【騙されるな】Toppa!をおすすめしない全理由。口コミ・評判を元に徹底調査!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
Toppa!

光回線の電話勧誘でよく耳にする「Toppa!(トッパ)」。

インターネットをToppa!にすることで安くなる!という謳い文句で集客しています。しかし、Toppa!を利用しているユーザーの評判を調べると、その実態が見えてきました

そこで今回は、口コミ・評判をもとにToppa!のサービス内容、メリット・デメリットなどを徹底調査!Toppa!の実力に迫ります。

Toppa!の利用を考えている人は、​まずこの記事を読んでから慎重に判断するのをおすすめします!​

1.Toppa!(トッパ)とは?

toppa

Toppa!(トッパ)は、株式会社hi-ho(ハイホー)が提供するインターネットサービス・プロバイダー。NTTのフレッツ光に対応しており、光回線の電話勧誘でフレッツ光とToppa!の利用を勧められるケースが多いです。

以前は株式会社Hi-BitがToppa!を提供していましたが、2019年からは株式会社hi-hoが運営しています。

Toppa!基本情報
提供会社 株式会社hi-ho(ハイホー)
提供エリア 全国(フレッツ提供エリア内)
月額料金(常時接続プラン) 1,197円~(プロバイダ料金のみ)
事務手数料 3,000円
スマホ割 なし
契約期間 2~3年間(プランによる)
解約金 4,000~10,000円(プラン・利用期間による)
特典 基本料金最大2ヶ月無料
公式HP https://www.tp1.jp/

Toppa!はあくまでもプロバイダサービス

フレッツ光 プロバイダ

Toppa!はあくまでもプロバイダーサービスであり、Toppa!と契約するだけでは光サービスを利用することはできません。NTTのフレッツ光と合わせて利用することが前提となります。

一見Toppa!の月額料金だけ見ると、ネット料金が安くなると思いますよね。

しかし、上記の月額料金にはフレッツ光の利用料金は含まれていません。フレッツ光と合算すると、戸建てで6,000円以上、マンションでも5,000円前後かかります

さっそく実際のユーザーの口コミと評判から、くわしくToppa!の実態に迫っていきましょう

2.口コミ・評判から見えるToppa!のメリット

Toppa!のメリットについて口コミを必死に探したのですが、なかなか見つかりません…。

唯一Toppa!のメリットと言えるのは、プランが豊富に用意されているということでしょうか。

toppa プラン

このようにToppa!ではユーザーのニーズに合わせた、様々なプランを用意しています。でも、肝心の中身はと言うと…

プラン名 月額料金 サービス内容
0円スタートプラン 0~1,500円※ 通信量に応じて料金が変化
メールアドレス×1,Toppa! WebMailが利用可能。
Newライトプラン 1,197円 常時接続、メールアドレス×1,
ホームページ・ディスクスペース100MB、
Toppa! WebMailが利用可能、
セーフティ長割プラン 24ヶ月間980円、
25ヶ月目以降1,312円
2年間の月額料金が割引(3年契約)
Toppa!セキュリティセット、
メールアドレス×1,Toppa! WebMailが利用可能。
充実プラン 2,780円 常時接続、メールアドレス×1,Toppa! WebMail、
らくらくバックアップ、マイルクラブ、
プレミアムTV with U-NEXTホリデープラン(N)、
Toppa!マッハが利用可能。

※200MB以下/0円、200MB~1,200MB/934円、1,200MB~/1,500円

確かにToppa!には多くのプランが用意されていますが、その中身はどれもイマイチ…。

わざわざ光回線を引いているのに通信量を抑える人はいませんし、今どきメールアドレスもクラウド・バックアップも無料で利用できます。

正直に言って、ひと昔前のプランがそのままになっている印象です・・・。

Toppa!のメリットまとめ

  • 口コミ・評判を調べてもToppa!のメリットは見つからない
  • 様々なプランが用意されているが、利用価値はあまりない

3.口コミ・評判から見えるToppa!のデメリット

では、今度はToppa!のデメリットについて口コミを調べてみましょう。

メリットと違って、少し調べただけで色々と出てきました…。

Toppa!のデメリット1.回線速度がとにかく遅い!

