※この記事はPRを含みます

楽天モバイルの評判は最悪?実際に使った感想をお伝えします

楽天モバイルのアイキャッチ

楽天が提供する「楽天モバイル」はデータ無制限で使えますが、「通信回線が不安定」など、悪い評判を見た人もいるでしょう。

しかし、結論をお伝えすると、楽天モバイルは通信が不安定という悪い評判が一部あるものの、総合的には格安SIMの中で最もおすすめです。

この記事ではなぜこのように言えるのか、筆者自身が楽天モバイルを利用した実体験をもとに、評判を徹底解説します。

本記事を読むことで楽天モバイルの特徴を理解でき、自分自身に適しているかがわかるので、ぜひ最後までご覧ください。

※おすすめの格安SIMは「2023年最新のおすすめ格安SIMを紹介!料金や性能を徹底比較」で解説しています。

目次

1.楽天モバイルとは?

楽天モバイルとは、大手3社が独占していた携帯業界に革命を起こそうとしているサービス。ドコモ・au・ソフトバンクにつぐ「第4のキャリア」です。

プランは「Rakuten最強プラン」(2023年6月1日登場の新プラン)の1つだけ。シンプルなプランなので、サクッと概要をチェックしましょう。

Rakuten 最強プラン(新プラン)の基本情報
データ容量無制限
エリア楽天、au
通話完全かけ放題
※Rakuten Linkアプリ使用時のみ。それ以外は20円/30秒
初期費用0円
月額料金3GBまで:1,078円
3〜20GBまで2,178円
20GB〜無制限:3,278円
最低利用期間なし
店舗全国に1,000店舗以上
メリット・データ無制限で使える
・無制限で使えるサービスの中で圧倒的に安い
・楽天ポイントがザクザク貯まる
デメリット・楽天回線エリアはまだまだ狭い
・大手キャリアと比べると回線が不安定
・無制限でデータを使えない可能性がある
申し込みページ楽天モバイル公式サイト

※料金はすべて税込み

楽天モバイルの最大の魅力は、3,278円(料金は以下すべて税込み)でデータが無制限で安く使えること。他の大手キャリアの無制限プランと比べても、3,000〜4,000円ほど月額料金が安いので驚きです。

速度制限にかかることはありません!楽天モバイルなら、データの使用量を全く気にせず、快適なデータ通信ができます!

2023年6月より「Rakuten 最強プラン」開始!パートナー回線も無制限利用可能!

楽天モバイル_評判_新料金プラン

2023年6月1日より「Rakuten UN-LIMIT Ⅶ」に変わって新たに「Rakuten 最強プラン」が開始されました。

新プランとはいえ、とくに大きな変更はなく、変わった点はパートナー回線エリアの高速データ容量制限が撤廃になったことです。

人口カバー率も、これまでの98.4%から、楽天回線エリアとパートナー回線エリア(国内)を合わせて、業界最高水準となる人口カバー率99.9%のサービスエリアで利用できます!

←スマホの人はスクロールできます→

 Rakuten UN-LIMIT ⅦRakuten 最強プラン
利用料金変更なし
3GBまで:1,078円
3〜20GBまで2,178円
20GB〜無制限:3,278円
楽天回線のデータ容量無制限全国どこでも無制限
パートナー回線(国内)のデータ容量5GB/月
パートナー回線(海外)のデータ容量変更なし

※料金はすべて税込み

2.実際に楽天モバイルを使ってみた!

「楽天モバイルの口コミ・評判はわかったけど、実際使ってみてどうなの?」と感じる人も多いと思います。

そこで、筆者自身が実際に楽天モバイルを利用してみての感想をお伝えしますね。

契約から利用開始まで

筆者は、楽天モバイルを店舗で契約をしました。楽天モバイルの公式サイトから予約をしてから、店舗へ向かいました。

乗り換えでの契約で、諸々手続きは必要でした。また、端末はiPhone12をアップグレードプログラムで購入。あわせて、「楽天モバイルと楽天カード同時申し込みキャンペーン」を適用させ、カードの手続きも。

端末選びに時間がかかったのもありますが、トータルで1時間ほどかかりました。店舗スタッフの印象としては、契約の内容など丁寧に説明してくれて、キャンペーンについても教えてくれます。

丁寧なサポートを受けながら手続きしたい人は店舗がおすすめですが、時間がかかるのを避けたい人はWeb申し込みの方がおすすめです。

※楽天モバイルの店舗でできることや店舗の予約方法は「【楽天モバイル】店舗での購入が不要な理由!ネットで申し込んで得するポイント」で解説しています。

楽天モバイルを実際に使ってみてわかったこと【通信回線】

結論、都内に住む筆者は、楽天モバイルの通信回線には満足しています。十分に使えますし、そこまで頻繁に繋がらなくなることはありません。

しかし地下鉄など、場所によっては通信回線が繋がらなくなることがあります。都内だと5Gにもつながりますが、すぐに4Gに戻ってしまうことがあります。

地下鉄でも、動画視聴などをしたい人にとっては、不便に感じることもあるかもしれません。

しかし、動画視聴をするのはWiFi環境のみで、外ではSNSやインターネット検索のみの人は不便なく使えます。

楽天モバイルを実際に使ってみてわかったこと【料金】

実際に使ってみて、楽天モバイルの料金についても満足しています。本当に無制限で使えて最大で3,278円です。

筆者の自宅にはWiFiがあるので、基本的に外でデータは使います。1ヶ月あたり10GB〜20GBの利用なので、2,178円です。

筆者は、楽天モバイルを使う前、ワイモバイルを使っており、毎月の使用量は15GBで料金は3,000程でした。それと比べるとかなりお得に感じています。

従量課金性なのでデータがもったいないことはありません。

楽天モバイルを実際に使ってみてわかったこと【通話】

楽天モバイルの利用者が、通話料を無料にするためにはこの「Rakuten Link」アプリは必須です。

筆者も「Rakuten Link」を利用して通話をしますが、正直なところ、品質はイマイチです。通信環境が少しでも良くないと、そもそもかかりづらいことや、通話中に話が途切れることもあります。

