ADSLは2023年よりも前に終了する?!早めに乗り換えるべき理由とは

アナログの電話回線を使ったインターネット回線であるADSL。

1990年代は家庭用ネットとして広く使われていたので、利用したことがある人も多いのではないでしょうか。

そんなADSLは、あと数年のうちにサービスが終了することが決まっています。

今回は、ADSLが使えなくなってしまう理由や、サービスが終了したあとに契約すべきネット回線までをバッチリ解説します!

1.ADSLのサービス終了時期はいつまで?

まずはじめに、ADSLはいつ使えなくなってしまうのか、についてお伝えしていきます。

フレッツ・ADSLは2023年

ADSLといえば、もっとも有名なのはNTTの提供する、フレッツ・ADSL。

フレッツ・ADSLは2023年1月末に、日本全国で使うことができなくなります。あと1年をきっていますね・・・。

また、公式サイトには、順次サービスが終了と書いてあるので、予定よりも早くADSLが使えなくなることもあるかもしれません。

Yahoo!BB ADSLは2024年

もう一つの代表的なADSLのサービスといえば、ソフトバンクが提供する、Yahoo! BB ADSLです。

こちらは、フレッツ・ADSLより一年遅い、2024年にサービスが完全に終了する、と発表されています。

2.ADSLが終了する理由2つ

そもそも、ADSLのインターネットはなぜ使えなくなってしてしまうのでしょうか?

ここからは、ADSLのサービスが終了する理由を2つ、解説していきます。

理由1.そもそも使う人が少ない

まず1つ目の理由は、ADSLを使っている人の数がどんどん少なくなっていることです。

次のグラフは、光回線とADSLの契約件数が、年々どのように動いているかを表しています。

実は、2007年ごろから、ADSLよりも光回線を利用している人の方が多くなっているんです。

その後も、光回線は、毎年ずっと数が増えているのに対して、ADSLの利用者は減っていますね。(出典:総務省情報通信白書平成30年版)。

やはり、今や、ネットで動画やゲームを楽しむ人にとっては、ADSLの速度では満足できなくなっているのが大きな理由でしょう。

理由2.アナログ電話が使えなくなる

NTTは、2025年までに固定電話をアナログから、光回線を利用したものへシフトしていくと発表しました。

利用している人が少ないことと設備が古くなったことそのメンテナンスをするための部品が足りなくなってきたことが主な原因です。

そのため、日本全体で「光回線を使うようにしよう!」という動きになっているんです。

アナログの電話回線が使えなくなると、それを利用したネットであるADSLを使うこともできなくなります

携帯電話が、ガラケーからスマホへと変わっていったように、ネット回線が変わっていくのも、時代の流れを感じますね。

3.注意!ADSLを乗り換えない人に待つ未来

とはいっても、今でも自宅のネットとして、ADSLを使っている人はまだまだいると思います。

たしかに、ADSLで問題なくネットを使えている人にとっては、急いで乗り換える必要はなさそうです。

急にネットが使えなくなる?

ADSLが使えなくなるのは早くても2023年。まだまだ時間はあるように見えますね。

なお、ADSLサービスの提供終了に当たっては、設備の状況を考慮し、2020年3月以降に一部の地域から順次終了します。(SoftBankのプレスリリースより)

…あれ、思ってたより早い?2020年3月⁈

やはり、ADSLを提供している会社にとっては、日本全国でサービスを急に止めるのは難しいこと。

そのため、地域ごとに徐々にサービスの提供を終わらせていく方針であると公表しています。

口コミを見ても、早くて来年にはADSLが使えなくなる人もいるようです。

使っていないのに料金がかかる?

