騙されるな!auひかりの口コミ・料金など2019年11月に知っておくべき真実

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

auひかりは、auのスマホ割が受けられるインターネット。

コミカルなCMで気になる光回線ですが、じつはよく知らずに契約して、「こんなはずじゃなかった!」という思いをしている人も少なくないんです。

そこで今回は、auスマートバリューで10万円以上得をしてきた私が、一見わかりにくいauひかりの料金の罠や、契約前に知っておきたい注意点についてお伝えします。

実際のユーザーの口コミも紹介するので、後悔したくない人は、ぜひ参考にしてください。

1.auひかりとは

auひかりは、携帯のauでおなじみのKDDI株式会社が運営している光回線サービス。

そんなauひかりは「料金は高い」という評判や、「速度が安定している」という口コミが多く見られます。

この記事では、後ほど実際に使っているユーザーの口コミ情報もまとめているので、ぜひ参考にしてくださいね。

料金に関して|auひかりの基本情報

それではまず、auひかりの料金と対応エリアについて確認していきましょう。

「高い」とよく言われるauひかりですが、キャンペーンや各種プランをうまく使うことで、じつは光回線の中でもトップクラスにお得に使えるサービスなんです!

auひかりでかかる料金を総まとめ

auひかりを今から契約した時に、かかる全ての料金をまとめてみました。

料金一覧

月額料金:戸建て5,100円(税込5,660円)、マンション3,400円〜4,050円
事務手数料:3,000円
工事費:0円
契約解除料:15,000円
契約期間:3年間
キャッシュバック:55,000円

・月額料金
毎月かかる基本料金のこと。もっともお得な「ずっとギガ得プラン」の場合、1年目は5,100円、2年目は5,000円、3年目からは4,900円です。

・事務手数料
手続きにかかる料金のこと。どの光回線でも同じ3,000円です。

・工事費
ネット環境を整えるための工事費用のこと。37,500円→キャンペーンで実質無料にすることができます。

・契約解除料
3年ごとの更新月以外に解約するとかかる費用のこと。

・キャッシュバック
2019年11月、もっともお得なキャンペーンは55,000円キャッシュバックです。

キャッシュバックキャンペーンは申し込み窓口に注意!

ちなみに、こちらのキャンペーンページ「https://www.auhikari.jp/campaign/」からの申し込みでなければ、55,000円はもらえないので注意しましょう。

後でさらにくわしく説明しますが、auショップや他のサイトからの申し込みはお得ではなく、逆に損してしまうのでオススメできません。

エリアに関して|近畿・東海・沖縄の人は注意!

ちなみに、auひかりはほぼ全国で使えますが、近畿・東海・沖縄の人は使えません。

auひかりの対応エリアは、下記の地図でオレンジ色の部分のみです。

ただし、近畿や東海の人も、マンションタイプなら使えるケースがありますので、まずはお住まいのマンションの管理会社などに問い合わせてみてください。

※マンションでネットを安く使いたい人は、「絶対に後悔しない!マンションのインターネット契約方法」の記事もご覧ください。

auひかりがエリア外だった人におすすめの光回線

もし、auひかりがエリア外だった人は、別の光回線を検討しましょう。おすすめは次の通りです。

エリア含まれる県おすすめの光回線
近畿大阪・兵庫・京都・奈良・滋賀・和歌山・福井eo光、NURO光
東海愛知・静岡・岐阜・三重コミュファ光、NURO光
沖縄ビッグローブ光

