【2021年6月】UQモバイルのおすすめ端末5選!価格も性能も丸わかり

「UQモバイルに乗り換えるのと同時に、端末も新しくしたい!」と考えている人は多いはずです。

とは言え、公式サイトを見ても、種類が多く性能もバラバラ。どのように選べばいいのかわかりませんよね。

そこでこの記事では、元スマホ販売員の私が、UQモバイルで販売されている端末のうちおすすめのものを5つ紹介します。

コスパがいいもの・最も性能がいいもの・最も安いものなど、状況別にまとめたので、自分にピッタリなものが見つかること間違いなしです。

ぜひ最後まで読んでください!

1.UQモバイルで販売されている端末は10種類

2021年6月現在、UQモバイルでは、全10種の端末が販売されています。

まずは、それらの価格をまとめました(契約方法・契約プランS/M/Lによって価格が異なります)。

←スマホの人は左右にスクロールできます→

端末新規契約MNP機種変更
iPhone 1164GBS:5万3,640円
 M/L:4万9,680円 
S:5万3,640円
 M/L:4万9,680円 
6万2,640円
256GBS:6万6,600円
M/L:6万2,640円
S:6万6,600円
M/L:6万2,640円
7万9,920円
iPhone SE
(第2世代)
64GBS:3万9,600円
M/L:3万5,640円
S:3万9,600円
M/L:3万5,640円
4万3,560円
128GBS:5万1,480円
M/L:4万7,520円
S:5万1,480円
M/L:4万7,520円
5万5,440円
Galaxy A211万9,800円S:4,320円
M/L:550円
1万9,800円
Xperia 8 LiteS:1万8,360円
M/L:1万4,400円
S:1万8,360円
M/L:1万4,400円
3万5,640円
OPPO Reno3 AS:3万5,640円
M/L:1万5,840円
S:1万1,880円
M/L:7,920円
2万7,720円
Galaxy A41S:1万5,840円
M/L:1万1,880円
S:1万5,840円
M/L:1万1,880円
2万3,760円
AQUOS sense3 basicS:1万5,840円
M/L:1万1,880円
S:4,320円
M/L:550円
1万1,880円
BASIO 4S:1万8,360円
M/L:1万4,400円
S:1万8,360円
M/L:1万4,400円
1万4,400円
iPhone XR
(認定中古品)
64GBS:2万2,680円
M/L:1万8,720円
S:2万2,680円
M/L:1万8,720円
4万320円
128GBS:2万7,000円
M/L:2万3,040円
S:2万7,000
M/L:2万3,040円
4万4,640円
iPhone 8
(認定中古品)
64GBS:1万5,120円
M/L:1万1,880円
S:1万5,120円
M/L:1万1,880円
2万3,760円

※以下、すべて税込です。

先に結論を言うと、これらの中でおすすめなのは、太文字になっている5つの端末です

とくにOPPO Reno3 Aは、かなりおすすめです(iPhoneへのこだわりがなければ)。

防水・おサイフケータイ・大容量バッテリーなど必要な機能がそろい、4眼カメラも付いています。それでいて価格は7,920円〜と、かなりコスパのいい端末となっています。

セット購入が断然お得!

これら10種の端末は、他のショップ(Apple Store・キャリアショップなど)で買うよりも、UQモバイルでセット購入した方が断然お得です。

目安としては、どの端末も1〜2万円ほど割引されています

たとえばiPhone11の64GBだと、Apple Storeよりも2万円ほど安いです(UQモバイル:5万3,640円 Apple Store:7万1,280円)。

※セット購入:UQモバイルのSIM・端末をセットで買うこと。
※どの端末も分割払いが可能です。

端末の選び方(価格以外でチェックすべき項目5つ)

端末を選ぶ際は、価格以外に、以下の5つをチェックしましょう。

  1. 防水・防塵かどうか
  2. おサイフケータイ(Quick Pay・モバイルSuicaなど)に対応しているかどうか
  3. ROM(データを保存できる容量)は多いか
  4. バッテリー容量は多いか
  5. カメラの性能はいいか