無料で通話する上では必須ですが、LINE通話の方が品質はよいと感じます。

実際に使ったら楽天ポイントがザクザク貯まる

楽天ポイントの画像

なんといっても楽天ポイントがかなり貯まります。筆者は楽天モバイルを2年近く使っていますが、今の楽天ポイントは画像の通りです。(これは、一切使わず、ずっと貯めている訳ではありません。)

楽天モバイルを使いはじめて、筆者は買い物サイトはAmazonを使っていましたが、楽天を使うようになりました。楽天モバイルの契約者なら楽天市場でのポイント還元率が上がるからです。

楽天市場以外でも楽天関連のサービスが豊富で、楽天モバイル契約特典もあるので、それによって気づいたら何百、何千とポイントが貯まっていることも

楽天ポイントの使い道もさまざまあり、筆者は楽天市場で使うだけではなく、楽天モバイルの支払いや、楽天カードの支払いにも使います。

実際に楽天モバイルを使ったら「my 楽天モバイル」がめちゃくちゃ便利

my楽天モバイルの画像

「my 楽天モバイル」はデータ通信量や利用料金の確認、契約内容の変更など、楽天モバイルに関するさまざまな手続きができるアプリで、筆者も頻繁に利用しています。アプリ版は面倒なログイン作業を省略できるため、より簡単に利用できるのでおすすめ

データの使用量はすぐに反映されるので、「今月は3GB以内に抑えた」とき、筆者は頻繁に確認しています。

実際に楽天モバイルを使っての総評

まとめると、楽天モバイルはかなり使いやすいです。

デメリットはありますが、それは他のキャリアや格安SIMでも同じことです。しかし、楽天モバイルはデメリット以上にメリットがあると感じています。

ぜひ、この機会に楽天モバイルを申し込んでみてください!

3.【最悪と言われる理由】楽天モバイルの評判・口コミ

ここからは、筆者の楽天モバイルを利用してわかったことの根拠となる、他の利用者の評判・口コミを紹介します。

楽天モバイルの悪い評判・口コミ

なぜ「楽天モバイルは最悪」と言われるのか、実際の評判・口コミを紹介します。

楽天モバイルの悪い評判・口コミ ※クリック(タップ)すると・評判・口コミが一覧で表示されます

楽天モバイルの悪い評判・口コミには「回線が不安定」「回線が繋がらない」というものが多かったです。

それ以外では、サポートの質や、Rakuten Linkの音質に関する悪い評判・口コミも見られました。

楽天モバイルのよい評判・口コミ

ここまで、楽天モバイルの悪い評判・口コミを確認しましたが、逆によい評判・口コミもあります。ここからは、楽天モバイルのよい評判・口コミについて確認しましょう。

楽天モバイルのよい評判・口コミ ※クリック(タップ)すると・評判・口コミが一覧で表示されます

悪い評判・口コミ以上に、よい評判・口コミがあることがわかります!また、実際に筆者の実体験の根拠となる評判・口コミも多数見つかりました。

ここからは、楽天モバイルの評判・口コミからわかったメリット・デメリットを解説します。

4.楽天モバイルの評判・口コミからわかったデメリット7個

ここまで、筆者が実際に楽天モバイルを使ってみてわかったことや、他の利用者の評判・口コミを解説しました。楽天モバイルは悪い評判・口コミ以上に、よい評判・口コミがあることがわかったでしょう。

しかし、楽天モバイルを利用する上で、評判・口コミからわかったデメリットもあります。ここでは、楽天モバイルのデメリットを確認しましょう。

それぞれ見ていきましょう。

デメリット1.楽天回線エリアはまだまだ狭い

都市部(東京・名古屋・大阪)は楽天回線エリア内ですが、全国的に見るとまだまだ狭いです。なので、郊外はエリア外となり、使えない可能性が高いです。

とはいえ楽天回線エリア外(郊外)では、「パートナー回線エリア」が無制限で使える

楽天モバイルの回線エリア

※楽天回線エリア:濃いピンク
※パートナー回線エリア:薄いピンク

エリアデータ容量
楽天回線エリア (東京・大阪・名古屋などの都市部)無制限
パートナー回線エリア(郊外)無制限

楽天モバイルは、「楽天回線エリア」の他に「パートナー回線エリア」を持っています。楽天回線エリア外では、パートナー回線エリアにつながり、こちらも無制限で使えます

今までの「Rakuten UN-LIMIT Ⅶ」では、毎月5GBまでしか使えませんでしたが、新たな「Rakuten 最強プラン」では無制限に使えるようになりました。

したがって、たまに楽天回線エリア外(郊外)に行くくらいで、主にエリア内で使う人は問題ないでしょう。

※楽天回線エリアの確認→こちら
※パートナー回線はau回線です。
※くわしく知りたい人は、「公式では教えていない!楽天モバイルのエリア確認方法を伝授します」を参考にしてください。

楽天回線エリアは、すごい勢いで拡大中!

