【5分でまるわかり】WiMAXに関するすべての疑問を徹底解説!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
WiMAX アイキャッチ画像

テレビやYouTubeの広告でよく目にするWiMAX。実際のところ、料金や性能に満足できるのか気になりますよね・・・。

よく知らずに、有名だからという理由だけで契約をしてしまうと、「無制限って聞いていたのに速度制限がかかった」といった予想外のことが起きて後悔する人もいます。

そこでこの記事では元販売員の私が、そもそもWiMAXって何?」「WiMAXはどんな人におすすめ?」「どうすればWiMAXをおトクに契約できるの?」といった疑問すべてにお答えしていきます

先に結論をいうと、WiMAXはかなりおすすめできるポケットWiFiなので、しっかりと特徴を知しった上で一番おトクに契約しましょう

基本的な知識は知っているので、早くおすすめのプロバイダ(販売代理店)を教えて!という人は、こちらから読み進めてください。

それでは早速見ていきましょう!

1.WiMAXってなに?

WiMAXを簡単に一言で説明すると、手のひらサイズのWiFiルーター(端末)のことです。

WiMAX 外でも家でも利用可能

WiMAXを持っていれば、家の中でも外出先でもスマホやパソコンでインターネットに接続できます。テレワークの必要性が高まっていることもあり、自宅の固定回線としてWiMAXを使っている人が増えています。

「UQ WiMAX」はWiMAXの本家!

UQWiMAX トップページ

そしてUQ WiMAXとは、UQコミュニケーションズという会社が提供しているWiMAX回線の通信サービスのことです。

UQコミュニケーションズは、日本全体のWiMAX回線を管理しています。WiMAXを提供するプロバイダ(代理店)は20社以上ありますが、実はこれらのプロバイダはすべてUQコミュニケーションズの WiMAX回線を借りているだけです。

つまり、どのWiMAXを選ぼうが、提供しているプロバイダ(代理店)が違うだけで 、WiMAXのスペック自体の違いは全くありません。

ただ、後述しますがどのプロバイダを選ぶかで、下手をすると3万円近く損する可能性もあるので注意が必要です。

WiMAXは年々契約者が増えている

UQコミュニケーションズ 契約者数推移

UQ WiMAX契約者数を参考に作成

2009年にスタートしたWiMAXのサービスは、2020年には契約者数が3,400万人を突破しています。単純計算で日本人の4人に1人以上が使っていることになります。物凄い契約者数ですよね・・・

他のポケットWiFiは契約者数を公表していませんが、WiMAXはトップクラスに契約者が多いのは間違いないでしょう。

さて、WiMAXについての理解が深まったところで、ポケットWiFiやモバイルルーターとの違いを確認していきましょう。

WiMAXとポケットWiFi・モバイルルーターの違い

「WiMAX」「モバイルルーター」「ポケットWiFi」。なんとなく同じようなイメージですが、何が違うのかはイマイチ分かりませんよね・・・。

簡単に説明すると以下のようになります。

  • WiMAX :UQコミニュケーションが提供しているサービス
  • ポケットWiFi:Y!mobileが提供しているサービス

これらのサービスや端末をまとめてモバイルルーターと呼びますが、今では「モバイルルーター=ポケットWiFi」と呼ぶのが一般的になっています。

※このページでも「ポケットWiFi」と表記する時は、モバイルルーターすべてのことを指しています。

ではWiMAXと他の代表的なポケットWiFiを比較して、具体的にどんな違いがあるのか見ていきましょう。

2.WiMAXのメリット・デメリット

トップクラスにユーザーの多いWiMAXには、以下のようなメリットとデメリットがあります。

メリット

  • データ容量は月間無制限
  • 料金がトップクラスに安い←※契約するプロバイダをしっかり選んだ場合

デメリット

  • 3日間で10GBの通信制限がある
  • 地下など障害物が多い場所では繋がりにくい場合がある

それぞれ順番に見ていきましょう!

