縛りなしWiFiはおすすめしない!評判からわかった3つの注意点

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

「解約金0円・料金も安い」と聞いて縛りなしWiFiが気になっていませんか?

縛りなしWiFiはその名の通り、2〜3年といった契約期間の縛りがなく、料金もトップクラスに安いサービスです。

ただ、かなり良さそうに思えるものの、ユーザーの評判をくわしく調べてみると、絶対に見落としてはいけない注意点が3つも見つかりました

なので、解約金がないからといって、縛りなしWiFiを気軽に契約してはいけません!

以下の流れでわかりやすく解説していくので、ぜひ一読ください。(2020年11月)

1.まず結論!縛りなしWiFiはおすすめしない

先に結論から言うと、縛りなしWiFiはおすすめできないサービスです。

なぜなら「サービス自体は優れているが、安心・快適に利用できないから」です。

まずは、基本情報を確認しましょう。(以下、すべて税抜き)

縛りなしWiFiの基本情報
データ容量月間20GB・月間50GB・1日2GB
※WiMAXプランは販売停止中(2020年11月現在)
端末801ZT・601HW・FS030W
どれが届くかわからない
最大通信速度(下り)801ZT:112.5Mbps
601HW:612Mbps
FS030W:150Mbps
連続通信時間(バッテリー)801ZT:約8.5時間
601HW:約8.5時間
FS030W:約20時間
エリアSoftBank回線
海外利用不可
月額料金3,000円〜4,300円
事務手数料3,000円
契約期間なし
配送最短翌日発送
運営会社株式会社クーペックス

縛りなしWiFiは、月額料金が安く、契約期間の縛りがない(=解約金0円)ことが最大の特徴です。

これだけ聞くとかなり良いサービスに思えますが、際に利用しているユーザーからの評判は最悪と言っていいでしょう。

上の画像は、Twitterで「縛りなしWiFi」と検索すると出てくるアカウントですが、「詐欺」や「被害者」など、かなりの反発がありました。

なぜこれほど評判が悪いのか、後ほど解説しますが、結論としては、縛りなしWiFiを選ぶと、後悔する可能性が高いのでおすすめしません

※縛りがなく、料金も安いサービスで、縛りなしWiFiよりもおすすめできるものを先に知りたい人はこちら

2.縛りなしWiFiの3つの特徴

ユーザーの評判を見る前に、まずは縛りなしWiFiの特徴3つを解説していきます。

  • その1.複数のプランから選べる
  • その2.解約金0円で解約できる
  • その3.最安級の月額料金で利用できる

一つずつ見ていきましょう。

その1.複数のプランから選べる

縛りなしWiFiには、料金プランが2つあり、それぞれさらに4つの容量プランに分かれます。

つまり、計8パターンの選び方から、自分に合ったプランを選べるということになります。

以下、2つの料金プランをまとめました。

料金プラン縛りなしプラン縛っちゃうプラン
月額料金無制限4,300円3,600円
1日2GB3,300円2,800円
50GB3,250円2,750円
20GB3,000円2,600円
事務手数料3,000円
契約期間なし3年
解約金0円〜12ヶ月目:30,000円
12~35ヶ月目:25,000円
36ヶ月目:0円
37ヶ月目〜:9,500円

※無制限プラン(WiMAXプラン)は販売停止中(2020年11月現在)

混乱してしまうかもしれませんが、縛っちゃうプランとは、契約期間に「縛り」をつける代わりに、月額料金が400〜1,000円安くなるプランです。

どちらのプランもずっと定額なので安心ですが、縛っちゃうプランの高額な解約金には注意してください。

その2.解約金0円で解約できる

縛りなしWiFiは、契約期間に縛りがなく、解約金0円で解約できるサービスとして有名です。

通常、ポケットWiFiには2〜3年の契約期間縛りがあり、更新月より前に解約すると、10,000〜20,000円ほどの高額な解約金が請求されます。

契約期間中ずっと使うかわからない人は、縛りなしWiFiのような、解約のしやすいポケットWiFiがおすすめです。

※縛りなしWiFi以外の、解約のしやすいポケットWiFiはこちらで後述しています。

その3.最安級の月額料金で利用できる

縛りなしWiFiの月額料金は、レンタルWiFi(=契約縛りがないポケットWiFi)の中では最安級となっています。

以下、レンタルWiFiとして代表的な5社の月額料金をならべました。

サービス名縛りなしWiFiFUJI WiFiハッピーWiFi88mobileChat WiFi
月額料金3,000円
〜4,300円
2,600円
〜2,900円
3,680円7,450円4,480円
事務手数料3,000円3,000円4,980円無料3,980円
初月料金日割り日割り3,680円7,450円4,480円
端末代無料無料2,980円無料無料