2022年度末で、楽天回線エリアの人口カバー率が、98%を達成したと発表されました。

これが実現されると、ほとんどの人がデータ通信を無制限に使えるようになるため、エリア外の人はもう少し様子を見るのもアリです。

デメリット2.他のキャリアと比べると回線が不安定

楽天モバイルは、ドコモ・au・ソフトバンク(ahamo・povo・LINEMO)に比べて回線が不安定です。

2020年4月8日に、独自の回線を使って運営をスタートしたばかりなので、現状ではまだまだ課題があります。

マンションの上層階や地下はつながりにくい

楽天回線は、マンションの高層階や地下は電波が届きにくい傾向があります。

理由としては、基地局の数が少なく多方向から電波を送れなかったり、建物や障害物に弱い電波を使っているからです。

料金が安い分、こういったデメリットがあるのは仕方がないです。

マンションの高層階に住んでいたり、地下でよくスマホを使う人は注意してください

※基地局とは、スマホと電波のやりとりをする機器です。

デメリット3.データ通信を無制限で使えない可能性がある

データ通信が無制限に使える楽天モバイルですが、「絶対に無制限で使える」わけではないです。

以下の画像を見てください。

楽天モバイル データ

楽天モバイル データ

「完全使い放題は、楽天基地局に接続時。公平にサービスを提供するため通信速度の制御を行うことあり」と記載されています。

そもそも、データ通信を一度に流せられる量には限度があります。多くの人が利用すると混雑し、快適に利用できません。

そのため、短期間に大量のデータ通信を行うと、一時的に規制される場合があることを知っておきましょう。

デメリット4.オンラインサポートの評判が悪い

楽天モバイルは、オンライン(電話・チャット)サポートに対する評判が悪いです。以下、評判をいくつか紹介します。

  • 電話窓口につながりにくい
  • チャットの質問に対して翌日回答される
  • 担当者をたらい回しにされる
  • 端末に不具合が出ても解決してくれない

もし何かトラブルがあった場合に、上記のような対応をされるとストレスですよね・・・。

とはいえ、これらは他のキャリアでも起こりうることです。

店舗でのサポートは評判がよい

オンラインサポートの評判が悪いとはいえ、店舗でもサポートを受けられるのは不幸中の幸い。評判もよいです。

ahamo・povo・LINEMOには店舗がないので、店舗がある分、楽天モバイルのサポートはまだマシでしょう

現状、より充実したサポートを受けたい人は、キャリアの高額なプランを契約するしかありません…。

デメリット5.Android端末の種類が少ない  

楽天モバイルで販売されているAndroid端末は、2023年10月現在、13種類です。多いように思えますが、ワイモバイルでは25種類以上取り扱いがあります。

GalaxyやXperia、AQUOS、OPPOなどメーカーのバリエーションは豊富ですが、最新のモデルがラインナップに入っていません

Android端末を利用したい人は、自身で端末を用意する必要があります。

デメリット6.データ使用量の上限設定がない

楽天モバイルはデータ使用量の上限設定がないこともデメリットです。データを使った分だけ自動的に料金が上がっていきます

3GBの次は20GBの料金になるため、データ上限設定をして調整したいと思う人もいるでしょう。

どうしてもこれ以上データを使いたくないときは、端末そのもののデータ警告の設定やモバイルデータ通信をオフにする必要があります。 

デメリット7.Rakuten Linkの音質がよくない

楽天モバイルの通話アプリである「Rakuten Link」の通信品質がイマイチであるのもデメリットです。

「Rakuten Link」は、通常の音声通話とは異なり、データ通信を使って通話をしています。

そのため、回線速度が遅い場所や接続が不安定な場所で使うと、通信品質が悪くなります。建物の中に入った場合などは不安定になりやすいです。

  • 相手に声が遅れて届く
  • 電話がかからない
  • 音が途切れる
  • 音が反響して聞こえる 

これらの通信品質が不安定になる例があります。

5.楽天モバイルの評判・口コミからわかったメリット9個

冒頭でもお伝えした通り、楽天モバイルは総合的には格安SIMの中で最もおすすめです。

今よりも料金を安くデータを使いたいなら楽天モバイル一択です。

その理由は、ここまで紹介した楽天モバイルの評判・口コミからわかった以下のメリットがあるからです。

それぞれをくわしく解説していきます。

メリット1.データ通信が無制限で使い放題

楽天モバイルのメリットは何と言っても、データ通信が無制限で使い放題なことです!速度制限にかかることはありません!

そのため、データを多く消費するアプリや、Netflixなどの動画サービスをいつでも楽しめます。

今まで、「すでに○GB使ってる…」「今月もう速度制限にかかった…」という経験がある人も多いでしょう。

しかし、楽天モバイルなら、このようなことを全く気にせず、快適なデータ通信ができます!

無制限に使えるサービスとしては最安級

データ容量が無制限で使えるプランは、ドコモ・au・ソフトバンクにもあります。ただ、楽天モバイルはそれらと比べて圧倒的に安く使えるんです。

 楽天モバイルドコモauソフトバンク
プラン名Rakuten最強プランeximo使い放題MAXメリハリ無制限
月額料金3,278円7,315円7,238円7,238円

※それぞれ、家族割等の割引適用前の料金です
※料金はすべて税込み

このように、無制限プランを比べてみると、楽天モバイルは他社の半額以下で使えるとわかります。

他社の20GBプランと比べても安い

楽天モバイルの月額料金は、0円〜3,278円と、ドコモ・au・ソフトバンクの中容量プラン(ahamo・povo・LINEMO)よりもお得です。

←スマホの人はスクロールできます→

 楽天モバイルドコモ
(ahamo)
au
(povo)
ソフトバンク
(LINEMO)
月額料金〜3GB1,078円2,970円2,728円2,728円
3〜20GB2,178円
20GB〜無制限3,278円

