※この記事はPRを含みます

楽天モバイルのエリアの確認方法を解説!電波が悪い時の解決策も!

楽天モバイル エリア ロゴ

「楽天モバイルを契約したいけど、本当につながるのか不安だな…」「すでに持っていて、エリア内にいるのにつながらない!」このような不安や悩みはありませんか?

いくら安く使えても、つながらなければ意味がないですよね。重要なのは、あなたのスマホが、いつも使う場所できちんと楽天回線につながること

この記事では、「楽天回線につながるかどうかを確認する裏ワザ」や、「接続中の回線の種類を確認する方法」など…

実際に楽天モバイルを使っている私が、エリアに関するすべての悩みを解決します!契約前・契約済みにかかわらず、エリアに悩みがある人はぜひ参考にしてください。

おすすめの格安SIMは「【2024年3月】格安SIMのおすすめを26社から比較!初めてにはこれ!」で紹介しています。楽天モバイルのおすすめ端末は「楽天モバイルのおすすめ端末5選【2024年3月】実質0円もあり!」で紹介しています。

目次

1.実際に楽天回線につながるのか、今持っているスマホで確認しよう!

これから紹介する「楽天回線につながるかを確認する方法」は、楽天モバイル公式サイトにものっていない裏ワザ!

この方法を試すだけで、スマホをよく使う場所が楽天回線につながるか、ピンポイントに確認できます

今持っているスマホ(楽天モバイル以外のスマホ)を使って確認できるので、家やオフィスなど、よくスマホを使う場所で試してくださいね。

まずは、iPhoneでの確認方法を見ていきましょう。Android端末での確認方法はちら

iPhoneiOS)で確認する4つの手順

まずは、設定アプリから以下の手順通りに進めていきます。

「①設定」→「②モバイル通信」→「③ネットワーク選択」→「④自動」

手順1:iPhoneのホーム画面にある「設定」をタップします。

iPhone エリア確認

手順2:次に「モバイル通信」をタップします。

iPhone エリア確認

手順3:次に「ネットワーク選択」をタップします。

iPhone エリア確認

手順4:次に「自動」をタップしてオフにします。

iPhone エリア確認

すると、今スマホを使っている場所で拾える電波の一覧が表示されます。

電波の一覧ページにて、以下の「Rakuten」または「440 11」が表示されていれば楽天回線につながることがわかるんです!

  • 「Rakuten」
  • 「440 11」

※「440 11」:楽天モバイルのPLMN番号。
※PLMN番号:総務省から各キャリアに与えられている5桁の識別番号。参照ページ:こちら

iPhone エリア確認

この画面で「440 11が表示されていますよね。ということは、その場所は楽天回線につながる場所だとわかります。

Androidで確認する6つの手順

Androidも同様に設定アプリから手順通りに進めば、楽天回線につながるかどうか確認できます。

「①設定」→「②接続」→「③モバイルネットワーク」→「④ローミング設定」→「⑤通信事業者」→「⑥手動選択」

手順1:Androidのホーム画面にある「設定」をタップします

android エリア確認

手順2:次に「接続」をタップします。

android エリア確認

手順3:次に「モバイルネットワーク」をタップします。

android エリア確認

手順4:次に「ローミング設定」をタップします。

android エリア確認

手順5:次に「通信事業者」をタップします。

android エリア確認

手順6:次に「手動選択」をタップします

android エリア確認

すると、その場所で拾える電波の一覧が表示されます。

Android エリア確認

この画面で「Rakuten」が表示されているため、その場所で楽天回線を拾えるとわかります。

※Androidの確認方法はメーカーによって異なります。この記事では「Galaxy A7」の場合で紹介しています。あくまでも一例なのでご了承ください。

以上、楽天回線につながるのか確認する方法を見てきました。

楽天回線につながったなら、楽天モバイルに申し込みましょう。

もし、つながらなかった場合は、こちらの解説をご覧ください。今取るべきベストな行動をお教えします!

2.楽天モバイルのエリアカバー率は嘘?

