ONEでんきの評判や口コミは?料金やメリットデメリットなど全知識

ONEでんき

「ONEでんきがいいって聞くけれど、本当にウチも安くなるの?」

「他の電力会社が契約できなくなったので、おすすめの電力会社を探しているんだけど・・・」

電力会社はたくさんあって、何を基準にどのように選べばいいかわからないですよね。

そこでこの記事では、元新電力販売員の私がONEでんきの申し込み前に知っておきたい全知識をお伝えします。

従来の電力会社(東京電力や関西電力など)と契約している人がONEでんきに切り替えると、年間20,000円以上も得することがあります。

もちろん、メリットだけでなくデメリットもくわしく解説します。ぜひ最後まで読んでくださいね。

先に結論からいうと、ONEでんきは以下のいずれかに当てはまる人におすすめです。

  • 従来の電力会社(東京電力や関西電力)と契約していて、電気代を安くしたい
  • 基本料金が0円でお得な電力会社がいい
  • エルピオでんきから他社に乗り換える必要があり、おすすめの電力会社を探している

1.ONEでんきとは?

ONEでんき

ONEでんきは、株式会社グランデータが提供している新電力サービスです。基本料金が0円のシンプルな料金を提供しています。

基本情報をサクッと確認しましょう。

ONEでんきの基本情報
提供エリア(電力会社)全国(沖縄・一部離島を除く)
月額料金エリアによって異なる(くわしくは料金プランをご参照)
初期費用0円
支払い方法クレジットカード・口座振替
開通までにかかる日数申し込みから約2週間〜1ヶ月半後
解約手数料0円
メリット・従来の電力会社より電気料金が安くなる
・基本料金が0円でお得
・申し込みから切り替えまでがカンタン
デメリット・電気使用量の少ない人はあまり安くならない
・ガスやオール電化のプランがない
申込み窓口・公式サイト:https://onedenki.jp

ONEでんきは従来の電力会社(東京電力や関西電力など)と契約していて、電気代を安くしたい人におすすめのサービスです!

2.ONEでんきの料金プラン

ONEでんき

ONEでんきは、フリープランのみのシンプルな料金設定です。

フリープランのくわしい料金を見てみましょう。

ONEでんき|フリープラン

従来の電力会社とONEでんきの、エリア別の料金を比較しましょう。

電気代の計算をざっくり説明すると、「基本料金+電気量料金(従量料金)」で決まります。

※基本料金はA(アンペア)制がある地域と、そうでない地域があります。
A(アンペア)制の設定がある電力会社:北海道電力・東北電力・東京電力・中部電力・北陸電力・九州電力
A(アンペア)制の設定がない電力会社:関西電力・中国電力・四国電力・沖縄電力

↓タブをクリックすると開きます

北海道電力東北電力東京電力中部電力北陸電力関西電力中国電力四国電力九州電力
基本料金北海道電力ONEでんき
10A341.00円0円
15A511.00円
20A682.00円
30A1,023.00円
40A1,364.00円
50A1,750.00円
60A2,046.00円
電気量料金(従量料金)北海道電力ONEでんき
〜120kWh23,97円29.5円
120kWh〜300kWh30.26円
300kWh〜33.98円
基本料金東北電力ONEでんき
10A330.00円0円
15A495.00円
20A660.00円
30A990.00円
40A1,320.00円
50A1,650.00円
60A1,980.00円
電気量料金(従量料金)東北電力ONEでんき
〜120kWh18.58円26.4円
120kWh〜300kWh25.33円
300kWh〜29.28円
基本料金東京電力ONEでんき
10A286.00円0円
15A429.00円
20A572.00円
30A858.00円
40A1,144.00円
50A1,430.00円
60A1,716.00円
電気量料金(従量料金)東京電力ONEでんき
〜120kWh19.88円26.4円
120kWh〜300kWh26.48円
300kWh〜30.57円
基本料金中部電力ONEでんき
10A286.00円0円
15A429.00円
20A572.00円
30A858.00円
40A1,144.00円
50A1,430.00円
60A1,716.00円
電気量料金(従量料金)中部電力ONEでんき
〜120kWh21.04円26.4円
120kWh〜300kWh25.51円
300kWh〜28.46円
基本料金北陸電力ONEでんき
10A242.00円0円
15A363.50円
20A484.00円
30A726.00円
40A968.00円
50A1,210.00円
60A1,452.00円
電気量料金(従量料金)北陸電力ONEでんき
〜120kWh17.84円21.3円
120kWh〜300kWh21.73円
300kWh〜23.44円
電力会社関西電力ONEでんき
基本料金341.01円0円
電気量料金(従量料金)関西電力ONEでんき
〜120kWh20.31円22.4円
120kWh〜300kWh25.71円
300kWh〜28.70円
電力会社中国電力ONEでんき
基本料金0円0円
電気量料金(従量料金)中国電力ONEでんき
〜120kWh20.76円24.4円
120kWh〜300kWh27.44円
300kWh〜29.56円
電力会社四国電力ONEでんき
基本料金0円0円
電気量料金(従量料金)四国電力ONEでんき
〜120kWh20.37円24.4円
120kWh〜300kWh26.99円
300kWh〜30.50円
基本料金九州電力ONEでんき
10A297.00円0円
15A445.50円
20A594.00円
30A891.00円
40A1,188.00円
50A1,485.00円
60A1,782.00円
電気量料金(従量料金)九州電力ONEでんき
〜120kWh17.46円23.4円
120kWh〜300kWh23.06円
300kWh〜24.96円