メリット1.データ容量が無制限

WiMAXはデータ容量が無制限なので、スマホの速度制限のようにイライラすることはありません

一応、他にも無制限で使えるポケットWiFiはあるので並べてみました。

サービス名WiMAXY!mobileaudocomoSoftBank
データ容量無制限
(3日10GB制限あり)
30GB50GB

「WiMAX」は月間で30GB、50GBなどの制限がないので、基本的にはストレスなく使うことが出来ます。

「Y!mobile」「au」も無制限で使えますが、料金が一番安いWiMAXがおすすめです!くわしく紹介します。

メリット2.料金がトップクラスに安い

インターネット回線にかける費用をなるべく安く抑えたい人にとって、料金の安さは大きなメリットです。

サービス名WiMAXY!mobileau
実質月額料金3,499円5,348円5,206円

実質月額料金とは

後述しますが、WiMAXは選ぶプロバイダ(販売代理店)によって料金は違います。「GMOとくとくBB」の実質月額料金が3,499円と一番安いです!

他のポケットWiFiと比べてWiMAXは料金が安いです。実質月額料金で比べると約2,000円の差額がありますね。

とはいえ、デメリットも気になりますよね?次にチェックしましょう。

デメリット1.3日で10GBを超えると制限がかかる「実質無制限」

1つ注意すべきは「WiMAX」「Y!mobile」「au」は、月間でのデータ容量は無制限ですが、直近3日間での制限があるということ。

直近3日間で10GBを超えた日の翌日、夜間18時頃から26時頃(8時間)まで速度が遅くなります。

引用:3日間で10GB以上ご利用の場合の速度制限について

「無制限なのに制限がある」なんてややこしいですが、3日で10GB」を超えてもYouTube(標準画質)は問題なくみられる速度で使えるので、全くネットが使えなくなるわけではありません

WiMAXユーザー|20代男性

3日で10GBは余裕がある。超えても速度がそこまで落ちないので気軽に使用できる。

そもそも、少なくとも他のポケットWiFiよりはデータ容量が充実していますし、日中は速度制限がかからないので、くの人はWiMAXで快適なネット生活を実現できるでしょう。

3日10GB制限についてくわしく知りたい人は、3日10GBって実際どのくらい使えるの?制限にかかりやすい3つの使い方を参考にしてください。

「具体的に10GBはどのくらい使えるの?」「制限中の速度で何ができるの?」そんな疑問を解決しています。

デメリット2.地下など障害物が多い場所では繋がりにくい場合がある

WiMAXの回線と、他のポケットWiFiの回線には、通信方式の違いがあります。

WiMAXの通信方式は「WiMAX2+」で、キャリア(docomo・SoftBank・au)など他のポケットWiFiの通信方式は「LTE」となっています。

  • WiMAX2+:直進性の性質が強く、高い建物などで電波が遮断される場合がある。その代わり、一度にたくさんのデータを送ることができ速度が速い
  • LTE:電波が回り込む性質があるので、室内・屋内でも比較的繋がりやすい。一方で、速度が遅くなる可能性がある。

それぞれメリット・デメリットがありますが、「繋がりやすさ」という点では4GLTEの方が有利です。

ただはっきり言って、使ってみるとどちらも大差はありません

デメリットは多少あるものの、現状ある中でベストな選択

データ容量が無制限で料金も安く、WiMAXはかなりおすすめできるポケットWiFiです。デメリットも紹介しましたが、そこまで気にする内容でもなかったと思います。

まとめると…

サービス名WiMAX
Y!mobileaudocomoSoftBank
データ容量無制限
(3日10GB制限)
30GB50GB
実質月額料金3,499円5,348円5,206円7,728円8,050円
繋がりやすさ

※WiMAXはプロバイダ、GMOとくとくBBの場合

あらためて並べてみると、はっきり言って「WiMAX」以外を選ぶ理由はないでしょう

ちなみに、「繋がりやすさ」に不安があるなら「Try WiMAX」というお試しサービスを使って、事前に問題なく使えるかチェックすることもできますよ。くわしくはこちら

そんなWiMAXを一番おトクに契約するためにプロバイダの比較をしていきましょう!

