コスパ最強! ポケットWiFiの無制限を比較したらおすすめは1社だけ【最新版】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

無制限に使えるポケットWiFiでネット生活を快適にしたいですよね。

まず知っておくべきは、ネット上で無制限と呼ばれるポケットWiFiには、以下の2種類があるということ

  • 完全無制限:速度制限がいっさい無く、完全に無制限で使える
  • 実質無制限:月間データ量に制限は無いが、3日で10GBの直近制限がある

2021年1月現在、完全無制限のポケットWiFiは、通信障害が頻繁に起こったり、新規受付が停止されています。(後述します)

なので無制限のポケットWiFiを探している人は、「3日で10GBまで」という制限付きの以下3社から選ぶことになります。

  • WiMAX
  • Y!mobile
  • au

そして、この実質無制限のポケットWiFi3社を、4つのポイントで比較した結果、おすすめできるのは1社だけでした

当記事では、無制限のポケットWiFiを選ぶ際の抑えておくべきポイントや、完全無制限がなくなった理由をネット回線マニアが解説していきます。ぜひ参考にしてくださいね。

※「ポケットWiFi」=「持ち運んでネットが使える通信端末(モバイルWiFiルーター)」のこと。
工事が不要で、届いてからすぐに、家でも外でも使い始められるのが特徴です。

1.まず結論!無制限のポケットWiFi、おすすめは「WiMAX」

結論からお伝えすると、2021年1月在もっともおすすめできる無制限のポケットWiFiWiMAXです!

「WiMAX」はユーザー3,400万人以上。一番おトクに契約できるプロバイダ(販売代理店)「GMOとくとくBB」から申し込むのが現在のベストです。

かんたんに特徴を紹介します。

  WiMAX
GMOとくとくBB
データ容量 無制限
(3日で10GBの制限あり)
最大通信速度 440Mbps
実質月額料金 3,472円
発送 最短当日配送
契約期間 3年
運営会社 株式会社GMOインターネット
(東証一部上場)

※実質月額料金とは?

あとでくわしく紹介しますが、無制限で使えるポケットWiFiは現在、全部で3種類あり、その中ではWiMAXが一番おすすめ。

それだけでなく、データ容量関係なしに、すべてのポケットWiFiで比較してもWiMAXが圧倒的に優れています

※WiMAXは全ポケットWiFiの中で一番おすすめできるサービスです。くわしくは、ポケットWiFi全30サービス比較した結果…2021年1月おすすめはこれだ!を参考にしてください。

WiMAXは、どのプロバイダでも同じ回線を使うため品質に違いはありません。なので、料金の安いGMOとくとくBBから申し込むのがおトク

大多数が使っているという安心感もあり、一番コスパがいいのでおすすめできるポケットWiFiです!

2.無制限のポケットWiFiとは?

そもそも、ネット上で見かける「無制限」のポケットWiFiとは、データ容量が実質無制限で使えるポケットWiFiのこと。(後述しますが、完全には無制限で使えません

2021年1月現在、全部で以下3種類の無制限ポケットWiFiがあります。

  • WiMAX
  • Y!mobile
  • au

まずは無制限のポケットWiFiを選ぶ際に知っておくべき注意点をご紹介します。

注意!無制限のポケットWiFiには、3日で10GBの制限がある

たくさんの人が見落としがちなポイントは、無制限のポケットWiFiに、3日間で10GBをこえると速度制限にかかるというルールがあること。

ルール 直近3日間での合計データ量が10GBを超えると一定時間低速になる
制限がかかる時間 10GBを超えた日の翌日の夜間18時〜26時まで
制限中の通信速度 約1Mbps(YouTube動画の標準画質レベルが視聴可能な速度)

WiMAX・au・Y!mobileは月間無制限ですが、完全に無制限で使えるという訳ではないんです。

3日10GB制限にかかる使い方・かからない使い方

具体的にどういう使い方でこの制限に引っかかるのか、例を出しながら解説します。

3日10GB制限にかかる使い方 

3日で10GBをこえてしまう使い方は主に以下の3パターンです。

  • 動画を3日で10時間以上見る
  • PCやテレビの大画面で動画サービスを楽しむ(ぼやけるため、データ量をたくさん使う高画質にしないと快適じゃない)
  • 仕事で大きなファイルのやりとりをする

3日10GB制限にかからない使い方

反対に、10GB未満で済むのは以下のような使い方です。

  • 動画を3日で10時間未満しか観ない
  • PCやテレビの大画面では動画を観ない
  • 大容量のファイルのやりとりは固定回線でしかしない。

実質無制限のポケットWiFiは快適に使える!