※ONEでんき|フリープランより

ONEでんきは基本料金が0円なのが大きな特徴です。従量料金も一律で、シンプルなプランといえます。

3.ONEでんきのメリット3つ

ONEでんきのメリットは3つあります。

  1. 従来の電力会社より電気料金が安くなる
  2. 基本料金が0円でお得
  3. 申し込みから切り替えまでがカンタン

順番に確認しましょう。

メリット1.従来の電力会社より電気料金が安くなる

ONEでんき

料金プランで見たとおり、従来の電力会社からONEでんきに切り替えると、月々の料金が安くなります。

安くなる理由は、火力発電所や原子力発電所のような大規模な施設を持たないため、固定費が少なくてすむからです。

 実際にシミュレーションをしてみた!

実際に従来の電力会社から年間どのくらい安くなるのか、主要電力会社と世帯別のシミュレーションをしました。

←スクロールできます →

     従来の電力会社からONEでんき※に変更した場合
年間節約金額と
節約率
1人暮らし
20A 年間2,606kWh
2人暮らし
30A 年間4,400kWh
3人暮らし
40A 年間5,080kWh
4人暮らし
50A 年間5,490kWh
北海道電力+12,957円
+20%
△10,552円
△7.5%
△19,845円
△11.7%
△25,244円
△13.5%
東北電力+5,740円
+8.1%
+ 7,883円
+6.5%
+ 3.126円
+2.1%
△18,021円
△11.0%
東京電力△250円
△0.004%
△3,177円
△2.6%
△9,254円
△6.4%
△14,285円
△9.0%
中部電力+1,171円
+1.7%
+2,176円
+1.9%
△1,844円
△1.4%
△5,702円
△3.8%
北陸電力△4,363円
△7.3%
△6,613円
△6.6%
△10,733円
△9.0%
△14,513円
△11.0%
関西電力△1,415円
△2.4%
△12,088円
△11.0%
△16,372円
△12.6%
△18,955円
△13.4%
中国電力+1,060円
+1.7%
△7,384円
△6.4%
△10,844円
△8.0%
△12,960円
△8.8%
四国電力△5,090円
△7.4%
△19,683円
△15.5%
△25,299円
△17.0%
△28,317円
△17.5%
九州電力△6,860円
△10.0%
△11,894円
△10.3%
△18,046円
△13.2%
△23,475円
△15.5%

※ONEでんき|フリープランより独自に算出

地域や世帯数によってばらつきがあるのは確かです。しかし、東京電力を利用している4人暮らしの場合、ONEでんきに変えると年間で約14,000円も安くなりました!

