無制限!ソフトバンクユーザーにおすすめのポケットWiFiはこれだ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

ソフトバンクでポケットWiFiを契約しようかお悩みですか?

ポケットWiFiを持っていれば、スマホの通信制限に悩まされずたっぷりネットが使えそうですよね。現在ソフトバンクのスマホを使っている場合、お得な割引があるかどうかも気になるところです。

結論から言うと、ソフトバンクのポケットWiFiは、現在あなたがソフトバンクユーザーだとしてもおすすめできません

私は仕事でさまざまな通信サービスを比較調査していますが、ポケットWiFiとして現在最もおすすめできるのはWiMAXだと言い切れます。

今回は、ソフトバンクのポケットWiFiプランをわかりやすく説明した上で、なぜソフトバンクのポケットWiFiよりもWiMAXの方が良いのかを解説していきます。

利用料金や使えるデータ量、解約時にかかる費用を徹底比較するので、あなたにとって最適なポケットWiFiを選ぶ参考にしてください。

1.ソフトバンクのポケットWiFiとは

ソフトバンクオンラインショップ

2017年10月現在、ソフトバンクのオンラインショップでは4機種が販売されており、最新機種は2017年3月17日発売のPocket WiFi 601HWです。

ポケットWiFiは、基本的にON/OFF以外に操作する機会の少ない端末なので、スマホのように新しい端末がどんどん発表されるわけではありません。

ソフトバンクのポケットWiFiは、大きく2種類のプランに分かれています。

プラン1.スマ放題 Wi-Fiルータープラン

現在契約中のソフトバンクスマホとデータ量を分け合うプランです。

たとえば、現在スマホで5GBのデータプランを契約している場合、スマホとポケットWiFiで合計5GBまでネットが使えるようになります。

スマホ代に加えて月額1,900円でポケットWiFiが持てます。

注意点:データ量を増やすと高くなる

月額1,900円を支払っても、データ量は一切増えません。

スマホにポケットWiFiを追加するということは、現在のデータ量では足りていないということ。データプランを増やすとそれだけ料金も高くなっていくので注意してください。

「月額1,900円でポケットWiFiが持てますよ」と店員さんに言われると、すぐに契約したくなるかもしれませんが、月額5,000円以上になる場合もあるので一度じっくり計算してみてください。

プラン2.データし放題

ポケットWiFiだけで契約できるプランです。

こちらは購入した端末によって「4G/LTEデータし放題フラット」「4Gデータし放題フラット+ 」などとプランの呼び方が変わりますが、内容や料金はほぼ同じで月額3,696円です。

注意点:7GBまでしか使えない

このプランは、「データし放題」という名前にも関わらず、月に7GBまでしか使えません

月に7GBを超えると128kbpsに制限されてしまい、ほぼネットが見られない状態になります。制限を解除することもできますが、1GBにつき1,000円の追加料金が必要です。

どちらのプランも注意点あり

ソフトバンクのポケットWiFiは全国ほとんどのエリアで利用でき、通信速度も速いです。

しかし、安いと思って契約したら意外と高くついたり、たっぷりネットが使えると思ったらすぐに制限がかかったりと注意すべき点があります。

ソフトバンクでは、お得な値段でたっぷりとネットを楽しむことができないんです・・・。

そこで私がおすすめするのがWiMAXです。

ソフトバンクのポケットWiFiよりWiMAXの方がどうしておすすめなのか、次に説明していきます。

2.ソフトバンクよりWiMAXをおすすめする3つのポイント

ポケットWiFi選びで後悔しないために、以下3つのポイントを抑えておきましょう。

  • 実際に支払う費用はいくらか
  • たっぷりネットが使えるか
  • 解約時の費用はどうか

実のところ、この3つのポイントにおいて、WiMAXはソフトバンクのポケットWiFiより優れているんです。

1つずつ説明していきます。

ポイント1.実際に支払う費用が安い

ソフトバンクのポケットWiFiと比較すると、WiMAXは実際に支払う費用が圧倒的に安いです。

まずは、両サービスの料金比較表をご覧ください。

どちらも最低契約期間が2年なので、”2年間のトータル費用”を以下最新端末で計算してみました。
・WiMAX 2+ W04 2017年2月発売
・Pocket WiFi 601HW 2017年3月発売

なんと2年間で4万円以上も料金が違うんです!

