auひかりの口コミ・キャンペーンなど契約前に知りたい全知識【2018年9月】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

auひかりを検討されていますね。

auひかりは知名度も高く、auスマホとのセット割がお得な光回線です。

CMで「スマホが安くなる」ということを知って、気になっている人も多いのではないでしょうか?

結論からいうと、auひかりは次のような人におすすめの光回線です!

・auスマホや携帯を使っている人
・他社から乗り換えの人
・安定した速度を求める人

この記事では、実際のユーザーの評判をもとに、auひかりのメリット・デメリットをまとめました。契約後に後悔しないためにも、ぜひ参考にしてください。

目次

1.auひかりとは
2.口コミ・評判からみたauひかりのメリット4つ
3.口コミ・評判からみたauひかりのデメリット3つ
4.auひかりは、こんな人におすすめ!
5.料金
6.お得な申し込み方法
7.申し込みから開通までの手順
補足:auひかりの問い合わせ・解約方法

1.auひかりとは

auひかりは、KDDI株式会社が運営する光回線サービス。

ほかの光回線よりも、「速度が安定している」と口コミが多いのが特徴です。その理由は、auひかりはKDDIの自社回線を使ってサービスを提供しているから。

ドコモ光やフレッツ光などのNTTのケーブルを共有している回線にくらべて、auひかりの回線は混雑しにくく、速度も出やすいです

ただし、提供エリアが限られているので、申し込み前にはエリア確認をしておきましょう。

auひかりの対応エリア

auひかりは全国展開しているイメージもありますが、実は提供エリアが限られています。

使えるのは、上記のオレンジ色で示した地域です。近畿・東海・沖縄では利用できません。(マンションタイプに限り、近畿や東海でも利用可能)

また、auひかりがエリア内の都道府県であっても、住んでいる住居によってはエリア外になる場合もあります

なので、申し込み前には提供エリア検索のページから対応状況を確認しておきましょう。

もしも、auひかりがエリア外だった場合こちらの記事を確認してください。他に、auのスマホ割が使える光回線を紹介しています。

2.口コミ・評判からみたauひかりのメリット4つ

ここからは、auひかりを利用するメリットを紹介していきます。

メリット1.月額料金が安い
メリット2.auスマートバリューで通信費が安くなる
メリット3.通信速度が速い
メリット4.乗り換え費用をキャッシュバックしてもらえる

実際の口コミ・評判とともに、くわしく見ていきましょう。

メリット1.月額料金が安い

auひかりは、数ある光回線の中でも安く使えます。ほかのメジャーな光回線と、月額料金を比較してみました。

上記のように、auひかりは戸建て・マンションタイプともに安いです。とくにフレッツ光と比べると毎月の差は900円、2年間では21,600円もの差になります

チリも積もれば山となる!毎日使う光回線は、少しでも安いほうがうれしいですよね。

メリット2.auスマートバリューで通信費が安くなる

また、auスマホを利用している人は、auひかりとのセット割引(auスマートバリュー)を受けられます。

auスマートバリューとは、auと提携している光回線とauスマホを同時に契約することで、毎月のスマホ料金が安くなるサービスのこと。

この割引は、スマホまたは携帯一台ごとに受けられて、契約プランによって割引額に違いがあります。以下に、プランごとの割引額をまとめました。

契約プラン 割引額/月
ピタットプラン1~2GB未満 500円
データ定額1~3、ジュニアプラン 934円
ピタットプラン2GB以上、フラットプラン20/30 1,000円
データ定額5/20 1,410円
データ定額30 2,000円

たとえば、家族で2人、auスマホのデータ定額5GBを使っていたら、毎月2,820円が割引になります。2年間では、67,000円も通信費を節約できます。

長く使えばつかうほど、トータルの通信費を安くできるのは大きなメリットです!