楽天モバイル エリア 2022年

引用:楽天モバイル公式エリアマップ

そもそも楽天モバイルでは、エリアによって提供される回線が異なります。

エリア使えるデータ量通話
楽天回線エリア
(濃いピンク)
無制限無料
※「Rakuten Link」使用時
パートナーエリア(au)
(薄いピンク)
無制限

楽天モバイルはデータが無制限に使えます。2023年6月から提供が始まった「Rakuten最強プラン」によって、パートナーエリアでも無制限で使えるようになりました

まずは、楽天モバイルのカバー率を解説します。

楽天モバイルのエリアは人口カバー率98%超

2022年末で、楽天モバイルの人口カバー率は98%です。

楽天グループの2022年度第3四半期の業績発表で開示されたので、人口カバー率に関して、嘘ではなく本当です。

楽天モバイルのエリアは今後も拡大予定

楽天モバイル 人口カバー率

楽天回線エリアは、すごい勢いで拡大中です。

2022年6月時点で、楽天回線の人口カバー率は97.6%を突破しています。2023年中には99%に達する予定となっているため、ほぼすべての人が楽天回線につながるでしょう。

したがって、これから紹介する確認方法でエリア外だった人は、別のサービスを期間限定で契約しておき、エリアが広がってから楽天モバイルを契約するのがおすすめです!

3.楽天モバイルのエリアに関する口コミ

楽天モバイルのエリアに関する口コミを確認しましょう。

この記事では良い口コミと悪い口コミ両方を紹介するので、ぜひ参考にしてください。

良い口コミ・評判

まずは楽天モバイルのエリアに関して良い口コミ・評判です。

良い口コミ・評判は、主に楽天モバイルのエリア内であれば速度が出るということです。

また、データ通信に関連して、エリア内であれば無制限で使えるとの口コミも。

悪い口コミ・評判

続いては、楽天モバイルのエリアに関する悪い口コミ・評判です。

悪い口コミ・評判は、主に「エリア内でもパートナー回線に接続される」「エリア内なのに圏外になる」というものが見つかりました。

4.楽天モバイルのエリアに関する注意点

SNSで見つかった口コミ・評判を踏まえて、楽天モバイルの通信エリアに関する注意点を解説します。

通信エリア内なのに圏外になることがある

「楽天回線エリアに住んでいるからネット使い放題だ!」と、公式サイトだけを見て判断してはいけません。

実は、楽天回線エリア内であっても、楽天回線につながらない可能性があります。

理由は、まだ基地局(電波を飛ばす設備)の数が少ないから。とくに、マンションの高層階や地下は電波が届きにくい傾向があります

したがって、公式サイトのエリアマップだけで判断してはいけません。ピンポイントに楽天回線の電波が届いているかどうかを確認しましょう

楽天回線の電波が届いているかを確認する方法はこちら

楽天回線エリア内なのにパートナー回線に接続されることがある

楽天回線エリアの場合は、楽天回線が優先されますが、中にはパートナー回線に接続される場合があります。

楽天回線エリアならデータは無制限に使えますが、パートナー回線は5GBまでと制約があり、それを超えてしまうと速度制限がかかってしまいます。

楽天回線かパートナー回線、どちらにつながっているかは「my Rakuten Mobile」から確認できます。

建物内の電波が弱くなりやすい

楽天エリア内なのに、建物内の電波が弱くなりやすいことがあります。

楽天モバイルのエリア内なのに電波が悪くなってしまう理由については、次の章で解説します。

5.楽天モバイルのエリアの電波が悪いと言われる理由

先ほども紹介した通り、「楽天モバイルのエリア内なのに圏外になる」「パートナー回線になる」という口コミ・評判が見られました。

楽天モバイルのエリア内にもかかわらず、なぜ電波が弱いのでしょうか。それには以下の理由があります。

  • プラチナバンドを持っていないため
  • パートナー回線は通信制限がかかるから

プラチナバンドを持っていないため

エリア内なのに楽天モバイルの電波が悪い、エリア内なのにつながらない原因は楽天モバイルが割り当てられている電波が「ローバンド」という電波だからです。

そもそも電波には「プラチナバンド」と「ローバンド」の2種類があり、この2つの電波のうち、ローバンドはプラチナバンドと比べると、障害物に弱く遠くに飛びにくい電波です。障害物に弱いため、建物内や地下だとどうしてもつながりにくくなってしまいます。

auやドコモなどの大手キャリアはプラチナバンドが割り当てられていますが、楽天モバイルはローバンドなので、比較すると電波が悪いと言われます。

また、楽天モバイルの基地局の少なさも電波の悪い理由の一つです。

楽天モバイルはプラチナバンドを獲得!

