簡単!フレッツ光を解約する方法と解約金0円で済む方法4つ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
3d6c8f38aba621b65089f90135bafc1f_m

フレッツ光を解約したいとお考えですね。解約する際は、解約金が思った以上にかかってしまったり、スムーズに解約できなくてトラブルになっている人が多くいます。

ここでは、簡単にフレッツ光を解約する方法と解約金が0円で済む方法をお伝えします。参考にしてくださいね。

目次

1.フレッツ光を解約する3つの手順
2.解約金
3.NTTの解約金
4.プロバイダの解約金
5.NTTの解約金を払わずに済む4つの方法
6.モバイルWiFiルーターがおすすめ
7.まとめ

1.フレッツ光を解約する3つの手順

フレッツ光を利用していた人は例外なくNTTとプロバイダと契約しています。解約する際は、NTTとプロバイダに連絡し、それぞれ解約申請する必要があります。

以下では、フレッツ光解約の3つの手順でご紹介します。

手順1.プロバイダを解約する

まず、プロバイダに解約申請をしましょう。プロバイダによっては、WEB上でしか解約申請ができない場合があるので、NTTから先に解約してしまうとオンラインで解約ができなくなるからです。

またプロバイダの解約を忘れているとネットを利用していないにも関わらず、月々プロバイダ料1000円〜ほどが継続して失われてしまい非常にもったいないです。忘れがちなので先に解約をしましょう!

解約後もプロバイダのメールアドレスを利用したい場合は、最低料金もしくは無料コースに変更して利用できるか確認しておきましょう。Gmailや〜@yahoo.co.jpなどのフリー(無料)アドレスを使っている方は特に問題なく使えます。

ここでは主要なプロバイダの解約手続きができるページをまとめています。利用中のプロバイダを解約をしましょう。もし利用しているプロバイダが分からない場合は、NTTに連絡して確認してみましょう。

プロバイダ名 解約方法案内リンク メールアドレスを残すプラン
OCN 解約ページ  バリュープラン 262.5円/月
Yahoo!BB 解約ページ  〜@ybb.ne.jpのメールアドレスは残せません
ぷらら 解約ページ  ぷららライト 0円/月
@nifty 解約ページ  ダイヤルアッププラン 262.5円/月
BIGLOBE 解約ページ  ベーシックプラン 210円/月
So-net 解約ページ  接続従量コース 105/月
ASAHIネット 解約ページ  個人会員様向け メール・ブログコース315円/月
DTI 解約ページ  Ubicプラン 210円/月

手順2.「0120-116-116」に電話をする

スクリーンショット 2015-03-13 3.41.45

続いて、NTT「0120-116-116」に連絡し、ガイダンスに従い解約窓口にて解約申請をしましょう。

受付時間:午前9時~午後5時 年中無休(年末年始を除きます)
詳しくは、解約手続きについて

その際に注意点は3つあります。

①オペレーターにつながるまで数分以上かかる場合があります。電話回線の混んでいない平日の昼間にかける、もしくは保留中はスピーカーにして待機しておくと待ち時間も苦にはならないでしょう。

②請求書などに載っている「お客様番号」もしくは、申し込み時に登録した「電話番号」を用意しておきましょう。

③解約日(ネットを使えなくなっても良い日)を考えておきましょう。ちなみに解約月の月額料金は日割りになります。

手順3.撤去工事 or 解約キットを送り返す

住んでいる物件によっては撤去工事が必要な場合があります。手順2でNTTに連絡した際の指示に従ってください。工事が必要であれば日時を合わせて立ち会いをすれば完了です。