「無制限なのに制限がある」なんてややこしいですが、「3日で10GB」を超えてもまったくネットが使えなくなるわけではありません。

日中は制限なしで使える

 WiMAX・Y!mobile・auは、3日で10GBをこえても、制限がかかるのは10GBを超えた翌日の夜間(18時頃から26時頃までの8時間)のみです。

逆に言うと、10GBを超えても、超えた翌日の18時までは無制限で使えるということです。

制限にかかっても、日中は無制限で使えるので速度制限のルールとしてはそこまで厳しくないでしょう。

制限時の速度「1Mbps」で何ができるのか

これら実質無制限のポケットWiFiは、3日で10GBをこえると通信速度が1Mbpsまで落ちます。

これがどのくらいかというと、ウェブサイトの閲覧やSNSは余裕、YouTubeも画質を落とせば(480pや360p程度)視聴、スマホゲームくらいならできる速度です

動画の画質 推奨される通信速度
4K 20 Mbps
1080p(HD) 5 Mbps
720p(HD) 2.5 Mbps
480p(SD) 1.1 Mbps
360p(SD) 0.7 Mbps

たとえばYouTubeの場合、公式サイトに上記のとおり書かれていました。

WiMAXユーザー|30代女性

制限中でも、YouTubeの通常画質(480p:SD)くらいなら観れるのでそれほどストレスには感じていない。

WiMAX・Y!mobile・auの3社なら「ほぼ無制限」「実質無制限」で快適に使えます

現状、完全無制限で使えるポケットWiFiは無い

「何も気にせず使い放題だと思っていたのに…」と残念に思うかもしれませんが、ポケットWiFiで完全に無制限に使えるものは現在ありません

WiMAX・Y!mobile・auのデータ容量(実質無制限)がポケットWiFi業界で最大なんです。

以前は完全無制限のポケットWiFiがありましたが、現在さまざまなトラブルが起きてサービスの受付を停止しています。

完全無制限のポケットWiFi 状況
ギガゴリWiFiワールドプラン 新規受付を停止
どんなときもWiFi 新規受付を停止
Mugen WiFi 新規受付を停止
ZEUS WiFi 新規受付を停止
hi-ho GoGo WiFi 新規受付を停止
よくばりWiFi 新規受付を停止

たとえば、2019年5月から完全無制限のWiFiとして始まった「どんなときもWiFi」は、今年2月からまったく通信できない状況が続き、現在は新規受付を停止しています。

完全無制限で、ちゃんと安心して使えるサービスは無いので、3日10GB制限がある実質無制限のポケットWiFiからベストなサービスを選びましょう

どうしても完全無制限でWiFiを使いたいという人は光回線を検討しよう

ここまで紹介してきたように、ポケットWiFiは一番たくさん使えるものでも、データ容量は月間無制限の3日10GB制限つきです。

外出先でもネットが使えて、工事も不要ですぐに使えるメリットはありますが、オンラインゲームをよくしたり、大容量ファイルのやりとりを頻繁にする人には正直向いていません。

