【実体験】ベストティーチャーを使った私が世界一わかりやすく解説!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

ベストティーチャー(Best Teacher)は、『書く』『話す』『読む』『聞く』の4技能が伸びると評判のオンライン英会話。

検索すると、効果的!と書いているサイトが多くありますが、「それって本当なの?」と、疑問に感じますよね。

そこで今回は、ベストティーチャーが本当におすすめできるサービスなのか、実際に私が利用してみました

この記事を読めば、ベストティーチャーのメリット・デメリットや、レッスンの流れまで知ることができます

ぜひ参考にしてくださいね。

1.ベストティーチャーとは

ベストティーチャーとは、SAPIX YOZEMI GROUPのグループ会社である株式会社ベストティーチャーが運営のオンライン英会話。

SAPIX YOZEMI GROUPは、予備校で有名な代々木ゼミナールを運営している教育サービスの会社なんです。

そんなベストティーチャーは、次のような人におすすめします。

  • ライティング力もつけたい人
  • 資格試験の点数をあげたい人

なぜそう言えるのか、ベストティーチャーを利用してみた私が、くわしく解説しますね。

ベストティーチャーの基本情報

まずは、ベストティーチャーの基本情報をサクッと1分で見ていきましょう。

月額料金(税込) 12,000円(通常英会話コース)
16,500円(試験対策コース)
レッスン回数 無制限
講師 50ヶ国以上、860人(ネイティブ在籍)
レッスン可能時間 24時間対応
つかう教材 自分と講師で一緒に作る
無料体験回数 ライティング、スピーキング1回ずつ

表の内容について、順にご説明していきますね。

料金プラン

ベストティーチャーのプランは、通常コースと試験対策コースの2つから選ぶことができます。

・通常英会話コース→ライティングとスピーキングレッスン
・試験対策コース→TOEFL iBT、IELTS、TOEIC SW、TEAP、GTEC CBT、英検®︎の対策ができる

会話力だけではなく、ライティング力もつけたい人は通常コース、点数をあげたい人は試験対策コースをえらびましょう

レッスン回数

ベストティーチャーのレッスン回数は、なんと無制限で使えます。

講師

ベストティーチャーはネイティブスピーカーを含む、50ヶ国以上の講師が860人在籍しています。

※ネイティブスピーカーとは、英語を第一言語とする人のことです。

レッスン可能時間

ベストティーチャーは、毎日24時間いつでもレッスンを受けることができます。

つかう教材

通常コースには教材がありません。まず、ライティングで話したい内容を作ってから、ビデオレッスンをするからです

なので、自分が話したい内容の教材を、講師と一緒に作っていくと思っていてください。

無料体験回数

2020年3月現在、ベストティーチャーでは、ライティングとスピーキングのレッスンを1回ずつ無料体験できます。

公式サイト『https://www.best-teacher-inc.com/』から申し込むことで、レッスンを体験できます。

2.実際にレッスンを体験してみた!