メリット3.通信速度が速い

気になる速度については、早い」「安定しているという口コミが多く見られました。

実際のユーザーが測定したデータを見ても、200Mbps以上の通信速度がほとんど。

インターネットの通信速度は、一般的に30Mbpsを超えていれば快適に使えると言われていますなので、auひかりは快適に使えるインターネット回線と言えるでしょう。

5ギガと10ギガプランの速度はどうなの?

ちなみに2018年3月から、auひかりは地域限定(東京・神奈川・埼玉・千葉)で5ギガと10ギガのプランが契約できるようになりました。

通常の1ギガプランでも問題なく使えますが、とにかく早い速度に興味がある人や、インターネットのお仕事をしている人は試してみても良いかもしれません。

ただし、5ギガと10ギガプランは、1年以内に解約すると高速サービス解除料2,500円がかかるので注意しましょう。

メリット4.乗り換え費用を負担してもらえる

auひかりは、他社の解約にかかる違約金を負担(キャッシュバック)してくれるキャンペーンを行っています。

多くの光回線は、更新月以外に解約すると、2万円ほどの違約金がかかってしまいますよね。

auひかりなら、そのとき乗り換えにかかった違約金を最大30,000円までキャッシュバックしてくれます。解約の時期を気にせず乗り換えられるので、初めて乗り換える人でも安心です。

3.口コミ・評判からみたauひかりのデメリット3つ

ここまで聞くと、auひかりは料金も安くて、通信速度も早いので使ってみたくなりますね。

でもちょっと待ってください。実はauひかり光の悪い評判、気になる口コミというのも存在します。今度はそれを見ていきましょう。

デメリット1.通信速度が遅いこともある
デメリット2.auひかりのテレビサービスは地上波を見られない
デメリット3.撤去費用がかかる

どういうことか、くわしく解説します。

デメリット1.通信速度が遅いこともある

速いと評判のauひかりですが、遅いという口コミも0ではありません。せっかく契約した光回線が、もし遅かったら心配ですよね。

遅くなっている原因は、プロバイダの混雑や通信障害などさまざま。しかし、「常に遅くて使いものにならない」というよりは、「いつもは問題ないけど、なぜか今日は遅い!」という内容の口コミが目立ちました

実は、このように一時的に遅くなってしまう可能性は、auひかり以外のどの光回線でも同じようにあります。なので、悪い口コミを過剰に心配する必要はないでしょう。

万が一、速度が出なくなったらこちらを参考にしてみてください。多くの場合は、すぐに改善します。

デメリット2.auひかりのテレビサービスは地上波を見られない

auひかりのテレビサービスは、地上波のデジタル放送や、BS/CS放送を見ることができません

もしも新築戸建てで、auひかりを契約して地上波の番組を見たい場合、アンテナを立てるか、ほかの光テレビ・ケーブルテレビなどを別途契約する必要があります。

長期的なコストを考えると、アンテナを立てるのが一番安くつくのでおすすめです。

賃貸やマンションの人は、多くの場合すでに地上波を見るための設備があります。自分でテレビサービスを契約する必要はないので、心配しなくても大丈夫です。

デメリット3.撤去費用がかかる

auひかりのホームタイプを解約する場合、撤去費用28,800円がかかります。

2018年3月1日以降にauひかりホーム、または高速サービス(10ギガ・5ギガ)をお申し込みのお客さまは、解約時に引込設備の撤去工事をKDDIが行い、撤去工事費28,800円がかかります。なお、お客さまのご都合により撤去工事ができない場合は、設備が残ることにより発生する維持費相当をお支払いただきます。

出典:auひかり ホーム:料金・割引(光ファイバー auひかり)

この撤去費用を払わずにすむ方法は2つ。引越し先でもauひかりを使うか、他社の違約金をキャッシュバックしてくれる回線に乗り換える、このどちらかです。

解約するときは、撤去費用を視野にいれたうえで、次の光回線を決めると良いでしょう。

おすすめの乗り換え先はソフトバンク光

おすすめの乗り換え先は、ソフトバンク光。解約金や撤去費用も合わせて最大10万円まで還元してくれるので、auひかりの回線撤去費用をまるまるカバーできます。

撤去工事費がかかるのはホームタイプの人だけ。マンションタイプの人は心配いりません。

4.auひかりは、こんな人におすすめ!

