【最新版】結局どうなの?楽天モバイルの評判・口コミを解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
rakuten-mobile-reputation2

常識では考えられないほどお得なキャンペーンを、たくさん打ち出している楽天モバイル。

ただ「無料」や「無制限」などのワードを連発しているため、はっきり言って少し疑ってしまいますよね。

実際のところ、「月額料金が1年間無料」や「データ通信が無制限」で使えるのですが、評判や口コミからわかった5つのデメリットがあります

たとえば、楽天回線を提供しているエリアはまだ一部の都市だけであったり、iPhoneとの相性が悪かったりなどなど、思ったように快適に使えない可能性があるんです。

そのため結論からいうと、5つのデメリットが気にならないなら、1年間はたった3,000円で使えて、いつでも無料で解約できる「楽天モバイル」を使うべきです

実際に楽天モバイルユーザーの評判や口コミにもとづいて解説し、あなたにとってベストなのか、メリット・デメリットに分けてくわしく見ていきましょう。

今のうちに申し込むとお得!

楽天モバイルは、新料金プラン「Rakuten UN-LIMIT Ⅵ」を2021年4月1日スタートしますが、4月1日を待たずに、今のうちに申し込みましょう。

プラン料金1年間無料キャンペーンは、いつ終了するかわからないからです。

現行プランに申し込んでも、4月1日にはプラン内容が自動的にアップグレードされ、キャンペーン適用期間も引き継がれるので、このキャンペーンが開催されている今のうちに申し込んだ方がお得です。(3月2日現在はキャンペーン開催中)

1.楽天モバイルの料金プラン

楽天モバイルとは、3社が独占していた携帯通信サービスに革命を起こそうとしているサービス。ドコモ・au・ソフトバンクに次ぐ「第4のキャリア」と呼ばれています。

楽天モバイルのプランは、「Rakuten UN-LIMIT Ⅴ」のたった1つだけ。

料金プランはこのようになっています。

楽天モバイル「Rakuten UN-LIMIT Ⅴの基本情報
データ通信  無制限
※制限される場合がある
※パートナーエリアは月間5GBの制限がある
エリア 東京、大阪、名古屋などの一部の地域→楽天回線エリア
通話  完全かけ放題(Rakuten Linkアプリ利用時)、それ以外20円/30秒
初期費用  3,000円←2021年3月現在は0円
月額料金  1年間無料(2年目以降2,980円)
端末  14種類、17,000円〜
ポイント還元  最大25,000円分のポイントプレゼント
最低利用期間  なし
公式ページ 楽天モバイル公式ページ 

※以下すべて税抜

データ通信が無制限なのに月額料金2,980円と常識では考えられないほど安く、さらに1年間無料で使えるんです

他にも、ありえないくらいオトクなキャンペーンが開催されています。

キャンペーン開催中!【1月最新】楽天モバイルのキャンペーンで損しない!お得に申し込む方法

・プラン料金1年間無料 
・新規契約で3,000ポイントプレゼント
・対象製品購入で最大25,000ポイントプレゼント

とにかく1年間は最安値で使えるため、料金重視でスマホを使いたい人は楽天モバイルがぴったりです。

楽天モバイル 契約手順

それでは実際に、楽天モバイルユーザーからの評判と口コミをもとに、くわしくメリットとデメリットを見ていきましょう。

2.評判や口コミからわかったメリット7つ

楽天モバイル メリット

まずは、楽天モバイルの新プラン「Rakuten UN-LIMIT Ⅴ」の評判と口コミを、専門家が解説しながらメリットを紹介していきます。

メリット1.1年間たった3,000円で使える

楽天モバイル UN-LIMIT Ⅴ

先着300万人限定のキャンペーンにより、1年間の月額料金が0円で使えます。

楽天モバイルを使うために事務手数料3,000円だけ必要ですが、全額楽天ポイントとして還元されるので実質無料です。

しかも、解約金などが必要なくいつでも解約できるため、誰でも気軽に使いはじめられます!

【11月5日追記】事務手数料3,000円も無料に!

楽天モバイルは11月5日から、事務手数料の3,000円も無料になりました。

0円で契約できるのと同じなので、お試しにももってこいのサービスです!