表をみると、縛りなしWiFiの月額料金は、他のレンタルWiFiに比べてかなり安いことがわかります。

また、FUJI WiFiの月額料金も、レンタルWiFiの中で最安級となっています

3.評判からわかった3つの注意点

紹介してきた特徴をみると、縛りなしWiFiは、かなり良さそうなサービスに思えますよね。

ですがユーザーの評判から、以下3つの重大な注意点があることがわかりました。

  • 注意点1.過剰請求のトラブルが頻繁に起こっている
  • 注意点2.過去、勝手にプラン内容が変更された
  • 注意点3.速度が遅い

twitterで見つけた口コミとともに、それぞれ解説していきます。

注意点1.過剰請求のトラブルが頻繁に起こっている

twitterで「縛りなしWiFi」と検索すると「解約後も請求がくる」という口コミが100件以上ありました

縛りなしWiFiでこのトラブルが頻発している理由は、タチが悪い解約手続きのシステムにあります。

以下の画像を見てください。

※参照:縛りなしWiFi公式ページ

縛りなしWiFiは、解約の申請をした翌月末が契約終了日となっています。

なので、たとえば解約の申請を11月1日〜31日の間におこなった場合は、12月の解約扱いになり「11月分+12月分」の月額料金が発生します。

また、端末は1日に返却する必要があるので、ほぼ1ヶ月の間、まったく利用できないのに料金が請求されるのです。

運営会社のずさんな対応で、さらに請求がくる

さらに、縛りなしWiFiを運営する株式会社クーペックスが、なかなか解約申請に対応してくれないという口コミもありました。

縛りなしWiFiの解約は、メール(=お問い合わせフォーム)でしか申請できません。

あなたが期日内に申請をしても、返信が遅いせいで、翌月の解約扱いになってしまうこともあり、その場合は翌月分の料金が請求されます。

先述したタチの悪い解約システムと、株式会社クーペックスのずさんな対応によって、最悪の場合、2ヶ月分の余分な料金が請求されるケースもあるのです。

解約後の請求については、あまりにもクレームが多く、お問い合わせフォームから連絡すると返金される場合もあるそうです。

ただ返金の対応も、どのくらい遅くなるのかわからないので注意してください。

注意点2.過去、使えるデータ容量が勝手に減らされた

縛りなしWiFiのデータ容量は、現在の1日2GBのプランが販売される以前(2019年8月まで)は、1日3GBでした。

このように、販売するデータ容量プランを変更するのは、ポケットWiFiではよくあることです。

しかし縛りなしWiFiは、1日3GBプランをすでに利用しているユーザーのデータ容量も、1日2GBに変更してしまいました

「1日3GBも使えるなら買おう」と、ピッタリな条件だったから契約したのに、後々勝手にデータ容量が変えられるなんて最悪ですよね。

過去にこのようなことがあったので、買った後に「1日2GB」から「1日1GB」にデータ量を減らされる可能性もあることに注意してください

注意点3.速度が遅い

上記2つの注意点から、縛りなしWiFiは安心して使えるサービスではないことがわかりました。

ただ「性能がよければ構わない」という人もいるかもしれないので、通信速度に関する評判もチェックしておきましょう。

通信速度は「遅い」という評判が多く、「速い」という評判は見当たりませんでした。(2020年11月時点)

ここまでをまとめると、縛りなしWiFiは安心・快適に使えないため、おすすめできないサービスです

4.縛りなしWiFiよりもおすすめな3つのサービス

契約期間に縛りがない・安いのが欲しかったのに…」と思うかもしれませんが、そういったサービスは他にもあるので、紹介します。

  1. 解約金なしで料金も安い|FUJI WiFi
  2. データ容量無制限で1年未満の利用なら|BIGLOBE WiMAX
  3. データ無制限で1年以上の利用なら|GMOとくとくBB WiMAX

