楽天モバイルのおすすめ端末5選【2022年1月】実質0円もあり!

「楽天モバイルでおすすめの端末はどれ?」「実質0円の端末って性能はどうなの?」

楽天モバイルでは、全26種類もの端末がさまざまな価格で販売されているので、どれを選べばいいのか迷ってしまいますよね・・・。

そこでこの記事では、格安SIM専門家の私が、目的別に5つのおすすめ端末を厳選しました

コスパのいい機種から、最新でハイスペックなものまで幅広く紹介します

自分にピッタリな端末を選べるようになっているので、ぜひ最後まで読んでください!

迷ったら「Rakuten Hand」で間違いなし!

Rakuten-Hand

「iPhoneが欲しい」「カメラが高性能なものが欲しい」などのこだわりがなければ、Rakuten Handを選ぶのがベストです。

くわしくはこちらで後述しますが、実質0円で購入でき、防水・おサイフケータイなど十分な機能が備わっています。

コスパ最強のスマホなので、迷ったらこれで間違いありません。

1.楽天モバイルの端末の失敗しない選び方

端末は、以下の3つのポイントに注目して選べば失敗がありません。

  1. 実質料金で選ぶ
  2. iPhoneかAndroidかで選ぶ
  3. 用途に合わせて選ぶ

それぞれくわしく解説します。

選び方1.実質料金で選ぶ

楽天モバイル ポイント還元 2月

楽天モバイルの端末は、端末料金からポイント還元分を引いた「実質料金」を重視して選ぶのがおすすめです。

楽天モバイルでは、端末を購入すると最大で25,000円分の楽天ポイントがもらえるキャンペーンを行っています(くわしくはこちらで解説します)。

楽天ポイントは、1ポイント1円として、端末の支払いにあてることも可能なので、現金ほどの価値があると言っていいでしょう。

実質0円で購入できる端末もある!

驚くことに、端末料金よりも還元ポイントの方が高い端末もあります。

製品名料金最大ポイント還元
Rakuten Hand20,000円
(実質:0円)
△20,000ポイント
OPPO A7315,001円
(実質:1円)
△15,000ポイント
AQUOS sense4 lite25,001円
(実質:1円)
△25,000ポイント

どれもハイスペック端末というわけではありませんが・・・。

スマホの用途は電話・メール・調べものがほとんどで、「最低限必要な機能さえそろっていればOK!」という人なら、これら実質0円・1円の端末を選ぶのもアリでしょう。

とくにRakuten Handはコスパが良く、端末の機能にこだわりがなければ選んで間違いはない端末です(くわしくはこちら)。

※端末の価格と、ポイント還元の一覧表はこちら
※Rakuten miniは終売しました。
※以下、すべて税込みです。

選び方2.iPhoneかAndroidかで選ぶ

楽天モバイル 端末 iPhone Android

iPhoneかAndroidのどちらが欲しいかを考えると、かなり選びやすいです。

以下に、それぞれのメリット・デメリットをまとめました。

←左右にスクロールできます→

 メリットデメリット
iPhone・直感的に操作できるようデザインされている
・カメラやCPUなど、全体的に性能が高い
・App Store専用のアプリをダウンロードできる
・価格が高い
Android・機種のラインナップが豊富
格安で買える機種もある
・初心者は、操作に慣れるまで時間がかかる
・App Store専用のアプリをダウンロードできない

iPhoneは、性能が高く圧倒的な人気のあるスマホです。ただし、その分料金が高いのが特徴となっています。

Androidは、ラインナップが豊富なので、さまざまな性能・価格の選択肢があります。

iPhoneにこだわりがあるならiPhoneを選び、とくにこだわりがなければAndroidを選ぶのがおすすめです。

選び方3.用途に合わせて選ぶ

楽天モバイル 端末 選び方

「自分が普段どのような使い方をするのか」を把握しておくと、端末を選びやすいです。

たとえば、以下のような選び方ができます。

用途選び方
写真をよく撮る・きれいに撮れるよう、800万画素以上のレンズが付いた端末を選ぶ
・撮影の幅を広げられるよう、広角レンズ・超広角レンズが付いた端末を選ぶ
スマホゲームをよくするラグがないよう、CPU(※1)やRAM(※2)の性能がいい端末を選ぶ
動画や映画をよく観る快適に観られるよう、画面サイズが大きい端末を選ぶ

※1 CPU:数字が大きいほどスマホの動作がスムーズになる。

※2 RAM:数字が大きいほどCPUが効率よく作動する。1〜3GBが一般的、4〜6GBでハイスペック。

その他の機能もチェック!