メリット2.月額料金2,980円で安い

楽天モバイルの月額料金は2,980円とかなり安く、最大限に割引が効いたドコモ・au・ソフトバンクよりも安いんです

以下で大容量プランの最安値料金を比較しました。

  楽天 au ソフトバンク ドコモ
料金 2,980円 3,460円 3,480円 3,980円
データ容量 無制限 無制限 50GB 無制限

キャンペーンが終了する2年目でも、データ量が無制限で月額料金2,980円なのは破格の料金設定なんです。

※くわしく知りたい人は、楽天モバイルって結局いくらなの?料金プランを分かりやすく解説!を参考にしてください。

メリット3.データ通信が無制限で使い放題

楽天回線エリアでのデータ通信は無制限で使い放題です。

そのため、データ通信をたくさん消費するアプリや、Netflixなどの動画サービスを気にせずに楽しめます。

実際は、1日10GB以上使うと速度制限にかかり、速度が最大3Mbpsぐらいに低下するらしい…

公式ページに記載されていませんが、楽天モバイルのデータ通信は1日10GB以上使うと速度制限がかかり、速度が最大3Mbpsぐらいに低下することがTwitterでは有名です。

ただ、1日で10GBはYouTubeを10時間近く視聴できるデータ通信量に加え、3MbpsはWebページの読み込みなどは快適にできるため、実質無制限であることは間違いないです

ただし、データ通信が無制限なのは楽天回線エリアだけなので注意してください

楽天回線エリアとは、楽天の基地局がある東京・大阪・名古屋などの一部の地域のエリアのことです。

パートナーエリアとは、楽天回線以外のエリアのことをいいます。

楽天モバイル エリア

エリア データ通信
楽天回線エリア(東京、大阪、名古屋などの一部の地域) 無制限
パートナーエリア(楽天回線以外のエリア) 5GB

パートナーエリア(au回線)は5GBまで使える

上記の楽天回線エリア以外は、パートナーエリア(au回線)を5GBまで使うことができ、データ量を使いきっても速度1Mbps(画像の多いWebサービスやTwitterなら十分な速度)で使えます

ただ、このパートナー回線は格安SIMのデメリットでもある「通信が遅くなる」場合があるので注意してくださいね。

格安SIMの通信が遅くなる理由

格安SIMが遅くなる理由は、キャリアから借りている通信回線が混雑(パンク)しているから

格安SIM 速度

格安SIMはキャリアが持っている回線(道路)のうち、一部の回線(道路)だけを借りてサービスを提供しています。そのため、借りている回線(道路)に対して、利用者がたくさんいればいるほど通信が遅くなりやすいのです。

海外66ケ国でも2GBまで使える

急な出張や旅行であっても、韓国やハワイなどの楽天モバイルと提携している国であれば、無料で2GBまでなら使えます。

海外で利用する際は、my楽天モバイルにログインし、「海外ローミング」の設定をONにしておく必要があります。くわしくはこちら

日本に帰ってきたら自動で楽天回線やパートナー回線に切り替わるので、特に何もする必要はありません。

現地でスマホを使えるようにするために、わざわざSIMを用意しなくていいのは、かなりありがたいですよね。

メリット4.データ通信が速い

新しく基地局を立てて独自回線を使用しているため、楽天モバイルの速度は不安視されていましたが充分な速度が出ているんんです

順位 通信サービス 通信速度
1 NTTドコモ 72.97Mbps
2 au 48.89Mbps
3 ソフトバンク 44.75Mbps
4 楽天モバイル 31.81Mbps
5 OCNモバイルONE
(ドコモ回線)
30.04Mbps
6 BIGLOBEモバイル
(au回線)
19.6Mbps
7 LINEモバイル
(ソフトバンク回線)
6.8Mbps

みんなのネット回線速度【1月時点
MMD研究所(格安SIM)

他のキャリアであるドコモ・au・ソフトバンクと比べると劣るように感じますが、格安SIMよりかは速度が出ているんです。

通信速度が20Mbpsあれば4Kの動画を見ることができるため、31.81Mbpsも出ていれば快適に使えますね

第4のキャリアとしては好調の滑り出しと言っていいでしょう。

メリット5.国内の通話が完全無料

楽天モバイルでは「Rakuten Linkアプリ」を使うと、通話が完全かけ放題で利用できます

しかも、国内での通話だけではなく、海外66ヶ国から日本への通話も無料なんです。

また、LINEなどのアプリの電話よりも音質がいいため、普通の電話と変わらないのが特徴です。

メリット6.楽天ポイントがめちゃくちゃ貯まる(初回最大25,000ポイント還元)