今もADSLを使っている人の中には、サービスが終わるギリギリまで使おうとしている人もいるのではないでしょうか。

使えなくなってから考えようかな、なんてのんびりしていると…

サービス提供終了までに移行、解約のご連絡がない場合、「フレッツ・ADSL」は契約終了となりますが、プロバイダー料金の請求が継続する場合があるため、必ずご契約のプロバイダーへご連絡ください。(NTT西日本のニュースリリースより)

ADSLは使っていないのに、プロバイダへの料金だけを支払うことになってしまうかもしれません。

まだネットを使うつもりなら、早めに乗り換えの手続きを、使わないのであれば解約の連絡を忘れずにしましょう。

この他にも、ADSLから乗り換える理由はたくさん。詳しくはまだADSLに騙されてるの?2022年に使うべきではない5つの理由を読んでみてください。

4.ADSL終了後に乗り換えるべきインターネット回線

ADSLのサービスが終了した後も、まだ自宅でインターネットを使うのであれば、新しいネット回線を契約しなくてはいけません。

ADSLを今も使っている人へは、他のネット回線への申し込みを勧めるような電話が、これからたくさんかかってくると思います。

いきなりこんな電話がかかってくると、言われるがままに申し込んでしまいそうです。しかし、ちょっと待ってください!

このような勧誘の電話からの申し込みは絶対にやめましょう

割引やキャンペーンがあるから、と言われますが、そのおトク感はあまり大きくありません。もっと料金を抑える方法があります

フレッツ光にそのまま乗り換えるのもいいけど…

せっかく新しい回線を申し込むなら、これまでより速度が速くて、できるだけ料金も安くなったらうれしいと思います。

速いインターネット回線といえば、今では多くの人が使っている光回線が思い浮かびますね。

特に、これまでフレッツ・ADSLを使っていた人は、やっぱりそのままフレッツ光を使うのがいいのかな、と考えがちです。

実は、フレッツ光にそのまま申し込まなくても、同じ品質のネット回線をもっと安く使えることを知っていますか?

フレッツ光も、もちろんいいのですが、他の光回線と比べると、割引や特典などのサービスがすごく少ないんです

他のネット回線なら、スマホとのセット割や、ルーターの無料レンタルなど、おトクなキャンペーンがたくさんあります。

※フレッツには、光回線へそのまま移行すれば初期工事費が無料、という特典がありますが、実は他の光回線でも工事費は無料になることがほとんどなので、特別おトク!というわけではありません。

光回線はスマホとエリアで選ぼう

もっともお得な光回線を選ぶには、利用しているスマホのセット割引が受けられるものを選びましょう

使っているスマホと、住んでいるエリア別のおすすめ光回線は下記の通りです(2022年7月6日更新)。

利用スマホ住んでいるエリアお得に使える光回線
docomo全国どこに住んでいても
au近畿に住んでいる
東海に住んでいる
沖縄に住んでいる
上記以外に住んでいる
関東・近畿・東海に住んでいる
上記以外に住んでいる

ちなみに、これらの光回線はショップ・家電量販店・ネットなど、様々な申し込み窓口があり、どこから申し込むかで特典が変わります。

2022年7月現在、1番お得な申し込み窓口は次の通りです。

ドコモ光:https://gmo/docomohikari/
eo光:https://start-eo.jp/
コミュファ光:https://cmufahikari.jp/
ビッグローブ光:https://biglobehikari.net/
auひかり:https://www.auhikari.net/
NURO光: https://www.nuro.jp/hikari/
ソフトバンク光:https://softbankhikari.jp/

よりくわしく光回線を比較したい人は、「光回線38社をプロが比較!」の記事も参考にしてくださいね。

まとめ

ADSLは、遅くとも2024年に日本全国でサービスが終了します。

地域によっては、もっと早く使えなくなってしまうこともあるので、早めに次のネット回線への切り替え、または解約することを強くオススメします。

まだネットを使う!という人は、光回線をおトクに申し込んで、次世代のインターネットサービスを存分に楽しんでくだいね。

5つの質問で、ぴったりのインターネット回線がわかる!

こういったことで困っていませんか?

スマホの速度制限によくひっかかる
引っ越しでネット回線を引きたい
ネット回線を1番安く契約したい
通信費をもっと安くしたい

これらの悩みは、以下の診断で解決できます!!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

ツナガル – 最適な生活インフラが見つかる情報サイト