光回線を利用する際に一番気になるのは「回線速度の速さ」。なんとToppa!はその回線速度が激オソなんです。

Toppa!はNTTのフレッツ光回線を利用しています。NTTのフレッツ光といえば、シェア・信頼性ともに高い光回線です。

ところが、Toppa!をフレッツ光のプロバイダーとして利用すると速度が全然出ないという声が多いんです

せっかくフレッツ光を引いても速度が出ないのでは全く意味がありません。これだけでもToppa!を利用してはいけない理由としては十分でしょう

Toppa!のデメリット2.料金が高い

100歩ゆずってある程度スピードの遅さを我慢しても、料金が安ければそれで良いという方もいますよね。

ところが、Toppa!は回線速度が遅いのにも関わらず、料金も決して安くはないんです…

Toppa!が電話で勧誘する際には、安心のNTT回線であること、そして料金が安くなることを謳い文句にしています。しかし、実際はそうではありません。

確かに、Toppa!の料金だけを見ると安いように見えますが、フレッツ光の使用料金が加わるため実際の月額料金は以下のようになります。(Toppa!のプランはすべて Newライトプラン1,197円です。)

NTT東日本エリア NTT西日本エリア
戸建て※1 マンション※2 戸建て※3 マンション※4
6,197円
(5,000円+1,197円)
5,347円
(4,150円+1,197円)
6,597円
(5,400円+1,197円)
4,857円
(3,660円+1,197円)

※1.フレッツ 光ネクストギガファミリー・スマートタイプ
※2.フレッツ光ネクストギガマンション・スマートタイプ
※1.フレッツ 光ネクストファミリー・スーパーハイスピードタイプ 隼
※1.フレッツ光ネクストマンション・スーパーハイスピードタイプ隼

このように、Toppa!を契約したときの月額料金は戸建てで6,000円以上、マンションでも5,000円前後になってしまいます。

これは、NTTフレッツ光の他のプロバイダーを利用した時よりも割高な料金。フレッツ光以外の光サービスまで手を広げて検討すれば、これ以上に安い光サービスはいくつも存在します。

回線速度が遅くて料金も決して安くないToppa!を利用するメリットはないでしょう

Toppa!のデメリット3.契約期間が長く、違約金も発生する

電話勧誘を受けてToppa!にしたものの、速度は遅いし料金も安くならないので解約だ!となったとしても、そうは簡単に解約できません。

Toppa!は基本的に契約期間が設定されていて、その期間内の解約には違約金が発生します

プラン名 違約金
0円スタートプラン 5,000円(2年未満)
Newライトプラン 4,000円(2年未満)
セーフティ長割プラン 10,000円(3年未満)
充実プラン 4,000円(3年未満)

違約金はプランによって違いますが、4,000円以上は確実にかかります。サービスに満足できないで解約しているのに、さらにお金を払うのはいやですよね・・・。

Toppa!のデメリット4.電話勧誘が酷い

Toppa!が利用者を獲得するため行なっている電話勧誘は、その勧誘方法があまりにも酷いと口コミでも評判になっています。

Toppa!は電話勧誘の際に、「NTTから新しいサービスの案内」「NTTの光サービスの割り引き」といった、NTTの名前を語って営業することが報告されています。

また、正確な料金をいわずに「今よりも安くなる」などの説明で強引に契約を取ることも指摘されており、2015年に総務省から指導を受けています。

提供会社がHi-Bitからhi-hoに変わったことで、こうした勧誘方法が改められているとを強く望みます。

Toppa!のデメリットまとめ

  • 回線速度がとにかく遅い!
  • 料金も決して安くない!
  • 契約期間が長くて違約金も発生する!
  • 勧誘方法がちょっとひどい!