電力の使用量が多ければ多いほど、節約額が大きいといえるでしょう。

メリット2.基本料金が0円でお得

ONEでんき

多くの電力会社が基本料金を設定する中、なんとONEでんきは基本料金が0円です。

どのA(アンペア)で契約しても基本料金が0円ということ。つまり、家族が多ければ多い(アンペアの契約が大きい)ほどお得になります。

長期の出張や旅行で家を長く空ける人にもおすすめ!

基本料金が0円だと、あまり電気を使わない月があっても損をしません。

ONEでんきは1ヶ月以上に渡る長期の出張や旅行、別荘の利用などにもおすすめです。固定費を確実に削減できるのは、うれしいポイントですね。

メリット3.申し込みがカンタン

ONEでんき

ONEでんきの申し込みは5分ほどでカンタンに済みます。

公式サイトの一番下にお申し込みフォームがあり、必要情報を入れて契約書にチェックを入れるだけで完了です。これまでと同じ送電設備を使うため、面倒な工事などは一切不要です。

申し込みから切り替えまでがカンタンなことは、うれしいメリットですね。

ONEでんきに変えても、品質は大手電力会社と変わらない

ONEでんきに切り替えても、停電が増えたり、電力供給が不安定になったりすることはありません

理由は、万が一ONEでんきの供給がストップした場合でも、地域の一般送配電事業者のバックアップが整っているからです。

今まどおりの品質で電気を利用できるのは安心ですね。

4.ONEでんきのデメリット2つ

ここまで聞くと、ONEでんきはメリットが多く、すぐにでも使ってみたくなりますよね。

しかし、ONEでんきにも気になるデメリットが見つかりました。

  1. 電気使用量の少ない人はあまり安くならない
  2. ガスやオール電化のプランがない

順番に確認しましょう。

デメリット1.電気使用量の少ない人はあまり安くならない

ONEでんきは、電気使用量の少ない人はあまり安くなりません。

もう一度、エリア別の年間節約額を見てみましょう。

←スクロールできます →

     従来の電力会社からONEでんき※に変更した場合
年間節約金額と
節約率
1人暮らし
20A 年間2,606kWh
2人暮らし
30A 年間4,400kWh
3人暮らし
40A 年間5,080kWh
4人暮らし
50A 年間5,490kWh
北海道電力+12,957円
+20%
△10,552円
△7.5%
△19,845円
△11.7%
△25,244円
△13.5%
東北電力+5,740円
+8.1%
+ 7,883円
+6.5%
+ 3.126円
+2.1%
△18,021円
△11.0%
東京電力△250円
△0.004%
△3,177円
△2.6%
△9,254円
△6.4%
△14,285円
△9.0%
中部電力+1,171円
+1.7%
+2,176円
+1.9%
△1,844円
△1.4%
△5,702円
△3.8%
北陸電力△4,363円
△7.3%
△6,613円
△6.6%
△10,733円
△9.0%
△14,513円
△11.0%
関西電力△1,415円
△2.4%
△12,088円
△11.0%
△16,372円
△12.6%
△18,955円
△13.4%
中国電力+1,060円
+1.7%
△7,384円
△6.4%
△10,844円
△8.0%
△12,960円
△8.8%
四国電力△5,090円
△7.4%
△19,683円
△15.5%
△25,299円
△17.0%
△28,317円
△17.5%
九州電力△6,860円
△10.0%
△11,894円
△10.3%
△18,046円
△13.2%
△23,475円
△15.5%

※ONEでんき|フリープランより独自に算出

このように、エリアや世帯数によりますが、従来の電力会社より割高になってしまう場合があります・・・。

ONEでんき以外のおすすめの電力会社

ほかにおすすめの電力会社を紹介します。電気はスマホとセットで契約するとお得です。

← スクロールできます →

使っているスマホ選ぶ電力会社
電力会社(プラン)
公式サイト提供エリア(電力会社)料金メリット
ドコモ
ahamo
ドコモでんきドコモでんき
ドコモでんきGreen
https://
nttdocomo.co.jp/denki
全国従来の電力会社と同じ
(ドコモでんき Greenは基本料金が+500円/月)
・dポイントがたまる(最大10%)
au・povo
UQモバイル
auでんき ロゴauでんき
でんきMプラン
https://
au.com/electricity
全国従来の電力会社と同じ・auスマホ利用者はPontaポイントが最大5%還元
・UQモバイルユーザーは「自宅セット割」が適用
 UQモバイルが638円〜858円/月安くなる
ソフトバンクおうちでんきソフトバンクでんき
おうちでんき
https://
softbank-denki
全国
(北海道、東北、を除く)
従来の電力会社から1%OFF
(※関西電力エリアを除く)
・ソフトバンク、ワイモバイル利用者は
 スマホ1台あたり110円/月割引(3年目以降は55円/月割引)