楽天モバイル

楽天モバイルを契約した際にもらえる楽天ポイントは、最大25,000ポイントも受け取ることができるんです。

  • 新規契約で5,000ポイント
  • スマホ同時購入で最大20,000ポイント

という内訳になっています。

楽天ポイントは、コンビニなどの楽天カード加盟店や、楽天市場などで1ポイント=1円として利用できるため、楽天ポイントは現金ぐらいの価値があります

この楽天ポイントがどれだけすごいのか、「SIMのみ」を契約した場合と「SIM+対象のスマホをセット購入」を契約した場合の1年間の支払う料金ともらえる楽天ポイントをシミュレーションしてみました。

SIMのみ→「実質5,000円分もらえる」

費用(税込み) 初期費用:3,300←2021年3月現在は0円
ポイント還元 新規契約:5,000ポイント
差額  +5,000円分

つまりSIMのみを契約した場合、料金を支払うどころか、1年間楽天モバイルを契約するだけで5,000円分もプラスになるんです

SIM +「Rakuten Hand」購入→「実質4,999円とスマホがもらえる」

費用(税込み) 初期費用:3,300←2021年3月現在は0円
Galaxy A7:20,000円(税込み)
ポイント還元 製品+プランセット購入:19,999ポイント
差額  +4,999円分

SIMのみの場合に加えて、スマホの料金とポイント還元が考慮されます。

1番オトクに購入できるスマホは「Rakuten Hand」で、料金が20,000円(税込み)でポイント還元が24,999ポイント。

つまり、SIM+対象のスマホをセット購入した場合、実質4,999円分と「Rakuten Hand」が手に入るんです

楽天モバイルを使っているだけで、ポイントが貯まりやすい

他にも楽天モバイルを使っていると楽天ポイントが貯まりやすいんです。

  • 100円で1ポイント
  • 楽天市場のポイントが+1倍

月々のお支払い100円につき楽天ポイントが1ポイント貯まったり、楽天市場でのお買い物がポイント+1倍になる「SPU(楽天スーパーポイントアップ)」が適用されます。

現金ぐらい価値のある楽天ポイントを、コツコツ貯められるのはかなりありがたいですね。そんな貯まったポイントは、2年目以降の月々の支払いに使えます

楽天市場などでうまくポイントを貯めると、現金はまったく使わずに携帯代はすべて楽天ポイントで支払えるところもGOODポイントですね。

メリット7.コスパの良いスマホ(android端末)が購入できる

2021年3月現在、楽天モバイルで18種類のスマホを購入できます。(ポイント順に並べました)

製品名 料金 最大ポイント還元
Xperia Ace 34,528円 25,000ポイント
Rakuten Hand 18,182円 24,999ポイント
Rakuten Mini 17,000円 20,000ポイント
arrows RX 18,182円 20,000ポイント
AQUOS sense3 lite 23,619円 20,000ポイント
OPPO Reno A 128GB 35,273円 20,000ポイント
Rakuten BIG 63,455円 20,000ポイント
Galaxy S10 65,437円 20,000ポイント
OPPO A5 2020 20,019円 20,000ポイント
OPPO A73 28,000円 7,000ポイント
AQUOS sense4 plus 39,819円 6,000ポイント
AQUOS R5G 117,091円 6,000ポイント
AQUOS sense4 lite 29,819円 5,000ポイント
Galaxy A7 17,000円 5,000ポイント
AQUOS sense3 plus 34,528円 5,000ポイント
OPPO Reno3 A 36,182円 5,000ポイント
HUAWEI nova 5T 54,364円 5,000ポイント
 Galaxy Note10+  89,982円 5,000ポイント

