Broad WiMAXを契約する前に知っておくべき6つの注意点!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

Broad WiMAXについてお調べ中ですね。

「業界最安級!」と宣伝されているため、Broad WiMAXを選ぼうと考えているかもしれません。

しかし、実際にはBroad WiMAXは最安ではありません。また、割引を受けるには注意すべき点も多く、必ずしもお得だとは言えません。

ここでは、Broad WiMAXを契約する前に知っておきたい注意点について解説します。

契約後に「こんなはずじゃなかった…」と後悔しないためにも、ぜひ参考にしてください。

1.Broad WiMAXとは

Broad WiMAXは、20社ほどあるWiMAXプロバイダ(代理店)の1つです。

WiMAXと検索すると、広告枠に「WiMAX /公式キャンペーン」と出てくるので誤解しやすいのですが、WiMAXの回線事業者である本家の「UQ WiMAX」とは別の会社です。

もちろん、Broad WiMAXで契約しても、通信速度・エリアなどのサービスは変わりません。むしろ、キャンペーンを利用することによるメリットがあります。

メリット1.UQ WiMAXより費用が安くなる

Broad WiMAXで契約すると、最安値はありませんが、契約期間である3年間の実質費用でUQ WIMAXより約2万円安く利用できてお得です。

UQ WiMAXで契約すると3年間にかかる実質費用の合計は151,312円ですが、Broad WiMAXで契約すると126,426円で利用できます。

もっとも安く利用したい人には、GMOとくとくBBがおすすめです。詳しくは「WiMAX契約におすすめプロバイダ5選【2018年2月版】」の記事をご覧ください。

メリット2.データ端末を当日発送してくれる

またBroad WiMAXは、最短当日発送。端末の到着が早いので「すぐにネットを使いたい!」という人には嬉しいですね。

プロバイダによっては端末の発送まで7日ほど掛かってしまうこともあります。

数日の差ですが、Broad WiMAXなら申込後にネットが使えない期間が短いのでストレスがほとんどかかりません。

当日発送は、平日の15:00までの申し込みが対象です。土曜日は電話での確認が必要。日曜日・祝は月曜日に繰り越されます。

ちなみに、GMOとくとくBBでも当日発送してくれます。

Broad WiMAXは、こんな人におすすめ!

Broad WiMAXは、UQ WiMAXで契約するより安くなるというメリットがあります。

決して最安値ではありませんが、端末を少しでも早く受け取りたい!という人や、WEB広告など営業を頑張っている会社なので、そんなBroad WiMAXが好き!という人は、以下6つの注意点をよく頭に置いた上で契約すると良いでしょう。

2.Broad WiMAXの契約前に知るべき6つの注意点

Broad WiMAXで契約したいと思っている人は、あとで後悔しないために、以下の6つのポイントにご注意ください。

・初期費用がかかる
・有料オプションをつけないと割引を受けられない
・クレジットカードで支払わないと割引を受けられない
・解約金が高くなる
・契約8日以内ならキャンセルできるが、他社への乗り換えが条件!
・電話サポートが月〜土(11〜18時)と短い

それぞれ、順番に見ていきましょう。

注意点1.初期費用がかかる

Broad WiMAXは、契約するときに初期費用がかかります。

本家UQ WiMAXや他のプロバイダで契約すると、初期費用は0円。

一方、Broad WiMAXだと18,857円の初期費用がかかります。キャンペーンを使うと初期費用を0円にすることができますが、キャンペーンには条件があります。

もしキャンペーン条件を満たせなかった場合、初期費用が請求されてしまうので注意が必要です。

その条件とは、有料オプションをつけることと、クレジットカードで支払うということです。

注意点2.有料オプションをつけないと割引を受けられない

Broad WiMAXの初期費用割引を受けるためには、2つの有料オプションに入る必要があります。

・安心サポートプラス:月額500円(税抜き)
・My Broadサポート:月額907円(税抜き)

