ポケットWiFiの最新端末10種比較!機種選びに失敗しない全知識【2020年10月版】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
ポケットWiFi 端末 アイキャッチ

「ポケットWiFiの端末って種類が多すぎてわからない!」

そう思う人も多いのではないでしょうか?

それもそのはず、現在30社以上のサービス元がポケットWiFiを販売しており、最新端末だけでも10種類もあります。(2020年10月)

そこで今回は、ポケットWiFiの全ての最新端末を徹底比較して、おすすめできる端末を解説します。

これさえ見れば、端末を選ぶ時に迷うことはなくなること間違いなしです!

1.ポケットWiFiの全端末を徹底比較!【2020年10月】

端末U2sWX06H01P6802ZTSH-05LFS030W601HWG3G4

デザイン

最大通信速度150Mbps440Mbps150Mbps150Mbps988Mbps988Mbps150Mbps612Mbps150Mbps150Mbps

バッテリー容量

約13時間約11.5時間約10時間不明約12時間約15時間約20時間約6時間約15時間13時間

サイズ

幅65.7mm
高さ127mm
厚み14.2mm
幅111mm
高さ62mm
厚み13.3mm
幅126mm
高さ64mm
厚み13mm
幅74.2mm
高さ152.9mm
厚み8.5mm
幅112mm
高さ67.5mm
厚み15.6mm
幅108mm
高さ72mm
厚み15mm
幅74mm
高さ74mm
厚み17.3mm
幅109.9mm
高さ65.1mm
厚み15.5mm
幅65mm
高さ126.5mm
厚み19mm
幅72.2mm
高さ136mm
厚み12mm
重さ約151g約127g約130g約162g約153g約150g約128g約135g約240g約190g
発売日2018年11月2020年1月2020年3月2019年5月2019年8月2019年11月2016年12月2017年2月2017年1月2019年7月
メーカーGlocalMeNEC不明jetfonZTESHARPFUJISOFTHUAWEIGlocalMeGlocalMe
サービスギガゴリWiFi
ワールドプラン,
THE WiFiなど
WiMAXZEUS WiFi限界突破WiFiSoftBank,
Y!mobile
docomoギガゴリWiFi,
ハッピーWiFi
縛りなしWiFiFUJI WiFihy-fi

《← 左右にスクロールできます →》

ポケットWiFiの全端末を一覧表にまとめてみました。左右にスクロールして頂かないと見れないくらいの種類があり、その数なんと10種類

端末によって大きな違いが出るのは以下の3つです。

  1. 最大通信速度
  2. バッテリー容量
  3. サイズ

ひとつひとつ解説していきますね。

2020年10月追記

現在クラウドSIMを使っているほとんどのポケットWiFiは、新規受付を中止しています。新規受付を中止しているポケットWiFiには、斜線を引いています。

 

※現在クラウドSIMを使っているほとんどのポケットWiFiは、新規受付を中止しています。新規受付を中止しているポケットWiFiには、斜線を引いています。

1.最大通信速度は気にする必要はない

多くの人が、ポケットWiFiの端末を比較する時に一番確認するであろう「最大通信速度」。

しかし、実はあまり気にする必要はないんです。その理由は2つあります。

理由1.あくまで理論上の数値だから

ポケットWiFi各社が出している「下り最高通信速度」は、あくまで理論上の数値です。実際にこの速度が出ることはありません。

どのポケットWiFiの公式ホームページにも、実使用速度ではないということが注釈で書かれています。UQ WiMAXの公式ホームページにも下記のように書かれています。

記載の速度は技術規格上の最大値であり、実使用速度を示すものではありません。エリア内であっても、お客さまのご利用環境、回線の状況等により大幅に低下する場合があります。

UQ WiMAX公式ホームページより

一番良い環境での数値なので参考程度に見ておけば問題ないでしょう。

最大通信速度よりも実際の速度が大事!