なぜここまで差が出るのかというと、WiMAXとソフトバンクのポケットWiFiでは、端末代とキャッシュバックに大きな差があるからです。

WiMAXは端末代が完全無料

WiMAXは最新端末のW04でも完全に無料で手に入れることができます。※GMOとくとくBBの場合

一方、ソフトバンクでは、端末代が別途必要です。

ただし、「月月割」という端末代と同程度の額を毎月割り引くキャンペーンがあるので、最新端末の601HWの場合、負担額は18,000円となります。(定価42,480円)

WiMAXはキャッシュバックが高額

WiMAXは、GMOとくとくBBというプロバイダ(申込み窓口)で契約すると、30,900円(W04の場合)のキャッシュバックがあります。※2017年10月時点

ソフトバンクでは、ポケットWiFi契約時の公式キャッシュバックキャンペーンがありません。


端末代とキャッシュバックの違いによって、ソフトバンクのポケットWiFiよりもWiMAXの方が2年間で4万円以上も安く使えます

しかも、これだけ安いのにWiMAXは毎月使えるデータ量も圧倒的に多いです!

ポイント2.無制限プランがある

 

WiMAXには、毎月の通信量に制限のない「ギガ放題」というプランがあります

このプランなら、「今月は残り何ギガ使えるんだろう・・・」という心配をすることなくたっぷりネットが使えます。

一方のソフトバンクでは、ネットが使い放題になる無制限プランがなく、プランによって毎月使えるデータ量に制限があります

一番たっぷり使えるのはスマホとデータを分け合うプランの30GB。

先ほどWiMAXと料金比較で取り上げたプラン「4G/LTEデータし放題フラット」では7GBしか使えません。

その通信量を超えると128kbpsの速度制限がかかるので、ネットはほぼ見られません。

3日間制限について

WiMAXは3日間の通信量が10GBを超えると、翌日18時頃から6時間程度、通信速度が約1Mbpsに制限されます。

しかし、制限がかかっても通常のサイト閲覧程度なら特に問題ない速度が出るので、ポケットWiFiの中では制限のゆるい方です。しかも夜間以外の速度制限はありません

ソフトバンクのポケットWiFiには、3日間で一定のデータ通信を行うと速度制限がかかるという「3日間制限」はありません。

ギガモンスターは3日間での通信速度制御の対象外です。ご契約のデータ容量まで安心してご利用いただけます。尚、その他スマ放題、及びスマ放題ライト対応データ定額サービスも同様です(3G端末除く)。

スマ放題ライト

この点はさすが大手通信キャリアというサービスです。


ポケットWiFiがあれば、パソコンやタブレットなど、さまざまな機器でネットが使えます。その分データ量も一気に増えます。

動画を見るのはもちろんのこと、アプリやWindows/MacのOSアップデートで一気に数ギガ消費することもあります

なので、残りのデータ量を気にせず使えるWiMAXのギガ放題がおすすめです。

ポイント3.解約時の費用が安い

ソフトバンクもWiMAXも契約期間は同じ2年間です。なので、2年後の契約更新月なら無料で解約できる・・・はずなんですが、ソフトバンクには注意しなければならないことがあります。

まず、WiMAXの解約時にかかる費用を見ていきましょう。

WiMAX(GMOとくとくBB)の場合

WiMAXをGMOとくとくBBで契約した場合、契約期間中に解約する場合は契約解除料のみ必要です。

12ヵ月目(1年)
契約解除料 24,800円(税抜)