初回契約時にオプションへの加入を忘れると、割引を受けられず18,875円(税抜き)の初期費用を払わなければなりません。

オプションは端末の到着後に解除することができますが、付けっ放しにすると月額料金がギガ放題プランで4,868円(税抜き)になってしまいます。

2年間利用するとオプション料金だけで約3万円も費用が掛かってしまうので、安く利用したい人は忘れずに解除しておきましょう。解除方法は後ほど詳しく解説します。

注意点3.クレジットカード払いでないと割引を受けられない

支払いは必ずクレジットカードで行ってください。

支払い方法には、クレジットカードと口座振替がありますが、割引を受けられるのはクレジットカードを選択した場合のみです。

初期費用無料キャンペーンはクレジットカード限定でございます。

お支払い方法について|Broad WiMAX 公式サイト

口座振替にしてしまうと割引を受けられず、UQ WiMAXで契約するときよりも高くなってしまうので注意が必要です。

WiMAX契約におすすめプロバイダ5選【2018年1月版】」の記事では、口座振替がいい人が最もお得で安心に使えるプロバイダを解説しているので参考にしてください。

注意点4.解約金が高くなる

Broad WiMAXは2年以内に解約すると、解約金の他にもキャンペーン違約金がかかります。

・解約金      :最大19,000円(税抜)
・キャンペーン違約金:9,500円(税抜)

キャンペーン違約金は、解約金とは別に発生する費用。そのため、2年以内に解約すると最大で28,500円(税抜き)の解約費用が発生します。

18,857円割引キャンペーンの適用を受けたお客様が、ご契約開始月翌月から起算して24ヶ月以内にWiMAX回線を解約する場合、キャンペーン違約金として別途9,500円を請求させていただきます。

キャンペーン適用条件|Broad WiMAX公式

 UQ WiMAXで契約すると解約金しかかからないのですが、キャンペーン特典を多くもらえることを考えると、仕方がないとも言えますね。

注意点5.契約8日以内ならキャンセルできるが、他社への乗り換えが条件!

Broad WiMAXの公式サイトには、「8日以内の申請で解約費用0円でキャンセルできる」というサポートがありますが、こちらも条件があるため注意が必要です。

解約金とキャンペーン違約金含む「解約費用」を0円でキャンセルするためには、「Broad WiMAXが指定する他社回線に乗り換えることが条件です。

具体的には、ブロード光・Broad LTE・Yahoo BB Broadbandのいずれかに乗り換える必要があります。

満足できなかったら自由に解約できるという制度ではないので、注意しておきましょう。

Broad WiMAXは、他社回線を紹介することで「紹介料」をもらっています。その結果、Broad WiMAXを解約されても損をしないため、解約費用を0円にすることができるんです。

注意点6.電話サポートが月〜土(11〜18時)と短い

Broad WiMAXは電話サポートの対応時間が短めです。

対応している時間も「11:00〜18:00(月〜土/年末年始を除く)」となっているので、日中働いている人は問い合わせがしにくい可能性もあります。

なので、電話で相談がしたいという人には向いていません。

3.Broad WiMAXの口コミ・評判

WiMAXのプロバイダを選ぶときは、実際に使っている人の口コミが気になりますよね。

そこで、口コミをTwitterで「Broad WiMAX」と検索し、とくに多かった口コミを、良い口コミ・悪い口コミに分けて紹介していきます。

良い口コミ

良い口コミには、「月額費用が安い!」「乗り換えキャンペーンでお得に乗り換えれた」という意見が見られました。

月額費用が安い

Broad WiMAXは、ワイモバイルやドコモと比べると月1,000円も割安で利用できます。

乗り換えができる

他社回線からBroad WiMAXに乗り換えるときに乗り換えキャンペーンを利用すれば、「初期費用0円、Broad WiMAXが解約金負担(上限19,000円まで)」してもらうことができます。

詳しく知りたい人は、こちらから乗り換えキャンペーンの詳細をご覧ください。

悪い口コミ

悪い口コミには、「初期費用が高い」「キャンペーンに注意すべき」「電話対応がイマイチ。。」という意見が見られました。

初期費用が高い

初期費用無料に注意すべき

解約金が高い

電話対応がイマイチ

4.失敗せずにBroad WiMAXを契約する手順

ここからは失敗せずBroad WiMAXを契約するための方法を解説します。

間違えると割引の適応外になってしまう可能性もあるので、しっかり確認しながら申し込むようにしてください。

STEP1.対応エリアの確認

STEP2.申し込み

STEP3.端末の到着

それぞれ、順番にみていきましょう。

STEP1.対応エリアを確認

まず、こちらから提供エリアを確認しておきましょう。自宅はもちろん、契約後にWi-Fiを使いそうなところを調べておくと安心です。

本当につながるか不安な人は、WiMAXルーターを無料レンタルして使い勝手を試すこともできます。詳しくはWiMAXを無料で15日間お試しする方法と3つ疑問を解決を参考にしてください。