※料金はすべて税込み

ahamo・povo・LINEMOは、データをまったく使わなかった月も3,000円近い料金が請求されます。その点楽天モバイルは、データを使った分だけの請求です。

どれだけ使っても3,278円を超えることはなく、反対に1GB未満だった場合は0円になるので、データを使う人にも使わない人にもお得ですね

テザリングが無料・無制限で使える

楽天モバイルでは、テザリングも追加料金必要なく無制限で利用できます。

つまり楽天エリア内であれば、楽天モバイルを無制限のモバイルルーターとして使うことも可能なんです。

モバイルルーターは一般的に、月間データ容量に上限があることがほとんどですが、無制限かつ無料で使えるのは、楽天モバイルのメリットです。

※楽天モバイルでのテザリングについてくわしくは、「楽天モバイルでテザリングする方法と2つの注意点を解説します」を参考にしてください。

メリット2.プランがシンプルでわかりやすい

携帯料金といえばプランがたくさんあってわかりにくいイメージですが、楽天モバイルはシンプルです。

楽天モバイル_評判_料金

プランは「Rakuten最強プラン」の一つだけ。月に使ったデータ分だけ料金が請求されます。

プラン選びに迷うことがなくなるのはうれしいですね。

また、追加しない限りは余計なオプションも付いてきません。子どもからお年寄りまで年代に関係なくおすすめできるサービスです。

メリット3.十分な通信速度が出る

当初は速度が不安視されていた(新しく基地局を作り独自の回線を使っているため)楽天モバイルですが、利用者の口コミを見ると十分な速度が出ています。

←スマホの人はスクロールできます→

順位サービス名通信速度(下り)
1ahamo111.06Mbps
2povo73.09Mbps
3LINEMO45.22Mbps
4楽天モバイル25.06Mbps
5 BIGLOBEモバイル(格安SIM) 23.71Mbps
6リンクスメイト(格安SIM)19.65Mbps
7TONEモバイル(格安SIM)9.66Mbps

※引用:みんなの通信速度(4月時点の平均)

ahamo・povo・LINEMOと比べると見劣りしますが、格安SIMよりは速い通信速度となっています。

通信速度は20Mbpsあれば十分

推奨される通信速度

通信速度が20Mbpsあれば、WebサイトやSNSはもちろん、高画質の動画サービスもサクサク利用できます。

楽天モバイルは、25.06Mbps出るので快適に使えます

メリット4.Rakuten Linkの利用で国内の通話が無料

楽天モバイルではRakuten Linkアプリ」を使うと、通話が完全かけ放題で利用できます

 楽天モバイルahamopovoLINEMO
通話完全かけ放題1回5分まで無料22円/30秒22円/30秒

※料金はすべて税込み

無制限で通話をしたい場合、他のキャリアでは、30秒ごとに20円の通話料を払うか、月額1,000円ほどのオプションに加入する必要があります。

通話料が無料なのはうれしいですね。国内通話だけではなく、海外70ヶ国から日本への通話も特徴です。

メリット5.楽天ポイントがめちゃくちゃ貯まる

楽天モバイルを使っているだけで、楽天ポイントがザクザクたまります。楽天モバイルを使っていると、以下のような特典があります。

  • キャンペーンでポイント還元
  • 100円で1ポイント
  • 楽天市場のポイントが+1倍

はじめての契約で最大19,000ポイントが還元されます。1ポイント1円なので、実質19,000円です。

現金ぐらい価値のあるポイントをコツコツ貯められるのは、かなりありがたいですね。さらに、貯まったポイントは月々の携帯料金の支払いに使えます

楽天市場などでうまくポイントを貯めると、現金をまったく使わずに携帯代を支払えるところも魅力的なポイントですね。

楽天ポイントが貯まるキャンペーンも豊富!

楽天モバイルは常に、いくつもキャンペーンを実施しています。

内容も豪華で、ポイント還元や端末の割引などさまざまです。

数万円相当の楽天ポイントが還元されるキャンペーンもあります。キャンペーンの内容だけで判断しても、楽天モバイルは業界トップでしょう。

※楽天モバイルのキャンペーン情報については、「【2023年最新】楽天モバイルのキャンペーンで24,000円相当もらえるって本当?」で紹介しています。

メリット6.最新のiPhoneを購入できる

楽天モバイルでは、販売している機種は多く、比較的最新の機種の取り扱いが多いです。楽天モバイルは、auやドコモと同じような携帯キャリア扱いなので、最新のiPhoneシリーズの発売もあります。

格安SIMの多くは、機種が少なかったり、取り扱いが多くても最新の機種がなかったりします。

最新機種が欲しい人は、楽天モバイルで購入するのがおすすめです。

大手キャリアと比べるとiPhoneは安く購入できる

楽天モバイルは、最新の機種を購入できるだけでなく、安く購入できるメリットもあります。

実際に、iPhone14・13・SEの料金をそれぞれ比較してみましょう。この記事ではiPhone14・13・SEの一番安い料金の一括払いで比較します。

← 左右にスクロールできます →

機種iPhone 14(128GB)iPhone 13(128GB)iPhone SE(64GB)
楽天モバイル120,910円108,90062,800
au140,640127,49570,935円
ドコモ
138,930取扱なし73,370
ソフトバンク140,400138,24073,440
Apple Store119,800円92,800円62,800円

※料金はすべて税込みです

大手のキャリアと比べると、楽天モバイルのiPhoneの料金はかなり安いことがわかります。差額は10,000円以上もあります。

Apple Storeと比較すると、楽天モバイルの方が高いです。しかし、楽天モバイルで実施中のキャンペーンを適用させれば、楽天モバイルの方が割安になります。

※楽天モバイルのiPhoneについて、取扱端末や料金は「楽天モバイルでiPhoneは利用可能!使い方や安く購入する方法も解説!」を参考にしてください。

iPhoneトク得乗り換え!対象のiPhoneが最大19,000ポイント還元!

