3日10GBでは足りない?制限に頻繁にひっかかる4つの使い方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
3日10GB

WiMAXを検討しているけれど、「3日10GB」の速度制限が気になりませんか?

本当に3日10GBで足りるのかな…。
制限中に動画やゲームはできるのかな…。

など、契約前に知っておきたいことがあると思います。

そこで今回、WiMAXを使っている人に3日10GB制限に関するアンケートを実施しました。集まった回答は253名分!

回答結果を分析していくと、WiMAXが向いている人・向いていない人の違いがわかりました

当記事では、

  • 3日10GB制限の基本ルール
  • 3日10GB制限にかかりやすい人の特徴
  • 制限時の体感速度などを解説していきます。

WiMAXを契約するかどうかの参考にしていただけると幸いです。

当記事は、株式会社e&sが2020年4月にインターネットを通して実施したアンケート調査に基づいています。アンケート結果はスプレッドシートにまとめて公開しています。※他サイトでの使用は固くお断りします。

1.3つの質問で分かる!3日10GBの通信制限とは

次の3つの質問から、「3日10GBの通信制限とは何か?」が分かるはずです。

質問1.3日で10GBの制限とは?

そもそも3日で10GBの制限とは、WiMAX、au、ワイモバイルから発売されているポケットWiFiの速度制限のことです。

3日間の合計データ量が10GBを超えると、翌日夜間に速度制限がかかります。制限時は通信速度が約1Mbpsになってしまいます。

この制限は、合計データ量が10GBを下回ると翌日に解除されます。

WiMAX、au、ワイモバイルで制限はどう違うの?

WiMAXとauの3日10GB制限は全く同じで以下のとおりです。

速度制限のルール直近3日間での合計データ量が10GB以上
制限のかかる時間3日間で10GBを超えた日の翌日の夜間18時頃から翌2時頃
制限後の通信速度約1Mbps(YouTube動画の標準画質レベルが視聴可能な速度)

ワイモバイルの場合、ルールや制限後の通信速度は同じですが、制限のかかる時間が夜間18時頃から翌1時頃となっています。※参考:ワイモバイル

質問2.どうしてそんな制限があるの?

一部ユーザーが大量のデータ通信を行い、他の人がネットできない状態を防ぐためです。

インターネットは同じ回線を皆で分け合って使うので、平等にサービスを提供するために、ある程度の速度制限は仕方がありません。

質問3.制限時の速度で何ができるの?

制限時でも通信速度が約1Mbpsあるので、ウェブサイトの閲覧やSNSはもちろん、YouTubeも画質を落とせば(480pや360p程度)視聴可能です。

たとえばYouTubeの場合、公式サイトに以下のとおり書かれていました。

動画の画質推奨される通信速度
4K20 Mbps
HD 1080p   5 Mbps
HD 720p 2.5 Mbps
SD 480p1.1 Mbps
SD 360p0.7 Mbps

480pや360pという画質は、スマホの画面ならなんとか見られるレベルで、PCやTV大画面だとかなりぼやけて見えます。

また、体感ですがスマホのゲームはストレスなく遊べます。しかし、PS4やニンテンドースイッチなどのゲーム機の場合、ラグが発生しやすくてゲームになりません。

ネットの混雑具合によっては、動画はおろか、SNSやウェブサイトを見るのも厳しい場合もあるようです。

ちなみに夜間以外は速度制限なく使えます。

2.3日10GB制限が「頻繁に」ひっかかる人はWiMAXに向いていない

実は253名にアンケートをとった結果、下の円グラフが示すように、WiMAXユーザーの約76%は3日10GBの速度制限にかかることがあると回答がありました。

3日で10GB制限に かかったことはありますか?

