関西で使うならどっち!?NURO光とeo光を比較してみた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関西に住んでいて、NURO光かeo光どちらを利用しようかな?と迷われていますね。

もとより関西では「eo光が1番安くて高品質!」と評判が良く1番人気です。

しかし、NURO光が2017年11月から関西での申し込み受付を開始し、最短で2018年1月には利用できるようになります。

今後が気になるNURO光とeo光を比較しました。この記事を読めば、関西でもっともおすすめな光回線が分かります。ご参考にしてください。

NURO光の提供エリアは、関西では2府3県(大阪、兵庫、京都、滋賀、奈良)のみ。和歌山は提供エリア外です。

目次

1.光回線選びで重要な3つのポイント
2.結論!関西在住ならNURO光がおすすめ
3.申し込みから開通までの流れ

1.光回線選びで重要な3つのポイント

せっかく光回線を契約するなら、サクサク快適に、できるだけ通信費(ネット・スマホ)を安くおさえて使いたいですよね。

契約後に「こんなはずじゃなかった・・」と後悔しないために、以下の3つのポイントに注目しましょう。

ポイント1.通信速度
ポイント2.2年間の実質費用
ポイント3.スマホとのセット割

NURO光とeo光をこれら3つのポイントから比較してみました。

まず先に結論から言うと、関西で1番おすすめな光回線はNURO光です!

ただし、それほど通信速度を重視していないauユーザーはeo光を利用すると良いでしょう。

なぜ、このような結論になるのか、ひとつずつポイントを比較して解説していきます。

ポイント1.通信速度で比較

ネットが快適に使えるのかどうかは、通信速度の速さによって変わってきます。

NURO光とeo光を比べてみると、NURO光は業界最速の最大2Gbps。それに対して、eo光は最大1Gbps。

NURO光のほうが、約2倍速くネットを利用できます。これまで通信速度に不満があった人は、NURO光を使えば悩みが解決するでしょう!

実際のところNURO光は快適に使えるの?

実際のところ、NURO光は快適に使えるのでしょうか。NURO光を利用している人の、評判・口コミを調べてみました。

すると「速い!快適!」という声がたくさん。満足に使っている人が多いようです。

もちろん、関西でも快適に使えるかどうかは、まだ口コミや評判がないので分かりません。しかし、関東の利用者からの評判がこれだけ良いなら、関西でも期待が持てます。

NURO光の通信速度が速い理由は、今まで利用されていなかった通信ケーブルを使っているから。実際にNURO光を運営しているソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社に問い合わせてみたところ、「関西でも通信速度は変わらず使える」とのことでした。

ポイント2.2年間の実質費用で比較

速度だけでなく、「安く使えるのか?」というのも、とても重要なポイントですよね。

ネットの料金は、月額料金だけに注目するのではなく、最低利用期間である2年間に「実際にどれだけ支払うのか」という実質費用で考えることが大切です。

NURO光の実質費用

4,743円(月額料金)×24+3,000円(契約手数料)+0円(工事費)0円(キャンペーン割)-30,000円(キャッシュバック)=86,832円

eo光の実質費用

4,980円(月額料金)×24+3,000円(事務手数料)+0円(工事費)-24,000円(キャンペーン割)-11,000円(キャッシュバック)87,520

上記のとおり、2年間の実質費用はほとんど変わりません。

料金自体に違いはないので、NURO光かeo光どちらがお得かは、「スマホとのセット割が受けられるか」が重要なポイントになってきます。

ポイント3.スマホとのセット割で比較

光回線は利用スマホに合わせて選ぶと、スマホ代が安くなるセット割が受けられます。

セット割を受けることで、2年間で10万円以上も通信費(ネット・スマホ)がお得になることもあります。

NURO光とeo光、それぞれのセット割を見ていきましょう。

NURO光はソフトバンクのスマホとのセット割

NURO光はソフトバンクのスマホとのセット割を受けられます。

この割引は家族1人ずつに対して受けることができて、割引額は使っているスマホのプラン・年数によって変わってきます。

データ定額プラン 1、2ギガ 5、8、20ギガ
30ギガ
2年間の月々の割引額  500円 1,522円 2,000円
3年目以降の月々の割引額  500円 1,008円 1,008円

たとえば、家族4人がソフトバンクのスマホで5GBプランを利用していれば、月々6,088円もスマホ代が安くなります。2年間では140,000円以上もお得に!

