※この記事はPRを含みます

@niftyのWiMAXを契約前に知るべきたった1つの注意点

@niftyでWiMAXはどんな評判なのか気になりますか?

@niftyはインターネットプロバイダの老舗なので、安心のサービスが受けられると思われるかもしれません。

確かに、@niftyは日本でインターネットが普及し始めたころからプロバイダとしてサービスを提供しているので知名度は抜群です。

しかしWiMAXを最安値で利用できるプロバイダではないのです。

※@nifty WiMAXは、2020年3月12日をもって、新規申込受付を終了しています。既存のユーザーは引き続き利用は可能ですが、料金面や今後のサポート体制などと考えると、乗り換えの検討を強くおすすめします。

▼乗り換えにおすすめのプロバイダ▼

WiMAXおすすめ窓口キャンペーン概要

GMOとくとくBB
超高額キャッシュバック】
  • 他社から乗り換えなら最大55,000円キャッシュバック
  • 新規でも15,000円キャッシュバックあり
  • 指定オプション同時加入で2,000円キャッシュバック増額中

BIGLOBE WiMAX
【1年未満の短期利用ならコチラ】
  • 今だけ!10,000円キャッシュバック
  • 最新端末でも月額料金が24ヶ月目までずっと3,773円
  • 口座振替でお支払いOK

今回は、@niftyのWiMAXについて、メリットデメリットをくわしく説明します。最後まで読んでいただくと、あなたにとってベストなWiMAXプロバイダを見つけることができます。

@niftyのWiMAXとは

@nifty(ニフティ)は、ニフティ株式会社が運営するプロバイダで、WiMAXの他にも、光回線「@nifty光」や格安SIM「NifMo」などを提供しています。

その歴史は古く、1987年にはインターネットの前身であるパソコン通信サービス「NIFTY-Serve(ニフティー・サーブ)」をスタート。日本のインターネットを語る上で忘れてはいけない老舗プロバイダです。

以前は富士通の子会社でしたが、2017年4月からは家電量販店大手「ノジマ」のグループ企業となりました。

そんな@niftyが提供するWiMAXは、家でも外でもインターネットを使えるモバイル通信で、次のようなメリットがあります。

  • 工事や配線の必要がなく、端末が届いたらすぐに使える
  • 下り最大1.2Gbpsで高速通信、速度制限もゆるいので動画をたっぷり見られる
  • スマホやタブレット、パソコンなどを同時にネット接続できる
  • auスマホ/ケータイとセットでさらにおトクになる

こうした理由があるので、外出先の利用だけでなく、自宅のネット環境としてWiMAXを選ぶ人が増えています。

※@nifty WiMAXは、新規申込受付を停止中です。既存のユーザーは引き続き利用できますが、料金面や今後のサポート体制などと考えると、乗り換えの検討をおすすめします。

@nifty WiMAXのたった1つの注意点

@nifty WiMAXは、決してWiMAXを最安値で使えるプロバイダではありません。なぜなら、@niftyではお得なWiMAXキャンペーンを行っていないからです。

そもそも、WiMAXは、@niftyの他にも20社以上のプロバイダがサービスを提供しています。回線自体はUQコミュニケーションズという会社が管理しているので、通信速度や速度制限のルール、提供エリアに違いはありません。

プロバイダによって何が違うのかというと、実際に支払う費用とサポート内容です。

あなたが、WiMAXの料金を少しでも安く抑えたいと考えているなら第一候補としておすすめは「GMOとくとくBB」です。

@niftyと他のプロバイダを徹底的に比較

@niftyと他のWiMAXプロバイダではどんな違いがあるのか、「料金」と「サポート」で次の4つの主要プロバイダを比較してみましょう。

料金は実質費用で比較しよう

WiMAXのプロバイダを選ぶときに最も重視すべきなのは「実質費用」。つまり実際にどれくらい支払うかです。

WiMAXには、キャンペーンで数万円キャッシュバックされるプロバイダがあります。なので、月額料金が同じでも、キャッシュバック額で実際に支払う額は大きく違ってくるんです。

