【2021年版】楽天ひかりは結局お得なの?知っておきたい評判・料金などの全知識

楽天ひかり アイキャッチ

期間限定キャンペーンで、1年間料金が無料になる楽天ひかり

楽天モバイルとあわせて使えば、通信費をすべて無料にできるのでかなりお得に見えますよね。

ただその一方で、「本当に無料で使えるの?」や「ほかのデメリットがあるんじゃない?」など、気になっている人も多いはず。

そこでこの記事では、口コミ・評判をもとに楽天ひかりのメリット・デメリットや、1年無料キャンペーンの注意点を解説します!

「読むのがめんどくさい!」という人は、簡単にまとめた動画を参考にしてください。

そもそも、楽天モバイル以外のスマホを使っている人は、ほかの光回線のほうが安く使えます。くわしくは騙されるな!光回線37社をプロが比較して、2021年5月のおすすめを解説を参考にしてください。

1.楽天ひかりとは

楽天ひかり

楽天ひかりは楽天モバイルが運営している光回線サービス。

2019年7月まで楽天コミュニケーションズ株式会社が提供していた「楽天コミュニケーションズ光」の名前を変えて引き継いだサービスです。

NTTのケーブルや設備を使っているので、フレッツ光と同じ最大速度1Gbpsの通信ができます。

1年間無料キャンペーン実施中!

楽天ひかり

そして、今話題になっているのが、楽天モバイル「Rakuten UN-LIMIT」の契約者なら1年間、楽天ひかりの月額料金が無料になるキャンペーン

まずは、そんな楽天ひかりの基本的な情報を一覧表で確認しましょう。(料金はすべて税込み)

《← スマホの人はスクロールできます →》

楽天ひかりの基本情報
通信速度最大1Gbps
提供エリア
全国
月額料金戸建て5,280円 /マンション 4,180円
無料キャンペーン中!
(楽天モバイル「Rakuten UN-LIMIT」の契約者に限る)※
電話オプション+550円
事務手数料新規880円/転用1,980円
工事費新規2,200円〜19,800円/転用0円
キャンペーン・高速通信(IPv6)対応の無線ルータープレゼント
・楽天ポイント+1倍
スマホ割なし
契約期間3年契約(自動更新)
解約金10,450円
メリット・月額料金が安い
・高速通信で満足している人が多い
・楽天ポイントを貯めやすい
デメリット・スマホセット割はない
・初期費用はかかる
・キャッシュバックがない
こんな人におすすめ・楽天モバイルを使っている人
・楽天ポイントをよく使う人
一番お得な申し込み窓口楽天ひかり公式サイト

※楽天モバイル「Rakuten UN-LIMIT」の利用者以外も、月額料金が戸建て3,080円/マンション1,980円で1年間利用可能

それでは、特徴をそれぞれメリット・デメリットに分けて見ていきましょう!

2.口コミ・評判から判明!楽天ひかり3つのメリット

楽天ひかりには、下記の3つのメリットがあります。

楽天ひかり メリット

順に解説していきます。

メリット1.月額料金が安い(2年目以降も)

楽天ひかりの月額料金は、キャンペーンを適用すれば1年間無料です。ただ2年目以降でも、ほかの光回線と比べて安いです。

利用者の多い、メジャーな3社と料金を比較してみます。

光回線楽天ひかりロゴ
戸建て5,280円6,270円5,720円5,610円
マンション4,180円4,785円4,400円4,510円

※フレッツ光はギガスマート割引・2ねん割適用、プロバイダ料So-net1,100円を含む

このように、楽天ひかりの料金は戸建てで5,280円マンションで4,180円(税込み)。ユーザー数の多い3社と比べると、月額200〜300円安いです。

ネットの料金は毎月払うものなので、少しでも安いのはうれしいですよね。

メリット2.高速通信で満足している人が多い

楽天ひかり 速度

楽天ひかりは速さにも相当な自信を持っており、速度の実測値を公開しています。また口コミでも速度に満足している人が多いです。

動画視聴・オンラインゲーム・大量のファイルをダウンロードなどなど、回線速度が遅いとイライラすることは多いですよね…。上記のような速度が出ていれば、どんな作業もサクサク進めることができます

楽天ひかりはIPv6にも対応。ただルーター選びには注意!

