WiMAX契約におすすめプロバイダ4選【2019年11月版】

いざWiMAXに契約しようと思ってもプロバイダはどこがおすすめなのかハッキリ分からないですよね。

WiMAXの主なプロバイダは約20社あり、キャンペーン特典や料金がそれぞれ違います。

もし、何も考えないで選んでしまうと最大で3万円近くも損をするので気をつけてください

ここでは、2019年11月時点、WiMAX契約でおすすめのプロバイダを4社ご紹介。逆におすすめしないプロバイダも、その理由を解説していきます。

さらに、WiMAXについてのよくある質問もまとめたので、WiMAX契約前にぜひチェックしてくださいね。

1.WiMAXプロバイダ選びのポイント

WiMAXのプロバイダを経由する意味

プロバイダとは、WiMAXの提供元であるUQコミュニケーションズから回線を借り、サービスを提供している会社のことです。

1-1.プロバイダで契約するメリット

WiMAXをプロバイダで契約すると、回線元であるUQ WiMAXで契約するよりも安く使えます。

全てのプロバイダは同じ回線を利用するので、以下の部分は変わりません。

  • 通信速度:最大1.2Gbps
  • 速度制限のルール:3日間で10GB
  • サービスエリア:全国
  • 最新機種:W06

申込み・解約手続きもプロバイダ1社のみで完結できます。

なので、プロバイダで契約したから条件が悪くなるといったことはないので安心してくださいね。

※WiMAXの回線元である『UQコミュニケーションズ』は、プロバイダを経由した方がお得にすることで、プロバイダ各社にWiMAXのサービスを販売させて拡大している背景があります。

1-2.プロバイダは実質月額で比較しよう

各プロバイダのサポート体制に若干の違いはありますが、とくに最新機種を選んだ場合の実質月額で比較してください。

実質月額とは、実際に支払う費用の月額平均で次のように計算しています。

実質月額 =(初期費用+(毎月かかる費用×36)− キャッシュバック)÷36
※契約期間が3年(36ヵ月)の場合

なぜなら、各プロバイダはキャッシュバックや月額料金割引などのキャンペーンを行っており、広告で書かれている金額だけではどのプロバイダが一番安く使えるのかがわからないからです。

最新機種W06を選ぶべき理由

2019年1月に発売されたW06は、通信速度がいちばん速く、室内でもつながりやすいルーターです。手になじみやすいデザインで持ち運びにも便利。現時点で最もおすすめです。

詳細:WiMAX最新ルーターW06、WX05、W05を比較!おすすめはこれだ

私が日々調査している主なプロバイダ10社の実質月額をランキング表にまとめました。(2019年11月時点)

 プロバイダ実質月額
1位GMOとくとくBB3,393円
2位Broad WiMAX3,694円
3位DTI3,706円
4位カシモWiMAX3,807円
5位家電量販店3,969円
6位So-net4,129円
7位UQ WiMAX4,586円
8位au4,596円
9位@nifty4,972円
10位BIGLOBE4,997円

※最新ルーターW06を契約した場合

こうして比較すると、GMOとくとくBBが最も安くWiMAXを使えるプロバイダであることがわかりますね。(2019年11月時点)

とはいえ、他のプロバイダにもメリットがあるので、次に私が厳選したおすすめプロバイダを紹介していきます。

2.WiMAX契約におすすめプロバイダ4選

私がおすすめするプロバイダは以下の4社。あなたにピッタリ合ったプロバイダが必ず見つかるはずです。

  1. GMOとくとくBB:最安値で満足度が高い
  2. Broad WiMAX:他社から乗り換え、口座振替でお得
  3. UQ WiMAX:回線元
  4. BIGLOBE:1年契約できる

各プロバイダでかかる費用や特徴を一覧表にまとめました。端末はすべて最新のW06で比較しています。

wimax4プロバイダの料金比較表:11月度

『実質月額』で比較すると、GMOとくとくBBとUQ WiMAXでは約1,000円違ってきます。

なので、あなたにとってベストなプロバイダを選ぶには複数のプロバイダを比較することが大切なんですね。

ここから、おすすめのプロバイダを実質月額が安い順に紹介しますね。

ユーザー満足度は、株式会社e&sがWiMAX利用者を対象に実施したアンケート結果に基づきます。2019年4月調べ、394人が回答

GMOとくとくBB|最安値で契約できる!

