DMMモバイルが遅い3つの原因!対策方法といっしょに解説します

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

スマホの通信が遅くて、なかなか動かないとテンションが下がっちゃいますよね。

ネットの口コミを見ていたら、DMMモバイルのデータ通信が遅くなる原因は3つあることが分かりました!

今回は、DMMモバイルが遅くなる原因と対策についてお伝えしていきます。

DMMモバイルが遅い3つの原因と改善方法

DMMモバイルは、インターネット事業をはじめとする「DMM.com」がサービスを提供している格安SIMです。

口コミを調査した結果、DMMモバイルが遅くなる原因は次の3つとわかりました。

  1. 速度制限にかかっている
  2. 回線が混み合っている
  3. スマホ本体に不具合がある

データ通信が遅くなってしまう理由を、それぞれ対策とともに、くわしく見ていきましょう。

原因1.速度制限にかかっている

https://twitter.com/abechi06/status/1211219472234663936

DMMモバイルが遅くなってしまう原因の1つとして、データ量を使い切って速度制限にかかっていることが考えられます。

とくに、Wi-fiがオフになったまま動画やゲームアプリを使ってしまって、データ量がなくなってしまったというケースが多くありました。

スマホを使っていて、1番やっかいなのが速度制限ともいえるので、のこりのデータ容量には気をつけたいですね。

対策:プランの見直しをしてみる

もっとも手軽にできる対策としてオススメなのは、料金プランを見直して変更することです。

DMMモバイルのマイページから、今月使ったデータ量をチェックしたり、プランの見直しや変更をすることができます。

毎月のデータ量がギリギリだったり、超えてしまっている人は、今よりもデータ量が多いプランに変えてみましょう。

DMMモバイルでは、データ通信量を追加で購入することもできます。ただ、料金が割高になるので、あまりおすすめしません。

原因2.回線が混み合っている

口コミを見ていると「昼時はすごく遅い…」という声が多く見つかりました。

これは、多くの人がネットを使っていて、回線が混み合っていることが原因。

お昼やすみなどで、スマホを使う人が増えることによって、ネット上で渋滞が起こってしまっているんです。

対策:Wi-Fiを活用しよう!

お昼でもDMMモバイルでネットを快適に使うなら、Wi-Fiを利用するのがベスト。

自宅やオフィスにWi-fiがない!という人は、近くのフリーWi-Fiを探してみましょう。

FREESPOTという、無料でつかえるWi-Fiを検索できる便利なサイトがあります。

ランチのお店を探すときも、フリーWi-Fiがないか下調べするのもいいですね。

原因3.スマホ本体に不具合がある

思いのほか多いのが、スマホのトラブルによって遅くなっていることです。

ネットの回線が速くても、スマホがこわれていたり調子がわるかったりすると、読み込みが遅くなってしまうことも。

アプリの開きっぱなしで、スマホ本体の動作が重たいことも考えられます。

対策:スマホの買いかえ・修理をする

https://twitter.com/GcYFaYuocY906GM/status/1193139104185081857

不具合が原因で、ネットが遅くなっている場合は、新しいスマホにするか、修理に出す必要があります。

スマホの寿命は、一般的に2~3年といわれています。

3年以上ずっと同じスマホを使っているのであれば、そろそろ新しいモデルに乗りかえてもいいかもしれません。

DMMモバイルから、他のSIMへの乗りかえもアリ!

DMMモバイルが遅くなる3つの原因と対策についてお伝えしてきました。

どれを試してもデータ通信が速くならない…という人は別のSIMへの乗りかえを検討してみてください。

おすすめは、キャリア並みの速さで使えるワイモバイル

格安SIMの中でも、大手キャリアやそのグループ会社が運営しているサービスは、通信が速いことが多いです。

ワイモバイルは大手キャリアのソフトバンクが提供している格安SIMなので、安心感があります。

ネットの速度はキャリア並みに速いと評判で、速度にこだわりたい!という人へもおすすめです。

こんな人に特におすすめ

・キャリアではなく、格安SIMを使い続けたい
・格安SIMでも、通信速度はゆずれない

料金(税抜):¥2,680〜¥4,680
データ量:3GB〜14GB
通話10分かけ放題:あり(無料)
最低利用期間:なし
解約金:0円
割引:新規割、学割、家族割

ワイモバイルをオンラインで申し込む手順4つ

ワイモバイルには契約期間や解約金はないので、気になったら一度使ってみてください。

ここからは、ワイモバイルをオンラインで申し込む手順を解説していきます。

手順1.申し込みに必要なものを用意する

オンラインからの申し込みで必要なものは、次の2つです。

  • クレジットカード
  • 身分証明書の画像(運転免許証やパスポートなど)

これらを用意してから、公式サイトで申し込みをしていきましょう。

手順2.オンラインストアで商品を選ぶ

ワイモバイルのオンラインストアを開いて、申し込みを進めていきます。

画面の左のメニューから、スマホ本体SIMのセットか、SIM単体かを選んでください。

手順3.契約方法・料金プランをえらぶ

商品を選んだら、料金プランなどを選択していきます。

[just_date]現在、ワイモバイルには3つのプランがあるので、自分にあったプランを選びましょう。

※契約後でも、プランを変更することは可能です。もし、プランで迷っている場合は、とりあえず1番安いプランを選んでおくのがベター。

手順4.必要な情報を入力していく

つぎに、名前や住所などの情報を入力していきます。

ここで、身分証明書の画像をアップロードするので、あらかじめパソコンやスマホに用意しておきましょう。

その後も、サイトの案内に従って進んでいけば、申し込みは完了です。

※身分証明書には何が使えるのか確認したい人はこちら

まとめ

DMMモバイルが遅くなる原因3つと、その対策をお伝えしました。

スマホが遅いと感じたら、まずはこの記事で紹介した方法をためしてみてください。

どれを試しても上手くいかなかった場合は、ワイモバイル(Y!mobile)へ乗りかえてしまうことをおすすめします。

補足

ここからは、補足としてDMMモバイルの「追加チャージ」についてざっくり解説します。

コスパがあまりよくないので、あくまで最終手段として使うものだと思っておいてください。

データを追加チャージする

DMMモバイルでは、データ容量を使い切ってしまった月に、追加でデータ量を購入できるシステムがあります。

追加できる容量と、かかる料金は次の通りです。

100MBでどれくらいのことができるかというと、Youtubeの動画を、中くらいの画質で30分見る程度。

最大で1,000MBまで購入することができますが、料金がかなり割高になってしまうので、緊急時以外に使うメリットはない、と言えるでしょう。

※購入した追加データ量は、3ヶ月間まで持ち越すことができます。(繰り越しなし)となっているものは、購入した月しか利用できないという意味です。

5つの質問で、ぴったりのインターネット回線がわかる!

こういったことで困っていませんか?

スマホの速度制限によくひっかかる
引っ越しでネット回線を引きたい
ネット回線を1番安く契約したい
通信費をもっと安くしたい

これらの悩みは、以下の診断で解決できます!!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

つなが〜るネット