なので、よく考えてみると家で使うことがほとんどだ、という人には光回線をおすすめします

くわしくは、騙されるな!光回線37社をプロが比較して、2021年1月のおすすめを解説を参考にしてください。

3.全3社の無制限ポケットWiFiを4つのポイントで比較

データ容量が無制限で使えるポケットWiFiは以下の3社のみです。

  • WiMAX←一番おすすめ
  • Y!mobile
  • au

まずは以下の表に、4つの比較ポイントに対する3社の評価をまとめました。

ポケットWIFI比較表

WiMAX」は、無制限のポケットWiFiを比較する際に重要な4つのポイントで優れているのでおすすめできます。

それぞれくわしく解説していきます。

500名のアンケートからコメントを紹介

ポケットWiFiユーザー500名に、契約してから後悔した点についてアンケートを実施。この記事で紹介しているユーザーのコメントはこちらから抜粋したものです。

これらをチェックすれば、契約した後に「こんなはずじゃなかった…!」と失敗することはありません。

調査方法 : インターネット調査
調査時期 : 2020年5月23日~5月25日
調査対象 : 10代〜60代の男女
調査実施 : 株式会社e&s

比較1.エリアの広さ

どんなに高性能のポケットWiFiを契約しても、電波が圏外だと意味がないですよね。まずはエリアについてチェックしましょう。

Y!mobileユーザー|40代男性

市街地を離れたり山の方へ行くと、電波状況はかなり悪くなってしまう

サービス名 WiMAX au Y!mobile
エリア
利用回線 WiMAX2+・LTE LTE

※WiMAXもauも「WiMAX2+回線」を使っていて、エリアの広さは同じです。

エリアに関しては「広さ」をチェックしましょう。ただ今回、はっきり言ってエリアは一番重視する比較ポイントではありません

なぜなら、3社と問題なく使えるレベルにはあるからです。

Y!mobileの対応エリアは少し狭い

どのポケットWiFiも都市部はしっかりとカバーしていますが、細かく比較すると少しY!mobileの対応エリアが狭いです。

上の図の通り、それぞれ都市部で使うのは問題ありませんが、少し都市部から離れた場所や山間部でも使えるのはWiMAX・auのポケットWiFiです。

※WiMAXが繋がらないエリアでは、「au 4G LTE (ハイスピードプラスエリアモード)」で通信が可能に。WiMAXには、タッチパネルからのカンタン操作で「au 4G LTE回線」を使用して通信が可能になるモードがついています。 利用した月は1,005円の費用がかかるデメリットはありますが、電波が弱いエリアへの出張や旅行など万が一のときに非常に助かる機能です。

そして、「WiMAX・au」の方が「Y!mobile」よりもカバーエリアは広いことがわかりますね。

電波の特徴

WiMAXが利用する「WiMAX2+回線」と、3大キャリアが利用する「LTE回線」には違いがあります。

  • WiMAX2+:直線に強く速度が速い
  • LTE:障害物に強く安定性がある

なので電波の安定性という点では、LTEを使ったY!mobileの方が優れていると言えます。

ただ先ほどもお伝えしたように、はっきり言って「エリア」に関しては大差ないので、一番重要視すべきポイントではないです。

残り3つのポイントを見ていきましょう。

比較2.料金の安さ

そして気になる料金ですが、実際にかかる費用の安いものを選びましょう

なぜなら、ポケットWiFiの契約には月額料金の他に、事務手数料や端末代、初月料金が日割りのあり・なしなどのポイントがあるからです。

auユーザー|40代女性

料金はあまりリーズナブルとは言えず、それが原因で解約してしまいました。

ここでは、実質月額料金(契約期間にかかるトータル料金を月額料金になおしたもの)で比較します

サービス名 WiMAX
GMOとくとくBB
Y!mobile au
実質月額料金 3,472円 5,348円 5,206円
事務手数料 3,000円 3,000円 3,000円
端末代 無料 10,800円 22,000円
初月料金 日割り 日割り 日割り
キャッシュバック 28,500円 なし なし

実質月額料金を見るとすぐにわかりますが、WiMAXを最安で契約できるプロバイダ「GMO とくとくBB」が圧倒的に安いです

他にWiMAXより優れたポイントがあれば「料金が高くても契約したい」という人もいるかもしれませんが、はっきり言ってWiMAX以外を選ぶ理由は無いと思います。

比較3.端末の性能

端末の性能は、よく「最大通信速度」を気にしがちですが、実際そこまで差はありません!(後述します)

