現役ネットオタクの私が、TNCヒカリをおすすめしない2つの理由

TOKAIネットワーククラブが運営している光回線「TNCヒカリ」。

月額料金が安そうだし、使ってもいいかなと思う人もいるかもしれませんね。

結論からいうと、TNCヒカリの利用はおすすめしません!理由は簡単で、他の光回線の方が30,000円以上もお得に利用できるからです

この記事では、ネットオタクの私がTNCヒカリと他の光回線との料金比較を徹底比較!よりおすすめの光回線を紹介します。

最もお得な光回線をくわしくまとめた「光回線38社をプロが徹底比較!」の記事も参考にしてください。

1.TNCヒカリとは

TNCヒカリは、ADSLやプロバイダ事業を行なっているTOKAIネットワーククラブが運営している光回線サービスです。

2015年にNTTから光回線を借りてスタートしました。まずは、TNCヒカリの基本情報を確認しましょう(以下すべて税込み表記)。

← スマホの人はスクロールできます →

TNCヒカリの基本情報
通信速度下り最大1Gbps
提供エリア全国
月額料金 5,610円(戸建て)/4,180円(マンション)
事務手数料・工事費実質0円
スマホ割110円/月(LIBMOのみ)
契約期間戸建て2年間/マンション1年間
解約金13,200円
キャッシュバック10,000円

TNCヒカリはトータル費用が高く、大手スマホのセット割がないのでおすすめしません

まずはTNCヒカリの料金を確認していきましょう。

2.TNCヒカリの料金を比較

TNCヒカリ

TNCヒカリでは、1年間の月額料金が割引になるキャンペーンを行っています。

2年間使った場合のトータル費用も含めて料金を確認していきましょう。

戸建ての場合

TNCヒカリの、戸建てタイプは月額5,610 円です。

光回線TNCヒカリドコモ光 ※1auひかりソフトバンク光
1~12ヶ月5,280円5,720円6,160円5,720円
13~24ヶ月5,610円5,720円 6,160円5,720円
トータル費用130,680円137,280円147,840円137,280円

※1 ドコモ光タイプA

2年間のトータル料金で他の光回線と比べて、2年間では7,000円ほど安く利用できます。

集合住宅の場合

TNCヒカリのマンションタイプは月額4,180円です。

光回線TNCヒカリドコモ光※1auひかりソフトバンク光
1~12ヶ月4,070円4,400円4,180円4,180円
13~24ヶ月 4,180円4,400円4,180円4,180円
 トータル99,000円 105,600円100,320円100,320円

※1 ドコモ光タイプA

2年間のトータル料金で他の光回線と比べて、1,000円ほど安く利用できます。

しかし、月額料金が安いという理由だけで、TNCヒカリを利用すると損してしまいます

3.TNCヒカリをおすすめしない2つの理由

TNCヒカリをおすすめしない理由は、下記の2つです。

  1. 2年間のトータル費用が高い
  2. 大手スマホとのセット割がない

これらの、理由をそれぞれくわしく見ていきましょう。

理由1.2年間のトータル費用が高い

TNCヒカリは、2年間のトータル費用が他の光回線に比べて高いです。

光回線TNCヒカリドコモ光 ※1auひかりソフトバンク光
月額料金1年目:5,280円
2年目:5,610円
5,720円6,160円5,720円
事務手数料3,300円3,300円3,300円3,300円
工事費0円0円0円0円
キャッシュバックなし20,000円51,000円38,000
トータル費用
(2年間)
133,980円120,580円100,140円102,580円

※1 ドコモ光タイプA

2年間のトータル費用で比較すると、30,000円近くの差が出ます。

TNCヒカリはキャッシュバックがない

TNCヒカリのトータル費用が他の光回線に比べて高くなる原因は、キャッシュバックがないからです。

多くの光回線ではキャッシュバックキャンペーンを行っているので、月額料金の安いTNCヒカリよりもお得に使えます。

違約金キャッシュバックキャンペーンを実施中

TNCヒカリは、他社プロバイダの違約金最大10,000円分をキャッシュバックしてくれるキャンペーンがあります。しかし、新規で開通する人には適用されないキャッシュバックです