キャンペーンということもあり、端末料金が安く、ポイント還元も多い「Rakuten Hand」がおすすめ。

メリット6でもお伝えしたように、楽天モバイルの契約時にもらえるポイントと合わせると、実質0円分でスマホが手に入るんです

ハイスペックな端末という訳ではありませんが、料金のわりにはかなり使えます。

「Rakuten Hand」スペック紹介
製品 Rakuten Hand
画面サイズ 約5.1インチ
OS Android™10
RAM/ROM 4GB / 64GB
バッテリー容量 約18.3時間
カメラ 外側:約4,800万画素
内側:約1,600万画素
防水
おサイフケータイ
料金 一括払い:18,182円
24回払い:757円
48回払い:378円
ポイントバック 24,999ポイント

縦長のスリムなデザインで、しかも約129gと軽く持ち運びの負担がない端末です。

最新のAndroid10を搭載し、さらに約4800万画素の高機能カメラを搭載しているので、普段使いにピッタリ。

できる限り費用を抑えたい方にとってはすごく魅力的ですね。

※楽天モバイルの端末に関するページはこちら

3.評判や口コミからわかったデメリット5つ

楽天モバイル デメリット

信じられないほどたくさんのメリットがありましたね。

でもちょっと待ってください!知っておかないといけない重大なデメリットがあるんです。

それぞれみていきましょう。

デメリット1.楽天回線エリアなのは一部の都市のみ、拡大中

メリット3でも述べましたが、データ通信が無制限で使い放題なのは、楽天回線エリアは一部の大都市のみ。

それ以外のエリア(パートナーエリア)なので5GBまで使えず、快適なネット生活はできません。

そのため、楽天モバイルを契約しようと思っている人は、「あなたの生活圏が楽天回線エリア内かどうか」必ず確認してください

※楽天回線エリアの確認→こちら
※くわしく知りたい人は、公式では教えてない!楽天モバイルのエリア確認方法を伝授しますを参考にしてください。

もしあなたの生活圏が楽天回線エリア外なら、もう少し楽天回線の広がりを待つのがベストだと思います。

デメリット2.他のキャリアと比べると、楽天回線は不安定

2020年4月8日から独自回線としての運営がスタートしたため、携帯通信サービス業界の中では、楽天モバイルはまだまだ初心者です。

そのため、ドコモ・au・ソフトバンクと比べると、楽天回線のレベルは少し劣る傾向があります。

マンションや地下は繋がりにくい

https://twitter.com/night_eden/status/1270642512978296833

楽天回線は、マンションの高層階や地下は電波が届きにくい傾向があります

他のキャリアよりも繋がりにくいのは、まだ基地局の数が少なく多方向から電波を遅れないからです。

基地局とは、スマホと電波のやりとりをする機器です。

そのため、楽天モバイルを契約しようと思っている方は、「楽天回線は不安定」ということを理解しておきましょう

一時的にデータ通信が使えない可能性がある

データ通信を無制限で使える楽天回線エリアなのですが、一時的にデータ通信が使えなくなることがあります。

他のキャリアでも起こる可能性があるので、一概にデメリットとは言いきれません。

デメリット3.データ通信を無制限で使えない可能性がある

データ通信が無制限に使える楽天モバイルですが、「絶対に無制限で使える」というわけではないんです。

以下の画像をみてください。

楽天モバイル データ

楽天モバイル データ

「完全使い放題は、楽天基地局に接続時。公平にサービスを提供するため通信速度の制御を行うことあり」と記載されています。

そもそもデータ通信を1度に流せられる量には限度があり、たくさんの人が利用すると混雑し快適に利用することができません。

そのため、たくさんデータ通信を使っている人は一時的に規制される場合があることを知っておきましょう。

デメリット4.iPhoneXより前は使えない

楽天モバイルで使用できるiPhoneは比較的新しい端末だけで、iPhoneXより前の端末は使えないんです。

どのiPhoneが利用できるのか、以下の表にまとめました。

利用できる◯
iPhone 12
iPhone12 Pro
iPhone SE(第2世代)
iPhone 11 Pro
iPhone 11 Pro Max
iPhone 11
iPhone XS
iPhone XS Max
iPhone XR
利用できない× iPhone X
iPhone 8
iPhone 8 Plus
iPhone 7
iPhone 7 Plus
iPhone 6s
iPhone 6s Plus
iPhone 6
iPhone 6 Plus
iPhone SE (第 1 世代)
—以下省略—

iPhoneを使おうと考えている人は、利用できる種類のiPhoneなのか必ず確認してから契約してください

※海外66ヶ国でのデータ通信は利用できません。
※くわしく知りたい人は【2021年3月】楽天モバイルでiPhoneをお得に使うための全知識を参考にしてください。

デメリット5.サポート体制が整っていない

https://twitter.com/esupifive/status/1312712522537922560

他のサービスと比べると、楽天モバイルのサポート体制は整っていません。

評判や口コミからわかった、楽天モバイルのサポートの問題点について、いくつかまとめました。

  • 電話窓口につながりにくい
  • チャットの質問に対して翌日回答される
  • 担当者をたらい回しにされる
  • 端末が届かない
  • 端末に不具合が出ても解決してくれない

