ワイモバイルって実際どうなの?気になる評判・口コミをまとめてみた【2019年版】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

ワイモバイルは、数ある格安SIMのなかでも人気の高いサービスです。

これから使おうかな…と考えている人も、実際に使っている人の声が気になるのではないでしょうか。

そこで今回は、ワイモバイルのネット上の評判・口コミ200件以上を徹底調査しました!

口コミからわかったデメリットやメリットを解説して、どんな人におすすめなのかお伝えしていきます。

1.ネット上の口コミ・評判を200件調べた結果まとめ

まず、Twitter上のワイモバイルに関する口コミを、200件以上調査してみました。

悪い口コミと良い口コミがいろいろ見つかったのですが、とくに多く見つかったのはのは次のような声です。

結論をいうと、ワイモバイルについての評判は良いものが多かったです。

悪い口コミももちろんありましたが、良い口コミの方がはるかに多いと感じました。

今回、ネット上の口コミや評判を調べてわかったのは、ワイモバイルは次のような人におすすめできるということです。

  • 格安SIMでも通信速度にこだわる人
  • 大手キャリアより安くスマホを使いたい人
  • ソフトバンクを使っている人

なぜそう言えるのか、実際に使っている人の口コミ・評判からわかった、デメリット・メリットをお伝えします。

2.口コミ・評判からわかった2つのデメリット

ネットの口コミを調べていてわかったデメリットは、次の2つです。

・格安SIMにしては価格が高い
・ワイモバイルで買える機種が少ない

それぞれについて、くわしく見ていきましょう。

デメリット1.格安SIMにしては価格が高い

ワイモバイルの料金については「格安SIMにしては値段が高い」という声が多かったです。

次の表で、他の格安SIMとの料金を比べてみました。

 ymobile
基本料金
(データ3GB)
2,680円1,980円1,690円1,510円

たしかに、他社の格安SIMに比べてみると、少し高いですね。

スマホはできるだけ安く使いたい!と思っている人にとっては、ワイモバイルの料金では満足できないかもしれません。

※後述しますが、ワイモバイルには割引サービスがたくさんあるので、実際にはこの料金よりも安く使うことができます。気になる方はこちら

デメリット2.ワイモバイルで買える機種が少ない

ワイモバイルは、「選べるスマホの数が少ない…」という口コミがちらほらありました。

実際に、ワイモバイルのオンラインストアを見てみると、iPhoneに関しては3年前のモデルしかありませんでした。

Androidなら、比較的新しいスマホもありますが、自分が使いたいものがあるとは限りません。

スマホは自分で用意するのがベスト

ワイモバイルを使うなら、スマホ本体は自分で使いたいものを用意するのがおすすめです。

とくに「最新のiPhoneを使いたい!」という人は、Apple Storeなどで購入してワイモバイルのSIMカードで使いましょう

ワイモバイルの公式サイトから、自分が使いたい機種が対応しているかどうかチェックしてみてください。

3.口コミ・評判からわかった3つのメリット

デメリットだけを見ていると、ワイモバイルを使うのをためらってしまいますよね。

ただ、それでもワイモバイルはやっぱりおすすめ!と言える理由が3つあるんです。

ここからは、口コミを見ていてわかったメリットについて見ていきましょう。

メリット1.大手キャリア並みの通信速度

ワイモバイルは「格安スマホの中では、通信速度がはやい!」という声が多くありました。

大手キャリアと同じくらいの速度でデータ通信ができて、ネットが快適に使えると評判です。

他の格安スマホから、ワイモバイルに変えて快適になったという口コミもよく見かけます。

中には「他の格安スマホに変えたら遅くなった」と、ワイモバイルから乗りかえたことを後悔する声も。

ワイモバイルの通信速度については、満足している人が多いようです。

メリット2.大手キャリアより料金が圧倒的に安い

「大手キャリアからワイモバイルに変えて、かなり安くなった!」という口コミがたくさんありました。

中には、月に1万円以上も安くなったという声も。

通信が速いのに、料金が安くなるワイモバイルは「キャリアと格安SIMのいいとこ取り」ともいえますね。

割引を活用して、料金をおさえられる

ワイモバイルは料金だけをみると高く感じてしまいますが、お得な割引がいくつもあるんです。

おうち割学割家族割などの割引サービスを活用することで、他の格安SIMと変わらない価格になります。

ワイモバイルの基本料金だけを見て「高いな…」と感じても、実際はもっと安く使うことができるんです。

ソフトバンクと比べると、5,000円以上も安くなった!