ポケットWiFiの端末は、「どれくらいの最大通信速度が出るのか?」よりも、「実際にどれくらいの通信速度が出るのか?」に注意しましょう。こちらの記事では、それぞれのポケットWiFiの端末が実際どれくらいの通信速度が出ているのかを含め、速度についてくわしく説明しています。

理由2.実際には必要のない速度だから

各社が打ち出している最大通信速度が出たとしても、日常で普通にポケットWiFiを使う分にはそこまでの速度は必要ありません。

Mbps一覧表

YouTubeやNetflixで高画質動画を観るときでも、5Mbpsほどの速度が出ていれば十分です。ただし、4K動画を観る場合は、20Mbps以上の速度が必要になります。

その上で各端末の最大通信速度を比較すると・・・

どの端末も150Mbps以上の最大通信速度は出ており、最高速度は802ZT(SoftBank/Y!mobile)とSH-05L(docomo)の988Mbpsです。

しかし、先ほど説明した通りこの最大通信速度は気にする必要がありません。

2.バッテリー容量

端末を比較する際に「バッテリー容量がどれくらいか?」という点は、重要なポイントです。外出先でバッテリーが切れてインターネットに繋がらなくなったら最悪ですし、ポケットWiFiを買った意味がないですもんね・・・。

なので、基準として11時間以上バッテリーがもつ端末を選ぶことおすすめします。

11時間バッテリー容量が持てば、外出先で充電がなくなる心配も基本的にありません。例えば仕事のため8時に家を出て、夜7時に家に帰ってきてもバッテリーが切れていることはないです。

バッテリーが11時間以上持つ端末は、6種類だけ!

端末U2sWX06802ZTSH-05LFS030WG3

デザイン


バッテリー容量

約13時間約11.5時間約12時間約15時間約20時間約15時間
サービスギガゴリWiFi
ワールドプラン,
THE WiFiなど
WiMAXSoftBank
Y!mobile
docomoギガゴリWiFi,
ハッピーWiFi
FUJI WiFi

《← 左右にスクロールできます →》

バッテリー容量で比較した場合、上記6種類の端末以外はあまりおすすめできません。なぜなら他の端末のバッテリー容量は11時間未満であり、外出先でバッテリーが切れてポケットWiFi自体が使い物にならない可能性が高いからです。

6つの端末の中でも際立ってバッテリー容量が大きいのは、FS030W(ギガゴリWiFi・ハッピーWiFi)の20時間。20時間もバッテリーが持つので、朝外出してから家に戻ってくるまでで充電が切れることはまずないでしょう。

充電の減りを気にせずに使えるのは大きなメリットですよね。

802ZT(SoftBank/Y!mobile)、SH-05L(docomo)は料金が格段に高いのでおすすめしない

キャリア系のポケットWiFiである802ZT(SoftBank/Y!mobile)、SH-05L(docomo)は、格段に料金が高いのでおすすめしません。全ポケットWiFiの月額料金の平均が約3,500円なのに対して、SoftBank約8,000円、Y!mobile約5,300円、docomo約7,700円となっています。

スペックにそこまでの差がないのに、わざわざ高額なポケットWiFiを選ぶ必要性はありません。

3.サイズ

サイズ感に特徴のある5つの端末をiPhone11と比較しました。

ポケットWiFiの端末 サイズ比較

ポケットWiFiは基本的にポケットかカバンの中に入れるので、なるべく「小さい・軽い・かさばらない」端末の方が嬉しいですよね。

サイズ感でおすすめしないのはこの端末2つ!

まず際立って高さがあるP6(限界突破WiFi)、厚みと重さがあるG3(FUJI WiFi)はあまりおすすめできません。

P6

ポケットWiFi専用に作られた端末ではなく、元々スマートフォン用に作られています。そのためバッテリーの減りが速いことなどの不具合が生じる可能性があります。実際価格.comなどでのレビューもよくありません。

G3

厚みがiPhone11の2倍以上もあり、重さも240gとポケットWiFiの中で一番の重量です。個人的な感想ですがポケットに入れても邪魔だし、ストレスに感じるレベルです。端末の発売日も2017年の1月とかなり昔なので、今ポケットWiFiを契約しようとしている人がわざわざ選ぶべき端末ではありません。

サイズ感でおすすめできるのはこの端末3つ!

  • U2s(ギガゴリWiFiワールドプラン・THE WiFi):標準的なサイズ
  • WX06(WiMAX):最も軽く、サイズも小さい
  • FS030W(ギガゴリWiFi・ハッピーWiFi):最も小さいサイズ

これら3つの端末は、「サイズ・重さ」で比較して優れているのでどれもおすすめできる端末です。

デザインにこだわらないのであれば、FS030W(ギガゴリWiFi・ハッピーWiFi)が特におすすめです。他の端末に比べて明らかに小さいサイズで、持ち運びの際にもストレスが少ないです。

速度・バッテリー・サイズで比較した結果|個人的なおすすめ端末はこの2つ!