速度よりも外出先でバッテリー切れを起こさないよう、できるだけ「バッテリー容量」の長いものを選びましょう。また、持ち運ぶなら「サイズ・軽さ」も気になりますよね。

auユーザー|30代女性

小まめな充電が必要で、いちいちカバンから出すのが面倒くさい。

ですが正直、各社端末の性能に大差はありません。この3社は「無制限」ではない他のポケットWiFiと並べても、比較的いいものを取り扱っています。

サービス名 WiMAX Y!mobile au
端末 WX06 802ZT W06
デザイン WX06 802ZT W06
最大通信速度
(下り)
440Mbps 988Mbps 1,237Mbps
バッテリー容量 約11.5時間 約12時間 約9時間
サイズ 幅111mm
高さ62mm
厚み13.3mm
幅112mm
高さ67.5mm
厚み15.6mm
幅128mm
高さ64mm
厚み11.9mm
重さ 約127g 約153g 約125g
発売日 2020年1月 2019年8月 2019年1月
発売メーカー NEC ZTE HUAWEI

※「WX06・W06」のバッテリー容量はそれぞれ「ノーマルモード」「スマートモード」という、普段の使い方に合ったモードの使用可能時間です。

表からわかることを並べると…

  • バッテリー容量:W06は少し物足りないが、それ以外はほぼ横ならび
  • サイズ:802ZTは少し大きいが、それ以外はほぼ横ならび

このように、基本的にどれも「すぐに充電が必要」「サイズが大きすぎる」ということもなく、使いやすい端末です。

「最新機種であれば、どれを選んでも性能がいい」というのが端末に関する結論です

「最大通信速度」に騙されるな!

広告やサイトなどで「最高速度〇〇Mbpsで通信できます!」と出していますが、これはベストエフォート方式という、通信環境がもっともいい場合に出る速度のことで、あくまでも理論値です。

なのでこの最大通信速度をみてポケットWiFiを決めてしまってはいけません。

10Mbps以上あればもっとも速度を必要とする動画(YouTubeやTikTokなど)でさえ、サクサク見られるので問題ありません。くわしくはこちら

比較4.解約のしやすさ

最後に、解約の条件についてもチェックしましょう。

WiMAXユーザー|20代女性

3年の契約期間があり、3年以内に解約したため違約金が発生したのが残念。

絶対に契約期間中ずっと使い続けるかどうかは分からないですよね。もし、もっといいものが急に発売されたら買い換えたいと思うかもしれません。

そして、解約のしやすさを比較するために重要なのは「解約金の安さ」ではなく「解約までにかかるトータルコスト」です。以下の表を見てください。

サービス名 WiMAX
GMOとくとくBB
Y!mobile au
契約期間 3年 なし 2年
更新月以外の解約金 1~12ヶ月目19,000円

13~24ヶ月目14,000円

25ヶ月目以降9,500円
0円 1,000円
トータルコスト
6ヶ月で解約した場合 48,075円 42,270円 53,898円
1年で解約した場合 44,416円 72,930円 83,942円
2年で解約した場合 91,072円 125,490円 134,446円
3年で解約した場合 132,728円 178,050円 186,950円

※トータルコスト:契約してから解約までにかかる総額(解約金含む)

Y!mobile・auはそれぞれ解約金が0円・1,000円と、一見かなり解約しやすいサービスのように見えますね。その点WiMAXは解約金が高く、解約のハードルが高そうです。

ですがWiMAXは、どのタイミングで解約してもauよりトータルコストが安く、2年目以降は解約金が0円のY!mobileよりも解約しやすいです。しかも・・・

「WiMAX GMOとくとくBB」は13ヶ月目なら解約しやすい!

WiMAXのプロバイダ「GMOとくとくBB」の場合、13ヶ月目以降に解約すれば実はとってもおトクなんです。

その理由は、契約から12ヶ月目に受け取れるキャッシュバックにあります。

サービス名 WiMAX
GMOとくとくBB
Y!mobile au
1年(12ヶ月目)で解約した場合 46,053円 68,550円 79,650円
13ヶ月目に解約した場合
44,416円 72,930円 83,942円
キャッシュバック △28,500円 なし なし

1年目に解約したい場合でも、1ヶ月待って13ヶ月目に解約するとおトクに。

GMO とくとくBBは、解約金(19,000円)を支払っても高額のキャッシュバック(28,500円)があるため、契約縛りがあっても解約のしやすいサービスだと言えます。