3日10GB制限がどうしてもいやだ!という人は

オンラインゲームを本格的にしたり、2人以上で使う場合は、「頻繁」に3日10GB制限にかかる可能性が高いのでポケットWiFi自体おすすめ出来ません。

WiMAXがポケットWiFiの中でトップクラスのデータ容量だからです。

どうしても3日10GB制限が気になる人は、完全無制限で使える光回線も検討してみてください。くわしくは、騙されるな!光回線37社をプロが比較して、2020年7月のおすすめを解説

3.2つのポイントを比較してプロバイダを選ぼう!

WiMAX プロバイダの選び方

WiMAXはどのプロバイダで契約してもエリアや速度、通信容量などの基本的なスペックは変わりません。

なので、プロバイダを選ぶ時は以下の2点だけに気をつけましょう。

  1. 実質月額料金が安いプロバイダを選ぶ
  2. サポート体制が万全のプロバイダを選ぶ

順番に説明していきます。

1.実質月額料金が安いプロバイダを選ぶ

プロバイダを選ぶ際に、広告に書かれた月額料金やキャンペーン価格だけを見て決めるのは危険です!プロバイダ選びは、最新機種を選んだ場合の実質月額料金で比較してください

実質月額料金とは、実際に支払う平均月額のことで、次のように計算しています。

実質月額料金 公式

実質月額料金で比較するのは、宣伝されている料金をくわしく見ると「安いのは◯月目まで、それ以降は月額料金が△円高くなる」といった場合があるからです。

たとえば…

 カシモWiMAX
事務手数料3,000円
月額料金初月:1,380円←ここだけ強調している。
2〜24ヵ月目:3,589円
25ヵ月目以降:4,079円
実質月額料金3,704円(6位/12社)
契約期間3年

カシモWiMAXの場合、「月額料金1,380円で業界最安値!」などと宣伝されることが多いですが、よくみてみると2ヶ月目から月額料金がアップし、実質月額料金は3,704円に。こういったことがよくあるので気をつけてください!

この記事で徹底調査した「実質月額料金」をならべると、どのプロバイダのどのキャンペーンが本当におトクなのか分かり、契約後に「思っていた料金と違う!」と後悔せずにすみますよ。

2.サポート体制が万全のプロバイダを選ぶ

いくら料金が安くても、サポート体制が整っておらず信頼できないプロバイダは選びたくないですよね・・・。トラブルが起きた時に対応が悪いとストレスです

なのでサポート体制が万全かどうか確認しましょう。ただし、サポート体制を定量的に評価することは難しいので、以下の3点で評価していきます。

  • 「プロバイダとしての実績」:プロバイダとして何年運営しているのか。過去に大きなトラブルはなかったか。
  • 「電話受付時間」:何時から何時まで受け付けているか。年中無休で対応しているか。
  • 「チャット機能」:チャット機能ですぐに対応できるか。

たとえばこんな感じです。

できる限り総合評価に「○」がついているプロバイダを選びましょう。

信頼できる実績があり、すぐに対応してくれるプロバイダを選べば、万が一トラブルがあったときにも安心できます。トラブルが起こってから後悔したくなければ、必ず確認しておきましょう!

さて、プロバイダ選びのポイントを踏まえた上で、実際に人気のプロバイダを比較していきましょう!

4.人気のプロバイダ12社ランキング

WiMAXキャンペーンを行っている代表的なプロバイダ12社の実質月額料金をランキングにしました。

WiMAXプロバイダランキング表

※実質月額は契約期間から計算しているため、3年間の総額では順位が入れ替わっている場合があります。

1位の「GMOとくとくBB」と最下位の「au WiMAX」では3年間の総額に45,000円以上も差がありますね。WiMAXの申し込みで後悔したくないなら以下のものを選びましょう!

