比較で分かった!最安値のWiMAXキャンペーン2018年2月版

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

WiMAXのキャンペーンはどこが一番お得なんだろうと思っていませんか?

WiMAXは、どの窓口(プロバイダ)から契約しても通信速度やエリアなどは変わりません。それなら、最もお得なキャンペーンを選びたいですよね。

もし何も考えず、適当に契約してしまうと、2万円以上損をしてしまうことがあるので注意してください。

長年、通信サービス業界で働く私がおすすめするのは、GMOとくとくBBの「キャッシュバックキャンペーンです。

その理由を、全てのWiMAXキャンペーンを紹介し、それぞれGMOとくとくBBのキャッシュバックキャンペーンと比較して説明していきます。

ぜひ、お得にWiMAXを契約する参考にしてください。(2018年2月更新)

目次

1.WiMAXキャンペーンは実質月額で比較しよう
2.各キャンペーン解説とGMOとくとくBBキャッシュバックキャンペーンとの比較
2-1.キャッシュバックキャンペーン
2-2.月額料金割引キャンペーン
2-3.タブレット・ノートパソコンが手に入るキャンペーン
2-4.家電量販店のキャンペーン
2-5.iPadが手に入るキャンペーン
3.WiMAXのおすすめ契約手順
手順1.キャンペーンを選ぶ
手順2.エリアを確認する
手順3.プランを選ぶ
手順4.ルーターを選ぶ
手順5.端末が届いた後の設定方法
4.まとめ

1.WiMAXキャンペーンは実質月額で比較しよう

キャンペーンの種類

WiMAXは、現在20社以上のプロバイダがサービスを提供しており、キャンペーンもさまざまです。

キャンペーンの種類

  • キャッシュバック
  • 月額料金割引
  • ◯ヵ月無料
  • パソコン、タブレットがもらえる
  • 店舗商品割引

その中で最もお得なキャンペーンを選ぶには、実質月額で各プロバイダを比較しましょう。

実質月額とは、契約期間(2年か3年)のトータル支払額からキャンペーン割引分を差し引き、1ヵ月あたりの費用を計算したものです。

2018年に入り、WiMAXには2年プランと3年プランが混在しています。キャンペーンが片方だけに適用されたり、キャッシュバック額が変わったりするので、実質月額で比較するのが一番わかりやすいです。

WiMAXはどこで契約しても通信速度や制限のルール、サービスエリアなど以下の契約条件は同じです。

・通信プラン:月間7GB制限がある「通常プラン」、月間制限のない「ギガ放題プラン」
・通信速度:下り最大440Mbps
・速度制限:3日で10GBを超えると、翌日18時から8時間程度、約1Mbpsに制限
・サービスエリア:全国(都市部に強く、郊外や山岳部に弱い)

なので、実質月額が最安値のプロバイダを選ぶことをおすすめします。

結論!GMOとくとくBBのキャッシュバック(2年プラン)が最安値

私が下記のプロバイダの実質月額を計算したところ、一番お得なキャンペーンはGMOとくとくBBのキャッシュバック(2年プラン)キャンペーンです!お得にWiMAXを利用したい人は、このキャンペーンを選べば間違いありません。(2018年2月現在)

ちなみに、過去にGMOとくとくBBを契約して特典をもらったことがある人は、再度申し込んでもキャンペーンが適用されません。また、クレジットカードを持っていないと契約することができません。
その場合は、GMOとくとくBBの月額料金割引キャンペーン、もしくは口座振替で最安値のBIGLOBEをおすすめします。

2.各キャンペーン解説とGMOとくとくBBキャッシュバックキャンペーンとの比較

ここからは、現在行われているWiMAXキャンペーンについて解説していきます。

また、それぞれGMOとくとくBBのキャッシュバックキャンペーンと比較してみました。ぜひ、参考にしてください。(2018年2月現在)

