auひかりのルーターを最もお得に利用する方法!レンタルと購入どっちがお得?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
auひかり ルーター

「auひかりのルーターはレンタルがお得?」
「本当は、買った方がお得じゃないの?」

auひかりを快適に使うためには欠かせない役割であるルーター。そんなルーターですが、なるべくお得に使いたいですよね・・・!

そこで今回は、光回線の元販売員である私が、auひかりのルーターをお得に利用する方法をご紹介します

【結論】auスマホユーザーはルーターをレンタルした方がお得!

auひかり ルーター

結論から言うと、auスマホユーザーはルーターをレンタルした方が圧倒的にお得です!なぜなら無料で使うことできるから。

ただし、auスマホユーザー以外やauひかりマンションタイプで速度にこだわりたい人は、購入することをおすすめします

なぜこのような結論になるのか。順を追って解説していきます。

1.そもそもauひかりのルーターってどんなもの?

auひかり ルーター

auひかりを契約すると、自宅に「ホームゲートウェイ」という機器が送られてきます。ホームゲートウェイを簡単に言えば、「多機能ルーター」のこと。(この記事ではルーターで統一して表記してます。)

そんなauひかりルーターの無線LAN機能はオプション扱いです。そのため、無線LAN機能を開放してWiFiを利用するには月額500円の料金が発生します

ルーター自体は無料だけど、WiFi機能を使うには月額500円がかかる、ちょっとややこしいですね…。

そして月額500円ということは、契約期間の3年間で18,000円…。このルーターをもっとお得に利用できないか?それが今回のテーマです。

2.実は、auスマホユーザーはルーターを無料で利用できる!

WiFi機能を使うためには、毎月500円の料金が必要となるauひかりルーター。ただし、auスマホユーザーなら無料で使うことができるんです!

なぜなら「auスマートバリュー」を適用できるから。

auスマートバリューとは?

auスマートバリューは、auのスマホとネットをセットで利用することで、スマホの月額料金が永年割引になるサービス。割引額はスマホのプランによりますが、月額500~1,000円割引となります。

auスマートバリューの適用には、固定電話オプション(月額500円)が必要ですが、結局500円〜1,000円割り引かれるので無料もしくはお得になります

そして、auスマートバリューを適用させるとWiFi機能が開放されて自由に使えます。

さらにさらに、auスマートバリューは家族間で最大10台まで割引となるため、スマホの台数が多ければ多いほどよりお得。

auスマホユーザーは、auスマートバリューを適用させて無料でルーターを使うのが絶対おすすめです

ちなみにauひかりマンションタイプの人はルーターを購入した方がいい

auひかり マンション

auスマートバリューの適用できるauユーザーでも、レンタルをおすすめしないケースがあります。それは、auひかりをマンションタイプで利用している場合。

というのも、auひかりは戸建て用とマンション用で提供されるルーターが異なり、性能にも違いがあるからです

auひかり・ルーター機種
ルーター機種 最大通信速度
BL1000HW
(戸建て用)
6,900Mbps
BL900HW
(マンション用)
600Mbps

戸建て用とマンション用では10倍以上も最大速度の差が出てしまいます。

これはあくまでもWiFiの通信速度で、光回線自体の速度ではありません。ただ、マンション用ルーターではせっかくネットの回線速度が速くても、WiFiで電波を飛ばすことによってスピードが落ちてしまう可能性があります

速度にこだわる人は、より高性能なルーターの購入も検討しましょう。

【まとめ】ルーターをレンタルではなく購入する方がいい人

  • au以外のスマホを使っている人
  • auひかりのマンションタイプで速度にこだわりたい人

3.auユーザー以外におすすめのルーターは?

auひかり ルーター おすすめ

  • au以外のスマホを使っている人
  • auひかりのマンションタイプで速度にこだわりたい人

上の条件に当てはまる人は、ルーターを購入した方がレンタルするよりもお得です。

auひかりの無線LAN機能は月額500円。3年間では18,000円もかかることになります。一方、ルーターは4~5,000円程で購入も可能。

光回線は長期間にわたって利用するので、自分でルーターを購入した方が圧倒的にお得ですよね。

ルーターを購入する時に注目したいポイントはこれ!