4.【結論】Toppa!はおすすめしない!

これといったメリットがなく、デメリットばかりが報告されているToppa!の利用はおすすめできません!

Toppa!をおすすめできないこれだけの理由

  1. 光回線なのにネットスピードが激オソ!これだけで利用価値なし!!
  2. スピードが遅いのに料金だけは高い!
  3. 契約期間が長い!うかつにお試しもできない!!

他の光回線の方が圧倒的にお得で満足度も高い!

実はフレッツ光+Toppa!を利用するよりも、他の光回線を選ぶ方が圧倒的にお得で満足度が高いです。

人気のある光回線(ドコモ光・auひかり・NURO光・eo光)と比べてみましょう!

  月額料金 実際の速度※
Toppa!  6,597円 82.23Mbps
ドコモ光 5,200円 213.66Mbps
auひかり 5,100円 372.23Mbps
NURO光 4,743円 456.82Mbps
eo光 4,953円 371.7Mbps

みんなのネット回線速度を参照

月に500円〜1,800円ほど他の光回線の方がお得です。しかも実際の速度も3倍〜6倍ほど速いこともわかります。

これだけみてもToppa!を契約する必要がないことが分かりますよね

しかし、光回線の提供会社は数多くありますから、その中から自分にピッタリあったサービスを見つけ出すのは大変。どうしたら良いでしょうか?

あなたにピッタリの光回線はコレだ!

光回線を選ぶ際には、サービス内容と料金だけではなく、キャンペーン内容や自分がどこに住んでいるか?どんなスマホキャリアを使っているか?なども深く関わってきます。

そんな複雑なこと面倒くさい?いえいえ、そんなことはありません!

住居タイプ 戸建て マンション
ドコモを使っている人は こちら こちら
au・格安スマホを使っている人は こちら こちら
ソフトバンクを使っている人は こちら こちら

ユーザーが選ぶべき光回線はこれ!(戸建タイプ)

携帯の所持台数
~2台までの方

住んでいるエリア
関東

ドコモ光がエリア外の場合、

NURO光
がおすすめです

住んでいるエリア
関西

ドコモ光がエリア外の場合、

NURO光
がおすすめです

住んでいるエリア
東海

ドコモ光がエリア外の場合、

NURO光
がおすすめです

住んでいるエリア
沖縄

ドコモ光がエリア外の場合、

ビッグローブ光
がおすすめです

住んでいるエリア
その他

ドコモ光がエリア外の場合、

ビッグローブ光
がおすすめです

携帯の所持台数
3台以上の方

住んでいるエリア
関東
住んでいるエリア
関西
住んでいるエリア
東海
住んでいるエリア
沖縄
住んでいるエリア
その他
全国

携帯の所持台数
1台以上の方

住んでいるエリア
関東

auひかりがエリア外の場合、

ビッグローブ光
がおすすめです

住んでいるエリア
関西

eo光がエリア外の場合、

ビッグローブ光
がおすすめです

住んでいるエリア
東海

コミュファ光がエリア外の場合、

ビッグローブ光
がおすすめです

住んでいるエリア
沖縄

auひかり ちゅらがエリア外の場合、

ビッグローブ光
がおすすめです

住んでいるエリア
その他

auひかりがエリア外の場合、

ビッグローブ光
がおすすめです

携帯の所持台数
1台の方

住んでいるエリア
関東

NURO光がエリア外の場合、

SoftBank光
がおすすめです

住んでいるエリア
関西

NURO光がエリア外の場合、

SoftBank光
がおすすめです

住んでいるエリア
東海

NURO光がエリア外の場合、

SoftBank光
がおすすめです

住んでいるエリア
沖縄

SoftBank光がエリア外の場合、

auひかり ちゅら
がおすすめです

住んでいるエリア
その他

携帯の所持台数
2台以上の方

住んでいるエリア
関東

NURO光がエリア外の場合、

SoftBank光
がおすすめです

住んでいるエリア
関西

NURO光がエリア外の場合、

SoftBank光
がおすすめです

住んでいるエリア
東海

NURO光がエリア外の場合、

SoftBank光
がおすすめです

住んでいるエリア
沖縄

auひかり ちゅらがエリア外の場合、

SoftBank光
がおすすめです

住んでいるエリア
その他

auひかりがエリア外の場合、

SoftBank光
がおすすめです

各社のロゴマークをクリックすると、もっともお得な申し込み窓口に移動します(2021年1月更新)