楽天ひかり IPv6

楽天ひかりはIPv6(クロスパス)にも対応しています。

IPv6(クロスパス)とは、かなりザックリいうと「混雑しにくい接続方式」のこと。テレワークや自粛によってネットを使う人が増えた今、IPv6を使うことで快適にネットができます。

ただし、IPv6接続を利用するにはクロスパス対応ルーターが必要となるので注意が必要です。こちらの一覧から選べばすべてクロスパス対応のルーターになります。

さらにくわしく知りたい人は「楽天ひかりでIPv6を使うには?ネットが速くなる仕組みと注意点を徹底解説!」を参考にしてください。

メリット3.楽天スーパーポイントを貯めやすい

楽天ひかり ポイント

楽天ひかりを使うと、SPUという楽天のポイントサービスが1倍プラスされます。

SPU(スーパーポイントアッププログラム)とは、楽天銀行や楽天カードなど、楽天のさまざまなサービスを使えば使うほど、ポイント還元率が高くなる制度です。

楽天ポイントは、お金と同じように各種支払いに使えて便利です。

ただし、SPUのポイントには制限がある

ただし、楽天ひかりのSPUでもらえるポイントは、楽天市場でのお買い物分のみが対象です。

さらにこのポイントには利用期限があり、買い物をした月の翌月15日に付与されて、そのまた翌月の末日までなので、「実際に使えるのは1ヶ月半だけ」です。

つまりこれは、楽天市場でよく買い物をする人や、ほかのSPUも制覇していてポイント倍率をあげたい人向けのメリットといえます。

3.口コミ・評判から判明!楽天ひかり3つのデメリット

このように、楽天ひかりにはお得に使えるさまざまなメリットがありました。

ですが、楽天ひかりには大きく書かれることのないデメリットもいくつかあります。

楽天ひかり デメリット

デメリット1.ケータイ・スマホとのセット割引がない

楽天ひかりは、ケータイ・スマホのセット割引がありません。

携帯キャリアスマホ割の受けられる光回線割引額/月
docomoドコモ光550〜1,100円
auひかり、eo光、コミュファ光、ビッグローブ光、
So-net光プラス、@nifty光など
550〜1,100円
NURO光、ソフトバンク光550〜1,100円

たとえばドコモ・au・ソフトバンクの3大キャリアは、対応した光回線を使うことで毎月550〜1,100円、スマホの料金が割引になります

また、DMM光など格安スマホでもセット割がある光回線は多いですが、楽天モバイルにはありません。楽天ポイントは貯まりやすくなりますが、毎月確実な割引はないので注意が必要です。

とはいえ、楽天ひかりは楽天モバイルユーザーにはおすすめ

楽天ひかり

現在行われている1年間無料のキャンペーンなど、楽天ひかりは楽天モバイルユーザーのみ受けられるキャンペーンがあります

このキャンペーン以前にも、楽天モバイルユーザーなら楽天ポイントがたくさんもらえるキャンペーンなどは実施されていました。なので、「楽天モバイルとあわせて使うと、よりお得なキャンペーンが受けられる」可能性は高いです。