2023年10月23日、総務省は楽天モバイルにプラチナバンド「700MHz」帯を割り当てることを発表しました。プラチナバンドは、700MHz~900MHzの周波数帯域を中心とした電波帯域を指す通称で、ビルなどの障害物があっても回り込んで電波が届きやすい電波です。これにより楽天モバイルの通信品質は良くなっていくでしょう。

パートナー回線は通信制限がかかるから

多くの格安SIMの会社は、大手キャリアの基地局から電波を借りて利用者に提供しています。借りた回線はデータ量に制限が設けられているため、大手キャリアよりも通信が不安定になりやすいです。

以下の画像がイメージです。

楽天モバイル_エリア_通信悪い理由

あくまでも一部分を借りているので、利用者が増えるとどうしても回線が混み合ってしまいます。

楽天モバイルのパートナー回線も、auから借りているものなので、回線が遅くなることがあります。

6.【利用者向け】楽天回線かパートナー回線かを確認する方法

楽天モバイル 接続中の回線の確認

ここでは、すでに楽天モバイルを契約している人向けに、「接続中の回線が楽天回線かパートナー回線か」を確認する方法を解説します。

iPhoneの場合は確認に少し手間がかかりますが、Androidの場合はmy楽天モバイルからカンタンに確認できます

まずはiPhone(iOS)で確認する手順です。Androidはこちら

iPhone(iOS)で確認する方法

iPhoneの場合、以下の手順で接続中の回線を確認できます。

  1. 電話アプリで「*3001#12345#*」を入力
  2. 「LTE」の「Serving Cell Info」をタップ
  3. 「freq_band_ind」の数値を確認

手順1.電話アプリで「*3001#12345#*」を入力

楽天モバイル iPhoneで楽天回線かパートナー回線かを調べる方法

まずは、電話アプリを開き「*3001#12345#*」と入力します。

通話ボタンをタップして、次へ進みましょう。

※通話料はかかりません。

手順2.「LTE」の「Serving Cell Info」をタップ

楽天モバイル iPhoneで楽天回線かパートナー回線かを調べる方法2

次に、上の画像のような画面が出てくるので、「LTE」の「Serving Cell Info」をタップしてください。

手順3.「freq_band_ind」の数値を確認

楽天モバイル iPhoneで楽天回線かパートナー回線かを調べる方法3

次の画面では、「freq_band_ind」の数値を確認しましょう。

それぞれ、以下の数値が接続中の回線を表しています。

  • 「3」:楽天回線
  • 「18」:パートナー回線

この画像のiPhoneの場合は、「3」と出ているので、楽天回線に接続中だとわかります。

パートナー回線だった場合、こちらで楽天回線への切り替え方法を解説しているので、参考にしてください。

2021年8月から、iOS版「my 楽天モバイル」アプリでも確認できるようになりました。

Androidで確認する方法

Androidの場合、以下の手順で接続中の回線を確認できます。

  1. 「my 楽天モバイル」アプリを開く
  2. 電話番号の上の表示を確認する

手順1.「my 楽天モバイル」アプリを開く

マイ楽天モバイル

インストールがまだの人は、こちらのページからインストールしてください。

手順2.電話番号の上の表示を確認する

楽天モバイル エリア確認

ホーム画面で、電話番号の上に接続中の回線が表示されます。

この画像の場合は、「楽天回線エリア接続中」と表示されていますので、楽天回線に接続できていることがわかります。

回線の切り替え方法

楽天回線とパートナー回線の切り替えは、基本的にはエリアを移動すると自動で行われます。

接続回線の切り替え楽天回線→パートナー回線パートナー回線→楽天回線
iPhone××
Android

ただしiPhone(12・13シリーズ以外の機種)の場合は、手動で行う必要があります。以下の方法で回線の切り替えを行いましょう。

  • 機内モードのオン/オフ
  • 端末の再起動

「意図せずにパートナー回線につながっている」という場合も、上記の方法で楽天回線に切り替えてください。

7.エリア内なのにつながらない!そんな時の対処法6つ

「楽天回線のエリア内なのにつながらない!」という場合の対処法をお教えします。

実際、接続が悪いなどの原因で、一時的につながらないことはあります。そんな時は、以下6つの方法で対処しましょう

  1. 機内モードをオン・オフする
  2. 再起動・SIMの抜き差し
  3. APN設定をしなおす
  4. そもそも端末が楽天モバイルに対応しているかチェック
  5. 障害情報のチェック
  6. SIMカードを再発行する