「とりあえず使ってみないとどんなサービスか分からない!」ということで無料体験に登録し、レッスンをして見ることに。

レッスンは、『ライティングを講師と5往復』→『講師が添削し、それを確認』→『スピーキング』という流れになっています

「え?どういうこと?」「わけがわからない…」って感じちゃいますよね。

どういうことなのか、私の実体験をもとにくわしく解説していきますね。

まずはライティングレッスンから始まる

まずは、上の画像のような一文があるので、その質問に答える文をつくりましょう。

私はまったくの初心者なので、「文なんか作れないし、不安だな」と感じてしまったんですが、画面の左下を見ると…

他のユーザーがどんな感じで答えているのか、例文を見ることができるようになっているんです

これによって一安心。例文とGoogle翻訳を利用すれば、「なんとかできるだろう!」と自信が湧いてきました。

私は、試行錯誤をかさねて文をつくり、講師に送ったところ、なんと3分で返事が返ってきました

この早さにはすこしビックリ。「SNSかっ!」とツッコミを入れたくなるほど、早く返信してくれます。

そんな感じでやり取りをしていると、5往復目には「好きなドラマが一緒で、好きな俳優も一緒だね」という話まで出来ました

文量を多く送っても、講師はしっかりと返してくれるので、できるだけ多くの話題について、書くことをおすすめします。

ライティングが終わると、添削してくれた文が送られてくる

ライティングが終わると、講師が添削してくれた文が、音声とともに送られてきます。

添削だけでなく、「なんでこのワードを使うのか」を解説までしてくれるので、納得して学ぶことができました

ライティングのトレーニングが完了すれば、次にスピーキングができる

ここまでのライティングの作業を完了すれば、ついにスピーキングレッスンができます。

ちなみに、ここまでの流れは飛ばせないので、スピーキングレッスンだけを受けることはできません

スピーキングレッスンをするために、講師を予約

次に、スピーキングレッスンをするために講師を予約することに。検索欄は他社とは違い、シンプルな印象を受けました。

私は、初心者かつ日本語OKの先生を選びましたが、英語が得意な方は『英語・英文学専攻』にチェックを入れてください

レッスンは自己紹介から始まる

Skypeのビデオがつながると、さっそく先生から「自己紹介をしてほしい」と言われ、先に私が自己紹介することに。

そこで私は、「I’m 24 years old.」や、「I like watching drama.」など、カンタンな英語でなんとか自己紹介。

先生は、相槌を打ちながら笑顔で聞いてくれたので、「英語が話せるようになった?」と勘違いしそうになってしまうほど、楽しく話せました

レッスンは、自分の作文した教材を使う

ベストティーチャーのスピーキングレッスンは、自分がライティングした作文を使って進んでいきます

私はリスニングがかなり苦手な初心者なのですが、自分が書いた作文ということもあり、レッスンはスムーズに進みました。

ただ、発音について、「こうした方が良いよ!」と言われたときに、なかなか理解できず戸惑ってしまうことも。

それでも、先生は落ちついた様子で、「わからないときは日本語で聞いてね。」と優しく対応してくれました。

※初心者の方は、「日本語OK」の講師を選ぶことをおすすめします。

25分間のレッスンは、あっという間に感じた

レッスンは、先生のおかげで「自己紹介について上手くなれたなぁ」と効果を実感できました。

もし、自分に合う講師が見つかり、「この人とまたレッスンしたい!」と思ったら、お気に入りに追加しておきましょう。

3.実際に使ってみて分かった2つのメリット

ここからは、私が実際に使ってみてわかった2つのメリットについてお伝えしていきます。

ベストティーチャーのメリットは、次の2つ。

メリット1.講師の質が高い
メリット2.レッスン回数が無制限

順番にくわしくご説明していきますね。

メリット1.講師の質が高い

私は、実際にベストティーチャーを使ってみて、「講師の質が高い!」と感じました。

質がいい理由は、ネイティブではない人たち向けの英語教授法(TESOLやTEFL)の資格をもった講師が多いから

↑プロフィールから資格を確認できます。

そのため、講師の質が良く、ライティングからスピーキングまで、経験豊富な講師に教えてもらうことができます。

生徒のレッスンの感想コメントも見ることができる

ベストティーチャーは、生徒のレッスンを受けた感想コメントを見ることができます。

なので、『この講師はこういうレッスンをする』ということが、レッスン前に確認できるんです

コメントを見て、『どんな先生なのか』を確認し、自分に合いそうな講師を選びましょう。

メリット2.レッスン回数が無制限

ベストティーチャーは、レッスン回数が無制限なので、受け放題で使えるサービスなんです

どれだけレッスンしても料金が変わらないのは、ユーザーからするとコスパ良く感じるので、嬉しいですよね。

ライティングも含めてレッスンを多く受けたい人は、ベストティーチャーがもっともコスパ良く使えます。

4.実際に使ってみてわかった2つのデメリット

ここまでが、私がベストティーチャーを使ってみて「良かったな」と感じたメリットです。

しかし、ベストティーチャーにも他サービスより「微妙だな…」と感じるところがあります

デメリット1.日常会話のサービスに比べると、料金が高い
デメリット2.英作文を自力で作らないといけない

それでは、1つずつ確認していきましょう。

デメリット1.日常会話のサービスに比べると、料金が高い

ベストティーチャーは、日常会話を学べるサービスと料金を比べてみると、少し高くなってしまうんです。

日常会話を学べる大手3サービスと比較したので、確認してみましょう。

サービス名 月額料金
12,000円
6,480円
6,480円
6,380円

こうして見ると、料金が他サービスと比べて、2倍ほど高くなっていることが分かります。

ただ、ベストティーチャーではネイティブとレッスンできますが、これらのプランではネイティブとレッスンできません

ネイティブとレッスンできるサービスと比較してみた!

そこで、ネイティブスピーカーとレッスンができるサービスと、ベストティーチャーを比較してみました。

サービス名 月額料金
12,000円
15,800円
17,380円
20,986円
31,680円

※すべてネイティブ講師が選べるサービス
※ECCオンラインのみ月8回のレッスン

比べてみたところ、ネイティブからレッスンを受けられるサービスでは最安値

もし、ネイティブ講師からレッスンを受けたくて、ライティング力もつけたい人は、ベストティーチャーを利用しましょう。

ネイティブとレッスンするメリットってなに?

