自宅のWiFiにおすすめ!手軽に使えるホームルーターL01sを徹底解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

自宅で使えるWiFiをお探し中ですね。

「月末になるといつもスマホのギガが足りないで自宅ではWiFiを使いたい。でも、光回線だと開通工事が面倒・・・。」

そんなお悩みを持つあなたには、WiMAXの「Speed Wi-Fi HOME L01s(以下:L01s)」がおすすめです。

L01sというホームルーターは、届いたらコンセントにつなぐだけ。あとはスマホやパソコン側でWiFiのかんたんな受信設定をするだけでネットが使えるようになります。

当記事では、通信業界に携わる私がなぜ自宅WiFiとしてL01sをおすすめするのか。その理由を、同様のサービスであるSoftBank Airと比較していきます。

また、L01を少しでも安心&安く契約する方法も徹底解説

ぜひ参考にしてください。

1.まずは結論!自宅WiFiのおすすめWiMAX L01s

L01sとは、ポケットWiFiで有名なWiMAXから発売されている据え置き型のWiFiルーターのことです。上の写真のように、見た目はおしゃれな小型空気清浄機やアロマポット風なのでインテリアにもぴったり。(※写真は前機種L01のものですが、全面のデザインは同じです)

宅内に置いて使うルーターで、ポケットWiFiよりも広い範囲に電波が届きます。しかもコンセントに挿しっぱなしOKなので、バッテリー残量を気にすることなくいつでもネットが使えます。

L01sは、WiMAXの最新規格である最大440Mbpsの高速通信に対応しています。なので動画や音楽サービスもたっぷり楽しめます。

L01との違い

L01sは、前機種であるL01とほとんど変わりません。変更点は、SIMカードのサイズ変更で本体が少し軽くなったこと。また、背面のケーブルをつなぐ部分の色が変わったことです。

L01sの詳細

商品名:Speed Wi-Fi HOME L01s
製造元:HUAWEI
サイズ:高さ93mm×幅93mm
重量:約450g
通信速度:受信最大440Mbps、送信最大30Mbps
電波帯域:2.4Ghlz/5Ghlz
WiFi規格:802.11a/b/g/n/ac
無線LAN同時接続台数:最大40台(2.4GHz:20台、5GHz:20台)

WiMAXの詳細(GMOとくとくBB)

事務手数料:3,000円
L01sの端末代:0円
初月料金:3,609円の日割り
1〜2ヵ月目:3,609円
3ヵ月目以降:4,263円
キャンペーン(2018年8月):34,000円キャッシュバック(2年プランは32,000円)
端末の発送日:最短翌日発送
公式サイトはこちら

光回線とは異なるサービス

自宅WiFiというと、まず光回線が思い浮かぶかもしれません。

光回線は通信速度が最大1Gbpsと高速で、しかも安定感があります。なので、超高画質の動画を見たい人や、シビアな操作が求められるオンラインゲームをしたい人なら光回線が最もおすすめの自宅WiFiです。

でも、回線の工事が必要だったり、開通までに時間がかかったりするので、すべての人におすすめできるわけではありません。

以下に当てはまる場合、私はL01sを自宅WiFiとしておすすめします。

  • 回線工事で家に他人を入れたくない
  • とにかく早くネットが使えるようにしたい
  • 少人数(一人暮らしや夫婦)でしかネットを使わない

ルーターが届いたらコンセントに挿すだけでネットが使える。そんな自宅WiFiには、L01sの他に、SoftBank Airがあります。

もしかすると、あなたもネットやソフトバンクショップの広告で見たことがあるかもしれません。

ではなぜL01の方がおすすめなのか、2サービスを徹底比較しながら次に解説していきます。

2.WiMAX L01sをおすすめする3つの理由

最初に、両サービスの特徴を一覧表にまとめました。
※参考までに固定回線代表として光回線の中で価格の安いSoftBank光も比較しています。

WiMAX L01sとSoftBankAirは、どちらも工事不要ですぐに使える自宅WiFiなので、簡単にネットを使いたい人にとって魅力的なサービスです。

どうして私が2サービスの中でL01を選んだのかというと、その理由は以下の3つです。

  • トータル費用が安い
  • 速度制限のルールがはっきりしている
  • 契約期間が2年更新

ひとつずつ、くわしく説明していきます。

理由1.トータル費用が安い

WiMAX L01sは、実際に支払う料金がSoftBank Airよりも安いです。

ネットサービスは、月額料金の他に契約事務手数料端末代が必要です。また、キャッシュバックキャンペーンでお金が戻ってくることもあります。

なので、月額料金だけで比較しても、本当にお得かどうかはわかりません。

契約期間内に必要な費用を合計し、キャンペーンでキャッシュバックされる額を差し引いたトータル費用で比較しましょう。

特に各サービスの費用で注目すべきは端末代とキャンペーン、解約時にかかる費用です。

端末代

WiMAXのプロバイダであるGMOとくとくBBでは、L01sがなんと無料!これは、スマホ契約でよく見られる「実質無料」ではなく「完全無料」なので、途中で解約しても一切端末代を請求されません。