これらの問題点は他のサービスでもありえますが、楽天モバイルでは比較的多い傾向があります。

その中でもとくに多かった口コミは「スタッフの対応が悪い」ということ。

このように対応が良くないため、もしサポートに頼ったとしても解決できない場合があります。

ほとんどの人がサポートを利用するわけではありませんが、充実したサポートを受けたいのであれば、他のキャリアを使いましょう。

4.楽天モバイルをおすすめする人、しない人

以上で、評判や口コミからわかったメリットとデメリットを紹介してきました。

とにかく1年間はたった3,000円でスマホが持てるため、料金重視の人には「楽天モバイル」はうってつけのサービスです。

しかし、紹介してきたようなデメリットがあるので、全員におすすめできるわけではありません。

そのため、5つのデメリットが1つでも気になる人は、確実で安定なサービスを使いましょう

そのことを理解したうえで、楽天モバイルをおすすめする人は以下の人です。

  • 楽天回線エリア在住の人
  • パートナーエリア在住で月に5GB以下しか使わない人

楽天回線エリア在住の人

「データ通信」と「通話」が使い放題なので、他のキャリアよりもかなりお得に使えます

  楽天モバイル ドコモ au ソフトバンク
データ通信 無制限 無制限 無制限 50GB
通話 0円 20秒/30円 20秒/30円 20秒/30円
月額料金
(1年目)
0円 4,480円
(割引後)
3,460円
(割引後)
3,480円
(割引後)
月額料金
(2年目〜)
2,980円

ただし、楽天回線は急ピッチで改善されているとは言え、一部のエリアでは繋がりにくいのが現状です。

スマホはいろいろな場所で使うので、常に快適にスマホが使えるわけではないことを理解しておいてください。

もし常に快適に使いたい人は、楽天回線がどこでも繋がりやすくなったタイミングに契約するのがベストです

とりあえず試してみるのもあり

楽天モバイル「Rakuten UN-LIMIT Ⅴ」の基本情報
月額料金  1年間無料(2年目以降2,980円)
事務手数料  なし
最低利用期間  なし
解約金  なし

楽天モバイルは「1年間無料で使え、いつでも解約できる」ので、まずは使ってみることをおすすめします。もし、楽天回線に繋がりにくて快適に使えなかったとして、すぐに乗り換えることできます。

パートナーエリア在住で、月に5GB以下しか使わない人

パートナーエリアに住んでいても、月に5GB以下しか使わない人なら、楽天モバイルがおすすめです。

本来であれば格安SIMにするべきデータ量なのですが、とにかく1年間は0円で使えるため、格安SIMよりもお得に使えます

2年目以降は乗り換えよう

月に5GB以下しか使わないなら、月額料金2,980円は高いです。そのため、キャンペーンが終わる2年目のタイミングで格安SIMに乗り換えましょう。

※月に5GB以上でも楽天モバイルが気になる人→こちら

楽天モバイルは完璧なサービスではありませんが、1年間は圧倒的に安く使えることができます。

そのため、スマホの料金を抑えたいなら一度使ってみてください。

月額料金が1年間無料になるキャンペーンが終了してしまう前に、なるべく早く楽天モバイルに申し込みましょう。

まとめ

楽天モバイルについて、評判や口コミを入れながら解説してきました。

楽天モバイルには5つのデメリットあります。

しかし、最低利用期間がなくいつでも解約できるうえに、0円で1年間使うことが可能です

そのため、とりあえず乗り換えて使ってみるという選択肢もありだと思います。

1年間の料金が無料になるキャンペーンが終了してしまう前に、ぜひ楽天モバイルを使ってみてください。

楽天モバイルの申し込みは「オンライン契約」がおすすめ!