GMOとくとくBBのキャンペーン

GMOとくとくBBは、インターネット関連事業を行う東証1部上場企業のGMOインターネット株式会社が運営しているプロバイダ。

2019年11月は全端末34,800円キャッシュバックキャンペーンを実施中!

W06を業界最安値で契約できるのはGMOとくとくBBで間違いありません!

また、ルーターを最短当日発送・契約20日以内は違約金がかからず解約できるなどサポート体制も安心です。

メリット

・最新ルーターが最安値
・実質月額が一番安い
・端末を最短当日発送してくれる

・契約20日以内なら違約金なしで解約できる
・解約金(契約解除料)が安い

デメリット

・キャッシュバックをもらうための申請手続きが必要
・口座振替できない

こんな人におすすめ

とにかく、一番お得に安心して契約したいという人はこのプロバイダで間違いありません

【キャンペーンページ】https://gmobb.jp/

◆34,800円キャッシュバック(W06の場合)
■契約時にかかる費用
初期費用:3,000円
月額料金(ギガ放題):4,263円(1,2ヵ月目は3,609円)
実質月額:3,393円(1位/10位中)
■解約時にかかる費用
解約金:
1〜12ヵ月目:19,000円
13〜24ヵ月目:14,000円
25ヵ月目以降:9,500円
契約更新月:0円
■端末:W06、WX05、L02、HOME01
端末発送日:最短当日
■支払い方法:クレジットカード
■電話サポート:10:00〜19:00(平日)
■キャッシュバックをもらえる時期:12ヶ月後
キャッシュバックのもらい方:利用開始月から12ヶ月目に受け取る事ができます。契約して11ヶ月目にGMOから与えられたメールアドレス宛に送られてくる通知メールから、受け取り口座を登録しましょう。もし通知メール送信日の翌月末日までに登録できなかった場合、キャッシュバックをもらえる権利を失うのでGoogleカレンダーに登録などしてメールを見逃さないようにしましょう。
■ユーザー満足度:3.39(1位/8位中)
■参照ぺージ:最安値?私がGMOのWiMAXを選んだ理由と、2つの注意点【2019年11月版】

Broad WiMAX|他社から乗り換え、口座振替でお得

Broad WiMAXは、トータル費用の安さではGMOとくとくBBに次ぐ2番目。

でも、他社ポケットWiFiやWiMAXから乗り換える場合はその違約金を負担してくれるというメリットがあります。

また、口座振替に対応したWiMAXプロバイダの中では最安値で契約できるので、クレジットカードを使いたくない人にもおすすめです。

ただし、2年以内に解約するとキャンペーン違約金がかかる点は注意してください。

メリット

・他社ポケットWiFiから乗り換えやすい。
・口座振替で最安値(18,857円の初期費用がかかる)

デメリット

・特典を受け取るには有料オプションに加入しなければならない
・電話サポートが有料通話で月〜土(11〜18時)と短い
・2年以内の解約金が高い

※2年以内に解約した場合
①契約解除料:14,000~19,000円
②キャンペーン違約金9,500円を支払う必要がある

こんな人におすすめ

他社ポケットWiFiから乗り換えたいけど、違約金がかかるので迷っている人。

【キャンペーンページ】https://wimax-broad.jp/

◆月額料金割引
■契約時にかかる費用
初期費用:3,000円+18,857円(クレジットカード払いで有料オプション加入の場合18,857円引き)
月額料金(ギガ放題):
1,2ヵ月目2,726円
3〜24ヵ月目3,411円
25ヵ月目以降4,011円
実質月額:3,694円(2位/10位中)
■解約時にかかる費用
解約金:
1〜12ヵ月目:19,000円
13〜24ヵ月目:14,000円
25ヵ月目以降:9,500円
契約更新月:0円
キャンペーン違約金:24ヵ月以内9,500円
■端末:W06、WX05、L02、HOME01
端末発送日:最短当日
■支払い方法:クレジットカード/口座振替
■電話サポート:11:00〜18:00(月〜土/年末年始を除く)
ユーザー満足度:3.28(3位/8位中)
■参照ページ:絶対に迷わない!Broad WiMAXの契約前に知るべき5つの注意点

UQ WiMAX|本家!信頼性抜群のサポート

UQ WiMAXは、WiMAX回線を提供しているUQコミュニケーションズが運営しているサービス。万全のサポートで利用できます。

2019年10月より契約期間内に解約した場合の解除料(違約金)が1,000円と大幅に安くなりました。また、契約期間も2年になりました。

しかし、端末代が15,000円(これまで約3,000円)になり、以前と比べて実質月額は高くなってしまいました。さらに、LTEオプションも有料になり、使い勝手が少し悪くなっています。