どれもカンタンな方法なので、ぜひ試してみてください。

対処法1.機内モードをオン・オフする

機内モード

まず試すのは、機内モードをオン・オフすること。

一時的な問題でうまくネットに接続できていない時は、この方法で解決する可能性があります。

対処法2.再起動・SIMの抜き差し

機内モードを利用してもうまくいかない場合は、スマホを再起動してみましょう。

ネットにつながらないなど、何かしらのトラブルが起こった際には、再起動で解決することが多いです。

再起動でも改善しなければ、SIMカードがうまく読み取れていないことも考えられるので、SIMカードの抜き差しもしてみましょう。

対処法3.APN設定をしなおす

楽天モバイル 繋がらない APN

楽天モバイル以外で買ったスマホを使っている場合は、APN設定が必要です。このAPN設定ができていないと、ネットにつながりません。

以下の手順で、APN設定をやりなおしてみてください。

iPhoneの場合

  1. 「設定」アプリを開く
  2. 「モバイルデータ通信ネットワーク」をタップ
  3. APNに「rakuten.jp」と入力
  4. インターネット共有の欄にも「rakuten.jp」と入力

Androidの場合

  1. 「設定」アプリを開く
  2. 「モバイルネットワーク」をタップ
  3. 「詳細設定」をタップ
  4. 「アクセスポイント名」をタップ
  5. APNに「rakuten.jp」を入力

※APN設定のくわしい手順は、1分でできる楽天モバイルのAPN設定方法!できない時の対処法も解説をご覧ください。

対処法4.端末が楽天モバイルに対応しているかチェック

そもそも端末が楽天モバイルに対応しているのかを確認しましょう。

楽天モバイルのエリア内であっても、端末が対応していなければ使うことはできません。

対応端末はこちらから確認できます。

対処法5.障害情報のチェック

ここまで解説した対処法でもつながらない場合は、利用者側の問題ではなく、楽天モバイルで発生した障害の可能性があります。

障害情報もチェックしましょう。公式サイト(障害情報)やSNSで情報が更新されます。

大雨や台風などの影響で通信障害が発生することがあります。

対処法6.SIMカードを再発行する

「障害情報も出ていない、すべてできることはやったのにつながらない」という場合の最終手段は、SIMの再発行です。

SIMカードそのものに不具合があり、つながらないことが考えられます。

その場合は、SIMを再発行しましょう。SIMの再発行の手順は以下の通りです。

  1. my 楽天モバイルにログイン
  2. 各種手続きから「SIM再発行を申請する」を選択
  3. 「SIM再発行の理由」とご希望の「SIMタイプ」を選択
  4. 配送先住所が正しいことを確認し、「再発行を申請する」を選択
  5. ワンタイムパスワードを入力し、「認証する」を選択
  6. お申し込み内容、回線番号を確認し、「確定する」を選択

ちなみに、楽天モバイルはSIMカードの再発行に料金はかかりません。

8.楽天モバイルの5Gはエリアがまだ狭い?

年々5Gの普及率は上昇していますが、楽天モバイルでは5Gの対応エリアが狭いのが現状です。

楽天モバイル_エリア_5G

上記の画像からわかるように、5Gは都心と全国の主要都市の一部に点在している状況です。

4G LTEのカバー率は98%ですが、5Gはこれから拡大していくのでしょうか。

楽天モバイルで5Gの拡大予定は?