目的別に、次の3つのプロバイダがおこなっている4つのキャンペーンがおすすめです。

手続き必要なし!「GMOとくとくBB」の月額割引キャンペーン

2020年7月時点、WiMAXで安さを重視するなら「GMOとくとくBB」で間違いありません。

とくに月額割引のキャンペーンをおすすめします。最安値はキャッシュバックキャンペーンですが、実質月額料金がほぼ変わらないので、毎月確実に割引きを受けられる月額割引の方がおすすめできます。(実質月額料金:3,546円)

さらにプロバイダとしての実績が20年以上あるGMOとくとくBBは、サポート体制が万全であることも評価できます。


(画像引用:GMOとくとくBB公式HP

2019年オリコン顧客満足度調査において「お客様満足度第一位」を獲得しており、サポート体制にはかなり力を入れています。


メリット

・全プロバイダの月額割引キャンペーンのなかで最安値
・手続きをしなくても割引が受けられる
・契約20日以内なら違約金なしで解約できる
・最短即日発送
・万全のサポート体制

デメリット

・口座振替での申し込みができない
・契約期間が3年とやや長い

【キャンペーンページ】https://gmobb.jp/wimax/waribiki/

◆月額料金割引
■契約時にかかる費用
初期費用:3,000円
月額料金(ギガ放題):
1ヶ月目~2ヶ月目 :2,590円
3ヶ月目~24ヶ月目 :3,344円
25ヶ月目以降 :4,263円
実質月額料金:3,546円(2位/13位中)
■解約時にかかる費用
1〜12ヵ月目:19,000円
13〜24ヵ月目:14,000円
契約更新月:0円
25ヵ月目以降:9,500円
■端末:WX06、W06、HOME02、L02
■端末発送日:最短当日※新型コロナウイルスの影響で、2週間程度の遅れあり
■支払い方法:クレジットカード
■電話サポート:10:00〜19:00(年中無休)
■参照ぺージ:最安値?私がGMOのWiMAXを選んだ理由と、2つの注意点【2020年7月版】

業界最安値!「GMOとくとくBB」のキャッシュバックキャンペーン

GMOとくとくBBのキャッシュバックキャンペーン

最安値でWiMAXを手に入れたい人は、受け取りの手続きにわずらわしさがありますが、キャッシュバックキャンペーンを選びましょう!(実質月額料金:3,499円)

なんといっても最大30,000円キャッシュバックが受けられるのは大きな魅力ですよね!

■今月のキャッシュバック額
WX06(ポケットWiFi):27,500円
W06(ポケットWiFi):27,500円
L02(ホームルーター):30,000円
HOME02(ホームルーター):29,000円

実は解約もしやすい!

WiMAXのプロバイダ「GMOとくとくBB」は、3年の契約期間があって解約金が高く、一見解約しにくいサービスのように見えます。ですが13ヶ月目に解約すれば、実はとってもおトクなんです。

その理由は、契約から12ヶ月目に受け取れるキャッシュバックにあります。

サービス名WiMAX GMOとくとくBB
契約期間3年
解約金1〜12ヵ月目:19,000円
13〜24ヵ月目:14,000円
契約更新月:0円
25ヵ月目以降:9,500円
キャッシュバック最大30,000円
13ヶ月間の総額(解約金含む)42,307円(1位/13社)

「GMO とくとくBB」は、解約金(19,000円)を支払っても高額キャッシュバック(最大30,000円)があるため、解約のしやすいサービスだと言えます。

もし買ってから1年後に、より魅力的なサービスが出ていても、契約期間の3年を待たずにおトクに解約できるのでおすすめできます。

【キャンペーンページ】https://gmobb.jp/

他社から乗り換え、口座振替がいいなら「Broad WiMAX」

Broad WiMAXは、トータル費用の安さではGMOとくとくBBに次ぐ2番目。(実質月額料金:3,594円)