ネイティブから得られることは、『綺麗な発音』と『カッコイイ表現(言い回し)』です

この2つを重点的に学びたい人は、ネイティブとレッスンする方が習得しやすくなります。

ただ、日常会話を学ぶだけなら、基本的には非ネイティブでも一切、問題はありません。

デメリット2.英作文を自力で作らないといけない

ベストティーチャーは、ライティングレッスンのときに、自力で英作文を作らなければなりません

そのため、初心者の方にとっては、すこしハードルが高く感じてしまいますよね。

ただ、上記にも書いたように、参考になる例文があるので、それを見てライティングすれば初心者でも取り組めるでしょう。

5.実際に使っている人の口コミ・評判まとめ

ここまで、ベストティーチャーの私の感想についてお伝えしてきましたが、他のユーザーの評判も気になりますよね。

そこで、ベストティーチャーを実際に利用している人の評判・口コミを調査し、まとめてみました。

良い口コミ・評判

ベストティーチャーの口コミを、Twitter上で30件ほど確認したところ、「ライティングが良い!」や、「良い講師がいる」という声が多く見られました。

やはりベストティーチャーは、資格をもっている講師を多く採用してるだけあって、質の良い先生が多いようですね

次に、悪い口コミや評判も見ていきましょう。

悪い口コミ・評判

そもそも、ベストティーチャーの口コミ自体が少ないこともありますが、悪い評判はほとんど見られませんでした

少ない評判のなかで見かけたのが、「料金が高い!」という口コミです。

ただ、ライティングができるサービスはベストティーチャーだけ。さらにネイティブともレッスンできるため、割高なサービスではありません

6.結論、こんな人におすすめ

ここまでは、ベストティーチャーのメリット・デメリット、ネットでの評判などをそれぞれ見てきました。

もう一度、おさらいすると次のようになります。

これらを踏まえると、ベストティーチャーがおすすめな人はどのような人なのでしょうか。

ライティング力もつけたい人

ベストティーチャーは会話力だけでなく、「ライティング力もつけたい!」という人におすすめできます

理由は至ってシンプルで、他のサービスにはないライティングをするところからレッスンが始まるため。

さらに、ネイティブスピーカーともレッスンができ、ライティング力だけでなく、綺麗な発音の練習まで出来ます。

資格試験の点数をあげたい人

ベストティーチャーは、資格試験の点数をアップさせたい人にもおすすめなんです。

理由はいたってシンプルで、この料金で資格試験の対策ができるサービスはベストティーチャーだけだから。

試験対策は、TOEFL iBT、IELTS、TOEIC SW、TEAP、GTEC CBT、英検®︎に対応しています

こんな人にはおすすめしない

ただし、「会話は学びたいけど、ライティングはそんなに…」という人には、ベストティーチャーをおすすめしません

上記にも書きましたが、ベストティーチャーはライティングをしないといけないため、すぐに講師と話せないからです。

「ライティングは少しめんどくさい…」という人は、騙されるな!35社試した私がおすすめするオンライン英会話は3つだけをぜひ参考にしてみてください。

7.1分で無料体験する5つの手順

ベストティーチャーが気にはなってるけど、「いきなりお金を払うのは…」と、すこし迷ってしまいますよね。

そこで、ベストティーチャーでは、レッスンを無料体験できます。(2020年3月現在)

公式サイトから1分で登録できるので、まずは気軽に試してみてください!

手順1.公式サイトにアクセスする

申し込みはベストティーチャーの公式サイトから行いましょう。公式サイトは下のリンクからアクセスできます。

公式サイト→https://www.best-teacher-inc.com/

手順2.『無料体験レッスン』をタップ

手順3.名前・アドレス・パスワードを設定し、『会員登録』をタップ

手順4.届いたメールに載っている、URLをクリック

手順5.この画面が出れば、登録完了

まとめ

今回は、ベストティーチャーについての基本的な内容から申し込み方法まで幅広くまとめました。その結果、

  • 資格試験の点数をあげたい人
  • ライティング力もつけたい人

のどちらかに当てはまる人に、ベストティーチャーをおすすめします。

ベストティーチャーは、レッスンを体験できるので、気になったらぜひ無料体験してみてください!

補足

最後に、補足情報をくわしくまとめておきますね。

試験対策コースでも、通常レッスンができる

試験対策コースをとった場合でも、通常のレッスンを受けることができます。

通常のレッスンに4,500円上乗せするだけで試験対策ができることになるのでお得です。

基本的には試験対策のコースをする人が多いと思いますが、単純に実力を図るためにも、通常のレッスンを受けることができます。

5つの質問で、ぴったりのインターネット回線がわかる!

こういったことで困っていませんか?

スマホの速度制限によくひっかかる
引っ越しでネット回線を引きたい
ネット回線を1番安く契約したい
通信費をもっと安くしたい

これらの悩みは、以下の診断で解決できます!!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

つなが〜るネット