メリット

・キャッシュバック手続きがかんたん
・4ヵ月後にキャッシュバックされる
・口座振替できる
・電話サポートが年中無休で無料通話(9〜21時と一番受付時間が長い)

デメリット

・実質月額が高い
・端末代が高額で旧機種のみ
・LTEオプションが有料

こんな人におすすめ

料金よりも、サポートを一番重視したいという人におすすめです。

たとえばネットが遅い、つながらない!といった回線トラブルに一番早く対応してもらえます。

【キャンペーンページ】https://www.uqwimax.jp/promotion/wimax_18/

◆最大3,000円キャッシュバック
■契約時にかかる費用
初期費用:3,000円+端末代(15,000円)
月額料金(ギガ放題):4,380円(1,2ヵ月目3,696円)
実質月額:4,586円(7位/10位中)
■解約時にかかる費用
解約金:
1〜24ヵ月目:1,000円
契約更新月:0円
■電話サポート:9:00〜21:00(年中無休)
■端末:WX05、L01
端末発送日:最短当日発送
■支払い方法:クレジットカード/口座振替
■キャッシュバックをもらえる時期:4ヵ月目
ユーザー満足度:3.26(4位/8位中)
■参照ページ:UQ WiMAXってどうなの!?メリット・デメリットまとめ|2019年最新版

BIGLOBE|1年契約できる

BIGLOBEは元NEC系の老舗プロバイダ。

2019年10月から新プランになり、契約期間が1年になりました。1年以内の契約解除料も1,000円と今までより大幅に安くなっています。

ただし、端末代が19,200円と高額で、実質月額は今までよりも約1,500円高くなっているので、長期間使う場合はおすすめしません。

メリット

・1年契約できる
・口座振替に対応

デメリット

・端末代が高額
・実質月額が高い

こんな人におすすめ

契約期間の短いWiMAXを探している人におすすめです。

【キャンペーンページ】https://join.biglobe.ne.jp/mobile/wimax/

◆10,000円キャッシュバック
■契約時にかかる費用
初期費用:3,000円
端末代:19,200円
月額料金(ギガ放題):3,980円
実質月額:4,997円(10位/10位中)
■解約時にかかる費用
解約金:
1〜12ヵ月目:1,000円
契約更新月:0円
端末代の残債(24回払):800円/月
■端末:W06、WX05、L02
端末発送日:2〜7日程度
■支払い方法:クレジットカード/口座振替
■電話サポート:10:00〜19:00(年中無休)
■キャッシュバックをもらえる時期:14ヶ月目
キャッシュバックのもらい方:端末を受け取った月の翌月、BIGLOBEのマイページにログインし、キャッシュバックの受け取り口座を登録します。すると、数日以内に振り込まれます。
ユーザー満足度:3.30(2位/8位中)
■参照ページ:私が、BIGLOBEのWiMAXを選んだ5つの理由

3.おすすめしないプロバイダ2選

最初にお話ししたとおり、WiMAXはどのプロバイダでも同じ回線を使っているので、安いプロバイダで契約するのがおすすめ。

以下のプロバイダは一見安くみえますが、実質月額で比較すると実はそんなに安くないのでおすすめしません。

カシモWiMAX|安いのは最初の2ヵ月間のみ

カシモWiMAXの公式サイトや運営サイトでは、『月額1,380円〜』『業界最安級』というような言葉が何度も書かれています。

でも、この値段は端末が送られてきた月と翌月のみ。それ以降は月額料金が倍以上になり、実質月額で比較すると決して安くありません。

端末受取月、1ヵ月目:1,380円
2〜24ヵ月目:3,580円
25ヵ月目以降:4,089円
実質月額:3,807円(4位/10位中)

WiMAXサービス自体に問題はありませんが、一番安く使えるプロバイダを探している人にはおすすめしません。

詳細:気をつけて!カシモWiMAXをおすすめしない4つの理由

家電量販店|割引額が良くない

2016-06-14 20.06.28

ヨドバシカメラやビックカメラなどの家電量販店でWiMAXを契約すると、最大20,000円の商品割引が受けられます。

でも月額料金が高いので、たとえ2万円の商品割引があったとしても実質月額はそれほど安くなりません。

実質月額(ビックカメラ・ヨドバシカメラ):3,969円(5位/10位中)