表のオレンジの文字をクリックすると、それぞれの光回線を解説した記事に飛びます。

2.騙されないで!auひかりの3つのヤバい注意点

ここまでざっくりと、auひかりの特徴についてお伝えしてきましたが、じつは最初にお伝えした通り、いいことばかりではありません

工事費が無料だったり、月額もそこまで高くないようにみえますが、その裏でサイトや営業マンがちゃんと言わない、不親切だなと思うところがあるんです…。

なので、まずは“気をつけたい注意点”として、auひかりのデメリットを3つお伝えします。

注意点1.お得に使うには電話が必須
注意点2.工事費無料の条件は5年払い
注意点3.高速プラン(5ギガや10ギガ)は不要

では、一つずつ見ていきましょう。

注意1.お得に使うには、電話の契約(月500円)が必須

じつは、auひかりをお得に使うには、ネットと合わせてひかり電話(月額500円)の契約をしないといけません。

電話の契約をしないと

  • auスマートバリュー(スマホ割)が受けられない
  • 工事費37,500円が無料にならない
  • 他社からの乗り換えキャンペーンが受けられない

上記のようなことになり、合計で10万円ほど損してしまいます

つまり、auひかりを利用する場合、固定電話があってもなくても、ひかり電話のオプションをつけておいたほうがいいんです。

電話のことはショップでは隠しがち…

口コミを見ていても、ネットだけではお得なサービスが受けられないことに驚いている声も。

ショップの店員は、スマホ割や工事費などが「お得になります」しか言わない人がほとんど。割引の条件として、電話の契約が必要なことまで説明してくれる人はあまりいません

ネットのみの月額料金は5,100円ですが、これに電話代500円をあわせると、毎月の支払額は5,600円(税込6,160円)になる、と思っておいてください。

※ちなみに料金の評判として、auひかりは「高い」「お得だ」という両方の口コミがありますが、この『電話が必須』なことを知らずに契約した人が、後から高いと言っているケースは多いです。くわしくは、後ほど口コミの章で解説します。

注意2.工事費無料の条件は、5年払い

auひかりはキャンペーンで工事費を無料にできますが、なんと、5年間使わないと、無料にはできません

なぜならこのキャンペーンは、本来かかるはずの工事費37,500円(税抜)を60回分割で支払い、それと同じ額を毎月割り引いてくれるシステムだから。

途中で解約すると、その割引はなくなり、さらに残りの分が請求されます。

5年以内に解約すると、工事費はかかる!

つまり、auひかりは5年(60ヶ月)以内に解約すると、さいごに工事費の清算が待っていると覚えておきましょう。

無料と聞いていたのに、途中でやめたら請求がくるなんて、なんだかサギみたいだと思ってしまうのも仕方がないと思います…。

ちなみに、工事費の残額は『60ヶ月ー○ヶ月×625円』の式で計算できます。たとえば、32ヶ月目での解約は『28ヶ月×625円=」17,500円が工事費の残額です。

注意3.高速プラン(5ギガや10ギガ)は不要

auひかりは、地域限定(東京・神奈川・埼玉・千葉)で5ギガと10ギガのプランが契約できます。

遅かったらイヤだし、少し高くても速いプランにしておこうかな…と思う人も多いかと思いますが、じつは、ほとんどの人は通常の1ギガプランで問題なく使えます

高速プランは追加料金が必要

ちなみに5ギガプランは+500円、10ギガプランは+1,280円がかかります。さらに1年以内に解約すると、高速サービス解除料2,500円を請求されます。

なので、まずは通常の1ギガで契約してみて、物足りないと感じる場合のみ、アップグレードする方が料金的にもお得です。

3.比べてわかった!auひかりの3つの特徴

このように、auひかりには、表立っては言われていない、いくつかの注意点があります。

とくに月額料金は、初めから電話代を加えた5,600円(税込6,160円)で考えていく必要があります。これをふまえたうえで、今度はほかの業者との違いを見ていきましょう。

よく聞く大手4社(ドコモ光・ソフトバンク光・フレッツ光・NURO光)と比較した結果、auひかりの特徴はつぎの3つ。

特徴1.auユーザーなら料金は安い
特徴2.自社回線で速度が安定
特徴3.キャッシュバック内容が良い

順番にお伝えしていきます。

特徴1.なんだかんだでauユーザーなら料金は安い

auひかりの料金は、同じ条件で他社とくらべてみると、じつはあまり変わらず、平均的です。

なぜなら、スマホ割や工事費無料など、お得な割引を受けるのに電話の契約がいるのは、他社も同じだから。

お得なサービスを受ける前提で、ほかの光回線と月額を比較してみます。

光回線
月額料金5,100円5,200円5,700円5,200円4,980円
電話利用料500円500円500円
合計5,600円5,200円5,700円5,700円5,480円

(auひかりは『ずっとギガ得プラン』の場合)