理由2.大手スマホとのセット割がない

TNCヒカリには、大手スマホ(ドコモ、au、ソフトバンク)のセット割引がありません。

TNCヒカリの運営元であるTOKAIネットワーククラブが提供している格安SIM「LIBMO」とのセット割はあります。しかし、月に110円しか割引になりません。そもそも使っている人が少ないので、多くの人にとってはお得ではありません

大手スマホのセット割がある光回線がお得

ドコモ、au、ソフトバンクのスマホを使っている人は、それぞれスマホ割に対応している光回線を選びましょう。スマホ1台につき毎月550~1,100円お得になります。

たとえば、ソフトバンクのセット割の割引額は以下の通りです。

使用プラン月額割引
データ定額2ギガ以下550円
データ定額5~50ギガ1,100円

たとえば、家族4人がソフトバンクスマホ(データ定額20ギガ)を使っていれば、毎月1,100円×4人=4,400円もお得に。2年間だと10万円以上スマホ代が安くなります

4.結論|TNCヒカリよりもお得な光回線を選ぼう

TNCヒカリをおすすめしない2つの理由を見てきました。

  1. 2年間のトータル費用が高い
  2. 大手スマホとのセット割がない

これらからわかるように、TNCヒカリはお得ではありません。他の光回線を利用する方がお得です。

最もお得な光回線の選び方

じゃあ、私はどの光回線を選んだらいいの?と気になりますよね。

あなたにとってオススメの光回線は、お得なキャッシュバックとスマホとのセット割が両立しているものです。

使っているスマホと住んでいる地域から、あなたに今月最もおすすめな光回線がたった5秒でわかる診断ツールを用意しました!

住居タイプ戸建てマンション
ドコモを使っている人はこちらこちら
au・格安スマホを使っている人はこちらこちら
ソフトバンクを使っている人はこちらこちら

ユーザーが選ぶべき光回線はこれ!(戸建てタイプ)

