WiMAXのハイスピードプラスエリアモードとは?メリット・デメリットを解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

ハイスピードプラスエリアモードって「どんな機能なの?」「どんな時に使えばいいの?」

WiMAXに関係する機能だとは分かっていても、くわしくは知らないという人が多いのではないでしょうか?

実はハイスピードプラスエリアモードは、よく知らずに使ってしまうと、追加料金が発生したり、急に速度制限にかかってしまうなどの注意点があります。

そこで今回は、WiMAXユーザー歴5年以上の私が、ハイスピードプラスエリアモードの基本情報やメリット・デメリットを、どのサイトよりもわかりやすく解説します

ぜひ参考にしてください!

1.ハイスピードプラスエリアモードとは?

ハイスピードプラスエリアモードとは、かんたんに言うと「WiMAXの性能を最大限まで引き出す機能」のことです。

標準モード(=ハイスピードモード)は、WiMAX2+回線だけで通信するのに対し、ハイスピードプラスエリアモードでは、WiMAX2+回線・LTE回線の2つを同時利用して通信します。

くわしくは後述しますが、ハイスピードプラスエリアモードを使うと、以下3つの性能が向上します

  • 【通信速度が上がる】:すぐにネットに繋げたい緊急時に通信できる
  • 【通信できるエリアが広がる】:山間部・田舎でも通信ができる
  • 【安定した通信ができる】:地下や、建物が密集した場所でも、安定した通信ができる

「良いことだらけじゃん!」と思うかもしれませんが、ハイスピードプラスモードの使用時にはいくつか注意点があり、はっきり言って使いこなすのは難しいです。

これからお教えする注意点をしっかり把握し、緊急時にのみ使用することをおすすめします

2.ハイスピードプラスエリアモードの3つのメリット

まずは、ハイスピードプラスエリアを使うことで得られる以下3つのメリットをご紹介します。

知っているという方は、「3.ハイスピードプラスエリアモードの3つの注意点」まで読みとばしてください。

それぞれくわしく解説していきます。

メリット1.通信速度が上がる

ハイスピードプラスエリアモードを使うメリットの1つ目は、通信速度が上がること。

 ハイスピードモードハイスピードプラスエリアモード
最大通信速度(下り)440Mbps1,237Mbps

※下り:メールやファイルの受信、動画を再生する「ダウンロード速度」のこと。さまざまなサイトで表記される速度は、この下り速度です。

通常のハイスピードモードでも十分に早いWiMAXですが、ハイスピードプラスエリアモードを使うと、最大通信速度は約3倍になります

速度が上がるヒミツ

通信速度が上がるヒミツは、WiMAX2+回線とau 4G LTEを同時利用することで速度をアップさせる「キャリアアグリケーション」という技術が使われていることです。

ハイスピードプラスエリアモードに切り替えると、2つの回線の同時利用によって、WiMAXの最大通信速度を1,237Mbpsに上げることができます。

メリット2.通信できるエリアが広がる

ハイスピードプラスエリアモードを使うことで、通常の「WiMAX2+回線」に加え「au 4G LTE回線」を利用できることをお伝えしました。

よって通信エリアは、以下のように広がります。

※出典:au公式エリアマップWiMAX公式エリアマップ

au 4G LTE回線を利用することにより、WiMAX2+回線が苦手な「田舎や山間部での通信」も可能になります。

SoftBank回線・docomo回線を利用するポケットWiFiに比べ、エリアが狭いとされているWiMAX2+回線ですが、ハイスピードプラスエリアモードを使うことで通信エリアを広げられます。