このように、電話の利用料をあわせると、5,500〜5,700円ほどが戸建の月額料金の相場になり、auひかりは決して高くはありません。

さらに、これだけ見るとドコモ光のほうがお得に見えますが、もしあなたがauユーザーなら、つぎに紹介するauスマートバリューを使ったほうがグッとお得になる可能性があります

※auひかりは、選ぶプランによって料金がかわります。ずっとギガ得プラン以外のプランも知りたい人は、『auひかりの料金は結局いくら?かかる費用をまとめてみた』の記事を参照してください。

auユーザーならauスマートバリューで割引がある

auスマートバリューとは、auひかりとひかり電話を契約することで、auスマホ・携帯一台ごとに割引が受けられるサービス

契約プランによる割引額の違いを、下記にまとめてみました。

契約プラン割引額/月
auピタットプランN(s)/2GB未満
新auピタットプランN/2〜7GB
-500円
カケホ(ガラケー)-934円
auピタットプランN(s)/2GB以上
auデータMAXプラン
auフラットプラン
-1,000円

auスマートバリュー公式HPより)

ちょっとプラン名がややこしいですが、ざっくりいうと、使っているデータ量が多いほど、たくさん割引が受けられます

たとえば、家族2人がピタットプランN(s)で2GB以上を使っている我が家は、一人1,000円/月×2人=毎月2,000円がスマホの料金から割引になっています。

1年間では24,000円がお得になり、5年間の総割引額は、なんと12万円にも。

なのでauユーザーなら、電話代をプラスしても、スマホ割のあるauひかりはお得な選択肢といえます。

※スマホ割についてさらにくわしくは、『auスマートバリューは本当にお得?申し込み方法を解説』の記事で紹介しています。新ピタットプランNで1GB未満の人は、割引の対象外になってしまうので注意しましょう。

特徴2.自社回線なので速度が安定

auひかりは、速度が安定しているという評判が多いです。

のちほど口コミの章でも紹介しますが、速度が安定して速い理由は、auひかりはKDDIの自社回線を使った通信をしているから

ドコモ光やフレッツ光など、NTTのケーブルを共有している回線とちがって混雑しにくいため、ノンストレスで使えるのが魅力です。

オンラインゲームにも向いている

auひかりは、上記の理由で速度が安定していて、回線が落ちることもほぼありません。

速度測定サイトで、auひかりユーザー16,000人の速度を調査したところ、つぎの結果になりました。

平均Ping値: 23.69ms 下り平均速度: 203.27Mbps 上り平均速度: 158.43Mbps

みんなのネット回線速度

『Ping値』とは情報の応答速度のことで、30以下であればオンラインゲームも快適にプレイできると言われています。

安定した速さを求めたいなら、auひかりはおすすめといえます

特徴3.キャッシュバック内容が良い

さらにauひかりは、ほかの光回線にくらべて、高額のキャッシュバックがもらえます。

当サイトではあらゆる光回線のキャッシュバックを比較していますが、もっともお得で安全な窓口のキャッシュバック額をまとめると、つぎのようになります。

光回線キャッシュバック金額
auひかり55,000円
NURO光40,000円
ソフトバンク光35,000円
ビッグローブ光25,000円
ドコモ光15,000円

このように、auひかりの新規契約でもらえるキャッシュバック額は、55,000円とほかよりも高額です。

どうしてこんなにもらえるのかというと、auひかりはプロバイダを選べるから。

プロバイダを選べるからお得!

auひかりは、上記の7社からプロバイダを選べます。

月額料金はどのプロバイダを選んでも変わりませんが、じつは、選ぶプロバイダによってもらえるキャッシュバックが大きく違います

競争相手がいると、キャッシュバック金額は高くなりやすいため、私たちユーザーにとってはよりお得になるのです。

ちなみに、今月もっともお得なプロバイダはSo-net!【2019年11月】

ちなみに、全7社のプロバイダをとことん比較した結果、もっともお得なのはSo-net。55,000円のキャッシュバックがもらえて、セキュリティサービスが2年間無料で使えます。

『So-net』のauひかりキャンペーンページ:https://www.auhikari.jp/campaign/

※ほかのプロバイダについても知りたい人は、『auひかりのプロバイダを全て比較!2019年11月のおすすめはコレだ』を参照してください。

3つの特徴をまとめると…

まとめると、auひかりならではの特徴は、「auユーザーはスマホ割でお得」「自社回線で速い」「キャッシュバックが高い」となります。

スマホ・携帯がauユーザーなら、まずはauひかり一択ですが、実はauひかりはすべての光回線の中でも、かなり安く使えます。

さらにauひかりの料金はトータルで見ても安い!