楽天モバイル 端末 必須の機能

以下の2つは、あるとかなり便利な機能として、多くの端末に付いています。

防水/防塵
おサイフケータイ(Quick Pay・モバイルSuicaなど)

ただし、安い端末だと付いていない場合もあるので、事前に確認してくださいね。

2.楽天モバイルのおすすめスマホ機種5選

ここからは、上記の選び方を参考に厳選した楽天モバイルのおすすめ端末5つを、目的別に紹介します。

まずは、それぞれのスペックを以下の表にまとめました。

←左右にスクロールできます→

製品名Rakuten HandAQUOS sense4 plusiPhone SE(第2世代)iPhone 13 ProAQUOS R5G
画像Rakuten HandAQUOS sense4 plusiPhone SEiPhone13 pro
おすすめの人コスパを重視
したい人
お得な料金で
大画面スマホを使いたい人
iPhoneをお得に
買いたい人
iPhoneの最新機種が
欲しい人
高性能な端末が
欲しい人
実質料金0円23,800円33,170円〜102,800円〜108,800円
端末料金20,000円43,800円55,170円〜122,800円〜128,800円
ポイント還元△20,000ポイント△20,000ポイント△20,000ポイント△20,000ポイント△20,000ポイント
画面サイズ5.1インチ6.7インチ約4.7インチ6.1インチ6.5インチ
OSAndroid™ 10 Android™ 10iOSiOSAndroid™ 10
CPUQualcomm® Snapdragon™ 720
オクタコア 2.3GHz + 1.8GHz
Qualcomm® Snapdragon™ 720
オクタコア 2.3GHz+1.8GHz
A13 BionicA15 BionicQualcomm® Snapdragon™ 865
オクタコア 2.8GHz+1.8GHz
RAM/ROM4GB/64GB8GB/128GB3GB/64GB〜6GB/128GB〜12GB /256GB 
外カメラ約4,800万画素 (広角)
約200万画素 (ポートレート)
約4,800万画素(メイン)
約500万画素(広角)
約190万画素(ポートレート)
約1,200万画素(メイン)
約1,200万画素(広角)
約1,200万画素(広角)
約1,200万画素(超広角)
約1,200万画素(望遠)
ポートレート対応
約1,220万画素 (メイン)
約1,220万画素 (広角)
 約4,800万画素 (超広角) 
ポートレート
内カメラ約1,600万画素約800万画素約700万画素約1,200万画素約1,640万画素
防水/防塵×
(防滴)
おサイフケータイ
詳細こちらこちらこちらこちらこちら

今回おすすめする5つの端末から、自分にピッタリなものを見つけてくださいね。

それぞれくわしく解説していきます。

その他、楽天モバイルで販売中の端末は、こちらで紹介しなかった理由をまとめています。

1.コスパを重視したい|Rakuten Hand

実質料金0円
端末料金20,000円
ポイント還元△20,000ポイント

Rakuten Handは、キャンペーンにより実質0円で購入できる端末です。

129gと軽く、スリムで角が丸くなっているデザインなのでとても持ちやすくなっています。

値段の割に、カメラは4,800万画素と高画質で、ゲームにも十分なスペックなので、コスパ重視の人におすすめです

メリット・デメリット

Rakuten Hand メリット・デメリット

おすすめする人

  • コスパ重視の人

※スペック紹介
【画面サイズ】:5.1インチ
【OS】:Android™ 10
【CPU】:Qualcomm® Snapdragon™ 720/オクタコア 2.3GHz + 1.8GHz
【RAM/ROM】:4GB/64GB
【バッテリー容量】:2,750mAh
【外カメラ】:約4,800万画素 (広角)
       約200万画素 (ポートレート)
【内カメラ】:約1,600万画素
【防水/防塵】:×(防滴)
【おサイフケータイ】:◯
【詳細ページ】:こちら