1番のメリットは、他社ポケットWiFiやWiMAXから乗り換える場合は、その違約金を負担(最大19,000円まで)してくれるという点です。

また、口座振替に対応したWiMAXプロバイダの中では一番安いので、クレジットカードを持っていない人にもおすすめです。

ただ2年以内に解約すると、キャンペーン違約金(9,500円)がかかるので注意が必要です。


メリット

・口座振替ができるプロバイダの中では最安値
・手続きをしなくても毎月の割引が受けられる
・他者からの乗り換え時に違約金を負担してくれる
・最短即日発送

デメリット

・初期費用が高い(端末代がかかる)
・2年以内に解約した場合の違約金が高額
・サポート体制が少し不安

【キャンペーンページ】https://wimax-broad.jp/

◆月額料金割引
■契約時にかかる費用
初期費用:3,000円+18,857円(クレジットカード払いで有料オプション加入の場合18,857円引き)
月額料金(ギガ放題):
1,2ヵ月目2,726円
3〜24ヵ月目3,411円
25ヵ月目以降4,011円
実質月額料金:3,594円(3位/13位中)
■解約時にかかる費用
1〜12ヵ月目:19,000円
13〜24ヵ月目:14,000円
契約更新月:0円
25ヵ月目以降:9,500円
キャンペーン違約金:24ヵ月以内9,500円
■端末:W06、WX05、L02、HOME01
■端末発送日:最短当日※新型コロナウイルスの影響で、大幅な遅れあり
■支払い方法:クレジットカード/口座振替
■電話サポート:11:00〜18:00(月〜土/年末年始を除く)
■参照ページ:絶対に迷わない!Broad WiMAXの契約前に知るべき5つの注意点

1年以内で解約する可能性があるなら「BIGLOBE WiMAX」

BIGLOBEは元NEC系の老舗プロバイダ。

2019年10月から新プランになり、契約期間が1年になりました。1年以内の契約解除料も1,000円と今までより大幅に安くなっています。

ただし、端末代が19,200円と高額で、実質月額料金は今までよりも約1,500円高くなっているので、長期間使う場合はおすすめしません。

※新型コロナウイルスの影響により、モバイルルーターは在庫切れとなっておりホームルーターのみの受付となっています。


メリット

・1年契約できる
・口座振替に対応している
・解約金(契約解除料)が安い

デメリット

・初期費用が高い(端末代がかかる)
・実質月額料金が他のプロバイダに比べて高い
・端末発送が遅い

【キャンペーンページ】https://join.biglobe.ne.jp/mobile/wimax/

◆15,000円キャッシュバック
■契約時にかかる費用
初期費用:3,000円
端末代:19,200円
月額料金(ギガ放題):3,980円
実質月額料金:4,228円(11位/13位中)
■解約時にかかる費用
1〜12ヵ月目:1,000円
13ヶ月目以降:0円
端末代の残債(24回払):800円/月
■端末:WX06、W06、WX05、L02
端末発送日:2〜7日程度※新型コロナウイルスの影響で、ホームルーターのみ新規申し込み受付
■支払い方法:クレジットカード/口座振替
■電話サポート:9:00〜18:00(年中無休)
■キャッシュバックをもらえる時期:端末受け取り月の翌月
■キャッシュバックのもらい方:端末を受け取った月の翌月、BIGLOBEのマイページにログインし、キャッシュバックの受け取り口座を登録します。すると、数日以内に振り込まれます。
■参照ページ:私が、BIGLOBEのWiMAXを選んだ5つの理由

5.お得にWiMAXを買う5つのステップ

さて、あなたにぴったりのWiMAXプロバイダがわかったところで、実際にWiMAXを契約する際の手順をわかりやすく説明していきます。たった5つのステップで終わりますので是非参考にしてください!