買ってから1年後にもっといいサービスが出ていても、契約期間の3年を待たずにおトクに解約できるのでおすすめできます。

まとめ

これら4つのポイントからWiMAX」が一番おすすめできる無制限のポケットWiFiだと言えます。

  • 【エリアの広さ】:とくに都市部では気にする必要なし
  • 【料金の安さ】:圧倒的に安い
  • 【端末の性能】:高性能の最新端末が使える
  • 【解約のしやすさ】:キャッシュバックがあるため、実は解約しやすい

みんなが選ぶ定番サービスとして大人気である理由にも納得ですね。

2021年1月現時点、データ容量無制限で使えるポケットWiFiの中で、ベストな選択肢であることは間違いありません!

 

よくある5つの質問 + 補足1

最後に補足として、無制限のポケットWiFiに関するよくある質問をまとめました。

質問1.レンタルできる無制限のポケットWiFiはあるの?

旅行などで数日、1ヶ月単位でデータ容量無制限のポケットWiFiをレンタルしたいという人には、1日〜1ヶ月の単位でポケットWiFiをレンタルできるサービスがあります。たとえばWiFiレンタル.comは、料金も業界最安級で、WiMAXの最新機種「WX06」が1日500円でレンタル出来ます。

15時までに申し込むと当日発送してもらえるため、最短で利用できるのも魅力です。累計1,400万人以上ものユーザーがいて、運営会社も東証一部上場企業なので安心して利用できます。

また、10日程度のレンタルなら、次のWiMAXのお試しサービスなどもあります。

WiMAXのお試しサービス「Try WiMAX

WiMAXならTry WiMAXという無料で15日間お試しできるUQ WiMAXの公式サービスがあります。自分がよく使うエリアで通信ができるかなどのお試しにピッタリです。本来はお試しサービですが、これをレンタルWiFiとして利用してみるのもいいでしょう。

ただし、UQから端末が出荷された日から、端末がUQに戻ってくるまでの期間のレンタルなので、実質10日間のレンタルと思っておいた方がいいでしょう。

質問2.申し込んでからどのくらいで届くの?

無制限のポケットWiFiそれぞれの発送にかかる時間は以下の通りです。

  WiMAX 
GMOとくとくBB
Y!mobile au
発送 最短当日発送 当日受け取り可能 当日受け取り可能

Y!mobile・auは店舗があるので、店舗で申し込んだ場合は当日受け取りが可能です。

「WiMAX GMOとくとくBB」も当日に発送されるので1、2日後に受け取りが可能です。ただし、引っ越しシーズンだと在庫不足で発送が遅くなる可能性があります。早めに申し込んでおきましょう

質問3.無制限のポケットWiFiの速度は速いの?

WiMAX・Y!mobile・auそれぞれの最大通信速度(理論値)は以下の通りです。

理論上は3社ともかなりの速度が出ますが、実際に私たちが使う際にはどれくらいの速度が出るのかが気になりますよね

そこで、みんなのネット回線速度というサイトでデータを集めました。みんなのネット回線速度では、ユーザーがリアルタイムで投稿した速度情報が集計されており、全国各地でどのポケットWiFiがどれくらいの速度が出ているのかがわかります。

※出典:みんなのネット回線速度

表をみると、どのポケットWiFiも申し分ない速度が出ていることがわかります。

ちなみにWiMAXではauと同じW06も選ぶことができます。

通信速度ごとに、どんなサービスが使えるかをまとめた以下の表をご覧ください。

通信速度 目安

WiMAX・Y!mobile・auのどのポケットWiFiを選んでもかなり快適に使えます。YouTubeやAmazonPrimeなどの動画サービスをたっぷり観られるのは嬉しいですね。

質問4.ポケットWiFiと光回線の違いは?どっちがいいの?