デメリット2. ガスとのセット割やオール電化のプランがない

ドコモでんき

ONEでんきは、ガスとのセット割やオール電化のプランがありません

これらを検討している人は、Looopでんきなど、セット割が充実している電力会社を検討しましょう。

5.ONEでんきの評判・口コミまとめ

評判

ONEでんきには、どのような評判や口コミが寄せられているのでしょうか?

調査した結果、エネチェンジのキャッシュバックに関する評判がいくつか見つかりました。しかし、まだ評判はあまり集まっていないので、集まり次第追記していきます。

評判の集め方

調査媒体:Twitter

調査対象:過去1年間のすべての評判をチェック

キャッシュバックに関する評判・口コミ

2022年4月、ONEでんきはエネチェンジから申し込むと最大8,000円のキャッシュバックがもらえました(現在は終了しています)

 
ただし、キャッシュバックの受け取りは契約から10ヶ月後に受け取り申請をする必要があります。もらえるまでに時間と労力はかかりますが、少しでもお得に契約したい人はエネチェンジから申し込みましょう。
 

エネチェンジについて詳しく知りたい人は、エネチェンジは怪しい?デメリットや評判などの全知識をご確認ください。

6.結論!ONEでんきはこんな人におすすめ

まとめると、ONEでんきは次の人におすすめです。

  • 従来の電力会社(東京電力や関西電力)と契約していて、電気代を安くしたい
  • 基本料金が0円でお得な電力会社がいい
  • エルピオでんきから他社に乗り換える必要があり、おすすめの電力会社を探している

デメリットはあるものの、メリットが多いONEでんきはおすすめできる電力会社です。

7.ONEでんきに関するよくある質問

質問1.ONEでんきを解約するにはどうすればいいの?

ONEでんきを解約したい場合は、以下の2パターンが考えられます。

同じ住所で別の電力会社に切り替える場合

同じ住所で、ONEでんきから他の電力会社へ切り替える場合は、切り替え先の電力会社がONEでんきの解約手続きを行います。そのため、解約手続きは不要です。

引越しの場合

このままONEでんきを使うなら

ONEでんきに連絡をし、住所変更の手続きをしましょう。

ONEでんき以外の電力会社を使うなら
  1. 引越先の電力会社を選び、契約をする
  2. ONEでんきの解約手続きをする

引越しによりONEでんきの住所変更、および解約する場合は、ONEでんきへご自身で手続きを行う必要があります。

余裕を持ってONEでんきに連絡をしましょう。

ONEでんき カスタマーセンター

電話番号:0570-070-336 (営業時間 10時〜18時)

質問2.ONEでんきは1人暮らしでも安くなるの?

現在お住いの地域や、電気使用量によって変わります。

どのくらい安くなるのか、「実際にシミュレーションをしてみた!」をご確認ください。

質問3.ONEでんきはオール電化のプランはあるの?

いいえ。ONEでんきはオール電化のプランはございません。

質問4.ONEでんきはキャンペーンを実施しているの?

いいえ。ONEでんきは現在、キャンペーンを実施していません。

まとめ

ONEでんきのメリットとデメリットをまとめました。

ONEでんき

ONEでんきを契約して、お得な新電力ライフを過ごしてくださいね。
 

5つの質問で、ぴったりのインターネット回線がわかる!

こういったことで困っていませんか?

スマホの速度制限によくひっかかる
引っ越しでネット回線を引きたい
ネット回線を1番安く契約したい
通信費をもっと安くしたい

これらの悩みは、以下の診断で解決できます!!

SNSでもご購読できます。

ツナガル – 最適な生活インフラが見つかる情報サイト
error: Content is protected !!