WiMAXが向いている・向いていないは、3日10GBの速度制限が「頻繁に」かかっているかどうかで決まります。

「そんなに制限がかかるのなら、ユーザーのほとんどはWiMAXに不満を持っているんじゃないの?」と思うかもしれません。それで、「WiMAXはコスパの良いサービスだと思いますか?」という質問もしてみました。

その回答と、速度制限にかかる頻度の関係を表したのが以下の棒グラフです。

WiMAXはコスパがよいサービスなのか

制限が時々かかる人・全く無い人は、WiMAXのコスパが普通・良いと回答する人が多かったです。

WiMAXの速度制限は夜間(18時頃から翌2時頃まで)のみ。日中は制限がないので、夜間の通信速度が時々遅くなる程度なら問題ないと考える人が多いのかもしれませんね。

ただし、頻繁にひっかかっていると回答した人の69%は「WiMAXのコスパは悪い」と感じているようです。

なので、結論を言うと…

  • 頻繁に3日10GB制限がかかる人→WiMAXは向いていない
  • 時々かかる、または全くかからない人→WiMAXは向いている

ということになります。

では次に、具体的にどんな使い方をする人が3日で10GBを超えやすいのかの特徴をお伝えします。

WiMAX以外の選択肢

WiMAXが向いていない人には、ネットを外でも使うかどうかで2つの選択肢があります。

外でも使いたい:無制限WiFi
参考:ポケットWiFiを全33機種比較した結果…2020年4月おすすめはこれだ!

家だけで使いたい:光回線
参考:騙されるな!光回線37社をプロが比較して、2020年4月のおすすめを解説

3.3日10GB制限に頻繁にひっかかる4つの使い方

速度制限がかかりやすい人は以下の4つ使い方をします。

  • 動画を1日3時間以上見る
  • PCやテレビの大画面で動画サービスを楽しむ
  • 仕事で大きなファイルのやりとりをする
  • 家も外も1つのポケットWiFiだけで済ませる

特に動画が関係していますが、他の要素も速度制限に関係してくるようです。

1つずつ見ていきましょう。

使い方1.動画を1日3時間以上見る

動画視聴時間と速度制限の関係

上の棒グラフは、動画サービスを1日にどのくらい見るのかと、速度制限がかかる頻度の関係をまとめたものです。

動画を見る時間が長くなればなるほど、頻繁に速度制限がかかる可能性が高くなっていますね。

制限が『頻繁にかかっている』と回答した人のデータだけ調べると、その約60%は毎日3時間以上動画を見ていました。

なので、『動画を1日3時間以上見る』というのが、頻繁に速度制限がかかるかどうかの判断基準になりそうです。

スマホだと1日3時間以内は大丈夫

動画を見ると、どのくらいデータが消費されているのかを測ってみました。

YouTubeのデータ量を自力で測定したところ、画質の違いによるデータ量は以下のとおりでした。※データ量は動画によって前後します。

画質1時間あたり10GBでどれだけ見られるか
スマホ(480pか720p)1017.6MB9.8時間
PC(1080p)1773.6MB5.6時間
大画面TV(2440p)8832MB1.1時間

スマホで見る画質(480pや720p)の場合、10GBで9.8時間見られる計算になります。

だとすると、1日3時間以内なら制限にかかることはなさそうです。逆に、3時間以上になると、下の囲みで説明している他サービスのデータ量と合わせて3日10GBを超える可能性が高くなります。

動画以外でもデータが消費されている

普段良く使いそうなサービスのデータ消費量をまとめました(各5分間使った場合)。※LINE以外は自分で測定しています。

InstagramやSmartNewsは、画像や動画が多いので、思った以上にデータを消費していますね。

サービス名5分のデータ量
Instagram約120MB
Twitter約15MB
SmartNews
(アプリ)
約46MB
LINE通話(音声)約1.5MB
LINE通話(ビデオ)約26MB

※LINEのデータ利用量に関する参考サイト
https://mobile.line.me/guide/article/30013500.html

使い方2.PCやテレビの大画面で動画サービスを楽しむ

画質の違い

大画面で動画を見る場合、画質の設定はスマホの場合より高くなり、データ量が3日10GBを大幅に超える可能性があります。

上の画像は、27インチのディスプレイでYouTubeを再生し、スクリーンショットを撮って作りました。スマホではあまり気にならない標準画質(480p)でも、大画面で見るとぼやけた印象です。

画質の良い動画をPCやテレビで見るなら最低でもHD画質(1080p)が必要で、そうなるとデータ量が多くなります。

先ほどの表をもう一度見てみましょう。

画質1時間あたり10GBでどれだけ見られるか
スマホ(480pか720p)1017.6MB9.8時間
PC(1080p)1773.6MB5.6時間
大画面TV(2440p)8832MB1.1時間

