楽天モバイルのデータ通信が遅いっ!4つの原因と対策方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

スマホの通信が遅いと、ストレスがたまってしまいますよね。

口コミを見ていると、楽天モバイルのデータ通信が遅くなってしまうのは4つの原因があることが分かりました。

今回は、楽天モバイルが遅くなる原因とその対策についてお伝えします!

楽天モバイルが遅い4つの原因と改善方法

楽天モバイルは人気の格安SIMですが、ネットで口コミを見ていると「遅い!」という声も少なからずあります。

まずは、口コミから分かった、データ通信が遅い4つの原因をお伝えします。

  1. 通信が込み合う時間帯がある
  2. データ容量を使い切っている
  3. アプリを開きすぎている
  4. 端末が古い、または不具合がある

それぞれの対策といっしょに、くわしく見ていきましょう。

原因1.通信が混み合う時間帯がある

楽天モバイルが遅くなる原因の1つ目として考えられるのは、使っている時間帯です。

スマホ全般に言えることですが、多くの人がネットを使う時間は、データ通信が遅くなります。

通勤時間やお昼休みなど、スマホを使う人が増えるとデータ通信が遅くなりがちです。

対策:Wi-Fiを活用しよう

回線が混み合っていることが原因でスマホが遅くなっている場合は、できることは多くありません。

近くのWi-Fiを使うか、ポケットWi-Fiを持ち歩くなどして、通信が込み合う時間帯を乗りきりましょう。

楽天モバイル向けのWi-Fiスポットへつなぐ専用のアプリもあるので、通信量をおさえるためにもぜひ使ってみてくださいね。

※そもそも、3つの大手キャリアと比べて格安SIMはどうしても遅くなってしいます。理由を知りたい方はこちら

原因2.データ容量を使い切っている

遅くなる原因の2つ目として考えられるのが、データ容量を使い切って、速度制限にかかっていること。

キャリアのスマホでも同じですが、制限にかかってしまうと「スマホ使ってる意味がない!」と叫びたくなるくらい遅くなります。

対策:料金プランを見直そう

もっともかんたんにできる対策は、料金プランを見直して変更することです。

楽天モバイルのメンバーズステーションからプランの見直しや変更ができます。

毎月使っているデータ量をもとに、自分にいちばん合ったプランを使うことで解決してくださいね。

原因3.アプリを開きすぎている

アプリをたくさん起動していることが原因で、スマホが遅くなることがあります。

ネットそのものの速度は同じでも、スマホ本体に負担がかかることで、読み込みが遅くなってしまうんです。

対策:アプリはこまめに終了しよう

スマホのアプリは開きっぱなしにせず、すぐに閉じるようにしてください。

スマホ本体の負担を減らしてあげることで、読み込みのスピードが速くなることはよくあります。

原因4.端末が古い、または不具合がある

端末そのものが何年も前の古いものだったり、不具合があったりするとデータ通信の速さにも影響があります。

そういった端末は、データの読み込みも遅いことが考えられるので、さらに遅くなる可能性が高いです。

対策:端末を発売から2年以内のものにするか、修理に出そう

端末が原因でスピードが落ちている場合、新しいものを購入するか、修理に出しましょう。

とくに、今使っているスマホを2年以上前に購入したのなら、新しい機種に比べてスピードが遅くなりやすいです。

その他の対策を試してみても、速度が速くならないなら試してみる価値アリ、といえます。

それでも楽天モバイルが遅いと感じるなら最後の手段を

4つの原因と対策についてお伝えしてきました。

どれも試したけどスピードが速くならない…という場合は、使っている地域では楽天モバイルがそもそも遅いということが考えられます。

この場合は回線そのものの問題なので、ユーザーからすると、どうすることもできません。

速くて安定した格安SIMへ乗りかえよう!

スマホの速度が気になって、対策をいろいろ試したけど改善しない場合は、SIMカードを乗りかえてしまいましょう。

乗りかえる時のポイントは、大手キャリアやその関連会社が提供しているサービスを選ぶことです。

オススメの格安SIMは、ワイモバイルUQ mobileの2つ。

どちらもキャリアと同じような速度で使えると評判なので、通信速度が気になる人はぜひ試してみてください!

家族みんなで使うなら|ワイモバイル(Y!mobile)

大手キャリアのソフトバンクがサービスを提供する格安SIMです。

いくつかの割引をいっしょに受けることで、家族メンバーみんなのスマホ代がおトクになるので、家族で格安SIMを使いたい人へおすすめ!

ソフトバンクと同じ回線を使っているので、他の格安SIMよりも安定したデータ通信ができる、という評判が多いのもおすすめポイントです。

こんな人におすすめ

・家族みんなで格安SIMを使いたい
・子どもが学生だ
・安定したネット通信を使いたい

料金(税抜):¥2,680〜¥4,680
データ量:3GB〜14GB
通話10分かけ放題:あり(無料)
最低利用期間:なし
解約金:0円
割引:新規割、学割、家族割

ポケットWi-Fiと合わせて使うなら|UQ mobile

auを提供しているKDDIのグループ会社で、auの回線を利用した格安SIMです。

UQ WiMAXというポケットWi-Fiとのセット割引や、家族割・学割もあるので、多くの人がおトクにスマホを使えるようになっています!

グループ会社ということもあって、au回線を利用した他の格安SIMよりも安定した速度が出やすくなっているのもポイントです。

こんな人におすすめ

・UQ WiMAXのポケットWi-Fiを使っている
・格安SIMのデータ量だけでは不十分と感じている
・通話オプションは必要ない

料金(税抜):¥1,980〜¥3,980
データ量:3GB〜14GB
通話10分かけ放題:あり(有料|¥700/月)
最低利用期間:なし
解約金:0円
割引:学割、家族割、ギガMAX月割

まとめ

楽天モバイルの速度は改善しましたか?

改善しなかった場合は、オススメした格安SIMの、ワイモバイル(Y!mobile)UQ mobile乗り換えてみてください。

補足(格安SIMがそもそも遅い原因)

大手キャリアと比べて、格安SIMの通信速度が遅くなる理由がはっきりとあるんです。

実は、格安SIMの業者は、自分たちでは設備を持たないで、大手キャリアから一部だけ回線を借りて運営しています。

大手キャリアはたくさん回線を使えることに対して、格安SIMは少しだけしか使えないので以下のようなことが起こります。

道路=回線・車=利用者

このように格安SIMでは、借りている回線の数に対して、利用者が多くて渋滞してしまい、どうしても通信速度が遅くなってしまうのです。

5つの質問で、ぴったりのインターネット回線がわかる!

こういったことで困っていませんか?

スマホの速度制限によくひっかかる
引っ越しでネット回線を引きたい
ネット回線を1番安く契約したい
通信費をもっと安くしたい

これらの悩みは、以下の診断で解決できます!!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

つなが〜るネット