WiMAXはGMOとくとくBBを選んで安く使い、その分浮いたお金で好きな商品を買ったほうがお得です。

詳細:
騙されるな!ビックカメラのWiMAXキャンペーンを調べた結果|2019年11月版
ヨドバシカメラWiMAXキャンペーンの3つの注意点
要注意!エディオンのWiMAXキャンペーンがおすすめできない4つの理由
騙されるな!ヤマダ電機のWiMAXキャンペーン3つの落とし穴

まとめ

2019年11月時点、WiMAXのおすすめプロバイダはGMOとくとくBB!その理由は以下のとおりです。

  • 実質月額が最安値(3,393円/月)
  • 最短当日発送
  • ユーザー満足度が高い

ぜひ満足のいくWiMAXの契約をして快適な生活をスタートしてくださいね。

他のポケットWiFiサービス(au、ワイモバイル、docomo、SoftBank)と比べたWiMAXのメリットデメリットに関しては『ポケットWiFiを比較して分かった1番人気でおすすめはコレだ!【11月最新版】』を参考にしてください。

補足|WiMAXに関するよくある15の質問

  1. WiMAXって何?
  2. 他のポケットWiFiとどう違うの?
  3. 通信速度はどれくらいでるの?
  4. 速度制限はあるの?
  5. WiMAXのつながりやすさはどう?
  6. どんな契約方法があるの?
  7. プロバイダってどのくらいあるの?
  8. 価格.comからの方が安いのでは?
  9. 口座振替できるプロバイダはあるの?
  10. 端末にはどんな種類があるの?
  11. WiMAXにはどんなプランがあるの?
  12. 契約期間ってどのくらい?
  13. 家族全員で使えるの?
  14. 通信エリアは広いの?
  15. ゲームするのにWiMAXは使える?

質問1.WiMAXって何?

家でも外でもインターネットが楽しめるポケットWiFiサービスのひとつです。

スマホサイズの端末からWiFiを飛ばし、お手持ちのスマホやパソコン、タブレット、ゲーム機などでネットを使えるようにします。

ポケットWIFIとは

回線はUQコミュニケーションズが管理しており、その回線使って20以上のプロバイダ(販売代理店)がサービスを提供しています。

光回線とどう違うの?

通信速度は光回線の方が安定して速いですが、WiMAXも私が定期的に測定した結果だと約40Mbpsと、動画や音楽を聞くのに十分な速さが出ています。

通信速度以外の違いを一覧表にまとめました。

WiMAX光回線
工事不要工事が必要
即日開通約2週間〜1ヶ月必要
配線がいらない複数の配線が必要
外でも使える室内でしか使えない

質問2.他のポケットWiFiとどう違うの?

ポケットWiFiは、WiMAXの他にSoftBank、docomo、ワイモバイル、auといった大手スマホキャリアがサービスを提供しています。

それぞれの特徴を比較して表にまとめました。※ユーザー満足度は株式会社e&sがアンケート調査した結果に基づきます。

ポケットwifi大手5社の速度制限、エリア、料金などの比較表

WiMAXは、他のポケットWiFiと比べて速度制限がゆるく、料金が安く、ユーザー満足度の高いサービスです。

ちなみに、auのポケットWiFiは同じWiMAXですが、お得なキャンペーンがなくて費用が高くなるのでおすすめしません。

詳細:ポケットWiFiを比較して分かった1番人気でおすすめはコレだ!【11月最新版】

質問3.通信速度はどれくらいでるの?

実測値で平均40Mbpsほど出ています。

私は4年ほどWiMAXを使っており、大阪市内で定期的にスピードチェックをしています。

最新のデータは以下のとおりです。

WiMAXのスピードチェック結果表

これくらいの速度が出れば、YouTubeやNetflixなどで高画質の動画を問題なく見られます。

質問4.速度制限はあるの?

3日間の通信量の合計が10GB以上になると、翌日18時から約8時間、通信速度が約1Mbpsに制限されます。

この制限は3日間の合計データ量が10GBを下回ると解除されます。

速度制限について│UQコミュニケーションズ

ちなみに、夜間以外は制限がありません。

3日で10GBでどれくらいつかえるの?

UQコミュニケーションズのサイトで挙げられている目安を紹介します。

3日で10GBの目安

スマホやタブレットで動画を見る場合、『高画質(HD)』という設定できれいに見られます。

なので、1日4時間程度は見ても問題なさそうですね。

私は海外ドラマが好きなのでNetflixを使っていますが、1日3〜4時間見る程度なら速度制限にかかることはありません。

制限後の”1Mbps”ってどれくらい?