では、各プロバイダの利用期間毎のトータル費用を見てみましょう。

プロバイダ半年1年2年
GMOとくとくBB51,029円48,733円100,191円
BIGLOBE39,855円62,523円107,799円
UQ38,808円64,416円123,134円
※クリックすると計算式が開きます

※価格はすべて税込。 ※すべて新規契約時のキャンペーンやプランで比較 ※新機種(Speed Wi-Fi 5G X12/Speed Wi-Fi HOME 5G L13)の料金プラン ※総支払額=初期費用+端末代+月額料金合計+解約金ーキャッシュバック等割引額 ※端末代は、解約のタイミングで残債一括支払いとなるため、全て初月で一括支払いとして計算。

実質費用の最安値は「GMOとくとくBB」

WiMAXのGMOとくとくBBキャンペーン

GMOとくとくBBは、WiMAX業界で常に最安値になることを努力しているプロバイダ

常に高額なキャッシュバックキャンペーンを実施しています。

他社より月額料金も安く、しかもキャッシュバックも高いので、1年以上WiMAXを利用した場合のトータル費用は約1万円程違います。

ただし、キャッシュバックを受け取れるまでに最短で12カ月かかるため1年未満の短期契約には向いていません。その場合は、UQ WiMAXやBIGLOBEがおすすめです。

サポート内容で比較する

つぎに、各プロバイダのサポート内容を比較してみましょう。中でも注目したいのは、キャッシュバックの受け取りやすさ支払い方法です。

キャッシュバックが受け取りやすいのは「BIGLOBE」

キャッシュバックが最も受け取りやすいのはBIGLOBEで、契約から1ヵ月後に送られてくるメールに従って手続きするだけです。このメールは、契約時に登録したメールアドレスに送られてくるので、チェックを忘れるということも少ないでしょう。(他プロバイダは、契約時に発行されたメールアドレスに届きます)

GMOとくとくBBは受け取り方法に注意

GMOとくとくBBは、キャッシュバックは高額なものの、受け取りを忘れやすいというデメリットがあります。

なぜなら、プロバイダから与えられるメールアドレス宛にキャッシュバックの案内メールが届き、そこから一定期間内に申請を行う必要があるからです。

すでに自分のメールアドレスを持っていて、プロバイダから与えられるメールアドレスは使わないという人も多いと思います。

そうなると、受け取りを忘れる可能性は高くなります。ツイッターを見ても、受け取り忘れた人の悲鳴が見受けられるので注意してください。

GMOとくとくBB

端末を受け取った月から数えて11カ月目、GMOとくとくBBから与えられてるメールアドレス宛に、振込に関する案内メールが届きます。そのメールに記載されている指示に従って申請すると、返信の翌月末日に指定口座へ振り込まれます。

クレジットカードを持っていない場合は要注意!

GMOとくとくBBは、クレジットカード払いしか対応していないので、クレッジットカードを持っていない人は契約できません。

その場合はBIGLOBEやUQ WiMAXなど、口座振替に対応しているプロバイダを選ばなければなりません。ただし、それらのプロバイダでは口座振替にすると手数料がかかるので注意してください。

実は、電話サポート、有料オプションは必要無い!?

電話サポートの受付時間で最も長いのはUQWiMAXで、9時から20時まで年中無休で受け付けています。それ以外のプロバイダは、10時〜19時や9時~18時と受付時間が短めです。

有料オプションは、端末が故障した際の保証やセキュリティソフトなどです。

WiMAXの端末は、スマホと違い、基本的にカバンに入れっぱなしで持ち運び、on/off以外で触ることのないので故障のリスクが少ないです。また、セキュリティソフトも市販のものを買った方がほとんどのケースで安く済みます。

なので実際、電話サポートや有料オプションはほとんど利用する機会はありません。私自身、WiMAXを5年以上利用していますが、今までこれらを一度も使ったことがありません。。

契約するならGMOとくとくBBが最もおすすめ!