STEP2.申し込み

こちらの公式サイトから申し込みできます。

申し込みでは次の4つを選択します。

  1. データ端末
  2. プラン
  3. オプション
  4. 支払い方法

(1)データ端末を選択する

以下3つの理由で最新端末の「W05」がおすすめです。


・最大通信速度が速い
・バッテリーが長持ち

2017年11月に発売された「WX04」も性能的に良さそうに見えますが、ユーザー満足度が低いです。

なので、W05を選べば間違いありません。

クレードルは基本的にいらない

クレードルをつけると3,500円がかかります。

クレードルとは、端末をセットするだけで充電ができる機器。LANポートがついているので据え置きのハード(ゲーム機など)に有線接続ができます。ただ多くの人は、自宅で使うときも無線でつなぐことが多いためクレードルは必要ないでしょう。

詳しくは、WiMAX徹底比較!失敗しない契約方法とルーターの選び方を参考にしてください。 

(2)プランを選択する

プランは「通常プラン2,726円(税抜)」か「ギガ放題プラン3,411円(税抜)」で選べますが、ギガ放題プランがおすすめです。

通常プランは、データ量が月間7GBを超えると128kbpsとネットサーフィンなどの普段使いにもストレスのかかる速度制限がかかります。

ギガ放題プランは、データ量の月間制限がないため動画もたっぷり観ることができます。

後から無料で、通常プランに変更もできるので、迷っている人はギガ放題プランを選びましょう。

(3)オプションに加入する

次にオプションを選択します。

キャンペーンで初期費用を0円にするために、忘れずに「安心サポートプラス」と「My Broadサポート」のオプションを契約しましょう。

写真のように枠がピンク色になっていれば、オプションを選択できている状態です。

(4)クレジットカード支払いにする

お支払いはクレジットカード払いにしましょう。

口座振替にしてしまうと、初期費用割引を受けられなくなってしまいます。

STEP3.端末の到着

端末は1~5日ほどで到着します。

月額費用を少しでも安くしたい人は、忘れずにオプションを解約しておきましょう。

オプションの解約

オプションの解約は、Broad WiMAXの公式サイトにある「お客様サポート」からできます

ページ内の「ご契約内容の変更」から「オプション解約申請フォーム」に進めば解約したいオプションを選択できます。

詳しくは、Broad WiMAXの公式サイト「オプションの解約をご検討のお客様」をご覧ください。

5.Broad WiMAXの解約方法

Broad WiMAXの解約は、電話から行います。

サポートセンター 解約専用ダイヤル

電話番号:0120-651-315

受付時間:11:00 ~ 18:00(月~土 / 年末年始は除く)

解約ができるのは、毎月25日まで。26日以降は解約の受付をしてくれません。そのため、解約するときは当月25日までに申し込むようにしましょう。

また、端末などを返却する必要はありません。

解約金

解約金は、契約してからの期間によって変わります。

ご契約月の翌月から12ヶ月以内の解約は¥ 19,000(税抜)、13ヶ月~24ヶ月以内の解約は¥ 14,000(税抜)、
26ヶ月以降は¥ 9,500(税抜)がかかります。

解約解除料について|broad wimax公式

心配な人は、解約する月を今からカレンダーに入れておくとよいでしょう。

まとめ

Broad WiMAXは人気のあるプロバイダであることは間違いありません!

しかし、これから契約する人は、失敗したなぁ〜と感じないために、この記事に書いてる注意点をしっかりと確認してから行ってくださいね。

5つの質問で、ぴったりのインターネット回線がわかる!

こういったことで困っていませんか?

スマホの速度制限によくひっかかる
引っ越しでネット回線を引きたい
ネット回線を1番安く契約したい
通信費をもっと安くしたい

これらの悩みは、以下の診断で解決できます!!

SNSでもご購読できます。