それに対し、SoftBank Airのルーターは実質無料。つまり、契約期間中は端末代に相当する額が割り引かれるので費用はかかりませんが、途中解約すると端末代の残額が一括請求されます。

光回線の場合、基本的にパソコンに有線でつなぐための端末しか用意されていません。なので、WiFiとして使うには自分でWiFiルーターを別途購入する必要があります。

WiFiルーターの価格はピンきりですが、上の比較表では価格.comで注目度の高い製品として紹介されていた「AirStation HighPower Giga WHR-1166DHP4」(約4,500円)で計算しています。

キャンペーン

WiMAXはお得な公式キャンペーンが多いのがポイント。

特にGMOとくとくBBは、キャッシュバック額がいつも業界最高額をキープしています!2018年8月時点、L01sを契約すると32,000円キャッシュバックされます(3年プランは34,000円)。

SoftBank Airの場合、公式サイトでお得なキャッシュバックキャンペーンは発表されていませんでした。

光回線はお得なキャンペーンがあります。たとえば、SoftBank光なら代理店を通して契約すると28,000円キャッシュバックされます。

ただし光回線の場合、工事費用で最大24,000円必要なので、住宅環境によっては思った以上に出費することも・・・。

解約時にかかる費用

WiMAXの契約期間は24ヵ月更新。その期間内に解約すると、24,800円(税別)の解除料が必要です(GMOとくとくBBの場合)。

SoftBank Airも契約期間が24ヵ月更新ですが、注意すべきなのはルーターが36回払いになっていること。36ヵ月以内に解約すると、ルーターの残債と解除料9,500円が必要になります。

たとえば、12ヵ月目に解約した場合、WiMAX L01とSoftBank Airはそれぞれ以下の支払いが発生します。

WiMAX L01s:24,800円(契約解除料)
SoftBank Air:48,380円(契約解除料9,500円+ルーター残債38,880円)

倍近くの差になりますね・・・。

端末代が完全に無料、しかもキャッシュバックキャンペーンがあるWiMAXのL01は、トータル費用の安さでおすすめの自宅WiFiです。

理由2.速度制限のルールがはっきりしている

WiMAX L01sは、3日で10GB以上利用すると速度制限がかかります。

制限の内容は、3日間の合計データ量が10GBを超えた翌日の午後6時から約8時間、通信速度がおよそ1Mbpsに制限されるというもの。

この速度制限は、3日間の合計データ量が10GBを下回った翌日に解除されます。また、制限時間は午後6時からの8時間だけなので、日中は速度制限がありません

制限中の1Mbpsという速度は、Youtubeで高画質な動画を見るのはきびしいものの、普通画質の動画なら見られる程度です。

ちなみに私が計測した結果はこちら(同じ性能のL01で計測)↓

制限されていない日の午後10時38分には11.80Mbpsでしたが、制限中の午後9時47分は2.95Mbpsでした。

明らかに制限がかかっていますが、かならず1Mbps以下になるというわけではなく、回線全体の混み具合で前後するようですね。

ちなみに、制限期間中でも日中は22.98Mbpsと、制限はかかっていませんでした。↓

※自宅で計測したときは全体的にもっと速かったので、地域によって通信速度は異なります。

一方、SoftBank Airの場合、短期間で何GB使うと制限がかかるのかというルールが記載されていません。

公式サイトには次のように記載されていました。

通信速度の制限について│ソフトバンク

速度制限がないのであれば良いことなんですが、動画を閲覧すると速度制限がかかる場合があるという点が気になります。

ネットでYou Tubeや動画サービスをたっぷり楽しみたいという人は多いかと思います。むしろ、動画を見ないのであれば、スマホのデータプランで十分かもしれません。

なのに、動画を見ると速度制限がかかる場合があるというあいまいな表現は不安ですよね・・・。

実際、ツイッターで「SoftBankAir 速度制限」と検索してみると、遅いと感じている人が少なからず見受けられました

以下一部のツイートを紹介します。

ネットの速度は地域や環境で大きく変わるので、SoftBankAirよりもWiMAX L01の方が絶対に速いとは言えません。

たとえば、前機種のL01に関しても以下のツイートがありました。

しかし、制限のルールがはっきりと書かれているWiMAX L01sのほうが、私は安心できると思います

WiMAXには、無料でルーターを借りて15日ほど試せる「Try WiMAX」というサービスがあります。L01sはレンタルできませんが、他のルーターを使って契約前に速度や制限について試してみるのもおすすめです。くわしくは、「WiMAXを無料で15日間お試しする方法と3つ疑問を解決」をごらんください。

理由3.契約期間が2年更新

WiMAX L01sは、契約期間が2年更新です(GMOとくとくBBの場合)。※3年プランもあります

SoftBank Airも2年更新ですが、さきほどお話したとおりルーターの分割払いは36回、つまり3年かかります。

なので、1円も支払わずに解約するには4年間も使い続けなければなりません

ネットサービスはどんどんと新しいサービスが登場しています。なので、2年毎にネットサービスを見直すことがお得にネットを使うポイントです。

WiMAXのL01sは、25ヵ月目に0円で解約できるという点でSoftBank Airよりもおすすめです。

結論!自宅WiFiならWiMAX L01s

以上、3つの理由から私はWiMAX L01sを自宅WiFiとしておすすめします。

でも、ひとつだけ注意点!