参考までに、メジャーな37社のネット回線の実質費用を比較してみると、次のようになります。

※実質費用とは、毎月の月額料金に、工事費など必ずかかる費用を足して、そこからキャッシュバックを引いた額。ネット回線では一般的な最低利用期間の、2年間で計算しています。

このように、auひかりを使った場合と、もっとも高いフレッツ光を使った場合では、2年間で約7万円の差になります。

auひかりよりもちょっとだけ安いNURO光は、月額も安くて魅力ですが、提供エリアが都市部に限られているのと、またスマホ割がソフトバンクしかないので、auユーザーにとってあまりメリットはありません。

年間で200円弱しか差がないなら、auのスマホ割が受けられるauひかりの方が、長い目でみてもお得です!

※上記の比較表を37社すべて見たい人は、こちらの記事の一番下を参考にしてください。

4.実際どうなの?auひかりの評判・口コミまとめ

このようにauひかりには、契約前に知っておきたいデメリットと、魅力的なメリットの両方がありました。

しかし、じつはここまではネットをくまなく見ればわかること。

これから使おうかなという人にとって、いちばん気になるのは「実際に使っている人の、正直な口コミ」だと思います。

そこで、実際にauひかりを利用している人の評判・口コミを調査し、次の3つのジャンルに分けてまとめました。

口コミ1.料金
口コミ2.通信速度
口コミ3.auひかりテレビ

では、順に見ていきましょう。

評判・口コミのまとめ

料金や通信速度については、「高くても、この速度と安定感なら満足」「キャッシュバックが本当にたくさんもらえた」などの嬉しい口コミがあがっていました。

一方、最近メジャーになってきた『ひかりテレビ』については、好きな番組を楽しめる一方で、「地デジが見れない」という点に悩む人も見られました。

口コミ1.料金

高くても、安定してるので満足

auひかりは、速ければ500Mbps以上、平均でも200Mbpsほどの速度が出ている人が多くいました。

「料金は安くはないけど、そのぶん快適に使える」という声は、すべての光回線のなかでもかなり多いほうだと思います。

auスマートバリューでお得

auスマートバリューの割引は、auスマホ・携帯一台ごとに適用されるので、家族で使っている人数が多ければ多いほど、割引額が大きくなります。

ちなみに家族割は、auスマートバリューと併用もできますが、適用できるプランとできないプランがあるようです。

キャッシュバックでお得

auひかりのキャッシュバックは、ほかの光回線より高額なので、満足しているという声が多くありました。

キャンペーンページから契約するだけで、約5万円がもらえるのはうれしいですね。

※ちなみに、10万円をこえる高額キャッシュバックを打ち出している代理店もありますが、危険なのでおすすめしません。ウォーターサーバ―の契約が必須だったり、アンケートに答えたら~といって詳細がわからない代理店は、損をする可能性が多いのでやめておきましょう。

口コミ2.速度は満足、マンションはタイプによって遅いことも

速度については満足の声が多数

さきほども紹介しましたが、auひかりの速度は速い人で500Mbps以上、平均でも200Mbpsほど。

最大速度1ギガというのはあくまでも理論値なので、「実際のユーザーは、どれくらいの満足度で使えているの?」というのが大事になってきます。

同じ1ギガのフレッツ光の場合だと100Mbpsも出ていれば速いほうなので、その点、auひかりの速度は十分に速いと言えます

マンションは戸建てよりは遅い

マンションのauひかりの速度は、50~70Mbpsほどという人が多くみられました

マンションは一つの回線をわけあって使うため、戸建てよりはどうしても遅くなりやすいです。

ちなみにauひかりマンションタイプはプランが7つに分かれていて、最大速度が100Mbpsのプランもありますが、それでも「遅くて使い物にならない!」という声は見つかりませんでした。