では、自分でルーターを購入する際には、どんなポイントに注目したら良いでしょうか?

ルーターの購入の際には、次の2つのポイントを必ずチェックして下さい。

  1. IPv6に対応しているか?
  2. 11acに対応しているか?

ポイント1.IPv6に対応しているものを選ぼう

楽天ひかり IPv6

IPv6とは、かなりザックリいうと「速度が速くなる通信方式」のこと。以前までのIPv4と比較して、とくに夜などの回線が混み合う時間帯でも速度が速いのが大きな特徴です。

ルーターがIPv6に対応していることを確認したら、11acにも対応しているかを忘れずにチェックしましょう。

ポイント2.11acに対応しているものを選ぼう​​​​

11acは2014年に制定されたWiFi規格のこと。従来の規格であった11nよりも10倍以上も通信速度が上がっています

ルーターが11acに対応しているかどうかは、以下の表記で確認できます。

  • 11ac:IEEE802.11a/b/g/n/ac/
  • 11n:IEEE802.11a/b/g/n

このように、同じように見えるルーターでもその性能には大きな違いがあります。購入前にIPv611acに対応しているか必ず確認するようにしましょう

ちなみに、auひかりのルーターBL1000HW(戸建て)は11ac対応で、BL900HW(マンション)は11n対応です。なので通信速度に差があります。

イチオシのルーター2機種を紹介

では、ここからはIPv6と11acに対応している、おすすめルーター2機種を紹介します。

その1.コスパ抜群!Aterm WG1200HS4 PAWG1200HS4

最初に紹介するNEC製のAtrem WG1200HS4 PA-WG1200HS4は、販売価格が4,370円(2021年1月現在)と非常にリーズナブルであるにも関わらず、IPv6と11acに対応しているおすすめのルーターです。

Aterm WG1200HS4 PA-WG1200HS4スペック表
価格 4,370円
IPv6 対応
無線LAN規格 IEEE802.11a/b/g/n/ac
接続環境 戸建て:3階建て
マンション:4LDK
同時接続可能台数 15台
無線LAN速度(5GHz) 867 Mbps
無線LAN速度(2GHz) 300 Mbps
幅x高さx奥行     33x146x97 mm    
重量 200 g
購入ページ ビックカメラ.com

auひかりのルーターでWiFi機能を使うと年間で6,000円かかります。なので、Atrem WG1200HS4 PA-WG1200HS4なら1年足らずで元が取れることになります。

WiFiの通信速度も最高で867Mbpsですから、普通に利用するには十分すぎるほどの速度。ほとんどのユーザーにとって満足のいくWiFi環境を整えることができるでしょう。

その2.バツグンの性能!AirStation WSR-3200AX4S/NBK

バッファロー製のAirStation WSR-3200AX4S/NBKは、最新の通信規格に対応したルーターで、通信速度が最高2,401Mbpsでかなり速いです

Amazonでの実売価格は11,800円ほどですが、とにかく速度にこだわりたい方にはおすすめのルーター。1万円超えと言っても、auひかりを2年使えば元が取れます。

AirStation WSR-3200AX4S/NBKスペック表
価格 11,800円
IPv6 対応
無線LAN規格 IEEE802.11a/b/g/n/ac/ax
接続環境 戸建て:3階建て
マンション:4LDK
同時接続可能台数 21台
無線LAN速度(5GHz) 2401 Mbps
無線LAN速度(2GHz) 800 Mbps
幅x高さx奥行     37.5x160x160 mm    
重量 390 g
購入ページ Amazon

auスマートバリューが適用できない人や、マンションタイプを利用していて通信速度に不満がある人は、このルーターがおすすめですよ!