ステップ1.エリアを確認しよう
ステップ2.プロバイダを選ぼう
ステップ3.キャンペーンを選ぼう
ステップ4.プランを選ぼう
ステップ5.機種を選ぼう

ステップ1.エリアを確認しよう

まずは、自分が生活している場所が通信エリアに入っているのかどうかを必ず確認しましょう。エリアの確認は、こちら(https://www.uqwimax.jp/signup/area/)からカンタンにできます。

地図から確認する方法(サービスエリアマップ)と、住所から確認する方法(ピンポイントエリア判定)があります。

ピンポイントエリア判定で「○」と表示されれば全く問題なくWiMAXを使えます。

ピンポイントエリア判定が「△」だった場合

Try WiMAX」を申し込んで、実際に使えるか試してみてください。

実際に試して問題なく使える場合もありますし、通信が不安定な場合もあります。WiMAXを契約したらこれから3年間使うことになるので、しっかりと使い心地を確認しましょう。

詳しくは【実際に試した結果】Try WiMAXの申し込み前に知っておくべき3つの注意点を参考にしてください。

ステップ2.プロバイダを選ぼう

プロバイダで迷ったら、GMOとくとくBBを選べば間違いありません。

【公式ホームページ】https://gmobb.jp/

ステップ3.キャンペーンを選ぼう

GMOとくとくBBでは前述の通り、月額割引とキャッシュバックキャンペーンを実施しています。それぞれの特典内容や実質月額、解約金などを一覧表にしました。

GMOとくとくBBのCP比較

一番安く最新端末を利用できるのはキャッシュバックキャンペーンです。

しかし、キャッシュバックを受け取るには、契約から11カ月後に手続きが必要で、それを忘れると1円ももらえないという注意点があります。

それぞれのキャンペーンは申し込みページが違うので、以下のリンクからそれぞれのページに進んでください。

ステップ4.プランを選ぼう 

おすすめは「ギガ放題(月額3,480円)を選びましょう。

もうひとつのプランである「通常プラン(月額2,690円)」は、月に7GBの容量制限があります。それ以上利用すると、通信速度が128kbpsに制限され、Webページの閲覧もできません。

7GBでどれくらいネットが使えるのかというと、大体以下の通りです。

メールの送受信:約268万通
ホームページ閲覧:約7,200ページ
動画視聴:約4.5時間
音楽ダウンロード:約255曲

プラン選択に迷ったら?

実際に使ってみて「この様子だと来月は7GBも使わないかも」と思ったら、契約後でもプランの変更が可能です。

なので迷っても、申し込みの時点では「ギガ放題プラン」を選択するのがおすすめです。

 

ステップ5.機種を選ぼう 

WiMAXおすすめルーターの性能比較表

持ち運べるタイプのルーターは2機種ありますが、その中でもWX06をおすすめします。その理由は以下の3つ

・WiMAX最新機種
・バッテリーが長持ち
・室内でもつながりやすい

WX06は、WiMAXが苦手とする室内での通信をパワーアップさせており、以前のルーターよりも使いやすくなっています。詳しくはこちらをご覧ください。

端末が届いた後の設定方法

契約後、端末が届いたらすぐにWiMAXを利用できるようになります。

端末側での設定はたったひとつ、「SIMカードを端末に挿入する」だけです。

次は、パソコンやスマホ側のWiFi設定です。

ネットを使いたい端末のWIFI設定画面を開いてください。

iPhone/Android:設定>Wi-Fiの順に選択し、Wi-Fiをオンにする
Windows 10:「スタート」メニューから、設定>ネットワークとインターネットの順に選択し、Wi-Fiをオンにする
MacOS:画面右上の扇形のアイコンをクリックする

ネットワーク一覧が表示されるので、WiMAXに同封されている初期設定カードの「SSID1」と同じ名前を探して選択しましょう。あとはSSIDの下に記載されている「WPA_Key(パスワード)」を入力すれば、ネットに接続されます。

まとめ

今回は、WiMAXについての基本知識からおすすめプロバイダまでを解説してみました。注意点もしっかり理解した上で契約してくださいね。

2020年7月現在、快適なネット生活を送るのに一番おすすめなポケットWiFiはWiMAXで間違いないでしょう!