※auひかりのマンションプランについて、くわしくはこちら

口コミ3.auひかりテレビ

テレビ好きの人には満足

auひかりテレビは、月額1,980円で、ドラマ・映画・スポーツ・アニメなどの42チャンネルが見られます。

スカパー!や他社のひかりTVとかぶっているチャンネルも多いので、テレビ好きの人や特定のスポーツ・ミュージシャンなどを追いかけたい人には、満足の声が多く聞かれました。

ただし、auひかりだけで地上波は見られない

ただし、じつはauひかりテレビだけでは、地デジの番組を見ることはできません

地上波を見たい場合は、別途ケーブルテレビを契約するか、アンテナを立てるなどの選択肢が必要になってきます

もし、家にアンテナを建てたくない、建てられないなどの理由がある人は、auの公式サイトでおすすめされている、下記のようなデザインアンテナも候補に入れるか、ひかりTVの使えるほかの光回線を検討してみましょう。

(出典:棟梁ドットコム

5.auひかりの申し込みで受けられるキャンペーンまとめ

auひかりを新規で申し込むと受けられるキャンペーンは、つぎの3つ。(2019年11月現在)

・auひかり新スタートサポート(3万円)
・初期費用相当額割引キャンペーン(工事費37,500円→0円に)
・新規契約でもらえるキャッシュバック(55,000円)

これらは、すべて併用できます

それぞれ見ていきましょう。

auひかり新スタートサポート→乗り換えで30,000円お得に!

auひかり新スタートサポートとは、乗り換えのときに発生する他社の違約金を、あとから30,000円までキャッシュバックしてくれる制度。

「今すぐにでも乗り換えたいけど、更新月まで待たないと違約金がかかる…」と悩んでいる人は、これを使えばいつでも乗り換えられます

さらに、申し込みと同時にスマホもauに変える人は、1回線につき10,000円のキャッシュバックがもらえます。

※スタートサポートの申請用紙は、契約したお店またはこちらからダウンロードできます。

新スタートサポートを受けるには?

条件は、ネットと電話を契約して、さらに電話オプションパックEX(月額690円)を申し込むこと。

もし、電話は使わないけど、スマートバリューや工事費無料のために電話の契約だけするという人は、このキャッシュバックはあきらめて、あとで紹介する55,000円キャッシュバックを違約金に当てましょう。

初期費用相当額割引キャンペーン→工事費が0円に!

初期費用相当額割引キャンペーンとは、初期工事費を実質0円にしてくれるキャンペーン。

これにより、戸建ての工事費37,500円、またはマンションの工事費30,000円が、実質無料になります

つまり、このキャンペーンを受けることで、初期費用を3,000円に抑えられます!

初期費用相当額割引を受けるには?

条件は、ネットと電話を契約すること。

さらに、本当に無料にするためには、auひかりを戸建てで5年・マンションで2年使う必要があります。もし途中で解約した場合は、残りを一括で請求されます。

 新規契約でもらえるキャッシュバック→55,000円

auひかりを新規契約すると、最大で55,000円のキャッシュバックがもらえます。

ただし、これはどこから申し込んでももらえるわけではありません

たとえばau公式サイトから申し込むとキャッシュバックは10,000円ですが、代理店アイネットサポートから申し込むと、55,000円のキャッシュバックが受けられます

どのプロバイダを選んでもauひかりの品質や料金は同じなので、それなら、キャッシュバックの多い窓口から申し込みましょう!

もっともお得な『So-net』のauひかりキャンペーンページ:https://www.auhikari.jp/campaign/

6.こんな人におすすめ!