WiMAXには、20社以上のプロバイダがあり、それぞれ独自にサービスを提供しています。
回線速度や速度制限のルールなどはどこも変わりませんが、キャンペーン内容が大きく違います。
プロバイダ選びを失敗すると、3万円以上も高くついてしまうんです・・・。

そこで、次にL01sを最安かつ安全に契約する方法について解説していきます。

3.L01sを最安で契約する方法

以下の手順に従って契約を進めていけば、お得に契約できます。

1.エリアを確認する→○なら契約
2.プロバイダを選ぶ→GMOとくとくBB
3.プランを選ぶ→ギガ放題プラン

ひとつずつ解説していきます。

3-1.エリアを確認する

せっかくL01sを契約したのに、ネットがつながらなかったら最悪ですよね・・・。

それで、契約の前に、現在住んでいる場所がL01が使えるWiMAXエリアに入っているかどうかを必ず確認しておきましょう。

エリアチェックは、WiMAXの回線を管理しているUQコミュニケーションズのサイトでカンタンにできます。

エリアチェックの方法は「サービスエリアマップ」と「ピンポイントエリア判定」がありますが、ピンポイントエリア判定で住所を入力した方が正確です。

診断結果が「〇」の場合は契約に進みましょう。

同じページから契約することもできますが、あなたがもしお得にWiMAXを契約したいのであれば、キャッシュバックの多い別のプロバイダをおすすめします

もし、「〇~△」だった場合は、先程紹介した「Try WiMAX」というサービスを活用すると良いかもしれません。
TryWiMAXについては、「WiMAXを無料で15日間お試しする方法と3つ疑問を解決」を参考にしてください。

3-2.プロバイダを選ぶ

プロバイダはGMOとくとくBBがおすすめです。

キャッシュバックが業界最高額というのが大きな理由ですが、GMOとくとくBBは20日以内なら解約違約金無料でキャンセルできるんです。なので、エリアチェックで「◯」とでたのに全くつながらない・・・という万が一のときでも安心できるかと思います。(契約事務手数料や初月料金は必要です)

こんなに安いけどGMOって大丈夫なの?

photo by:http://recruit.gmo.jp/recruiting/company/

数あるWiMAXプロバイダの中でも、常に圧倒的に高額なキャッシュバックキャンペーンを行っているGMOとくとくBB。こんなに高額なキャッシュバックを本当に受け取れるの?サポートは大丈夫?と心配になるかもしれません。

安心してください!

GMOとくとくBBを提供しているのは、GMOインターネット株式会社という東証一部上場企業。インターネットが一般的に普及し始めた1995年から20年以上インターネット事業を展開している大企業です。

なので、倒産してキャッシュバックがもらえないのではないか、まったくサポートしてくれないのではないかという心配はありません。

3-3.プランを選ぶ

WiMAXには以下2つのプランがあります。

  • 通常プラン:月7GBまで利用できる
  • ギガ放題プラン:月間制限がない

ネットをたっぷり使いたい人には「ギガ放題プラン」がおすすめです。

通常プランで月に7GB以上利用すると、月末まで128Kbpsに減速します。この速度では、普通のウェブサイトもなかなか表示されません。

7GBでどれくらい使えるかというと、以下のとおりです。

月7GBの目安
メールの送受信 :約268万通
ホームページ閲覧:約7,200ページ
動画視聴 :約4.5時間
音楽ダウンロード:約255曲

GMOとくとくBBは、最初の2ヵ月間はギガ放題プランが通常プランと同額で使えます。その間にネットをどれくらい使うかを判断し、もし月に7GBで収まるようであれば無料でプラン変更できます。

契約期間は2年にしよう

多くのプロバイダが3年契約に移行している中、GMOとくとくBBは2年契約と3年契約が選べます。

WiMAXは契約期間中に機種変更できないので、2年契約で2年ごとにプロバイダを見直すことがお得にWiMAXを使うポイントです。

料金面でも、3年契約は平均約3,500円/月に対し、2年契約だと平均約3,000円/月になります。

2年契約を選択して、2年ごとに新機種にお得に乗り換えることをおすすめします。

まとめ

WiMAX L01sとSoftBank Airは、どちらも回線工事がいらず、ルーターが届いたらすぐにネットが使える自宅WiFiです。

でも、L01sなら

  • トータル費用が安い
  • 速度制限のルールがはっきりしている
  • 契約期間が2年更新

という3つのメリットがあります。

なので、自宅WiFiをお探し中のあなたに最もおすすめするのはL01sです。ぜひ、お得に契約をして、ネットを楽しんでください。

5つの質問で、ぴったりのインターネット回線がわかる!

こういったことで困っていませんか?

スマホの速度制限によくひっかかる
引っ越しでネット回線を引きたい
ネット回線を1番安く契約したい
通信費をもっと安くしたい

これらの悩みは、以下の診断で解決できます!!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*