フレッツ光の料金は高い?かかる費用やデメリットをまとめてみた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
フレッツ光 料金

フレッツ光の料金っていくらなんだろう?

フレッツ光の公式サイトはややこしく、「どれを選んだらいいか」「トータルでいくらかかるのか?」がとってもわかりにくいです…。

そこで今回は、フレッツ光の料金プランを徹底解説!使うと実際にいくらかかるのか、公式サイトよりもパッとわかりやすく解説します。

他社との料金比較もしますので、もしフレッツ光が高いなと感じる人には、おすすめのお得な光回線も紹介しています!

1.フレッツ光の料金はどれくらい?

まず、結論からお伝えすると、フレッツ光を利用してかかる料金はざっくり分けて月額料金初期費用の2つです。

エリアによって料金が違うので、東日本・西日本の順にまとめました。(表記はすべて税抜き)

フレッツ光東日本でかかる料金(戸建て・マンション)

フレッツ光東日本で、もっとも契約者の多いフレッツ光ネクスト(最大速度1Gbps)を、2年契約の「にねん割」「ギガ・スマート割引」で使ったときの料金は下記になります。

内訳戸建てマンション
フレッツ光の料金4,700円3,450円
プロバイダ料金1,000円900円
月額合計5,700円4,350円

プロバイダは平均的な料金のSo-netで算出

東日本でフレッツ光を使う場合の月額料金は、戸建てで5,700円マンションで4,350円です。

このほかに、使い始めるときに初期費用(契約料+工事費)がかかります。初期費用は戸建ての人は18,800円、マンションは15,800円。一括払いか、30回の分割かを選べます。

インターネットをするだけなら、これ以上の費用はかかりません。

2年契約をしない場合、いずれも月額が300〜1,000円ほど高くなります。また、上記のほかに光電話などの有料オプション代が別途かかります。違約金やオプション代の一覧は、補足でまとめています。

フレッツ光西日本でかかる料金(戸建て・マンション)

フレッツ光西日本で、もっとも契約者の多いフレッツ光ネクスト(最大速度1Gbps)を、2年契約の「光はじめ割」で使ったときの月額料金は下記になります。

内訳戸建てマンション
フレッツ光の料金4,300円3,250円
プロバイダ料金1,000円800円
月額合計5,300円4,050円

※プロバイダは平均的な料金のBIGLOBEで算出

西日本でフレッツ光を使う場合の月額料金は、戸建てで5,300円マンションで4,050円です。

このほかに、使い始めるときに初期費用(契約料+工事費)がかかります。初期費用は、戸建ての人は18,800円、マンションは15,800円一括払いか、30回の分割かを選べます。

インターネットをするだけなら、これ以上の費用はかかりません。

2年契約をしない場合、いずれも月額が500〜1,000円ほど高くなります。また、上記の他に光電話などの有料オプション代が別途かかります。違約金やオプション代の一覧は、補足でまとめています。

ちなみに、フレッツ光ネクスト以外のプランは使っても損!

フレッツ光料金比較

フレッツ光のプランは、最大速度1Gbpsの「フレッツ光ネクスト」のほかに、最大速度10Gbpsの「フレッツ光クロス」、従量制の「フレッツ光ライト」があります。ですが、どちらも速度のわりに料金が高いため、お得とはいえません。

くわしくは、補足のフレッツ光の料金プラン一覧を参照してください。

2.フレッツ光は本当にお得なの?大手3社と料金を比較

上記で紹介したように、フレッツ光は戸建やマンション、住むエリアによって料金がかわります。

ですが、「この料金って、他社とくらべてお得なの?」と気になりますよね。結論をいうと、ハッキリ言って、フレッツ光の料金は他社よりも高いです

どれくらい高いのか、月額料金・初期費用をほかの大手の光回線3社(ドコモ光、auひかり、ソフトバンク光)と比較してみましょう。

比較1.月額料金は他社よりも500円高い

まずフレッツ光の月額料金は、戸建てで5,700円マンションで4,350円です

光回線
戸建て5,700円5,200円5,200円5,100円
マンション4,350円4,000円3,800円4,100円

※フレッツ光はギガスマート割引・2ねん割適用、プロバイダ料So-net1,000円を含む

この料金は、2年契約の割引をうけたあと。このように受けられる割引をフルに使ったとしても、フレッツ光は他社より平均で500円ほども高くなってしまいます

どうして高いのかというと、フレッツ光は回線料金とプロバイダ料金が別々にかかるから。

じつはフレッツ光の料金は、公式サイトでは4,700円と一見安くみえます。ですがプロバイダ料金をあわせると合計は5,700円となり、1ヶ月あたり500円も高くなってしまいます