工事が必要ない場合は解約キット(箱)が自宅まで届くのでレンタルしているモデム機器などを指定の場所に送り返せば完了です。

2.解約金

解約金がいくらかかるのか気になりますよね。基本的に解約金も「NTT」と「プロバイダ」にそれぞれ支払う必要があります

そもそも、フレッツ光を始めることに違約金や最低利用期間はありませんが、契約時にNTTやプロバイダの各種割引キャンペーン適用によって解約金が発生します。

11063373_812323145516041_1398470369_n

ここでは利用者の多くが加入しているキャンペーン内容と解約金がいくらかかるのかをご説明します。

3.NTTの解約金

NTT東日本とNTT西日本は、別会社なので住んでいる地域によってキャンペーンや解約金の条件、金額が変わってきます。

スクリーンショット 2014-11-09 2.43.51photo by:http://the-tamashima.net/?page_id=1387

それぞれの解約金がかかるキャンペーンを見ていきましょう。

3-1.NTT東日本の解約金

下記の2つのキャンペーンを受けている場合、解約金が発生します。

  1. 初期工事費割引
  2. にねん割

①初期工事費割引

初期工事費割引とは本来初期にかかる工事費18,000円ほどを、初回3,000円、月々500円を30回の分割払いで大丈夫ですよ!というのがこのキャンペーンです。

もし30ヶ月以内に解約した場合、初期工事費の残額を一括で支払わなければなりません

②にねん割

フレッツ光を2年間継続利用を条件に月々700円(戸建てタイプ)、月々100円(マンションタイプ)割引きにします!というのがこのキャンペーンです。

更新月以外でフレッツ光を解約した場合、9,500円(戸建てタイプ)、1,500円(マンションタイプ)の解約金がかかります。更新月は2年毎の自動更新なので気をつけてくださいね。

更新月や解約金の詳細は「0120-116−116」で確かめてください。

3-2.NTT西日本の解約金

下記の2つのキャンペーンを受けている場合、解約金が発生します。

  1. 初期工事費割引
  2. どーんと割 & 光もっともっと割

①初期工事費用割引

初期工事費用割引とは、2年の利用を条件に新規に申し込みした場合、初期工事費用が無料になります!というキャンペーンです。

注意が必要なのは、利用開始月から2年以内に解約した場合、以下の解約金が必要です。

利用開始月を1ヵ月目として15ヵ月以内に解約された場合の解約金
19,000~20,000円(戸建てタイプ)、5,500円もしくは20,000円(マンションタイプ)

利用開始月を1ヵ月目として16ヵ月目~24ヵ月以内に解約された場合の解約金
10,000円(戸建てタイプ)、3,000円もしくは10,000円(マンションタイプ)

詳しくはこちら

②どーんと割 & 光もっともっと割

どーんど割と光もっともっと割とは、申し込むことで2年間、月々1,790円安く使え、さらに2年経過後から8年目までは戸建てで毎年100円ずつ、マンションで毎年50円ずつ月額料金が割引きします!というキャンペーンです。

注意が必要なのは、自動更新なので更新月に解約しないと、下記の解約金が発生します。

スクリーンショット 2015-03-18 9.50.42出典:http://flets-w.com/cpn/donto/

2年以上経っているから「解約金はかからないだろう」とたかをくくって更新月に解約できないと約1〜3万請求された!ということもあるので気をつけましょう。

更新月や解約金の詳細は「0120-116−116」で確かめてください。

4.プロバイダの解約金

プロバイダによっては、最低利用期間内に解約すると違約金を支払う必要があります。下記の表を参考にしてください。

スクリーンショット 2015-03-13 3.39.32

5.NTTの解約金0円で済む4つの方法

はじめからキャンペーンを利用しないという選択肢もありますが、せっかく安くなるキャンペーンを利用しないのももったいないですよね。ここではキャンペーンに入っている前提で解約金をかけない4つの方法をご紹介します。

5-1.更新月に解約する

解約金のかからない契約更新月をgoogleカレンダーなどで通知がくる設定にし、更新月に解約をしましょう。紙の手帳でもいいですが、翌々年なども記録できて便利です。

スクリーンショット 2015-03-13 3.47.23

例えば、NTT東日本「にねん割」の場合、2年毎の更新なので利用開始月から25ヵ月目と49ヵ月目の月内に解約されると解約金がかかりません。例えば2014年11月10日に利用開始した場合、2016年11月と2018年11月が更新月です。

とにかく更新月を忘れた場合は「0120−116−116」で確認しましょう。

5-2.引っ越し先でもフレッツ光を利用する

引っ越し先でもフレッツを引きたい場合は「移転手続き」をすれば解約金、初期工事費用は不要です。移転手続きもNTTとプロバイダにそれぞれ連絡をしましょう。

ただし、NTT東日本の場合、7500〜9000円の移転工事費がかかります。西日本は移転工事費は無料です。

5-3.解約理由が「海外に引っ越し」の場合

NTT東日本から海外に引っ越す、もしくはNTT西日本の提供エリアに引っ越す場合は、必要書類(海外ビザ、賃貸契約書)をFAXすると「にねん割」の違約金を支払わず解約できますが、初期工事費用の残額分は一括で支払う必要があります。