「速度・バッテリー・サイズ」の要素で比較した結果、おすすめできる端末は3つに絞ることができました。

  • U2s(ギガゴリWiFiワールドプラン・THE WiFi)→新規受付を停止しました
  • WX06(WiMAX)
  • FS030W(ギガゴリWiFi・ハッピーWiFi)

この3つは端末のスペックだけで比較すると総合的に優れており、おすすめすることができます。

さて、おすすめの端末は分かったかと思いますが、実は端末のスペックのみを比較してポケットWiFiを選ぶのは危険です。

なぜなら全く同じ端末を様々な通信サービス業者が提供している場合があり、それぞれ通信サービス業者によってプランや値段に違いがあるからです。

端末だけでなく、サービス元の特徴も比較しよう

同じ端末を使っているサービス元の中で一番条件の良いポケットWiFiを選ぶようにしましょう。

例えばU2sを使っているサービスは、ギガゴリWiFiワールドプラン・THE WiFi・どんなときもWiFi・クラウドWiFi東京などたくさんあります。その中で1番のおすすめは、料金・サポート面からもギガゴリWiFiワールドプランです。

同じような理屈で、WX06はGMOとくとくBB WiMAX、FS030WはギガゴリWiFiを選んでおけば問題ないでしょう。

以下の記事では、ポケットWiFi全37機種を比較しランキングにしています。なぜ、U2s(ギガゴリWiFiワールドプラン)、WX06(GMOとくとくBB WiMAX)、FS030W(ギガゴリWiFi)を選ぶべきかくわしく知りたい方は是非参考にしてください!

ポケットWiFiを全35サービスを比較した結果…2020年10月おすすめはこれだ!

2.端末ごとの使用感をレビュー

おすすめできると判明した、U2s(ギガゴリWiFiワールドプラン)、WX06(GMOとくとくBB WiMAX)、FS030W(ギガゴリWiFi)の3つの端末。本当におすすめできるのか、実際に契約して1ヶ月ほど使ってみました。

それぞれ使用感をレビューしていきますね。

U2s(ギガゴリWiFiワールドプラン

端末 U2S

まずデザインがおしゃれで、女性ウケしそうな印象。体感的には、スマートフォン(iPhoneⅩ)と同じくらいの重さなので、ポケットに入れても特に違和感はありません。バッテリーも平日に出勤してから家に着くまでは持つので問題ありませんでした。

全体的に使っていて満足できるのですが、1点気になる点が・・・。それは液晶画面がないので、充電残量や回線状況が分かりにくいと言うことです。ボタンも電源ボタン1つしか操作できるところが無いのでシンプルですが、少し不便に感じました。

実は最強!?「ギガゴリWiFi」を契約して分かったメリット・デメリット

WX06(GMOとくとくBB WiMAX)

WiMAX 端末

個人的には、WX06(GMOとくとくBB WiMAX)が一番デザインもサイズ感も好きです。なんせスマートフォンよりも全然軽くて小さいので持ち運びが便利。

バッテリー容量やデータ通信量の確認も、液晶画面ですぐにできます。スマートフォンと同じようにタッチ操作でその他の確認も簡単に確認できます。

FS030W(ギガゴリWiFi・ハッピーWiFi

ギガゴリWiFi 20GB 端末

FS030W(ギガゴリWiFi)はなんと言ってもバッテリー持ちの良さが魅力的!実際にどれくらいバッテリーが持つのか検証してみました。

常にインターネットに接続していた訳ではないですが、約26時間11分もバッテリーが切れることがありませんでした。これだけバッテリーが持つので、外出中も全くバッテリーの心配をする必要がないですね。

まとめ

ポケットWiFiの端末を10種類比較することにより、本当におすすめの端末が分かりました。

  • U2s(ギガゴリWiFiワールドプラン)→(5/13)新規受付を停止しました
  • WX06(GMOとくとくBB WiMAX)
  • FS030W(ギガゴリWiFi)→(5/13)新規受付を停止しました

この3つは、端末ごとに大きな違いが出る「速度・バッテリー容量・サイズ」のバランスが良い端末です

ポケットWiFiの端末は10種類あり、30社以上のサービス元がポケットWiFiを発売していますが、U2s(ギガゴリWiFiワールドプラン・WX06(GMOとくとくBB WiMAX・FS030W(ギガゴリWiFiを選べば後悔することはないでしょう。

5つの質問で、ぴったりのインターネット回線がわかる!

こういったことで困っていませんか?

スマホの速度制限によくひっかかる
引っ越しでネット回線を引きたい
ネット回線を1番安く契約したい
通信費をもっと安くしたい

これらの悩みは、以下の診断で解決できます!!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

つなが〜るネット – インターネットがもっとお得に快適になる情報サイト