マイネオ(mineo)が遅い?口コミからわかった原因3つと対策を解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

スマホの通信速度が遅いと、ストレスがたまってしまいますよね。

ネットの口コミを調べていると、マイネオのデータ通信が遅くなる原因は3つあることがわかりました。

今回は、マイネオが遅いときに考えられる原因と、その対策についてお伝えしていきます!

マイネオの通信が遅くなる3つの原因とその対策

マイネオについて、ネットの口コミを調べていると「通信が遅い」という声が多く見つかりました。

さらに口コミを調査した結果、マイネオが遅くなる原因は次の3つが考えられます。

  1. 回線が混雑している時間帯に使っている
  2. プランやデータ容量に問題がある
  3. 低速モードになっている

それぞれの原因について、対策といっしょに見ていきましょう。

原因1.回線が混み合う時間は遅くなりやすい

マイネオが遅くなる原因のとしてまず考えられるのは、いつスマホを使っているのかです。

通勤時間やお昼の休み時間など、多くの人がスマホを使う時間帯は、データ通信がおそくなりがち

とくに格安SIMは、大手キャリアと比べるとさらに速度が下がりやすくなります。

対策:Wi-Fiを活用しよう

回線が混み合う時間でも、ネットを気持ちよく使いたいのであればWi-Fiを活用しましょう。

自宅やオフィスにWi-Fiがなければ、カフェやコンビニのフリーWi-Fiを利用するか、ポケットWi-Fiを使うのも1つの手です。

有料のWi-Fiサービス「mineo WiFi」は最後の手段

マイネオには、有料のWi-Fiサービス「mineo WiFi」で、国内のWi-Fiスポットに繋ぐことができます。

最後の手段として使ってみるのはアリですが、評判はよくないのでできるだけ使わない方がいいです。

基本的には自宅やオフィスのWi-Fiを利用するか、なければFREESPOTなどで無料のWi-Fiを探すことをオススメします。

原因2.データ容量を使い切って制限がかかっている

マイネオが遅くなる原因の2つ目は、データ通信量を使い切ってしまっていることです。

どのスマホでも言えることですが、いわゆる「速度制限」にかかってしまうと、データ通信はかなり遅くなってしまいます

なにもできない!と叫びたくなるくらい遅くなってしまうので、残りのデータ量には気をつけましょう。

対策1:フリータンクを活用

マイネオには、他のユーザーからパケットを分けてもらえる「フリータンク」というサービスがあります。

データ量が余った人がシェアしたパケットを、月末の21日以降に1GBまで引き出して使うことができるんです。

マイネ王というサービスへ無料登録するだけで使えるようになるので、少しでもギガが欲しい人はぜひ活用してください。

対策2:他のユーザーにパケットギフトしてもらう

パケットギフトは、特定の人にデータ量をシェアすることができるサービス

たとえば、家族で使っていて、自宅のWi-Fiが使えるお母さんが子供へパケットを分けてあげる、というような使い方ができます。

まわりにマイネオユーザーがいないと使えませんが、もしいたらお願いしてみましょう。

対策3:料金プランを見直してみる

自分が今利用しているプランを見直し、必要があればプランを変更してみるのもいいかもしれません。

マイネオのマイページから、月ごとのデータ通信量をチェックしてみましょう。

もし、契約しているプランのデータ量を大きく上回っているなら、ひとつ上のプランへアップグレードするのもアリです。

原因3.低速モードになっている

マイネオの速度が遅くなったと感じたなら、スマホの設定を確認してみましょう。

マイネオには「mineo スイッチ」という、あえてネットを低速にすることで通信量をおさえる機能があります。

自分が気付かないうちに設定しており、スマホが遅くなってしまっていることも考えられます。

対策:専用アプリでモードを確認!

マイネオには専用アプリの「mineo アプリ」というものがあります。

mineoスイッチがONになっていたら、低速モードになっているということです。

速度制限がかかっているかどうかも確認できるので、スマホの読み込みが遅いな…と感じたら、mineoアプリをチェックしてみてください。

それでも速くならないなら、最後の手段もアリ!

マイネオが遅くなる3つの原因と対策についてお伝えしてきました。

どれも試したけどスピードが速くならない…という場合は、使っているエリアではマイネオがそもそも遅いということが考えられます。

この場合は回線そのものの問題なので、ユーザーからすると、どうすることもできません。

速くて安定した格安SIMへ乗りかえよう!

スマホの速度が気になって、対策をいろいろ試したけど改善しない場合は、SIMカードを乗りかえてしまいましょう。

乗りかえる時のポイントは、大手キャリアやその関連会社が提供しているサービスを選ぶことです。

オススメの格安SIMは、ワイモバイルUQ mobileの2つ。

どちらもキャリアと同じような速度で使えると評判なので、通信速度が気になる人はぜひ試してみてください!

家族みんなで使うなら|ワイモバイル(Y!mobile)

大手キャリアのソフトバンクがサービスを提供する格安SIM。

ソフトバンクと同じ回線を使っているので、他の格安SIMよりも安定したデータ通信ができる、と評判が高いです。

いくつかの割引をいっしょに受けることで、家族メンバーみんなのスマホ代がおトクになるので、家族で格安SIMを使いたい人へおすすめ!

こんな人におすすめ

・家族みんなで格安SIMを使いたい
・子どもが学生だ
・安定したネット通信を使いたい

料金(税抜):¥2,680〜¥4,680
データ量:3GB〜14GB
通話10分かけ放題:あり(無料)
最低利用期間:なし
解約金:0円
割引:新規割、学割、家族割

ポケットWi-Fiと合わせて使うなら|UQ mobile

auを提供しているKDDIのグループ会社で、auの回線を利用した格安SIMです。

UQ WiMAXというポケットWi-Fiとのセット割引や、家族割・学割もあるので、多くの人がおトクにスマホを使えるようになっています!

グループ会社ということもあって、au回線を利用した他の格安SIMよりも安定した速度が出やすくなっているのがポイントです。

こんな人におすすめ

・UQ WiMAXのポケットWi-Fiを使っている
・格安SIMのデータ量だけでは不十分と感じている
・通話オプションは必要ない

料金(税抜):¥1,980〜¥3,980
データ量:3GB〜14GB
通話10分かけ放題:あり(有料|¥700/月)
最低利用期間:なし
解約金:0円
割引:学割、家族割、ギガMAX月割

まとめ

マイネオのデータ通信が遅くなる原因とその対策についてお伝えしました。

もし、どれを試しても改善しない!という場合は他の格安SIMへの乗り換えも考えてみましょう。

ワイモバイルUQ mobileは、大手キャリアのような通信速度と評判なので、気になる人は使ってみましょう!

5つの質問で、ぴったりのインターネット回線がわかる!

こういったことで困っていませんか?

スマホの速度制限によくひっかかる
引っ越しでネット回線を引きたい
ネット回線を1番安く契約したい
通信費をもっと安くしたい

これらの悩みは、以下の診断で解決できます!!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

つなが〜るネット