んでいるエリア関西

NURO光がエリア外の場合、 SoftBank光 がおすすめです

住んでいるエリア東海

NURO光がエリア外の場合、 SoftBank光 がおすすめです

住んでいるエリア沖縄

SoftBank光がエリア外の場合、 auひかり ちゅら がおすすめです

住んでいるエリアその他

携帯の所持台数 2台以上の方

住んでいるエリア関東

NURO光がエリア外の場合、 SoftBank光 がおすすめです

住んでいるエリア関西

NURO光がエリア外の場合、 SoftBank光 がおすすめです

住んでいるエリア東海

NURO光がエリア外の場合、 SoftBank光 がおすすめです

住んでいるエリア沖縄

auひかり ちゅらがエリア外の場合、 SoftBank光 がおすすめです

住んでいるエリアその他

auひかりがエリア外の場合、 SoftBank光 がおすすめです

各社のロゴマークをクリックすると、もっともお得な申し込み窓口に移動します(2019年11月更新)

 

表示されたロゴをクリックすると、今月もっともお得な申し込み窓口に移動します。

ネット回線の乗り換えを本格的に考えている人はこちら

以下のページにて、もっともお得な光回線が、理由とともにわかります。

元販売員が光回線150社を比較!2019年11月あなたにおすすめが分かる

お得なキャンペーンも情報含めて、毎月更新しています!

まとめ

ケーブルテレビのネットは、遅いわりに料金も高いので、とくに動画やゲームを楽しみたい人にはおすすめできません。

たまにネットサーフィンを楽しむくらいの人なら問題ありませんが、それ以外の人は光回線を選んだ方がストレスなく使えます。

自分の使い方にあったサービスを選んで、快適なネットライフを楽しんでくださいね♪

5つの質問で、ぴったりのインターネット回線がわかる!

こういったことで困っていませんか?

スマホの速度制限によくひっかかる
引っ越しでネット回線を引きたい
ネット回線を1番安く契約したい
通信費をもっと安くしたい

これらの悩みは、以下の診断で解決できます!!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*