楽天モバイル_iPhone乗り換えキャンペーン

iPhoneの購入を検討している人は、最大で19,000ポイントを獲得できる「iPhoneトク得乗り換えキャンペーン」がおすすめ!正確には以下の3つのキャンペーンを合算して19,000ポイントとなりますが、すべてのキャンペーンを達成しなくても一部のポイントを獲得できます。

  1. 対象iPhone&はじめてプラン申し込み:9,000ポイント
  2. 楽天モバイル買い替え超トクプログラムで対象製品購入:5,000ポイント
  3. 対象iPhone下取り:5,000ポイント

iPhoneを購入しなくても、楽天モバイルではじめての申し込みであれば、3,000ポイントは獲得できます。

メリット7.楽天モバイル独自の端末が1円で購入可能!

楽天モバイルではiPhoneやAndroid端末だけではなく、楽天モバイル独自の端末である、「Rakuten Hand 5G」の購入も可能です。

さらに、この「Rakuten Hand 5G」を実質1円で購入できるキャンペーンを実施中

以下、「Rakuten Hand 5G」の基本スペックを紹介します。

「Rakuten Hand 5G」スペック紹介
製品楽天オリジナルの画像
画面サイズ約5.1インチ
OSAndroid™11
RAM/ROM4GB / 128GB
バッテリー容量2,630mAh
カメラ外側:約6,400万画素 + 約200万画素 (深度測位)
内側:約1,600万画素
防水
おサイフケータイ
料金一括払い:19,001円
24回払い:791円
48回払い:395円
ポイントバック19,000ポイント

※料金はすべて税込み

縦長のスリムなデザインで、約134gと軽く持ち運びの負担がない端末です。約6,400万画素の高機能カメラを搭載しているので、普段使いにピッタリ。

できる限り費用を抑えたい人にとっては、大変魅力的ですね。

※楽天モバイルの端末についてくわしくは、【2023年10月版】楽天モバイルのおすすめ端末5選!実質0円もありを参考にしてください。

Rakuten Hand 5G/Rakuten WiFi Pocket 1円キャンペーン

楽天モバイル_キャンペーン7

「Rakuten Hand 5G」と「Rakuten WiFi Pocket 2C」が1円で購入できるキャンペーンです。

2回線目以降でも対象、1回線につき1製品のみ適応されます。

以下の2つの条件を満たすことで、1円での購入が可能です。

  • 「新規申し込み」・「他社からの乗り換え(MNP)」・「楽天モバイルの料金プランからプラン変更手続き後申し込み」のいずれかの方法で申し込み
  • 「Rakuten最強プラン」お申し込みと同時に対象製品いずれかを購入

終了日は未定なので、なるべく早めに申し込むのがおすすめです。

メリット8.全国1,000以上の店舗でサポートが受けられる

楽天モバイルは、全国に1,000以上の店舗があり、専門知識をもつスタッフから直接サポートを受けられます。

 楽天モバイルahamopovoLINEMO
サポート店舗
電話・チャット
チャットチャットチャット

それに対してahamo・povo・LINEMOは、オンライン専用のプランです。サポートはチャットのみとなっています。多くの格安SIMは店舗を持たないので、店舗のある楽天モバイルは利用者にとってもありがたいですよね。

チャットは、混雑して返信が遅い場合がほとんど。トラブルが起きてもなかなかサポートを受けられず、スマホが数日使えないなんてことも・・・

店舗で直接サポートを受けられるのは、楽天モバイルのメリットです。

※楽天モバイルの店舗でできることや、予約方法については「【楽天モバイル】店舗での購入が不要な理由!ネットで申し込んで得するポイント」を参考にしてください。

メリット9.追加料金なしで、海外70の国と地域で利用可能

急な出張や旅行であっても、韓国やハワイなどの楽天モバイルと提携している国であれば、毎月追加料金なしで2GBまでなら使えます。

ahamo・povo・LINEMOと比べてみましょう。

←スマホの人はスクロールできます→

 楽天モバイルahamopovoLINEMO
海外利用毎月2GBまで利用可能毎月20GBまで利用可能×
※追加料金あり
25MBまで:1,980円/日
25MB以上:2,980円/日

※料金はすべて税込み

追加料金がなく、海外で無料利用できるのは楽天モバイルとahamoだけ。

現地でスマホを使えるようにするために、わざわざSIMやレンタルWiFiを用意しなくていいのは、かなりありがたいですよね。

※海外で利用する際は、my 楽天モバイルにログインし、「海外ローミング」の設定をONにしておく必要があります。くわしくはこちら

6.楽天モバイルはこんな人におすすめ!