楽天モバイルへの申し込みは、キャンペーンで8,000楽天ポイントがもらえる「オンライン契約」がおすすめ。

約10分くらいで手続きは完了するので、サクッと終わらしちゃいましょう。

それでは、オンラインから楽天モバイルへの申し込み手順をみていきましょう。

手順1.必要書類を準備する

楽天モバイルを契約するにあたって、以下の2つ(3つ)を準備します。

  • 本人確認書類
  • クレジットカード/銀行口座
  • MNP予約番号(他社から電話番号乗り換えの方のみ)

本人確認書類には、運転免許証やマイナンバーカードを用意してください。

手順2.プラン内容を決める

楽天モバイル公式ページの画面上部にある「お申し込み」から申し込みをしていきます。

  1. プランを選択し、オプションを選択する
  2. 端末を選択する(購入する場合)
  3. 楽天会員にログインする

1.プランを選択し、オプションを選択する

楽天モバイル 契約手順

プランの選択と言っても「UN-LIMIT」しかないので、素直に「プランを選択する」をタップします。

次に、オプションの選択をしていきますが、基本的にオプションは必要ないので、そのまま進めていきましょう。

「海外かけ放題オプション」は月額980円で追加できます。

2.端末を選択する(購入する場合)

楽天モバイル 契約手順

オプション画面をスクロールしていき、端末を購入する人は「製品選択へ進む」を押して進みます。

好きなスマホを選んでいきます。もしまだ迷っているならコスパがいい「Rakuten Hand」がおすすめです。

端末を選び終わったら「この内容で申し込む」を選択してください。

3.楽天会員にログインする

楽天モバイル 契約手順

プラン内容をすべて決めて入力していくと、楽天のログイン画面が表示されるので、ログインしていきます。

楽天会員ではない方は、ここで新規登録をし、ユーザーIDを発行してください。もちろん無料です

手順3.必要書類を提出して申し込みを完了する

楽天会員のログイン後、必要書類を一つひとつ入力していきます。

  • 本人確認種類
  • 電話番号の選択・MNP予約番号の入力
  • お届け先情報
  • プランのお支払い方法(クレジットカード)

とくに、難しいことはないのでWebサイトの指示通りに進めていってください。

すべての入力が完了して「同意して申し込む」をタップすると楽天モバイルの手続きは完了です。

「パートナーエリアで住んでいる人」は、データ通信を節約しよう

パートナーエリアで1ヶ月に5GB以上使ってしまうと、残りの月は速度制限にかかるため、最大1Mbpsの通信速度でしか使えません

通信速度によって利用できることを、以下の表をにまとめました。

通信速度 目安

画像の多いWebサービスやTwitterなら、1Mbpsでも十分に使えます。

しかし、動画サービスやスマホオンラインゲームは、1Mbpsだと快適にすることはできません

Wi-Fi環境がないところで、よく動画サービスやゲームをする人は楽天モバイルには向いていないと言えるでしょう。

解決策!前もって動画をダウンロードしておこう

『Netflix』や『Amazonプライムビデオ』など、ほとんどの動画サービスはダウンロード機能があります。いつでも動画が見られるように、Wi-Fi環境のあるところで、前もって動画をダウンロードしておきましょう。

5つの質問で、ぴったりのインターネット回線がわかる!

こういったことで困っていませんか?

スマホの速度制限によくひっかかる
引っ越しでネット回線を引きたい
ネット回線を1番安く契約したい
通信費をもっと安くしたい

これらの悩みは、以下の診断で解決できます!!

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. 桑原圭介 より:

    元々楽天モバイルユーザーです。4月28日にスマホで申込するも間違えてeSIMで申込をしてしまいました。同日、楽天モバイルアプリのチャットにて間違えた旨を連絡しました。5月7日にやっと返信が来る。しかしこの前に電話での問い合わせも繋がり、担当者さんより「キャンセルします、手続きに1週間程かかりますが、その後再度お申込み下さい」と。ここまでの対応は〇。しかし2週間経過してもキャンセルされない。現在6月15日。その間何度かやり取りするも、調子の良い事は言うが全く対応してくれない状態。間違えた自分が悪いのは重々承知しているが、この対応は本当にヤバい。買い物も銀行口座もクレジットカードも全て楽天を利用しているが、それもどうしようかと考えるレベル。なんか脆弱な会社って感じで不安になる。