2-1.キャッシュバックキャンペーン

キャッシュバックキャンペーンとは、契約してから3カ月〜1年後に現金(または商品券)がもらえるキャンペーンのことです。

現金や商品券だと、好きなモノを買ったりできて便利。他のキャンペーンと比べてもWiMAXの実質月額が安くなるので、一番おすすめのキャンペーンです。

キャッシュバック額は、プロバイダや時期によって上がったり下がったりしますが、GMOとくとくBBは常にWiMAX業界で最高額です。

なので、キャッシュバックが最も多くもらえるプロバイダはGMOとくとくBBと考えて間違いありません。

メリット

  • 現金や商品券でもらえるので使いやすい
  • 他のキャンペーンよりも還元率が高い

デメリット

  • キャシュバックされるのは数カ月〜1年後(プロバイダによって異なる)
  • 基本的に、受け取るための申請手続きが必要

こんな人におすすめ

  • WiMAXを少しでも安く利用したい人

GMOとくとくBBのキャッシュバックキャンペーンとの比較

キャッシュバックキャンペーンを行っている各プロバイダを一覧表にまとめました。
表を新しいタブで開く

WiMAXの月額料金は、各プロバイダそれほど大きな差はありません。しかし、キャッシュバックや端末代、初月料金の有無によって、実質月額は大きく違ってきます

また、2年プランの方が3年プランよりも安くなります

2018年2月、WiMAX最大キャッシュバックはGMOとくとくBBの3年プランで35,200円です。しかし、比較してみると、同じGMOとくとくBBの2年プランの34,000円キャッシュバックのほうが、実質月額は安くなります。

今後すべてのプロバイダが3年プランに移行していく可能性がありますが、2年プランがあるうちは2年プランを選ぶことをおすすめします。

3年プランのメリットとは?

3年プランを契約すると、au回線を利用するハイスピードプラスエリアというモードが無料で使えます(通常1,005円/月)。このモードは月に7GBまでしか使えず、しかも7GBを超えるとWiMAX回線も制限がかかるので、WiMAXのエリア外でどうしてもネットを使わなけれなならないという緊急時以外はおすすめしません。

キャッシュバックの受け取り忘れに注意

GMOとくとくBBのキャッシュバックは、受け取りを忘れやすいという口コミが多いです。11カ月後に送られてくるメールから申請手続きをしますが、大量に送られてくる広告メールの中に紛れ込んでおり、どのメールなのかわかりにくくなっています。
もし、受け取りを忘れそうと心配なら、次に紹介する月額料金が安いプランをおすすめします。

2-2.月額料金割引キャンペーン

キャッシュバックやプレゼントはもらえないけど、月額料金が安くなるキャンペーンがあります。

以前、WiMAXのキャンペーンといえばキャッシュバックでしたが、最近は月額料金割引キャンペーンが増えています。たとえば、So-netやDTIがキャッシュバックから月額料金割引にキャンペーンを変更しました。

月額料金割引はキャッシュバックを受け取るよりも実質月額が高くなってしまいますが、受け取り手続きをしなくても毎月の費用を抑えられるという確実な特典があるので、キャッシュバックをもらうのを忘れそうで不安・・・」という人にオススメです。

現在、以下のプロバイダが、月額料金の割引キャンペーンを行っています。

月額料金が安くなるキャンペーン

  • GMOとくとくBB
    端末到着月:2,170円の日割り
    1,2ヵ月目:2,170円
    3〜24ヵ月目:3,344円
    25ヵ月目〜:4,263円
  • Broad WiMAX
    端末到着月:2,726円
    1,2ヵ月目:2,726円
    3ヵ月目〜:3,411円
  • So-net
    端末到着月:無料
    1,2ヵ月目:2,180円
    3〜24ヵ月目:3,290円
    25ヵ月目〜:3,990円
  • DTI
    端末到着月:2,590円
    1,2ヵ月目:2,590円
    3ヵ月目〜:3,760円
  • 3WiMAX
    端末到着月:1,970円
    1,2ヵ月目:1,970円
    3〜24ヵ月目:3,495円
    25ヵ月目〜:3,995円
  • カシモWiMAX
    端末到着月:無料
    1,2ヵ月目:1,380円
    3〜24ヵ月目:3,380円
    25ヵ月目〜:4,079円
    ※すべて税抜き価格

