ADSLの平均速度と低速を改善する5つの方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
スクリーンショット 2015-06-10 18.06.30

最近ADSLの速度が遅いとお感じですね。「動画再生がカクカクする」「サイトが動かない」などの問題があるとストレスになりますよね。

ここでは、ADSLの平均速度と、改善する5つの方法をお伝えします。ぜひ参考にしてくださいね。

photo by:http://blog.activ8me.net.au/2013/11/13/how-to-maximise-the-speed-of-your-adsl-broadband-connection/

1.ADSLの平均速度

YahooBBの「50M」など有りますが、あくまで理論値で実際の速度は平均10Mbps〜です。さらにWiFiなどを繋いだり様々な要因によってさらに遅くなることがあります。

スクリーンショット 2015-04-29 15.58.42出典:http://flets-w.com/adsl/plan_sentaku/sankou_jouhou/

そもそもADSLの速度は、契約プランとNTT基地局から自宅までの距離で変動します。

最大下り速度は契約プランでことなり、NTT基地局からの距離が長くなるほど伝送損失が高くなり遅くなります。
伝送損失とは、電気信号の伝わりにくさをいい、dB(デシベル)という単位で表します。

2.現在の速度をチェックしよう

既にADSLを使っている場合は、現在の回線速度を確認しましょう。以下のサイトから簡単に確認することができます。

スクリーンショット 2015-04-29 16.19.36

サイトにアクセスすると上記のような画面が出るので、ADSLの場合は右側の「フレッツ光」以外の方はこちらをクリックしてください。クリックすると測定が開始されます。

計測が終わると、次に以下のような画面が表示されます。

スクリーンショット 2015-06-15 16.23.25

測定値は、時間帯などによって多少変化しますので、何度か測定する事をオススメします。

3.必要な速度

最も通信速度を必要とする動画の再生でも5Mbps以上もあれば十分といえます。

下記、使用状況における必要速度の参考表です。

速度 体感値
1Mbps 写真が多い、動画が貼られているサイトを開くときに時間がかかる
YouTubeがよく止まる
1〜2Mbps 通常のサイトはストレスなくみられる
YouTube程度の動画が途中で止まったり立ち上がりが遅いことがある
2〜5Mbps ある程度重いサイトでもそれほど時間がかからずみられる
YouTube程度の動画はストレスなくみられる
5Mbps〜 通常のネットサーフィンであれば5〜50Mbpsもほとんど差は感じられない
YouTube(1080:超高画質)もストレスなくみられる
30Mbps〜 上記の通常のネットの利用の他に大きなファイルのダウンロード
オンラインゲームまたはFXや株などのインターネット取引もストレスなくできる

意外と速度は必要ない感じですが、あとは安定性などの問題になると思います。とくに以下のようなタイムラグが発生して、通信が途切れると困るような利用には、ADSLだと物足りないと感じるかもしれません。

・大きなファイルのダウンロード
・オンラインゲーム
・FXや株などのインターネット取引
・家族数名で同時使用

これらの場合は、高速通信かつ安定している光回線のほうがいいでしょう。

4.ADSLの速度をスグ改善する5つの方法

ADSLの環境を確認する

ADSLは、冒頭でお伝えしたように「NTT基地局から自宅までの距離」で速度が遅くなります。

それぞれ NTT東日本線路情報/ NTT西日本線路情報か、NTT「0120−116−116」で基地局までの「距離」と「伝送損失」を確認しましょう。

目安としては1.5M、8Mプランの場合は3km以内。12Mや20M超のプランは5km以内。それ以上の距離があると十分な速度は得られない場合が多いです。また「伝送損失」が31デシベル以上の場合は光回線の変更がおすすめです。

モデムの電源を2週間に1度くらい再起動する

ADSLモデムの電源を入れっぱなしにしていると速度が落ちる場合があります。

対策としては、モデムの電源を一旦OFFにして再度、電源を 入れ直すことで解決する場合が多いです。
ADSLモデムの電源は2週間に1度くらい、電源のOFFとONを行うことをおすすめします。