※WiMAXと、他のポケットWiFiの通信エリアの広さを比較したい人はつながりやすい・エリアが広いポケットWiFiはこれだ!を参考にしてください。

メリット3.安定した通信ができる

また、WiMAX2+回線とau 4G LTE回線を同時利用することで、安定した通信ができるというメリットもあります。

以下の画像に、それぞれの回線の特徴を表しました。

以下のように、ハイスピードプラスエリアモードは「au 4G LTE回線」「WiMAX2+回線」の2つの、良いとこ取りの機能だと分かります。

  • 障害物が多い場所:au 4G LTE回線を利用し、安定した通信ができる
  • 障害物がない場所:WiMAX2+回線を利用し、高速通信ができる

よって、通常時よりも安定した通信が可能となります。

3.ハイスピードプラスエリアモードの2つの注意点

ハイスピードプラスエリアモードの3つのメリットをみて、「ずっと使っていたい」と思ったかもしれませんが、そうもいきません。

WiMAXの性能を、最大限まで引き出せるハイスピードプラスエリアモードには、以下2つの注意点があるんです。

それぞれくわしく解説していきます。

注意点1.一度使っただけで追加料金がかかる

WiMAXのハイスピードプラスエリアモードを利用するには、通常の月額料金にくわえ、オプション代として1,005円の追加料金がかかります

月に一回でも使うと料金を請求されるので注意が必要ですが、契約プランによっては無料で使える場合があります。

  • 2年契約プラン:1,005円
  • 3年契約プラン:無料

自分のWiMAXが2年契約プランの人は、通常モードで十分なネット環境である場合、ハイスピードプラスエリアモードを使わないようにしましょう

注意点2.月間データ使用量が7GBを超えると速度制限がかかる

また、ハイスピードプラスエリアモードは月に7GBまでしか使えません。7GBを超えると、かなり厳しい速度制限ルールが適用されてしまいます

「WiMAXは無制限(3日10GB制限つき)で使えるんじゃないの?」と困惑してしまうと思うので、くわしく解説していきましょう。

まずは以下の表をご覧ください。

←(左右にスクロールできます)→

 基本ルールハイスピードプラスエリア使用時のルール
内容直近3日間の合計データ量が
10GBを超えると速度制限がかかる
(標準モード ・ハイスピードプラス
エリアモードの合計)
ハイスピードプラスエリアモードのデータ量が
月間7GBを超えると、速度制限がかかる
期間10GBを超えた日の翌日の
夜間18時〜26時まで
月末まで
制限時の速度1Mbps128Kbps

ギガ放題プランであっても、ハイスピードプラスエリアモードを使うと、3日10GBという基本ルールにくわえ、月間7GBまでの制限ルールが適用されます。

ややこしいので、以下の2点だけを頭に入れておけば問題ありません

  • ハイスピードプラスエリアモードで7GBを超えて制限にかかった場合、通常モードに戻しても制限はかかったまま(128Kbps)
  • 通常モードで10GBを超えて制限にかかった場合、ハイスピードプラスエリアモードに切り替えても制限はかかったまま(1Mbps)

また、3日10GB制限にかかっても1Mbpsは出ますし、制限も翌日夜間で解除されますが、ハイスピードプラスエリアモードによる7GB制限にかかったら月末までまったく使えません

なのでハイスピードプラスエリアモードは、使うとしても絶対に月間7GBを超えないように注意してください

※1Mbps:YouTubeの標準画質なら再生できるくらいの速度
※128Kbps:動画はもちろん、Webサイトの閲覧もままならない速度
※「ワンタイムHS+A」という機能を使えば、7GBを超えそうになると、自動でハイスピードプラスエリアモードを解除してくれるのでおすすめです。くわしくはこちらで後述します。

4.ハイスピードプラスエリアモードの設定方法

ハイスピードエリアモードの設定は、端末から手動でおこないます。

ここでは、最新端末でおすすめの「WX06」を例に、ハイスピードプラスエリアモードの設定方法をご紹介していきましょう。

  1. 画面を右にスクロール
  2. 「クイックメニュー」を押す
  3. 「通信モード」を押す
  4. 「HS+A」を押して設定完了

手順は上記の4つで、カンタンに設定できますが、参考程度に画像つきで解説していきます。

※ハイスピードプラスエリアモードが使える機種は、最新端末のWX06やW06、WX05、W05、 LO2です。今からWiMAXを契約する人はWX06・ W06から選ぶことになるので問題ありません。

まずは、画面を右にスクロールします。

すると上のような画面になるので、「クイックメニュー」を押してください。

次に、「通信モード」を押します。

すると以下の画面がでるので、「HS+A」(=ハイスピードプラスエリアモード)を押せば、その瞬間からハイスピードプラスエリアモードに切り替わります。

ワンタイムHS+Aの設定方法

WX06には、7GBを超えないよう、設定した通信量に達すると、ハイスピードプラスエリアモードが自動で解除される「ワンタイムHS+A」という機能がついています。

以下の手順で設定できます。

  1. 画面を左スクロール
  2. 「解除する通信量」を押し、通信量を6GBに設定する

ハイスピードプラスエリアモードは、7GB以上通信すると速度制限にかかってしまうので、ワンタイムHS+Aでは、「解除する通信量」を6GBに設定しましょう

まとめ

紹介したメリットから、ハイスピードプラスエリアモードは、以下のような場合に便利な機能だと言えます。

  • すぐにネットに繋げたい時
  • 田舎・山間部で使いたい時
  • 通信が安定しない地下で使いたい時

とはいえ、追加料金がかかってしまったり、速度制限にかからないよう管理するのが大変だったりと、使用時には注意点が多いです。

ハイスピードプラスエリアは、あくまで緊急時にのみ使うべき機能だと思っておいてください

5つの質問で、ぴったりのインターネット回線がわかる!

こういったことで困っていませんか?

スマホの速度制限によくひっかかる
引っ越しでネット回線を引きたい
ネット回線を1番安く契約したい
通信費をもっと安くしたい

これらの悩みは、以下の診断で解決できます!!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

つなが〜るネット – インターネットがもっとお得に快適になる情報サイト