2年間使うと12,000円の差になるので、チリも積もればけっこう大きな差になりますよね…。

じゃあ、もっと月額料金の安いプロバイダを選べばいいんじゃない?と思われるかもしれませんが、次の理由からおすすめできません。

月額が安いだけのプロバイダはおすすめしない

フレッツ光プロバイダ

フレッツ光には、月額料金500円のBBエキサイトというプロバイダもあります。

ですがBBエキサイトには新規契約による割引がないため、かえって高くついてしまいお得ではありません。たとえばASAHIネットや@niftyなどは、最初の1年はなんと無料で使えます。

さらに、OpenBit.Netという利用料0円のプロバイダも一時期ありましたが、2020年8月末でサービス終了となります。いくら安くても、知名度が低いサービスはこのように突然終了の可能性もあるため、避けたほうが無難です。

プロバイダ10社のくわしい料金は、補足のプロバイダ料金一覧表で紹介しています。

比較2.初期費用は安いが、キャンペーンがないので結局高い

つぎに、契約料や工事費などの初期費用を比較していきましょう。

光回線
契約料800円3,000円3,000円3,000円
戸建て工事費18,000円18,000円24,000円37,500円
マンション工事費15,000円15,000円24,000円30,000円

フレッツ光の契約料は800円と、他社平均よりも安いです。そして工事費も、戸建てで18,000円、マンションで15,000円と、光回線の中では安めです。

ですがじつは、フレッツ光以外の光回線の工事費は、キャンペーンで実質無料になるんです

フレッツ光にはそのような工事費無料のキャンペーンはないので、最終的に払う初期費用は下記のようになります。

光回線
トータル初期費用18,800円3,000円3,000円3,000円

このように、他社に比べてなんと15,000円も損をしてしまいます。せっかく光回線を使うなら、できるだけ安く、お得に使えるほうがいいですよね…。

フレッツ光は、「他社に比べて月額料金も初期費用も高い」というのは本当なのです。

3.さらに損をしてしまう2つのデメリット

ここまでは、実際のフレッツ光の料金についてお話してきました。

ですが実は、フレッツ光は料金が高いこと以外にも、さらに損をしてしまう2つのデメリットがあるんです

  • お得なキャッシュバックがない
  • スマホ割がない

こちらも、大手3社と比較しながら見ていきましょう。

デメリット1.お得なキャッシュバックがない

フレッツ光は、契約でもらえるキャッシュバックがありません。

2020年現在、光回線は契約するだけで1〜5万円ほどのキャッシュバックがもらえます。代表的なものを下記にまとめました。

光回線
キャッシュバックなし55,000円15,000円35,000円45,000円

このように、他社であれば契約から2〜3ヶ月後にもらえるキャッシュバックが、フレッツ光ではありません。

一応、5,000円ほどもらえる代理店もありますが、正直あまりお得とは言えないですよね。

ちなみに2年間のトータルで考えてみると…

ちなみに、月額費用や初期費用、キャッシュバックまでを含めて、それぞれのネットを使うのにかかる費用を計算してみました。

多くの光回線は2年契約。なので2年分の月額料金と初期費用を足して、そこからキャッシュバックで戻ってきた金額を引くと、実際に払う金額がわかります。

その実質費用を、メジャーな光回線37社で比較したものが下の表です。

 すべての光回線の比較はこちら

このようにフレッツ光の料金は、2年間では15万円もかかります

もっとも安いNURO光と比べると、なんとその差は2倍以上に!同じ光回線なのに、こんなにも違うとショックですよね…。

なので料金面で損をしたくない人は、フレッツ光ではなく、できるだけ実質費用の安い光回線を強くおすすめします。

デメリット2.スマホ・携帯とのセット割がない

さらにフレッツ光には、スマホや携帯とのセット割引がありません。

スマホ割とは、各キャリアが指定する光回線を契約すれば、月々のスマホ料金が割引になるサービスです。

ドコモ・au・ソフトバンク、それぞれのスマホ割が受けられる光回線をまとめました。

携帯キャリアスマホ割の受けられる光回線割引額/月
docomoドコモ光500〜1,000円
auひかり、eo光、コミュファ光、ビッグローブ光、So-net光プラス、@nifty光など500〜1,000円
NURO光、ソフトバンク光500〜1,000円