ここからは楽天モバイルの評判・口コミやメリット・デメリットから、楽天モバイルがおすすめな人・おすすめではない人について解説します。

楽天モバイルがおすすめな人

楽天モバイルがおすすめな人は以下のような人です。

  • 速度制限によくかかる人
  • データの使用量が月によって変わる人
  • 楽天カードなど楽天のサービスをよく使う人

速度制限によくかかる人

今まで何度も速度制限にかかって、快適な利用ができない人もいるでしょう。

そんな人は、楽天モバイルがおすすめです。

楽天モバイルはデータを無制限で利用できます。

そのため、速度制限にかかることはないのでデータの使用量を全く気にせず、快適なデータ通信ができます

データの使用量が月によって変わる人

楽天モバイルの料金は月の使用量によって変わる従量課金制です。

3GB以内に収めれば、料金は1,078円になり、逆に20GB以上使えば3,728円になります。

そのため、月によって使用量にばらつきがある人はムダなく利用できるのでおすすめです。

楽天カードなど楽天のサービスをよく使う人

楽天カードなどの楽天が提供するサービスをよく使う人にも楽天モバイルはおすすめです。

楽天モバイルの利用料金は楽天サービスを使うことで貯まる「楽天スーパーポイント」で支払えるからです。

1ポイント1円で支払えます。

また、楽天モバイルの月々のお支払い100円ごとに1ポイント貯まる上に、楽天モバイルの契約者は、楽天市場でのポイント還元が常に+1倍となる特典が受けられます。

楽天モバイルがおすすめではない人

逆に楽天モバイルがおすすめではない人は、以下のような人です。

  • 大手通信キャリアと同じくらいの安定性が欲しい人
  • 田舎や山間部に住んでいる人
  • 1円でも料金を安くしたい人

大手通信キャリアと同じくらいの安定性が欲しい人

大手キャリアより通信設備が多くないことで不安定になることがあります。

地下などの繋がりにくい場所だと楽天回線ではなく、パートナー回線に切り替わります。

大手通信キャリアと同じくらいの安定性を求める人に楽天モバイルはおすすめできません。

通信の安定性を求める人にはahamo(ページ内移動をします)がおすすめです。

田舎や山間部に住んでいる人

田舎や山間部に住んでいる場合は、そもそも楽天モバイルのエリア外の場合があります。

エリア外だと、無制限で楽天モバイルを使えません。

田舎や山間部でもお得に使いたい人もahamo(ページ内移動をします)がおすすめです。

1円でも料金を安くしたい人

利用料金を1円でも安くしたい人は楽天モバイルはおすすめできません。

楽天モバイルよりも安い格安SIMが他にあるからです。

月々の利用料金を抑えたい人はIIJmio(ページ内移動をします)がおすすめ。IIJmioであれば月々440円から利用できます。

7.楽天モバイルを後悔せずに申し込む3つの手順

ここまで楽天モバイルの評判・口コミやメリット・デメリットを解説しました。楽天モバイルは、通信が不安定などデメリットが一部あるものの、それ以上にメリットがあります。

総合的には格安SIMの中で最もおすすめです。ここからは、実際に、楽天モバイルへ申し込む手順を解説します。

  1. 必要書類を準備する
  2. プラン内容を決める
  3. 必要書類を提出して申し込みを完了する

申し込みは5分ほどで終わるので、サクッと終わらせちゃいましょう。

手順1.必要書類を準備する

楽天モバイルを契約するにあたって、以下の2つ(あるいは3つ)を準備します。

  • 本人確認書類
  • クレジットカード/銀行口座
  • MNP予約番号(他社から電話番号乗り換えの人のみ)

本人確認書類には、運転免許証やマイナンバーカードを用意してください。

手順2.プラン内容を決める

楽天モバイル公式サイトの画面上部にある「お申し込み」から申し込みをしていきます。

  1. プランを選択し、オプションを選択する
  2. 端末を選択する(購入する場合)
  3. 楽天会員にログインする

1.プランを選択し、オプションを選択する

楽天モバイルのプラン申し込み画面

プランの選択といっても「最強プラン」しかないので、「プランを選択する」をクリック(タップ)します。

次に、オプションの選択をしていきますが、基本的にオプションは必要ないので、そのまま進めていきましょう。

「15分かけ放題オプション」は月額1,100円で追加できます。

お得なキャンペーンの適用を忘れずに!

楽天モバイルのキャンペーン画像
楽天モバイルの申し込みの際には、キャンペーンの適用も忘れずに行いましょう。それぞれのキャンペーンには適用条件があるので、しっかりと確認してお得に申し込みましょう!

2.端末を選択する(購入する場合)

楽天モバイルの製品選択画面

好きなスマホを選んでいきます。もしまだ迷っているならコスパがよい「Rakuten Hand」がおすすめです。

画面をスクロールしていき、端末を購入する人は「製品を選ぶ」をクリック(タップ)して進みます。カラーやメモリ、支払い方法を選択する画面になるので、それぞれ決めていきます。

端末を選び終わったら「カートに追加する」をクリック(タップ)してください。

3.楽天会員にログインする

楽天モバイルログイン画面

プラン内容をすべて決めて入力していくと、楽天のログイン画面が表示されるので、ログインします。

楽天会員ではない人は、ここで新規登録をし、ユーザーIDを発行してください。もちろん無料です

手順3.必要書類を提出して申し込みを完了する

楽天モバイル 届いた

楽天会員のログイン後、必要書類を一つひとつ入力していきます。

  • 本人確認種類
  • 電話番号の選択・MNP予約番号の入力
  • お届け先情報
  • プランのお支払い方法(クレジットカード)

とくに、難しいことはないのでWebサイトの指示通りに進めていってください。

すべての入力が完了して「同意して申し込む」をクリック(タップ)すると楽天モバイルの手続きは完了です。

※楽天モバイルの申し込みについてくわしくは、【実体験】楽天モバイルの申し込みを5分でサクッと終わらせる方法を参考にしてください。

8.楽天モバイル以外にチェックしたい格安SIM

楽天モバイル以外におすすめの格安SIMを2つ紹介します。

速度重視なら「ahamo」

楽天モバイル_解約_ahamo

通信速度が少しでも速いものを使いたい人には「ahamo」がおすすめです。大手のキャリアと同じくらいの速度で使えます。

ドコモ回線を利用しているahamoは、安定した通信回線であり、他の格安SIMよりも通信速度が速いです。

その根拠として、みんなのネット回線速度によると、ahamoの平均ダウンロード速度が「124.04Mbps」とかなり速い数値を出しています。この数値はUQモバイルが「77.33Mbps」、楽天モバイルの「53.35Mbps」と比べてもかなり速いことがわかります。

