フレッツ光のエリア検索手順をやさしく解説!圏外だったときの対策も紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
フレッツ光 エリア

フレッツ光が自分の家で使えるか気になっていますね。

NTTが提供しているフレッツ光は、約800万世帯が使う光回線。

ほぼ全国、47都道府県すべてで使えますが、家の立地や建物によってはエリア外のケースもあります。

この記事では、フレッツ光の提供エリアの確認方法を、画像つきでわかりやすく解説します。エリア外だった時の対策もお伝えしますので、参考にしてください。

1.フレッツ光が提供エリアか確認する方法

それでは早速、自分の住所でフレッツ光が使えるか確認しましょう。

フレッツ光は東日本・西日本でエリアが分かれていて、エリア検索ページもそれぞれ別にあります

上記の地図で水色のエリアの人はNTT東日本、緑のエリアの人はNTT西日本のページで確認できます。

東日本・西日本の順に、エリア判定のやり方をみていきましょう。

フレッツ光東日本のエリア判定方法

手順1.NTT東日本のエリア検索ページを開く

まず、こちらからフレッツ光東日本のエリア検索ページを開きます。

手順2.自分の住所を入力していく

下記のような画面が開いたら、郵便番号を入力して、「再検索」のボタンをクリックします。

フレッツ光東日本  エリア検索

すると自分の住んでいる町名が出るので、選択して「次へ」のボタンを押します。

同じように、番地などを順番に入力していき、最後に戸建てかマンションかの選択をします。

フレッツ光東日本 エリア検索

ここで「次へ」を押すと、エリア判定に入ります。

手順3.エリア判定をする

フレッツ光 提供可能

上記のように「ご指定の住所は提供エリアです」と出たら、あなたの住んでいるところはフレッツ光が使えます

※エリア外だった人は、3.エリア外だった場合のおすすめネット回線の章に飛んでください。

フレッツ光西日本のエリア判定方法

手順1.NTT西日本のエリア検索ページを開く

まず、こちらからフレッツ光西日本のエリア検索ページを開きます。

フレッツ光西日本エリア検索

すると上記のような画面になるので、戸建てかマンションかを選択。

手順2.自分の住所を入力していく

つぎに、「エリア検索方法の選択」というところで、自分の住所を入力していきます。

今回は、例として郵便番号で検索します。

フレッツ光エリア判定

郵便番号を入力したら、「次へ」と書かれたオレンジのボタンを押します。

すると自分の住んでいる町名が出るので、◯丁目◯番地など、順番に選んでいきます。

マンションの場合は、さいごに建物の名前が出るのでクリックしてください。

※ちなみに、都道府県からの検索も可能ですが、もしわかるなら郵便番号からのほうが探す手間がなく早いです。NTTが発番した番号をもっている人は、電話番号で検索することも可能です。

手順3.エリア判定をする

入力した住所を確認して、OKならエリア判定に進みます。

水色で「判定中」の文字が出て少し待つと、使えるかどうかの判定が出ます。

フレッツ光提供可能

上記のように「ご指定の住所は提供エリアです」と出たら、あなたの住んでいるところはフレッツ光が使えます

※エリア外だった人は、3.エリア外だった場合のおすすめネット回線の章に飛んでください。

2.ちょっと待って!フレッツ光はおすすめしない

フレッツ光が使えるとわかったら、早速申し込み…といきたいところですが、損をしたくない人はちょっと待ってください

じつはフレッツ光は他社に比べて、料金が年間2万円以上も高いためおすすめしません

実際フレッツ光のユーザー数は、ここ数年でなんと半分以下になっています。

参照:ICT総研

なぜなら、ネット回線サービスが大きく普及した今は、もっとほかに安くて良い光回線があるから

フレッツ光を使うとどれだけ損なのか、一緒にみていきましょう。

フレッツ光の料金は他社よりも高い!

フレッツ光の料金は、ほかの光回線よりも高いです。理由はつぎの2つ。

  • そもそも月額料金が高い
  • キャッシュバックや工事費無料などのお得な特典がない

ほとんどの光回線の最低利用期間である、2年間使ったときにかかる料金をほかのメジャーな光回線とくらべてみます。

内訳
月額料金5,700円5,200円5,200円4,980円
工事費・初期費用18,800円3,000円3,000円3,000円
キャッシュバック△5,000円△22,000円△25,000円△26,000円
2年間の合計150,600円105,800円92,800円96,520円

※フレッツ光はプロバイダ料金1,000円(So-net)で計算

このように、フレッツ光の料金は2年間で他社より50,000円以上も高いです。

ネットの料金は引き落としなどであまり意識せず払っている人が多いですが、年間2万円の差なら、5年、10年と使うと、さらに大きな差になります

光回線の速度は、下り最大1Gbpsとどの光回線でも一緒です。速度やサービスがほぼ同じなら、その中で料金の安いものを選んだほうがお得ですよね。

※フレッツ光と他社のさらにくわしい料金比較はこちら

フレッツ光と同じエリアで使えるおすすめ光回線3つ

それでは、具体的にどの光回線を選べばいいのでしょうか?