光回線は聞いたことのあるもの、ないものがあると思いますが、いずれもフレッツ光と同じ最大1Gbpsの高速通信ができる光回線です。

たとえばドコモユーザーがドコモ光を使うと、スマホ・携帯一台ごとに毎月のスマホ料金が500〜1,000円も安くなります

フレッツ光を使った場合と、他社でスマホ割を受けた場合の料金シミュレーション

それでは、スマホ割があると実際どれくらいお得になるのか、家族4人がドコモユーザーのAさんの場合を見てみましょう。

光回線
光回線の月額料金5,200円5,700円
スマホ4台の月額料金24,800円24,800円
セット割△4,000円
トータル費用26,000円30,500円

上記のように、ドコモ光を使ってスマホセット割を受けると、一人あたり1,000円×4人で毎月4,000円が割引になります。2年間使うと、なんと96,000円の節約に!

フレッツ光ではこの割引はないので、かなり大きいと思いませんか?

ちなみに同居していない家族も対象になるので、一家でスマホのキャリアをそろえているなら、絶対にスマホ割のある光回線を選んだほうがお得です。

各キャリアとも契約プランによっては、割引の対象外になる場合があります。目安として毎月のデータ利用料が1GB未満だと、この割引はないと思ってください。ただし、それでもスマホ割のある回線にしたほうが、料金自体も安いです。

4.フレッツ光より安くてお得なネット回線

フレッツ光は、お得なキャッシュバックやスマホ割もないため、正直ほかの光回線を使うほうが、年間2万円以上も安く使えます

とはいえ、光回線は全部で150社以上もあり、どれがいいか選ぶのはとっても大変…。なので、あなたに合った光回線が一目でわかるよう、表にまとめました。

2020年現在、ネットはスマホから選ぼう!

ネットは、先ほど紹介したスマホ割があって、フレッツ光よりも実質費用の安い光回線を選ぶともっともお得に使えます。

住んでいる地域によってもお得なものは変わるので、下記の表で、スマホ→住んでいる地域の順に選んでみてください。

携帯・スマホ住んでいる地域おすすめの光回線
ドコモ全国どこに住んでいても
au近畿
東海
四国
上記以外
ソフトバンク関東・近畿・東海・九州・北海道
上記以外

※ロゴをクリックすると、それぞれの料金や運営会社をまとめたページに移動します

これらの光回線はすべて、フレッツ光と同じ下り最大速度1Gbps。いずれもフレッツ光と同じ光ファイバーや、通信大手のKDDIの設備を使っているので安心して使えます。

月額料金も、フレッツ光より年間2万円以上も安く、さらにスマホ割で毎月500〜1,000円が割引になります!

せっかく光回線を契約するなら、お得に使える上記の7社から選ぶのがおすすめです。

ただし、ソフトバンクの人におすすめなNURO光は使えるエリアが狭く、上記の県内でも提供エリア外のこともあります。その場合は、同じようにスマホ割があるソフトバンク光を使いましょう。

申し込みはWebサイトからがお得で安心

これらのインターネット回線は、携帯ショップ・家電量販店・ウェブ上の申し込みサイトなど、さまざまなところから申し込めます。

ですが今の時代、混んでいるお店で対面で申し込むのもちょっと心配ですよね…。そこでおすすめなのは、下記のキャンペーンページからの申し込みです。

ドコモ光:https://docomohikari/gmo/
eo(イオ)光:https://campaign-eo.jp/
コミュファ光:https://cmufahikari.jp/
Pikara(ピカラ)光:https://pikarahikari.net/
auひかり:https://www.auhikari.net/
NURO(ニューロ)光: https://www.nuro.jp/hikari/
ソフトバンク光:https://softbankhikari.jp/