ここまでメリット・デメリットを口コミとともに見てきました。

まとめると、auひかりは次のような人におすすめの光回線です。

auのスマホ、携帯を使っている人

auのスマホ、携帯を使っている人は、auスマートバリューで最大2,000円/月が割引になります。家族でauスマホを使っている台数分割引になるので、この機会にキャリアを揃えるとさらにお得です。

他社の光回線から乗り換える人

auひかりは、他社の乗り換えにかかる解約金を最大3万円まで負担(キャッシュバック)してくれます。

解約時期を気にする必要なく、いつでも乗り換えたい時に、auひかりは使い始められます。

安定した速度を求める人

auひかりはKDDIの自社回線を使った光回線なので、速度が安定していると評判です。動画をストレスなく見たい人はもちろん、動画配信や通信の多いゲームをしたい人にもおすすめです。

自分には当てはまらないな…と感じた人は、『元販売員が光回線150社を比較!2018年9月あなたにおすすめが分かる』の記事から光回線を選んでください。もっとも安く使える光回線が分かります。

5.auひかりの料金

ここからは、auひかりを使ってみようと思った人のために、具体的な料金や、おすすめの申し込み方法などをお伝えします。

まずは、料金について。auひかりは、初期費用と月額料金がかかります。

初期費用

登録料

携帯やスマホの契約と同じように、事務手数料として3,000円が必ずかかります。

工事費

現在、auひかりはキャンペーンを行なっていて工事費は実質無料です。

このキャンペーンは、本来かかるはずの工事費37,500円(税抜)を60回分割でまるまる割引してくれるというもの。auひかりを使い続けている限り、工事費はかかりません

ただし、60ヶ月以内に解約すると工事費の残額が請求されます。解約する時は、違約金をキャッシュバックしてくれる回線に乗り換えると良いでしょう。

工事費の残額は『60ヶ月ー○ヶ月×625円』の式で計算できます。たとえば、32ヶ月目での解約は『28ヶ月×625円=」17,500円が工事費の残額です。

月額料金

ホーム(戸建て)タイプの料金

auひかりのホーム(戸建て)タイプは、月額料金5,100円(税抜)です。

マンションタイプの場合

auひかりのマンションタイプは、月額料金3,800円(税抜)です。

高速サービス(5ギガ、10ギガプラン)の料金は?

高速サービス(5ギガ、10ギガプラン)を利用すると、通常の月額料金に加えて、つぎの追加料金がかかります。

・5ギガプランは、毎月500円の追加料金
・10ギガプランは、毎月1,280円の追加料金

たとえば、ホームタイプで10ギガプランを利用すると、月額料金は6,380円となります。

6.お得な申し込み方法

auひかりのサービス(料金・速度・サポート)は、auショップから申し込んでも、ネットから申し込んでも変わりません。

しかし実は、申し込み窓口によって、もらえるキャッシュバック額は1万円〜5万円と大きく違いがあります

せっかくauひかりを申し込むなら、今月もっともキャッシュバックがもらえる窓口から申し込みましょう。

auひかりのキャッシュバックキャンペーン窓口10社比較

それでは一体どこから申し込むのが良いのか?auひかりのキャッシュバックを行なっている窓口を10社まとめてみました。

代理店・公式ショップ・家電量販店のおすすめ順に比較しています。(2018年9月現在)

2018年9月現在、いちばんお得なキャンペーンをおこなっているのは代理店NNコミュニケーションズ。キャッシュバック50,000円が、開通から1ヶ月後にもらえます。