4.auひかりの申込み~ルーターを設定するまで

さて、ここからはauひかりの申込みから、ルーターを設定してインターネットを利用できるようになるまでの流れを見ていきましょう。

auひかりの最もお得な申し込み窓口はどこ?

2021年1月現在、auひかりの最もお得な申し込み窓口は代理店のアイネットサポートです。

auひかり

アイネットサポートからauひかりを新規で申し込むと、なんと55,000円のキャッシュバックが受けられます。

実は、アイネットサポートよりも高額のキャッシュバックを提供してる代理店もあります。しかし、キャッシュバックを受け取れるのが1年後だったり、オプション加入が必要だったりと手続きが面倒。

その点、アイネットサポートのキャッシュバックは入金まで最短で1ヶ月、余計な手続きも不要のため安心して申し込めます。

auひかりのキャンペーン窓口14社を徹底比較」の記事も参考にして下さい。

申し込みから開通までの流れ

Step1.アイネットサポートでauひかりを申し込む。

auひかりの申し込みは、アイネットサポートのWebお申込みをクリック。必要情報を入れて申し込みをしましょう。

Step2.アイネットサポートから申し込み内容の確認

auひかりサービスの申し込み後、アイネットサポートから申し込み内容の確認の連絡が入ります。その際に、工事日の調整も行います。

Step3.auひかりの開通工事

通常、auひかりの開通工事には立ち会いが必要になります。工事時間は2時間程度で完了。

これでauひかりを利用する準備が整いました!次にルーターの設定方法を確認していきましょう。

ルーターの設置と設定方法

auひかりの開通工事の二日前までに、必要な機器が自宅まで送付されます。工事完了後、機器の設置・設定を行いましょう。

ホームゲートウェイでWiFiを利用する場合

auひかりを利用するためには、開通工事で設置された光コンセントにONUを、そしてONUにホームゲートウェイを接続していきます。

とは言っても特別に難しいことはありません。同封されている説明書の通りに設置していけば大丈夫。

こちらのビデオも参考に設置していきましょう。

設置が完了したら、WiFiに接続します。ホームゲートウェイの側面にSSID(ネットワーク名)とパスワードが記載されているので、それを使ってWiFiに接続しましょう。

パソコンやスマホがWiFiを認識したら、無事に接続成功です!

もしWiFiの接続機能が無効になっていてSSIDが表示されない場合は、問い合わせ窓口(0077-7064)に連絡して、無線LAN機能の利用手続きを行って下さい。 

ルーターを自分で用意する場合

自分で購入したルーターを使用する際には、ホームゲートウェイとルーターを接続する必要があります。

BUFFALO公式サイトより画像引用

  1. ホームゲートウェイの電源を一旦オフにする。
  2. LANケーブルをホームゲートウェイとルーターに差し込む。
  3. ホームゲートウェイとルーターの電源を入れ、SSIDとパスワードを入力してWiFiに接続する。

スマホやパソコンがルーターの信号をキャッチして、ネットにつながれば無事に接続成功です!お疲れさまでした。

まとめ

auユーザーならauスマートバリューを適用して、無料でルーターを使うことができます

auユーザー以外の人、もしくはauひかりのマンションタイプで通信速度に不安がある人は、自分でルーターを購入したほうが結果的にお得になります。

どちらにしても、auひかりでルーターを使用するのに難しいことは何もありません。ぜひ今回の記事を参考にして、快適なネットライフをお楽しみ下さい!

auひかりについてさらに知りたい人は「auひかりの口コミ・料金などの真実」の記事も参考にして下さいね。

5つの質問で、ぴったりのインターネット回線がわかる!

こういったことで困っていませんか?

スマホの速度制限によくひっかかる
引っ越しでネット回線を引きたい
ネット回線を1番安く契約したい
通信費をもっと安くしたい

これらの悩みは、以下の診断で解決できます!!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

つなが〜るネット – インターネットがもっとお得に快適になる情報サイト