楽天モバイルの5Gは拡大予定です。

現在は都心だけではなく、全国の主要都市に拡大されていますが、今後も5Gの基地局の設置でエリアは拡大されます。

楽天モバイルの公式サイトを確認すると「5Gサービス拡大予定エリア」を確認できます。

楽天モバイルの5Gへの切り替え方

すでに5G対応エリアであれば、5Gを使えます。

5Gへの切り替え方はとくに操作することはなく、自動で切り替わります。

手動で4Gと5Gを切り替えたい時は、携帯端末の「設定」から変更可能です。

5Gにつながらない時の原因と対処法

5Gエリアにいるのにつながらない場合は、以下の原因が考えられます。

5Gがつながらない理由

  • 携帯端末が5G対応端末ではない
  • 加入しているプランが5Gではない

そもそも、利用する端末や加入しているプランが5Gに対応していなければ、使うことはできません。

5Gが使えるのかどうかをまず確認しましょう。

9.エリア外だった場合の乗り換え先はahamo


出典:ahamo

通信速度が少しでも速いものを使いたい人におすすめは「ahamo」です。

ドコモ回線を利用しているahamoは、安定した通信品質であり、他の格安SIMよりも通信速度が速いです。

みんなのネット回線速度によると、ahamoの平均ダウンロード速度が「124.04Mbps」と、かなり速い数値を出しています。

この数値はUQモバイルが「77.33Mbps」、楽天モバイルの「53.35Mbps」と比べてもかなり速いことがわかります。

【ahamoの基本情報】
月額料金:¥2,980〜¥4,950(以下、すべて税込み)
データ量:20GB・100GB
回線:ドコモ
完全かけ放題:あり(有料|¥1,100/月)
最低利用期間:なし
解約金:0円
割引:家族割、セット割
参考記事:「ahamoの評判は悪い?口コミからわかったリアルな実態を徹底解説」「楽天モバイルとahamoを徹底比較!料金や速度からどちらがおすすめ?

10.楽天モバイルのエリアに関してよくある質問

最後に楽天モバイルのエリアに関するよくある質問をまとめたので、ぜひ参考にしてください。

  1. 楽天モバイルのエリアカバー率は?
  2. 楽天モバイルのエリアカバー率は嘘?
  3. 楽天モバイルのエリア内かの確認方法は?
  4. 楽天モバイルのパートナーエリアはどうなる?
  5. 契約前に楽天モバイルのエリアを確認できる?

それでは一つずつ解説していきます。

1.楽天モバイルのエリアカバー率は?

2022年末で、楽天モバイルの人口カバー率が98%です。

また、国内の楽天回線エリアとパートナー回線エリアを合わせた4G人口カバー率は99.9%となっています。

しかし5Gのエリアに関しては、カバー率は公表されていませんがまだまだ狭く、今後もどんどん拡大していくでしょう。

2.楽天モバイルのエリアカバー率は嘘?

楽天グループの2022年度第3四半期の業績発表で開示されたので、人口カバー率に関して、嘘ではなく本当です。

3.楽天モバイルのエリア内かの確認方法は?

楽天モバイルのエリア内かどうかは使っている端末から確認可能です。

くわしくはこちらで確認できます。

4.楽天モバイルのパートナーエリアはどうなる?

楽天モバイルのパートナーエリアは今後も拡大予定です。

しかし、パートナー回線はあくまでも暫定的な措置として提供されているもので、2026年の9月末までのものです。

当社は、サービス競争の促進に寄与することを目的に、楽天モバイル株式会社が提供する第4世代移動通信サービス(LTE通信サービス)の立ち上げに際して、暫定的な措置として2026年9月末までauネットワークのローミング提供をします。出典:KDDI

KDDIの公式サイトには上記のような記載があります。パートナーエリアは2026年までしか使えないことを覚えておきましょう。

5.契約前に楽天モバイルのエリアを確認できる?

契約前でも楽天モバイルのエリアは確認可能です。

楽天モバイルの公式サイトから、利用したい場所がエリア内かどうか確認できます。

まとめ

本記事では楽天モバイルのエリアに関して、確認方法や回線の切り替え方を解説しました。

楽天モバイルのエリアはどんどん拡大しており、今後はさらにつながりやすくなるでしょう。

この記事を参考に、ご自身のいるエリアを確認して、楽天モバイルを使ってみてください

5つの質問で、ぴったりのインターネット回線がわかる!

こういったことで困っていませんか?

スマホの速度制限によくひっかかる
引っ越しでネット回線を引きたい
ネット回線を1番安く契約したい
通信費をもっと安くしたい

これらの悩みは、以下の診断で解決できます!!

同じカテゴリの人気記事

まだデータがありません。

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. より:

    契約する前に楽天モバイルエリアか確認できて助かりました!
    公式サイトではエリア内でしたが、実際にはエリア外でしたので契約しませんでした…

    1. 庄野雄人 より:

      コメントありがとうございます!
      エリア外でしたか・・・残念です。
      一応、夏頃にはカバー率99%になると発表されてはいます。
      エリアは今も更新され続けているのでチェックしてみてください!

コメントは停止中です。

ツナガル – 最適な生活インフラ・サブスクが見つかる情報サイト