携帯の所持台数
~2台までの方

住んでいるエリア
関東

ドコモ光がエリア外の場合、

NURO光
がおすすめです

住んでいるエリア
関西

ドコモ光がエリア外の場合、

NURO光
がおすすめです

住んでいるエリア
東海

ドコモ光がエリア外の場合、

NURO光
がおすすめです

住んでいるエリア
沖縄

ドコモ光がエリア外の場合、

auひかり ちゅら
がおすすめです

住んでいるエリア
その他

ドコモ光がエリア外の場合、

auひかり
がおすすめです

携帯の所持台数
3台以上の方

住んでいるエリア
関東
住んでいるエリア
関西
住んでいるエリア
東海
住んでいるエリア
沖縄
住んでいるエリア
その他
全国

携帯の所持台数
1台以上の方

住んでいるエリア
関東

auひかりがエリア外の場合、

ビッグローブ光
がおすすめです

住んでいるエリア
関西

eo光がエリア外の場合、

ビッグローブ光
がおすすめです

住んでいるエリア
東海

コミュファ光がエリア外の場合、

ビッグローブ光
がおすすめです

住んでいるエリア
沖縄

auひかり ちゅらがエリア外の場合、

ビッグローブ光
がおすすめです

住んでいるエリア
その他

auひかりがエリア外の場合、

ビッグローブ光
がおすすめです

携帯の所持台数
1台の方

住んでいるエリア
関東

NURO光がエリア外の場合、

SoftBank光
がおすすめです

住んでいるエリア
関西

NURO光がエリア外の場合、

SoftBank光
がおすすめです

住んでいるエリア
東海

NURO光がエリア外の場合、

SoftBank光
がおすすめです

住んでいるエリア
沖縄

SoftBank光がエリア外の場合、

auひかり ちゅら
がおすすめです

住んでいるエリア
その他

携帯の所持台数
2台以上の方

住んでいるエリア
関東

NURO光がエリア外の場合、

SoftBank光
がおすすめです

住んでいるエリア
関西

NURO光がエリア外の場合、

SoftBank光
がおすすめです

住んでいるエリア
東海

NURO光がエリア外の場合、

SoftBank光
がおすすめです

住んでいるエリア
沖縄

auひかり ちゅらがエリア外の場合、

SoftBank光
がおすすめです

住んでいるエリア
その他

auひかりがエリア外の場合、

SoftBank光
がおすすめです

各社のロゴマークをクリックすると、もっともお得な申し込み窓口に移動します(2021年9月更新)

 

ユーザーが選ぶべき光回線はこれ!(マンションタイプ)

携帯の所持台数 ~2台までの方

住んでいるエリア関東

ドコモ光がエリア外の場合、 NURO光 がおすすめです

住んでいるエリア関西

ドコモ光がエリア外の場合、 eo光 がおすすめです

住んでいるエリア東海

ドコモ光がエリア外の場合、 コミュファ光 がおすすめです

住んでいるエリア沖縄

ドコモ光がエリア外の場合、 auひかり ちゅら がおすすめです

住んでいるエリアその他

ドコモ光がエリア外の場合、 auひかり がおすすめです

携帯の所持台数 3台以上の方

住んでいるエリア関東
住んでいるエリア関西
住んでいるエリア東海
住んでいるエリア沖縄
住んでいるエリアその他
全国

携帯の所持台数 1台以上の方

住んでいるエリア関東

auひかりがエリア外の場合、 ビッグローブ光 がおすすめです

住んでいるエリア関西

eo光がエリア外の場合、 ビッグローブ光 がおすすめです

住んでいるエリア東海
住んでいるエリア沖縄
住んでいるエリアその他

auひかりがエリア外の場合、 ビッグローブ光 がおすすめです

携帯の所持台数 1台の方

住んでいるエリア関東

NURO光がエリア外の場合、 SoftBank光 がおすすめです

住んでいるエリア関西

NURO光がエリア外の場合、 SoftBank光 がおすすめです

住んでいるエリア東海

NURO光がエリア外の場合、 SoftBank光 がおすすめです

住んでいるエリア沖縄

SoftBank光がエリア外の場合、 auひかり ちゅら がおすすめです

住んでいるエリアその他

携帯の所持台数 2台以上の方

住んでいるエリア関東

NURO光がエリア外の場合、 SoftBank光 がおすすめです

住んでいるエリア関西

NURO光がエリア外の場合、 SoftBank光 がおすすめです

住んでいるエリア東海

NURO光がエリア外の場合、 SoftBank光 がおすすめです

住んでいるエリア沖縄

auひかり ちゅらがエリア外の場合、 SoftBank光 がおすすめです

住んでいるエリアその他

auひかりがエリア外の場合、 SoftBank光 がおすすめです

各社のロゴマークをクリックすると、もっともお得な申し込み窓口に移動します(2021年9月更新)

 

それぞれのロゴをクリックすると、今月最もお得なキャンペーンページが開きます。

光回線選びで失敗したくない人は、ぜひ活用してください。

※もっと慎重に光回線を選びたい…という人は「元販売員が光回線150社を比較!」でさらにくわしくおすすめ光回線の選び方をお伝えしています!

まとめ

TNCヒカリは月額料金は安いですが、キャッシュバック額が低く、大手スマホとのセット割引もありません。

せっかくなら、高額のキャッシュバックがもらえて、スマホとのセット割があるお得な光回線を選びましょう!

5つの質問で、ぴったりのインターネット回線がわかる!

こういったことで困っていませんか?

スマホの速度制限によくひっかかる
引っ越しでネット回線を引きたい
ネット回線を1番安く契約したい
通信費をもっと安くしたい

これらの悩みは、以下の診断で解決できます!!

SNSでもご購読できます。

つなが〜るネット – インターネットがもっとお得に快適になる情報サイト