WiMAXを契約する場合には、GMOとくとくBB(月額割引キャンペーン)が一番おすすめです。最安を求めるならGMOとくとくBB(キャッシュバックキャンペーン)を選びましょう。

WiMAXに関するよくある質問12選

WiMAXに関する質問の中でよくある質問を12こピックアップしました。是非参考にしてください。

  1. WiMAXと光回線どっちがいいの?
  2. WiMAXの通信速度はどれくらい出るの?
  3. オンラインゲームするのにWiMAXは使える?
  4. WiMAXでauの4GLTE回線も使えるの?
  5. WiMAXのホームルーターはおすすめ?
  6. クレードルは必要?
  7. 口座振替できるWiMAXのプロバイダはどこ?
  8. GMOとくとくBBはなぜ高額なキャッシュバックキャンペーンができるの?
  9. 価格.comから買う方が安いのでは?
  10. 家電量販店でWiMAXを買うのはおすすめできないの?
  11. すぐに届くWiMAXプロバイダはどこ?
  12. 5GでWiMAXは利用できるの?

1.WiMAXと光回線どっちがいいの?

 WiMAX
GMOとくとくBB
光回線
実質月額料金
3,499円

3,800円〜5,200円
工事
不要
×
必要
通信速度
無線なので不安定

高速で安定している
使える場所
どこでも使える

家でのみ使える
データ容量
無制限(3日10GB)

完全無制限

WiMAXと光回線にはメリットとデメリットがありますが、それぞれおすすめできる人はこんな人です。

  • WiMAXがおすすめな人:なるべく安くものが良い、外出先でもネットを使う、すぐに使いたい
  • 光回線がおすすめな人:オンラインゲームを頻繁にする、家族で共有して使う、データ容量を気にせず使いたい

2.WiMAXの通信速度はどれくらい出るの?

※実際の速度はみんなのネット回線速度を参照

WiMAXの最大通信速度は、最新端末で440Mbps、ひとつ前の旧型で1,237Mbpsとなっています。ただし、この数値はあくまで理論値で普通に使う時には出ない速度です。なので本当に重要なのは実際の速度が出るかどうかです。

速度を必要とする高画質動画やテレビ会議でも10Mbpsくらいあれば十分なので、20Mbps以上速度が出ている上記2つの端末は全く問題なく快適なネット生活ができます。

3.オンラインゲームするのにWiMAXは使える?

対人ゲームを本気で遊ぶには厳しいですが、スマホやPS4、Nintendo Switchなどでカジュアルに楽しむならWiMAXは十分使えます。

オンラインゲームでは、ネットの通信速度よりも「Ping」という数値が重要です。この数値が大きすぎると、対戦相手の行動がゲーム内に反映されるまでのタイムラグが大きくなってしまいます。

ping イメージ図

上の図で説明すると、ping値が遅いとシュートボタンを押してから実際にシュートされるまでの時間にタイムラグができてしまいます。

私が持っているWiMAXと、会社で使っている光回線のping値(低いほど良い)を測ってみました。

WiMAX:40.30
光回線:13.67

3倍近い差がありますが、動画を見たり、オンラインショッピングをしたりといった場合にはあまり差を感じません。

しかし、PUBGストリートファイターなどの対戦ゲームではコンマ1,2秒の差が勝敗を決めるので、トップレベルのゲーマーは光回線をPCやPS4に有線接続してプレイしています。なので、そういう人たちとWiMAXを使って戦うのは厳しいです。

4.WiMAXでauの4GLTE回線も使えるの?

WiMAXのハイスピードプラスエリアモードに切り替えれば、au 4G LTEの電波も使えます。

メリット

  • 地下や障害物が多いところなど、WiMAXの電波が届きにくい場所でも通信できる
  • WiMAXエリア外でも使う事ができる

デメリット

  • 通信制限が7GB/月になり、それ以上使用すると大幅な速度制限を受ける
  • 速度制限を解除する方法はなく、月が変わるまでずっと低速になる

ハイスピードプラスエリアモードは申し込みも必要なく、使用している端末で設定できますがデメリットもあるので、注意してください。

5.WiMAXのホームルーターはおすすめ?

