※この記事はPRを含みます

WiMAXをSIMのみで契約すると損をする?3つの注意点を解説

端末はすでに持っているので、SIMだけ契約して安くWiMAXを使いたいと考えていませんか?

しかし、3月2日現在、WiMAXプロバイダでSIMのみ契約をしても料金的に全くお得感がありません。

実はSIMのみで契約するよりも、端末購入とセットでキャンペーンを実施しているプロバイダのほうが圧倒的にお得なんです!

WiMAXおすすめ窓口キャンペーン概要

GMOとくとくBB
超高額キャッシュバック】
  • 他社から乗り換えなら最大41,000円キャッシュバック
  • 新規でも25,000円キャッシュバックあり

BIGLOBE WiMAX
【1年未満の短期利用ならコチラ】
  • 今だけ!10,000円キャッシュバック
  • 最新端末でも月額料金が24ヶ月目までずっと3,773円
  • 口座振替でお支払いOK

この記事では、UQ WiMAXのSIMのみプランを比較材料にし、お得にWiMAXを契約する方法を解説していきます。

ぜひ参考にしてください。

WiMAXを検討中のあなたへ

さらにWiMAXについて知りたい方はこちらもおススメです!

1.結論!GMOとくとくBBなら最安値でWiMAXを契約できる

結論からいうと、WiMAXはGMOとくとくBBで端末セットプランを契約したほうが安くなります。

まずUQ WiMAX(SIMのみプラン※)と、WiMAXの最安値プロバイダ「GMOとくとくBB」(SIM+端末)の「実際に支払う費用」を比較しました。

WiMAXのトータル費用は、解約金や契約期間ではなく、解約金を含む総額をチェックするのがポイントです。(以下、すべて税抜き)

←(左右にスクロールできます)→

 UQ WiMAX
(SIMのみ)
GMOとくとくBB
(キャッシュバック)
契約期間なし2年
解約金0円0円
総額(解約金含む)半年28,908円51,029円
1年54,516円48,733円
2年113,234円100,191円
3年172,634円152,199円
キャッシュバックなし25,000円

たしかにSIMのみで契約すると、1年目まではGMOとくとくBBよりも安いですね。

しかし、1年後のトータル費用を見ると、SIMのみプランとGMOとくとくBBの端末セットプランの差は約1万5,000円。それでGMOなら新しい端末を手に入れることができるんです。

長期的にWiMAXを使うならGMOとくとくBBがおすすめ

WiMAXのGMOとくとくBBキャンペーン

WiMAX(GMOとくとくBB)の基本情報
最大通信速度
(下り)
3.9Gbps
月間データ容量無制限
通信エリアWiMAX+5G/au 4G・5G
端末 X12(モバイルルーター)
L13(ホームルーター)
端末代金27,720円
(770円×36回払い)
月額料金初月:1,098円
1〜12ヶ月目:3,784円
13ヶ月目〜:4,334円
キャッシュバック新規 25,000円
他社から乗り換え 41,000円
最低利用期間2年
契約解除料0円
発送最短当日発送
運営会社GMOインターネットグループ株式会社

GMOとくとくBBは、契約から12ヶ月目に、キャッシュバック(25,000円)が受け取れるキャンペーンを行なっています。

つまり、1年(12ヶ月目)以降使ってからの解約なら損しないので、おすすめのプロバイダです。

以下に、代表的なWiMAXプロバイダ5社の実質月額料金をならべました。端末は全て最新モデルのX12です。

←(左右にスクロールできます)→

プロバイダGMOとくとくBBBIGLOBE カシモWiMAXBroad WiMAXUQ WiMAX
実質月額4,061円5,210円6,349円6,942円5,368円
端末代27,720円27,720円27,720円31,680円27,720円

※実質月額料金:実際に支払う事になる平均月額。1年間の総額÷契約期間

表からわかるように、「GMOとくとくBB」が、端末とセットで契約できる最安値プロバイダです。

なので、長くWiMAXを使うならGMOとくとくBBでSIM+端末のセットでの契約がおすすめです。

※WiMAXを端末+SIMで買う場合のプロバイダをくわしく比較したい人は【最安値】WiMAXのプロバイダ主要10社比較!選び方とおすすめ2選を参考にしてください。