また、NNコミュニケーションズは公式のKDDIから6期連続で表彰されていて、たくさんの人が利用している代理店。ネットからの申し込みが不安な人も、安心して申し込めます。

上記10社以外にも申し込み窓口はありますが、有料オプションの加入が必須など、キャッシュバックをもらうための条件が厳しいのでおすすめしません。auひかりのキャッシュバックについてもっと知りたい人は、こちらの記事を参照してください。

7.申し込みから開通までの手順

最後に、auひかりの申し込みから開通までの流れを解説します。

auひかりの開通までは、申し込みから2〜4週間ほど。引越しシーズンなどは開通が遅れるので、早めの申し込みを心がけましょう。

手順1.申し込み

申し込みはこちらのリンクをクリック。

上記のページに移動したら、「WEBで申し込み」のボタンをクリックします。(音声ガイドが出た場合、×ボタンで消せます)

サイトの案内にしたがって、名前や利用場所・確認電話の希望時間などを入力します。

手順2.確認の電話を受ける

申し込みが完了すると、NNコミュニケーションズから確認の電話がかかってきます。

この時に、オペレーターにキャッシュバックの受け取り口座を伝えます。すぐに口座番号が用意できなくても、後日SMSでも大丈夫です。

また、この電話で利用したいプロバイダを伝えます。

auひかりは、プロバイダを7つから選べます。もしプロバイダ選びに迷っている人は、So-netがおすすめ。月500円相当のセキュリティソフトが2年間無料で使えるので、他のプロバイダより12,000円分お得です。詳しくはこちら

手順3.工事日の調整

申し込みから1週間ほどで、今度はKDDIから電話がかかってくるので工事日を調整します。工事にかかる時間は戸建で1~2時間、マンションでも1時間ほどです。

手順4.工事の立会いと利用開始

工事日当日は、立会いが必要です。工事が終わると、インターネット開通です。

まとめ

auひかりは、自社回線ならではの安定した速度が魅力です。auユーザーならスマホ割があるので、長期にわたって安く利用できます。

さらにauひかりは、NNコミュニケーションズから申し込むことで、5万円の高額キャッシュバックがもらえます。

損をしないための対策を知って、お得なネットライフを過ごしてくださいね!

補足:auひかりの問い合わせ・解約方法

補足として、auひかりの問い合わせ先と解約方法をまとめています。

問い合わせ方法

auひかりに関するお問い合わせは、お客様サポートへの電話、もしくはメールでできます。

auお客様サポート/総合案内

0077-777(9~20時、年中無休)
0120-22-0077(上記の番号が使えない場合)

自動音声が流れますので、対応ガイダンスにしたがって番号を選択しましょう。

auひかりの解約方法

auひかりを解約したいときは、各プロバイダに解約申請をするだけです。KDDIや、契約した代理店への連絡は不要です。

プロバイダ 電話番号 受付時間
au one net 0077-777 9:00~20:00/年中無休
BIGLOBE 0120-86-0962または
03-6385-0962
10:00~19:00/年中無休
So-net 0120-80-7761 9:00~18:00/1月1日・2日およびSo-net指定のメンテナンス日を除く
@nifty 0120-32-2210または
03-5860-7600
10:00~19:00/年中無休
ASAHIネット 0120-577-108または
03-6631-0856
10:00~17:00/土・日・祝日を除く
@T COM 0120-805-633 月~金 10:00~20:00/土日祝 10:00~18:00/年中無休、メンテナンス日を除く
DTI 0120-830-501または
03-5749-8091
10:00~17:00/平日

auひかりの解約方法や解約費用についてもっと知りたい方は、こちらの記事を参考にしてください。

 

5つの質問で、ぴったりのインターネット回線がわかる!

こういったことで困っていませんか?

スマホの速度制限によくひっかかる
引っ越しでネット回線を引きたい
ネット回線を1番安く契約したい
通信費をもっと安くしたい

これらの悩みは、以下の診断で解決できます!!

SNSでもご購読できます。