24ヵ月目(契約更新月)
0円

36ヵ月目(3年)
契約解除料 9,500円(税抜)

契約期間中に解約すると違約金(契約解除料)がかかるというのは、スマホと同じですね。

ソフトバンクの場合

2年毎の契約更新月以外に解約すると9,500円の違約金(契約解除料)がかかります。これは、WiMAXよりも安いですね。でも・・・

気をつけてほしいのが、ポケットWiFiの端末代。

ソフトバンクでは、端末を分割払いにすると36ヵ月(3年)払いになります。

契約期間中は、端末代相当の割引(月月割)が受けられますが、解約するとそれがなくなります。

つまり、3年以内に解約すると、残りの端末代を一括請求されるんです。

たとえば、最新端末601HWの場合、以下の金額が解約時に請求されます。

12ヵ月目(1年)
契約解除料 9,500円
端末代の残り 28,320円
合計 37,820円

24ヵ月目(契約更新月)
契約解除料 0円
端末代の残り 14,160円
合計 14,160円

36ヵ月目(3年)
契約解除料 9,500円
端末代の残り 0円
合計 9,500円

ソフトバンクのポケットWiFiでは、解約時にお金を払いたくない場合、2回目の契約更新月、つまり4年後まで待たなければなりません。

端末を一括払いで購入すれば2年目に0円で解約できますが、同じく契約期間が2年で端末代が完全0円のWiMAXの方がトータル費用が圧倒的に安いです。


ポケットWiFiに限らず通信サービスは新しいサービスがどんどん登場しています。契約更新月ごとに通信サービスを見直すのがお得にネットを使うポイントです。

なので、解約するのにお金がかからないタイミングが実質4年後になるソフトバンクのポケットWiFiはおすすめしません

結論!おすすめのポケットWiFiはWiMAX

ここまで、WiMAXとソフトバンクのポケットWiFiを比較しました。

すでにスマホをソフトバンクで契約していても、ポケットWiFiを安く利用できるわけではありません。しかも、無制限プランがないし解約にも余分なお金がかかります

なので、ポケットWiFiをお得に契約したいと考えているあなたには、ソフトバンクではなくWiMAXをおすすめします。

WiMAXは、UQコミュニケーション(UQ WiMAX)という会社が回線を管理しており、20社以上のプロバイダ(申込み窓口)がサービスを提供しています。

ここでプロバイダ選びを間違うと3万円以上損することがあります

それで、WiMAXを最もお得に契約するための流れを次に説明していきます。

3.WiMAXを最安値で契約する方法

次の流れで契約すれば、最安で快適にWiMAXが使えます。

3-1.通信エリアを確認する

エリア確認

WiMAXがおすすめとはいえ、エリア外だとどうしようもありません。

WiMAXは、都市部ではソフトバンクと同じくらい広いエリアで使えますが、郊外や山岳部に行くとエリア外になる可能性があります。

そこで、あなたがネットを利用する予定の自宅や会社が通信エリア内かどうかを最初に調べておきましょう

エリアの確認はWiMAXの回線元であるUQ WiMAXのエリア確認ページから簡単にできます。「ピンポイントエリア判定」で「○」と表示されれば大丈夫です。

もし判定が「△〜◯」で、つながるかどうか不安な場合は、実際にWiMAX端末を借りて調べられる「Try WiMAXレンタル」というサービスもあります。くわしくは、WiMAXを無料で15日間お試しする方法と3つ疑問を解決をごらんください。

全くWiMAXの通信エリア外の場合は、「格安SIM」をモバイルルーターに挿して使うという方法もあります。くわしくは、モバイルルーターとは!?初心者でも絶対に失敗しない選び方を参考にしてください。

3-2.料金最安値でおすすめのプロバイダ

WiMAXは、20社以上のプロバイダがサービスを提供しているものの、回線はすべてUQコミュニケーションズが管理しているので、通信速度、対応エリア、2年契約という契約条件の部分で違いはありません