光回線は全部で150社以上もありますが、基本的には使っているスマホに合わせて選ぶと、毎月500〜1,000円のセット割引がありお得に使えます

下記の表に、各キャリアごとのおすすめ光回線をまとめました。

利用している携帯・スマホセット割が受けられる光回線
ドコモなら
ソフトバンク/ワイモバイルなら
auなら

※上記表の各ロゴをクリックすると、お得なキャンペーンぺージに飛べます

上記の3社はいずれもフレッツ光と同じエリアで提供されているので、フレッツ光がエリア内だった人なら問題なく使えます。

せっかく光回線を契約するなら、そもそもの料金が安くて、さらにスマホ割もあるフレッツ光以外の光回線を選びましょう!

  • ドコモ光の料金や評判はこちら
  • ソフトバンク光の料金や評判はこちら
  • ビッグローブ光(au)の料金や評判はこちら

3.エリア外だった場合のおすすめネット回線

フレッツ光がエリア外だった人は、代わりに電力系の光回線や、ポケットWiFiを検討してみましょう。

ちなみに、今回フレッツ光がエリア外だった人でも、将来的にフレッツ光のエリアが拡大される可能性も。サービスエリア拡大予定は、西日本の人はこちらから地図で確認できます。東日本の人は、エリア拡大の予定があればこちらに追記されるようです。

電力系の光回線

電力系の光回線とは、電力会社のKDDIが運営するauひかりや、関西電力グループの株式会社オプテージが運営するeo光など。

これらはそれぞれ自社のケーブルで通信サービスを提供しているので、フレッツ光が使えなくても、光回線が利用できる可能性があります

それぞれ地域ごとに使えるものが違うので、まとめてみました。

住んでいる地方・エリアおすすめの光回線キャンペーンページ
北海道・東北・関東http://hikari-peach.jp/
中部http://comufa-cp.jp/
近畿http://start-eo.jp/
中国http://megaegg-cp.jp/
四国http://pikara-cp.jp/
九州 http://bbiq-cp.jp/
沖縄http://okinawahikari/

上記のリンクをクリックすると、今月もっともお得なキャンペーンページに移動できます。[2020年10月現在]

いずれも、フレッツ光と同じ通信速度(下り最大1Gbps)で使え、さらに料金も年間2万円以上お得です。

それぞれのエリアでは有名なものばかりなので、安心して申し込んで大丈夫です。

※ちなみに、フレッツ光やソフトバンク光、So-net光などの光コラボは、どれもフレッツ光と同じNTT回線を使っているので、フレッツ光がエリア外だった人は利用することができません。

ポケットWiFi

ポケットWiFiとは、持っていればどこでもWi-fiが使える端末のこと。小さめのスマホと同じくらいの大きさで、外でも家でも使えます。

光回線ほどの速度は出ませんが、スマホゲームをしたり動画を見たりするくらいなら、工事なしで気軽に使えます!

ただし、光回線と同じく、使えるエリアが限られているのが難点です。

WiMAXなら15日間お試しもできる

ポケットWiFiのなかで利用者のもっとも多いWiMAXは、15日間お試しサービスを行っています。

申し込みにはクレジットカードの登録が必要ですが、もし使ってみて満足に使えなかったら、無料で返品できます

使えるかわからないものにお金を払うのはもったいないので、光回線がエリア外で困っている場合は一度試してみてもいいかもしれません。

くわしくは、【実体験】Try WiMAXの申し込み前に知っておくべき3つの注意点の記事で紹介しています。

まとめ

フレッツ光のエリア検索方法と、エリア外だった時のおすすめネット回線を紹介しました。

フレッツ光がエリア内だった人は、フレッツ光よりもお使いのスマホに合った光コラボを選ぶほうが安く使えます。

お得にインターネットを契約して、快適なネットライフを過ごしてくださいね!

5つの質問で、ぴったりのインターネット回線がわかる!

こういったことで困っていませんか?

スマホの速度制限によくひっかかる
引っ越しでネット回線を引きたい
ネット回線を1番安く契約したい
通信費をもっと安くしたい

これらの悩みは、以下の診断で解決できます!!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

つなが〜るネット – インターネットがもっとお得に快適になる情報サイト