メリット

  • キャッシュバックの手続きをしなくても、確実に毎月の料金が抑えらえる
  • キャッシュバックが本当にもらえるのか、心配しなくていい

デメリット

  • 最安値でWiMAXを利用できるわけではない

こんな人におすすめ

  • 毎月の出費を抑えたい人
  • キャッシュバックの受け取り手続きを忘れそうな人

GMOとくとくBBのキャッシュバックキャンペーンとの比較

月額料金が安いプランと、GMOとくとくBBのキャッシュバックキャンペーンを比較すると次のようになります。

表を新しいタブで開く

このように、GMOとくとくBBでキャッシュバックをもらったほうが、実質月額は安くなります。

ですので、とにかく安くWiMAXを利用したい人は、GMOとくとくBBでキャッシュバックを受け取りましょう。

カシモWiMAXは最新端末がない

カシモWiMAXは、月額料金割引を行っているプロバイダの中では実質月額が最安値です。しかし、選べる端末が新古品で、最新端末がありません。WiMAXは契約期間中に機種変更できないので、できるだけ最新端末を選ぶことをおすすめします。最新端末W05を月額料金割引で2年契約できるのは、GMOとくとくBBと3WiMAXだけです。

2-3.タブレット・ノートパソコンが手に入るキャンペーン

WiMAXを契約すると、タブレット・ノートパソコンをお得に手に入れられるキャンペーンもあります。

2018年2月、以下のプロバイダが、それぞれ内容の違うキャンペーンを実施しています。しかし、どれも全くお得感がありません

タブレット・ノートパソコンが手に入るキャンペーン

GMOとくとくBB:WiMAX契約で、下記タブレットパソコンをプレゼント。もしくは100円で購入できる

・ASUS ZenPad 7.0
・ASUS TransBook Chi(100円)
・ASUS EeeBook(100円)

BIGLOBE「NEC LAVIE Tab E」プレゼント※現在行われていません

Broad WiMAX下記の対象商品を分割購入できる→
・HUAWEI MediaPad 7 Youth2
・Lenobo ideapad 300
・Lenovo YOGA Tablet 2
・HP T5Q93PA-ABJ(Windows PC)
・ASUS R515MA(Windows PC)

UQ WiMAX以下の対象商品をセット購入すると、最大10,000円の商品券プレゼント※現在行われていません
・Google nexus 9
・ASUS VivoBook E200HA
・ASUS ZenPad 7.0

メリット

  • すぐにタブレットやノートパソコンが手に入る

デメリット

  • キャッシュバックキャンペーンの方がお得(GMOとくとくBB)
  • 対象商品が1端末しかない(BIGLOBE)
  • 他のプロバイダより実質費用が高い(UQ WiMAX)
  • 分割購入できるだけで端末の割引は一切なし(Broad WiMAX)
  • 最安値でWiMAXを利用できるわけではない

こんな人におすすめ

  • キャンペーン対象商品がすぐ(約1週間程度)に欲しい人

以下の記事では、GMOとくとくBBのキャッシュバックキャンペーンと、パソコン・タブレットキャンペーンの料金差を比較しています。
結果、どの商品キャンペーンより、GMOとくとくBBのキャッシュバックのほうが実質月額が安いです。
WiMAXのパソコンセットを選ぶべきでない3つの理由
WiMAXのタブレットセットを選ぶべきでない3つの理由

2-4.家電量販店のキャンペーン

ヨドバシカメラやビックカメラなどの家電量販店では、WiMAXを契約すると店舗の商品が最大20,000円割引になるというキャンペーンが実施されています(2年契約だと最大5,000円割引)。

欲しい商品がある場合にはお得に感じるかもしれませんが、商品の代金以上の割引は受けられません。例えば、最大20,000円割引で15,000円の商品を購入しても、差額はもらえません。

また、月額料金は他のプロバイダとほとんどかわらないので、それならGMOとくとくBBでキャッシュバックを受け取ったほうがお得です。

ちなみに、最大50,000円の商品券がもらえるキャンペーンも実施していますが、月額料金が高くなり、実質約1万円分のキャッシュバックにしかならないので、お店の人も勧めていませんでした。

メリット

  • 店舗で契約すると、即日WiMAXが使える
  • 欲しい商品の割引が受けられる

デメリット

  • 割引は購入した商品分のみ
  • 最安値でWiMAXを利用できるわけではない

こんな人におすすめ

  • WiMAXをその日から使い始めたい人

GMOとくとくBBのキャッシュバックキャンペーンとの比較

GMOとくとくBBのキャッシュバックキャンペーン(2年プラン)と比較してみました。

表を新しいタブで開く

実質月額になおすと約1,000円も違いますね!