ちなみに楽天モバイルを、楽天ひかりの契約後に申し込んでもキャンペーンを受けられます。ただし楽天ひかりを申し込んだ翌月の15日までなので気を付けましょう。

デメリット2.初期費用がかかる

2つ目のデメリットは、楽天ひかりは初期費用がしっかりとかかること。

ほかの光回線では特典・キャンペーンにより工事費が実質無料になるところも多いですが、楽天ひかりにはそれがありません。

光回線楽天ひかりロゴ
事務手数料880円3,300円3,300円3,300円
戸建て工事費19,800円0円0円0円
マンション工事費16,500円0円0円0円

楽天ひかりの事務手数料は880円と、他社平均と比べても安いです。ですが、どれだけ長く使っても工事費が無料にはなりません。

ちなみに1年無料キャンペーンを受けた場合でも、事務手数料と工事費は払う必要があるので注意しましょう。

工事費は分割で支払う必要があり、毎月330円かかります。

デメリット3.キャッシュバックがない

楽天ひかりにはキャッシュバックがありません。なので2年、3年使うと、意外にそこまでお得ではありません

高額なキャッシュバックを行っているNURO光と比較してみましょう。

NURO光との比較

1年無料キャンペーンを受けて、戸建てで2年間使用した場合に、かかる費用を比較します。

 楽天ひかりNURO
月額料金5,280×12=63,360円5,217×24= 125,208円
初期費用880円3,300円
工事費19,800円0円
キャッシュバック△45,000円
2年間の合計84,040円83,508円

※月額料金はいずれも開通月は無料

このように、2年間使うとすると、NURO光の方が500円ほど安いです

ただし、転用や事業者変更で工事費がかからない人に限っては、楽天ひかりの1年無料キャンペーンのほうが安くなります。

さらに楽天ひかりは3年契約なので、3年以内に解約すると10,450円の契約解除料がかかります。なので、1年使って契約解除料を払ってやめることも可能です。

4.楽天ひかりは、こんな人におすすめ

まとめると、楽天ひかりは以下のような人におすすめです。

楽天ひかり おすすめの人

楽天モバイルを利用している人

楽天モバイル UN-LIMIT Ⅵ

楽天モバイルは、どのネット回線でも割引を受けられません。

ですが、楽天ひかりなら今回のようにお得なキャンペーンがあるのでおすすめです。ちなみに、楽天ひかりの契約後に楽天モバイルを申し込んでもキャンペーンの対象になります。

この機会に楽天モバイルを使ってみたい人は、こちらの結局どうなの!?楽天モバイルの評判・口コミまとめ【最新版】を参考にしてください!

楽天ポイントをよく使う人

楽天ひかり ポイント

楽天市場でよく買い物をする人や、ほかのSPUも制覇していてポイント倍率をあげたい人には、楽天ひかりのポイント+1倍はメリットがあります。

また、楽天銀行や楽天カード、楽天市場などを生活の中でよく使っている人なら、ポイントが増えるのでさらにお得に使えます!

ただし、楽天ひかりの契約でポイントがプラスされるのは楽天市場のお買い物分だけなので、そもそも楽天市場をあまり使わない人にはほとんど意味がありません。

上記に当てはまらない人は、スマホ割のある別の光回線がお得!

楽天モバイルや楽天ポイントを使っていない人は、スマホ割のある光回線を選ぶともっともお得に使えます。

住んでいる地域によってもお得なものは変わるので、下記の表で、スマホ→住んでいる地域の順に選んでみてください。

携帯・スマホ住んでいる地域おすすめの光回線
ドコモ全国どこに住んでいても
au近畿
東海
四国
上記以外
ソフトバンク関東・近畿・東海・九州・北海道
上記以外

※ロゴをクリックすると、それぞれの料金や運営会社をまとめたページに移動します

5.楽天ひかりの料金について

ここからは、実際に楽天ひかりを使ってみようと思っている人のために、楽天ひかりにかかる料金をまとめていきます。

初期費用

事務手数料

新規申し込みの場合、事務手数料は880円です。

フレッツ光からの転用や、光コラボからの事業者変更の場合は1,980円です。

光コラボとは、フレッツ光と同じ回線を使った光回線のこと。ちなみに、auひかりNURO光eo光コミュファ光BBIQピカラ光メガエッグの7つ以外の光回線は、すべて光コラボです。

