WiMAX速度制限ナシは本当か!?低速になる3つのケース

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

WiMAXを使いたいけど、「どれくらい使ったら速度制限がかかるんだろう・・・」と不安ではありませんか?

ネットをたっぷり使いたくてWiMAXを選んだのに、制限が厳しかったらョックですよね・・・。

結論から言うと、WiMAXには以下の速度制限があります。

  • 月間7GB制限
  • 3日間で10GB制限
  • au 4G LTEを使った場合の制限

「3つもあるの!?」と思われるかもしれませんが、多くの人にとって、ほとんど気にすることのない制限なんです!

WiMAXの速度制限は他のモバイルルーターよりもゆるく、どんなときにどれくらいの制限がかかるのかを知っていればそんなに心配する必要はありません。

そこで今回は、それぞれの速度制限について解説していきます。また、WiMAX利用者の私が実際に使って計測した結果もお知らせします。

安心してWiMAXを契約するための参考にしてください。

1.WiMAXの速度制限を徹底解説

まず、先ほどお話しした3つの速度制限についてくわしく解説していきます。

月間7GB制限(通常プランのみ)

1ヵ月のデータ通信量が7GBを超えると、月末まで128Kbpsの速度制限がかかります。

速度が128Kbpsになると、テキスト中心のサイトは見れますが、写真の多いサイトや動画はほぼ不可能に近く、一般的な使い方でストレスがかかります。

この制限がかかるのは、「通常プラン」のみです。

WiMAXは、どのプロバイダでも2つのプランしかありません。

ギガ放題プラン:月間データ量制限なし
通常プラン:月間7GB制限

月に7GBまでしか使えないプランを選べばそれ以降は制限がかかる。これは当然のことですよね。

月に7GBというと、大体以下の通りです。

7GBの目安

メールの送受信:約268万通
ホームページ閲覧:約7,200ページ
動画視聴:約4.5時間
音楽ダウンロード:約255曲

YouTubeやNetflex、huluなどの動画サービスや、spotifyやGoogle Play Musicなどの音楽サービスを楽しんでいると、7GBはあっという間に使い切ってしまいます。

データ量を気にせずネットがしたい人は、「ギガ放題プラン」に申し込むか、プラン変更をしましょう

ギガ放題プランは月間データ量の速度制限はない

動画を見たり、ゲームアプリをダウンロードしたり、家でも外でもたっぷりネットがしたい人に人気があるのは「ギガ放題」です。

docomo、au、ソフトバンクなどの大手通信キャリアは「20GB」「30GB」使えるプランを発表していますが、それでも動画を見る人には全然足りません。

たとえば、私はYouTubeでゲーム実況動画を見ることが多いですが、3時間で3GB以上使っていたこともあります。

最近はYou Tube以外にもNetflixやAmazonビデオ、Huluなどの高画質な動画サービスが増えているので、30GBでもあっという間になくなってしまう可能性があります。