先ほどの表を見てもわかるように、UQモバイルで販売されている端末に大きな価格差はありません。したがって、これら5つの項目をチェックするのが重要です。

それでは、iPhone編Android編に分けて、先述した5つの項目を満たすおすすめ端末を紹介します。

2.【iPhone編】UQモバイルのおすすめ端末

まずは、iPhone編です。Android端末と違い、日本における圧倒的なブランド力があるのが最大の特徴です。

UQモバイルで販売されているiPhoneの機種は、以下の2つで、どちらもおすすめできます。

  • iPhone 11:高性能な機種が欲しい人におすすめ
  • iPhone SE(第2世代):コスパ重視の人におすすめ

それぞれ見ていきましょう。

iPhone 11|高性能な機種が欲しい人におすすめ

UQモバイル iPhone11

iPhone 11は、外カメラ・内カメラの両方が超高画質。バッテリーは最大17時間もつのが特徴です。

のちほど紹介するiPhone SEと比べて価格が高い分、全体的なスペックが優れています

メリット

  • 防水/防塵
  • おサイフケータイに対応
  • バッテリーが最大17時間もつ
  • 超広角カメラ付き
  • 内カメラで4K動画が撮れる
  • Face ID(顔認証)に対応

デメリット

  • 価格が高い
  • ROMは64GBか256GBと選択肢が少ない

こんな人におすすめ

  • 高性能な機種が欲しい人

※スペック紹介
【画面サイズ】約6.1インチ
【OS】iOS
【防水/防塵】◯
【おサイフケータイ】◯
【ROM】64GB/256GB
【バッテリー容量】最大17時間
【カメラ】デュアルカメラ(広角・超広角)
     外カメラ:1,200万画素
     内カメラ:1,200万画素
【テザリング】◯
【料金】4万9,680円〜7万9,920円(料金表はこちら
【詳細】こちら

iPhone SE(第2世代)|コスパ重視の人におすすめ

UQモバイル iPhoneSE

iPhone SE(第2世代)は、iPhone史上最高にコスパがいいと言われている機種です

iPhone 11よりも2万円ほど安いため、カメラやバッテリーなどは劣るものの、使っているICチップ(データを処理するもの)は同じ。したがって、ゲームをする際などのスペックには差がありません。

多くの人が格安SIMで使っている人気機種となっています。

メリット

  • コスパがいい(iPhone 11と同じチップを使用。価格は2万円ほど安い)
  • 防水/防塵
  • おサイフケータイに対応
  • ROM128GBが選べる

デメリット

  • Face ID(顔認証)に非対応で、指紋認証のみ
  • iPhone 11と比べ、バッテリー時間が13時間と短い
  • iPhone 11と比べ、カメラの性能が劣る

こんな人におすすめ

  • コスパ重視の人

※スペック紹介
【画面サイズ】約4.7インチ
【OS】iOS
【防水/防塵】◯
【おサイフケータイ】◯
【ROM】64GB/128GB
【バッテリー容量】最大13時間
【カメラ】シングルカメラ(広角)
     外カメラ:1,200万画素
     内カメラ:700万画素
【テザリング】◯
【料金】3万5,640円〜5万5,440円(料金表はこちら
【詳細】こちら

3.【Android編】UQモバイルのおすすめ端末

次に、Androidでおすすめの端末を紹介します。特徴は、iPhoneよりも安く手に入ることです。

以下の3つがおすすめとなっています。

  • OPPO Reno3 A:コスパ重視の人におすすめ
  • Galaxy A41:OPPO Reno3 Aのデザインが気に入らない人におすすめ
  • Galaxy A21:安さ重視の人におすすめ