NTT西日本から海外に引っ越す、もしくはNTT東日本の提供エリアに引っ越す場合、6ヵ月以上利用していれば「どーんと割 & 光もっともっと割」「初期工事費用割引」の違約金を支払わず解約することができます。

NTT東日本、西日本は、海外やそれぞれ互いの提供エリアではサービスが提供ができない為です。

5-4.特典(キャッシュバック)のある他社回線に乗り換える

正しくは「実質」解約金がかからない方法ですが、他社の回線に申し込みをするとキャッシュバックをもらえますよね。そのキャッシュバックを解約金にあてがう形で乗り換えることができます。

スクリーンショット 2016-08-02 4.23.40

例えば、KDDIの光回線、「auひかり」に乗り換えればフレッツ光の解約金を負担してくれて、さらに最大40,000円のキャッシュバックをもらうことができます。
くわしくは【auひかりキャンペーン】

6.直近で引っ越しの予定がある人 、 一人暮らしの人はモバイルWiFiルーターに乗り換えよう

6-1.モバイルWiFiルーターとは

スクリーンショット 2016-08-02 4.38.59

モバイルWiFiルーターとは、対応エリアなら自宅、外出先、どこからでもインターネットができるモバイル通信機器のことです。

固定回線のように開通工事が不要で、契約後に送られてきたモバイルWiFiルーターをパソコンやスマホに接続すればスグにネットが楽しめます

月額料金は4300円前後で、フレッツ光より安いうえ、スマホの通信料もまかなえます。WiMAXのほかにワイモバイル、ドコモから販売されています。特に引越し予定のある人や一人暮らしの人におすすめです。

6-2.モバイルWiFiルーターのメリット & デメリット

b2b6600577c75487840c6b385b1bcebd_m

メリット

・対応エリアであれば外出先でも使うことができる
・開通工事の手間がないのでスグ使える
・解約時はプロバイダに連絡をするだけで撤去工事などの手間がない
・スマホと一緒に持ち運べばスマホ代が節約できる

デメリット

・固定回線に比べ通信速度や安定度が劣る
・対応エリアが限られている
・速度制限があるためネットを使い過ぎると急激に遅くなる

6-3.工事の手間がない

スクリーンショット 2015-03-19 16.07.05

固定回線の場合、開通まで工事を決めて、立ち会う必要があるため約1ヶ月かかります。それに比べモバイルルーターの場合は、工事が必要ないため設定すればスグ使うことができます。

6-4.モバイルWiFiルーターの通信速度や安定度

光回線の下り最大速度100~2Gbpsに比べ、モバイルWiFiルーターは110〜370Mbps。この数値はベストエフォート方式で、いわゆる「最大限の努力」をした場合の数値なので実測値としては光回線が80Mbps〜、モバイルWiFiルーターが10Mbps〜40Mbpsです。

モバイルWiFiルーターの通信速度が遅いのが気になりますが、一番データ量のが必要な動画でも、5Mbps以上出ていればストレスなくサクサク視られ、フレッツ光と体感値としてはほとんど変わりません

動画の再生に必要な速度

youtube(最高画質) 3.5Mbps
gyao動画 2.5Mbps
NHKオンデマンド 2.5Mbps
hulu動画 2.0Mbps
PCオンラインゲーム 1.5Mbps
youtube(最低画質) 0.5Mbps

ただ、オンラインゲームやFXや株などのインターネット取引などを頻繁にする人は、ノイズによる通信の乱れが発生しにくい光回線をオススメします。

6-5.注目のモバイルWiFiルーターはWiMAX

おすすめのモバイルWiFiルーターはWiMAXです。通信速度も現在では下り最大370Mbpsという従来のモバイルWiFiルーターよりも早いネット回線が利用できます。

また「ギガ放題プラン」に申し込めば月間速度制限がないため高速通信が使い放題で利用できます。対応エリアを確認し、乗り換えるといいでしょう。

7.まとめ

フレッツ光を解約することは、少し荷が重い作業かもしれませんが、とにかく「0120−116−116」に連絡をして、解約金の確認、解約手続きを進めるといいでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

5つの質問で、あなたにぴったりのインターネット回線がわかる!