1080pの画質だと、10GBで5.6時間。2440pだと1.1時間しか見ることが出来ません

なので、PCやテレビの大画面で動画サービスを楽しみたい場合、3日10GB制限が頻繁にかかってしまう可能性が高いです。

使い方3.仕事で大きなファイルのやりとりをする

仕事で使う場合の制限のかかり具合

上の棒グラフの通り、仕事でネットを使う人は、使わない人と比べて制限が頻繁にかかっている割合が高いです。

ただし、仕事で文書を作成したり、チャットワークやSlackでやり取りする程度ならデータ量はそこまで気にする必要はありません。

問題は、DropboxやGoogle Driveなどのクラウドストレージを使ったファイル共有や、ZOOMやスカイプでのWEBミーティングです。

ちなみに、私が先日会社からDropboxで共有された画像フォルダのサイズを見てみると、2.97GBでした…。

Dropboxのフォルダ

職種にもよりますが、画像や動画ファイルをクラウドストレージで共有することが多かったり、ウェブミーティングを定期的に行ったりする場合、3日10GBでは足らない可能性が高くなります。

使い方4.家も外も1つのポケットWiFiで済ませる

wimaxだけと、他のネット回線を契約している場合

WiMAXだけを契約している人は、光回線など他のネット回線を併用している人に比べて、3日10GBの制限が頻繁にかかってしまう可能性が高くなります。

もし光回線を契約していれば、家でデータ量の多い動画のダウンロードやファイル共有を済ませておくことが出来ます。数GBもあるiPadやスマホのOSアップデートも家で行なえます。

しかし、家でも外でもWiMAX1台だけだと、動画、SNS、アプリやOSのアップデートなど、すべてをWiMAXだけで行わなければなりません

WiMAXだけでネット環境を済ませようと考えているなら、速度制限にかかる可能性が高くなるので注意してください。

4.口コミで分かった制限時の体感速度

ここからは、速度制限にかかったときの速度について、アンケートに回答してくださった方の口コミを紹介していきます。

  • 動画の視聴
  • SNSの利用
  • ウェブサイトの閲覧
  • ゲームやアプリ

と分けて紹介するので、参考にしてください。

ここでは口コミの一部しか紹介していませんが、他の口コミを見たい方は、こちらのスプレッドシートを参考にしてください。※他サイトでの使用は固くお断りします。

動画の視聴

高画質での動画再生はできませんが、画質を落とせばなんとか見られるという口コミが多かったです。

720p以下にすれば動画が見られる|30代男性

高画質(1080p)の動画を再生すると、時々再生が止まる(10分の動画で2~3回くらい)。シークした際に読み込み時間が長い時がある(20秒くらい)。720p以下に画質を落とせば問題なく再生できる。ウエブサイト閲覧やSNSは通常時とほぼ変わらない。

読み込みに多少時間がかかる|30代女性

高画質の動画は重くて繋がりづらかったので、見れる状態になるまで待てませんでした。画質を落とせば再生できましたが、多少時間がかかりました。

エラーが出る頻度が増える|30代女性

高画質の動画は重くて繋がりづらかったので、見れる状態になるまで待てませんでした。画質を落とせば再生できましたが、多少時間がかかりました。 動画も再生すること自体はできますが、読み込みエラーが出る頻度が高くなり、ひたすらリロードを繰り返すうちにアクセスできるようになります。かかる時間が増えるだけなので、コンテンツが利用できなくなる、ということはないです。

SNSの利用

SNSでもツイッターやLINEは問題ないという人が多く見られました。

ただし、インスタグラムは画像や動画が多いためか、表示されないこともあるようです。

ツイッターやLINEはOK|20代女性

動画を何回も再生するのは難しく、インスタグラムも読み込みが遅く感じる。 ツイッターやLINEは問題なく感じる。

SNSなら問題ない|30代女性

高画質での動画は見れません。常に低画質にしています。ウェブサイトも大手通販サイト等画像の多いサイトは読み込みに時間がかかります。 音楽ゲームも、新しいコンテンツをダウンロードする際は1、2分かかります。 TwitterやInstagramはまだ読み込み量が少ないのか、時間をかければ見られるので、夜は動画などは見ずに主にSNSを見ています。