ですから、料金が最も安くなるプロバイダを選びましょう

2017年10月現在、キャッシュバックが最も多くて月額料金が最安値になるのはGMOとくとくBBで、キャッシュバック額はなんと最大32,000円

11カ月後に送られてくるメールから1カ月以内に受け取り手続きをしなければ失効してしまうという注意点がありますが、それさえ忘れなければ一番お得なプロバイダです。

緊急告知

現在GMOとくとくBBでは、端末「W04」を選ぶとキャンペーン額が3,000円アップする特別キャンペーンを実施しています。
つまり、総額33,900円の高額キャッシュバックをゲットするチャンス!
10月31日までの限定企画なのでお見逃しなく! くわしくはこちら

しかもGMOとくとくBBなら、端末が到着してから20日間、違約金なしでキャンセルすることができます。なので、先ほど紹介した「Try WiMAXレンタル」を申し込む必要もありません

「エリア内と判定されたけど、室内でつながるか不安・・・」という場合でも、こうした制度があれば安心ですね!

20日以内なら返品できる

申し込みは、このページからGMOとくとくBBの公式サイトに行って申し込みましょう。直接公式サイトで申し込んだり、比較サイトを利用したりすると、キャッシュバック額や違約金の条件が変わるので注意してください。

3-3.おすすめのプラン

プランは、月7GBの容量制限がある「通常プラン」、容量無制限の「ギガ放題プラン」から選べます。

インターネットをたっぷり使いたいのであれば「ギガ放題プラン」にしましょう。最初の2ヵ月間は通常プラント同じ月額料金で利用できます。

実際に利用して月に7GBも使わないのであれば、無料で通常プランに変更することもできます。

3-4.おすすめ端末 Speed Wi-Fi NEXT WX03

表を大きくする場合はこちら(新しいタブ)

GMOとくとくBBは、端末の種類やクレードルの有無によってキャッシュバック額が異なります。

  • 32,000円:W03
  • 30,900円:W04
  • 29,000円:WX03
  • 28,000円:HOME+CA
  • 29,150円:HOME L01

キャッシュバック額が最も高額なのはW03ですが、端末の性能で考えるとWX03をおすすめします。

WX03で特に注目したいのはバッテリーの持ち時間です。電源ONの状態で持ち歩いても約7時間30分使えます。これだけ持てば、長時間の外出でも安心ですね。

また、WiMAXの最新速度である440Mbpsに対応しているのもWX03の魅力です。440Mbpsのエリアはまだ狭いですが、これからどんどんと広がっていくと思われます。

クレードルの有無でキャッシュバック額が違いますが、クレードルがなくても端末の充電は可能です。なので、パソコンに有線で端末を接続したい人以外はクレードル無しで問題ありません。

まとめ

今回は、現在ソフトバンクのスマホを使っている人におすすめのポケットwifiを紹介しました。

ソフトバンクでもポケットWiFiを契約できますが、安く見えて実際は高くつく場合があります。また、月に使えるデータ量にも限りがあるので、たっぷりネットが使えるわけではありません。

WiMAXなら、以下の点でソフトバンクより優れています。

  • 実際に支払う費用が安い
  • たっぷりネットが使える
  • 解約時の費用が安い

以上の3点から、わたしはソフトバンクではなくWiMAXをおすすめします。

数あるプロバイダの中で最もお得なのは、キャッシュバックが最高額のGMOとくとくBBで間違いありません!(2017年10月時点)

ぜひ、ベストなポケットWiFiを選び、お得にインターネットライフを楽しんでください!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

5つの質問で、ぴったりのインターネット回線がわかる!

こういったことで困っていませんか?

スマホの速度制限によくひっかかる
引っ越しでネット回線を引きたい
ネット回線を1番安く契約したい
通信費をもっと安くしたい

これらの悩みは、以下の診断で解決できます!!

SNSでもご購読できます。