2.お得な料金で大画面スマホを使いたい|AQUOS sense4 plus

AQUOS-sense4-plus

実質料金23,800円
端末料金43,800円
ポイント還元△20,000ポイント

AQUOS sense4 plusは、AQUOS史上最大の画面サイズ(約6.7インチ)の端末です。

大画面で動画やゲームを楽しめるのが特徴となっています。

さらに、メインカメラは4,800万画素、広角やポートレートにも対応していて、比較的高性能な端末です。

メリット・デメリット

AQUOS sense4 plus メリット・デメリット

おすすめする人

  • お得な料金で大画面スマホを使いたい人

※スペック紹介
【画面サイズ】:6.7インチ
【OS】: Android™ 10
【CPU】:Qualcomm® Snapdragon™ 720/オクタコア 2.3GHz+1.8GHz
【RAM/ROM】:8GB/128GB
【バッテリー容量】:4,120 mAh
【外カメラ】:約4,800万画素(メイン)
                     約500万画素(広角)
                     約190万画素(ポートレート)
【内カメラ】:約800万画素
【防水/防塵】:◯
【おサイフケータイ】:◯
【詳細ページ】:こちら

3.iPhoneをお得に買いたい|iPhone SE(第2世代)

UQモバイル iPhoneSE

実質料金34,800円〜(※)
端末料金44,800円〜
ポイント還元△20,000ポイント

※ROM(容量)によって異なる

iPhone SE(第2世代)は、iPhone史上最高にコスパがいいと言われている機種です

実は、iPhone 11と同じチップ「A13 Bionic」を搭載しているんです。つまり、iPhone 11とほぼ同じスペックを持っていることになります。

それでいて、価格は実質34,800円〜となっているので、コスパ最強の機種と言っていいでしょう。

「iPhoneがいいけれど、最新の機種は高い・・・」とお悩みの人にピッタリな端末です。

メリット・デメリット

iPhone SE メリット・デメリット

こんな人におすすめ

  • iPhoneをお得に買いたい人

※スペック紹介
【画面サイズ】:約4.7インチ
【OS】:iOS
【CPU】:A13 Bionic
【RAM/ROM】:3GB/64GB〜
【バッテリー容量】:1,821mAh
【外カメラ】:約1,200万画素(メイン)
       約1,200万画素(広角)
【内カメラ】:約700万画素
【防水/防塵】:◯
【おサイフケータイ】:◯
【詳細ページ】:こちら

4.iPhoneの最新機種が欲しい|iPhone 13 Pro

iPhone 13 pro

実質料金102,800円〜
端末料金122,800円〜(※)
ポイント還元△20,000ポイント

※ROM(容量)によって異なる

iPhone 13 Proは、大人気なiPhoneシリーズの最新作であり、最も高性能な機種です。

カメラは、トリプルレンズを搭載し、夜でもポートレート撮影が行えるほどの性能となっています。

チップは、Appleが開発した最新チップ「A 15 Bionic」を搭載しているので、ゲームや動画もサクサクです。

防水やガラス耐性にも最新の技術が搭載されているので、とにかくハイスペックな人気機種となっています。

メリット・デメリット

iPhone 13 Pro メリット・デメリット

おすすめする人

  • iPhoneの最新機種が欲しい人
  • iPhoneの高性能機種が欲しい人

※スペック紹介
【画面サイズ】:6.1インチ
【OS】:iOS
【CPU】:A15 Bionic
【RAM/ROM】:6GB(予想)/128GB〜1TB
【バッテリー容量】:3,095mAh
【外カメラ】:約1,200万画素(広角)
       約1,200万画素(超広角)
       約1,200万画素(望遠)
       ポートレート対応
【内カメラ】:約1,200万画素
【防水/防塵】:◯
【おサイフケータイ】:◯
【詳細ページ】:こちら