公式サイトには”YouTube動画の標準画質レベルが視聴可能な速度”とあります。

標準画質というと、スマホの小さな画面で動画を見るなら気にならないレベルですが、パソコンの大画面だと全体的にぼやけた感じの画質になります。

ただし、1Mbpsというのはあくまでも目安なので、7Mbps程度でることもあれば、1Mbps以下になってしまうこともあります。

質問5.WiMAXのつながりやすさはどう?

あくまでも私が使った感想ですが、地下鉄、車内、鉄筋コンクリートでのつながりやすさは以下の通りでした。

地下鉄

駅構内や地下街はWiMAXのアンテナがあるので問題なくつながりますが、駅と駅との間にはアンテナがないのか、移動中は圏外になりました。

車での移動中

一般道を走行中なら問題なく使えます。

とあるタクシー会社では車内にWiMAXが置いてあり、無料WiFiサービスを行っています。

こうしたサービスで使われているのはWiMAXのつながりやすさに定評がある証拠と言えるかもしれません。

鉄筋コンクリート

私の住んでいるマンションが鉄筋コンクリートなんですが、特に自宅でつながりにくいと感じることはありません。

でも、WiMAXは障害物が多ければ多いほど速度が遅くなると言われているので、私は窓の近くに端末を置くようにしています。

質問6.どこで契約できるの?

オンラインでプロバイダの公式サイトから申し込む方法と、UQショップや家電量販店で申し込む方法があります。

おすすめはオンラインで公式サイトから申し込むことです。

なぜなら、オンラインで申し込めるプロバイダは高額キャッシュバックキャンペーンを行っているので、実質費用が安くなるからです。

申し込みに必要なのはクレジットカードのみで、免許証やマイナンバーを準備する必要はありません。

端末も最短当日発送、かんたんな設定をするだけですぐ使い始められます。

質問7.プロバイダってどのくらいあるの?

UQコミュニケーションズの公式サイトには以下のプロバイダが『主な提供会社』として記載されています。

プロバイダ名契約方法
GMOとくとくBBオンライン
BIGLOBEオンライン
Broad WiMAXオンライン
@niftyオンライン
So-netオンライン
DTIオンライン
Asahi Netオンライン
DiSM WiMAXオンライン
novas WiMAXオンライン
J:COMオンライン
UQ WiMAX店頭、オンライン
au店頭、オンライン
ヨドバシワイヤレスゲート店頭、オンライン
BIC WiMAX店頭、オンライン
YAMADA WiMAX店頭、オンライン
エディオン店頭、オンライン
KT WiMAX店頭、オンライン
PC DEPOT店頭、オンライン

上記18社以外にも、カシモWiMAXや、JP WiMAXもあるので、20社ほどがプロバイダとしてサービスを提供していることになります。

すべてのプロバイダは同じWiMAX回線を使っており、通信エリア、速度制限のルール、通信速度などは変わりません。

なので、実際に支払う料金(実質費用)が安いプロバイダを選びましょう

2019年11月時点、実質費用が一番安いのはGMOとくとくBBです。

質問8.価格.comからの方が安いのでは?

WiMAXは公式サイトから申し込むほうが、選べるプラン、キャッシュバックや違約金などの点でお得です

たとえば、GMOとくとくBBの場合、価格.comではキャッシュバックキャンペーンしか選べませんが、公式サイトなら月額料金が安いプランも選べます。

最新端末W06のキャッシュバック額は同じですが、公式サイトならキャッシュバック額がさらに高額のW05を選ぶこともできます。

また、契約期間内に解約した場合にかかる違約金(契約解除料)も以下の表の通り公式サイトのほうが安いです。

価格.comと公式サイトの契約解除料の違い

価格.comは、いろいろな商品を比較しながら買える便利なサイトで私も良く使っていますが、WiMAXは公式サイトから申し込むことをおすすめします。

質問9.口座振替できるプロバイダはあるの?

UQ WiMAX、Broad WiMAX、BIGLOBE、auで口座振替が可能です。

すべての実質月額を計算したところ、一番安くなるのはBroad WiMAXでした。

口座振替でお得なプロバイダ

ただし、どのプロバイダで申し込んでも、口座振替はクレジットカードで申し込んだ場合よりも高くなってしまいます。

質問10.端末にはどんな種類があるの?

