最安値!私がGMOのWiMAXを選ぶ理由と3つの注意点

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

GMOとくとくBBのWiMAXが、安くて良さそうと思っていますね。

WiMAXのプロバイダは20社以上ありますが、GMOとくとくBBはその中で最も安くWiMAXを利用できるプロバイダです。しかし、キャッシュバックをもらうための申請手続をしないともらえないという注意点があります。

ここでは、大手プロバイダ5社と契約している私が、GMOとくとくBBをおすすめする理由と3つの注意点をお伝えします。

1.GMOとくとくBBとは

GMOとくとくBBは、東証一部上場企業のGMOインターネット株式会社が運営しているプロバイダです。

20社以上あるWiMAXのプロバイダの中でも一番キャッシュバック額が多く契約期間である3年のトータル費用が最安。価格.comでも1位〜3位を独占しています。(2018年2月現在)

※トータル費用=事務手数料+初月料金+月額料金−キャッシュバック

【プロバイダ5社比較】GMOとくとくBBなら最大3万円以上もおトク!

とくに人気のプロバイダである下記5社で比較した場合、GMOとくとくBBなら3年間のトータル料金を1〜3万も安く抑えられます。

  • GMOとくとくBB
  • Broad WiMAX
  • BIGLOBE
  • So-net
  • UQ WiMAX

ちなみにプロバイダによって通信速度や対応エリア、速度制限のルールに違いはありません。なので、最も安くWiMAXを使える「GMOとくとくBB」で申し込みましょう。

こうして比較すると、GMOとくとくBBはUQ WiMAXに比べて約3万円安いです。

1ヵ月あたりの費用として計算すると約3,300円となり、20社以上あるWiMAXプロバイダの中で最安値です。

ちなみに、あとで説明しますが、GMOとくとくBBには契約プランが2年と3年があり、2年契約ならもっと安くWiMAXを使えます。

2.GMOとくとくBBの口コミ・評判

「GMOとくとくBBを実際に使ってみてどうなのか?」という他の人の意見も気になりますよね。

そこで、Twitterを使って2017年に投稿された口コミを以下の検索キーワードで調べてみました。

全体として、通信速度や20日返品の制度に満足している声が多い一方で、キャッシュバックがもらいにくいと言う声も見られました。

ここからは、具体的な口コミを一部抜粋して解説していきます。 

2-1.良い口コミ

良い口コミとしては、

・通信速度が快適
・速度制限がゆるくて助かる
・20日以内なら違約金がかからないのが安心

という意見が見られました。

速度が快適

WiMAXなら、どのプロバイダで契約しても通信速度は回線元サービスであるUQ WiMAXと同じです。そのため、動画もスムーズに見れます。

速度制限がゆるい

GMOとくとくBBの速度制限は、3日で10GB以上利用したときのみ。ギガ放題プランなら月間通信制限がないので、インターネットをたっぷり利用できます。

制限中は、通信速度が下り約1Mbpsに制限されます。この速度は、YouTube(標準画質)が止まらず見られるレベル。しかも、速度制限は夜間(18時〜深夜2時頃まで)のみなので、かなりゆるい制限です。

20日返品など、対応が良い

GMOとくとくBBは、申込みから20日以内なら解約違約金無料でキャンセルできます。これは万が一つながらなかった場合に安心ですね。契約後に無料で解約できるのは、GMOとくとくBBだけです。

2-2.悪い口コミ

悪い口コミとしては、

・電話がつながりにくい
・キャッシュバックがもらいにくい

という意見が多く見られました。

電話がつながりにくい

私も実際にかけてみましたが、GMOとくとくBBの電話窓口はUQ WiMAXに比べて有料通話で受付時間が短く、待機時間がかかるように感じます。

WiMAXは、スマホやパソコンなどと違ってオンオフ以外でほとんど操作しないので故障などのトラブルは少ないです。なので、電話がつながりにくいという点はさほど気にする必要はないでしょう。

キャッシュバックがもらいにくい

 GMOとくとくBBは、キャッシュバックを受け取りづらいという口コミがあります。

受け取り損ねたらせっかく最安値のプロバイダを選んだ意味がありません。なので、キャッシュバックの受け取り方については後ほどくわしく説明します。

3.GMOとくとくBBを申し込む前に知るべき3つの注意点

WiMAXは最も安く利用でき、通信速度も速いGMOとくとくBBですが、契約してから「こんなはずではなかった・・・」と後悔しないために、次の3つのポイントに注意してください。