なので、ソフトバンクのスマホを利用している人は、NURO光が絶対におすすめです。通信費(ネット・スマホ)がもっともお得になります。

ドコモ・格安スマホユーザーも、関西に住んでいればNURO光を選ぶのが一番お得です。詳しくは後ほど解説します。

eo光はauのスマホとのセット割

eo光はauのスマホとのセット割引を受けられます。

この割引は家族1人ずつに対して受けることができて、割引額は使っているスマホのプラン・年数によって変わってきます。

データ定額 1、2、3ギガ 5、8、20ギガ 10、13、30ギガ
2年間の月々の割引額  934円 1,522円 2,000円
3年目以降の月々の割引額  500円 1,008円 1,008円

たとえば、家族4人がauのスマホで5GBプランを利用していれば、月々6,088円もスマホ代が安くなります。2年間では140,000円以上もお得に!

なので、auのスマホを利用している人は、eo光を利用しましょう。ネット料金はNURO光よりも少し高くなりますが、月々のスマホ代が安くなるのでお得です。

2.結論!関西在住ならNURO光がおすすめ

NURO光とeo光を、3つのポイントから比較してきました。

結論としては、やはり関西在住であればNURO光がおすすめです。通信速度はeo光よりも約2倍速く、ソフトバンクユーザーはスマホ代も安くなります。

ただし、通信速度にそこまで重きを置いていないauユーザーはauのスマホ代が安くなるeo光を使うと良いでしょう

利用しているスマホに合わせて、お得で快適に使えるネット回線を選んでくださいね。

ドコモ・格安スマホユーザーも、NURO光がおすすめ!

ドコモや格安スマホを利用している人もNURO光を利用すると良いでしょう。

なぜなら、それらのスマホにも、セット割が受けられる光回線がありますが、実質費用が高く、セット割引額が低いからです。

上記のように、NURO光よりも2年間の実質費用が3~5万円ほど高く、スマホのセット割引額も毎月1,000円以上低いです

たとえば、ドコモユーザーがスマホ割を毎月900円受けても、2年間で安くなるスマホ代は21,600円だけ。スマホ割を受けるより、実質費用の安いNURO光を使うほうがお得です。

3.申し込みから開通までの流れ

ここからは、NURO光の申し込みから開通までの流れを見ていきましょう。

eo光を申し込みたい人は、eo光で最大キャッシュバックをもらう方法を参考にしてください。

NURO光の申し込みから開通までの流れ

NURO光の申し込みは公式ホームページからのみ受け付けています。

関西で利用できるようになるのは、2018年1月から。利用開始は少し先になりますが、申し込んだ人から順番に開通してもらえるようです。

NURO光を利用したい人は、早めの申し込みを心がけましょう!

手順1.申し込む

申し込みはこちらのリンクをクリック。公式ページに移動するので「新規お申し込み」をクリックします。

サイトの案内にしたがって、郵便番号、住所、プランを打ち込んでいけば申し込み完了です。

※関西・東海の一部エリアでは、NURO光が提供エリア外の場合があります。その場合はeo光を利用すると良いでしょう。

手順2.工事日の調整をする 

申し込みが完了すると後日、電話がかかってきます。この電話で、申し込み情報の確認と、工事日の日程を調整します。

工事は「宅内」「屋外」でする必要があるので、工事日は2日必要になります。どちらも立会いに1時間ほど必要です。

手順3.工事を完了させる

工事が2つとも完了するとNURO光は開通です!

まとめ

関西で1番おすすめな光回線はNURO光です。業界トップの通信速度でネットができますし、ソフトバンクユーザーはスマホ代が安くなります。

それほど通信速度を重視していないauユーザーはeo光を利用すると良いでしょう。

ぜひ悔いのない光回線選びをして、快適なネットライフを過ごしてくださいね。

5つの質問で、ぴったりのインターネット回線がわかる!

こういったことで困っていませんか?

スマホの速度制限によくひっかかる
引っ越しでネット回線を引きたい
ネット回線を1番安く契約したい
通信費をもっと安くしたい

これらの悩みは、以下の診断で解決できます!!

SNSでもご購読できます。