5.高性能な端末が欲しい|AQUOS R5G

AQUOS-R5G

実質料金108,800円
端末料金128,800円
ポイント還元△20,000ポイント

AQUOS R5Gは、トップクラスに高性能な端末です。

実質108,800円と高いですが、Qualcomm® Snapdragon™ 865という高性能なCPUを持ち、RAMも12GBと大容量です。

したがって、ゲームや動画もサクサクできます。使っていてストレスを感じることはまずない端末でしょう。

メリット・デメリット

おすすめする人

  • 高性能な端末が欲しい人

※スペック紹介
【画面サイズ】:6.5インチ
【OS】:Android™ 10
【CPU】:Qualcomm® Snapdragon™ 865/オクタコア 2.8GHz+1.8GHz
【RAM/ROM】:12GB/256GB 
【バッテリー容量】:3,730mAh
【外カメラ】:約1,220万画素 (メイン)
                     約1,220万画素 (広角)
                   約4,800万画素 (超広角) 
                     ポートレート
【内カメラ】:約1,640万画素
【防水/防塵】:◯
【おサイフケータイ】:◯
【詳細ページ】:こちら

3.楽天モバイルで購入できる端末一覧 & おすすめしない端末

以下に、楽天モバイルで購入できる全24種類の端末と、その料金・ポイント還元をまとめました。

また、おすすめしない端末とその理由もまとめたので参考にしてください。(2022年1月現在)

端末全26種の料金・ポイント還元一覧

実質料金の安い順に並べました。

製品名料金ポイント還元
Rakuten Hand20,000円
(実質:0円)
△20,000ポイント
AQUOS sense4 lite25,001円
(実質:1円)
△25,000ポイント
OPPO A7315,001円
(実質:1円)
△15,000ポイント
OPPO Reno3A26,980円
(実質:1,980円)
△25,000ポイント
OPPO A5 202022,020円
(実質:12,020円)
△10,000ポイント
OPPO A55S 5G32,800円
(実質:12,800円)
△20,000ポイント
AQUOS sense3 plus37,980円
(実質:12,980円)
△25,000ポイント
AQUOS sense3 lite25,980円
(実質:15,980円)
△10,000ポイント
OPPO Reno5 A42,980円
(実質:17,980円)
△25,000ポイント
AQUOS sense639,800円
(実質:19,800円)
△20,000ポイント
AQUOS sense4 plus43,800円
(実質:23,800円)
△20,000ポイント
iPhone SE(第2世代)44,800円〜
(実質:24,800円〜)
△20,000ポイント
Rakuten BIG49,800円
(実質:24,800円)
△25,000ポイント
Xperia 10 III Lite46,800円
(実質:26,800円)
△20,000ポイント
Rakuten BIG s50,980円
(実質:30,980円)
△20,000ポイント
iPhone 12 mini69,800円〜
(実質:49,800円〜)
△20,000ポイント
AQUOS zero669,800円
(実質:49,800円)
△20,000ポイント
Galaxy S1071,980円
(実質:51,980円)
△20,000ポイント
iPhone 1279,800円〜
(実質:59,800円)
△20,000ポイント
iPhone 13 mini86,780円〜
(実質:66,780円〜)
△20,000ポイント
iPhone 1398,800円〜
(実質:78,800円〜)
△20,000ポイント
iPhone 12 Pro112,800円〜
(実質:92,800円〜)
△20,000ポイント
iPhone 12 Pro Max1228,00円〜
(実質:102,800円)
△20,000ポイント
iPhone 13 Pro122,800円〜
(実質:10,2800円〜)
△20,000ポイント
AQUOS R5G128,800円
(実質:108,800円)
△20,000ポイント
iPhone 13 Pro Max134,800円〜
(実質:114,800円〜)
△20,000ポイント