ここまで、auひかりのメリットやデメリット、わかりにくい割引条件などについてお話してきました。

すべてまとめると、auひかりは次のような人におすすめの光回線です。

auのスマホ、携帯を使っている人

auのスマホ、携帯を使っている人は、auスマートバリューで最大2,000円/月が割引になります。

家族でauスマホを使っている台数分、割引がうけられるので、この機会にキャリアを揃えるとさらにお得です。

他社の光回線から乗り換える人

auひかりは、他社からの乗り換えでかかる解約金を、最大3万円まで負担(キャッシュバック)してくれます。

さらに、これとは別に55,000円のキャッシュバックがもらえるので、それで今のネットの違約金を支払うと考えれば、更新月を気にせず、いつでもauに乗り換えられます

安定した速度を求める人

auひかりはKDDIの自社回線を使った光回線なので、速度が安定していると評判です。

動画をストレスなく見たい人はもちろん、動画配信や通信量の多いゲームをしたい人にもおすすめです。

自分には当てはまらないな…と感じた人は、『元販売員が光回線150社を比較!2019年11月あなたにおすすめが分かる』の記事から光回線を選んでください。おすすめの安く使える光回線がきっと見つかります。

7.auひかりを1番お得に申し込む方法【2019年11月】

auひかりのサービス(料金・速度・サポート)は、auショップから申し込んでも、ネットから申し込んでも変わりません。

しかし、実は申し込み窓口によって、もらえるキャッシュバック額は1万円〜5万円と大きく違いがあります。

せっかくauひかりを申し込むなら、今月もっともキャッシュバックがもらえる窓口から申し込みましょう!

auひかりのキャッシュバックキャンペーン窓口10社比較

それでは、一体どこから申し込むのが良いのでしょうか。

2019年11月現在、auひかりのキャッシュバックを行なっている主要10社の窓口をまとめてみました。

代理店・プロバイダ・公式ショップ・家電量販店のおすすめ順に比較しています。

申し込み窓口キャッシュバック(戸建て)キャッシュバック(集合住宅)
受け取り時期
アイネットサポート55,000円50,000円
1ヶ月後
NNコミュニケーションズ50,000円50,000円1ヶ月後
NEXT
50,000円50,000円1ヶ月後
S&Nパートナー45,000円45,000円1ヶ月後
BIGLOBE50,000円50,000円24ヶ月後
auショップ10,000円10,000円2ヶ月後
公式サイト10,000円10,000円2ヶ月後
ビッグカメラ45,000円45,000円1ヶ月後
ヨドバシカメラ45,000円45,000円1ヶ月後
ヤマダ電機25,000円25,000円1ヶ月後

2019年11月現在、いちばんお得なキャンペーンをおこなっているのは代理店アイネットサポート。戸建てならキャッシュバック55,000円が、開通翌月にもらえます。

アイネットサポートはあまりメジャーではない代理店ですが、公式のKDDIからも正式に認定されている代理店

メールフォームから問い合わせだけもできるので、ネットからの申し込みが不安な人も、安心して申し込めそうですね。

上記10社以外にも申し込み窓口はありますが、有料オプションの加入が必須など、キャッシュバックをもらうための条件が厳しいのでおすすめしません。auひかりのキャッシュバックについてもっと知りたい人は、こちらの記事を参照してください。

auひかりの申し込み方法

さいごに、auひかりの申し込み手順をかんたんに解説します。

2019年11月現在、もっともおすすめの窓口は、高額キャッシュバックがもらえてセキュリティサービスが無料で使える、代理店アイネットサポートです。

申し込み窓口に注意!

以下のキャンペーンページからでは55,000円のキャッシュバックがもらえます。(2019年11月現在)他の窓口から申し込むと、キャッシュバック金額が減ってしまう可能性があります。必ず以下の、正規キャンペーンページから申し込みましょう。

「auひかりキャンペーンページ」:https://auhikari-campaign.biz/

手順1.auひかりを申し込む

申し込みはこちらのリンクをクリック。

上記のページに移動するので「WEBお申し込み」をクリックします。

サイトの案内にしたがって、郵便番号・住所などを打ち込んでいけば申し込み完了です。

手順2.工事日の調整

申し込みから2日ほどで電話連絡があるので、工事日を調整してください。

この電話で利用したいプロバイダも聞かれるので、『So-net』を選ぶようにしましょう。

手順3.工事の立会いと利用開始

工事の2日前までに、光回線開通に必要な機器が送られてきます。

工事日当日は、約2時間の立会いが必要。工事が終わると、インターネット開通です!

