ポケットWiFiの最新端末10種比較!失敗しない機種の選び方【2021年1月版】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
ポケットWiFi 端末 アイキャッチ

「ポケットWiFiの端末って種類が多すぎてわからない!」とお悩みではありませんか?

それもそのはず、現在30社以上のサービス元がポケットWiFiを販売しており、使われている端末だけでも10機種あります。(2021年1月)

ポケットWiFiを総合的に比較した記事でも解説していますが、私がおすすめするのはWiMAXのWX06という機種です。

当記事では、ポケットWiFiの最新10端末を比較。WX06がなぜおすすめできるのかを解説します。

これさえ見れば、端末選びで迷うことはなくなるはずです!

1.ポケットWiFiの最新端末はこの10機種【2021年1月】

ポケットWiFiの最新端末を一覧表にまとめてみました。左右にスクロールしないと見れないくらいの種類があり、その数なんと10種類!左から新しい順にならべています。

《← 左右にスクロールできます →》

端末 U3 H01 WX06 SH-05L 802ZT P6 W06 U2s 601HW FS030W

デザイン

U3 W06
最大通信速度 150Mbps 150Mbps 440Mbps 988Mbps 988Mbps 150Mbps 1,237Mbps 150Mbps 612Mbps 150Mbps

バッテリー容量

約12時間 約10時間 約12時間 約11.5時間 約12時間 約15時間 約9時間 約13時間 約6時間 約20時間

サイズ

幅65mm
高さ126mm
厚み10mm
幅126mm
高さ64mm
厚み13mm
幅111mm
高さ62mm
厚み13.3mm
幅108mm
高さ72mm
厚み15mm
幅112mm
高さ67.5mm
厚み15.6mm
幅74.2mm
高さ152.9mm
厚み8.5mm
幅128mm
高さ64mm
厚み11.9mm
幅65.7mm
高さ127mm
厚み14.2mm
幅109.9mm
高さ65.1mm
厚み15.5mm
幅74mm
高さ74mm
厚み17.3mm
重さ 約125g 約130g 約127g 約150g 約153g 約162g 約125g 約151g 約135g 約128g
発売日 2020年4月 2020年3月 2020年1月 2019年11月 2019年8月 2019年5月 2019年1月 2018年11月 2017年2月 2016年12月
メーカー GlocalMe 不明 NEC SHARP ZTE jetfon HUAWEI GlocalMe HUAWEI FUJISOFT
サービス どこよりもWiFi
ギガWiFi
ZEUS WiFi WiMAX docomo SoftBank,
Y!mobile
限界突破WiFi au
WiMAX
THE WiFi
Mugen WiFi
縛りなしWiFi Fuji WiFi

端末を選ぶ際ときに気をつけるべきは以下3つのポイントです。

  1. 通信速度
  2. バッテリー容量
  3. サイズ

この3ポイントは、どれか一つだけよくても意味がありません。たとえば、どれだけ速度が速くても数時間でバッテリー切れになる機種だと、いざというときに役立ちませんよね。

なので、通信速度が速く、バッテリーも長持ち、サイズのコンパクトな機種こそがベストなんです。

上記10機種のうち、どれが3つのポイントすべてを満たしているのか、一つ一つチェックしていきましょう。

ポイント1.通信速度

多くの人が、ポケットWiFiの端末を選ぶときに確認するであろう通信速度。

動画を見たり、SNSを見たりといったネットの利用なら実測値が平均20Mbps以上を目安にしましょう。

《← 左右にスクロールできます →》

端末 U3 H01 WX06 SH-05L 802ZT P6 W06 U2s 601HW FS030W

デザイン

U3 W06
最大通信速度 150Mbps 150Mbps 440Mbps 988Mbps 988Mbps 150Mbps 1,237Mbps 150Mbps 612Mbps 150Mbps

実測値平均

16.99Mbps 15.82Mbps 24.24Mbps 66.94Mbps 51.96Mbps 21.32Mbps 46.29Mbps 12.64Mbps 34.83Mbps 13.25Mbps
サービス どこよりもWiFi
ギガWiFi
ZEUS WiFi WiMAX docomo SoftBank,
Y!mobile
限界突破WiFi au
WiMAX
THE WiFi
Mugen WiFi
縛りなしWiFi Fuji WiFi

※平均値の参照:みんなのネット速度

今回紹介する10機種の中で、実測値平均が20Mbpsをこえる端末は6機種でした

  • WX06
  • SH-05L
  • 802ZT
  • P6
  • W06
  • 601HW

通常のネット利用なら20Mbpsで十分

「通信速度は速ければ速いほどいいんじゃないの?」と思うかもしれませんが、以下にあるとおり動画鑑賞でも20Mbpsあれば十分なんです。

Mbps一覧表

4Kの高画質の動画をみるときでも、20Mbpsほどの速度が出ていればサクサク使え、それ以上の通信速度があってもあまり体感は変わりません

注意点.最大通信速度はあくまでも目安

ポケットWiFi各社が広告で出している「最大通信速度」は、あくまで理論上の数値です。実際にこの速度が出ることはありません。

どのポケットWiFiの公式ホームページにも、実際には出ないということが注釈で書かれています。UQ WiMAXの公式ホームページにも下記のように書かれています。

記載の速度は技術規格上の最大値であり、実使用速度を示すものではありません。エリア内であっても、お客さまのご利用環境、回線の状況等により大幅に低下する場合があります。