WiMAXのギガ放題なら、「あとどれくらい使えるかな・・・」という心配を一切することなくネットを楽しめます。

WiMAXのプラン変更は月単位で可能(しかも無料)なので、7GB以上使う月だけ切り替えることもできます。

3日間で10GB制限

WiMAXは、ギガ放題/通常プランのどちらでも、3日間のデータ通信量の合計が10GBを超えると翌日に速度制限がかかります。

3日間で10GB以上ご利用の場合の速度制限について│UQコミュニケーションズ

この制限は、午後6時頃から約8時間程度のみの制限です。つまり、一日のうち16時間は全く制限がかかっていないことになります。

これはモバイルルーターの中ではかなりゆるい制限で、今のところWiMAXとワイモバイルが同じ制限を行っています。※ワイモバイルは午後6時から約7時間実施。

他のモバイルルーターでは以下のような3日間制限を実施しています。

  • A社:3日間で3GBを超えると200Kbpsに制限(1日中)
  • B社:制限内容は公表していないが口コミによると1,2GBを超えると制限

通信速度が200Kbpsになると、普通のウェブサイトを見るのも厳しいですし、制限内容が公表されていないのも不安ですよね。

その点WiMAXは制限内容が公表されているので安心です。

しかも、制限後の通信速度は約1Mbps。これだけの速度があれば、普通のウェブサイトはもちろん、Youtubeで標準画質の動画を見ることも可能です。

au 4G LTEを使った場合の制限

au 4G LTEとはau回線を使った「ハイスピードプラスエリア」モードのことで、WiMAXが苦手な郊外や山岳部でも通信できるのがメリットです。img_0230

写真は、WiMAX端末の「 W03」です。WiMAX回線を利用する「ハイスピード」とau回線を使う「ハイスピードプラスエリア」を切り替えられます。

au 4G LTEを月に7GB以上使うと、月末まで通信速度が128Kbpsに制限されます。

しかも注意点として、制限が発動するとハイスピードモード(WiMAX回線)に戻してもその月は7GB制限がかかってしまうんです。

これは、ギガ放題プランを契約していてもかかるので、「ギガ放題を契約しているのに月末になるとネットが遅くなる」という場合はこの制限が原因かもしれません。

WiMAXは、サービスエリアを確認してから申し込みをするので、ハイスピードプラスエリアを使う機会はほとんどないかと思います。

とはいえ、出張や帰省などでエリア外の地方に行き、そこでネットしたときは注意が必要です。


以上、3つの速度制限について解説しました。

次に、私が実際に速度制限中に計測した結果をお知らせしますね。

2.実際どうなの?WiMAXの速度制限

私はWiMAXを長年使い続けていますが、ほとんどの人に関係があるのは「3日間で10GB制限」だけかなと思います。

なぜなら、ギガ放題でハイスピードプラスエリアに設定していなければ、他の制限に引っかることはないからです。

10GBと言われても、どれくらい使えるのかピンとこないかと思います。

UQコミュニケーションズのサイトでは、YouTubeを視聴した場合の例が掲載されていました。

変更後のデータ量の目安

YouTubeを高画質設定にしても、3日間で計13時間視聴できます。これだけゆるい制限なら、多くの人は速度制限にかかることなくネットが楽しめるはずです。

ただ、私のように毎日のようにYoutubeのような動画サイトを見ていると、3日で軽く10GBを超えてしまいます。

そこで、実際に制限がかかっている状態でスピードテストを実施してみました。

制限期間中のお昼頃

上の写真は、3日で10GB以上利用した翌日のお昼ごろに計測したものです。※途中でデータ量をリセットしてしまったので表示上は5.23GBになっていますが10GB以上使った状態です。

通信速度を測ると17.03Mbpsという速度が出ました。

計測した場所はオフィス内で、そんなにWiMAXの通信が良いわけではなく、通常でも20Mbps程度です。なので、制限中に約17Mbps出ているということは制限はかかっていないと考えられます。

制限期間中の夜間

こちらは同じ日の午後21時47分に計測した結果です。

明らかにさっきの結果よりも遅くなっていますね。

しかし、約1Mbpsに制限されるはずなのに2.95Mbps出ていました。なので、おそらくWiMAX回線の混み具合によって1Mbps以上出ることもあるようです。

逆にWiMAX回線が混み合っている場合、1Mbpsを大きく下回ることも考えられるので、「大体1Mbps」と考えておいたほうが良いでしょう。

3.まとめ

家でも外でも速度制限なく快適にインターネットをしたい!という人は、WiMAXで月間制限のない「ギガ放題」プランを選びましょう。

3日間で10GBを超えると速度制限がかかりますが、他のキャリアより制限がゆるく、多くの人は制限を気にすることなくネットを楽しめます。

また、たとえ制限にかかったとしても、制限時間は他社モバイルルーターより短いです。

申し込みは、WiMAXで最もキャッシュバックキャンペーンが魅力的なGMOとくとくBBがオススメです。

5つの質問で、ぴったりのインターネット回線がわかる!

こういったことで困っていませんか?

スマホの速度制限によくひっかかる
引っ越しでネット回線を引きたい
ネット回線を1番安く契約したい
通信費をもっと安くしたい

これらの悩みは、以下の診断で解決できます!!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*