 

ユーザーが選ぶべき光回線はこれ!(マンションタイプ)

携帯の所持台数 ~2台までの方

住んでいるエリア関東

ドコモ光がエリア外の場合、 NURO光 がおすすめです

住んでいるエリア関西

ドコモ光がエリア外の場合、 eo光 がおすすめです

住んでいるエリア東海

ドコモ光がエリア外の場合、 コミュファ光 がおすすめです

住んでいるエリア沖縄

ドコモ光がエリア外の場合、 ビックローブ光 がおすすめです

住んでいるエリアその他

ドコモ光がエリア外の場合、 ビックローブ光 がおすすめです

携帯の所持台数 3台以上の方

住んでいるエリア関東
住んでいるエリア関西
住んでいるエリア東海
住んでいるエリア沖縄
住んでいるエリアその他
全国

携帯の所持台数 1台以上の方

住んでいるエリア関東

auひかりがエリア外の場合、 ビッグローブ光 がおすすめです

住んでいるエリア関西

eo光がエリア外の場合、 ビッグローブ光 がおすすめです

住んでいるエリア東海
住んでいるエリア沖縄
住んでいるエリアその他

auひかりがエリア外の場合、 ビッグローブ光 がおすすめです

携帯の所持台数 1台の方

住んでいるエリア関東

NURO光がエリア外の場合、 SoftBank光 がおすすめです

住んでいるエリア関西

NURO光がエリア外の場合、 SoftBank光 がおすすめです

住んでいるエリア東海

NURO光がエリア外の場合、 SoftBank光 がおすすめです

住んでいるエリア沖縄

SoftBank光がエリア外の場合、 auひかり ちゅら がおすすめです

住んでいるエリアその他

携帯の所持台数 2台以上の方

住んでいるエリア関東

NURO光がエリア外の場合、 SoftBank光 がおすすめです

住んでいるエリア関西

NURO光がエリア外の場合、 SoftBank光 がおすすめです

住んでいるエリア東海

NURO光がエリア外の場合、 SoftBank光 がおすすめです

住んでいるエリア沖縄

auひかり ちゅらがエリア外の場合、 SoftBank光 がおすすめです

住んでいるエリアその他

auひかりがエリア外の場合、 SoftBank光 がおすすめです

各社のロゴマークをクリックすると、もっともお得な申し込み窓口に移動します(2021年1月更新)

 

上の表のロゴをクリックするだけで、2021年1月現在一番おすすめの光回線がわかります!

さらにくわしく知りたい人は、​こちらの「光回線37社をプロが比較して、2021年1月のおすすめを解説​​​」の記事を参考にすれば、きっと自分にピッタリの光回線が見つけられます!ぜひ参考にしてくださいね。

まとめ

回線速度が遅く、月額料金も高いToppa!は、おすすめできない光プロバイダーです。

ひと昔前は「光回線=NTTフレッツ光」でしたが、現在は光コラボを始め、様々な事業者が独自の光回線サービスを提供しています。

一社の案内だけで決めてしまうのではなく、複数のサービスを比較して自分にピッタリの最適な光回線を選んでくださいね!

5つの質問で、ぴったりのインターネット回線がわかる!

こういったことで困っていませんか?

スマホの速度制限によくひっかかる
引っ越しでネット回線を引きたい
ネット回線を1番安く契約したい
通信費をもっと安くしたい

これらの悩みは、以下の診断で解決できます!!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

つなが〜るネット – インターネットがもっとお得に快適になる情報サイト