欲しい商品の割引が受けられるのは魅力的ですが、WiMAXとして考えたならGMOとくとくBBの方が圧倒的にお得です。

家電量販店のWiMAXに関しては以下の記事を参考にしてください。
ヨドバシカメラWiMAXキャンペーンの3つの注意点
ビックカメラ「BICWiMAX」キャンペーンの3つの注意点

ちなみに、ヨドバシカメラやビックカメラ以外の家電量販店でも、同じようなキャンペーンが行われている場合がありますが、システムはほぼ同じです。

2-5.iPadが手に入るキャンペーン

一時期はWiMAXを契約するとiPadシリーズが手に入るキャンペーンがありましたが、現在ではなくなってしまいました。

これは月額料金に2,000円程度上乗せされていたり、オプションサービスに入ることが条件だったりと、この差額がiPadの本体分割にあてられているようで、全くお得ではありません。

たとえば、通常の月額料金よりも毎月2,000円高い場合、契約期間である2年で合計48,000円も余分に払っていることになります。

現在のiPadの価格は、iPad mini 4(128GB Wi-Fi)は45,800円、 iPad2017(32GB Wi-Fi)が37,800円です。

たとえiPadが手に入るキャンペーンが復活したとしても、こうしたカラクリがあるので全くおすすめしません。

iPadシリーズが欲しいのであれば、セットキャンペーンを探すよりも、高額キャッシュバックをもらって、別途購入した方がいいですね。

3.WiMAXのおすすめ契約手順

ここまで、主要プロバイダが実施しているWiMAXキャンペーンを取り上げました。

すべてのキャンペーンを比較した結果、最もお得にWiMAXを利用できるのは、GMOとくとくBBのキャッシュバックキャンペーンで間違いありません。

ここからは、WiMAXのおすすめ契約手順を説明していきましょう。

手順1.キャンペーンを選ぶ

GMOとくとくBBでは、キャッシュバック、月額割引キャンペーンを実施しています。それぞれの特典内容や実質月額、解約金などを一覧表にしました。

表を新しいタブで開く

一番安くWiMAXを利用できるのはキャッシュバックキャンペーン(2年プラン)です。ただし、契約から11カ月後にキャッシュバックを受け取るための手続きが必要で、それを忘れると失効してしまうという注意点があります。

どうしても手続きを忘れそう・・・と思う人は、月額料金が安くなるプランを選びましょう。

手順2.エリアを確認する

エリアチェック

WiMAXは、家でも外でもインターネットをたっぷり楽しめる通信サービスです。でも、エリア外だとどうしようもありません。

GMOとくとくBBの申し込みページからサービスエリアをチェックできます。

チェックは「ピンポイントエリア判定」を選び、あなたがWiMAXを使いたいと思っている住所を入力(もしくは選択)してください。

判定が「○」なら、申し込みを進めていきましょう

WiMAXは、回線の性質上、エリア判定が「○」でも室内でつながりにくい場合があります。そんなとき、GMOとくとくBBなら、申し込みから20日以内は違約金なしでキャンセルできる制度があります。
こうした良心的なサービスも、GMOとくとくBBの魅力です。

手順3.プランを選ぶ

ネットをたっぷりと使いたい人は「ギガ放題」を選びましょう。

もうひとつのプランである「通常プラン」は、月に7GBの容量制限があります。それ以上利用すると、通信速度が128kbpsに制限され、ホームページの閲覧もまともにできません。

7GBでどれくらいネットが使えるのかというと、大体以下の通りです。

7GBの目安

メールの送受信:約268万通
ホームページ閲覧:約7,200ページ
動画視聴:約4.5時間
音楽ダウンロード:約255曲

GMOとくとくBBでは、ギガ放題を選択しても最初の2カ月間は通常プランと同じ料金です。

その間に7GBも使わないと判断した場合は、無料で通常プランに変更できるので、迷ったときは「ギガ放題」を選びましょう。

契約期間は2年にしよう

WiMAXの契約期間は2年と3年があり、端末やプロバイダによって異なります。3年の方がキャッシュバックは高いものの、2年毎に見直したほうが実質費用が安いです。GMOとくとくBBなら、最新端末W05が2年契約できます。

