ドコモ光のプロバイダを比較して分かった!おすすめはコレだ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

ドコモ光でお得に使えるプロバイダをお探しですね。

ドコモ光は使えるプロバイダが数多くあり、どのプロバイダを選べばよいか迷ってしまいます。

ここでは、ドコモ光のもっともお得で快適に使えるプロバイダをご紹介します。ぜひ、参考にしてください。(2017年12月現在)

1.プロバイダ選びの2つのポイント

プロバイダ選びで大切なポイントは2つあります。

・料金
・通信速度

通信費は毎月かかってくるので、少しでも抑えたいですね。料金は大切なポイントです。

また、いくら安いからと言っても、通信速度が遅ければ快適なネット環境とは言えません。通信速度が速いということもプロバイダ選びでの大切なポイントです。

先に結論から言うと、ドコモ光のおすすめプロバイダはドコモnetGMOとくとくBBのどちらかになります。

2つのポイントを一つずつ抑えながら、その理由を見ていきましょう。

料金が安い!タイプAのプロバイダを選ぼう

ドコモ光では提携プロバイダと契約するほうが、プロバイダと別契約するよりもお得です。

以下の26種類(タイプA・タイプB)が、提携プロバイダとして選べます。

ドコモ光 タイプA タイプB 単独タイプ
月額料金 5,200円 5,400円 5,000円+プロバイダ料
プロバイダ ドコモnet、plala、So-net、GMOとくとくBB、アンドライン、ビービ―エキサイト、タイガースドットコム、ウーパ、ビッグローブ、ディーティーアイ、エディオンネット、シナプス、ティキティキインターネット、楽天ブロードバンド、ネスク、01光コアラ、アイシーネット、ハイホー @TCOM、OCN、@nifty、ティーエヌシー、アサヒネット、ワクワク、ちゃんぷるネット 好きなプロバイダ
(別契約)

ドコモ光でのプロバイダ選びは、提携プロバイダ(タイプA)の中から選択しましょう。そうすると、月々の通信費を安く利用できます。

ドコモ光のタイプAとタイプBの違い

タイプAとタイプBはどちらも通信速度は同じ、つまり品質に違いはありません。タイプBのほうが、値段が高いから質が良い!ということもありません。ドコモとプロバイダ会社が、それぞれの契約内容で値段を決めているので、値段に違いがあるだけです。

通信速度は変わらないので、タイプAを利用したほうが毎月200円お得でおすすめです。

通信速度が速い!v6プラス対応のプロバイダを選ぼう

プロバイダ選びでは、料金の他にも通信速度の速さも大切なポイントでしたね。

ドコモ光ではどのプロバイダを選んでも、最速1Gbpsという通信速度です。しかし、使用しているプロバイダによって速かったり遅かったりと感じ方に違いがあるようです。

では通信速度の速いプロバイダは、何を基準に選べば良いかと言うと、利用するプロバイダがIPv6に対応しているかどうかです。IPv6という規格に対応していれば、ネットが混雑していても快適にネットが使えます。

タイプAの中でIPv6対応なのは、ドコモnetとGMOとくとくBBです。値段・速さ2つのポイントでプロバイダを選ぶなら、ドコモnetかGMOとくとくBBを選びましょう。

パソコンを繋ぐにはIPv6かIPv4、どちらかのアドレスが必要。IPv6が速い理由は、IPv6アドレスとIPv4アドレスの両方を使えて、速度が安定しているほうに自動接続してくれるから。

2.ドコモ光でおすすめのプロバイダ2選

以上のことから、ドコモ光のプロバイダでおすすめなのはドコモnetかGMOとくとくBB。

次に、それぞれの特徴をみてみましょう。

ドコモnet

ドコモnetはドコモが提供しているプロバイダですので、光回線サービスの会社とプロバイダ会社を分けたくない人にはおすすめです。プロバイダとしては新しいものになりますので、知名度は高くありません。

ドコモnetのメリットは、手続きや問い合わせが全てドコモで行えばよくなるので簡単なこと。契約の手続きや問い合わせを一つにまとめたい人は、ドコモnetを選びましょう。

しかし、サービスの充実度はGMOとくとくBBのほうが評判が良いです。

GMOとくとくBB

GMOとくとくBBはプロバイダ事業を長く続けている評判の良いプロバイダです。

評判の良い理由の一つとして、通信速度を公開しています。

この画像は、GMOとくとくBBの通信速度の実測の全国平均をホームページで公開したもの。GMOとくとくBBでは、通信速度が110Mbpsを下回ってしまった時はGMOとくとくポイント100pキャッシュバックされるという保証が付いてきます。

キャッシュバックを行っているということはそれだけ通信速度に自信があるということ。GMOとくとくBBの速さの信用につながりますね。

GMOとくとくBBならさらに特典がある

さらに特典として、IPv6に対応したWi-Fiルーターを無料レンタルできます

せっかくプロバイダがIPv6に対応していても、Wi-FiルーターがIPv6に対応していなければ、その速さを出すことはできません。

GMOとくとくBBなら、自分でIPv6に対応したWi-Fiルーターを買う必要もありませんし、自宅のWi-Fi速度も加入と同時に上げることができるのでお得ですね。

12月31日まではキャッシュバック特典も!

さらに12月31日までの申し込みで、最大10,700円のキャッシュバックがもらえるキャンペーンをしています。

注意点として、ホームページ以外から申し込むとキャッシュバック対象外なので気をつけてください。GMOとくとくBBの公式ホームページはこちらから。

3.ドコモ光をGMOとくとくBBから申し込む手順

ここからは、ドコモ光をGMOとくとくBBから申し込む手順を説明します。

手順1.お申し込みをクリック

まずはこちらをクリック。上記の写真のページに移動します。

Webページの真ん中にある「お申し込み」をクリックしましょう。

手順2.アンケートに答える

アンケートが表示されますので、それぞれの質問に答えて「申し込む」をクリックします。

手順3.住所・電話番号などを記入

住所・電話番号などを登録するページが出てきます。情報を打ちこめば、申し込み完了です。

GMOとくとくBBからの電話が1週間以内にあり、開通手続きにはいっていきます。

ちなみに、プロバイダの変更はいつでも出来る

ドコモ光では、契約後もプロバイダの変更はいつでも行うことができます。

どのプランで契約しているかにもよりますがほとんどのパターンで、事務手数料の3,000円(税抜)を払うと、プロバイダの変更を行うことができます。

手順も簡単で、ドコモ光に0120-800-000で電話をするか、最寄りのドコモショップに行けば変更手続きが完了します。

まとめ

ドコモ光のプロバイダの選択では、値段・速度の2点が重要です。

ですので、提携しているタイプAのプロバイダを選択して、その中からIPv6に対応しているドコモnetかGMOとくとくBBを選びましょう。

ドコモ1つでまとめることができるドコモnetもおすすめですが、通信速度を公開していて無線LANがもらえるGMOとくとくBBが、ドコモ光のプロバイダの中では1番おすすめです。

5つの質問で、ぴったりのインターネット回線がわかる!

こういったことで困っていませんか?

スマホの速度制限によくひっかかる
引っ越しでネット回線を引きたい
ネット回線を1番安く契約したい
通信費をもっと安くしたい

これらの悩みは、以下の診断で解決できます!!

SNSでもご購読できます。