それぞれ見ていきましょう。

OPPO Reno3 A|コスパ重視の人におすすめ

UQモバイル OPPO Reno3 A

OPPO Reno3 Aは、爆発的に人気だったOPPO Reno Aの進化版で、最もコスパの良いスマホとなっています。

防水・防塵やおサイフケータイなど必要な機能を備えていて、高性能な4眼カメラも付いています。

公式価格は3万円台ですが、UQモバイルでは7,920円〜と破格です。コスパ重視の人には最もおすすめのスマホとなっています。

メリット

  • 価格が安い(7,920円〜)
  • 防水/防塵
  • おサイフケータイに対応
  • 超広角カメラ
  • 4,800万画素の外カメラ
  • 顔認証に対応

デメリット

  • バッテリーもちが悪いという口コミがちらほらある

こんな人におすすめ

  • コスパ重視の人

※スペック紹介
【画面サイズ】約6.4インチ
【OS】Android™ 10
【防水/防塵】◯
【おサイフケータイ】◯
【ROM】128GB
【バッテリー容量】最大19時間
【カメラ】4眼カメラ(超広角)
     外カメラ:4,800万画素
     内カメラ:1,600万画素
【テザリング】◯
【料金】7,920円〜3万5,640円(料金表はこちら
【詳細】こちら

Galaxy A41|OPPO Reno3 Aのデザインが気に入らない人におすすめ

UQモバイル Galaxy A41

Galaxy A41は、スペック的に、OPPO Reno3 Aとほぼ変わらないスマホです。

大きな違いは、ROMが64GBなので、データを保存できる量がOPPO Reno3 Aよりも少ないことくらいでしょう。

価格も4,000円ほどの差なので、OPPO Reno3 Aのデザインが気に入らないなら、Galaxy A41を選ぶのもアリだと思います

メリット

  • 防水/防塵
  • おサイフケータイに対応
  • 超広角カメラ
  • 4,800万画素の外カメラ
  • 顔認証に対応

デメリット

  • OPPO Reno3 Aと比べて、ROMが64GBと少ない
  • OPPO Reno3 Aと比べて、4,000円ほど高い

こんな人におすすめ

  • OPPO Reno3 Aのデザインが気に入らない人

※スペック紹介
【画面サイズ】約6.1インチ
【OS】Android™ 10
【防水/防塵】◯
【おサイフケータイ】◯
【ROM】64GB
【バッテリー容量】最大16時間
【カメラ】3眼カメラ(超広角)
     外カメラ:4,800万画素
     内カメラ:2,500万画素
【テザリング】◯
【料金】1万1,880円〜2万3,760円(料金表はこちら
【詳細】こちら

Galaxy A21|安さ重視の人におすすめ

UQモバイル Galaxy A21

Galaxy A21は、UQモバイルで販売されている端末の中で最も安いです。550円〜で買えます。

ただし、その分スペックは落ちます。チップの性能が良くないため、ゲームをすると画面がカクカクするのもしばしば。カメラはシングルカメラで、他の端末と比べると画像は粗いです。

とは言え、防水・防塵やおサイフケータイなど、必要最低限の機能は付いているので、とにかく安い端末が欲しい人は検討してください

※スペック紹介
【画面サイズ】約5.8インチ
【OS】Android™ 10
【防水/防塵】◯
【おサイフケータイ】◯
【ROM】64GB
【バッテリー容量】最大16時間
【カメラ】シングルカメラ
     外カメラ:1,300万画素
     内カメラ:500万画素
【テザリング】◯
【料金】550円〜1万9,800円(料金表はこちら
【詳細】こちら

3.今回紹介しなかった5つの端末について

UQモバイルで販売されている端末のうち、今回紹介しなかった5つの端末について、おすすめしない理由を以下にまとめました。

  • Xperia 8 Lite:値段や基本的なスペックは、OPPO Reno3 Aとほぼ変わらないが、バッテリー容量が少ないため、あえて選ぶ理由がない。
  • AQUOS sense3 basic:おサイフケータイに非対応。動作がやや遅いためおすすめしない。
  • BASIO 4:おサイフケータイに非対応。動作が遅いためおすすめしない。
  • iPhone XR(認定中古品):中古品なので、バッテリーの寿命が短い可能性がある。
  • iPhone 8(認定中古品):中古品なので、バッテリーの寿命が短い可能性がある。

Android端末の3つ(Xperia 8 Lite・AQUOS sense3 basic・BASIO 4)は、OPPO Reno3 Aの劣化版のような端末なので、おすすめしません。

iPhoneの認定中古品の2つ(iPhone XR・iPhone 8)は、バッテリーの寿命が短い可能性があります。

1万円台から買えるのは魅力的かもしれませんが、すぐに機種変更が必要になり、かえって料金がかさむでしょう

まとめ

自分にピッタリの端末は見つかったでしょうか?