8.auひかりホームタイプ(戸建て)の人は、撤去工事費がかかる

ちなみに、解約時の話になりますが、もう一つだけ、知っておいてほしいことがあります。

これからauひかりのホームタイプを契約する人は、解約するときに、撤去費用28,800円がかかります

2018年3月1日以降にauひかりホーム、または高速サービス(10ギガ・5ギガ)をお申し込みのお客さまは、解約時に引込設備の撤去工事をKDDIが行い、撤去工事費28,800円がかかります。なお、お客さまのご都合により撤去工事ができない場合は、設備が残ることにより発生する維持費相当をお支払いただきます。

出典:auひかり ホーム:料金・割引(光ファイバー auひかり)

この撤去費用を払わずにすむ方法は2つあり、次のどちらかです。

  • 引越し先でも同じプロバイダでauひかりを使う
  • 他社の違約金をキャッシュバックしてくれる回線に乗り換える

もし解約になったときは、この撤去費用も考えたうえで、次の光回線を決めるようにしましょう。

9.よくある質問

さいごに、auひかりの利用中やスタート時に、よくある疑問をまとめます。

Q1:auひかりの解約方法や解約金について知りたい。
Q2:ホームゲートウェイって何?どうやって使うの?
Q3:お客様サポートの連絡先は?料金確認方法など

Q1:auひかりの解約方法や解約金について知りたい。

auひかりを解約したいときは、各プロバイダに解約申請をするだけです。KDDIや、契約した代理店への連絡は不要です。

プロバイダ電話番号受付時間
au one net0077-7779:00~20:00/年中無休
BIGLOBE0120-86-0962または
03-6385-0962
10:00~19:00/年中無休
So-net0120-80-77619:00~18:00/1月1日・2日およびSo-net指定のメンテナンス日を除く
@nifty0120-32-2210または
03-5860-7600
10:00~19:00/年中無休
ASAHIネット0120-577-108または
03-6631-0856
10:00~17:00/土・日・祝日を除く
@T COM0120-805-633月~金 10:00~20:00/土日祝 10:00~18:00/年中無休、メンテナンス日を除く
DTI0120-830-501または
03-5749-8091
10:00~17:00/平日

auひかりの解約方法や解約費用についてもっと知りたい方は、こちらの記事を参考にしてください。

Q2:ホームゲートウェイって何?交換方法は?

ホームゲートウェイとは、光回線を使うのに必要な機器のこと。auひかりを契約すると家に届く、つぎのような機器です。

auひかりのホームゲートウェイは、ひかり電話や無線LAN(Wi-Fi)を使うときにも必要です。

無線LAN(Wi-Fi)機能は月額500円ですが、auスマートバリューを申し込んでいる人なら無料で使えます

ホームゲートウェイの交換方法

基本的に、新規で契約すると最新の機種が送られてきますが、長くつかっている古い機種だと、速度が出ない原因になることもあります。

そんなときは、auひかりお客様サポート(0077-777)へ電話をして、ホームゲートウェイの交換を申し込みましょう。

現在のホームゲートウェイの型番は、機器に貼ってあるシールに書いています。

Q3:お客様サポートの連絡先は?料金確認方法など

auひかりへのお問い合わせは、お客様サポートへの電話、もしくはメールでできます。

auお客様サポート/総合案内

0077-777(9~20時、年中無休)
0120-22-0077(上記の番号が使えない場合)

自動音声が流れますので、対応ガイダンスにしたがって番号を選択しましょう。

料金確認だけならWebからできる

auひかりの料金の内訳を知りたい人は、上記の電話のほか、Webの「My au」のページからもわかります。

「au ID」とパスワードを入力してログインすると、auひかり料金のほか、auスマホ・携帯の内訳もすべて見ることができます。

au IDとパスワードは、「ご利用開始のご案内」に記載されています。もしわからなくても、再発行できるので大丈夫です。

5つの質問で、ぴったりのインターネット回線がわかる!

こういったことで困っていませんか?

スマホの速度制限によくひっかかる
引っ越しでネット回線を引きたい
ネット回線を1番安く契約したい
通信費をもっと安くしたい

これらの悩みは、以下の診断で解決できます!!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*