キャンペーンにより、10,000〜25,000円分の楽天ポイントが還元されるので、どれもお得に購入できます。

ただし、端末のみを購入した場合にはポイントがもらえないので注意してください。ポイントがもらえるのは、SIMと端末をセット購入した場合のみです。

今回紹介しなかった21種の端末について

この記事で紹介しなかった21種の端末について、評価をまとめました。

  • Rakuten BIG:5G対応を売りとしているが、まだ普及していないのでおすすめしない。
  • OPPO Reno5 A:Rakuten Handと同程度のスペック。Rakuten Handよりも高いのでおすすめしない。
  • OPPO Reno3A:Rakuten Handと同程度のスペック。Rakuten Handよりも高いのでおすすめしない。
  • AQUOS sense4 lite:Rakuten Handと同程度のスペック。Rakuten Handの在庫がなければ次点でおすすめ
  • AQUOS sense3 plus:Rakuten Handと同程度のスペック。Rakuten Handよりも高いのでおすすめしない。
  • iPhone 13 Pro MAX13 Proよりも大画面な機種が欲しい人にはおすすめ
  • iPhone 13:13 Proよりもカメラやバッテリーの性能が落ちるが、最新機種を安く買いたい人にはおすすめ
  • iPhone 13 mini:SEの方がコスパが高いのでおすすめしない。
  • iPhone 12 Pro Max:大画面だが、13 Proと価格が同じという点でコスパが低いのでおすすめしない。
  • iPhone 12 Pro:13 Proより10,000円安いだけなので、コスパが低くおすすめしない。
  • iPhone 12:13シリーズよりもカメラ・CPUの性能は落ちるが、比較的新しいiPhone機種を安く買いたい人にはおすすめ
  • iPhone 12 mini:iPhone SEの方がコスパは高いのでおすすめしない。
  • Rakuten BIG s:5G対応を売りとしているが、まだ普及していないのでおすすめしない。
  • OPPO A55S 5G:Rakuten Handと同程度のスペック。Rakuten Handよりも高いのでおすすめしない。
  • AQUOS sense6:上記と同様の理由でおすすめしない。
  • AQUOS  zero6:AQUOS sense4 plusの方がコスパがいいためおすすめしない。
  • Xperia 10 III Lite:上記と同様の理由でおすすめしない。
  • Galaxy S10:AQUOS R5Gの下位互換。これといったポイントがないのでおすすめしない。
  • OPPO A73:Rakuten Handと同程度のスペック。Rakuten Handよりも高いのでおすすめしない。
  • OPPO A5 2020:上記と同様の理由でおすすめしない。
  • AQUOS sense3 lite:上記と同様の理由でおすすめしない。

とくにAndroid端末は、Rakuten Handと比べてスペックや価格が見劣りするものが多いため、これといっておすすめできる端末はありません

iPhoneシリーズは、画面サイズや価格を加味して選ぶなら、iPhone 13 Pro MAX・iPhone 12などがおすすめできます。

基本的には、紹介したおすすめ端末5つから選ぶのがベストです。

4.欲しいものがなければ、持ち込み端末を使おう

もし楽天モバイルに欲しい端末が販売されていない場合、無理して楽天モバイルで購入する必要はありません。欲しい端末を使うのが一番です。

少し手間はかかりますが、ネット通販やAppleで購入してください。

以下に、ネット通販やAppleで購入する場合の、メリット・デメリットをまとめました。

 ネット通販Apple
メリット好きなスマホが手に入る最新のiPhoneが手に入る
デメリット保証関係がない正規価格になる
リンク価格.com
smama
公式ページ

また、他社で端末を購入する場合は、「ご利用製品の対応状況確認」から、その端末が楽天モバイルで使えるのかを必ず確認しましょう

補足

最後に、補足情報をまとめました。

気になる人はチェックしてください。

楽天モバイルの端末割引キャンペーンまとめ

現在、楽天モバイルで実施されているキャンペーンのうち、端末に関するものをまとめました。

本記事で紹介した端末の料金は、キャンペーン割引込みの実質料金なので、正直言ってくわしく見ておく必要はありません。気になる人だけチェックしてみてください

iPhone超トクのりかえキャンペーン

iPhone 超トク乗り換えキャンペーン

こちらは、楽天モバイルで販売中のiPhoneをセット購入した人が対象になるキャンペーン。

対象者は「だれでも5,000ポイントプレゼント」と合わせて、合計で20,000ポイントを受け取れるんです。

最新のiPhone 13シリーズや、人気なiPhone SEをお得にゲットできるキャンペーンとなっています

※適用条件(最大20,000ポイント)
・Rakuten UN-LIMIT VI(SIM)を初めて申し込む
・楽天モバイルの申し込み時に、iPhoneをセット購入する
・申し込み日の翌月末日までにRakuten Linkを用いた発信で10秒以上の通話
※期間
・終了日未定

