ドコモ光でIPv6を使うには?v6プラス対応のおすすめプロバイダはこれだ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
ドコモ光×IPv6

IPv6にすると速度が速くなる」とよく聞きますよね。

ドコモ光はプロバイダによってさまざまなIPv6サービスがありますが、どれを選べばいいのか正直わかりにくいです。もし、プロバイダを適当に選んでしまうと、思ったよりも速度が出ずに後悔してしまうことも・・・

そこでこの記事では、IPv6で速度が速くなる仕組みや、おすすめのプロバイダを紹介!さらに設定して使えるようになるまでの流れをイラストでわかりやすく解説します

ドコモ光を快適に使いたい人は、ぜひ参考にしてください。

1.IPv6にすると速くなる仕組みを3分で!

まず始めに、「IPv6」にするとどうして速くなるのかをさらっと解説しますね。すでに知っている人は、こちらから読み始めてください。

  • IPv6とは、IPアドレスの規格のこと
  • 大事なのは接続方式!
  • ドコモ光なら「IPv4 over IPv6+IPoE」を選ぶのがベスト

IPv6とは、IPアドレスの規格のこと

そもそもIPv6とは、IPアドレスの新しい規格のこと。インターネット・プロトコル・バージョン6の略です。

IPv4とIPv6の違い

IPアドレスとは、ネットにつなぐときの住所のようなもので、「12.34.56.78」などのように数字で表されます。そしてIPアドレスの規格には、新しいIPv6と、旧来のIPv4があります。

上記のようにIPv6のほうがアドレスが長く、よりたくさんの人が余裕をもって使えます。ただしIPv6とIPv4はあくまで規格の違いで、それだけでどっちが速いというわけではありません

むしろ大事なのは、つぎの接続方式のほうです

大事なのは接続方式!「IPoE方式」を選ぼう

接続方式とは、どうやってネットにつなぐかの方法です。

ネットの接続方式には2種類あります。

  • 「PPPoE方式」・・・旧来の方式で混雑しやすく遅い
  • 「IPoE方式」・・・最新の方式で混雑することなく速い

PPPoE方式は遅く、IPoE方式は速い

PPPoE方式とIPoE方式

たとえば、高速道路を思い出してみてください。料金を手渡しで払っていた頃は、料金所でたくさんの車がつまってしまうため、スピードが遅くなって渋滞がおきていました。

ですがETCが使えるようになった今は、いちいち止まらなくても良いため、車がスムーズに進みます。

ネットの速度も同じで、従来の「PPPoE方式」ではいちいち料金所(接続ポイント)を通るため遅くなっていましたが、最新の「IPoE方式」なら、それがないのでスイスイ進めます

【重要なポイント】IPoE方式が使えるのはIPv6だけ!

ただし、このIPoE方式は、IPアドレスがIPv6でないと使えません。2つの接続方式のちがいをまとめると、下記になります。

 IPoE方式(最新)PPPoE方式
最大速度100Gbps0.2Gbps
接続ポイントでの認証不要必要
使えるIPアドレスIPv6のみIPv4、IPv6

このように、最新のIPoE方式の最大速度は、PPPoE方式のなんと500倍。IPv6でも古いPPPoE方式を使うことはできますが、それだと速度は遅くなってしまいます。

つまり、IPv6だから速いというよりは、最新のIPoE方式を使うから速いんです。

ですがこのIPv6もIPoE方式も、使う機器とプロバイダの両方が対応していないと使えません。ただでさえややこしいのに、自分で調べるのは大変ですよね…。

結論|ドコモ光なら、「IPv4 over IPv6+IPoE」を選ぼう

ちなみにドコモ光なら、ただの「IPv6」よりも上位の「IPv4 over IPv6」という最新技術が使えるプロバイダを選ぶのがベストです。

IPv4overIPv6

なぜなら、IPv6のみ対応のプロバイダやルーターでは、従来のIPv4にしか対応していないサイトが見られなくなったり、一部のオンラインゲームができなくなってしまったりするから。

その点「IPv4 over IPv6」なら、接続するサイトによって自動でIPv4とIPv6を切り替えてくれるので、一部のサイトやゲームが見られなくなる心配はありません。

なのでドコモ光を使うなら、「IPv4 over IPv6」と「IPoE方式」の両方が使えるプロバイダを選ぶと快適に使えます!(ちなみに「IPv4 over IPv6」と「IPoE方式」の両方が使えるサービスのことを「v6プラス」と言います。)

いまの自分がIPv6か確認する方法

ちなみに、今の接続がIPv6かどうか知りたい人は、こちらをクリックするとわかります。

IPv6

上記のように表示されていれば、「IPv4 over IPv6」と「IPoE方式」になっているので、2020年現在の最新の通信方法が使えています。

しかし・・・

ipv4

このように表示された場合は、残念ながらIPv6には接続されていません。最新の通信方式が使えるプロバイダへの変更を検討しましょう!