じつはインターネットは、Webサイトから申し込むのが一番お得です。なぜなら店舗よりもキャッシュバックが高く、しかも24時間好きなときに申し込めるから

また、Webから申し込んだ後には、かならず確認の電話がかかってくるので、料金や通信について質問があればその時にしっかり答えてもらえます。

上記のリンクをクリックすると、それぞれの申し込みページに移動できます。

まとめ

フレッツ光の料金についてお伝えしました。

フレッツ光は月額料金・初期費用ともに他社よりも高く、さらにキャッシュバックやスマホ割もないため年間2万円ほど損してしまいます。

なので光回線をお得に使いたい人は、使っているスマホから選ぶと、もっとも安く使えます。せっかくインターネットを使うなら、時代に合ったお得なネットを選びましょう!

補足

さいごに、フレッツ光をさまざまなプランで使う場合の料金を一覧表にまとめました。あわせて料金の確認方法も紹介します。

  • フレッツ光の3つの料金プラン
  • フレッツ光のプロバイダ料金一覧
  • フレッツ光のオプション料金一覧
  • フレッツ光の解約金
  • フレッツ光の料金確認方法
  • 料金についての問い合わせ先

フレッツ光の3つの料金プラン

2020年現在、フレッツ光のプランは下記の3つです。NTT東日本で、2年割などの割引をすべて使った場合の料金で記載しています。

プラン(最大速度)戸建て月額マンション月額
フレッツ光ライト(100Mbps)3,300〜6,300円3,000円〜5,300円
フレッツ光ネクスト(1Gbps)5,700円3,850円
フレッツ光クロス(10Gbps)6,600円利用不可

※プロバイダ料金は戸建1,000円・マンション800円を含む

フレッツ光ネクスト以外のプランは、速度のわりに料金が高いため、おすすめしません

最大速度の遅い順に、どんなプランかをかんたんに解説します。

いずれも、初期費用(戸建て18,800円、マンション15,800円)がかかります。

フレッツ光ライト

フレッツ光ライトは、使った分だけ料金を払うサービス。年配の方にすすめられることが多いプランですが、じつはかえって高くなってしまうため、おすすめできません。

というのも、戸建て・マンションともに、一般的な高画質(720p)で動画を見た場合、わずか1時間ほどで最大料金に達してしまうから。

ネットが普及しだした頃には魅力的なプランでしたが、いまから契約するなら、つぎのフレッツ光ネクストがおすすめです。

フレッツ光ネクスト

フレッツ光ネクストは、最大速度1Gbpsの光回線で、毎月どれだけ使っても定額のプランです。

記事内でもお伝えしてきたように月額料金が他社よりも500円以上高く、さらにスマホ割もないため、お得とは言えません

フレッツ光クロス【2020年4月開始】

フレッツ光クロスとは、2020年4月からスタートした、下り最大10Gbpsの高速プラン

月額料金は6,300円で、対応プロバイダの中でもっとも安いASAHIネット(780円/月)を使えば、合計7,000円ほどです。

ただし使えるエリアは限られている

ただし2020年7月現在、フレッツ光クロスが使えるエリアは東京都内と、大阪市、名古屋市に限られています。

今後に期待と言いたいところですが、動画やリモート会議をするくらいなら1Gbpsの光回線でも困ることはないので、いますぐ急いで契約する必要はないと思います。

フレッツ光のプロバイダ料金一覧

フレッツ光の公式サイトに載っているプロバイダ10社の料金をまとめました。

わかりやすく月額料金の安い順にならべていますが、一番右にある2年間のトータル料金にも注目してみてください。

トータル料金とは、2年間プロバイダを使った場合に実際に支払う費用で、「新規契約で◯ヶ月間、月額無料」などの特典をふくめたものです

プロバイダ月額料金2年間のトータル料金(※割引利用後)
BB.エキサイト500円12,000円
AsahiNet780円6,000円
WAKWAK950円11,500円
DTI951円10,925円
@nifty1,000円8,000円
So-net1,000円19,700円
BIGLOBE1,000円11,500円
ぷらら1,000円11,500円
OCN1,100円25,300円
hi-ho1,200円24,000円