最新端末を最安値で契約するならGMOとくとくBB

WiMAXのGMOとくとくBBキャンペーン

WiMAX(GMOとくとくBB)の基本情報
最大通信速度
(下り)
3.9Gbps
月間データ容量無制限
通信エリアWiMAX+5G/au 4G・5G
端末 X12(モバイルルーター)
L13(ホームルーター)
端末代金27,720円
(770円×36回払い)
月額料金初月:1,395円
1〜35ヶ月目:3,762円
13ヶ月目〜:4,807円
キャッシュバック最大57,000円
全員 15,000円
プラス
他社から乗り換え時違約金相当額 40,000円まで
指定オプション同時申込で2,000円
キャッシュバック増額(併用可)
 <指定オプション>
 ・インターネット安心セキュリティ
 ・スマホトラブルサポート+(プラス)
最低利用期間2年
契約解除料0円
発送最短当日発送
運営会社GMOインターネットグループ株式会社

GMOとくとくBBは、常に高額なキャッシュバックキャンペーンを実施しています。

少しでもお得にWiMAXを契約したいと考えているあなたに一番おすすめしたいのはGMOとくとくBBです。

ただし、キャッシュバックの受け取りを忘れやすいというデメリットがあります。受け取り忘れないように下記の点を覚えておいてください。

  • 端末受取月を含む11カ月目に案内メールが届く
  • メールはGMOとくとくBBから与えられたメールアドレス宛

事前に、11カ月後のカレンダーに「キャッシュバック受け取り」と記入しておき、GMOから送られてくる書類はすべてひとまとめに保管しておくことをオススメします。

クレジットカードを使いたくない人にはBIGLOBE WiMAX

ビッグローブ WiMAX

WiMAX
BIGLOBEの基本情報
端末X12、HOME 5G L13
データ容量月間無制限
最大通信速度(下り)3.9Gbps
 事務手数料3,300円
端末代27,720円
月額料金端末受取月:無料
1〜24ヶ月目:3,773円
25ヶ月目〜:4,928円

キャッシュバック10,000円(期間限定)
支払い方法クレジットカード
口座振替
契約期間なし
更新月以外の解約金
発送約2〜7日で発送
運営会社ビッグローブ株式会社

GMOとくとくBBは、料金の支払方法がクレジットカードのみです。なので、クレジットカードを持っていない人や、使いたくない人は契約できません。

そんな場合はBIGLOBEをおすすめします。BIGLOBEなら、クレジットカードと口座振替に対応しています。

ただし、口座振替の場合は毎回振替手数料が発生するので注意しましょう。

まとめ

@niftyは、老舗ならではの安心感があるWiMAXプロバイダです。しかし、WiMAXを最安値で利用できるわけではありません。なので・・・

    • 少しでも安くWiMAXを利用したい人ならGMOとくとくBB
    • クレジットカードを使いたくない人はBIGLOBE

をおすすめします。

WiMAXは、家でも外でも使えるネット回線としておすすめです。あなたにとってベストなプロバイダを選択し、お得にWiMAXを利用してください。

WiMAXを検討中のあなたへ

WiMAXの主要10社比較!契約におすすめプロバイダ4選【2024年5月版】」では、WiMAXのおすすめプロバイダをさらに特集しています。契約前にぜひ読んでくださいね。

5つの質問で、ぴったりのインターネット回線がわかる!

こういったことで困っていませんか?

スマホの速度制限によくひっかかる
引っ越しでネット回線を引きたい
ネット回線を1番安く契約したい
通信費をもっと安くしたい

これらの悩みは、以下の診断で解決できます!!

同じカテゴリの人気記事

まだデータがありません。

SNSでもご購読できます。

ツナガル – 最適な生活インフラ・サブスクが見つかる情報サイト