【ahamoの基本情報】
月額料金:¥2,980〜¥4,950(以下、すべて税込み)
データ量:20GB・100GB
回線:ドコモ
完全かけ放題:あり(有料|¥1,100/月)
最低利用期間:なし
解約金:0円
割引:家族割、セット割

料金重視なら「IIJmio」

楽天モバイル_解約_IIJmio

「通信速度も大事だけど、料金を1円でも安くしたい!」人におすすめは「IIJmio」です。

IIJmioは最安料金が2GBで440円と破格の料金設定となっています!また、20GBでも2,000円と他の格安SIMと比べると料金面ではかなり安いです。

料金プランは20種類以上あるので、自分にぴったりなプランが見つかること間違いありません!

【IIJmioの基本情報】
月額料金:¥440〜¥2,000(以下、すべて税込み)
データ量:3GB〜25GB
回線:au
通話10分かけ放題:あり(有料|¥880/月)
完全かけ放題:あり(有料|¥1,980/月)
最低利用期間:なし
解約金:0円
割引:家族割、ギガMAX月割

9.楽天モバイルの電波が悪いのはなぜ?理由を解説

楽天モバイルのデメリットでもお伝えしたように、楽天モバイルの電波は不安定なことがあります。その理由は、楽天モバイルが割り当てられている電波が「ローバンド」という電波だからです。

そもそも電波には「プラチナバンド」と「ローバンド」の2種類があり、この2つの電波のうち、ローバンドはプラチナバンドと比べると、障害物に弱く遠くに飛びにくい電波です。障害物に弱いため、建物内や地下だとどうしてもつながりにくくなってしまいます。

auやドコモなどの大手キャリアはプラチナバンドが割り当てられていますが、楽天モバイルはローバンドなので、比較すると電波が悪いと言われます。

また、楽天モバイルの基地局の少なさも電波の悪い理由の一つです。しかし、基地局はすごい勢いで増えています。また、携帯業界の競争を促すため、総務省が楽天モバイルにプラチナバンドを与えると予想されています。

【7/10日更新】楽天モバイル基地局情報

2023年6月16日~30日に、全国45都道府県226市区町村で新たな楽天モバイル基地局を設置しました。新たに基地局が設置されたエリアはこちら

10.楽天モバイルに関してよくある質問

最後に楽天モバイルに関してよくある質問をまとめたので、ぜひ参考にしてください。

Q1. 楽天モバイルのデメリットは?
Q2. 楽天モバイルはどこの回線を使っている?
Q3. 楽天モバイルのエリア内でもつながらないことはある?
Q4. 楽天モバイルの通信がつながりにくい場合の対処法は?
Q5. 楽天モバイルの将来性は?
Q6. 楽天モバイルでiPhoneは使える?
Q7. 楽天モバイルは無料で使える?

Q1. 楽天モバイルのデメリットは?

楽天モバイルのデメリットは通信が不安定なときがあることです。

SNSなどで、通信回線にストレスを感じる利用者が多いです。

Q2. 楽天モバイルはどこの回線を使っている?

楽天モバイルは自社で楽天回線を提供しています。

また、パートナー回線としてau回線を使っています。

そのため、楽天回線のエリア外の場合は、au回線が利用可能です。

Q3. 楽天モバイルのエリア内でもつながらないことはある?

エリア内でのつながらない、あるいはつながりにくいことはあります。

その理由は、auやドコモなどの大手のキャリアと比べると、電波の基地局が少ないからです。

マンションや地下ではつながりにくいことがあるようです。

Q4. 楽天モバイルの通信がつながりにくい場合の対処法は?

楽天モバイルの通信がつながりにくい場合は、一度端末の再起動を試しましょう。

再起動を試すことで接続が良くなることが多いです。

再起動を試しても改善しない場合は、通信障害が起きている可能性があります。

Q5. 楽天モバイルの将来性は?

楽天モバイルは2023年中に基地局を6万位上に増やして、人口カバー率を99%超えに広げたいとしています。

今後は郊外でのエリア拡大や都市部での安定した通信の提供が主な課題となるでしょう。

Q6.楽天モバイルでiPhoneは使える?

楽天モバイルでiPhoneは使えます。しかし、注意点として、すべてのiPhoneが使えるわけではなく、iPhone 6Sより前の端末は使えません

どのiPhoneが利用できるのか、以下の表にまとめました。

利用できる◯
iPhone 14 Pro MAX/mini/Pro
iPhone 14
iPhone 13 Pro MAX/mini/Pro
iPhone 13
iPhone SE (第3世代)
iPhone 12 Pro MAX/mini/Pro

iPhone 12
iPhone SE (第2世代)
iPhone 11 Pro Max/Pro
iPhone 11
iPhone XR
iPhone XS Max
iPhone XS
iPhone X
iPhone 8 Plus
iPhone 8
iPhone 7 Plus
iPhone 7
iPhone SE (第1世代)
iPhone 6s Plus
iPhone 6s
利用できない×iPhone 6 Plus
iPhone 6
その他、iPhone6より前の機種

iPhoneを使おうと考えている人は、利用できる種類のiPhoneなのか必ず確認してから契約してください

Q7. 楽天モバイルは無料で使える?