パソコンの性能を確認する

パソコンが古すぎると、スペックが対応しきれず速度が上がらない原因となる事があります。また起動しているソフトが多いとCPUやメモリに負担がかかり過ぎています。

対策としては、パソコンを買い換えるか、エクスプローラーなどのブラウザ以外の不要なソフトを終了させてみましょう。

ケーブルを点検し、必要があれば買い換える

モデムやルーターのケーブルが悪かったり(劣化や接触不良)すると速度が落ちることになります。ねじれていたり、極端に曲がっていたりしても同様です。

対策としては、点検して上記の症状であれば新品に交換しましょう。

高速に動作するセキュリティソフトにする

古いセキュリティソフトは動作が遅いことが多いです。

対策としては、新しいバージョンのものやソフト自体を動画の軽いものに変更しましょう。セキュリティ対策ソフトは、フリーでもいいのでインターネットで簡単に探してダウンロ-ドできます。

おすすめアンチウィルスソフト

スクリーンショット 2015-05-01 2.45.30

AVGアンチウィルスは、インターフェースが使用しやすく高速に動作するのでオススメです。保護機能も十分に強力です。

上記の5つの方法を試されても速度が改善しない場合は、高速プランや光回線に変更を検討しましょう。

光回線に乗り換えよう

光回線にした方が圧倒的に高速通信で安定度も高くなります。もし現状の接続スピードに不満があるのであれば光回線へ乗り換えをおすすめします。最近では従来のADSLと変わらないほど光回線が安くなっています。

4-1.光回線のメリットとデメリット

まず、光回線のメリットですが、これは間違いなく高速通信という事でしょう。ADSLと違い、基地局から遠くても最大1Gbps(約1000Mbps)という高速で安定して通信が可能です。

スクリーンショット 2015-05-14 14.23.22出典:https://flets.com/hikari/speed.html

デメリットと思う、料金はADSLの場合、月額約5,000円ほど「ネット回線使用料(3千円ほど)+固定電話(1700円)です。もちろん料金プランや住んでいる地域によって若干料金がことなりますが、以下の料金は代表例での比較となります。

スクリーンショット 2015-06-11 16.21.22

光回線に変更すると回線料金は高くなりますが、ひかり電話を採用すれば月々の電話回線使用料が約500円になり、全体的にはほぼ変わりません。

さらに、あなたの携帯電話のキャリアと同じ光回線サービスを選ぶと毎月のスマホ代が割引されます。たとえばauの携帯電話を使用していて、auひかりに加入するとauスマートバリューで月のスマホ代が最大2,000円割引が適用されます。各社このようなサービスがあるので、上手く利用するのがオススメです。

今のADSLの料金を確認して「速度」というメリットが上回るようなら光回線に乗り換えましょう。

4-2.おすすめの乗り換え方法

では実際に、ADSLを解約して光接続を申し込む場合をシュミレーションしてみたいと思います。

1.ADSLを解約する

契約しているプロバイダーに解約申請しましょう。モデムなどレンタル機器は、ほとんどの場合は返却しなければなりません。契約しているプロバイダー確認してください。

2.申し込み

これは好きなサービスを選んで申し込みをします。まずはどのサービスが良いか検討してみてください。

ドコモ携帯の場合→ドコモ光
au携帯の場合→auひかり
ソフトバンク携帯の場合→ソフトバンク光

5.まとめ

いかがでしたでしょうか。ADSLの速度は改善されましたか?

またケータイ料金と合わせたり、固定電話と合わせると光回線はADSLより安くなるケースがあるのでぜひ検討しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

5つの質問で、あなたにぴったりのインターネット回線がわかる!

こういったことでお困りではないですか?

・スマホの速度制限によくひっかかる
・引っ越しなどでインターネット回線を引きたい
・どうせなら1番安くインターネット回線を契約したい
・通信費を今よりもっと安くしたい

これらのお悩みは、あなたの状況・用途に合わせたインターネット回線を選ぶことで解決できます。
以下の診断で、あなたにとって最も安くて、満足できるインターネット回線を見つけましょう!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*