ここで、もう一度サラッとおすすめ端末を見てみましょう。

←左右にスクロールできます→

 iPhoneAndroid
商品名iPhone 11iPhone SE
(第2世代)
OPPO Reno3 AGalaxy A41Galaxy A21
デザインiPhone11iPhoneSEOPPO Reno3 AGalaxy A41Galaxy A21
画面サイズ約6.1インチ約4.7インチ約6.4インチ約6.1インチ約5.8インチ
OSiOSiOSAndroid™ 10Android™ 10Android™ 10
防水/防塵
おサイフケータイ
ROM64GB/256GB64GB/128GB128GB64GB64GB
バッテリー容量最大17時間最大13時間最大19時間最大16時間最大16時間
カメラ外カメラ:1,200万画素
内カメラ:1,200万画素
外カメラ:1,200万画素
内カメラ:700万画素
外カメラ:4,800万画素
内カメラ:1,600万画素
外カメラ:4,800万画素
内カメラ:2,500万画素
外カメラ:1,300万画素
内カメラ:500万画素
料金
(MNP)
64GB
S:5万3,640円
M/L:4万9,680円

256GB
S:6万6,600円
M/L:6万2,640円

64GB
S:3万9,600円
M/L:3万5,640円

128GB
S:5万1,480
M/L:4万7,520円

S:1万1,880円
M/L:7,920円
S:1万5,840円
M/L:1万1,880円
S:4,320円
M/L:550円
詳細こちらこちらこちらこちらこちら

iPhoneの場合、スペックの高さを取るならiPhone 11、価格の安さを取るならiPhone SEを選びましょう。

Androidの場合、OPPO Reno3 Aを選べば間違いありません。デザインが気に入らなければGalaxy A41、価格重視の人はGalaxy A21も検討してくださいね。

そして実は、UQモバイルの取り扱い端末は、コロコロ変わってしまいます。欲しい端末があれば、早めに申し込むのがおすすめです

補足.UQモバイルの端末補償は入るべき?

UQモバイル 端末補償

結論から言うと、端末保証には加入しなくてOKです(iPhoneの場合、そもそも加入できません)

理由としては以下の3つです。

  • 年間5,016円もかかる
  • 1年間はメーカー補償が付く
  • そもそも端末が安いため、リスクが少ない

きちんと扱っていれば、端末を壊したりなくしたりすることはないので、端末補償はもったいないことがほとんど。

とは言え、故障しない・盗難されないとは言い切れないので内容を確認しておきましょう。

端末補償の内容
月額料金418円
申し込み端末の購入時のみ申し込み可能
サービス内容新しい端末と交換する場合、費用を5,500円まで補償。2回目は8,800円まで。
修理の場合、5,500円まで補償。
代用機を1,000円で利用できる。
盗難・紛失の場合、1万1,000円を補填。
利用上限年2回まで
詳細こちら

特徴は、どのような端末でも一律5,500円で新しい端末に交換してくれるところ。

高い端末を買う人にはいいサービスかもしれませんが、UQモバイルで販売されている端末はすべて安いので、加入の必要はありません。

5つの質問で、ぴったりのインターネット回線がわかる!

こういったことで困っていませんか?

スマホの速度制限によくひっかかる
引っ越しでネット回線を引きたい
ネット回線を1番安く契約したい
通信費をもっと安くしたい

これらの悩みは、以下の診断で解決できます!!

SNSでもご購読できます。

つなが〜るネット – インターネットがもっとお得に快適になる情報サイト