楽天モバイルでは、2022年7月までは無料で使えました。1GB未満のデータ使用なら0円になるものでした。

しかし、「Rakuten最強プラン」では、1GB未満でも、月額1,078円の料金を払う必要があり、無料では利用できません。

まとめ

楽天モバイルの評判や口コミを解説してきました。

結論として、デメリットはあるものの、月額3,278円(税込み)で、データ無制限で使える楽天モバイルの評判はよいです。

楽天サービスを普段から使っている人なら、楽天ポイントが貯まるのでおすすめです!

ぜひこの機会に楽天モバイルを試してみてください。

5つの質問で、ぴったりのインターネット回線がわかる!

こういったことで困っていませんか?

スマホの速度制限によくひっかかる
引っ越しでネット回線を引きたい
ネット回線を1番安く契約したい
通信費をもっと安くしたい

これらの悩みは、以下の診断で解決できます!!

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. 桑原圭介 より:

    元々楽天モバイルユーザーです。4月28日にスマホで申込するも間違えてeSIMで申込をしてしまいました。同日、楽天モバイルアプリのチャットにて間違えた旨を連絡しました。5月7日にやっと返信が来る。しかしこの前に電話での問い合わせも繋がり、担当者さんより「キャンセルします、手続きに1週間程かかりますが、その後再度お申込み下さい」と。ここまでの対応は〇。しかし2週間経過してもキャンセルされない。現在6月15日。その間何度かやり取りするも、調子の良い事は言うが全く対応してくれない状態。間違えた自分が悪いのは重々承知しているが、この対応は本当にヤバい。買い物も銀行口座もクレジットカードも全て楽天を利用しているが、それもどうしようかと考えるレベル。なんか脆弱な会社って感じで不安になる。

    1. 田子祥大 より:

      楽天モバイルのサポート体制は、うわさ通り対応が悪いみたいですね。

      楽天モバイルは新しくはじまったばかりということもありますが、経営自体が攻めすぎていていろいろ不安になる要素はありますよね。

      貴重な意見をありがとうございます。

  2. 皇潤 より:

    混雑するとLINEすら繋がらないのはどう見ても致命的かと、、

    測り方や時間帯で雲泥の差なので、データを出して評価している所も信用出来ません

    使って数カ月になりますが耐えられないので他に変えようと思います

    1. つなが〜るネット事務局 より:

      皇潤様

      コメントありがとうございます。
      お昼時や夕方以降など混雑時に通信速度が遅くなるとイライラしますよね・・・。
      口コミでも皇潤様と同じような不満をもっている方が結構いらっしゃいました。
      LINEすら繋がらないのはあまりに不便なので、早めに乗り換えを考えても良いかもしれません。

  3. 酒田 より:

    楽天モバイルに変更しようと店舗に行きましたが、急激に沢山の店舗を作ったためか、店員さんの教育が行き届いておらずひどい対応でした。腹が立って散々手続きに時間をかけた後でしたが機種変更を辞めました。楽天モバイルにしてしまって毎回こんな対応うけるなら通信料にお金をかける方がストレスがなく良いと思います。そこまで今の携帯会社の値段とも変わりませんし。安いだけが良いことではないんだなと改めて感じさせてもらいました。

    1. 味村海渡 より:

      コメントいただきありがとうございます。
      店舗での契約は、スタッフの方の力量次第で手続きの速さが変わってしまうのがネックですね…。
      オンラインでの契約であれば、ご自身の情報の入力だけで申し込みができるのでおすすめです。
      料金が安くても、サポートや対応が悪いと、サービス全体としての質は下がってしまうと感じます。口コミや評判をチェックするのも大事ですね。
      貴重なご意見をありがとうございました。

  4. パパチャリ より:

    銀座支店での応対は最悪でした。一日目は契約したので結構良かったのですが、分からないことが有って2日目に行った時には、昨日の担当者が不在で、その他の7~8人いた店員は全員無視、問い合わせ先の電話番号を渡されただけでした。契約を破棄しようと北砂の店舗に行った時には、H氏が大変丁寧に事細かに教えてくれました。2,3回行っても嫌な顔せず、笑顔で教えてくれました。店舗によってこれほど違うのかと呆れましたが、結局は北砂店舗の対応が良かったので使い続けています。

    1. 味村海渡 より:

      コメントいただきありがとうございます。
      店舗に限らず、スタッフによって対応が変わるのは決していいことではありませんね…。
      結果的によい店員の方と出会えて、使うことができているようでなによりです。口コミや評判で、店舗でのスタッフの対応についてもチェックしておきたいですね。
      貴重なご意見をありがとうございました。

  5. 88888a8 より:

    楽天モバイルはまともな会社じゃない。無料サポータープログラムをMNPで申し込んだらSIMのサイズが違うのが届き、変更するのに問い合わせチャットの説明は2点3点するし、説明は雑だし要件の途中でも0時て終わり問題が解決できなかった。次の日は15時55分から問い合わせチャットを利用したが21時まで誰も対応しなかった。電話もネットも利用できず困っているのに何も対応をしない会社だから気を付けてください。

    1. 後藤 哲也 より:

      貴重なご意見に感謝いたします!

  6. 藤田 常晴 より:

    楽天モバイルの商品返品条件

    他社は到着後8日間、未開封、未使用であれば返品が可能。
    楽天モバイルは特定商取引法で保護されていて「購入者」都合の返品ができない。
    購入にあたって「返品が絶対できない」事を認識して購入してください。

    1. 田中靖 より:

      コメントありがとうございます。オンラインで格安SIMとスマホを契約した場合、通信契約の部分は初期契約解除ができますが、自己都合による端末の返品は受け付けていない会社が多いです。これは楽天モバイルに限ったことではないので、よく考えて契約する必要がありますね。

コメントは停止中です。

ツナガル – 最適な生活インフラ・サブスクが見つかる情報サイト