こういったことでお困りではないですか?

・スマホの速度制限によくひっかかる
・引っ越しなどでインターネット回線を引きたい
・どうせなら1番安くインターネット回線を契約したい
・通信費を今よりもっと安くしたい

これらのお悩みは、あなたの状況・用途に合わせたインターネット回線を選ぶことで解決できます。
以下の診断で、あなたにとって最も安くて、満足できるインターネット回線を見つけましょう!

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. yuichi より:

    このまとめを作っていただきありがとうございました。
    おかげさまで「にねん割」の違約金を不当に取られずに済みました。

    NTT東日本から西日本エリアへの引っ越しにもかかわらず、
    電話で回線の解約をしたい旨伝えるとオペレーターは引越し先も聞かずに
    「にねん割」の違約金の話ばかりし、契約した時に説明しています、
    3年目以降も更新月以外は違約金が発生することは説明していますの一点張り。
    まるで役所体質の電話応対で辟易し、一度電話を切りました。

    なんとか違約金が発生しない方法はないか情報を求めていたところ、
    こちらに辿り着き約1万円の不当な請求を退けることができました。

    NTTはエリア外への引っ越しによる違約金の免除について
    意図的に隠しているのではないかと勘ぐってしまうほどオペレーターの対応は最悪でした。
    この有益な情報がもっと皆様に届きますように。

    今までに解約された方もエリア外に引っ越していて免除されるはずだったのに
    免除されていない方がいるとしたら違約金の返還を請求して欲しいと思います。

    1. 藤井 良太 より:

      yuichi様

      コメントありがとうございます。お役に立てたようで嬉しいです。

      不透明な通信業界なので、今後もわかり易い、価値のある情報をお届けできればと思います。

  2. 岡野正志 より:

    やっぱり解約手続きします。

  3. 田智泰 より:

    私も早いうちに解約手続きをしおうと考えており最近So-NetさんのNuro光が安くて早いとの事で乗り換え考慮しています。

  4. masaki0208 より:

    知らないあいだにもっともっと割りに入ってて知らずに解約して請求を受けてます。電話で入ってますと言われる意味がわからない。キレていいんでしょうか?

    1. 藤井 良太 より:

      masaki0208 様
      利用料金はもっともっと割契約の方がお得ですが、必ず加入しなければならないものではありません。申し込み時にどこでどのような説明を受けましたか?もっともっと割のおかげで月々のランニングコストは安かったかもしれませんが、さすがに納得できなければ解約金は払えませんね。。。販売店もしくは、NTTのコールセンター(0120−116−116)に申し込み時の説明不足を説明し、もっともっと割に入る意思はなかったとはっきり伝えましょう。キレずに、冷静にただひたすらもっともっと割の解約金の減免要望を伝えてみて下さい。

  5. 乗り換えたい より:

    解約申請は誰でもできます。
    家族なら誰でも大丈夫ですか。
    なんらかの証明等を聞かれますか。

    1. 藤井 良太 より:

      原則、契約者本人しかできません。ただし、電話での確認なので契約者本人の情報(氏名、生年月日など)を知っていれば、解約ができるはずです。

  6. プロバイダーって。。 より:

    疲れました。。
    そもそも素人がプロバイダーや回線やら分かるはずがありません。ソフトバンク光乗り換えた時点でフレッツとは切れていたと思い、請求が二重請求になっていて、気づいた時には1年あまり支払い続けたプロバイダーの金額(4668円×13ヶ月)を返金できませんと。。おいおい、プロバイダーは自分で解約するとかソフトバンクさん、フレッツさん、説明してくれよ。。乗り換えた時点で安心しきっいた自分がバカみたいです。解約時もたらい回しに電話させて電話料金も取られ。。ほんと対応ひどすぎる。。ソフトバンクとヤフーは違うとか、プロバイダー料がフレッツ光でもヤフーに問い合わせして下さいとか、フレッツ光からNTTファイナンスに問い合わせてくれとか、そしてヤフーBBにたどり着き、解約しますで、返金はできませんとか。。ほんと疲れた。一度は失敗しないと学べないと言うことなんでしょうね。。皮肉ですが、契約させる為の良い商売ですね。これをきに次回からは気をつけます。。それにしてもほんと疲れました。。

コメントを残す

*