2.WiMAXのSIMのみを契約した際の3つの注意点

現在、WiMAXをSIMのみで契約できるプロバイダはBIGLOBE WiMAXのみです。

SIMだけで契約する場合、以下の3点に注意が必要です。

  • 注意点1.対応端末は限られる
  • 注意点2.端末がない場合、用意しなければならない
  • 注意点3.端末のバッテリー寿命は2〜3年

それぞれ解説していきます。

注意点1.対応端末は限られる

WiMAXは古い端末だと、現在発売されているSIMに対応していません

現在、「UQ WiMAX」から発売されているSIMは以下の2種類です。

 Micro SIM ver5Micro SIM ver4
対応端末Speed Wi-Fi HOME 5G L13
Speed Wi-Fi 5G X12
Speed Wi-Fi HOME 5G L11
Galaxy 5G Mobile Wi-Fi
Speed Wi-Fi HOME 5G L12
Speed Wi-Fi 5G X11

WiMAXのSIMには、これら以外の端末は使えないので注意してください。

また、SIMのバージョンによってそれぞれ使える端末が違うことも確認しておきましょう。

注意点2.端末がない場合、用意しなければならない

WX06

端末を持っていない人は、自分で端末を用意することになります。その場合、メルカリかヤフオク!だと、新品でも比較的安く手に入れることができます。

新品・中古、買うサイトによって料金の相場が違うため、適当に選んでしまって後悔しないように注意してください。

端末のおすすめは、最新端末である「X12」です。一つ古い「X11」も比較的おすすめなので、快適に使うためには性能のいいこの2つがベストです。

まず、Amazonは比較的高いので、端末を買うならメルカリかヤフオク!で買いましょう

端末は新品・中古品どちらを買うにしても「1年未満の利用なら、プロバイダで契約するよりもオトク」なので、できるだけ新品を買うのがおすすめです。

それでも新品ではなく中古品を買う場合、次の注意点もチェックしてください。

注意点3.端末のバッテリー寿命は2〜3年

中古品や、今まで使ってきた端末を使い回す人は、端末のバッテリー寿命に注意してください。寿命を過ぎると、さまざまなトラブルが起こるかもしれません。

WiMAXのバッテリーの寿命は、充電500回分とされています。つまり毎日充電すると、1年半〜2年が寿命、長くても3年ということになります。

電池パックには寿命があり、2年以上のご利用で徐々に電池持ちが短くなります。
引用:UQ WiMAX公式サイト

長期間WiMAXの端末を使ってきた人たちの口コミを見てみると…

充電ができなくなった

この方によると、4年使った端末がついに充電できなくなったとのこと。

新品状態の場合、X12なら約9時間、X11なら約8時間ほど充電が持ちますが、2年ほどでそれぞれ半分ほどの持ち時間になってしまいます。

長く使うと充電の持ちが悪くなるのは、スマホでも一緒。ただ、もっと最悪のケースが起こることも…

バッテリーが膨らんできた

正確にはどのくらい使って膨らんできたのかわかりませんが、最悪の場合は出火などにつながることもあります。

なので、端末は出来るだけ新品を用意する方がいいですが、中古で買ったり使い回したい場合は、安全のためにバッテリーの交換をしてください。

X12・X11共に、バッテリー交換はできない

X12もX11もバッテリー内蔵タイプなので、バッテリーの交換はできません。

バッテリーが古くなってしまったら、機種自体の買い替えが必要になります。

まとめ

ここまでをまとめると、WiMAXをSIMのみで契約してオトクなのは、1年未満の短期利用を考えている人だけです!

そして1年以降なら、端末とSIMをセットでGMOとくとくBBから契約した方がおトクになります。

WiMAXをSIMのみで契約する場合の注意点をしっかりチェックし、快適なネット生活を送ってください!

5つの質問で、ぴったりのインターネット回線がわかる!

こういったことで困っていませんか?

スマホの速度制限によくひっかかる
引っ越しでネット回線を引きたい
ネット回線を1番安く契約したい
通信費をもっと安くしたい

これらの悩みは、以下の診断で解決できます!!

同じカテゴリの人気記事

まだデータがありません。

SNSでもご購読できます。

ツナガル – 最適な生活インフラ・サブスクが見つかる情報サイト