無制限のポケットWiFi「WiMAX」と光回線の違いを以下の表にまとめました。

  WiMAX
GMOとくとくBB
光回線
実質月額料金
3,472円

3,800円〜5,200円
工事
不要
×
必要
通信速度
無線なので不安定

高速で安定している
使える場所
どこでも使える

家でのみ使える
データ容量
無制限(3日10GB)

完全無制限

WiMAXと光回線にはメリットとデメリットがありますが、それぞれおすすめできる人はこんな人です。

  • WiMAXがおすすめな人:外出先でもネットを使う、すぐに使いたい。
  • 光回線がおすすめな人:よくオンラインゲームをする、家族で共有して使う、データ容量を気にせず使いたい。

質問5.WiMAXは月に100GBまでしか使えないの?

「3日で10GBを単純計算すると、ひと月に100GBしか使えないんじゃないの?」という疑問が多いようです。

ですが100GBは、3日間10GBずつを30日間使用した場合のデータ量です。

実際には、制限時間が翌日18時頃から翌々日2時頃※までの約8時間に限られることから、100GB以上のご利用も可能です。

補足1.GMOとくとくBBの「月額割引キャンペーン」について

キャッシュバックの受け取りが「めんどくさい」「忘れそうで不安だ」という人は月額割引キャンペーンを選んでください

ただ、キャッシュバックキャンペーンと比べて以下2つのデメリットがあるので注意してください。

  • 実質月額料金が3,511円に上がってしまう
  • 「1年目に解約しやすい」というメリットは消える

実質月額料金は3,492円

  キャッシュバックキャンペーン 月額割引キャンペーン
実質月額料金 3,472円 3,546円

3年間では約1,000円の差額が出ます。

「1年目に解約しやすい」というメリットは消える

「GMOとくとくBB」は、解約金(19,000円)を支払っても高額キャッシュバック(27,200円)があるため、契約縛りがあっても解約のしやすいサービスだとお伝えしました。

しかし月額割引キャンペーンだと、この高額キャッシュバックもらえないので解約しにくくなります

  キャッシュバックキャンペーン 月額割引キャンペーン
13ヶ月目に解約した場合にかかる総額 44,416円 57,259円

以上2つのデメリットがあることをわかった上で「でもやっぱりめんどくさいから」「不安だから」という人は月額割引キャンペーンを以下のページから申し込みましょう!

【GMOとくとくBB 月額割引キャンペーンページ】https://gmobb.jp/wimax/waribiki/

5つの質問で、ぴったりのインターネット回線がわかる!

こういったことで困っていませんか?

スマホの速度制限によくひっかかる
引っ越しでネット回線を引きたい
ネット回線を1番安く契約したい
通信費をもっと安くしたい

これらの悩みは、以下の診断で解決できます!!

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. シュン より:

    地下で繋がらないエリア狭いWiMAXを選ぶ必要は無いです。ソフトバンクの4G回線を使った容量無制限、速度制限無し、違約金無し、契約期間の縛り無しのサービスが出てきていますのでそちらの方がお勧めです。月額も3500円前後とお安いです。速度も私の住んでいる地域では20Mから30M出ていますのでHD動画視聴も問題ありません。

    1. 田中靖 より:

      シュン様
      コメントありがとうございます。差し支えなければ上記のサービス名を教えていただけますか?”容量無制限、速度制限無し、違約金無し、契約期間の縛り無し”というサービスが3,500円前後だと多くの人にメリットが多いサービスですね。
      『縛りなしWiFi』というサービスに近い気がしますが、そちらはソフトバンク回線だと1日3GB制限、WiMAX回線で3日10GB制限がかかります。また、『どんなときもWiFi』は制限なしと謳っていますが、こちらは2年縛りです。

  2. 大西潔 より:

    とくとくBBで初wiifiにしようと思ってますがオプションで入る方がいいのか必要ないのかよく分からないです。教えてください

    1. 田中靖 より:

      大西潔様
      コメントありがとうございます。GMOとくとくBBでは契約時に「安心サポート」「公衆無線LAN」の2オプションに強制加入させられます。個人的にはどちらのオプションも必要ないかなと思います。2ヶ月間は無料なので必要なければ解除してください。ただし、「安心サポート」は端末を受け取った日の翌月以降でないと解除できないので、忘れないようにスマホのカレンダーなどに予定を書き込んでおくことをおすすめします。

コメントを残す

*

つなが〜るネット – インターネットがもっとお得に快適になる情報サイト