2.ドコモ光のプロバイダ別、IPv6(IPoE方式)対応状況

それでは、ドコモ光のプロバイダの中で、「IPv4 over IPv6」と「IPoE方式」の両方が使えるのはどれか見ていきましょう。

せっかくなら手間なくお得に使えるほうがいいので、申し込みが不要で、さらにルーター料金がかからないプロバイダが一目でわかるようにしました。

全24社のプロバイダを比較すると、次のような表になります。【2020年10月更新】

プロバイダIPv4 over IPv6申し込みルーター料金
GMOとくとくBB
不要0円
ぷらら不要0円
DTI不要0円
@nifty不要0円
ic-net不要0円
andline不要0円
OCN不要月額500円
@Tcom不要月額400円
ビッグローブ必要0円
hi-ho必要0円
SIS必要0円
ちゃんぷるネット必要0円
タイガースネット必要0円
BB.excite必要自分で購入
ドコモnet(公式)必要自分で購入
SYNAPSE××
TikiTiki××
エディオンネット××
コアラ××
@ネスク××
楽天ブロードバンド××
AsahiNet××
TNC××
WAKWAK××

このように、申し込みが不要で「IPv4 over IPv6」と「IPoE方式」の両方が使えて、ルーターが無料で借りられるプロバイダは、上から6社しかありません。

それでは、上位6社の中でどれを選ぶべきか、実際のユーザーの速度とお得なキャッシュバックから比較してみます。

※先ほども説明した通り、IPv4 over IPv6とIPoE方式の両方が使えるサービスの名称が「v6プラス」です。「ぷららv6エクスプレス」のように、独自の名称をつけているプロバイダもありますが、基本的には同じものです。

結論!おすすめはGMOとくとくBB

《← スマホの人は左右にスクロールできます →》

プロバイダ下り平均速度最大キャッシュバック金額もらえる時期
GMOとくとくBB
238.98Mbps20,000円5ヶ月目
ぷらら182.32Mbps15,000円5ヶ月目
DTI142.87Mbps20,000円7ヶ月目
@nifty123.21Mbps20,000円12ヶ月目
ic-net180.97Mbpsなし
andline154.81Mbpsなし

※速度はみんなのネット回線速度より

このように、速度がもっとも高かったプロバイダはGMOとくとくBBで、ひかりTVなどの映像サービスを同時に申し込むと、最大20,000円のキャッシュバックが5ヶ月でもらえます。

ちなみにキャッシュバックの時期が遅いプロバイダは、申請手続きを忘れてしまう可能性も大きく、ユーザーのことを考えているとは言えないためおすすめできません

せっかくドコモ光でIPv6を使うなら、速度が速く、さらにお得な特典が早くもらえるプロバイダから申し込みましょう!

 

※ちなみにネットのみの契約だと、GMOとくとくBBのキャッシュバックは5,500円です。

3.ドコモ光でIPv6が使えるようになるまでの5ステップ

ドコモ光GMOとくとくBB

ここからは、ドコモ光をGMOとくとくBBで申し込んで、IPv6(IPoE方式)を使えるようになるまでの流れを5ステップで紹介します。

※ちなみにドコモユーザー以外の人は、IPv6(IPoE方式)が使えるほかの光回線を選ぶほうがお得に使えます。また、今すでにドコモ光を使っていてプロバイダのみ変更したい人は、ドコモショップまたは電話で変更手続きができます。ドコモのプロバイダ変更方法や注意点はこちら

ステップ1.申し込む

まずは、ドコモ光をGMOとくとくBBのサイトから申し込みます。

こちらをクリックして公式サイトをひらいたら、「お申込み」のボタンをクリックして、まずはかんたんなアンケートに答えます。

現在ドコモ光を使っているかなどのアンケートの後に、名前や住所などを入力して送信します。

サイトからの申し込みが無事終わると、早ければ2〜3日、遅くても1週間以内にGMOから確認の電話がかかってくるので、OKであれば申し込み完了です!

ステップ2.自分で電話をして工事日を決める

ドコモ光の工事日は、自分で「ドコモ光サービスセンター」に電話をして決めます。

ドコモ光サービスセンター(9時~21時:365日受付)
・0120-766-156
・ドコモ携帯からは15715

早く電話をすれば、それだけ工事も早くなるのですが、GMOとドコモの情報の連携がしっかりとれてからのほうがスムーズなので、工事日調整の電話は翌日以降がよいでしょう

ステップ3.IPv6対応ルーターのレンタル申し込みをする

工事日が決まってだいたい5日以内に、GMOとくとくBBからショートメッセージ(SMS)がきます。

GMOとくとくBB ルーターレンタル

このSMSに載っているアドレスをクリックして、先にルーターレンタルの申し込みをします。工事日までにルーターを届けてもらえる条件は、支払いのクレジットカードを登録しておくこと。

申し込み後にルーターの変更や交換はできませんが、どの機種を選んでも最大速度は同じ1.7Gbpsなので、好みで選んで大丈夫です。詳しいルーターの比較はこちら

※ルーターの申し込みは、GMOとくとくBBのサイトからもできます。ひかり電話ルーターや、手持ちのIPv6対応ルーターがある人は、この手続きは不要です。

ステップ4.工事して開通

工事当日は、1〜2時間ほどの立ち会いが必要です。工事が終わると、ドコモ光開通です!