手順4.ルーターを選ぶ

端末はW05をおすすめします。

「W05」をおすすめする理由は以下の3つ

・キャッシュバックが高額
・バッテリーの持ち時間が長い
・最低利用期間が2年

W05は、人気端末W03,W04と同じくファーウェイ(HUAWEI)製。今回のW05も注目度No.1です。GMOとくとくBBでW05を選ぶと、2018年2月は32,100円のキャッシュバック(3年プランだと35,200円)

また、GMOとくとくBBならW05の契約期間を2年と3年から選べます。2年プランの方がキャッシュバックは少なくなりますが、2年毎にプランを見直せるのでおすすめです。(他のプロバイダはほぼ3年契約のみです)

間違いなく、今もっともおすすめできる端末です。

WX04はおすすめしない

NECの最新端末であるWX04は、価格.comのユーザー満足度を見てみると、「動きがもっさりしている」「電波が入りにくい」といった辛口コメントが多く見られました。

2年契約もできないので、WX04を選ぶのはおすすめしません。

クレードルは基本不要

IMG_0092クレードルとは、ルーター本体をのせて置くだけで充電ができる充電器のことです。かんたんに接続できて便利ですが、クレードルがなくても充電できるので、基本的には必要ありません。

もし、PS4やXBOXなどの据え置きゲーム機を持っていれば、クレードルとゲーム機をLANケーブルでつなぐことができます(有線接続)。こうすると、無線よりも通信速度が安定するので、オンラインゲームをよくする人ならクレードルがあったほうが良いかもしれません。

手順5.端末が届いた後の設定方法

SIMカードの挿入位置

契約後、端末が届いたらすぐにWiMAXを利用できるようになります。

端末側での設定はたったひとつ、「SIMカードを端末に挿入する」だけです。

次は、パソコンやスマホ側のWiFi設定です。

SSID設定

ネットを使いたい端末のWIFI設定画面を開いてください。

iPhone/Android:設定>Wi-Fiの順に選択し、Wi-Fiをオンにする
Windows 10:「スタート」メニューから、設定>ネットワークとインターネットの順に選択し、Wi-Fiをオンにする

ネットワーク一覧が表示されるので、WiMAXに同封されている初期設定カードの「SSID1」と同じ名前を探して選択しましょう。あとはSSIDの下に記載されている「WPA_Key(パスワード)」を入力すれば、ネットに接続されます。

補足:WiMAXのギガ放題の速度制限が緩和!

WiMAXは、2017年2月2日以降、「3日間で3GB制限」を「3日間で10GB制限」に変更しました。

速度制限の変更について

この変更により、これまでよりも3倍以上データ通信ができるようになり、速度制限の時間が3分の1に短縮されました。

ただし、制限後の速度は約1Mbpsと以前より遅くなっています。とはいえ、約1Mbpsの速度があればYouTubeの標準画質が視聴できるので、特に不満を感じることはないはずです。

ちなみに、10GBでどれくらい使えるのか、UQコミュニケーションズのサイトではYouTubeの視聴を例に挙げていました。

変更後のデータ量の目安

高画質設定でも3日で約13時間見られるので、多くの人にとっては制限を気にすることなくたっぷりネットが使えるはずです。

また、制限後の速度も約1Mbps出るので、サイト閲覧なら問題ないレベルです。

まとめ

今回は、2018年2月現在、WiMAXで行なわれているキャンペーンを比較しました。

その結果、最もお得なキャンペーンは、GMOとくとくBBのキャッシュバックキャンペーン(2年プラン)で間違いありません!

WiMAXは、どのプロバイダで契約しても、通信速度や速度制限のルール、サービスエリアに違いはありません。

なので、最も安く利用できるプロバイダを選び、お得にインターネットを楽しんでください。

5つの質問で、ぴったりのインターネット回線がわかる!

こういったことで困っていませんか?

スマホの速度制限によくひっかかる
引っ越しでネット回線を引きたい
ネット回線を1番安く契約したい
通信費をもっと安くしたい

これらの悩みは、以下の診断で解決できます!!

SNSでもご購読できます。