    1. 田子祥大 より:

      楽天モバイルのサポート体制は、うわさ通り対応が悪いみたいですね。

      楽天モバイルは新しくはじまったばかりということもありますが、経営自体が攻めすぎていていろいろ不安になる要素はありますよね。

      貴重な意見をありがとうございます。

  2. 皇潤 より:

    混雑するとLINEすら繋がらないのはどう見ても致命的かと、、

    測り方や時間帯で雲泥の差なので、データを出して評価している所も信用出来ません

    使って数カ月になりますが耐えられないので他に変えようと思います

    1. つなが〜るネット事務局 より:

      皇潤様

      コメントありがとうございます。
      お昼時や夕方以降など混雑時に通信速度が遅くなるとイライラしますよね・・・。
      口コミでも皇潤様と同じような不満をもっている方が結構いらっしゃいました。
      LINEすら繋がらないのはあまりに不便なので、早めに乗り換えを考えても良いかもしれません。

  3. 酒田 より:

    楽天モバイルに変更しようと店舗に行きましたが、急激に沢山の店舗を作ったためか、店員さんの教育が行き届いておらずひどい対応でした。腹が立って散々手続きに時間をかけた後でしたが機種変更を辞めました。楽天モバイルにしてしまって毎回こんな対応うけるなら通信料にお金をかける方がストレスがなく良いと思います。そこまで今の携帯会社の値段とも変わりませんし。安いだけが良いことではないんだなと改めて感じさせてもらいました。

    1. 味村海渡 より:

      コメントいただきありがとうございます。
      店舗での契約は、スタッフの方の力量次第で手続きの速さが変わってしまうのがネックですね…。
      オンラインでの契約であれば、ご自身の情報の入力だけで申し込みができるのでおすすめです。
      料金が安くても、サポートや対応が悪いと、サービス全体としての質は下がってしまうと感じます。口コミや評判をチェックするのも大事ですね。
      貴重なご意見をありがとうございました。

  4. パパチャリ より:

    銀座支店での応対は最悪でした。一日目は契約したので結構良かったのですが、分からないことが有って2日目に行った時には、昨日の担当者が不在で、その他の7~8人いた店員は全員無視、問い合わせ先の電話番号を渡されただけでした。契約を破棄しようと北砂の店舗に行った時には、H氏が大変丁寧に事細かに教えてくれました。2,3回行っても嫌な顔せず、笑顔で教えてくれました。店舗によってこれほど違うのかと呆れましたが、結局は北砂店舗の対応が良かったので使い続けています。

    1. 味村海渡 より:

      コメントいただきありがとうございます。
      店舗に限らず、スタッフによって対応が変わるのは決していいことではありませんね…。
      結果的によい店員の方と出会えて、使うことができているようでなによりです。口コミや評判で、店舗でのスタッフの対応についてもチェックしておきたいですね。
      貴重なご意見をありがとうございました。

  5. 88888a8 より:

    楽天モバイルはまともな会社じゃない。無料サポータープログラムをMNPで申し込んだらSIMのサイズが違うのが届き、変更するのに問い合わせチャットの説明は2点3点するし、説明は雑だし要件の途中でも0時て終わり問題が解決できなかった。次の日は15時55分から問い合わせチャットを利用したが21時まで誰も対応しなかった。電話もネットも利用できず困っているのに何も対応をしない会社だから気を付けてください。

    1. 後藤 哲也 より:

      貴重なご意見に感謝いたします!

  6. 藤田 常晴 より:

    楽天モバイルの商品返品条件

    他社は到着後8日間、未開封、未使用であれば返品が可能。
    楽天モバイルは特定商取引法で保護されていて「購入者」都合の返品ができない。
    購入にあたって「返品が絶対できない」事を認識して購入してください。

    1. 田中靖 より:

      コメントありがとうございます。オンラインで格安SIMとスマホを契約した場合、通信契約の部分は初期契約解除ができますが、自己都合による端末の返品は受け付けていない会社が多いです。これは楽天モバイルに限ったことではないので、よく考えて契約する必要がありますね。

コメントを残す

*

つなが〜るネット – インターネットがもっとお得に快適になる情報サイト