ドコモ光の工事〜開通内容について、より詳しく知りたい人は「ドコモ光の工事や、工事費をやさしく解説します【2020版】」を参考にしてください。

ステップ5.設定はつないで5分待つだけ!

ELECOM製 WRC-2533GST2

GMOとくとくBBの「v6プラス」対応レンタルルーターは、すでにID・パスワードが設定された状態で届くので、ルーターをつないで5分ほど待つだけで使えます。

上記のルーターは、無料レンタルで選べるELECOM製「WRC-2533GST2」。面倒な設定は不要で、かんたんにIPv6の高速通信が使えます!

まとめ

ドコモ光のIPv6高速サービスとはどんなものか、またスムーズに使うための方法をお伝えしました。

申し込み不要で「IPv4 over IPv6」と「IPoE方式」の両方が使えて、ルーターが無料で借りられるプロバイダの中で、おすすめはGMOとくとくBBです。

お得に契約して、快適なネットライフを過ごしてくださいね!

IPv6についての気になるQ&A

さいごに、ドコモ光でIPv6(IPoE方式)を使う前に気になるギモンをまとめます。

実際のユーザーの例を紹介しますので、参考にしてください。

Q1.IPv6なのに遅いときはどうしたらいい?

IPv6にしたのに遅い!または見たいサイトにつながらない、というケースがあります。

そんなときは、以下の2つをチェックしてみてください。

「IPoE方式」になっているか

「IPv6」はIPアドレスの規格なので、速度を速くするためには接続方式がPPPoE方式ではなく、IPoE方式でないといけません

IPoE方式を使うには、そもそもプロバイダが対応している必要があったり、別途申請が必要だったりします。

なので一度、契約しているプロバイダに問い合わせてみましょう。

「IPv4 over IPv6」になっているか

IPv6のみに対応したプロバイダやルーターでは、従来のIPv4にしか対応していないサイトやゲームは見られなくなってしまいます

その場合、接続するサイトによって自動でIPv4とIPv6を切り替えてくれる「IPv4 over IPv6」が使えるかどうかプロバイダに問い合わせてみましょう。

そもそもプロバイダが対応していない場合と、使っている機器(ルーター)が対応していない場合があります。

※上記を試しても改善されないときは、インターネット回線の速度が遅いっ!9つの原因と改善方法の記事も参考にしてみてください。

Q2.PS4やスイッチでも問題なくゲームできる?

多くの人は、快適な速度で問題なくゲームを楽しめているようです。しかし、中にはIPv6に切り替えたことでプレイできなくなったり、遊び方が制限されてしまうことがあるようです。

PS4やニンテンドースイッチで、IPv6通信を使っている人の声を集めてみました。

IPv6で繋がらなくなったという口コミ

じつは、PlayStation®4やNintendo Switchなどのゲーム機は、IPv6に対応していません。

なのでオンラインゲームをしたい人は、「IPv4 over IPv6」に対応しているプロバイダと機器を選ぶこと。そうすることで、オンライン対戦やボイスチャットなども快適にプレイできます。

ちなみに、ただのIPv4よりも、「IPv4 over IPv6」のほうが速度はあがるので、ドコモ光でゲームをしたい人は迷わずv6プラスを選びましょう

ただし、ゲームタイトルによっては制限がかかることも

たとえば『マインクラフト』など、自分でサーバーを立ててプレイしたい場合は、ポート解放などの手順が必要なようです。

また、『モンスターハンター』など、一部の対戦系ゲームのマッチングがうまく行かなくなることもあるようです。

その場合はルーターのUPnP機能をオフにすることで、改善されたという声があります。

とはいえ、大多数のゲームでは問題なくプレイ可能

とはいえ、『フォートナイト』や『FF14』『スプラトゥーン』など大多数のゲームでは、IPv4 over IPv6であれば問題なく快適にプレイできている人が多いです。

IPv6が原因というよりは、それぞれのゲーム運営側の配信サーバーや、マッチングサーバーが原因のことが多いようです。もし自分のしたいゲームについて不安があれば、一度そのタイトルとIPv6の単語で検索してみるといいかもしれません。

基本的には、「IPv4 over IPv6」「IPoE方式」の両方が使えるプロバイダを選びましょう!

5つの質問で、ぴったりのインターネット回線がわかる!

こういったことで困っていませんか?

スマホの速度制限によくひっかかる
引っ越しでネット回線を引きたい
ネット回線を1番安く契約したい
通信費をもっと安くしたい

これらの悩みは、以下の診断で解決できます!!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

つなが〜るネット – インターネットがもっとお得に快適になる情報サイト