※2年間の総額=月額×24ヶ月―プロバイダパックの割引、戸建て

このように、左の月額料金だけでみると、BBエキサイトが500円と、もっとも安いです。

ですが、右の「2年間のトータル料金」で比較すると、AsahiNetのほうが安くなんと半額で使えます。なぜなら、特典で最初の12ヶ月間はプロバイダ料金が無料になるから。

つまり、フレッツ光で最安のプロバイダは「AsahiNet」です。さらにくわしくは、「フレッツ光のプロバイダ19社をプロが比較!おすすめなのは3社だけ」の記事を参照してください。

上記は戸建てのプロバイダ料金です。マンションの場合は、月額で200円ほど安くなる場合もあります。

フレッツ光のオプション料金一覧

フレッツ光の代表的なオプションの料金を下記にまとめます。

オプション月額料金
フレッツ光電話基本プラン500円
フレッツ光電話エース1,500円
フレッツ・テレビ750円
ひかりTV1,500〜4,000円
リモートサポートサービス500円

上記の金額が、月額料金に加算されます。

電話やテレビは、このほかに工事費が別途かかります。

もし、オプションを申し込んでいないのに月額料金が高い!という場合、工事費の分割費用(初回3,000円、2〜30回目500円)が含まれていないかチェックしてみてください。とくに初回は工事の割増料金や、契約料800円などで料金が高くなりやすいです。

フレッツ光の解約金

フレッツ光の解約金は、利用している割引サービスの有無、エリアによって変わります

代表的なのは下記の2つです。

利用プラン利用期間戸建てマンション
NTT東日本・2ねん割24ヶ月9,500円1,500円
NTT西日本・光はじめ割24ヶ月10,000円7,000円

いずれも、更新月(契約満了月の翌月〜翌々月)に契約すれば、上記の料金はかかりません

このほかに、プロバイダによってはプロバイダの解約料もかかります。

つまりフレッツ光は、すべてにおいてNTT(フレッツ光)とプロバイダ、両方に連絡やお金を払う手間がかかると思ってください。

フレッツ光の料金確認方法は?

フレッツ光の料金確認は、基本的にWebサイト上で行います

エリア 確認できるサイト
NTT東日本@ビリング
NTT西日本Myビリング

上記のサイトから利用登録をすると、2〜3週間ほどでハガキが送られてきます。

そのハガキに書かれたユーザIDとパスワードでログインすると、料金の明細を見ることができます。

ちなみに料金の支払い方法は、基本的にクレジットカードまたは口座振替です。口座振替で「Myビリング」に登録をしていない人は、「口座振替のご案内」の郵送料として毎月100円(税抜)がかかります。さらにコンビニ支払いの場合、請求書発行料として150円がかかります。

料金についての問い合わせ先は?

フレッツ光の料金についての問い合わせは、公式サイトまたは電話でできます。

東日本・西日本で分かれているので注意してください。

NTT東日本のフレッツ光の料金についての問い合わせ

Webサイトでのお問い合わせNTT東日本公式ホームページ
電話での問い合わせNTTファイナンスからの請求の人0800-333-0111
NTT東日本からの請求の人0120-002-992

Webサイトでの問い合わせは、よくある質問のQ&Aを参照する形式です。

電話で問い合わせをする場合、請求元によって電話番号が違うため、請求書や通帳などに記載されている会社名をチェックしましょう。

NTT西日本のフレッツ光の料金についての問い合わせ

Webサイトでのお問い合わせNTT西日本公式ホームページ
電話での問い合わせNTTファイナンスからの請求の人0800-333-5550
NTT西日本からの請求の人0120-747488

Webサイトでの問い合わせは、よくある質問のQ&Aを参照したり、メールフォームから質問を送信できます。

電話で問い合わせをする場合、請求元によって電話番号が違うため、請求書や通帳などに記載されている会社名をチェックしましょう。

もし請求元がわからない人は、メールフォームを利用してください。

5つの質問で、ぴったりのインターネット回線がわかる!

こういったことで困っていませんか?

スマホの速度制限によくひっかかる
引っ越しでネット回線を引きたい
ネット回線を1番安く契約したい
通信費をもっと安くしたい

これらの悩みは、以下の診断で解決できます!!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

つなが〜るネット – インターネットがもっとお得に快適になる情報サイト