実は、私はつい最近までソフトバンクを使っていたのですが、今月からワイモバイルを使い始めました。(2019年12月)

そこで、以前までかかっていた料金と、ワイモバイルの料金を比較してみると…

なんと、ソフトバンクを使っていたころと比べて、5,000円以上も節約できていました!

料金をくわしく見ると、もともとの基本料金から1,000円以上も割引されていました。

ネットの通信速度もまったく気にならないので、ワイモバイルへ乗りかえて大正解だったと実感しました。

メリット3.全国にワイモバイルショップがある

ワイモバイルは「店舗があるから、わからないことがあっても聞ける!」といった口コミもありました。

店舗がたくさんあるということは、サポートを直接受けられるので、ユーザにとっては安心感がありますね。

公式サイトから、近くのワイモバイル ショップを探すことができます。

ワイモバイルの店舗は47都道府県すべてにあるので、ネットが苦手な人や、困った時にはとても助かりますね。

4.ワイモバイルはこんな人におすすめ!

ワイモバイルの口コミ・評判についてお伝えしてきました。

もう一度、デメリットとメリットをおさらいしてみましょう。

ワイモバイルは、格安SIMの中では料金がやや高く、購入できるスマホの種類が少ないというのがデメリットです。

ただ、ワイモバイルは大手キャリアより料金が安いのに、同じくらいの速度で通信ができるというメリットがあります!

これらをふまえると、ワイモバイルをおすすめできるのは次のような人たちです。

・キャリアの料金が高いと感じいている人
・格安SIMでも通信速度にこだわりたい人

キャリアの料金が高いと感じている人

毎月払うスマホ代は、できるだけ安くおさえたいですよね。

ワイモバイルの料金は、auやドコモ、ソフトバンクなどのキャリアに比べてかなり安くなります。

割引を活用すれば2,000円代から使うこともできるので、ワイモバイルへの乗りかえが通信コストを節約する近道です!

格安SIMでも通信速度にこだわりたい人

格安SIMは、料金が安くなる代わりに、大手キャリアと比べてデータ通信の速度が遅くなってしまいがちです。

ワイモバイルなら、キャリアに引けをとらないネットの速度のまま、月々の支払いをかなりおさえることができます!

スマホ代は安くしたい、でもネットは速い方がいいという、よくばりな人へもおすすめです。

5.ワイモバイルをオンラインで申し込む4つの手順

ここまでの評判や口コミをみて「ワイモバイルに変えてみようかな…」という人は、ぜひいちど使ってみてください。

ワイモバイルには、契約期間や解約金がないので、気軽に試してみることができます。

ショップからでも申し込みはできますが、混み合うことがなく、待ち時間のないオンラインでの申し込みがおすすめです。

手順1.申し込みに必要なものを用意する

オンラインからの申し込みでは、以下の2つがのものが必要です。

  • クレジットカード
  • 身分証明書

これらを用意してから、公式サイトで申し込みをしていきましょう。

手順2.オンラインストアで商品を選ぶ

ワイモバイルのオンラインストアを開いて、申し込みを進めていきます。

画面の左のメニューから、スマホ本体と合わせて購入か、SIMカードだけの購入かで当てはまる方を選びましょう。

手順3.契約方法・料金プランをえらぶ

商品を選んだら、料金プランなどを選択していきます。

データ量を参考に、自分にあったプランを選んでいきましょう。

※プランの変更はあとからできるので、迷っている場合は1番安いプランにしておくのが安全です。

手順4.必要な情報を入力していく

つぎに、名前や住所など、必要な情報を入力していきます。

その後も、サイトの案内に従って手続きを進めていき、申し込みを完了させます。

数日後に届くSIMカードをスマホに差せば、ワイモバイルが使えるようになります!

まとめ

今回は、ワイモバイルの評判や口コミについてお伝えしました。

ワイモバイルにはデメリットはあるものの、良い評判が多い格安SIMです。

  • 今使っている格安SIMが遅いと感じる人
  • 大手キャリアが高いと感じる人

これらに当てはまる人は、ぜひ一度ワイモバイルを使ってみてください!

5つの質問で、ぴったりのインターネット回線がわかる!

こういったことで困っていませんか?

スマホの速度制限によくひっかかる
引っ越しでネット回線を引きたい
ネット回線を1番安く契約したい
通信費をもっと安くしたい

これらの悩みは、以下の診断で解決できます!!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

つなが〜るネット