  • キャッシュバック
  • 契約期間
  • 解約時

3−1.キャッシュバック

キャッシュバックを忘れやすい

money

GMOとくとくBBのキャッシュバックは、他のプロバイダよりも多い分、受け取るためには所定の手続きをしなければなりません。

キャッシュバック特典は、端末お受け取り月を含む11か月目に基本メールアドレス宛にキャッシュバック特典の振込に関するご指定口座確認のご案内メールを送信し、ご返信があった翌月末日(営業日)にご指定の口座に振り込みます。基本メールアドレスはGMOとくとくBBへのご入会時にお作りいただくメールアドレスとなります。キャッシュバックのお受け取りに関してはキャッシュバック特典の振込に関するご指定口座確認のご案内メールをご確認ください。
キャッシュバックについて|GMOとくとくBB

末の受け取り月を含む11カ月目に、GMOとくとくBBから与えられた基本メールアドレス宛に届く「ご指定口座確認通知メール」から振り込み口座を登録します。すると翌月最終営業日ご指定の口座に振り込まれます。

契約してから約1年後、しかもおそらく使わないであろうGMOのメールに通知が届くので、多くの人が手続きを忘れてしまいます。さらに、通知メールが届いた月の翌月末までに手続きをしなければ、キャッシュバックが失効してしまうんです・・・。

手続きを忘れやすいというのは確かですが、正しく手続きをすれば必ずキャッシュバックされるので、Googleカレンダーのようにあらかじめ予定を登録しておけるカレンダーを活用して忘れないようにしておきましょう。

詳しくは知らないと損!WiMAXで最大のキャシュバックを得る方法をご覧ください。

また、どうしてもキャッシュバックをもらえるか心配な人には、月額料金が安くなるプランがおすすめです。これなら、キャッシュバック額に換算すると約2万円の割引を手続き不要で受けられます。

キャッシュバックは新規契約に限られる

対象:期間内に「GMOとくとくBB WiMAX 2+接続サービス」をお申し込みいただいた、GMOとくとくBB新規ご入会の方
キャンペーンについて|GMOとくとくBB

キャッシュバックキャンペーンを受けられるのは、GMOとくとくBBでWiMAXを新規で申し込んだ人だけです。過去に1度でもGMOとくとくBBで契約したことがある場合、キャッシュバック対象外になる可能性があります。

もし、どうしてもGMOとくとくBBでもう一度契約したい場合、家族の別の人に契約してもらう以外に方法はありません。

私が電話で確認したところ、以前に「キャッシュバックキャンペーン」を利用した人でも、月額料金割引キャンペーン」は申し込めるとのことです。これはありがたいですね!

3−2.契約期間

GMOとくとくBBでは、契約期間が2年のプラン3年のプランがあります。

おすすめは2年プランです。なぜなら、3年プランには以下2つのデメリットがあるからです。

3年間も同じ端末を使い続けなければならない

WiMAXは、どのプロバイダでも契約中に機種変更することができません。

なので、新しい機種にする場合は現在のプロバイダを解約し、別のプロバイダと新規契約する必要があります。

3年契約だと、違約金がかからずに解約するまで3年間も同じ端末を使わなければなりません。

スマホと同じようにWiMAX端末も3年使えばバッテリーの持ちが悪くなってしまいます。

それなら、2年後に無料解約できるプランを選び、2年ごとに最新端末へ乗り換えたほうが良いですよね。

3年プランは2年プランよりもトータル費用が高くなる

GMOとくとくBBは、最新端末W05を2年プランで契約できる数少ないプロバイダです。

2018年に入り、WiMAXの多くのプロバイダが3年プランに移行し始めています。しかし、2年プランのほうが圧倒的にお得なので、2年プランが選べるうちは2年プランを選びましょう。

3年プランのメリット

3年プランは、au回線を利用する”LTEオプション”が無料で使えます。(通常は使った月だけ1,005円)。このオプションを使うと月間データ量に制限がかかるので、基本的にはおすすめしません。

3-3.解約時

kaiyaku

解約方法

GMOとくとくBBでは、契約更新月の解約はWEB上で手続きできますが、それ以外の月だと解約申請書を郵送しなければなりません。

BIGLOBEやUQ WiMAXならWEB上や電話で解約できるので、GMOとくとくBBの解約は少し手間がかかりますね。

解約方法は、ウェブページから「解約申請書」をダウンロードして必要事項を記入して20日必着でGMOとくとくBB郵送すると当月末に解約できます。20日を過ぎると翌月解約扱いになってしまいます。

また、モバイルルーター自体は返却する必要はありませんが、SIMカードはレンタルなので解約手続きをした後、解約月の翌月末までにSIMカードをGMOとくとくBBに送る必要があります。もしSIMカードの返送が確認出来なかった場合、3,000円(税抜)のSIM損害金をご請求される場合があります。

契約解除料

GMOとくとくBBの契約は、2年(または3年)の自動更新です。契約期間内に解約すると、下記の契約解除料がかかります。なお、端末代は一括0円なので、期間内に解約しても一切請求されないので安心してください。

キャッシュバックキャンペーンで申し込んだ場合

・2年プラン
1ヶ月目~24ヶ月目までの解約の場合:24,000円(税抜)
25ヶ月目に解約の場合:0円
26ヶ月目以降に解約の場合:9,500円(税抜)