工事費

楽天ひかりの工事費は、下記の通りです。

申し込み状況戸建てマンション
新規申し込み19,800円16,500円
転用・事業者変更0円

フレッツ光からの転用や、光コラボからの事業者変更の場合、工事費はかかりません。

ちなみに工事費は、一括払いではなく分割払いのみです。かかった工事費にかかわらず毎月330円ずつ払っていき、払い終えた時点で工事費の支払いは終わります。

たとえば戸建てで派遣工事をした場合は60回払い、マンションで無派遣工事だった場合は7回で完了となります。

無派遣工事の場合の工事費は2,200円です。

月額料金

楽天ひかりファミリープラン

楽天ひかりの戸建て月額料金は、5,280円(税込み)です。

最初の1年間は、キャンペーンにより楽天モバイルユーザーは0円楽天モバイルユーザー以外の人は3,080円になります。

楽天ひかりマンションプラン 

楽天ひかりのマンションタイプの月額料金は、4,180円(税込み)です。

最初の1年間は、キャンペーンにより楽天モバイルユーザーは0円、楽天モバイルユーザー以外の人は1,980円になります。

6.楽天ひかりのお得な申し込み方法

楽天ひかりのメリット・デメリットとともに、特徴を見てきましたが、ここからは楽天ひかりの申し込みから開通までの手順を説明していきます。

公式サイト以外は、キャンペーンを行っていないので、申し込みは公式サイトでするようにしましょう。

新規申し込みの手順

手順1.申し込み

まずはこちらをクリックして、ページを移動します。

楽天ひかり申し込み

「お申し込み」をクリックして、住所などを打ち込めば申し込み完了です。

楽天アカウントに必ずログインをしよう!

「お客様情報入力」の際に必ず楽天アカウントにログインしてください。もしログインせずに申し込むと、SPUや楽天ポイントの対象外となります。必ず楽天アカウントにログインしてから申し込みしましょう!

手順2.開通工事の案内

楽天ひかりから工事日調整の電話連絡がきます。

新規お申し込みは、開通まで1ヶ月程かかることを頭に入れておきましょう。

手順3.開通工事

工事が完了したら、あらかじめ郵送されている封書、アカウントのお知らせの内容に沿ってインターネット接続の設定をしてください。

設定し終えたら、楽天ひかりを使うことができます!

転用、事業者変更での申し込み手順

手順1.「承諾番号」を取得する

現在フレッツ光を利用している人

まずNTT東日本もしくはNTT西日本から番号を取得します。

これは、携帯電話を移行するときに取得するMNP番号と同じで、NTTの専用窓口に電話、もしくはWeb上で取得できます。

Webからの取得は下記をクリック電話からの取得は下記参照
NTT東日本こちら0120-140-202 (9:00~17:00)土日・祝日も受付
NTT西日本こちら0120-553-104 (9:00~17:00)土日・祝日も受付
現在光コラボを利用している人

今使っている光回線の専用窓口に電話して番号を取得してください。

手順2.申し込み

申し込みはこちらのリンクをクリック。

楽天ひかり申し込み

サイトの案内にしたがい郵便番号・住所・プランを打ち込んでいけば申し込み完了です。

楽天アカウントに必ずログインをしよう!

「お客様情報入力」の際に必ず楽天アカウントにログインしてください。もしログインせずに申し込むと、SPUや楽天ポイントの対象外となります。必ず楽天アカウントにログインしてから申し込みしましょう!

手順3.ご利用開始の案内

申し込みから1週間ほどで、「転用開始の案内」が郵送で届きます。

開始の案内に記載されている転用完了日になると、楽天ひかりへの乗り換えが完了です。

毎月10日までの申し込みで、翌月1日に開通します。

まとめ

楽天ひかりは、キャンペーンをうまく使うことでお得に使えます。

ただし、楽天モバイル以外のスマホの人にはあまりお得ではありません。

この機会に楽天モバイルを使ってみたい人や、1年無料を味わってみたい人、楽天ポイントをフル活用したい人にはおすすめです。

あなたに合ったネットを選んで、お得なネットライフを過ごしてくださいね!

5つの質問で、ぴったりのインターネット回線がわかる!

こういったことで困っていませんか?

スマホの速度制限によくひっかかる
引っ越しでネット回線を引きたい
ネット回線を1番安く契約したい
通信費をもっと安くしたい

これらの悩みは、以下の診断で解決できます!!

SNSでもご購読できます。

つなが〜るネット – インターネットがもっとお得に快適になる情報サイト