一つずつ見ていきましょう。

解約金なしで料金も安い|FUJI WiFi

まず一つ目は、FUJI WiFiです。縛りなしWiFiと同じく、レンタルWiFi(解約金0円)のサービスとなっています。

縛りなしWiFiよりも料金が安く、データ容量も50GBあるので、とくに縛りなしWiFiの契約を検討していた人にはピッタリなサービスです

2017年にできたばかりの株式会社クーペックス(=縛りなしWiFiの運営会社)と違い、2010年から実績を重ねてきた株式会社レグルスが運営しているので安心して使えます。

おすすめのプラン

料金プランは、全部で13種類ありますが、とくにコスパがいい以下2つのプランがおすすめです。

  • 月間データ使用量が30〜50GBなら|ルーター50GBプラン(月額2,900円)
  • 月間データ使用量が30GB以下なら|ルーター30GBプラン(月額2,600円)

どちらのプランも、公式サイトから「デポコミコース」を選んで申し込むと一番おトクになります。

サービス詳細
【最大通信速度(下り)】150Mbps
【月額料金】ルーター50GBプラン:2,900円  ルーター30GBプラン:2,600円
【事務手数料】3,000円
【初月料金】日割り
【端末代】無料
【契約期間】なし
【公式サイト特設ページ】https://fuji-wifi.jp/
※FUJI WiFiについてくわしく知りたい人は、実はおトク!FUJI WiFiのメリットと、評判から分かった注意点を参考にしてください。

データ容量無制限で1年未満の利用なら|BIGLOBE WiMAX

「FUJI WiFiの50GBでは足りない」という人には、データ容量無制限で使えるBIGLOBE WiMAXがおすすめです。

BIGLOBEには、1年の契約期間がありますが、1年以内の解約金は1,000円なので、かなり解約しやすいWiMAXプロバイダとなっています。

運営会社のビッグローブ株式会社は、1986年からさまざまな通信サービスを提供してきた老舗企業なので、信頼は十分でしょう。

サービス詳細
【最大通信速度(下り)】440Mbps
【月額料金】3,980円
【事務手数料】3,000円
【初月料金】無料
【端末代】19,200円
【キャッシュバック】15,000円
【契約期間】1年
【解約金】1〜12ヶ月目:1,000円 13ヶ月目〜:0円
【公式サイト特設ページ】https://join.biglobe.ne.jp/mobile/wimax/
※BIGlLOBEについてくわしくは私が、BIGLOBEのWiMAXを選んだ5つの理由を参考にしてください。

データ容量無制限で1年以上の利用なら|GMOとくとくBB WiMAX

そして、「データ容量無制限+最低1年は使う」という人にはGMOとくとくBB WiMAXをおすすめします。

GMOとくとくBBは3年契約で、解約金はかなり高額ですが、実は解約しやすいサービスなのです

なぜなら、契約から1年後(13ヶ月目)に、解約金(14,000円)よりも高額なキャッシュバック(28,500円)が受け取れるから。

なので、解約金を払って解約したとしても、別に損はしていないことになります。

運営会社のGMOインターネットについても、東証一部に上場している大企業なので、まったく心配ないでしょう。

サービス詳細
【最大通信速度(下り)】440Mbps
【月額料金】1〜2ヶ月目:3,609円 3ヶ月目〜:4,263円
【事務手数料】3,000円
【初月料金】日割り
【端末代】無料
【キャッシュバック】28,500円
【契約期間】3年
【解約金】1〜12ヶ月目:19,000円 13〜24ヶ月目:14,000円 25ヶ月目〜:9,500円
【公式サイト特設ページ】https://gmobb.jp/wimax/
※GMOとくとくBBについてくわしくは本気でおすすめ!GMOとくとくBBの評判と、プロが教える注意点を参考にしてください。

まとめ

まとめると、縛りなしWiFiは、解約金がなく、料金も安いポケットWiFiですが、無視できない注意点があるのでおすすめしません。

ユーザーの評判を見ても、安心・快適には使えないことは明らかでしたね。

なので縛りなしWiFiは契約せず、その代わりに、以下の3サービスから選びましょう!

5つの質問で、ぴったりのインターネット回線がわかる!

こういったことで困っていませんか?

スマホの速度制限によくひっかかる
引っ越しでネット回線を引きたい
ネット回線を1番安く契約したい
通信費をもっと安くしたい

これらの悩みは、以下の診断で解決できます!!

SNSでもご購読できます。

つなが〜るネット – インターネットがもっとお得に快適になる情報サイト