・3年プラン
1ヶ月目~24ヶ月目までの解約の場合:24,000円(税抜)
25ヶ月目以降:9,500円(税抜)
37ヵ月目:0円

月額料金割引キャンペーンで申込んだ場合

・2年プラン
1ヶ月目~12ヶ月目までの解約:19,000円(税抜)
13ヶ月目~24ヶ月目までの解約:14,000円(税抜)
25ヶ月目に解約の場合:0円
26ヶ月目以降に解約の場合:9,500円(税抜)

・3年プラン
1ヶ月目~12ヶ月目までの解約:19,000円(税抜)
13ヶ月目~24ヶ月目までの解約:14,000円(税抜)
25ヶ月目以降:9,500円(税抜)
37ヵ月目:0円

なるべく更新月で解約できるように、Googleカレンダーなどで忘れないように管理しておくようにしましょう。


以上3つの注意点に気をつける必要があるものの、GMOとくとくBBはWiMAXを使うなら一番おトクに申し込めるのでおすすめです。

3.申し込みの流れ

対応エリアを確認

必ず提供エリアはこちらで確認ください。申し込んだ後に使えなかったということがないように、自宅はもちろんのこと、職場など利用する地域エリアも確認しましょう。

それでも不安な人は、WiMAXルーターを無料レンタルして使い勝手を試すこともできます。詳しくはWiMAXを無料で15日間お試しする方法と3つ疑問を解決を参考にしてください。

申し込み

申し込みは以下のプロバイダ公式サイトから申し込みましょう。

最大35,200円キャッシュバックで、とにかく安く利用したい人はこちら

月額料金が安いプランで、毎月の支払いを抑えたい人はこちら

プランを選択

プランは「通常プラン3,609円(税抜)」か「ギガ放題プラン4,263円(税抜)」で選べます。

通常プランは、データ量が月間7GBを超えると128kbpsとネットサーフィンなどの普段使いにもストレスのかかる速度制限がかかります。

ギガ放題プランは、データ量の月間制限がないため動画サービスをなどをたっぷり楽しめます。

どのくらい使うか分からない人はとにかく「ギガ放題プラン」に申し込みましょう。

なぜなら、ギガ放題プランで申し込むと、初めの2ヵ月は通常プランの料金で使え、後から無料で、通常プランに変更もできるからです。どのくらい使うのか試してから判断してみると良いでしょう。

契約期間は2年にしよう

WiMAXの契約期間は2年と3年があり、端末やプロバイダによって異なります。3年の方がキャッシュバックは高いものの、2年毎に見直したほうがお得です。GMOとくとくBBなら、最新端末W05が2年契約できます。

データ端末を選択

端末はW05をおすすめします。

「W05」をおすすめする理由は以下の3つ

・キャッシュバックが高額
・バッテリーの持ち時間が長い
・最低利用期間が2年

W05は、人気端末W03,W04と同じくファーウェイ(HUAWEI)製。今回のW05も注目度No.1です。GMOとくとくBBでW05を選ぶと、2018年2月は35,200円のキャッシュバック(2年プランなら32,100円)

間違いなく、今もっともおすすめできる端末です。

WX04はおすすめしない

NECの最新端末であるWX04は、価格.comのユーザー満足度を見てみると、「動きがもっさりしている」「電波が入りにくい」といった辛口コメントが多く見られました。

2年契約もできないので、WX04を選ぶのはおすすめしません。

端末の到着時期

toutyaku

WiMAX端末機器はお申し込みから「4営業日後より順次発送」となります。私は大阪在住ですが、申し込みから約1週間後に届きました。

Wi-Fi接続する

SIM set

WiMAX 2+端末に設定マニュアルが同梱されているので、それを参考に5分もかからずインターネットに接続できます。

auスマホを利用している人は月934円お得に

auスマホを利用している人は、モバイルルーターと組み合わせると、月々のスマホ代が最大934円安くなります。

手続きは、GMOとくとくBBの会員サポートページから申請をして、近くのauショップで申し込めます。年間2万円以上もお得になるのでぜひ利用してくださいね。
詳しくは、auスマートバリューmineをご覧ください。

まとめ

GMOとくとくBBは、2018年2月現在、最も安くWiMAXを使えるプロバイダです。

  • キャッシュバックの手続きは11ヵ月後
  • 2年プランの方がお得
  • 契約更新月に解約する

絶対に損しないために、以上3つのポイントに注意してください。


5つの質問で、ぴったりのインターネット回線がわかる!

こういったことで困っていませんか?

スマホの速度制限によくひっかかる
引っ越しでネット回線を引きたい
ネット回線を1番安く契約したい
通信費をもっと安くしたい

これらの悩みは、以下の診断で解決できます!!

SNSでもご購読できます。