持ち運べる端末と、据え置き型の端末があり、多くのプロバイダでは以下の端末を販売しています。

持ち運べる端末

WiMAXおすすめルーターの性能比較表

据え置き型

WiMAXルーター性能比較表 据え置き型

おすすめは、持ち運び型ならW06、据え置き型ならL02です。

詳細:WiMAX最新ルーターW06、WX05、W05を比較!おすすめはこれだ
自宅のWiFiにおすすめ!手軽に使えるホームルーターL02を徹底解説

質問11.WiMAXにはどんなプランがあるの?

1ヶ月のデータ量に制限のない『ギガ放題』と1ヶ月7GBまで使える『通常プラン』があります。

おすすめはギガ放題です。

GMOとくとくBBでは、端末を受け取った月と、その翌月から2ヶ月間、ギガ放題と通常プランの月額料金が変わりません。

ギガ放題と通常プランの月額料金の差比較表なので、申込時はギガ放題を選んでおき、2ヶ月間でそれほど使わないと思ったら通常プランに乗り換えましょう。

ちなみに、プラン変更は無料です。

詳細:WiMAXのギガ放題とは?初心者でも失敗しない最安プランの選び方

質問12.契約期間ってどのくらい?

ほとんどのプロバイダが3年契約となっており、その期間内に解約すると契約解除料(違約金)が必要になります。

GMOとくとくBBの場合

1~12ヶ月目まで:19,000円
13~24ヶ月目まで:14,000円
25ヶ月目以降更新月以外:9,000円
契約更新月:無料

プロバイダによっては、契約解除料以外にキャンペーン違約金や端末代の残債を請求される場合があるので注意してください。

GMOとくとくBBの場合は契約解除料のみ発生します。

質問13.家族全員で使えるの?

使えますが、基本的には1人で使うサービスと考えておきましょう。

最新端末W06は、最大16台までスマホやタブレットを接続できます。でも、WiMAX端末1台の通信速度は変わらないので、ネットを使う人が増えるほど通信速度は遅くなっていきます

特に動画を観たり、音楽を聞いたりする場合は通信量が多くなるので、複数人で使うと動きがカクカクしたり、音が途切れてしまう可能性があります。

なので、WiMAXは1人、多くても2人までが楽しむサービス。それ以上でネットを使いたい場合は複数台契約するか、固定回線を検討してください。

質問14.通信エリアは広いの?

UQコミュニケーションズの公式サイトからエリアを確認できます。

エリアチェックページ

WiMAXは都市部ではほとんどの場所でつながりますが、山岳部や郊外になるとつながらない場所が増えてきます。

また、WiMAXの電波は障害物に弱いという性質があるので、エリア内でも室内はつながりにくい場合があります。

もしつながるかどうかを事前に試したい場合、Try WiMAXという15日間無料でWiMAXを借りて試せるサービスを利用してみてください。

詳細:【実際に試した結果】Try WiMAXの申し込み前に知っておくべき3つの注意点

質問15.ゲームするのにWiMAXは使える?

対人ゲームを本気で遊ぶには厳しいですが、スマホやPS4、Nintendo Switchなどでカジュアルに楽しむならWiMAXは十分使えます。

オンラインゲームでは、ネットの通信速度よりも『ping』という数値が重要です。この数値が大きすぎると、対戦相手の行動がゲーム内に反映されるまでのタイムラグが大きくなってしまいます。

上の図で説明すると、ping値が遅いとシュートボタンを押してから実際にシュートされるまでの時間にタイムラグができてしまいます。

私が持っているWiMAXと会社で使っている光回線のping値を測ってみました。

ping値の比較

WiMAX:40.30
光回線:13.67

3倍近い差がありますが、動画を見たり、オンラインショッピングをしたりといった場合にはあまり差を感じません。

でも、PUBGストリートファイターなどの対戦ゲームではコンマ1,2秒の差が勝敗を決めるので、トップレベルのゲーマーは光回線をPCやPS4に有線接続してプレイしています。

なので、そういう人たちとWiMAXを使って戦うのは厳しいですね…。

ちなみに、Nintendo SwitchでマリオカートをWiMAXでプレイしてみましたが、とくに問題なく遊べました。

また、最近はスマホでラグマスというゲームもプレイしていますが、不満を感じることはありません。

5つの質問で、ぴったりのインターネット回線がわかる!

こういったことで困っていませんか?

スマホの速度制限によくひっかかる
引っ越しでネット回線を引きたい
ネット回線を1番安く契約したい
通信費をもっと安くしたい

これらの悩みは、以下の診断で解決できます!!

SNSでもご購読できます。