UQ WiMAX公式ホームページより

最大通信速度はもっともいい環境での数値なので、参考程度に見ておけば問題ないでしょう。

ポイント2.バッテリー容量

外出先でバッテリーが切れてインターネットにつながらなくなったら最悪ですし、ポケットWiFiを買った意味がないですよね・・・。

なのでここでは、基準として11時間以上バッテリーがもつ端末を選びました。

11時間バッテリーがもてば、外出先で充電がなくなる心配も基本的にありません。たとえば仕事のため朝8時に家を出て、夜7時に家に帰ってきてもまだ使えます。

バッテリーが11時間以上持つ端末は、4種類だけ!

通信速度の実測値で上位だった6機種のバッテリー時間をならべました。

《← 左右にスクロールできます →》

端末 WX06 SH-05L   802ZT  
   P6      W06      601HW   

デザイン

W06
最大通信速度 440Mbps 988Mbps 988Mbps 150Mbps 1,237Mbps 612Mbps

バッテリー容量

約11.5時間 約15時間 約12時間 約15時間 約9時間 約6時間
サービス WiMAX docomo SoftBank,
Y!mobile
限界突破WiFi au
WiMAXi
縛りなしWiFi

表からわかるように、11時間以上バッテリーがもつのは4機種です。

  • WX06
  • SH-05L
  • 802ZT
  • P6

その中でとくにバッテリーもちがいいのは、SH-05LとP6の15時間。ただP6については、公式サイトで「最大15時間」という表現しかなく、本当にそれだけ持つのかは曖昧です。

P6はそもそも、スマホとして販売されている「jetfon P6」がベースになっています。画面も他のポケットWiFiに比べて大きく、使い方によっては15時間ももたないと言っていいでしょう。

いずれにせよ、上記の4機種なら充電の減りを気にせずに使えるのが大きなメリットですね。

ポイント3.サイズ

ポケットWiFiはいつもカバンやポケットに入れて持ち運ぶものなので、できるだけ軽くてサイズの小さいものを選びましょう

上記4機種をiPhone12proと比較してみました。

ポケットWiFiの端末 サイズ比較

まず際立って高さがあるP6はあまりおすすめできません。

P6はポケットWiFi用に作られた端末ではなく、元々スマートフォン用に作られています。なのでサイズはiPhoneより大きいですね。

こうなってくると、スマホを2台持ちしているのと変わりません。

WX06・802ZT・SH-05Lの3機種は、どれも手におさまるサイズです。とくにWX06は他の機種よりも軽いのでおすすめです

2.3つの要素で比較した結果|おすすめ端末はWX06

WX06

「速度・バッテリー・サイズ」の要素で比較した結果、おすすめできる端末は以下3つに絞ることができました。

  • WX06(WiMAX)
  • SH-05L(docomo)
  • 802ZT(SoftBank・Y!mobile)

この3つは端末のスペックだけで比較すると総合的に優れています。

この中から私が特におすすめするのはWX06です。

端末 WX06 SH-05L 802ZT
デザイン
端末代 0円 25,200円 27,000円

なぜならWX06は、WiMAXというサービス元から申し込めば、端末代0円で手に入れられるからです。

端末だけでなく、サービス元の特徴も比較しよう

同じ端末を使っているサービス元の中でも、一番条件のいいものを選ぶようにしましょう。

たとえばWX06を使っているサービスは、GMOとくとくBB、Broad WiMAX、BIGLOBE、UQ WiMAXなどさまざまです。

その中から、一番安くて条件がいいのはGMOとくとくBBです

以下の記事では、ポケットWiFi全30機種を総合的に比較しランキングにしています。ぜひ参考にしてください!

ポケットWiFiを全30サービスを比較した結果…2021年1月おすすめはこれだ!

3.WX06を実際に使ってみた

私もWX06をGMOとくとくBBで契約しています。角張ったデザインなので好みが分かれそうですが、個人的には好きですね。グリーンの色合いもいいです。

なんせスマートフォンよりも全然軽くて小さいので持ち運びが便利。

バッテリー容量やデータ通信量の確認も、液晶画面ですぐにできます。スマートフォンと同じようにタッチ操作でその他の確認もカンタンです。

まとめ

ポケットWiFiの端末は、通信速度が速く、バッテリーも長持ちで、サイズのコンパクトなものを選びましょう。

最新端末10種類の中で、もっともおすすめはWX06。GMOとくとくBBから契約すれば端末が無料でもらえ、一番安く利用できます。

おトクにベストなポケットWiFiを契約し、快適なネットライフを楽しんでください。

5つの質問で、ぴったりのインターネット回線がわかる!

こういったことで困っていませんか?

スマホの速度制限によくひっかかる
引っ越しでネット回線を引きたい
ネット回線を1番安く契約したい
通信費をもっと安くしたい

これらの悩みは、以下の診断で解決できます!!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

つなが〜るネット – インターネットがもっとお得に快適になる情報サイト