Rakuten UN-LIMIT VI お申し込みキャンペーン

お乗り換え超トクキャンペーン

このキャンペーンは、状況によって還元されるポイントが変わります。

楽天モバイルの申し込みと同時にスマホを買った場合は、最大25,000ポイント(端末ごとに還元額が変わる)がもらえます。

他社から楽天モバイルへの乗り換え(MNP)で、かつ自分のスマホを使う場合は、20,000ポイントが還元されます。

※適用条件(最大20,000ポイント)

・Rakuten UN-LIMIT VI(SIM)を初めて申し込む
・楽天モバイルの申し込み時に、特典対象スマホ(iPhone以外)を買う
・申し込み日の翌月末日までに、Rakuten Linkを用いた発信で10秒以上の通話

※適用条件(最大15,000ポイント)
・他社からの乗り換え(MNP)で契約する
・手持ちのスマホで利用を開始する
・申し込み日の翌月末日までに、Rakuten Linkを用いた発信で10秒以上の通話

※期間
・終了日未定

Rakuten Hand 15,000ポイントプレゼントキャンペーン

楽天ハンド 15,000キャンペーン

こちらは、Rakuten Handが実質0円で購入できるキャンペーン。

本記事でも紹介した通り、コスパ最強の楽天モバイルスマホとなっています。人気ゆえに、過去には在庫切れを起こしたこともある機種なので、ぜひ今のうちに購入しましょう!

※適用条件
・Rakuten UN-LIMIT VI(SIM)を初めて申し込む方
・楽天モバイルの申し込み時に、Rakuten Handを買う
・申し込み日の翌月末日までに、Rakuten Linkを用いた発信で10秒以上の通話

※期間
・終了日未定

楽天モバイルで端末だけの購入は可能?

楽天モバイル(SIM)を契約せずとも、端末だけ購入することは可能です。

以下にカンタンな購入手順を紹介します。

  1. 楽天モバイル公式サイトにアクセス
  2. 自分の購入したい端末の製品ページを開く
  3. 「購入する」を選択
  4. 「プランを申し込まない(製品のみ購入)」を選択

ただし、楽天モバイルの端末は、SIMとセット購入により安くなります。端末のみの購入はキャンペーン割引額が減ってしまうので注意してください。

機種変更の手順は?

「すでに楽天モバイルを契約していて、機種だけを変更したい!」という人は、以下の手順を参考にしてください。

  1. 端末を買う
  2. SIMタイプ変更の手続きをする(必要であれば)
  3. 新しい端末にSIMをセットする
  4. 端末の初期設定をする

とくに難しい手続きはありません。ただ、新しく使いたい端末のSIMタイプが今使っている端末と違う場合は、SIMタイプを変える必要があります。

こちらのページで、新しく使いたい端末のSIMタイプ、今使っている端末のSIMタイプを確認しましょう。

楽天モバイルの機種変更を5分で済ます方法!キャンペーンも紹介しますでは、機種変更の手順を画像付きでわかりやすく解説しています。

まとめ

自分にピッタリな端末は見つかりましたか?

もう一度、楽天モバイルのおすすめ端末5つを振り返りましょう。

楽天モバイルのおすすめ端末5つ
・コスパを重視したい人|Rakuten Hand
・お得な料金で大画面スマホを使いたい人|AQUOS sense4 plus
・高性能な端末が欲しい人|AQUOS R5G
・iPhoneの最新機種が欲しい人|iPhone 13 Pro
・iPhoneをお得に買いたい人|iPhone SE(第2世代)

5つの質問で、ぴったりのインターネット回線がわかる!

こういったことで困っていませんか?

スマホの速度制限によくひっかかる
引っ越しでネット回線を引きたい
ネット回線を1番安く契約したい
通信費をもっと安くしたい

これらの悩みは、以下の診断で解決できます!!

SNSでもご購読できます。

ツナガル – 最適な生活インフラが見つかる情報サイト