インスタのストーリーは見れない場合がある|20代女性

高画質だとかなり遅くなりますが画質をある程度落とせばそこまで苦にならない程度には動画を見ることが出来ます。インスタのストーリーなどはあまりスムーズには見れないことが多いです。

ウェブサイトの閲覧

一般的なウェブサイトは問題ありませんが、オンラインショッピングのように画像が多いサイトは読み込みに時間がかかるようです。

画像が多いと重い|20代女性

高画質の動画は見始めはロードに時間がかかりますが、観ている間に少しずつ画質は戻っていきます。ウェブサイトの閲覧はやはりロードが少し遅いです。特に画像が多いサイトなどは遅いです。

文章の表示は問題ない|30代男性

ウェブサイト観覧、動画視聴共に読みこみが遅くなり、なかなか見れない状況になります。Googleで簡易的な調べものをするさいも、文面の表示はわりと問題なく表示されるが画像の読みこみが遅くなります。

アメブロは遅い|40代男性

ウェブ閲覧やInstagramなんかは問題ないのですが、容量が多くなりがちなアメーバブログなんかの閲覧は読み込みが遅くストレスになることが多いです。

ゲームやアプリ

スマホでのゲームは通信量が抑えられているので遊べることが多いようです。

ただし、PS4や動きの多いゲームだとできないことがあるようです。また、ソフトのダウンロードやアップロードにはかなり時間がかかる可能性があります。

たまにラグがある程度|30代女性

画質を落とせば再生できます。 また、MMORPGもたまにラグがある程度で普通にプレイできます。 出来ない事はps4のシェアプレイ・psnowです。

ほぼ何もできなかった|30代男性

オンラインゲームをしたときはほとんど何もできないので諦めました。ネットサーフィンは我慢できる範囲内です。

アプリの起動が遅い|女性

一度かかったら、アプリもなかなか起動せず、Webサイトを普通に閲覧するのも重くてイライラしたので、制限がかからないように気をつけている

まとめ

wx06

WiMAXには3日10GBという速度制限がありますが、制限は夜間のみ。しかも約1Mbpsの速度はでるので、制限時でもある程度ネットを使うことが出来ます。

なので、時々制限にかかる程度なら、月額3,000円台で使えるWiMAXのコスパは良いです。

とはいえ、以下に当てはまる人は頻繁に速度制限がかかってしまう可能性があるので注意してください。

  • 動画を1日3時間以上見る
  • PCやテレビの大画面で動画サービスを楽しむ
  • 仕事で大きなファイルのやりとりをする
  • 家も外も1つのポケットWiFiで済ませたい

これらに当てはまらず、WiMAXをお得に契約したいならGMOとくとくBBがおすすめです。

詳細はこちら
WiMAX契約におすすめプロバイダ4選【2020年4月版】

また、速度制限を気にせずネットを使いたい場合、外でも使うなら無制限WiFi、家だけで良いなら光回線を検討してみてください。

無制限WiFiの比較はこちら
ポケットWiFiを全33機種比較した結果…2020年4月おすすめはこれだ!

光回線の比較はこちら
騙されるな!光回線37社をプロが比較して、2020年4月のおすすめを解説

ぜひ、あなたにぴったりのネット回線を選んでくださいね。

補足|制限についてよくある3つの質問

よくある3つの質問と回答をお伝えします。

制限が解除されないんだけど

3日間の合計データ量が10GBを下回っていない可能性があります。

また、ずっとネットに接続し続けている場合、一度電源を入れ直すことで戻る可能性があります。

速度制限のないポケットWiFiはないの?

無制限WiFiというジャンルのポケットWiFiがあります。

くわしくは、ポケットWiFiを全33機種比較した結果…2020年4月おすすめはこれだ!をご覧ください。

10GB以上使えたんだけど

速度制限は、合計データ量が10GBを超えた『翌日夜間』に始まります。

1日に10GB以上使うことができますが、その後3日間は合計データ量が10GBを下回りません。その間ずっと夜間は制限がかかるので注意してください。

5つの質問で、ぴったりのインターネット回線がわかる!

こういったことで困っていませんか?

スマホの速度制限によくひっかかる
引っ越しでネット回線を引きたい
ネット回線を1番安く契約したい
通信費をもっと安くしたい

これらの悩みは、以下の診断で解決できます!!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

つなが〜るネット – インターネットがもっとお得に快適になる情報サイト