WiMAXには、据置用のホームルーターがあります。

WiMAXルーター性能比較表 据え置き型

家でしかWiMAXを使わないという場合、据え置き型のL02がおすすめです。くわしくは、「自宅のWiFiにおすすめ!手軽に使えるホームルーターL02を徹底解説」をご覧ください。

6.クレードルは必要?

クレードルは基本不要です。

クレードルとは、ルーター本体をのせて置くだけで充電ができる充電器のこと。

かんたんに接続できて便利ですが、クレードルがなくても充電できるので、基本的には必要ありません。

ちなみに、W06に関してはクレードルの販売はありませんでした。

7.口座振替できるWiMAXのプロバイダはどこ?

UQ WiMAX、Broad WiMAX、BIGLOBE、auで口座振替が可能です。

すべての実質月額を計算したところ、一番安くなるのはBroad WiMAXでした。

口座振替が可能なプロバイダの安さランキング

ただし、どのプロバイダで申し込んでも、口座振替はクレジットカードで申し込んだ場合よりも高くなってしまいます。

参考記事:WiMAXの主要10社比較!契約におすすめプロバイダ4選【2020年7月版】

8.GMOとくとくBBはなぜ高額なキャッシュバックキャンペーンができるの?

『GMOとくとくBB』は、東証一部上場企業GMOインターネット株式会社が運営しています。プロバイダ運営実績も20年以上あり、ネット回線のプロバイダの中でも最大手です。

GMOインターネット お客様満足度

GMOとくとくとBB 公式HPより)

その安定した資金力にプラスしてWebでの集客に注力している為、人件費などのコストを安く抑えることができます。そして、安く抑えたコスト分をそのまま購入者にキャッシュバックすることができています。

9.価格.comから買う方が安いのでは?

WiMAXは公式サイトから申し込むほうが、選べるプラン、キャッシュバックや違約金などの点でお得です

たとえば、GMOとくとくBBの場合、価格.comではキャッシュバックキャンペーンしか選べませんが、公式サイトなら月額割引キャンペーンも選べます。

また、契約期間内に解約した場合にかかる違約金(契約解除料)も以下の表の通り公式サイトのほうが安いです。

価格.comと公式サイトの契約解除料の違い

価格.comは、いろいろな商品を比較しながら買える便利なサイトで私も良く使っていますが、WiMAXは公式サイトから申し込むことをおすすめします。

10.家電量販店でWiMAXを買うのはおすすめできないの?

WiMAXは、ヤマダ電機やビックカメラなどの家電量販店などからも申し込めます。端末が店舗にあればその日の内に持って帰られる、パソコンなど他に買う商品があればその場で割引をしてもらえることがあります。

しかし、WiMAXのみを買うのであれば人件費や店舗の固定費などのコストがかかっているので、キャンペーンの特典が良くないです。WEBから申し込んだ方がお得に申し込めます。

11.すぐに届くWiMAXプロバイダはどこ?

最短当日に端末を発送していくれるプロバイダは、以下の4つです。

  • GMOとくとくBB
  • Broad WiMAX
  • カシモ WiMAX
  • UQ WiMAX

au・YAMADA・BIC WiMAX・WIRELLES WiMAXは当日に受け取ることも可能ですが、料金が高いのであまりおすすめできません。

※新型コロナウイルスの影響で発送状況が日々変わっています。必ず公式サイトで確認して契約するようにしてください。

12.5GでWiMAXは利用できるの?

2020年から本格的にスタートする5G。現状ではWiMAXで5G回線を使うことはできません。

しかし、WiMAXを運営するUQコミュニケーションズの親会社KDDIが5G回線の周波数帯を3枠獲得しており、将来的には5G回線の利用ができる可能性はあります。

5つの質問で、ぴったりのインターネット回線がわかる!

こういったことで困っていませんか?

スマホの速度制限によくひっかかる
引っ越しでネット回線を引きたい
ネット回線を1番安く契約したい
通信費をもっと安くしたい

これらの悩みは、以下の診断で解決できます!!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

つなが〜るネット – インターネットがもっとお得に快適になる情報サイト